スパナおすすめ15選!レンチとの違いや選び方も紹介

最近は、自分で家を修繕したり家具を作ったりする、いわゆるDIYが流行っていますね。

DIYには工具が必須で、スパナは工具箱に入れておきたい工具の1つです。DIY以外でも、ちょっとしたボルトやナットを締める作業には重宝します。

今回は、おすすめのスパナの選び方を紹介します。また、スパナとよく似たレンチとの違いも詳しく解説します。

ぜひ、お気に入りの1本を見つけてみてください。

スパナとは

スパナ

出典:Amazon.co.jp

スパナとは、ボルトやナットを締めたり緩めたりするときに使う工具です。車の整備や建築現場、DIYで家庭用としてもよく使われます。

基本的な形は、両端にU字型のヘッド部を備えている両口スパナです。

開口部分の幅は固定されていますが、開放されているため、横方向からボルトやナットに到達できます。ネジの上部にスキマがない環境でもスムーズな作業ができます。

ただ、二面で挟むため、大きな力はかけずらく、ボルトやナットの角をなめやすい弱点もあります。他の工具と使い分けることで、より便利に使えるでしょう。

スパナ おすすめ選び方

スパナのおすすめの選び方を紹介します。

レンチを兼ね備えたコンビネーションレンチ

スパナ

出典:Amazon.co.jp

片方にスパナ、反対側にメガネレンチがついています。仮締めに最適なスパナと、より強い力をかけられるレンチが一緒になった便利な工具です。

1本で2つの役割をこなせるので、多くの工具を持ち込めない現場などで重宝します。

狭い場所での作業には薄型スパナ

スパナ

出典:Amazon.co.jp

一般的なスパナより厚みが薄いスパナは、スキマがない場所での作業に適しています。

台車のキャスターなど、上下にスキマがない部分のボルトやナットを締めるのは大変です。しかし、薄型スパナを使えば、スキマがなくても作業できます。

さまざまな場所で使うならセットで買う

スパナ

出典:Amazon.co.jp

作業する場所のボルトやナットのサイズがバラバラなことも珍しくありません。特定の場所だけで使うなら1種類でいいですが、さまざまな場所でさまざまなサイズに使いたいのであれば、複数のスパナがセットになったものがおすすめ。

いざというとき、サイズが合わず使えない、なんてことにならないよう、あらかじめセットで買っておくといいでしょう。

力が必要な作業にはロングスパナ

スパナ

出典:Amazon.co.jp

大きな力が必要な作業には、ロングスパナがおすすめです。

スパナはテコの原理でボルトやナットを締めたり緩めたりします。そのため、短いとかける力は大きくなります。反対に柄の部分が長いロングスパナは、小さな力で大きな力をかけられます。

しかし、力が加わりやすい分、ボルトやナットが傷つきやすいため気をつけましょう。

ボルトやナットのサイズに合わせる

スパナ

出典:Amazon.co.jp

使用するボルトやナットのサイズに合ったスパナを選びましょう。

サイズが少しでも合わないと、しっかり締め付けができません。また、ボルトやナットの角をなめてしまう可能性もあります。ボルトやナットのサイズを確認し、それに合ったスパナを購入しましょう。

スパナおすすめメーカー

スパナの代表的なおすすめメーカーを紹介します。

KTC(京都機械工具株式会社)

スパナ

出典:Amazon.co.jp

自動車メーカーのオフィシャル工具として使われていることもあり、自動車整備士の間でとくに人気のあるKTC

京都機械工具は、染色機械工具メーカーとして戦前から存在していた、とても歴史の長い会社です。

高い耐久性と使いやすさから、生産現場や工事業者の人にも圧倒的な人気を誇ります。

Snap-on(スナップオン)

スパナ

出典:Amazon.co.jp

スナップオンは、アメリカの大手工具メーカー。

以前は、一生保証をつけていたほど、高い耐久性を誇ります。価格は高いですが、良いものを大事に使いたいと考える人には、おすすめの信頼できるメーカーです。

トネ(TONE株式会社)

スパナ

出典:Amazon.co.jp

トネというメーカーは聞き慣れない人も多いかもしれません。しかし、プロ御用達の高品質な工具です。

なかでもトルクレンチと呼ばれる工具は、高品質で有名です。

プロ御用達の影響もあり、ホームセンターなどでは手に入りにくいと言われていました。最近では広く展開され始め、手に入りやすくなっています。

品質や精度が高くおすすめのメーカーです。

トップ(TOP工業)

スパナ

出典:Amazon.co.jp

リーズナブルな価格が特徴のトップ。

KTCやスナップオンと比べると知名度は劣りますが、レンチ類を多く販売しており、評判も良いです。

安いスパナがほしいけど、安心できるメーカーがいいという人にはおすすめです。

低価格モデルと高価格モデルのちがい

少し値が張るメーカー品と、ホームセンターや100均に売っているスパナでは何が違うのでしょうか?

価格差の違いは、

  • 精度
  • 材質
  • ホールド力

が挙げられるでしょう。もちろんネームバリューがないとは言い切れませんが、安心して使えるかどうかは大事ではないでしょうか。

安い工具は、ホールド力が弱いため、ボルトやナットをなめやすいと言われます。長く使うことを考えると、信頼できるメーカーのスパナを購入することをおすすめします。

スパナとモンキーレンチ・モーターレンチとの違い

スパナ

出典:Amazon.co.jp

スパナとよく似た工具に、モンキーレンチやモーターレンチがあります。

レンチもスパナもボルトやナットの締め付けに使う工具です。スパナはイギリス語、レンチはアメリカ英語。言葉は違いますが、同じ意味です。

しかし、日本では、口が開いているものはスパナ、口が閉じているものをレンチと呼ぶ傾向にあるようです。

モーターレンチもボルトやナットの締め付けに使う工具ですが、開口部を調整できるの特徴があります。そのため、大きいボルトやナットに使う場合は、モーターレンチが重宝します。

モンキーレンチとモーターレンチを詳しく解説した記事がありますので、ぜひご覧ください。

関連記事:モンキーレンチおすすめ15選!おすすめメーカーや選び方を解説

関連記事:モーターレンチおすすめ10選!メーカーや選び方を紹介

コンビネーションスパナおすすめ5選

スパナセットおすすめ5選

薄型スパナおすすめ3選

両口スパナおすすめ2選

スパナの比較一覧表

商品最安価格商品寸法(全長×幅×厚さ)重さサイズ材質
トネ(TONE) コンビネーションスパナ HPCS-24¥1,872 Amazon楽天市場Yahoo!327×49×13.5mm304g24mm-
TRUSCO(トラスコ) コンビネーションスパナ TMS-19確認中 Amazon楽天市場Yahoo!230mm158g19mmクロムバナジウム鋼
KTC(ケーテーシー) 薄口スパナ S20-17X19¥1,945 Amazon楽天市場Yahoo!235mm120g17×19mmクロムバナジウム鋼
トネ(TONE) 薄型スパナ DSTO-15¥753 Amazon楽天市場Yahoo!135mm40g15mm構造用鋼
HAZET(ハゼット) 両口スパナ 440-7¥1,488 Amazon楽天市場Yahoo!91mm100g7mmクロムバナジウム鋼

スパナの使い方

スパナ

出典:Amazon.co.jp

スパナを使う前に、ボルトやナットのサイズと合っているか確認しましょう。サイズが合っていないと、すき間ができてしまい、しっかりと締め付けができません。

サイズが合っていることを確認したら、手でボルトやナットを締めていきます。回らなくなるまで締めたら、スパナを差し込んで回します。ボルトやナットへのかかりが浅くなって外れてしまわないように、スパナを奥まで差し込むことが大切です。

スパナのメンテナンス

スパナに限らず、工具全般のメンテナンスで大切なことは「錆びさせないこと」です。

工具を長く使うためにも、

  • 水分などが付着している場合、拭き取ってからしまう
  • 使用した後は工具ケースに入れ、湿度の低い場所で管理する

上記に気をつけましょう。

オイルを含ませたウエスで拭き上げると、見た目がきれいになるだけでなく、サビの防止にも効果的です。こまめなメンテナンスで長く大切に使いましょう。

スパナよくある質問

スパナに関する質問にお答えします。

スパナとメガネレンチの違いは?

メガネレンチ

出典:Amazon.co.jp

スパナとメガネレンチはどちらもボルトやナットの締め緩めに使う工具ですが、使う目的が違います。

スパナは口が開いているため、横からのアクセスが容易で早回しが得意な工具です。しかし、二面で挟んだ力で回すため、ボルトやナットをなめやすい弱点があります。

そのため、仮締めに最適な工具といえます。

一方、メガネレンチは、メガネのような形状なので上からしかアクセスできません。この点は少し煩わしさを感じるでしょう。しかし、六角すべての面に均等に力が加わるため大きな力をかけやすいのが利点です。

本締めに最適な工具といえます。

スパナの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているスパナのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

スパナ まとめ

スパナは、U字型のヘッドを備えたボルトやナットを締めたり緩めたりする工具です。

  • 片側がメガネレンチになっているコンビネーションスパナ
  • 一般的な両口スパナ
  • 狭い場所での作業に最適な薄型スパナ

などがあります。

自分の作業環境に合わせて選びましょう。さまざまな場所で使用するなら、複数のサイズがセットになったものもおすすめです。

工具箱に1つは入れておきたいスパナ。ぜひ最適なスパナを見つけてください。

Picky’sでは工具に関連する記事をたくさん公開しています!ぜひチェックしてみてください。

関連記事:電動ノコギリおすすめ17選!機能と特徴を選び方とともに紹介
関連記事:【電動ドライバー】おすすめ15選| 性能や使い方を徹底比較!
関連記事:インパクトドライバー おすすめ15選!メーカーや機能の違いを徹底比較

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー