初心者におすすめ!おしゃれな多肉植物人気ランキング15選|ぷっくりかわいいセダムやハオルチアも

多肉植物

ぷりぷりとした丸い葉や独特の色合いが特徴の「多肉植物」。お部屋に手軽に緑をプラスできるインテリアプランツとして人気を集めています。多肉植物は乾燥や寒さに強い品種が多く、植物を育てたことがない初心者にもおすすめです。

とても魅力的な多肉植物ですが、「品種が多すぎてどれを選べばいいか分からない」「どんな多肉植物が人気なのか知りたい」という人は多いはず。また、多肉植物のタイプ別の育て方や植え替えの方法が気になる人もいますよね。

そこで今回は、Picky’s編集部が今注目を集めている多肉植物について徹底的に調査。多肉植物の人気商品ランキング15選はもちろん、選び方のポイントや植え替えのやり方なども詳しく解説します。初めての多肉植物選びに迷っている人は、ぜひ最後までチェックしてみてくだいね。

かわいいのに手間いらず!多肉植物とは?

多肉植物 選び方

多肉植物とは、葉や茎に水分をたっぷりと含んだ植物のこと。砂漠地帯などの乾燥した場所で生まれたものが多く、少ない水やりで育てられるのが特徴です。水やりを忘れても枯れる心配が少ないため、初心者や手間をかけずに植物を楽しみたい人に人気があります。

多肉植物には非常に種類が豊富で、図鑑には現在500種類以上の属種が掲載されています。ポットに入った小ぶりなものから大きなプラントに数種類の苗を寄せ植えしたものなど、楽しみ方のバリエーションもさまざま。見た目にインパクトがある品種も多く、お部屋を彩る観葉植物としておすすめのアイテムです。

関連記事:【インテリアをおしゃれに】観葉植物おすすめランキング20選|初心者でも育てやすい種類を紹介

関連記事:【植物をおしゃれに吊るす】ハンギングプランターおすすめ14選|屋外・室内向け、水やり方法も解説

初心者必見!多肉植物の選び方

多肉植物 選び方

園芸店のスタッフでも把握し切れないほど沢山の種類があると言われている多肉植物。いざ多肉植物を育てたいと思っても、「どれを選べばいいのかさっぱり分からない」という人は多いですよね。ここからは、多肉植物のの選び方や種類などを詳しく解説していきます。

育てやすさを左右する!多肉植物の生育型から選ぶ

多肉植物は、「春秋型」「夏型」「冬型」の3つの生育型に分類されます。それぞれの生育型に成長期と休眠期があり、世話の方法や適した環境が異なります。ちなみに、多肉植物を購入するタイミングは成長期のシーズンに合わせるのがベストですよ。

暖かい場所で育てやすいのは「春秋型」

多肉植物 春秋型

春と秋で2回成長する「春秋型」は、暖かい地域で育てるのに最適なタイプです。夏になると成長のペースが遅くなり、冬は休眠期に入るのが特徴。代表的な属種には、セダム・ハルオチア・アロエなどがあります。夏は水やりをせずに強制的に休眠状態にすると、根腐れを防止できます。

乾燥に強くて室内向けなのは「夏型」

多肉植物 夏型

「夏型」は20~35°程度の気温を好み、夏に成長期を迎えるタイプ。乾燥に強いため、エアコンを使う室内でも弱らせてしまう心配がありません。水やりを忘れがちな初心者にもおすすめですよ。南アフリカを始めとする熱帯地域生まれのものが多く、アカベ・クラッスラ・カランコエなどの属種が代表的です。

寒い地域でも育てやすいのは「冬型」

多肉植物 冬型

「冬型」は、植物が育ちにくい寒い季節に成長が活発になる珍しいタイプ。代表的なのは アエオニウム・リトープスなどで、冬にきれいな花を咲く品種も多いです。北海道などの寒い地域でも育てやすいのが魅力ですが、暖かい室内だと休眠してしまう場合があるため、温度管理には十分気を付けてください。

生育型 成長期 休眠期 育て方
春秋型 春・秋
  • 適温は10~25℃
  • 春と秋は土が乾いたタイミングでたっぷり水をあげる
  • 夏と冬は水やりを控えめにし、月1~2回程度で葉水を行う
夏型
  • 適温は20~30℃
  • 夏の水やりは週2~3回程度で、冬は控えめ
  • 高温を好むが湿度の高い場所はNG
冬型
  • 適温は5~20℃
  • 水やりは晴れの日の午前中がおすすめ
  • 雪が降る地域では室内栽培を行う

