【wena3が人気】SONYスマートウォッチおすすめ10選 |Suica対応の最新モデルも

出典:wena.jp

SONYのスマートウォッチは、バックル部分にスマート機能を搭載する斬新な発想が大きな魅力の一つです。安心の日本製で実績を誇る有名メーカーゆえに、コラボモデルも多く、ファンにはたまらない商品もたくさん。

そんなSONY製スマートウォッチですが、モデルによって何が違うのかよくわからない、という人もいますよね。今回は、SONY製のスマートウォッチに絞って、SONYならではの魅力やシリーズのコンセプト、おすすめランキングをご紹介します

SONYのスマートウォッチを検討している人は、ぜひチェックしてくださいね。

SONYスマートウォッチの3つの魅力

まずは、SONYのスマートウォッチが持つ3つの魅力をチェックしましょう。

魅力1:バンド(ベルト)の付け替えで、愛用の時計がスマートウォッチに

バンドの付け替えで、愛用の時計がスマートウォッチに

出典:amazon.co.jp

SONYのスマートウォッチは、バンドの付け替えだけで通常の文字盤型時計をスマートウォッチ化できる点が大きな魅力。それがSONYスマートウォッチでも人気の高い「wena」シリーズ。スマート機能はバンド部分に組み込まれ、時計のヘッド部分は手持ちの時計をそのまま使えます。

愛用の時計のヘッド部分はそのままに、スマートウォッチの機能も使いたいユーザーのニーズを満たしてくれるwenaシリーズ。初代「wena wrist」、2代目「wena wrist pro」に続き、最新の「wena 3」ではメタルシルバーとメタルブラックの2色が選べます。

編集部

普段の時計も、スマートウォッチの機能も使いたい欲張りさんにぴったり!

魅力2:電子マネー決済機能搭載のモデルが豊富

電子マネー決済機能搭載のモデルが豊富

wenaシリーズはおサイフケータイ(R)に対応し、楽天Edy・iD・dポイント・Quicpayなどの電子マネー決済機能が豊富な点が強み。電子マネー決済機能を使用する目的で使う人も多いようです。また、wena 3では上記のFelica決済に加えてSuicaに対応。ますます電子マネー決済機能が充実しました。

編集部

各種電子マネー決済も、SONYのスマートウォッチ一つでOK!

魅力3:セイコーやBEAMSなど有名ブランドとのコラボが多い

魅力3:有名ブランドとのコラボが多い

SONY自身も世界的に有名な企業ですが、その信頼と実績ゆえに有名ブランドとのコラボ商品も多数手がけています。例えば、日本初の腕時計メーカーで世界的にも有名な時計メーカーである「セイコー」とのコラボでは、多くの冒険家や探検家に愛されてきた「セイコーダイバーズ」をベースにしたwenaオリジナルデザインウォッチが誕生しました。

他にも、同じく世界的な時計メーカー「シチズン」のスポーツウォッチブランド「PROMASTER」とコラボしたモデルや、ファッションブランド「イッセイ ミヤケ」「BEAMS」とコラボしたモデルもスタイリッシュで人気です。映画やアニメからも「エヴァンゲリオン」「スターウォーズ」などの人気作品とコラボしたモデルがあり、幅広い層に人気を博しています。

編集部

有名時計ブランドとのコラボウォッチなら、ビジネスシーンでも大活躍!

SONYスマートウォッチ人気シリーズ

SONYのスマートウォッチの人気シリーズには、現在まで続く「wena」シリーズと、現在は生産中止中でありながら根強い人気を誇る「SmartWatch」シリーズがあります。それぞれの最新モデルについて解説していきましょう。

ついにSuica機能が搭載!人気のwenaシリーズ「wena 3」

「wena」シリーズは、普段使いの時計のバックル部分をスマートウォッチにできる、新しいタイプのスマートウォッチです。wenaシリーズは以前からおサイフケータイ(R)に対応していましたが、「wena 3」からはさらにSuicaにも対応。さまざまな電子決済サービスが1つで済むようになりました。

LINEやメールの通知を確認できるほか、Amazon Alexaに対応していて、ボタンを押して話しかければ天気予報・計算・ニュースチェックもできます。加速度センサーとデュアル工学式心拍センサーを搭載しているため、歩数や心拍数を記録して健康管理にも役立ちます。

wena3シリーズのバンドは3種類。ビジネスシーンでも使える「メタル」、スポーツシーン向きの「ラバー」、高級感のある「レザー」です。利用シーンに合わせて選ぶと良いでしょう。

wena 3 metalはこんな人におすすめ!
  • 普段使っている時計をそのまま使いたい人
  • 電子マネーやSuicaを1つにまとめたい人
  • 高級感のあるスマートウォッチを使いたい人

音声検索・入力も簡単!タッチパネル付き「SmartWatch 3」

「SmartWatch 3」は、SONY製のタッチパネル式スマートウォッチで最新のモデルです。公式サイトでは生産中止中ですが、Amazonや楽天で中古販売がされているなど、未だに人気の高いモデル。LINEやメールの通知機能はもちろん、ワークアウトを計測・記録、音楽アプリの操作も可能です。

見やすく、操作性も高い大型ディスプレイでは、メールやLINEの本文を開封せずに確認できるだけでなく、音声入力と合わせてメッセージを返信することもできます。「OK Google」と呼びかけて音声検索をしたり、ボイスコマンドを作動させたりするのも簡単です。

SmartWatch 3はこんな人におすすめ!
  • 大型タッチパネルで快適に操作したい人
  • 天気やメールなど、新着情報を詳細に確認したい人
  • メッセージの返信をスマートウォッチから行いたい人

SmartWatch4の最新モデル発売はいつ?

2014年に発売されて以降、最新モデルのリリースがなかった「Smart Watch」シリーズ。しかし、2021年5月には、中国のソーシャルメディア「Weibo」に「Smart Watch 4」を開発するかもしれないという投稿がありました。公式発表ではありませんので、必ずしも開発されると決定したわけではありませんが、今後の情報が待たれます

SONYスマートウォッチの選び方

ここでは、SONY製スマートウォッチの選び方についてご紹介します。

利用用途にあったタイプで選ぶ

ビジネス向け:バンドの取り替えができるバックル型

 

バンドの付け替えが出来る

出典:amazon.co.jp

ビジネス向けにおすすめなのは、手持ちの腕時計のバンド部分に取りつけられるバックル型の「wena」シリーズです。バンド部分にスマートウォッチとしての機能を内蔵しているので、高級腕時計としての見た目を損なわず、顧客との打ち合わせなどのフォーマルなシーンでも利用できます。

高級感や清潔感をイメージさせるメタリックなステンレスバンドや、上質なレザーバンドは、ビジネスシーンにも自然に馴染むでしょう

バンドだけでなく、気分によってヘッドもSONYで購入することができますよ。

スポーツ向け:軽量で汚れにくいリストバンドタイプ

スポーツ向け:軽量で汚れにくいリストバンドタイプ

スポーツ中の健康管理やワークアウトの記録に使いたいなら、軽量で汚れにくいシリコン素材のリストバンドタイプがおすすめです。

リストバンドタイプの内側には溝が刻まれていて、サイズ調節時のガイドにも、流れ出た汗でバンドが肌に張り付く不快感を防ぐのにも役立ちます。

リストバンドタイプのスマートウォッチなら、こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事:【2021年最新版】HUAWEIスマートウォッチおすすめ15選|1万円以下で購入できるモデルも豊富に紹介

スマホ同様に使用したい:大画面タッチパネルタイプ

スマホ同様に使用したい:大画面タッチパネルタイプ

スマートウォッチもスマホのように使いたい人は、大画面のタッチパネルが付いているモデル(「SmartWatch 3」)がおすすめです。画面が大きいので、メールの通知だけでなく内容も確認でき、そのまま音声入力を使って返信もできます。

大画面のSmartWatch 3なら、スマホを取り出さずに動画を楽しんだり、ニュースをチェックしたりすることも可能。スマートウォッチ内の地図アプリを使えば、歩きながらスマホで道を確認するわずらわしさもなくなります。

利用用途別おすすめSONYスマートウォッチ
  • ビジネスシーンで使いたい人:wenaシリーズ(ステンレスバンド、レザーバンドタイプ)
  • スポーツをよくする人:wenaシリーズ(リストバンドタイプ)
  • スマホのように使いたい人:SmartWatch 3

関連記事:【4,000円以下も】iPhone対応スマートウォッチおすすめ15選|安い・おしゃれなモデルを厳選

バッテリーの持ち時間をチェック

出典:amazon.co.jp

スマートウォッチを毎日利用する方は、バッテリーの持ち時間を必ずチェックしておきましょう。

バッテリーの持ち時間は、wenaシリーズでいずれも約1週間、SmartWatch 3で約2日間です。長期出張などで毎日バッテリーを充電できないことが多い人は、wenaシリーズを選ぶと良いでしょう。

自分に必要な「機能」で選ぶ

スマートウォッチを選ぶとき、自分に必要な機能が搭載されているかどうかは非常に重要なポイントです。

Suicaなどの電子マネー決済機能付きでスマート会計!

Suicaなどの電子マネー決済機能で選ぶ

自分が普段よく使う電子マネー決済が使える機能があるかどうか、事前にチェックすることも重要。

ちなみに、Suicaが使えるのは「wena 3」シリーズのみ、おサイフケータイ(R)に対応しているのは「wena」シリーズのみです。また、使える電子マネー決済サービスも「楽天Edy・iD・dポイント・Quicpay」と限られていますので、注意しましょう。SmartWatchシリーズでは、どの電子マネー決済サービスも使えません。

編集部

電子マネー決済サービスが使えるのは、wenaシリーズだけです!

仕事利用があるなら着信・SNSなどの通知機能をチェック

出典:amazon.co.jp

スマートウォッチの機能を仕事でも使いたいなら、メールやSNSなどの通知機能をチェックしましょう。基本の着信通知やデフォルトのメールアプリ、LINEなどの主要なメッセージアプリからの通知は表示されますが、ビジネス向けSNSアプリなどの中には通知に対応していないものもあります。必ず、使いたいアプリが通知に対応しているかどうか確認してから購入しましょう。

健康管理をしたい人向け「活動ログ」機能

SONY活動ログ

出典:amazon.co.jp

スマートウォッチを使って健康管理をしたい人は、歩数計や消費カロリーなどが計測できる活動ログ機能をチェックしましょう。

「wena wrist pro」「wena wrist active」シリーズは、加速度センサーの搭載により、睡眠状態も計測できるようになりました。さらに「wena wrist active」シリーズでは、GPSや光学式心拍センサーの搭載で、移動距離や心拍数の計測も可能になりました。

活動状態を細かく記録することで、どの活動によって心拍数がどう変化したのか、どれだけのカロリーを消費したのか確認でき、小さな身体の変化にも気づくことできます。

健康管理が気になる人には、こちらのスマートウォッチもおすすめです。

関連記事:【2021年】健康管理で人気のFitbit (フィットビット) おすすめモデル9選 | 選び方を徹底解説!

音楽も楽しみたい!プレイリストダウンロード機能

手ぶらで音楽を聴きながら散歩やランニングをしたいという人も多いのでは?SONYのSmartWatch3シリーズなら、音楽プレイリストをスマートウォッチ本体にダウンロードが可能。スマートウォッチとイヤホンを接続するだけで、スマホも持たずに音楽を楽しめます。

wenaシリーズは、本体で音楽のダウンロードはできませんが、スマホを連携することでスマートウォッチ内で操作して音楽が聴けます。スマートウォッチを使って音楽を楽しみたい人は、これらの機能も事前にチェックしておきましょう。

屋外の使用も安心!防水・防塵性のレベルをチェック

屋外の使用も安心!防水・防塵性のレベルをチェック

スポーツやアウトドアなど屋外で使うためには、防水・防塵機能をチェックしましょう。

シリーズごとに防水・防塵規格を表記していますが、よく分からないという方は表の参考基準を確認してみてください。

シリーズ wena wrist wena wrist active wena wrist pro、
wena 3
SmartWatch 3
IPコード IPX5/IPX7 IP68
気圧防水 3気圧防水 5気圧防水
参考基準 日常生活での水没のリスクは避けられる

水深30mの水圧に耐えられる。

雨に降られても◎。
水仕事、潜水は不可。

水深50mの水圧に耐えられる。

水仕事、ヨット・釣りなどの水上スポーツ◎。

ダイビングは不可。

防塵・防水規格の最大等級。

30分以上の継続潜水が可能だが、製品によってばらつきあり。

完全防塵なのでアウトドア向き◎

日常生活で使う程度の防水機能が欲しい場合は「wena」シリーズでも十分ですが、キャンプなどの砂やホコリも多いアウトドアシーンで使うなら、「SmartWatch 3」がおすすめです。

屋外用のスマートウォッチを検討している人は、こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事:【2021年】マニアが選ぶ Garmin(ガーミン) おすすめ20選|ゴルフや登山で使った感想もレビュー

関連記事:【アウトドアに強い】SUNNTO(スント)スマートウォッチおすすめ人気ランキング10選

SONYスマートウォッチおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格タイプ重量バンド幅OS電源タイプバッテリー稼働時間搭載機能・センサーメール・着信機能電子マネー防水・防塵
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena 3 metalAmazon¥36,300 楽天市場Yahoo!ステンレスバンド80.0gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS11.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサー、静電タッチセンサー、マイク、照度センサー、心拍センサーありSuica、おサイフケータイ(R)5気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena 3 rubberAmazon¥26,400 楽天市場Yahoo!シリコンラバー32.0gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS11.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサー、静電タッチセンサー、マイク、照度センサー、心拍センサーありSuica、おサイフケータイ(R)5気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist active NERV Edition¥82,400 Amazon楽天市場Yahoo!シリコンラバー40.9gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS 10.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサー、GPSセンサー、心拍センサーありおサイフケータイ(R)3気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena 3 leatherAmazon¥33,000 楽天市場Yahoo!レザーバンド38.0gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS11.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサー、静電タッチセンサー、マイク、照度センサー、心拍センサーありSuica、おサイフケータイ(R)5気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist active¥42,547 Amazon楽天市場Yahoo!シリコンラバー40.9gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS 10.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサー、GPSセンサー、心拍センサーありおサイフケータイ(R)3気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist pro Chronograph Silver set/STAR WARS limited edition “THE LIGHT SIDE"確認中 Amazon楽天市場Yahoo!ステンレスバンド85gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS 10.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサーありおサイフケータイ(R)5気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist pro¥38,368 Amazon楽天市場Yahoo!ステンレスバンド85gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS 10.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサーありおサイフケータイ(R)5気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist active Mechanical Black set -kawamori Edition-¥95,284 Amazon楽天市場Yahoo!シリコンラバー40.9gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS 10.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサー、GPSセンサー、心拍センサーありおサイフケータイ(R)3気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist pro Mechanical Silver set -kawamori Edition-¥95,284 Amazon楽天市場Yahoo!ステンレスバンド85gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS 10.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサーありおサイフケータイ(R)5気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist pro Chronograph Premium Black set/STAR WARS limited edition “THE DARK SIDE"確認中 Amazon楽天市場Yahoo!ステンレスバンド85gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS 10.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサーありおサイフケータイ(R)5気圧防水

SONYスマートウォッチおすすめ人気ランキング10選

スマホと連携!SONYスマートウォッチの使い方と初期設定

では、実際にスマホとSONYスマートウォッチを連携させて使う方法と初期設定を見ていきましょう。

バックル型:ヘッドとバンドを装着・調整する

バックル型:ヘッドとバンドを装着・調整する

wenaシリーズはバックル部分にスマートウォッチが付いていて、一般的な時計のヘッド部分に装着して使うものです。まずはヘッドとバンドを装着し、調整しましょう。このとき、自分で元の時計からヘッドを取り外してバンドと装着する場合は、専用の工具が必要です。SmartWatch 3はヘッドとバンドが揃っているため、この工程は必要ありません。

  • ヘッドとバンドを装着・調整する手順
  • STEP.1
    wenaシリーズのバンドの長さを手首に合わせて調整する
    ステンレスバンドモデルの場合、工具を使えば自分で長さ調整することもできます。
  • STEP.2
    使いたい時計のヘッド部分を取り外す
    使いたい時計のヘッド部分をバンドから取り外します。
  • STEP.3
    時計のヘッド部分に、wenaシリーズをバンドとして装着する
    時計のヘッド部分が取り外せたら、逆の手順でwenaシリーズをバンドとして装着します。
  • STEP.4
    完成
    実際に手首に装着し、長さに問題がなければ完成です。

専用のSONY公式アプリをインストール

専用のSONY公式アプリをインストール

アプリストアから専用のSONY公式アプリをインストールしましょう。インストールするアプリは、シリーズによって異なります

  • wena 3シリーズ:「wena 3」アプリ
  • その他のwenaシリーズ:「wena」アプリ
  • SmartWatch 3:「Android Wear」アプリ

間違ったアプリをインストールするとペアリングできませんので、注意しましょう。

コードを入力し、ペアリングを実施

コードを入力し、ペアリングを実施

インストールしたアプリを起動し、ログインしたらスマートフォンの「Bluetooth」機能がONになっていることを確認しましょう。ONになっていたら、スマホ側からアプリの画面指示に従って設定を進めていきます。スマートウォッチの画面に表示される「時計コード」を入力(または選択)すると、ペアリングされます

注意
スマートウォッチの充電が足りないと、「時計を電源に接続してください」と表示されることがあります。この場合は、すぐに充電を始めてください。充電しながらでも設定可能です。

スマホ側で通知アクセスを有効化させておく

スマホ側で通知アクセスを有効化させておく

最後に、アプリ上でスマートウォッチに通知したいアプリ、通知したくないアプリの設定を行いましょう。また、wena 3の場合はAmazon Alexaに対応しているため、さらにAmazonアカウントと連携することもできます。必要があれば設定しておきましょう。

SONYスマートウォッチのよくある質問

どのモデルでもsuicaは電子マネーは使えますか?

Suicaが使えるのは、wenaシリーズの最新モデル「wena 3」のみです。それ以前のwenaシリーズは、おサイフケータイ(R)には対応していますが、使える電子マネーは「楽天Edy・iD・dポイント・Quicpay」と限られていますので、注意しましょう。また、タッチパネル式の「SmartWatch 3」では、Suicaを含めた電子マネーが使えません。

血圧が測れるモデルはありますか?

SONY製スマートウォッチで、血圧が測れるモデルはありません。SONY製スマートウォッチで記録できる健康情報は、歩数・心拍数・睡眠時間・最大酸素摂取量の4つと、さらにそこから導き出される身体の残りエネルギー、ストレスレベルです。

関連記事:血圧を測れるスマートウォッチおすすめ15選|日本製や精度の違いを徹底比較

通話はできますか?

どのシリーズでも、スマートウォッチ単体で通話を受けることはできません。通知を確認したら、スマホで通話を行いましょう。wena 3シリーズでは「Amazon Alexa」に、SmartWatch 3では「Google アシスタント」や音声入力に対応していますが、これらのマイクはいずれも通話に使えるわけではありません。

中古でも大丈夫?どこで買えますか?

スマホと同じように、スマートウォッチも中古で使えます。Amazonや楽天など、通販サイトで購入できますが、必ずペアリングが解除されているか、データが消去されているか確認してから購入しましょう。

故障した場合、どこで修理すればいいですか?

wenaシリーズには専用の修理窓口がありますので、修理を依頼したい製品を選び、専用ページに従いましょう。SmartWatchシリーズはSONYの総合修理申し込みページから問い合わせてください。

バッテリー交換は可能ですか?

いずれのシリーズもバッテリー単体の交換ではなく、点検・修理対応ののち必要に応じて本体交換となるケースが多いです。詳しくは、上記SONYの修理窓口に問い合わせてください。

SONYスマートウォッチまとめ

SONYのスマートウォッチには、以下の3つの魅力があります。

  • 愛用の時計をスマートウォッチとして使える
  • 電子マネー決済機能搭載のモデルが多い
  • 有名ブランドとのコラボモデルが多い

特に、高級腕時計のバックル部分を取り替えてスマートウォッチにしてしまおうというSONY独自の発想は、他メーカーにはない大きな魅力です。もちろん、wenaシリーズの他、大画面のSmartWatch 3もまだまだ根強い人気があります。

wenaシリーズは、世代によってもバージョンによっても細かく仕様が異なるため、欲しい機能が搭載されているかしっかりチェックして選びましょう。ぜひ、好みのデザインやライフスタイルに合わせた1本を見つけてくださいね。

その他、スマートウォッチ全般について知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

関連記事:【2021年完全版】マニアが厳選した スマートウォッチ おすすめランキング 30選 | 選び方や機能を完全解説

関連記事:【女性スタッフが選んだ】かわいいスマートウォッチおすすめ22選 (レディース編)

関連記事:【スマホやスマートウォッチと連携できる】体重計・体組成計 おすすめ16選 (2021年最新)

関連記事:スコアアップ確実!ゴルフ向けスマートウォッチおすすめ15選|安いモデルを徹底比較

関連記事:【2021年最新版】カシオスマートウォッチおすすめ12選|ソーラー充電もできる新作モデルも紹介

関連記事:毎日の体調管理に!体温が測定できるスマートウォッチおすすめ15選【2021年】

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー