【音質を徹底比較】スピーカーフォンおすすめ21選!安い&個人にピッタリな人気商品とは?(2023年版)

    リモート会議やテレワーク(リモートワーク)の浸透に伴い、スピーカーフォンの需要が高まっています。

    • 大人数のWEB会議をする機会が多い会社
    • リモート会議の機会が多いフリーランス
    • ハンズフリーで快適なリモート通話やオンライン飲み会を行いたい方

    このような方が「スピーカーフォンを使って快適に通話がしたい」と購入を検討しているようです。

    ですが、「そもそもスピーカーフォンって何?」「使い方は?」「どんな機種があるの?」という疑問を持っている方も少なくありません。

    そこで今回はZOOMやスカイプなどのテレビ会議、リモート会議に最適なスピーカーフォンをPicky’s編集部が調査しました。

    口コミや評価、ランキングなどを参考におすすめのスピーカーフォンを用途、機能別に紹介します。2021年最新版の売れ筋ランキングを解説しています。

    スピーカーフォン選び方に迷ったら、是非この記事を参考にして下さい。

    スピーカーフォンとは

    スピーカーフォンとはスピーカーとマイクが一体になったツールです。

    通話アプリを起動したパソコンやスマホ、タブレット等にこのスピーカーフォンを繋ぐことで、受話器等を使用することなくテレビ会議やビデオ会議を行えます。

    引用:Amazon

    スピーカーフォンを使用することで、特に大人数同士が参加するWEB会議などでも参加者全員が品質の高い快適な音声のやり取りを行うことができます。

    パソコンやスマホのマイクで代用している方も多いと思いますが、それだとどうしても音質が悪くビジネスにおけるWEB会議には向きません。

    特に海外の方と英語で会話しているときに、パソコンのマイクだと音質の低くヒアリングに支障が出る事が多いようです。

    スピーカーフォンはパソコンのマイクと比べ、指向性や集音性に優れクリアな音声のやり取りが可能です。

    また一人・個人のリモート会議・オンライン飲み会等でも、クリアな音声とハンズフリーで快適に通話ができるといったメリットがあります。

    microsoft teamsやSkype for Business(旧lync)、Zoomなどでストレスなく快適なWEB会議を行う際は必須と言えるでしょう。

    スピーカーフォンの比較方法・選び方

    ここではスピーカーフォンの選び方について解説します。

    スピーカーフォンを選ぶときの主な基準
    • 使用人数(集音性・指向性)
    • 価格
    • デザイン
    • 接続方法
    • その他の機能

    各項目について簡単に解説します。

    使用人数(集音性・指向性)

    スピーカーフォンで一番重要なのが「仕様人数」です。

    大勢の会議でなのか、少人数の会議なのか、それとも一人で使用するのかによって選び方が異なります。

    スピーカーフォンには「集音性」と「指向性」という2つの性能があります。

    集音性とは「音を拾える範囲」のことで、広ければ広いほど大きな会議室で多人数が会議するのに適しています。

    5人以上の大人数の会議では「集音範囲5m以上」のスピーカーフォンを選びましょう。

    集音範囲が書いていない場合はスペック表の「対応人数」が多いものを選べば間違いありません。

    指向性は「音が拾える方向」の事で、会議で使用する際は会議室の真ん中でも全方向から声が拾えるよう、360度対応モデル(無指向性とも言います)を使用しましょう。

    ひとことメモ
    一人で使用する場合は集音性や指向性についてそれほどこだわる必要はありません

    価格

    スピーカーフォンの価格は5,000円程度で買えるものから、上は十万円近いものまであります。

    価格が高ければ高いほど性能も高くなる傾向にありますが、無駄に高い機種を買ってもコスパが悪くなります。

    自社、自分の用途に適したコスパの高いモデルを購入するのがおすすめです。

    ひとことメモ
    もちろん個人や小規模の会議をたまに行う程度であればとにかく安いもの、という選び方をしても間違いではありません

    デザイン

    ビジネスで使用する場合は性能で選ぶと思いますが、個人で使用する場合はデザインで選ぶというのも一つの方法です。

    かわいい、かっこいい、といった見た目にこだわった機種もたくさん出ています。

    個人の場合、性能はさほど重要ではないので、好みやインテリアとの相性などを考えて自分が満足するデザインの物を選んでもいいでしょう

    接続方法

    スピーカーフォンには主に3つの接続方法があります。

    スピーカーフォン接続方法
    • USB(iPhone用Lightning対応もあり)
    • bluetooth(ブルートゥース)
    • NFC

    BluetoothやNFCのワイヤレスタイプはスマートで場所を選ばず使え、USBタイプの方は接続が簡単というメリットがあります。

    なお、USBには広く使用されるtype-AタイプやXperiaなどのスマホに対応したtype-Cタイプ端子があるので注意が必要です。

    の口コミ
    iPhoneやandroid、パソコンやタブレットにオーディオ端子と複数の機器に接続できるタイプもあるので、自分の使用機器に合った接続方法を選びましょう

    その他の機能

    スピーカーフォンにはより良い音質を確保する機能が付いたモデルがあります。

    • オートゲインコントロール
    • エコーキャンセラー(エコーキャンセル)
    • ノイズキャンセラー(ノイズキャンセル・ノイズキャンセリング)

    オートゲインコントロールはバラバラの距離から拾った音の大きさを相手が聞き取りやすいボリュームに自動調整してくれる機能で、広い会議室で使う場合は必須です。

    エコーキャンセラー機能はマイク等でよくある「キーーーン」という音、ハウリングを防止してくれる機能です。

    ノイズキャンセル機能は声以外の余計な音が入りにくくなる機能です。

    広い範囲から音を拾うスピーカーフォンは会議室の外の音や、会議参加者のタイピング音やマウスのクリック音、雑談も拾ってしまいます。

    その余計な音をノイズキャンセルはシャットアウトします。

    ビジネスで使用する場合、「聞こえない/聞こえにくい」は致命的です。

    これらの機能が付いたモデルはやや高くなってしまいますが、ここはケチらず投資したいところです。

    ひとことメモ
    他にもイヤホンジャックを搭載した物や、その機種・メーカー独自の音質補正機能もあるので確認してみて下さい

    それでは次に目的別のおすすめのスピーカーフォンを紹介していきます。

    評価や口コミ、レビュー売れ筋などを参考に編集部が厳選したおすすめのスピーカーフォンです。

    お手頃な自宅用・個人用 おすすめのスピーカーフォン3選

    自宅でSkypeやZoomをするときなどに一人で使う場合や、2~3人の少人数で使用する場合は小型で使いやすいものがおすすめです。

    スピーカーフォンを使用すると、ヘッドセットのように装着しなくても会話ができるので非常に快適です。

    通話だけでなくandroid、iPhoneなどのスマホや、echo dotやgoogle home mini等のスマートスピーカーに接続して、より良い音質で音楽を聴くといった使い方もあります。

    今回は1万円前後のお手頃な価格帯で調査しました。

    使用人数・集音範囲 1~5人/5m
    接続方式 USB
    その他機能 エコーキャンセル

    sanwa supplyのmm-mc28は、Skypeなどの各種通話ツールに対応し、エコーキャンセリング機能がついた小型スピーカーフォンです。

    他のスピーカーフォンに比べて正方形でコンパクトなボディなので、デスクの上に置いても邪魔になりません。

    の口コミ
    2つのスピーカーユニットを搭載しているので、小型スピーカーとして音楽を聴くのにも適しています
    使用人数・集音範囲 1~5人
    接続方式 USB/Bluetooth
    その他機能 エコーキャンセラー/ノイズキャンセラー

    KaysudaのSP200スピーカーフォンは、HD audioステレオ、エコーキャンセル、ノイズキャンセル機能搭載で、対面に近いクリアな通話が可能なスピーカーフォンです。

    お手頃な価格で多機能なので幅広い用途で使用することできます。

    の口コミ
    ただ、自動で音量を調整するオートゲイン機能が無いので大規模の会議ならほかの機種が良いでしょう
    使用人数・集音範囲 1~4人/3m
    接続方式 USB
    その他機能 オートゲイン/エコーキャンセラー

    Meeteasy MVOICE 1000はUSB式で、差し込むだけで簡単にセットアップが可能なスピーカーフォンです。

    一般的なWeb会議用スピーカーフォンよりも周波数帯域が広く、遠隔会議で聞き取りやすいクリアな音質を確保できます。

    の口コミ
    お手頃なワイヤレススピーカーフォンをお探しの方におすすめ

    なお、スピーカーフォンではなくヘッドセットで集中して会話がしたい、という方は以下の記事も参考にしてみて下さい。

    関連記事:【超厳選】|リモートワークに便利!おすすめヘッドセット12選

    安くてコスパの良いスピーカーフォンおすすめ7選

    1万5千円を切る価格の格安スピーカーフォンを集めました。

    「安かろう悪かろう」ではなく、しっかりと使える物ばかりです。

    使用人数・集音範囲 4~5人
    接続方式 USB
    その他機能 無し

    エレコムのスピーカーフォンHS-SP01WHは、必要最低限の機能のみで価格を抑えたシンプルなモデルです。

    今回調査した時点では普通に使えて6~7千円で購入できる、最安のスピーカーフォンでした。

    の口コミ
    エコーキャンセルなどの機能はついていないので、通話の音質にこだわる場合は他の製品の方が良いでしょう
    使用人数・集音範囲 1~5人
    接続方式 USB
    その他機能 エコーキャンセラー/ノイズキャンセラー

    KaysudaのSP200UマイクロホンはUSBタイプの小型スピーカーフォンです。

    1万円を切る価格にもかかわらずエコーキャンセラーやノイズキャンセラーを搭載し、安くて使いやすい機種です。

    の口コミ
    ワイヤレスでない点だけが気になりますが、USB式でも問題ない、安くて高機能なスピーカーフォンが欲しい、という方におすすめです
    使用人数・集音範囲 1~4人
    接続方式 USB
    その他機能 位置検出/エコーキャンセル/ノイズキャンセル

    eMeetのOfficeCore M0は豊富な機能を搭載したコスパの高いスピーカーフォンです。

    1万円を切る価格でノイズキャンセラーとエコーキャンセラー、さらにオートゲインコントロールのような機能(位置検出機能)が付いています。

    の口コミ
    個人的には1万円を切る格安スピーカーフォンの中では一番のおすすめ機種です

    ビジネスや大人数の会議におすすめのスピーカーフォン5選

    おしゃれでデザイン性の高いスピーカーフォンおすすめ3選

    おしゃれでデザイン性の高いスピーカーフォンを集めました。

    デザイン性だけではなくスピーカーフォンとしての機能も兼ね備えているのでビジネスでの使用にもおすすめです。

    使用人数・集音範囲 1~5人
    接続方式 USB
    その他機能

    このSP-20をはじめとするゼンハイザーの「SPシリーズ」はドイツ製のおしゃれなスピーカーフォンです。

    海外メーカーなので、使い方やサポートにやや癖がありますが音質、デザインともに最高のスピーカーフォンです。

    USB および 3.5mm 4極コネクタを同時に接続すれば3社(3者)同時通話も可能です。

    の口コミ
    SP-30も同型のデザインで、性能の良いモデルです
    使用人数・集音範囲 3~8人/4m
    接続方式 USB
    その他機能

    Meeteasy MVOICE 3000-Bワイヤレススピーカーフォンは、三角形で珍しいデザインのスピーカーフォンです。

    部屋やオフィスのインテリアとしてもおしゃれな一台です。

    もちろん見た目だけではなく、ノイズ/エコーキャンセル機能付きで実用性も高い一台です。

    の口コミ
    おしゃれで実用的なスピーカーフォンが欲しい方におすすめです
    使用人数・集音範囲 1~5人
    接続方式 USB/Bluetooth
    その他機能 エコーキャンセル/ノイズキャンセル

    OREKのM39SはまるでUFOのような可愛らしい外見をしたスピーカーフォンです。

    ポップな見た目とは裏腹に、各通話アプリにも対応し、集音範囲も約4mと大人数の会議にも使用できるスペックです。

    の口コミ
    ただ、ノイズキャンセルやエコーキャンセルなどの機能が無いのでビジネス用であれば他のモデルが良いでしょう

    多機能で高性能なスピーカーフォン おすすめ3選

    ここでは高性能で多機能なスピーカーフォンを紹介します。

    値は張りますが、表面的な機能だけではなくあらゆる点で他のスピーカーフォンとは一線を画すモデルです。

    予算が許すのであれば検討してみてはいかがでしょうか。

    使用人数・集音範囲 1~5人
    接続方式 USB/NFC/Bluetooth
    その他機能 オートゲイン/エコーキャンセラー/ノイズキャンセラー

    yamahaの人気機種、ユニファイドコミュニケーションYVC-300の後継機、YVC-330です。

    NFC/Bluetooth対応、複数台を連結設定して広い会議室での使用にも対応できる、人気ランキングでも上位のハイエンドモデルです。

    音響メーカーヤマハのテクノロジーを結集させたSoundCap技術により、非常に安定して聞き取りやすい音質通話を実現しています。

    の口コミ
    ヤマハのスピーカーフォンはこの機種以外にもやや価格の抑えたYVC-200にも人気があります
    使用人数・集音範囲 5~10人/8m
    接続方式 USB
    その他機能 オートゲイン/エコーキャンセラー/ノイズキャンセラー

    Aibecyのスピーカーフォンは集音範囲8m、2つのスピーカー付属で大きな会議室や長テーブルの会議といった広い空間でも使える広範囲モデルです。

    スピーカーミュート、マイクミュート、ボリュームコントロールサポート機能で広い空間でも安定した集音と通話を可能にしています。

    の口コミ
    比較的重量がある点と、接続がUSBのみの点に注意が必要です
    使用人数・集音範囲 1~5人
    接続方式 USB
    その他機能

    サンワダイレクトの400-MC013は、WEB会議に最適なカメラ付きのスピーカーフォンです。

    カメラ、マイク、スピーカーが一体になっているので、会議室にパソコンなどを置く必要がなくいつでもどこでもこれ一台で会議が行えます。

    の口コミ
    スピーカーフォンとしての性能自体はハイスペックではないので、パソコンが用意できない環境下で会議を行うときの使用がおすすめです

      スピーカーフォンのよくある質問/Q&A

      最後にスピーカーフォンでよくある質問と回答を集めました。

      スピーカーフォン購入の際の参考にしてください。

      スピーカーフォンのおすすめメーカーを教えて欲しい

      スピーカーフォンは様々なメーカーから出ています。

      有名で性能の高いメーカー、知名度は低いけど評判のいいメーカー、安くて品質もそれなりのメーカーなど様々です。

      もちろんモデルごとに当たり外れや自分に合っている合ってないはありますが、基本的には以下のメーカーを選択すれば問題ありません。

      スピーカーフォンおすすめメーカー
      • panasonic(パナソニック)
      • sony(ソニー)
      • エレコム
      • ゼンハイザー
      • bose(ボーズ)
      • サンワサプライ
      • jabra
      • ヤマハ
      • Logicool(ロジクール)
      • anker(アンカー)
      • emeet
      • polycom(ポリコム)

      これらのメーカーはAmazonや楽天、アスクルといった通販サイトで取り扱っています。

      の口コミ
      品薄で在庫が無いとか、廃番になってしまい中古でしか手に入らないモデル・メーカーもあります

      スピーカーフォンはどこで買えますか?

      ヨドバシやビックカメラ、ヤマダ電機といった家電量販店で購入できます。

      ただし、スピーカーフォンの市場は現在決して大きくはないので、よほど大型の店舗か専門店に行かないと種類が豊富に選べるかどうかが微妙なところです。

      ひとことメモ
      実物を見て買いたい方も多いと思いますが、その機会が無い方は先ほど解説した通販サイトを利用しましょう

      パソコンだけじゃなく、iPhoneやandroidにも接続できますか?

      スピーカーフォンは接続方式だけ注意すれば、ほとんどのデバイスに接続できます。

      ライトニングケーブル対応の物やBluetooth対応の物であれば、簡単な設定でiPhone(6~)やandroidにも接続できます。

      ひとことメモ
      ただし、USB接続のみで接続方法が切り替え不可の機種もあるので、必ず購入前に接続方式は確認しておきましょう

      スピーカーフォンの人気売れ筋ランキングもチェック

      こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているスピーカーフォンのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

      まとめ

      スピーカーフォンはパソコンやスマホなどにつなぐことで、多人数同士のリモートによる相互通話が快適に行えるアイテムです。

      近年増えてきたリモート会議やオンライン会議に一台あると非常に便利です。

      価格や性能はピンキリなので、自分の用途や会議の規模に合った最適なモデルを探してみて下さい。

      なお、スピーカーフォンではなく普通のスピーカーをお探しの方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

      関連記事:【2021年版】最強Bluetoothスピーカーおすすめランキング10選
      関連記事:Ankerスピーカーのおすすめ15選|Bluetooth接続のSoundcoreシリーズを徹底比較!
      関連記事:どこに置いてもおしゃれなBluetoothスピーカー厳選15選|レトロやモダンなデザインも紹介
      関連記事:接続も簡単!テレビ用ワイヤレススピーカーおすすめ人気15選【2021年最新版】
      関連記事:小型スピーカーのおすすめ15選| 高音質&Bluetooth対応の名機が勢揃い【2021年最新版】
      関連記事:ハイレゾ対応も!USBスピーカーのおすすめ15選|マイク内蔵モデルや小型タイプまで紹介【2021年】

      テレワークには、プロジェクタースクリーンの導入もおすすめです!

      関連記事:【2021年度最新版】プロジェクタースクリーンの選び方とおすすめ15選を解説&徹底比較

      SNS

      Picky’sのSNSアカウントをフォロー