寄せ植えしたいなら同じ生育型をチョイス

多肉植物 寄せ植え

寄せ植えは、数種類の多肉植物を1つの鉢に植え、カラフルな色合いや箱庭のような見た目を楽しむもの。寄せ植えをする場合は、同じ生育期の多肉植物で揃えることが重要です。

例えば、エケベリア属の七福神を主役に寄せ植えをするなら、同じ春秋型のアロエ・セダム・グラプトペタルム属の品種と組み合わせるのがおすすめ。生育期が異なる植物を一緒に植えてしまうと、それぞれに適した管理をするのが難しいので注意しましょう。

人気のある属種から選ぶ

一般的に多肉植物は、アロエ属・セダム属・クラッスラ属といった属種で分類されます。また、属種の中でさらに「品種」が細かく分類化されるため、すべての種類を把握することは難しいです。今回は、多肉植物として人気のある属種・品種を紹介。初めて多肉植物を購入する人は、ぜひ参考にしてください。

ベランダや屋外でも育てやすい「アロエ属」

多肉植物 アロエ

アロエは比較的ポピュラーな属種で、一般家庭のお庭などでもよく見かけますよね。夏型・春秋型の品種が多く、日差しと寒さに非常に強いのが特徴。水をあげすぎると枯れてしまうので、少ない手間で育てられる品種とも言えます。気軽に多肉植物栽培を楽しみたい人や屋外で多肉植物を育てたい人におすすめです。

アロエ属の代表的な多肉植物
  • キダチアロエ
  • 不夜城
  • 姫竜山
  • ベラなど

ぷっくりとした葉が可愛らしい!葉挿しで増やしやすい「セダム属」

多肉植物 セダム

セダムは「万年草」「ベンケイソウ」とも呼ばれ、日本原産の品種が多数存在する春秋型の多肉植物。ぷくぷくとした丸い葉が特徴で、かわいい見た目の多肉植物が欲しい人にぴったりです。細かな葉が広がるように生えるため、マンションの壁や屋上の緑化にも活用されていますよ。また、葉挿しで株を簡単に増やせるのもセダム属の魅力です。

セダム属の代表的な多肉植物
  • オーロラ
  • 月の王子
  • 虹の玉
  • サンライズマムなど
葉挿しとは?
多肉植物の増やし方の1つで、葉の部分だけを土に挿して苗まで育てる方法。エケベリア・セダム・グラプトペタルム属の品種は、葉挿しによって増やしやすいのが特徴です。

花びらのように広がる葉がきれいな「エケベリア属」

多肉植物 エケベリア

エケベリアは、日当たりのいい場所を好む春秋型の多肉植物。葉が何層にも重なって生える姿が「バラのようでかわいい」と一躍人気になった属種です。色合い・サイズともにさまざまなバリエーションがあり、品種によって多様な姿を楽しめます。防寒性にも優れているので、窓辺や庭などでも育てやすいですよ。

エケベリア属の代表的な多肉植物
  • 花月夜
  • アモエナ
  • 七福神
  • キルヒネアなど

多肉植物おすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格生育型原産地属種品種商品の状態
LabiCats うさぎの耳楽天市場¥850 AmazonYahoo!冬型-モニラニア属うさぎの耳
花心盆栽 金のなる木¥4,378 楽天市場AmazonYahoo!夏型南アフリカクラッスラ属金のなる木
‎緑の風yamashoku キダチアロエ楽天市場確認中 AmazonYahoo!-南アフリカアロエ属キダチアロエ
遊恵盆栽 オブツーサ楽天市場¥990 AmazonYahoo!春秋型南アフリカハオルチア属オブツーサ
多肉永遠 黄麗¥583 楽天市場AmazonYahoo!春秋型-セダム属黄麗
季の香 サンライズマム楽天市場¥340 AmazonYahoo!春秋型-セダム属サンライズマム
パリジェンヌ ソテツキリン¥1,969 楽天市場AmazonYahoo!夏型南アフリカユーフォルビア属ソテツキリン
パリジェンヌ17 アトランティス楽天市場確認中 AmazonYahoo!春秋型ヨーロッパセダム属アトランティス
季の香 ファンクイーン楽天市場確認中 AmazonYahoo!春秋型-エケベリア属ファンクイーン
‎フラワーネット日本花キ流通 オーロラ楽天市場¥646 AmazonYahoo!春秋型-セダム属オーロラ
パリジェンヌ17 グリーンネックレス楽天市場¥1,790 AmazonYahoo!冬型南アフリカセネシオ属グリーンネックレス
パリジェンヌ17 マジカルキューティー楽天市場確認中 AmazonYahoo!夏型-ポーチュラカ属マジカルキューティー
ITANSE 四葉のクローバー楽天市場¥3,998 AmazonYahoo!春秋型ヨーロッパトリフォリウム属クローバー
多肉永遠 ミリナエ¥605 楽天市場AmazonYahoo!春秋型-グラプトペタルム属ミリナエ
ITANSE ドラゴンズブラッド楽天市場¥2,500 AmazonYahoo!春秋型ヨーロッパセダム属ドラゴンズブラッド

多肉植物おすすめ人気ランキング15選

ホームセンターや園芸店で多肉植物を買うときのポイント

多肉植物 選び方

多肉植物を上手く育てるには、まず元気な株を選ぶことが重要です。多肉植物をホームセンターや専門店などで直接購入する際は、葉や茎の状態をしっかりとチェックしましょう。健康な株の見分け方を詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

元気で丈夫な株を見分けることが大切

多肉植物 株

健康的な株を見極めるための3つのポイント
  • 葉が肉厚でぷりっとしている
  • 葉と茎が鮮やかな緑色である
  • 葉と葉の隙間が詰まっている

水やりが上手にできている多肉植物は、葉にハリとツヤがあります。葉にしわがあるものや変色しているものは、根腐れを起こしている可能性があるので避けるのが無難。ただし、中にはもともと白っぽい色をしている品種もあるため、見極めの際は注意してください。

また、多肉植物は日光が不足したり水を吸いすぎると、葉にいくはずの水分が茎に溜まってしまい、茎が必要以上に伸びた「徒長」と呼ばれる状態になってしまします。見映えが悪いので、なるべく葉と葉の間がぎっしり詰まった株を選びましょう。

寄せ植えを楽しめるカット苗を購入するのもおすすめ

多肉植物 カット苗

ホームセンターや園芸店では、多肉植物の根を取って葉の部分だけにした「カット苗」が販売されています。乾燥した状態で土に挿せば、葉から根が伸びていき、新たな株として育てることが可能です。さまざまな品種のカット苗を集めて、カラフルな寄せ挿しを作るのもおすすめですよ。

多肉植物の植え替え方と理想のタイミング

多肉植物 植え替え

多肉植物を育てる上で大切なのが、植え替えの作業。多肉植物は成長し続けると、伸びた根が鉢の中を占領して根詰まりを起こしやすくなります。多肉植物を長くきれいに育てるために定期的に植え替えを行いましょう

鉢から根が飛び出したり、下葉が落ちて根が見え出したら植え替えが必要なサイン。植え替えをするタイミングは多肉植物が成長期を迎え始めた頃がベストです。植え替えは1年に1回が理想ですが、難しい場合は2~3年に1度くらいのペースで行ってください。

多肉植物の植え替えに必要なもの
  • 多肉植物用の土
  • 一回り~二回りほど大きい鉢
  • 鉢底石
  • 鉢底ネット
  • はさみ
  • ピンセット
  • ビニールシートor新聞紙

多肉植物 植え替え

  • 多肉植物の植え替えの手順
  • STEP.1
    植え替えの前準備をする
    作業スペースにビニールシートもしくは新聞紙を敷いておく。はさみはの刃部分に熱湯消毒を行い、清潔な状態にしておく。
  • STEP.2
    鉢から多肉植物を取り出す
    多肉植物を鉢から取り出す。根がちぎれないように注意しながら、付着している土を手で軽く落とす。このときに、変色した葉や茎をはさみとピンセットで取り除いておく。
  • STEP.3
    新しい鉢を用意する
    新しい鉢に鉢底ネットと鉢底石を入れ、3分の1くらいの高さまで土を入れる。
  • STEP.4
    多肉植物を入れる
    土の真ん中に多肉植物を置き、周りにゆっくりと土を入れる。土の量は、鉢の淵が2~3cm出るくらいまでが目安。
  • STEP.5
    土を馴染ませる
    土を軽く叩いて、根と土を馴染ませたら植え替え完了。

関連記事:【おしゃれギフト】プリザーブドフラワーおすすめ20選|人気のボックス型や仏花用も

多肉植物のよくある質問

多肉植物 よくある質問

多肉植物は水耕栽培もできる?

多肉植物は水耕栽培が可能です。水耕栽培をする前に、多肉植物の根を根元を少し残した状態で切り落としておきます。容器に根元がぎりぎりつくぐらいの水を入れたら、多肉植物を入れて完成。直射日光の当たらない風通しの良い場所に置き、こまめに水を換えてください。

関連記事:【室内で手軽に】水耕栽培キットおすすめ12選|初心者向けの選び方も解説

多肉植物が伸びすぎたときはどうする?

多肉植物は、日照不足や過度な水やりによって茎が伸びすぎてしまうことがあります。改善するには、原因である茎や葉をカットする「胴切り」の作業が必要。清潔なはさみで茎を水平に切ったら、しばらく水をあげずに乾燥するのを待ちます。切り口が完全に乾いてから、正しい方法で水やりを再開すればOKです。

多肉植物は100均でも買える?

最近では、ダイソーなどの100円均一ショップでも多肉植物が販売されています。コンパクトなものが多く、手軽に多肉植物栽培を始めたい人にはおすすめです。ただし、中には品種が書かれていない商品があるので注意。品種が分からないと適切な管理ができず、初心者には腐らせてしまうリスクが大きいので気を付けてください。

関連記事:【部屋を華やかに】ハーバリウムおすすめ15選|おしゃれな飾り方・プレゼントの選び方も解説

多肉植物のおすすめ関連商品

多肉植物 関連

多肉植物の他にも、自宅で手軽に緑を楽しめる植物は沢山あります。今回は、その中でも人気の「盆栽」「サボテン」の2つを紹介。Amazonなどで購入できるおすすめ商品も併せて紹介するので、気になる人はぜひチェックしてみてくだいね。

モダンな雰囲気と手入れの楽しさを味わえる「盆栽」

多肉植物 盆栽

小ぶりの鉢に幹・枝・コケなどを植えて、草木の造形美を楽しめる盆栽。「古風で地味」「手入れが難しそう」といったイメージがありますが、おしゃれな鉢に入ったものや初心者に育てやすい丈夫なものも多く、じわじわと人気を高めています。

お部屋に置くだけで雰囲気をガラッと変えてくれるので、「花や観葉植物は見飽きてしまった」という人はぜひチャレンジしてみてください。また、小さな苗から育てる場合は、じっくりと成長を見守る楽しさを味わえますよ。のんびりと長い目で植物を育てたい人にもおすすめです。

関連記事:初心者向け!ミニ盆栽のおすすめ12選|人気の松・桜・梅や育て方を紹介

存在感抜群でインテリアとして人気な「サボテン」

多肉植物 サボテン

多肉植物の最もポピュラーな存在であるサボテン。サボテン属には1万を超える品種が存在しており、園芸界では多肉植物ではなく「サボテン」という1つのジャンルとして分類するケースも多いです。水やりを頻繁にする必要がなく、初心者向けの多肉植物として人気があります。

存在感のあるサボテンは、お部屋に置くだけでインテリアのアクセントになるのが特徴。また、サイズ・形状のバリエーションが豊富なため、好みやスペースに合ったものを選べますよ。

関連記事:【初心者向け】サボテンおすすめ14選|小さくてかわいい品種・花が咲く種類も紹介

その他インテリアにおすすめの関連記事

関連記事:【本物そっくりでおしゃれ】フェイクグリーンおすすめ15選|飾り方や選び方も

関連記事:【おしゃれ度UP】鉢カバーおすすめ18選|北欧風や大型も紹介

おすすめ多肉植物まとめ

多肉植物 おすすめ

  • 多肉植物は手間いらずで緑を楽しめるおすすめアイテム
  • 丈夫で乾燥に強い品種なら、初心者にも育てやすい
  • 生育型に合った育て方や環境を整えることが大切

今回は、観葉植物の中でも人気の多肉植物について紹介しました。ぷりっとした肉厚の葉と個性的な形状がかわいい多肉植物は、お部屋の雰囲気を変えてくれるおすすめアイテムです。ぜひこの記事を参考にして、お気に入りのおしゃれな多肉植物を見つけてくださいね。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー