Suica対応モデルも登場!SONYスマートウォッチおすすめ10選 【2021年最新版】

スマートウォッチSONY

SONYのスマートウォッチは、バックル部分をスマートウォッチにしてしまうという斬新な発想が大きな魅力の一つです。有名メーカーゆえの実績からコラボモデルも多く、ファンにはたまらない商品もたくさん。

そんなSONY製スマートウォッチですが、モデルによって何が違うのかよくわからない、という人もいますよね。今回は、SONY製のスマートウォッチに絞って、SONYならではの魅力やシリーズのコンセプト、おすすめランキングをご紹介します

SONYのスマートウォッチを検討している人は、ぜひチェックしてくださいね。

SONYスマートウォッチの3つの魅力

まずは、SONYのスマートウォッチが持つ3つの魅力をチェックしましょう。

魅力1:バンドの付け替えだけで、愛用の時計がスマートウォッチに

魅力1:バンドの付け替えだけで、愛用の時計がスマートウォッチに

SONYのスマートウォッチが他社製スマートウォッチと大きく異なる点は、バンドの付け替えだけでさまざまな時計をスマートウォッチ化できるモデルを展開していることです。それが「wena」シリーズ。スマートウォッチ本体はバンド部分に組み込まれ、時計のヘッド部分は手持ちの時計をそのまま使えます。

愛用の時計のヘッド部分はそのままに、スマートウォッチの機能も使いたいユーザーのニーズを満たしてくれるwenaシリーズ。初代「wena wrist」、2代目「wena wrist pro」に続き、最新の「wena 3」ではメタルシルバーとメタルブラックの2色が選べます。

はるみ

普段の時計も、スマートウォッチの機能も使いたい欲張りさんにぴったり!

魅力2:電子マネー決済機能搭載のモデルが豊富

電子マネー決済機能搭載のモデルが豊富

wenaシリーズはおサイフケータイ(R)に対応し、楽天Edy・iD・dポイント・Quicpayなどの電子マネー決済機能が使えます。このため、いつも使っている時計に電子マネー決済機能をプラスする目的で使う人も多いです。また、wena 3では上記のFelica決済に加えてSuicaに対応し、ますます電子マネー決済機能が充実しました。

はるみ

各種電子マネー決済も、SONYのスマートウォッチ一つでOK!

魅力3:有名ブランドとのコラボが多い

魅力3:有名ブランドとのコラボが多い

SONY自身も世界的に有名な企業ですが、その信頼と実績ゆえに有名ブランドとのコラボ商品も多数手がけています。例えば、日本初の腕時計メーカーで世界的にも有名な時計メーカーである「セイコー」とのコラボでは、多くの冒険家や探検家に愛されてきた「セイコーダイバーズ」をベースにしたwenaオリジナルデザインウォッチが誕生しました。

他にも、同じく世界的な時計メーカー「シチズン」のスポーツウォッチブランド「PROMASTER」とコラボしたモデルや、ファッションブランド「イッセイ ミヤケ」とコラボしたモデルもスタイリッシュで人気です。映画やアニメからも「エヴァンゲリオン」「スターウォーズ」などの人気作品とコラボしたモデルがあり、幅広い層に人気を博しています。

はるみ

有名時計ブランドとのコラボウォッチなら、ビジネスシーンでも大活躍!

SONYスマートウォッチ人気シリーズ

SONYのスマートウォッチの人気シリーズには、現在まで続く「wena」シリーズと、現在は生産中止中なものの根強い人気を誇る「SmartWatch」シリーズがあります。それぞれの最新モデルについて、おすすめな人も含めて詳しく見ていきましょう。

ついにSuica機能が搭載!人気のwenaシリーズ「wena 3 metal」

ウェナ(Wena)
最安値 ¥38,500 (税込)

「wena」シリーズは最初にご紹介したように、普段使いの時計のバックル部分をスマートウォッチにできる、新しいタイプのスマートウォッチです。wenaシリーズは以前からおサイフケータイ(R)に対応していましたが、「wena 3」からはさらにSuicaにも対応し、さまざまな電子決済サービスが1つで済むようになりました。

LINEやメールの通知を確認できるほか、Amazon Alexaに対応していて、ボタンを押して話しかければ天気予報・計算・ニュースチェックもできます。加速度センサーとデュアル工学式心拍センサーを搭載しているため、歩数や心拍数を記録して健康管理にも役立てられます。「metal」の名前通り金属製のバンドは、高級腕時計にも違和感なくマッチします。

wena 3 metalはこんな人におすすめ!
  • 普段使っている時計をそのまま使いたい人
  • 電子マネーやSuicaを1つにまとめたい人
  • 高級感のあるスマートウォッチを使いたい人

音声検索・入力も簡単!タッチパネル付き「SmartWatch 3」

ソニー(SONY)
最安値 ¥11,980 (税込)

「SmartWatch 3」は、SONY製のタッチパネル式スマートウォッチで最新のモデルです。公式サイトでは生産中止中ですが、Amazonや楽天で中古販売がされているなど、未だに根強い人気があります。LINEやメールの通知機能はもちろん、ワークアウトを計測・記録でき、見やすい大型画面で音楽アプリの操作も可能です。

大型ディスプレイでは、メールやLINEの本文を開封せずに確認できるだけでなく、音声入力と合わせてメッセージを返信することもできます。「OK Google」と呼びかけて音声検索をしたり、ボイスコマンドを作動させたりするのも簡単です。

2014年に発売されて以降、最新モデルのリリースがなかった「Smart Watch」シリーズ。しかし、2021年5月には、中国のソーシャルメディア「Weibo」に「Smart Watch 4」を開発するかもしれないという投稿がありました。公式発表ではありませんので、必ずしも開発されると決定したわけではありませんが、今後の情報が待たれます

SmartWatch 3はこんな人におすすめ!
  • 大型タッチパネルで快適に操作したい人
  • 天気やメールなど、新着情報を詳細に確認したい人
  • メッセージの返信をスマートウォッチから行いたい人

SONYスマートウォッチの選び方

ここでは、SONY製スマートウォッチの選び方についてご紹介します。

利用用途にあったタイプで選ぶ

ビジネスやスポーツなど、自分の利用用途に合わせて選ぶ方法です。

ビジネス向け:バンドの取り替えができるバックル型

ビジネス向け:バンドの取り替えができるバックル型

ビジネス向けにおすすめなのは、手持ちの腕時計のバンド部分に取りつけられるバックル型の「wena」シリーズです。バンド部分にスマートウォッチとしての機能を内蔵しているので、高級腕時計としての見た目を損なわず、顧客との打ち合わせなどのフォーマルなシーンでも利用できます。

高級感や清潔感をイメージさせるメタリックなステンレスバンドや、上質なレザーバンドは、ビジネスシーンにも自然に馴染むでしょう

スポーツ向け:軽量で汚れにくいリストバンドタイプ

スポーツ向け:軽量で汚れにくいリストバンドタイプ

スポーツ中の健康管理やワークアウトの記録に使いたいなら、軽量で汚れにくいシリコン素材のリストバンドタイプがおすすめです。

リストバンドタイプの内側には溝が刻まれていて、サイズ調節時のガイドにも、流れ出た汗でバンドが肌に張り付く不快感を防ぐのにも役立ちます。

リストバンドタイプのスマートウォッチなら、こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事:【2021年最新版】HUAWEIスマートウォッチおすすめ15選|1万円以下で購入できるモデルも豊富に紹介

スマホ同様に使用したい:大画面タッチパネルタイプ

スマホ同様に使用したい:大画面タッチパネルタイプ

スマートウォッチもスマホのように使いたい人は、大画面のタッチパネルが付いているモデル(「SmartWatch 3」)がおすすめです。画面が大きいので、メールの通知だけでなく内容も確認でき、そのまま音声入力を使って返信もできます。

大画面のSmartWatch 3なら、スマホを取り出さずに動画を楽しんだり、ニュースをチェックしたりすることも可能。スマートウォッチ内の地図アプリを使えば、歩きながらスマホで道を確認するわずらわしさもなくなります。

利用用途別おすすめSONYスマートウォッチ
  • ビジネスシーンで使いたい人:wenaシリーズ(ステンレスバンド、レザーバンドタイプ)
  • スポーツをよくする人:wenaシリーズ(リストバンドタイプ)
  • スマホのように使いたい人:SmartWatch 3

関連記事:【4,000円以下も】iPhone対応スマートウォッチおすすめ15選|安い・おしゃれなモデルを厳選

バッテリーの持ち時間をチェック

バッテリーの持ち時間をチェック

スマートウォッチを毎日利用する方は、バッテリーの持ち時間を必ずチェックしておきましょう。

バッテリーの持ち時間は、wenaシリーズでいずれも約1週間、SmartWatch 3で約2日間です。長期出張などで毎日バッテリーを充電できないことが多い人は、wenaシリーズを選ぶと良いでしょう。

自分に必要な「機能」で選ぶ

スマートウォッチを選ぶとき、自分に必要な機能が搭載されているかどうかは非常に重要なポイントです。

Suicaなどの電子マネー決済機能で選ぶ

Suicaなどの電子マネー決済機能で選ぶ

自分が普段よく使う電子マネー決済が使える機能があるかどうか、事前にチェックすることも重要。

ちなみに、Suicaが使えるのは「wena 3」シリーズのみ、おサイフケータイ(R)に対応しているのは「wena」シリーズのみです。また、使える電子マネー決済サービスも「楽天Edy・iD・dポイント・Quicpay」と限られていますので、注意しましょう。SmartWatchシリーズでは、どの電子マネー決済サービスも使えません。

はるみ

電子マネー決済サービスが使えるのは、wenaシリーズだけです!

仕事利用があるならメール・SNSなどの通知機能をチェック

仕事利用があるならメール・SNSなどの通知機能をチェック

スマートウォッチの機能を仕事でも使いたいなら、メールやSNSなどの通知機能をチェックしましょう。基本の着信通知やデフォルトのメールアプリ、LINEなどの主要なメッセージアプリからの通知は表示されますが、ビジネス向けSNSアプリなどの中には通知に対応していないものもあります。必ず、使いたいアプリが通知に対応しているかどうか確認してから購入しましょう。

健康管理をしたい人向け「活動ログ」機能

健康管理をしたい人向け「活動ログ」機能

スマートウォッチを使って健康管理をしたい人は、歩数計や消費カロリーなどが計測できる活動ログ機能をチェックしましょう。

「wena wrist pro」「wena wrist active」シリーズは、加速度センサーの搭載により、睡眠状態も計測できるようになりました。さらに「wena wrist active」シリーズでは、GPSや光学式心拍センサーの搭載で、移動距離や心拍数の計測も可能になりました。

活動状態を細かく記録することで、どの活動によって心拍数がどう変化したのか、どれだけのカロリーを消費したのか確認でき、小さな身体の変化にも気づくことできます。

健康管理が気になる人には、こちらのスマートウォッチもおすすめです。

関連記事:【2021年】健康管理で人気のFitbit (フィットビット) おすすめモデル9選 | 選び方を徹底解説!

屋外の使用も安心!防水・防塵性のレベルをチェック

屋外の使用も安心!防水・防塵性のレベルをチェック

スポーツやアウトドアなど屋外で使うためには、防水・防塵機能をチェックしましょう。

シリーズごとに防水・防塵規格を表記していますが、よく分からないという方は表の参考基準を確認してみてください。

シリーズ wena wrist wena wrist active wena wrist pro、
wena 3
SmartWatch 3
IPコード IPX5/IPX7 IP68
気圧防水 3気圧防水 5気圧防水
参考基準 日常生活での水没のリスクは避けられる

水深30mの水圧に耐えられる。

雨に降られても◎。
水仕事、潜水は不可。

水深50mの水圧に耐えられる。

水仕事、ヨット・釣りなどの水上スポーツ◎。

ダイビングは不可。

防塵・防水規格の最大等級。

30分以上の継続潜水が可能だが、製品によってばらつきあり。

完全防塵なのでアウトドア向き◎

日常生活で使う程度の防水機能が欲しい場合は「wena」シリーズでも十分ですが、キャンプなどの砂やホコリも多いアウトドアシーンで使うなら、「SmartWatch 3」がおすすめです。

屋外用のスマートウォッチを検討している人は、こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事:【2021年】マニアが選ぶ Garmin(ガーミン) おすすめ20選|ゴルフや登山で使った感想もレビュー

関連記事:【アウトドアに強い】SUNNTO(スント)スマートウォッチおすすめ人気ランキング10選

SONYスマートウォッチおすすめ人気ランキング比較一覧表

Rentry編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格タイプ重量バンド幅OS電源タイプバッテリー稼働時間搭載機能・センサーメール・着信機能電子マネー防水・防塵
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena 3 metal¥36,300 Amazonステンレスバンド80.0gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS11.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサー、静電タッチセンサー、マイク、照度センサー、心拍センサーありSuica、おサイフケータイ(R)5気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena 3 rubber¥26,000 Amazonシリコンラバー32.0gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS11.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサー、静電タッチセンサー、マイク、照度センサー、心拍センサーありSuica、おサイフケータイ(R)5気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist active NERV Edition¥74,180 Amazonシリコンラバー40.9gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS 10.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサー、GPSセンサー、心拍センサーありおサイフケータイ(R)3気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena 3 leather¥33,000 Amazonレザーバンド38.0gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS11.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサー、静電タッチセンサー、マイク、照度センサー、心拍センサーありSuica、おサイフケータイ(R)5気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist active¥41,127 Amazonシリコンラバー40.9gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS 10.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサー、GPSセンサー、心拍センサーありおサイフケータイ(R)3気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist pro Chronograph Silver set/STAR WARS limited edition “THE LIGHT SIDE"¥54,000 Amazonステンレスバンド85gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS 10.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサーありおサイフケータイ(R)5気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist pro¥31,500 Amazonステンレスバンド85gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS 10.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサーありおサイフケータイ(R)5気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist active Mechanical Black set -kawamori Edition-¥94,175 Amazonシリコンラバー40.9gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS 10.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサー、GPSセンサー、心拍センサーありおサイフケータイ(R)3気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist pro Mechanical Silver set -kawamori Edition-¥72,389 Amazonステンレスバンド85gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS 10.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサーありおサイフケータイ(R)5気圧防水
SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist pro Chronograph Premium Black set/STAR WARS limited edition “THE DARK SIDE"¥85,675 Amazonステンレスバンド85gディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mmiOS 10.0以上 / Android 6.0以上充電約1週間加速度センサーありおサイフケータイ(R)5気圧防水

SONYスマートウォッチおすすめ人気ランキング10選

SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist pro Chronograph Premium Black set/STAR WARS limited edition “THE DARK SIDE"

10位
SONY(ソニー)
最安値 ¥85,675 (税込)

日本初、スター・ウォーズ公式スマートウォッチ「ダークサイド」

「光と闇」をコンセプトにスター・ウォーズシリーズの世界観を表現!2種類あるコラボスマートウォッチの「闇」バージョンです。「wena wrist pro」のバンド部分と、「Chronograph head」のヘッド部分がセットになったモデルで、バンド部分とヘッド部分は別々に付け替えることもできます。

スマートウォッチの機能としては第2世代の「wena wrist pro」と全く同じで、おサイフケータイや通知機能に対応しているほか、加速度センサーで睡眠状態も把握できます。

口コミ・レビュー
スターウォーズファンなら見逃せないアイテムですね。スマホからの通知を受け取るには十分なデバイスですし、有機ELディスプレイなのでスマートウォッチ部分の文字も見やすいです。ヘッド部分は世界観を優先しているので、若干文字盤としては見づらいかもしれませんが、ビジネスシーンでも使える「わかる人だけわかる」感がたまりません。
タイプステンレスバンド
重量85g
バンド幅ディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mm
OSiOS 10.0以上 / Android 6.0以上
電源タイプ充電
バッテリー稼働時間約1週間
搭載機能・センサー加速度センサー
メール・着信機能あり
電子マネーおサイフケータイ(R)
防水・防塵5気圧防水

SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist pro Mechanical Silver set -kawamori Edition-

9位
SONY(ソニー)
最安値 ¥72,389 (税込)

マクロスシリーズ河森監督とのコラボスマートウォッチ、シルバー

マクロスシリーズの原作者やメカデザイナーとして知られる河森監督とのコラボウォッチ、シルバータイプです。シルバータイプはバンド部分に生活防水・おサイフケータイ対応の「wena wrist pro」を採用。ディスプレイ横には、監督がこのコラボのために書き下ろした機体の名称「FK-40」の刻印がなされています。

文字盤には、コックピットを想像させる航空計器がモチーフになったデザインが施されています。ヘッド裏にも河森監督の機体のスケッチが描かれるなど、プレミア感を感じるモデルです。

個性的なメカニカルなデザインながら、電子マネー機能・通知機能・活動ログ機能も揃っており、日常生活で幅広く活躍してくれます。

口コミ・レビュー
非常に独創的なデザインで、ファンにはたまらないモデルですね。本コラボモデルの開発にあたってオリジナルのアニメ映像も作られたとのことで、河森監督のデザインというだけでなく、設計の段階から参加されたとのこと。力の入れようがわかります。機械式時計の内部が見えるメカニックな形状も、スマートウォッチがバンド部分に来るwenaモデルならではですね。
タイプステンレスバンド
重量85g
バンド幅ディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mm
OSiOS 10.0以上 / Android 6.0以上
電源タイプ充電
バッテリー稼働時間約1週間
搭載機能・センサー加速度センサー
メール・着信機能あり
電子マネーおサイフケータイ(R)
防水・防塵5気圧防水

SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist active Mechanical Black set -kawamori Edition-

8位
SONY(ソニー)
最安値 ¥94,175 (税込)

マクロスシリーズ河森監督とのコラボスマートウォッチ、レッド

マクロスシリーズの原作者やメカデザイナーとして知られる河森監督とのコラボウォッチ、レッドタイプです。レッドタイプはバンド部分に「wena wrist active」を採用。シルバータイプ同様、ディスプレイ横に書き下ろした機体の名称「FK-40」の刻印がなされています。

文字盤には、コックピットを想像させる航空計器がモチーフになったデザインが施されています。メカニカルなデザインが好きな人には嬉しいポイント。

wena wrist activeを備えた本コラボモデルは、電子マネーや通知機能のほか、GPSと光学式心拍センサーによるより詳細な活動ログ機能が搭載されています。心拍数や睡眠の質を管理できるので、身体の変化にも気づきやすく、ヘルスケアに向いているモデルです。

口コミ・レビュー
文字盤部分は見づらく、時刻を凝視しないとわからないのですが、アナログヘッドはコラボモデルとしてメカニックさを楽しむためのもの、と割り切るのが良いでしょう。航空計器の「水平儀」をモチーフとし、時針が進むにつれて内部の機械の見える部分が変わるのがワクワクします。activeタイプのバンドなので、シリコンラバーで軽くつけやすいのも嬉しいです。
タイプシリコンラバー
重量40.9g
バンド幅ディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mm
OSiOS 10.0以上 / Android 6.0以上
電源タイプ充電
バッテリー稼働時間約1週間
搭載機能・センサー加速度センサー、GPSセンサー、心拍センサー
メール・着信機能あり
電子マネーおサイフケータイ(R)
防水・防塵3気圧防水

SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist pro

7位
SONY(ソニー)
最安値 ¥31,500 (税込)

wenaシリーズ第2世代、有機EL採用のスマートウォッチ

「wena wrist pro」は、wenaシリーズ第2世代のSONY製スマートウォッチです。有機ELディスプレイを初採用。独自の特許技術で電子部品をバンド内に分散配置することで、極限まで薄く小さなスマートウォッチを実現しました。

どんなヘッド部分にも合わせやすいシルバーと、表面にチタン化合物をコーティングしてより傷がつきにくいプレミアムブラックの2色展開。おサイフケータイで電子マネー決済サービスが利用でき、着信やメール通知もしっかりチェックできます。

現在メタル系の時計を使用しているなら、デザインも損なわず、wena wrist proのバンドに替えるだけでおしゃれなスマートウォッチに早変わりするでしょう。

口コミ・レビュー
スマートウォッチも良いと思ったけれど、今持っている時計もあるし、と迷っていたときにこの商品に出会いました。バンドのサイズもぴったり、電話の取り忘れもなく満足です。今まではデッドスペースだったバンドのバックル部分をスマートウォッチとして利用する発想がすごい。手首をサッとかざして電子マネー決済ができるので、便利です。
タイプステンレスバンド
重量85g
バンド幅ディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mm
OSiOS 10.0以上 / Android 6.0以上
電源タイプ充電
バッテリー稼働時間約1週間
搭載機能・センサー加速度センサー
メール・着信機能あり
電子マネーおサイフケータイ(R)
防水・防塵5気圧防水

SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist pro Chronograph Silver set/STAR WARS limited edition “THE LIGHT SIDE"

6位
SONY(ソニー)
最安値 ¥54,000 (税込)

日本初、スター・ウォーズ公式スマートウォッチ「ライトサイド」

「光と闇」をコンセプトにスター・ウォーズシリーズの世界観を表現した、コラボスマートウォッチの「光」バージョン。「wena wrist pro」のバンド部分と、「Chronograph head」のヘッド部分がセットになったモデルです。

バンド部分とヘッド部分は別々に付け替えられるので、気分によって以前使っていた腕時計のヘッドに付け替えることも可能。

「wena wrist pro」から搭載された有機ELディスプレイはもちろん、おサイフケータイにも対応しているので、バンド部分をかざすだけで電子マネー決済が可能。着信・メール通知や活動ログ機能も搭載しています。

口コミ・レビュー
スター・ウォーズにはあまり詳しくなかったのですが、ヘッドの文字盤部分の幾何学模様のデザインに惚れ込んで購入しました。液晶は2行表示ですがとても見やすく、手首を返すとすぐに時間・曜日が表示されるので暗いところで便利です。シルバーはシンプルで主張しないので、どんなフォーマルファッションにも合わせられます。
タイプステンレスバンド
重量85g
バンド幅ディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mm
OSiOS 10.0以上 / Android 6.0以上
電源タイプ充電
バッテリー稼働時間約1週間
搭載機能・センサー加速度センサー
メール・着信機能あり
電子マネーおサイフケータイ(R)
防水・防塵5気圧防水

SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist active

5位
SONY(ソニー)
最安値 ¥41,127 (税込)

デザインも機能もアクティブになった、wenaスマートウォッチ

第1世代の「wena」に対し、デザインも機能もアクティビティに対応したモデルです。汗にも汚れにも強いシリコンラバー製のバンドを採用。また、加速度センサー・GPSセンサー・光学式心拍センサーの3つのセンサーで詳細な活動ログを記録できるようになりました。

移動距離・平均速度・歩数のほか、心拍数や睡眠状態も計測でき、スポーツなどよく運動する人、健康管理をしたい人におすすめのスマートウォッチです。ヘッド部分をつければオフィス利用に、ヘッド部分を外せばスマートバンドとして使い分けもできます。

口コミ・レビュー
以前、金属製のwenaバンドを使っていましたが、重たすぎて手首が痛くなってしまいました。このモデルはその点、軽くて使いやすいですし、心拍数が測れるのも良いですね。ウェアラブル端末として着けていればさりげなく、ヘッドをつければおしゃれに使い分けられるのも気に入りました。欲しい機能がすべて入っていて、見た目にも文句なしで大満足です。
タイプシリコンラバー
重量40.9g
バンド幅ディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mm
OSiOS 10.0以上 / Android 6.0以上
電源タイプ充電
バッテリー稼働時間約1週間
搭載機能・センサー加速度センサー、GPSセンサー、心拍センサー
メール・着信機能あり
電子マネーおサイフケータイ(R)
防水・防塵3気圧防水

SONY(ソニー) スマートウォッチ wena 3 leather

4位
SONY(ソニー)
最安値 ¥33,000 (税込)

wena第3世代、レザーバンドタイプのスマートウォッチ

wenaシリーズ最新モデル、「wena 3」のうちレザーバンドタイプのスマートウォッチです。前モデルの「wena wrist pro」に引き続き採用された有機ELディスプレイとフルカラーLEDで、より見やすくわかりやすい通知を実現しました。

腕時計としての見た目も美しく高級感あるレザーバンドタイプですが、ヘッド部分の装着もOK。これまでレザーバンドで使っていた時計でも、外観の印象を変えることなくスマートウォッチにできます

口コミ・レビュー
約3年、他のスマートウォッチを使っていて本機に乗り換えました。以前使っていたタイプは1日に3回は充電しないと使えず、スマートウォッチとしての実用性が全くありませんでしたが、本機は3〜4日に1回の充電で済む優れもの。バッテリーを気にしなくて良くなった分、充電を忘れそうなほどです。通知が手首側に来るので、仕事で人と会っていても安心です。
タイプレザーバンド
重量38.0g
バンド幅ディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mm
OSiOS11.0以上 / Android 6.0以上
電源タイプ充電
バッテリー稼働時間約1週間
搭載機能・センサー加速度センサー、静電タッチセンサー、マイク、照度センサー、心拍センサー
メール・着信機能あり
電子マネーSuica、おサイフケータイ(R)
防水・防塵5気圧防水

SONY(ソニー) スマートウォッチ wena wrist active NERV Edition

3位
SONY(ソニー)
最安値 ¥74,180 (税込)

エヴァケータイのチームが再集結して作られたスマートウォッチ

人気作品「エヴァンゲリオン」とのコラボスマートウォッチです。かつてNTTドコモから発売された「エヴァケータイ SH-06A NERV」を手掛けたデザインチームにより、初の公式コラボウォッチを実現しました。スマートウォッチ部分には生活防水・心拍数計測対応の「wena wrist active」を採用しています。

ヘッド部分のカラーリングにはブラックとシルバーの2色がありますが、いずれもスマートウォッチ部分は「wena wrist active」です。おサイフケータイ・通知機能のほか、睡眠状態や消費カロリーなどの詳細な活動ログ機能にも対応しています。

口コミ・レビュー
大人気だったエヴァケータイのデザインチームが再集結して作っただけあって、作品の世界観を忠実に再現しています。裏面の刻印や凝った外箱は、まるで作品内の機関に実際に勤めているかのような気分になれます。専用のアプリやUIがややわかりにくいのですが、普通にスマートウォッチとして通知や活動ログの記録などに使えています。
タイプシリコンラバー
重量40.9g
バンド幅ディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mm
OSiOS 10.0以上 / Android 6.0以上
電源タイプ充電
バッテリー稼働時間約1週間
搭載機能・センサー加速度センサー、GPSセンサー、心拍センサー
メール・着信機能あり
電子マネーおサイフケータイ(R)
防水・防塵3気圧防水

SONY(ソニー) スマートウォッチ wena 3 rubber

2位
SONY(ソニー)
最安値 ¥26,000 (税込)

軽量ラバーバンド採用のwena 3シリーズスマートウォッチ

バックル型スマートウォッチの最新世代、「wena 3」のシリコンラバーバンドモデルです。軽量で丈夫なバンドが使いたい人、スポーツをよくする人などにおすすめ。ヘッド部分を取り付けて通常通り使うのも、スポーツ時にヘッドを取り外してスマートバンドとして使うのも良いでしょう。

5気圧防水の防水性能、各種センサーによる活動ログ機能などで、スポーツをする人にも安心、嬉しい機能がしっかり備わっています。Suicaに対応したので、電車に乗ってジムに行くにも途中のコンビニで水を買うにも便利です。

口コミ・レビュー
待ちに待ったSuica対応モデル!メタルにするか悩みましたが、スマートバンドとして使っても違和感のないこのモデルにしました。数日使ってみると、単なる活動量計としてだけでなく睡眠トラッキングにも使いたい私のようなタイプにはやはり軽量で単独でも装着しやすいラバーが合っていたようです。ヘッド部分も脱着しやすいけれど、固定もしっかりされて安心感がありますよ。
タイプシリコンラバー
重量32.0g
バンド幅ディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mm
OSiOS11.0以上 / Android 6.0以上
電源タイプ充電
バッテリー稼働時間約1週間
搭載機能・センサー加速度センサー、静電タッチセンサー、マイク、照度センサー、心拍センサー
メール・着信機能あり
電子マネーSuica、おサイフケータイ(R)
防水・防塵5気圧防水

SONY(ソニー) スマートウォッチ wena 3 metal

1位
SONY(ソニー)
最安値 ¥36,300 (税込)

wenaのコンセプトを詰め込んだメタルバンドスマートウォッチ

wena 3シリーズでも、やはり大人気なのはビジネスシーンで使いやすいステンレスバンドモデル。wenaシリーズは「普段の時計をスマートウォッチに」というコンセプトからスタートしているため、普段使いに最も適したモデルと言えます。

心拍数やストレス測定を含めた総合的な活動ログを記録できるwena 3シリーズは、常に装着していることで真価を発揮します。Suicaを含めた各種電子マネーに対応し、着信やメールなどの通知も見られるwena 3を、ぜひさまざまなシーンで使ってみてください

口コミ・レビュー
機能がシンプルなので、Apple Watchのような大画面を活かした高機能さを求める人には向きません。しかし、好きな腕時計ヘッドと合わせられるカスタマイズ性には何物にも代え難い魅力があります。アプリの通知はそろそろ年齢で視力が落ちてきた自分にも見やすく、大画面でなくても便利に使えています。日常使いなら1週間持つバッテリー持ちの良さもおすすめポイントです。
タイプステンレスバンド
重量80.0g
バンド幅ディスプレイ部:20mm、ヘッド取り付け部:22mm
OSiOS11.0以上 / Android 6.0以上
電源タイプ充電
バッテリー稼働時間約1週間
搭載機能・センサー加速度センサー、静電タッチセンサー、マイク、照度センサー、心拍センサー
メール・着信機能あり
電子マネーSuica、おサイフケータイ(R)
防水・防塵5気圧防水

スマホと連携!SONYスマートウォッチの使い方と初期設定

では、実際にスマホとSONYスマートウォッチを連携させて使う方法と初期設定を見ていきましょう。

バックル型:ヘッドとバンドを装着・調整する

バックル型:ヘッドとバンドを装着・調整する

wenaシリーズはバックル部分にスマートウォッチがついていて、一般的な時計のヘッド部分に装着して使うものです。まずはヘッドとバンドを装着し、調整しましょう。このとき、自分で元の時計からヘッドを取り外してバンドと装着する場合は、専用の工具が必要です。SmartWatch 3はヘッドとバンドが揃っているため、この工程は必要ありません。

  • ヘッドとバンドを装着・調整する手順
  • STEP.1
    wenaシリーズのバンドの長さを手首に合わせて調整する
    ステンレスバンドモデルの場合、工具を使えば自分で長さ調整することもできます。
  • STEP.2
    使いたい時計のヘッド部分を取り外す
    使いたい時計のヘッド部分をバンドから取り外します。
  • STEP.3
    時計のヘッド部分に、wenaシリーズをバンドとして装着する
    時計のヘッド部分が取り外せたら、逆の手順でwenaシリーズをバンドとして装着します。
  • STEP.4
    完成
    実際に手首に装着し、長さに問題がなければ完成です。

専用のSONY公式アプリをインストール

専用のSONY公式アプリをインストール

アプリストアから専用のSONY公式アプリをインストールしましょう。インストールするアプリは、シリーズによって異なります

  • wena 3シリーズ:「wena 3」アプリ
  • その他のwenaシリーズ:「wena」アプリ
  • SmartWatch 3:「Android Wear」アプリ

間違ったアプリをインストールするとペアリングできませんので、注意しましょう。

コードを入力し、ペアリングを実施

コードを入力し、ペアリングを実施

インストールしたアプリを起動し、ログインしたらスマートフォンの「Bluetooth」機能がONになっていることを確認しましょう。ONになっていたら、スマホ側からアプリの画面指示に従って設定を進めていきます。スマートウォッチの画面に表示される「時計コード」を入力(または選択)すると、ペアリングされます

注意
スマートウォッチの充電が足りないと、「時計を電源に接続してください」と表示されることがあります。この場合は、すぐに充電を始めてください。充電しながらでも設定可能です。

スマホ側で通知アクセスを有効化させておく

スマホ側で通知アクセスを有効化させておく

最後に、アプリ上でスマートウォッチに通知したいアプリ、通知したくないアプリの設定を行いましょう。また、wena 3の場合はAmazon Alexaに対応しているため、さらにAmazonアカウントと連携することもできます。必要があれば設定しておきましょう。

SONYスマートウォッチのよくある質問

SONYスマートウォッチのよくある質問

どのモデルでもsuicaは電子マネーは使えますか?

Suicaが使えるのは、wenaシリーズの最新モデル「wena 3」のみです。それ以前のwenaシリーズは、おサイフケータイ(R)には対応していますが、使える電子マネーは「楽天Edy・iD・dポイント・Quicpay」と限られていますので、注意しましょう。また、タッチパネル式の「SmartWatch 3」では、Suicaを含めた電子マネーが使えません。

血圧が測れるモデルはありますか?

SONY製スマートウォッチで、血圧が測れるモデルはありません。SONY製スマートウォッチで記録できる健康情報は、歩数・心拍数・睡眠時間・最大酸素摂取量の4つと、さらにそこから導き出される身体の残りエネルギー、ストレスレベルです。

関連記事:血圧を測れるスマートウォッチおすすめ15選|日本製や精度の違いを徹底比較

通話はできますか?

どのシリーズでも、スマートウォッチ単体で通話を受けることはできません。通知を確認したら、スマホで通話を行いましょう。wena 3シリーズでは「Amazon Alexa」に、SmartWatch 3では「Google アシスタント」や音声入力に対応していますが、これらのマイクはいずれも通話に使えるわけではありません。

中古でも大丈夫?どこで買えますか?

スマホと同じように、スマートウォッチも中古で使えます。Amazonや楽天など、通販サイトで購入できますが、必ずペアリングが解除されているか、データが消去されているか確認してから購入しましょう。

故障した場合、どこで修理すればいいですか?

wenaシリーズには専用の修理窓口がありますので、修理を依頼したい製品を選び、専用ページに従いましょう。SmartWatchシリーズはSONYの総合修理申し込みページから問い合わせてください。

バッテリー交換は可能ですか?

いずれのシリーズもバッテリー単体の交換ではなく、点検・修理対応ののち必要に応じて本体交換となるケースが多いです。詳しくは、上記SONYの修理窓口に問い合わせてください。

SONYスマートウォッチまとめ

SONYのスマートウォッチには、以下の3つの魅力があります。

  • 愛用の時計をスマートウォッチとして使える
  • 電子マネー決済機能搭載のモデルが多い
  • 有名ブランドとのコラボモデルが多い

特に、高級腕時計のバックル部分を取り替えてスマートウォッチにしてしまおうというSONY独自の発想は、他メーカーにはない大きな魅力です。もちろん、wenaシリーズの他、大画面のSmartWatch 3もまだまだ根強い人気があります。

wenaシリーズは、世代によってもバージョンによっても細かく仕様が異なるため、欲しい機能が搭載されているかしっかりチェックして選びましょう。ぜひ、好みのデザインやライフスタイルに合わせた1本を見つけてくださいね。

その他、スマートウォッチ全般について知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

関連記事:【2021年完全版】マニアが厳選した スマートウォッチ おすすめランキング 30選 | 選び方や機能を完全解説

関連記事:【女性スタッフが選んだ】かわいいスマートウォッチおすすめ22選 (レディース編)

関連記事:【スマホやスマートウォッチと連携できる】体重計・体組成計 おすすめ16選 (2021年最新)

関連記事:スコアアップ確実!ゴルフ向けスマートウォッチおすすめ15選|安いモデルを徹底比較

関連記事:【2021年最新版】カシオスマートウォッチおすすめ12選|ソーラー充電もできる新作モデルも紹介

関連記事:毎日の体調管理に!体温が測定できるスマートウォッチおすすめ15選【2021年】

この記事は参考になりましたか?