【最新版】SONY(ソニー)おすすめスピーカー15選|選び方や特徴を細かく解説

Sony サムネイル

オーディオ環境を整え、臨場感のある映画や動画コンテンツを楽しみたいと思ったことはありませんか?そのような方におすすめなのがソニーのスピーカーです。

ソニーのスピーカーは重低音中心の物が多く、音楽であればダンスミュージック、映像であればアクションやSFなどに適しています。迫力を求める方にはピッタリです。

また、種類も豊富でホームシアターのように設置できるモデルや1台で迫力のある音を楽しめるもの、持ち運びに適した防塵防水に特化したモデルなどさまざま。

ソニーのスピーカーは、種類が豊富なので自分にあったモデルを探すのは大変です。そこで今回はソニーのスピーカーを購入しようと考えている方に向けて、おすすめのソニーのスピーカー15選を徹底比較しました。

ぜひ、こちらの記事を参考に理想のオーディオ環境を整えてみてください。

SONY(ソニー)のスピーカーの魅力

ソニーの何がそんなに魅力なのか。主に上げられるソニーの魅力は3つあります。

  • 歴史のある日本企業
  • 迫力のある音作り
  • 新しい挑戦をしている

歴史のある日本企業

Krasnoyarsk, Russia, July 20, 2020: sony Logo on a retail window on a black background

ソニーは1946年にスタートした会社で、「人がやらないことをやる」を目標に数多くの商品を世に排出してきました。スピーカーなどのオーディオ機器のみならず、ゲーム機・テレビ・スマホなど幅広い機器に携わっています。

カメラの「センサー」や交通系ICカードに内蔵されている「FeliCa」など、身近なものにも使われているソニー製品。機器の発展にソニーが関わっているといっても過言ではありません。

迫力のある音作り

ソニーのスピーカーの魅力は迫力のある重低音です。EDMやダンスミュージックなど激しい音楽に適しています。また、CDより高音質に聞けるハイレゾなど、音質に強いこだわりを持っています。

高音質にこだわりたい方からの支持が多いメーカーです。

新しい挑戦をしている

アジア企業は、海外企業が打ち出した商品を参考にデザインをするのに対して、ソニーは独自に新しいものを生み出そうと奮闘しています。

ソニーは初めてウォークマンを作ったり、高音質で音楽を楽しめるハイレゾを作ったりと、開発されたものを見れば奮闘していることは明らかです。

近年では、「360 reality Audio」という新しい音楽体験も発表しました。音作りだけでなく全身で楽しませようとしている姿勢が素晴らしいですね。

SONY(ソニー)の選び方

ソニーのスピーカーを選ぶときに抑えておきたいポイントをご紹介。ラインナップが豊富なのでぜひ参考にしてみてください。

  • いろんな場所で使いたいならワイヤレスポータブルスピーカー
  • 音質にこだわったパッシブスピーカー
  • 近年話題沸騰中のネックスピーカー
  • 映画鑑賞には欠かせないサブウーファーもおすすめ
  • 流行りのスマートスピーカーもある
  • 長風呂が好きなら防水モデルがおすすめ

いろんな場所で使いたいならワイヤレスポータブルスピーカー

アウトドアスピーカー SONY

amazon.co.jp

持ち運べるスピーカーを探しているなら、ワイヤレススピーカーがおすすめ。ワイヤレススピーカーはBluetooth接続で使うので、音楽を再生するときにコードが必要ありません。そのため、コードが絡まる心配やその場に端末を置いておく必要がありません。

また、コンパクトタイプであればカバンの中にしまえるので、キャンプやバーベキューなどアウトドアにも適しています。ワイヤレススピーカーはバッテリー式なので、モバイルバッテリーとして使えるモデルもあります。

災害時や緊急時に重宝するので、1台持っておいて損はないでしょう。

関連記事:【2021年】ワイヤレススピーカーのおすすめ15選|高音質・防水タイプ、BluetoothとWi-Fiの違いも紹介!

関連記事:高音質&大音量!アウトドア用スピーカーおすすめ26選|Bluetooth接続のポータブルタイプ

音質にこだわったパッシブスピーカー

音質にこだわりたい方は、パッシブスピーカーがおすすめです。パッシブスピーカーは、電気信号を増幅するアンプが内蔵されていません。そのため、自分好みのアンプを選べるのでカスタマイズ性に優れています。

パッシブスピーカーであれば聞く音楽に合わせて、アンプを選べるので、自分好みの音質に近づけることも可能です。

一方、人気のワイヤレススピーカーはアンプが内蔵されているアクティブスピーカーなので、アンプは自分で選べません。そのためアクティブスピーカーの場合、聞く音楽に合わせてスピーカーを選ばなくてはいけません。

音に合わせて音質を調節したい方は、パッシブスピーカーが適しています。

パッシブスピーカーの種類

パッシブスピーカーには3種類あります。

  • ブックシェルフ型
  • フロア型
  • トールボーイ型
ブックシェル型

出典:www.sony.jp

ブックシェル型は、本棚に収まるコンパクトなサイズ感が主流のパッシブスピーカー。インテリアとの相性が良く、置くだけで様になることからパッシブスピーカー初心者から上級者まで人気のスピーカーです。

コンパクトすぎるブックシェル型のスピーカーは、重低音が弱い場合があります。JAZZなど厚みのある重低音を楽しみた方は、大きめなブックシェル型がおすすめです。

関連記事:ブックシェルフスピーカーのおすすめ25選|ハイレゾ対応やBluetooth機も紹介

フロア型

出典:www.sony.jp

フロア型のパッシブスピーカーは、迫力のある音や再現度の高い音を求める方に適しています。映画や動画コンテンツを大迫力で楽しみたい方、生演奏を聴いているかのような音楽体験をしたい方にピッタリです。

フロア型のパッシブスピーカーは床に直接置くので、集合住宅の方は防音設備がしっかりしているか事前に確認しておくとトラブルなく使えるでしょう。

トールボーイ型
sony スピーカー トールボーイ

出典:www.sony.jp

トールボーイ型スピーカーは、大きいスピーカーで場所も結構圧迫します。なるべく省スペースで運用したい方は、スリムタイプがおすすめです。1台のスピーカーに複数のスピーカーユニットを内蔵しているので、力強い音がトールボーイ型の魅力。

映画鑑賞はもちろん、ライブ映像のような迫力のある音楽を楽しむのに適しています。

近年話題沸騰中のネックスピーカー

ネックスピーカー

ソニーのスピーカーの中には、首掛け状のネックスピーカーがあります。ネックスピーカーは、鎖骨・肩・首で支えハンズフリーで使えるスピーカーです。 スピーカーの置き場所を必要としないので、作業や家事の邪魔になりません。

またヘッドホンやイヤホンと違い耳を圧迫することなく音楽を楽しめるので、長時間身に付けていても疲れないのも人気な理由の1つ。ネックスピーカーはスピーカーが耳に向かって設置されているので、音に包まれているような臨場感を体験できます。

ネックスピーカーは、スピーカーに比べ音漏れが少ないので周りに気を使って音楽を楽しめなかった方、夜中に子どもを寝かせつけた後に映画を楽しみたい方にもぴったりです。

関連記事:おすすめのネックスピーカー15選|音質やマイク性能を徹底比較【2021年最新版】

映画鑑賞には欠かせないサブウーファーもおすすめ

Sony サブウーファー

出典:www.sony.jp

シアターホームを導入するときに「バータイプ」と「ボックスタイプ」のスピーカーで組み立てると思いますが、そのボックスタイプのスピーカーがサブウーファーです。

サブウーファーは低音が強く出るスピーカーで、爆発や戦闘シーンなど迫力のある映画やライブ演奏の音楽に適しています。

また、サブウーファーはスペースを圧迫しません。大きなスピーカーは低音が効いていて、心地よい音楽を流してくれますが、大幅に場所を取ります。サブウーファーは省スペースで重低音を増幅してくれるので、場所をあまり取りたくない方にもおすすめです。

関連記事:【最新版】サブウーファーおすすめ13選|選び方や特徴を細かく解説

関連記事:テレビ用スピーカーのおすすめ20選|人気のサウンドバーやホームシアターセットまで

流行りのスマートスピーカーもある

ソニーのスピーカーにはGoogleのAIアシスタントに対応した、「スマートスピーカー」があります。スマートスピーカーに決まった言葉をかければ、受信モードになり命令できるようになります。

命令できることに限りはありますが、WiFiやスマートコントローラーと接続するとエアコンや電気、ラジオの再生など、手で操作することなく起動可能です。

声だけで操作ができるので、家事や作業中の手が離せないときに重宝する機能です。アプリ上で電気を消し忘れていないかの確認もできるので、ついつい忘れてしまう方にも適しています。

音楽を聴くだけでなく、便利に生活をしたい方におすすめです。

関連記事:【2021年】スマートスピーカーおすすめランキング17選!amazon・google・LINEなどを徹底比較

長風呂が好きなあなたには防水モデルがおすすめ

長風呂が好きな方におすすめなのが、防水仕様のスピーカーです。防水仕様になっているスピーカーであれば、万が一シャワーの水がかかっても問題ありません。

また、強力な防水仕様(IPX7)であれば浴槽に落としてしまっても、30分以内に水中から取り出せれば壊れないので安心して使えます。

防水一覧
等級 特徴
IPX0 守られていない。
IPX1 雨垂れ程度であれば防げる。
IPX2 雨垂れ程度であれば防げる。(IPX1よりは守れる範囲が広い)
IPX3 短時間の小雨・雨垂れ程度であれば防げる。(IPX2よりは守れる範囲が広い)
IPX4 水の飛沫や雨に対して保護された状態。いわゆる、防水機能。
IPX5 直接水や雨がかっかっても故障しない状態。
IPX6 IPX5よりも強い圧力で、直接水や雨がかっかっても故障しない状態。
IPX7 シャワーを浴びても耐えられる状態。浴槽に落としても30分以内であれば水没しない。
IPX8 30分以上水に浸しても耐えられる状態。
IPXとは?

IPXは防水防塵のときに使われます。「防水はIPX〇」「防塵はIP〇」で表され、〇には数字が入ります。

  • 防水のみの場合  IPX0~IPX8
  • 防塵のみの場合  IP0~IP6
  • 防水防塵の場合  IP00~IP68

数字が大きくなるほど防御力が高くなります。

関連記事:防水Bluetoothスピーカーのおすすめ15選|お風呂で使える安いモデルから高音質まで!

SONY(ソニー)の技術が詰まった360 Reality Audio

360 reality Audio

出典:sony.jp

ソニーでは新たに「360 reality Audio」というサービスが始まりました。スピーカーやヘッドホンなどで、立体感のある音楽を体験できるサービスです。

360 reality Audioとは

360 reality Audioは、自分の周りで音がなっているような感覚を体験できるサービスのことです。音に奥行きがあり、映画の中に入り込んだ感覚を味わえます。

ヘッドホンで音楽を聞くと耳から耳までの間で音がなっている感覚ですが、360 reality Audioは実際にヘッドホンの外側、言うなれば頭の周りで音がなっているような不思議な感覚です。

どうすれば聞けるのか?

ソニーの360 reality Audioアプリ対応のヘッドホンやイヤホンまたは、スピーカーが必要です。すべてのソニー製品に対応しているわけではないので、体感してみたい方は事前に対応しているか確認しておきましょう。

360 reality Audioを聞くには、サービスに対応しているサブスクリプションに入ると聞けます。対応しているサブスクリプションは主に3つ。

  • Amazon Music HD
  • Deezer
  • nugs.net

まだ、新しいサービスなので対応しているスピーカーの種類は少ないですが、大口径のフルレンジスピーカーやパッシブラジエーターなど高性能です。スピーカーとしての性能は申し分ないので、迷っているのであれば買って損はありません。

対応スピーカー

  • SRS-RA5000
  • SRS-RS3000
  • Amazon Echo Studio

まだ対応している楽曲が少ない

全ての楽曲が360 reality Audioに対応しているわけではありません。対応している楽曲は4000曲以上とまだ少ないです。全国のソニーストアで360 reality Audioが体験できるので、気になる方はぜひ一度視聴してみてください。

ソニーストア店舗一覧

SONY(ソニー)のおすすめオーディオ15選

ソニースピーカーの比較一覧表

商品最安価格オーディオ出力防水性能連続再生可能時間ワイヤレスステレオペアリング接続方法イコライザーサイズ重量
ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB23楽天市場¥12,800 AmazonYahoo!14W有 IP6712時間可能Bluetooth可能23.4 x 10.2 x 10.2 cm580 g
ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB43楽天市場¥29,304 AmazonYahoo!50WIP6724時間可能Bluetooth・AUX可能36.5 x 19.8 x 15.2 cm2.95 Kg
SONY ワイヤレススピーカー SRS-RA3000楽天市場¥37,927 AmazonYahoo!20W-不可Bluetooth・AUX・WiFi可能38.8 x 22 x 21.8 cm2.5 Kg
ソニー ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-XB12楽天市場¥10,400 AmazonYahoo!5W有 IPX6716時間可能Bluetooth・AUX不可11.8 x 8.6 x 8.4 cm243 g
ソニー ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1楽天市場¥23,700 AmazonYahoo!2W7時間不可AUX不可33.3 x 30.4 x 10.1 cm1 Kg
ソニー ワイヤレススピーカー SRS-RA5000楽天市場¥67,373 AmazonYahoo!55W-不可Bluetooth・AUX・WiFi可能38.8 x 31.2 x 28 cm4.9 Kg
ソニー グラスサウンドスピーカー LSPX-S2楽天市場¥21,000 AmazonYahoo!11W8時間不可Bluetooth・AUX・WiFi可能9 x 9 x 27.7 cm1.1 Kg
ソニー 3ウェイ・スピーカーシステム(1台) SS-CS3楽天市場¥14,809 AmazonYahoo!145W-不可AUX不可26 x 23 x 92.2 cm11.5 Kg
ソニー サウンドバー HT-X8500楽天市場¥32,800 AmazonYahoo!160W-不可Bluetooth・AUX可能9.6 x 89 x 6.4 cm3.10 kg
ソニー スピーカーシステム 3ウェイ(2台1組) SS-CS5楽天市場¥20,209 AmazonYahoo!100W-不可AUX不可22 x 17.8 x 33.5 cm9.07 Kg
ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10楽天市場¥41,970 AmazonYahoo!24W12時間可能Bluetooth・AUX・WiFi可能6 x 20.4 x 6.2 cm700 g
ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB01楽天市場¥4,455 AmazonYahoo!3WIPX56時間不可Bluetooth・AUX不可5.65×5.75×8.15cm160 g
ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB41楽天市場¥39,800 AmazonYahoo!50WIP6724時間可能Bluetooth・AUX可能10.5 x 29.1 x 10.4 cm1.5 Kg
ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB22楽天市場¥16,280 AmazonYahoo!14WIP6712時間可能Bluetooth・AUX可能23.6 x 12 x 10.6 cm540 g
ソニー サウンドバー HT-S100F楽天市場¥10,980 AmazonYahoo!100W-不可Bluetooth・AUX可能8.8 x 90 x 6.4 cm2.40 kg

SONY(ソニー)の人気スマートスピーカー

ソニーの人気スマートスピーカーをご紹介します。AIアシスタントを良く使う方はぜひ参考にしてみてください。

コンパクトなスマートスピーカーを探しているならLF-S50G

LF-S50Gは、直径約11cmX高さ約16.2cmとソニーのスマートスピーカーの中では小柄です。省スペースで使いた方にピッタリなサイズ感。

このスピーカーはコンパクトなだけでなく、ジェスチャー機能が搭載されているところも面白いポイントです。ジェスチャー機能は、スピーカーの上部で手を動かすだけで操作できます。

ジェスチャー一覧

  • 再生、停止(スピーカー前面から背面に向かって真っすぐ動かす)
  • 音量を上げ下げ(時計回り、反時計回り)
  • 曲送り、曲戻し(左右に動かす)
  • ボイスアシスタント起動(スピーカー背面から全面に向かって真っすぐ動かす)

LF-S50Gは省スペースで使いたい方、手が濡れたり汚れたりする作業をする方におすすめです。

重低音を重視したいならSRS-XB501G

SRS-XB501Gは、45㎜口径のスピーカーユニット2基と125㎜口径の大型サブウーファーを搭載。大型サブウーファーから発せられる重低音は大迫力で、パーティーなどイベントごとで盛り上がりたい方にはたまらない1台です。

さらに、このスピーカーには重低音を強化する「EXTRA BASS」モードが搭載されています。聞く音楽や見る映画によって、重低音の強さを変えられるのは嬉しいですね。

また、2基のスピーカーユニットのおかげで、重低音に負けないクリアな高音を再現。ダンスミュージックなど低音をメインにした音楽だけでなく、ヴォーカルを中心としたバンドサウンドも楽しめます。

SRS-XB501Gは重低音を中心に楽しみたい方におすすめのスマートスピーカーです。

広範囲の音で盛り上がりたいならSRS-XB402M

SRS-XB402Mは、53㎜口径のスピーカーユニット2基と重低音を増幅するパッシブラジエーター2基を搭載しています。新開発のハイブリット素材を端に搭載することで、広範囲に音を届けることが可能。

また「ライブモード」をONにすると、さらに音が広範囲にいきわたります。部屋の隅々まで音が広がるので、どこにいても同じ重低音を楽しめるのは嬉しいですね。

SRS-XB402Mは、高音質デジタルアンプ技術「S-Master」搭載。安価なスピーカーを大音量にしたとたん、音割れが生じた経験をしたことはありませんか?「S-Master」は音量を上げたときに生じやすい音のひずみを軽減し、音割れを防いでくれます。

大音量で音楽を聞く方、広範囲に音を届けたい方におすすめです。

関連記事:【2021年】スマートスピーカーおすすめランキング17選!amazon・google・LINEなどを徹底比較

ソニースピーカーのおすすめアクセサリー

ソニーのスピーカーには防水性の高いモデルが多く、持ち運びをする方も多いでしょう。そこでおすすめなアクセサリーをご紹介。

持ち運ぶなら専用のケースがおすすめ

アンプ内蔵のアクティブスピーカーは気軽に持ち運べるモデルが多く、防水性も優れているのでアウトドアにも適しています。水や砂からの防御力は高いですが、衝撃には弱いです。

スピーカーを誤って落としてしまうと壊れる恐れがあります。スピーカーの破損を防ぐために専用のケースに入れると安心です。また、カバンの中に入れたとき他の荷物と擦れあって傷を付けるのを防ぐ役割もあるのでおすすめですよ。

SONY(ソニー)スピーカーの関連商品

ソニーのスピーカーに関連した商品をご紹介。関連商品があると音楽を気軽に楽しめるので、いざというときに役に立ちますよ。ぜひ参考にしてみてください。

ソニーイヤホン

通勤途中や散歩中など移動中に音楽を聴きたい方はワイヤレスイヤホンがおすすめ。スピーカーのような高音質を楽しめるモデルも出ているので、音にこだわりの強い方でも満足できるでしょう。ラインナップが豊富なので、予算に合わせて選びやすいです。

ワイヤレスイヤホンは端末と直接コードで繋がっていないので、絡まりづらくストレスを感じにくいです。バッテリー式で充電も簡単にでき、機械に苦手意識がある方でも簡単に扱えます。気軽にどこでも音楽を楽しみたい方はぜひ参考にしてみてください。

「もう少し詳しく知りたい」「ソニー以外のワイヤレスイヤホンも知りたい」という方は、以前ワイヤレスイヤホンの記事を書きましたので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:【評価レビュー】SONYイヤホン WF-1000XM3 音質とノイズキャンセリングを徹底検証

関連記事:【プロが装着感や遮音性で選んだ】カナル型イヤホンおすすめ20選 (2021年版)

ソニーヘッドホン

「日中はスピーカーで音楽を楽しめるけど、夜は家族や同居人に配慮しないといけない」という方にはヘッドホンがおすすめです。

ヘッドホンであれば高音質を耳元で体感できるので、周りの人に迷惑をかけません。また、イヤホンより大きいスピーカーユニットを搭載できるので、より深みのある音を楽しめます。

周りの人に気を使わず音楽に没頭したい方はヘッドホンが適しています。

「ソニー以外のヘッドホンも知りたい」という方は、以前ヘッドホンの記事を書きましたので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:【2021年最新】大人気ワイヤレスヘッドセットおすすめランキングTOP10!

関連記事:【2021年版】聴き比べてわかった今こそ選ぶ最強ワイヤレスヘッドホン15選

SONY(ソニー)スピーカーの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているSONYスピーカーのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

SONY(ソニー)スピーカーのまとめ

ソニーのスピーカーは、EDMやJAZZなど重低音を楽しみたい方におすすめです。ソニーには、一般的な置き型スピーカーだけでなく、ネックスピーカーやスマートスピーカーなど変わり種もあります。

また最近では、360 reality Audioと360°立体的に音楽を楽しめるサービスの提供まで始まりました。オーディオとして注目度の高いソニーですが、ラインナップが豊富でスピーカーを選ぶのは大変です。そこで今回は選びやすいようにおすすめのスピーカー15選をご紹介しました。

選ぶときに注目したいポイントは6つ。

  • いろんな場所で使いたいならワイヤレスポータブルスピーカー
  • 音質にこだわったパッシブスピーカー
  • 近年話題沸騰中のネックスピーカー
  • 映画鑑賞には欠かせないサブウーファーもおすすめ
  • 流行りのスマートスピーカーもある
  • 長風呂が好きなら防水モデルがおすすめ

また状況によっては、スピーカーが使えない場合もあるでしょう。そのような方におすすめな関連商品を2つ紹介しました。

  • イヤホン
  • ヘッドホン

ソニーのスピーカーは重低音が強いだけでなくテクノロジー面も優れているので、他のメーカーにはない音楽体験ができます。高音質で没入感のある音を楽しみたい方、立体感のある新しい音楽体験をしたい方は、ぜひソニーでスピーカーを探してみてください。

関連記事:どこに置いてもおしゃれなBluetoothスピーカー厳選15選|レトロやモダンなデザインも紹介

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー