【夏でも快適!】ベビーカーシートおすすめ20選|アップリカ・ニトリの人気商品も

【夏でも快適!】ベビーカーシートおすすめ20選|アップリカ・ニトリの人気商品も

ベビーカーの座面に重ねることで、汚れ防止や暑さ対策ができるベビーカーシート。機能性はもちろんおしゃれなデザインがたくさん登場しており、ベビーカーとのコーデを楽しむママパパも増えています。

しかし、ベビーカーシートにはガーゼやメッシュなどさまざまな素材が使われていて、いざ買おうとしてもどれを選べばいいのか悩んでしまいそう。また、最近人気のファン付きなど機能的な商品も気になるところです。

そこで今回は、ベビーカーシートの種類や選び方を中心に、これから購入を考えている人にとって耳寄りな情報を徹底解説。記事の後半では、最新の売れ筋商品をランキング形式で紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ベビーカーシートって必要?いらない派にも知って欲しい魅力とは

ベビーカーシートって必要?いらない派にも知って欲しい魅力とは

ベビーカーシートをまだ使ったことがない人は、「ベビーカーシートって必要?」「ベビーカーだけで十分じゃない?」という疑問もあるでしょう。

結論からいうと、ベビーカーをより快適・便利に使いたいならベビーカーシートを買うべきです!

まず第一に、汗や汚れがベビーカーに付くのを防げるので、お手入れの手間が省けます。食べこぼしや飲みこぼしをしても大慌てすることなく、後でベビーカーシートを洗えばOK。シートを洗濯すればいつでも清潔な状態を保てるので、肌が敏感な赤ちゃんにも安心して使えます。

次に、保冷性や保温性があるため、季節に合わせて赤ちゃんが過ごしやすい環境を作ってあげられること。夏は通気性や冷感のある素材で涼しく、冬は暖かい素材でしっかり防寒対策をしながらお出かけが可能です。

また、厚みがあってクッション性の高いタイプであれば、衝撃を吸収する効果も期待できます。赤ちゃんの体を包み込んでサポートし、移動中の揺れや衝撃を軽減してくれるでしょう。

このほかにもベビーカーシートにはメリットがいっぱいです。ぜひ積極的に取り入れて、赤ちゃんとのお出かけを楽しんでくださいね。

ベビーカーシートのメリット
  • ベビーカーの汚れを防いで手入れの手間を省ける
  • 洗えるタイプは衛生的に使える
  • 夏の暑さ対策や冬の寒さ対策ができる
  • 移動中の揺れや衝撃を軽減する
  • ベビーカーをよりおしゃれにコーディネートできる
  • チャイルドシートやベビーチェアにも使える

ベビーカーシートの選び方

ここからはベビーカーの選び方について紹介します。選ぶときにチェックしたいポイントは、以下の4点です。一つずつ順番に解説していくので、一緒に見ていきましょう。

  1. ベビーカーシートのサイズやベルトのタイプを確認する
  2. 特徴を理解して用途に見合う素材を選ぶ
  3. 暑さ対策や防寒対策に役立つ機能性をチェック
  4. 使いやすく、手入れが簡単なものを選ぶ

ベビーカーに対応するサイズのシートを選ぶ

ベビーカーに対応するサイズのシートを選ぶ

出典:rakuten.co.jp

はじめに、ベビーカーシートのサイズをチェックし、手持ちのベビーカーに対応できるかを確認しましょう。サイズが合わないと、せっかく購入しても使えず無駄になってしまいます

ほとんどのベビーカーに装着可能な商品が大半ですが、なかにはメーカー純正品や特殊なベビーカーには対応できないものも。また、極端に短かいものや幅が狭い商品もあるので、ベビーカーとの相性も考慮しておきましょう。

3点式or5点式?ベルトのタイプも確認しよう

3点式or5点式?ベルトのタイプも確認しよう

ベビーカーのベルトのタイプは、腰のみを固定する3点式と、腰と肩を固定する5点式の2種類に分かれます。市販のベビーカーシートの多くはどちらにも装着可能ですが、稀に3点式のみに対応しているものもあるので、購入時に確認しておくと安心です。

肌触りや通気性は素材によって変わる

ベビーカーシートは赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、素材選びも重要なポイント。肌触りや通気性、吸湿性などは素材によって変わるため、それぞれの特徴を理解して用途に適したものを選びましょう。

ここでは代表的な4種類の素材について解説しますので、参考にしてみてください。

吸湿性に優れオールシーズン使える「ガーゼ素材」

吸湿性に優れオールシーズン使える「ガーゼ素材」

出典:rakuten.co.jp

ガーゼ素材の魅力は、バツグンの吸湿性とやわらかい肌触り。赤ちゃんの汗をぐんぐん吸い取り、さらりとした質感で汗ムレを防ぎます。通気性もよく洗濯後も乾きやすいため、こまめに洗いながら衛生的に使いたい人にもぴったりです。

また、ガーゼには空気をたくさん取り込みやすい性質があり、保温性が高いメリットも。夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるオールシーズン対応の素材です。

通気性が高く夏にぴったりな「メッシュ素材」

通気性が高く夏にぴったりな「メッシュ素材」

出典:amazon.co.jp

夏のお出かけを快適にするなら、通気性に優れたメッシュ素材がよいでしょう。生地の隙間から熱を逃がすため、蒸れにくくベタつきを抑えられるのが特徴。洗濯してもすぐに乾くので、夏場は夜に洗濯して翌日に使用することも可能です。

メッシュ素材は主に裏面に使用されますが、肌触りやクッション性、吸水性などは商品によってバラつきがあります。実際に触れてみないとわからない部分は、ECサイトの口コミを参考にしてみてくださいね。

冬のお出かけなら保温性がある「パイル素材」

冬のお出かけなら保温性がある「パイル素材」

出典:amazon.co.jp

パイル素材とはタオルによく使われる生地のことで、ふんわりとやわらかい肌触りが魅力です。生地に厚みがあるぶん保温性に優れており、冬のお出かけにはもってこい。タオルと同様の吸水性や吸湿性も備えており、汗かきの赤ちゃんに適しています。

天然素材で肌にやさしい「オーガニックコットン」

天然素材で肌にやさしい「オーガニックコットン」

肌がデリケートな赤ちゃんやベビーカーシートの素材にとことんこだわりたい人には、オーガニックコットンがおすすめです。農薬や化学肥料を使わない安全性に配慮した栽培方法で、一般的なコットンに比べて肌触りがやわらかい特徴があります

オーガニックコットンは厳しい世界基準の検査をクリアした有機栽培のコットンですが、かといって通常のコットンが危険なわけではありません。一般的なコットンでも十分なことをふまえた上で、より素材の品質にこだわりたい人はオーガニックコットンを選びましょう。

夏&冬を快適に過ごせる機能性をチェック

ベビーカーでのお出かけで気になるのが、夏と冬の保冷・保温対策。赤ちゃんは自力で体温調節をする機能が未熟なため、心地よく過ごせる環境を作ってあげる必要があります

快適な環境づくりに役立つ便利機能をいくつか紹介しますので、購入時の参考にしてみてくださいね。

季節に応じた温度対策ができる保冷・保温機能付き

季節に応じた温度対策ができる保冷・保温機能付き

出典:rakuten.co.jp

ベビーカーシートのなかには、凍らせた保冷ジェルをセットする保冷剤付きのモデルもあります。頭の裏や背中からひんやりとした冷気が心地よく、体温の上昇を抑えて熱中症を予防できるのがメリット。ほとんどの商品が赤ちゃんの体を冷やしすぎないよう配慮されているので、安心して使えます。

また、冬の寒い時期は、電子レンジや湯煎で温めて保温ジェルとして使えるタイプもおすすめです。

夏でもひんやり快適に過ごせる接触冷感素材

夏でもひんやり快適に過ごせる接触冷感素材

出典:amazon.co.jp

赤ちゃんの月齢が低く、保冷ジェルをあてるのに抵抗がある場合は、接触冷感素材にも注目してみてください。スポーツ選手のユニフォームなどにも使われる素材で、触れた瞬間にひんやりと感じられるのがポイント。体を冷やしすぎないよう配慮しながら、少しでも暑さを和らげてあげましょう

背中やお尻の蒸れを防ぐ送風ファン機能

背中やお尻の蒸れを防ぐ送風ファン機能

出典:amazon.co.jp

最近は、着脱式の送風ファンが付いたベビーカーシートも登場しています。真夏の現場でファン付きの作業着が人気ですが、そのベビーカーシート版といえばわかりやすいでしょう。表面の空気孔から全身に送風するため、赤ちゃんが涼しげで快適に過ごせます。

モバイルバッテリーの性能や商品にもよりますが、数時間連続使用できるモデルも多く、長時間のお出かけにもぴったり。ファンを取り外して洗えるので、衛生面もバッチリですよ。

使いやすさやお手入れ方法にも注目しよう

ベビーカーシートは毎日使うことも多いので、使いやすさやお手入れのしやすさも見逃せません。赤ちゃんの汗や食べこぼしなどで汚れやすいアイテムでもあるため、メンテナンスがしやすいものを選びましょう。

手軽に使うなら付け外しが簡単なものを

手軽に使うなら付け外しが簡単なものを

出典:amazon.co.jp

洗濯が可能なベビーカーシートは、洗うたびに付け外す必要があります。できるだけ取り付けがしやすいタイプを選んでおくとラクチン。シートの穴にベルトを通しやすいものや、紐で結びつけるタイプがおすすめです。

編集部

稀にベビーカーの上に置くだけのシートもありますが、使用中にずれるデメリットも。着脱のしやすさや使い勝手は口コミを参考にするといいですよ!

リバーシブル仕様なら汚れても裏返して使える

リバーシブル仕様なら汚れても裏返して使える

出典:amazon.co.jp

ベビーカーシートはリバーシブル仕様のモデルもたくさん登場しています。表面と裏面で素材や機能性が異なる商品がほとんどで、季節に合わせて表面を替えながら使えるのがメリット。加えて汚れたら裏返して使えるので、もし吐き戻しや食べこぼしをしても安心です。

洗濯機で洗えるタイプはお手入れがラクチン

洗濯機で洗えるタイプはお手入れがラクチン

清潔に使うことを考えるなら、丸洗いできるものが一番。ベビーカーシートのお手入れ方法も確認しておきましょう。洗える商品がほとんどですが、商品によっては洗濯機がNGで手洗いのみの場合もあります。できれば洗濯機で洗えるタイプがラクチンでおすすめです。

編集部

洗濯の仕方や乾燥機が使えるかどうかは商品によって異なるので、必ず説明書きで確認してくださいね。

ベビーカーシートおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格サイズ対応ベビーカー対応ベルト素材保冷・保温リバーシブル洗濯その他機能
スモルビ 抗菌中綿使用 オールシーズン ベビーカーシート¥4,350 楽天市場AmazonYahoo!70×32cm(長さ×幅)すべてのベビーカーに対応5点式表:綿100%・裏:メッシュ-固定バックル付き・抗菌仕様
アップリカ さっと洗える さらっとマット¥4,980 楽天市場AmazonYahoo!73×37cm(長さ×幅)アップリカ・グレコの5点式ベビーカー5点式表:ポリエステル・裏:ポリエステル--
innokids ベビーカーシート楽天市場¥3,080 AmazonYahoo!59×38cm(長さ×幅)すべてのベビーカーに対応5点式表:綿100%・裏:メッシュ---
リレーションズ メラビー ベビーカーシート プレミアムライン¥5,940 楽天市場AmazonYahoo!73×37cm(長さ×幅)すべてのベビーカーに対応5点式表:綿・ポリエステル・裏:3Dメッシュ-固定バックル付き
GMPインターナショナル エアバギー ティオティオ ストローラーマット¥7,920 楽天市場AmazonYahoo!72×40cm(長さ×幅)すべてのベビーカーに対応5点式綿100%--抗ウィルス機能
リレーションズ メラビー ベビーカーシート クラッシックライン¥5,280 楽天市場AmazonYahoo!70×36cm(長さ×幅)すべてのベビーカーに対応-表:綿100%・裏:3Dメッシュ-固定バックル付き
丹平製薬 カンガルーの保冷・保温やわらかシート¥2,780 楽天市場AmazonYahoo!41×24cm(長さ×幅)すべてのベビーカーに対応-綿・ポリエステル保冷・保温--
イマージ PUPPAPUPO ベビーカーシート¥2,690 楽天市場AmazonYahoo!78×38cm(長さ×幅)すべてのベビーカーに対応(一部特殊なものを除く)5点式表:綿100%・裏:メッシュ-固定バックル付き・着脱式ヘッドクッション
GRACO フワッとさらさらシートライナー楽天市場¥2,750 AmazonYahoo!68×30cm(長さ×幅)グレコ・アップリカの5点式ベビーカー5点式表:ポリエステル100%・裏:ポリエステル100%--
HachiTo ベビーカーシート¥2,580 楽天市場AmazonYahoo!73×35cm(長さ×幅)すべてのベビーカーに対応5点式表:綿100%・裏:メッシュ-固定バックル付き
cybex ストローラー専用3Dメッシュバンブーシートライナー¥5,500 楽天市場AmazonYahoo!-cybex製のベビーカー5点式表:竹・裏:3Dメッシュ-不可-
コンビ さらすやエアスルーシートα¥3,190 楽天市場AmazonYahoo!68×26cm(長さ×幅)コンビ製ベビーカー5点式メッシュ-不可-
Shinnwa 超通気 ベビーカークッション¥4,194 楽天市場AmazonYahoo!76×48cm(長さ×幅)-5点式表:コットン・裏:3Dメッシュ-上下分離式・おしゃぶりホルダー
malolotte ベビーカーシート¥5,980 楽天市場AmazonYahoo!73×37cm(長さ×幅)すべてのベビーカーに対応5点式表:綿100%・裏:メッシュ-固定バックル付き
TC-ADVANCE ベビーカーシート¥4,980 楽天市場AmazonYahoo!76×38cm(長さ×幅)すべてのベビーカーに対応5点式表:綿100%・裏:メッシュ-固定バックル付き
フィセル 10mois ふくふくガーゼ ベビーカーシート¥3,300 楽天市場AmazonYahoo!70×42cm(長さ×幅)すべてのベビーカーに対応5点式綿100%保冷--
Nofty エアラブ2 ロリポップ¥7,600 楽天市場AmazonYahoo!95×33cm(長さ×幅)すべてのベビーカーに対応-表:ポリエステル・裏:ナイロン-不可ファン機能・3段階風量調節
スモルビ マニト 3Dメッシュ素材 コンフォートクールシート¥4,380 楽天市場AmazonYahoo!69×35cm(長さ×幅)すべてのベビーカーに対応5点式表:綿100%・裏:メッシュ--
ケラッタ ベビーカー保冷保温シート¥3,280 楽天市場AmazonYahoo!39×24cm(長さ×幅)すべてのベビーカーに対応--保冷・保温--
TWONE ベビーカー保冷シート¥5,015 楽天市場AmazonYahoo!68×33cm(長さ×幅)すべてのベビーカーに対応5点式綿・ポリエステル保冷---

ベビーカーシートおすすめ人気ランキング20選

ベビーカーシートのおすすめ人気メーカー・ブランド

グレコ製品と共有できる「アップリカ(Aprica)

1970年代に大阪で誕生したベビー用品メーカー「アップリカ」。2008年にアメリカの企業のグループ会社となったことから、グレコなど海外の人気メーカーも取り扱っています。ベビーカーシートは海外ブランドと互換性があるため、グレコのベビーカーを使っている人にもおすすめです。

アップリカのベビーシートは4種類販売されていますが、いずれも自社が取り扱っているベビーカーの専用品となっています。他メーカー品との相性は保証できませんが、アップリカ製のベビーカーであればサイズや使用感は最高です。せっかく買うなら純正品を選びたい人は、チェックしてみましょう。

乾きやすい3層メッシュで夏におすすめの「コンビ(combi)」

「コンビ」は東京に本社を構えるベビー用品や衛生用品のメーカーです。特にベビー用品の分野ではアップリカ・ピジョンと並ぶ国内3大メーカーと称されており、60年以上に渡ってママパパに愛され続けています。

ベビーカーシートは3層メッシュを採用した「さらすやエアスルーシートα」が人気です。夏に嬉しい薄型設計で、洗濯機で洗ってもすぐに乾くのがよいところ。コンビのチャイルドシートやハイ&ローラックにも対応しています。

1,500円で購入できるアイテムが豊富な「ニトリ」

家具や生活雑貨のイメージが強い「ニトリ」ですが、実はベビー用品も扱っています。ベビーカーシートはクールタイプを中心に7~8種類ほど。ほとんどの商品が約2,000円ほどで購入できるため、リーズナブルなアイテムをお求めの人に向いています。

また、吸湿発熱や蓄熱機能など温かさに注目したベビーカーシートにも注目したいところ。ひんやり涼しく過ごせる市販品が多いなかで、保温性能があるシートは珍しいです。冬のお出かけに1枚あると重宝するので、ぜひ備えておきましょう。

抗菌・消臭効果が期待できる「エアバギー(AIRBUGGY)」

「エアバギー」とは、東京を拠点とするGMPインターナショナルが展開する3輪ベビーカーのブランドです。日本の道路を走りやすいよう、小回りがききやすい操作性とスタイリッシュなデザインが魅力。ずっしりと重く頑丈な作りで、耐久性や安全性を重視したい人に人気があります。

同メーカーのベビーカーシート「抗ウイルス ストローラーマット TioTio」は、独自の抗菌・消臭・防汚加工が最大の魅力。花粉やほこりを手で払うだけで落とせて、衛生面が気になる人におすすめです。日本アトピー協会にも承認されているので、お肌の弱い赤ちゃんにいかがでしょうか。

ベビーカーシートの正しい取り付け方

ベビーカーシートの正しい取り付け方

出典:amazon.co.jp

ベビーカーシートを初めて購入する人のなかには「どうやって取り付けるの?」「取り付けるのが難しそう」という疑問もあると思います。

メーカーによってやや差はあるものの、基本的な取り付け方は一緒でとっても簡単!おおよその手順を紹介しますので、参考にしてみてください。

  1. ベビーカーの座面にシートを重ねます。
  2. 紐や固定バックルがある場合はしっかりと結びます。
  3. 肩ベルト・腰ベルトの穴やスリットからベルトを通します。
  4. 赤ちゃんを乗せ、ベルトのバックルを挿し込んで固定します。
ベビーカーのハンドル部分で結ぶなど、影響がない場所を探して結んであげるといいですよ。

出典:rakuten.co.jp

紐はちょうちょ結びでOKですが、結び目があたると嫌がる赤ちゃんもいます。ベビーカーのハンドル部分で結ぶなど、影響がない場所を探して結んであげるといいですよ。

ベビーカーシートの関連商品

お出かけ中のぐずり対策ができる「ベビーカー用おもちゃ」

ベビーカーでの移動中、赤ちゃんが退屈して機嫌が悪くなったり急に泣き出したりすることもしばしば。赤ちゃんのぐずり対策には、ベビーカー用のおもちゃが有効です。ハンドル型やメリー型などいろいろな種類があるので、興味を持ちそうなものを選んであげましょう。

真夏でもひんやり涼しい「ベビーカー用保冷剤」

炎天下でのベビーカーは、アスファルトとの距離も近く大人が感じているよりもずっと体感温度が高くなります。赤ちゃんの熱中症対策としてベビーカー用保冷剤を使うのもアリでしょう。凍ってもカチカチにならない不凍タイプであれば、赤ちゃんにぶつかっても痛くないのでおすすめです。

充電式で手軽に使える「ベビーカー用扇風機」

最近はベビーカーに取り付ける専用の扇風機も登場しています。USB充電式であれば電源を確保する必要がなく、持ち運びも簡単。設置方法は巻き付けタイプやクリップタイプがあるので、使いやすい方を選びましょう。もちろん、屋内での使用もOKですよ。

ベビーカーシートのよくある質問

ベビーカーシートはどこで売っていますか?

ベビーカーを取り扱っている専門店や、西松屋・赤ちゃん本舗などのベビー用品で販売しています。ただし、実店舗は種類が少なく機能やデザインを比較しながら選びにくいので、楽天やAmazonなどのネット通販がおすすめです。

ベビーカーシートの代用になるものはありますか?

タオルを挟む代用アイデアもありますが、使用中にズレてくるのであまりおすすめできません。安いものなら1,000円台で購入できるので、ベビーカーシートの購入をおすすめします。

ベビーカーシートを洗剤で手洗いしてもOKですか?

商品によってお手入れ方法が異なるため、必ず説明書きを確認しましょう。一部には洗剤の使用がNGなも商品もあります。

ベビーカーシートは手作りできますか?

ハンドメイドが得意な人であれば、手作りは可能です。ネットに作り方の解説サイトや動画が公開されているので、参考にしてみてください。

おすすめベビーカーシートまとめ

今回は、ベビーカーシートの選び方やおすすめの人気商品を中心にお届けしました。最後に、もう一度選び方のポイントをおさらいしておきましょう。

  1. 手持ちのベビーカーに対応するサイズを選ぶことが重要
  2. 素材によって通気性や肌触りが変わるので用途に合わせて選ぶ
  3. 保冷・保温機能や接触冷感素材など快適に過ごせる機能もチェック
  4. 取り付け方や洗濯方法など使いやすいものを選ぼう

ベビーカーシートは必ずしも必要なものありませんが、あれば絶対に便利なアイテム。赤ちゃんとの暮らしをより豊かにするためにも、この記事を参考にぴったりの商品を見つけてくださいね。

関連記事:これ1台でOK!AB型ベビーカーおすすめ20選!多機能で軽い人気製品を紹介

関連記事:お出かけに必須!抱っこ紐ケープおすすめ15選|冬や夏の季節にあった選び方を解説

関連記事:【寝かしつけに】おしゃぶりおすすめ16選|NUK・ピジョン・おしゃれなビブスも

関連記事:【名入りが人気】ベビーリュックおすすめ15選|おしゃれ&一升餅のお祝いにも使える

関連記事:【安い&コンパクト】ヒップシートおすすめランキング20選|おしゃれで腰に優しい人気商品も

関連記事:雨の日も快適!自転車用ハンドルカバーおすすめ25選|かわいい花柄やデニム柄も紹介

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー