【動画】SONY α6400におすすめのレザーケース KAZAを使ってみた感想をレビュー

   

メーカの純正ストラップでもいいけど「ちょっとオシャレなストラップやケースを買いたい!」というのは私だけじゃないはずです。

α6400みたいなオシャレなカメラの場合、持ち歩くのが楽しくなるようなオシャレなアイテムを揃えたいです。

レバーケース正面

Amzonや楽天など色々探していたら、すごくオシャレなケース&ストラップがあったので使ってみましたが、

それがなかなか良い感じの革のケースとストラップでした。

今回はそんな“KAZA”のα6400専用カメラケースをご紹介したいと思います!

動画撮影にめっちゃ強い SONY α6400|コスパ最高のミラーレスを実写レビュー

初心者カメラ女子におすすめ!SONYα6400でふんわりかわいい写真を撮影する方法

SONYα6400専用のオシャレなケースが欲しい!

レザーケース全体

SONYのα6400は動画も撮れるミラーレスとして、Vloggerやyoutuberにも人気の機種です。

アルファ自体、ハイセンスな人たち人気があるカメラなので、可愛いケースとか、カッコいいケースを探している人はおおいと思います。

ところがカメラケースってお洒落なケースがなかなかありません。。

そもそもミラーレス機のカメラケースって商品数自体がすごく少ないので、なかなか欲しいデザインに出会えません。

普段よく目にするカメラケースはちょっとダサいし、かといって、保護性能が悪いのも避けたいところです。

レザーケース使用例

そんな時、たまたまコンデジのケースを見ていたら、ぐっとくる革製のケースを見つけました。

革物のケースだったら高級感あってオシャレだし、使ってくるうちに手にも馴染んで、味も出てきます。

大切に使うミラーレスだからこそしっかり保護してもらいたいし、持ち歩くのが楽しくなるようなアイテムが欲しいです。

“KAZA”というブランドのα6400専用ケースはあまり情報が無いので、参考になればと思います。

高級レザーケースをチェック

SONYα6400専用ケース KAZAの牛革ケース&ストラップ

レザーケース概要

今回使ってみたのは、Kazaのハーフケースとケースカバー、ストラップのコンボセットです。

購入はハーフケースだけ、ハーフケースとストラップだけなども組み合わせは自由にできます。

  •  コンボセット  (ハーフケース + ケースカバー+ ストラップ)
  •  ハーフケース+ストラップ
  •  ハーフケース

カメラケースだけでも良いのですが、ハーフケースを使用する頻度の方が実際には多いと思います。

ハーフケースはカメラカバーという感じで、カメラを握りやすくするので、撮影するときに便利です。

個人的にはハーフケースがすごく好感触だったから、ぜひチェックしてみてほしい思っています。

もちろん本体の傷や汚れからも防げます!

レザーケースのサイズ感

Kazaの製品は牛革のイタリアンレザーなので、α64000の無骨な感じにピッタリ。

レザーの色味と柔らかいブラウンがいい感じにマッチします。

レザーケース装着

合皮出なく本革レザーなので、使っているうちに馴染んできて、カメラにもすごくフィットします。

長く使えば使うほど、オシャレ具合が増して行くのは本革ケースの魅力の一つです!

レザーケースのロゴ

首紐にもしっかりとKAZAのロゴが刻印があったりと、細かいところまでお洒落なデザインが施されています。

KAZA ハーフケースとストラップを使ってみた感想

ハーフケース&ストラップは簡単に取り付けられる

レザーケースの取り付け方

ハーフケースは同梱されているネジを使って固定します。

ケースが勝手に外れたり、落ちるのを防ぐためです。

レザーケースのベルト装着

ストラップはベルト形式なので取り付けがとても簡単。

純正品のストラップは取り付けが大変なので、これはすごく嬉しい。

レザーケースのストラップ

カメラの両側にベルトを締めれば取り付け完了です。

撮影しているときにストラップが邪魔なときは、いつでも簡単に取り外せます!

ストラップの長さは4カ所で調節できる

ストラップ調整

ベルトには長さを調節するための穴があります。三段階で調整できます。

純正品のストラップもこれくらい簡単に調整できるようにしてほしいものです。

レザーケース首下げ

首にぶら下げてみて、状態で長さをチェックします。

撮影

ストラップを首に掛けた状態で撮影してみたり。

長さ調整

長さがイマイチだったら、カメラの両サイドにあるベルトで長さ調整もできるし、

長さ変更

胸のあたりのベルトでも長さを変えられます。

全部で4カ所ベルトがあるし、左右のバランスも自由自在なので、男性でも女性でも安心して使えます。

レザーケースのボタン

また右側はボタンになっているので、頭から被らなくともストラップを首に掛けれます。

ただ、あまり強く引っ張ると外れることもあるので、カメラの落下などにはご注意を。

KAZA ハーフケースの使用感をレビュー

ケースをつけたままバッテリーが変えられる

バッテリー変更

ハーフケースの下部は開くことができるので、ハーフケースを付けたままでもバッテリーの交換ができます。

レザーケースからバッテリーの取り出し

僕は動画撮影がメインなので、バッテリー交換を頻繁にします。

またSDカードを交換するときもすぐにできます。

USB端子などもケースを付けたまま使える

USBポート

ケースの側面は端子カバーがそのまま開けるようになっています。

USBポート開く

USB端子、HDMI端子、音声端子もケースを付けたまま差し込めます。

ケースをつけててもチルト液晶に干渉しない

これも大事な要素!

ハーフケースを付けていてもチルト液晶と干渉することはありません。

ローアングルなど液晶を開くことは頻繁にあるので、ケースが邪魔になったら困りますからね。

KAZA カメラケースの使用感をレビュー

カメラケースもハーフケースと同じ牛革使用です。

カメラ全体をしっかり収納できるケースなので、持ち運びのときも安心です。

またハーフケースに装着した状態でもそのまま収納できます。

あとは大きさはカメラが丁度入る程度の大きさで、軽くて頑丈な設計になっています。

ミラーレスのメリットは小さくて軽い部分なので、それを生かすデザインなのも評価できます。

レザーケースの経年変化が楽しみ

通常、古くなれば古くなるだけ価値が落ちる中で、皮の製品は味が出て、しかも愛着が湧くのがいいところ。

そもそもカメラ自体が写真を撮れば撮るほど、思い出と共に愛着が湧くモノですからね。

そこにケースも仲間入りするとなると、長い付き合いになりそうだなという感じです。

Kaza カメラケースの使用イメージを動画で紹介

ということでかなり気に入ってしまったこのKAZAのレザーケース&ストラップ。

この色合いやら使用感やらどうにか伝えたくて、勝手ながら動画を作らせていただきました!

こんな風にカフェで使っているときもKazaのカメラケースはすごくマッチします。

カメラのケースに悩んだらぜひ一度、KAZAのレザーケースも見てみてください!

KAZAのトップページはこちらから