【2022年】Microsoft Surface (サーフェス)最新の全7機種を比較&ランキング形式でご紹介!

Surface(サーフェス)はマイクロソフト社が発売しているパソコンブランドで、ノートパソコンやデスクトップなど現在7モデルが発売されており予算・用途に合わせて選べます。

薄くて軽く持ち運びしやすいうえ性能も高く、またMicrosoft officeを標準で搭載しているので仕事でもプライベートでも使いやすい機種です。

カフェなどの外で作業したり、出張や旅行でパソコンを持ち運んで使用する機会が多い方におすすめのMicrosoft surface。

7モデルの中には外見が似ている機種も多く、価格帯は10万円以下から50万円以上のモデルまで様々なため、一体どれを選んだらいいのか迷ってしまう方も多いはず。

そこで今回Picky’s編集部では、このMicrosoft surface現行7モデルについて解説します。

この記事を読んで分かること
  • Surfaceとは何か
  • Surfaceの特徴
  • Surfaceの種類
  • Surfaceの選び方

バッグやリュックに入れて、いつでもどこでも仕事&プライベートでバリバリ使える、高性能なノートパソコンを探している方は是非読んでみてください。

Microsoft Surfaceとは?

surfaceはWindowsでおなじみのマイクロソフト社が展開するパソコンブランドの総称です。

surfaceといえば、皆さんがイメージするディスプレイとキーボードを分離できるいわゆる「2-in-1タイプ」が有名ですが、その他にもノートパソコン型やデスクトップも発売されています。

中でも代表的なモデルである2in1タイプは持ち運びしやすく、性能も高いことから会社や自宅以外で作業することが多いビジネスマン中心に人気です。

全機種タッチパネル対応、Microsoft office標準搭載なのでビジネスやエンターテインメント、クリエイティブな作業まで使える汎用性の高さが魅力です。

ひとことメモ
多くの人にお勧めできるパソコンシリーズと言えるでしょう

Microsoft Surfaceの主な特徴・メリット

surfaceの主な特徴・メリットについて解説します。

  • 薄くて軽いので持ち運びに便利
  • 用途に合わせて豊富なラインナップから選べる
  • 全機種Microsoft office標準搭載
  • 全機種タッチパネル搭載でペン入力にも対応
  • 専用アクセサリーが豊富でカスタマイズしやすい

タブレット(2in1)なのかラップトップ(ノートPC)なのか、デスクトップなのかによって特徴は変わってきますので、あくまでもシリーズの傾向として考えてください。

薄くて軽いので持ち運びに便利

デスクトップ型を除けば、基本的にsurfaceは軽くて薄いモデルが多く、持ち運んで外で使用するのに適しています。

タブレットやノートパソコンタイプも非常に薄く、また重さも軽いもので約600g(キーボード等除く)、重いものでも1.2kgと比較的軽量。

タブレットタイプの物ならバッグやリュックにも簡単に入り、いつでも好きな時に好きな場所で広げて作業をすることができます。

ひとことメモ
外出や出張が多いビジネスマンや移動が多い学生、外で作業するノマドワーカーの方がこの機動性に惹かれて購入することが多いようです

ただsurfaceは持ち運びしやすい反面、常に落下や水没の危険があります。

万が一surfaceを落下・水没させてしまい、電源が入らない、中の大事なデータが取り出せないとなった場合は「データ復旧」という手段がある事を覚えておいてください。

以下の記事では、surfaceの破損や故障時のデータ復旧について詳しく解説していますので、surfaceを持っている、または購入を検討している方は是非読んでみてください。

関連記事:Surface (サーフェス) のデータ復旧は無料ソフトと復元業者どっちがおすすめなのか詳しく解説

関連記事:持ち運びに最適1kg以下のモデルも!軽量ノートパソコンおすすめ人気15選【2021年最新】

用途に合わせて豊富なラインナップから選べる

surfaceはキーボード着脱可能なタブレットタイプからクラムシェル(ノートパソコンタイプ)、デスクトップなど現在7モデルが販売されています。

引用:Microsoft公式

各モデルでディスプレイサイズや性能が異なり、またWi-Fi不要なLTEタイプ、クリエイター作業向きの高性能デスクトップまであり、自分の用途に合わせて選べます。

ひとことメモ
各モデルの詳しい説明は後ほど詳しく解説しますので、まずは「色々な特徴や性能を持った7つのモデルがある」と覚えておいてください

全機種Microsoft office標準搭載

surfaceはマイクロソフト社のビジネス用アプリケーションソフト「Microsoft office」が標準搭載されていて、買って初期設定が終わればすぐに使えます。

Microsoft officeの主なソフト
  • 表計算ソフトExcel(エクセル)
  • 文章作成ソフトWord(ワード)
  • 資料作成ソフトPowerpoint(パワーポイント)

現在も多くの会社で一般的に使われているビジネスソフトが、このMicrosoft office(マイクロソフトオフィス)ではないでしょうか。

他の企業からもMicrosoft officeと互換性のあるオフィスソフトが出ていますが、まだまだ問題と言うか使いにくい部分もあります。

ビジネスで使うならやはりMicrosoft officeですよね。

またMicrosoft officeは、ビジネスマンだけではなく学生の方やプライベートでも活躍します。

エクセルで家計簿や帳簿を作って管理したり、ワードでレポートを書いたり、パワーポイントはイベントのポップや簡単なチラシを作るときに重宝します。

ひとことメモ
他のメーカーのパソコンではこのMicrosoft officeが入っていない機種も多く、もし単体で購入するとなると数万円かかります

関連記事:【3万円以下あり】Office付きの安いおすすめノートパソコン16選|初心者も安心な元店員の解説(2021年最新)

全機種タッチパネル搭載でペン入力にも対応

surfaceは全機種タッチパネル搭載&ペン入力にも対応で、大人からお子さんまで直感的に、また幅広い用途で使用することができます。

イラストなどのクリエイティブな作業ではペン入力は必須ですし、動画サービスやアプリ、Google earthなどで遊ぶときも直接タッチできたほうが操作しやすいです。

ひとことメモ
あまり使わない、という方もいるかもしれませんが、無いよりはあったほうが便利なのは確かです

関連記事:【プロが選ぶ】スタイラスペン・タッチペンおすすめ20選!筆圧感知や手をついたまま書けるモデルを解説(2021)

専用アクセサリーが豊富でカスタマイズしやすい

引用:Microsoft公式

surfaceは専用アクセサリーが豊富です。

surface専用アクセサリー一例
  • タイプカバー(キーボード付きカバー)
  • スリーブ(保護カバー)
  • マウス
  • surface スリムペン(入力ペン)
  • スキンシール(天板・トップに貼るシール)

例えばsurface Proなどは買った時点ではシンプルなタブレットですが、専用タイプカバーを取り付けることでほぼノートパソコンとして使えるようになります。

ひとことメモ
surface本体はもちろん、専用アクセサリーもデザイン性の高いものが多くついつい揃えたくなる魅力的な製品が多いです

関連記事:おしゃれ&かわいい!ノートパソコンケースおすすめ23選|人気ブランドも紹介

Microsoft Surfaceのデメリット

編集部のスタッフもsurfaceを愛用していますが、実際使っている立場から感じたデメリットも公開します。

surfaceの不満点・デメリット
  • 基本的にキーボードを買い足す必要がある
  • USB端子が少ない
  • コスパは決して高くない

もちろんこのデメリットを差し引いてもsurfaceが素晴らしい機種なのは間違いありませんが、良い点も悪い点も把握して購入後に後悔しないための参考にしてください。

基本的にキーボードを買い足す必要がある

多くの方がsurfaceと聞いてイメージするのが「タブレット+キーボードカバーの2in1構成」だと思うのですが、このキーボードカバーはセットではなく基本的に別売りです。

引用:Microsoft公式

しかも純正品は2万円以上と結構高め。

surface本体も決して安価な機種ではないため、キーボードを一緒に買うとどうしても割高に感じてしまいます。

もちろんsurfaceのスペックを考えれば決して高いわけではありませんが、中華製のタブレットやパソコンと比べると「価格帯」という意味ではsurfaceは高級品です。

そこにさらにキーボードは別売りです、となるとやはり多くの人が「高い」と感じて購入をためらってしまうことも多いようです。

関連記事:タブレットをノートPC化!タブレット用キーボードおすすめ17選【折りたたみ式やスタンド付も】

USB端子が少ない

surfaceは多くのモデルでUSB端子が1個、もしくはtype-Aとtype-Cで1個ずつといったようにUSB端子が少なめです。

有線のアクセサリーを使ったり、スマホや他のデバイスを複数充電したい場合などに、一度に使用できる重電機器やアクセサリーが少ない点は覚えておきましょう。

surfaceを購入する人の多くが外に持って行くことを想定していると思いますので、外でUSBを複数使いたい場合はUSB拡張ハブを買って持ち歩く必要があります。

関連記事:[2021年最新]MacBookやsurface向け USBハブおすすめ20選 | USB-Cタイプなど選び方を解説

コスパは決して高くない

surfaceは性能もデザイン性も高く、非常に良いパソコンであることは間違いありませんが、値段、という点から見るとやはり他のメーカーと比べると高めです。

surfaceが高いというわけではなく、これは国産PCにも言えることですが、例えば中国や韓国、台湾メーカーの同スペック・同モデル機種と比較すると高く感じるという意味です。

またsurfaceのライバル機として比較されることが多い、iPad ProやMacBook Proはsurfaceと同じくらいの価格ですが、中古相場はsurfaceよりもかなり高いです。

apple社製品は人気の高さから中古市場や下取りの相場も高く、液晶割れや電源が入らないといったジャンク品ですらメルカリやヤフオクでそこそこの価格が付きます。

「大事に使って、数年後に高く売ってそのお金で最新機種を買う」といった使い方をしたい場合、surfaceはapple製品に比べてやや不利です。

ひとことメモ
もちろん「良いPCを買って長く大事に使いたい」という方であればsurfaceで問題ありません

関連記事:【2021年プロが選ぶ】コスパ最強のノートパソコン18選!おすすめ人気ランキングと初心者向けの選び方

Microsoft Surfaceの現行全7機種解説&おすすめの選び方

Microsoft Surfaceは現在7機種が発売されています。

surface現行7モデル
  • Surface Pro 7
  • Surface Pro X
  • Surface Laptop 3
  • Surface Laptop Go
  • Surface Go 2
  • Surface Book 3
  • Surface studio 2

以下で各モデルの特徴とおすすめの選び方を紹介していきます。

Surface Pro 7

Surface Pro 7はタブレットとして使え、またキーボード付きカバーをセットすることでノートパソコンとしても使用できる、surfaceを代表するモデル。

おそらく皆さんが「surface」と聞いて思い浮かべるのがこの機種です。

昼間はノートパソコンとして仕事をこなす、夜はタブレットにして動画を観る、休日はペンでイラストを描く、といったマルチな使い方ができる機種です。

surface Pro 7はこんな人におすすめ!

surface Pro 7はこんな人におすすめ
  • 持ち運びやすさ重視で、それでいて作業性も重視する方
  • 作業・SNS・エンターテインメントなどマルチに使いたい方
  • イラストなどを描く方

surfaceは一部を除き全モデルで汎用性が高く、どのモデルもマルチに使用できますが、surface Pro 7は特に用途の幅が広く、多くの人におすすめできる万能モデルです。

12.3インチと比較的小さめの画面サイズから本体も小さくて薄くて軽いので、その特徴を活かし外へ持ち運んでバリバリ仕事や作業することができます。

また4,096段階の筆圧感知と傾き検知に対応したペンが使え、本体に付いている自立スタンドで角度を自由に調整できるのでイラストを描くのにも適しています。

この自立スタンドがかなり優秀で、動画を観るときはちょっとだけ倒して、イラストを描くときは限界まで倒して観やすい、使いやすい位置に調整が可能です。

ひとことメモ
とにかく用途の幅が広いので、迷ったらこのSurface Pro 7がおすすめ

Surface Pro X

Surface Pro Xは名前の印象から先ほどのSurface Pro 7の上位機種かと思ってしまいそうですが、基本的には「別物」と考えてください。

一言で言えば「癖のある玄人向けモデル」で、初心者の方や「何となくsurfaceが欲しい」といったぼんやりとした目的で買ってしまうと後悔すると思います。

Surface Pro XはARMという特殊なCPUを搭載していて、処理能力や発熱耐性が高く、バッテリー駆動時間が長いので他のsurfaceよりも性能面では優秀です。

一方で特殊なCPUを搭載しているため、インテルやAMDに対応している一般的なアプリの多くが未対応でインストールできるものが限られているというデメリットがあります。

ただsurfaceで唯一SIMフリーでLTE通信ができるという大きなメリットもあります。

Surface Pro Xはこんな人におすすめ!

Surface Pro Xはこんな人におすすめ
  • パソコンの特徴に詳しいプロの方
  • SIMフリーでLTE通信が使用できるパソコンが欲しい方

Surface Pro Xは性能自体は高いものの使い方に癖があるので、その特徴を理解した人が効果的に使用してこそ最大限性能を発揮できるモデルです。

パソコンに詳しく、ARMの特徴を理解していて、ARMアプリを効果的に使用できる人なら使いこなせるでしょう。

またSurface Pro X最大の特徴として、「SIMスロットを搭載したSIMフリー機」でLTE通信ができる点が挙げられます。

例えばSIMカードがあれば電車や車の移動中など、Wi-Fiがない環境でもスマホのように作業したり、大画面でコンテンツを楽しめます。

ひとことメモ
重要な所なのでもう一度言いますが、Surface Pro XはSurface Proとは完全に別物の「プロ仕様」の機種です

Surface Laptop 3

Surface Laptop 3は一般的に「Surface」と聞いて想像する「タブレット&キーボード付きカバーの2in1」ではなく、完全なノートパソコン型のモデルです。

先ほど紹介したSurface Pro 7をそのままノートパソコン型にしたようなモデルだと思ってもらえばいいでしょう。

13.5インチと15インチの2サイズのディスプレイが選べ、さらにCPUやストレージも自分の予算や用途に合わせて選べます。

基本的には好みの画面サイズと構成を選べばOKですが、13.5インチと15インチではCPUの構成が違うなど若干異なる点があります。

  • 13.5インチはIntelのCore iシリーズ
  • 15インチはAMDのRyzenシリーズ

どちらも性能的にはほとんど同じで、少なくともパソコンに詳しくない方が体感できるほどの性能差はありません。

Surface Laptop 3はこんな人におすすめ!

Surface Laptop 3はこんな人におすすめ
  • あらゆる作業で使える万能ノートパソコンが欲しい方
  • 自宅や会社での使用が主で、ときどき持ち運ぶ方
  • タブレットとしてはほとんど使わない方

Surface Laptop 3はSurface Pro 7とほぼ同様の使い方ができるマルチデバイスです。

Surface Pro 7と違ってキーボードの脱着ができない分、タブレットとして使用したり持ち運びするにはやや不便ですが、その分どっしりと作業する分には安定感抜群です。

また持ち運びに不便といっても、あくまでもウルトラコンパクトなSurface Pro 7に比べての話で、ノートパソコンとしては軽くて薄いので簡単に持ち運べます。

ひとことメモ
自宅や会社での使用が主だけど時々外に持っていく、くらいのスタイルで使用する方におすすめです

Surface Laptop Go

Surface Laptop Goは先ほどのSurface Laptop 3同様のノートパソコン型ですが、12.4インチと先ほどのSurface Laptop 3の13.5インチよりも画面が小さいモデルです。

surfaceシリーズの中では比較的安価で、ディスプレイも小型で軽量と、手軽に持ち運んで使うのに適した機動性抜群のモデルです。

価格が控えめな分、他のシリーズよりやや性能は落ちますが必要十分な性能は備えていますので、よほど重い作業をしない限り問題ないでしょう。

Surface Laptop Goはこんな人におすすめ!

Surface Laptop Goはこんな人におすすめ
  • 持ち運んで軽作業することが多い方
  • 手軽に使える性能の高いサブノートパソコンが欲しい方
  • 学生の方

Surface Laptop Goは「比較的性能の高いサブマシン」「軽作業向きの持ち運びしやすいモデル」といった位置づけです。

動画編集などの重い作業をバリバリ行うのであれば他のモデルを勧めますが、基本的な仕事や作業であれば十分にこなせます。

ひとことメモ
性能の割に価格は控えめ、小さくて軽くて持ち運びしやすいという特徴から手軽に買えるサブマシンを探している方や、学生にお勧めのモデルです

Surface Go 2

Surface Go 2は10.5インチという小型ディスプレイで、surface Pro 7同様「タブレット&キーボード付きカバーの2in1」タイプにできるモデルです。

surface Pro 7の画面サイズを小さくして、性能を落とした廉価版と思ってください。

サイズを落として性能を下げた分、価格も安く重量も圧倒的に軽いため手軽に購入できるモデルです。

Surface Go 2はこんな人におすすめ!

Surface Go 2はこんな人におすすめ
  • 外でメール確認やブログなどちょっとした作業を行う方
  • パソコンを持ち運びたいけど荷物を重くしたくない方
  • ネットサーフィンや動画視聴がメイン

Surface Go 2は10.5インチで重量は約600g程度、他のモデルと比べてとにかく圧倒的に小さくて軽いモデルのため、「持ち運び」を意識した用途で購入するべきです。

ただしバリバリ作業するには画面が小さく、性能も今一歩なので「外でちょっとした作業をしたいライトユーザー向け」です。

性能が今一歩とはいっても、officeソフトや動画視聴をしたりネットサーフィンといった一般的な用途であればほとんど問題ありません。

ひとことメモ
手軽で万能な機種と言えば聞こえはいいですが、反面非常に中途半端な機種になりがちなため、用途をしっかり定めて購入する必要があります

Surface Book 3

Surface Book 3はタブレット&キーボード構成の2in1型で、13.5インチと15インチディスプレイから選べます。

surfaceシリーズの中でも性能はトップクラス、さらに専用グラフィックボードが搭載されているため、動画編集やゲームといった重い作業もサクサクこなせます。

Surface Book 3はこんな人におすすめ!

Surface Book 3はこんな人におすすめ
  • 4K動画編集やゲームといった重い作業をストレスなく楽しみたい方
  • とにかくサクサク動くノートパソコンが欲しい方

Surface Book 3の特徴を一言で言えば「surfaceシリーズ最強の高性能モデル」です。

その性能の高さと専用グラフィックボードを活かして、動画編集やFPSなどの動きの激しいゲームといった高負荷なコンテンツを行う方におすすめです。

もちろん動画編集もこなせる性能ということは一般的な作業もサクサクこなせますので、作業効率を求めるビジネスマンにもおすすめです。

一方でどうしても価格は高くなってしまいますので、用途をきちんと考えて購入しないとコスパの悪い機種になってしまいます。

ひとことメモ
例えば動画を観たりネットサーフィンくらいしかしない人にとっては、ハイスペックな機種は宝の持ち腐れになります

Surface studio 2

Surface studio 2はデスクトップ型で、surfaceシリーズの中では特殊な位置付けのモデルです。

一見モニター単体にしか見えませんが、ディスプレイの下にある小さな筐体の中にすべての機能が詰まったれっきとしたデスクトップパソコンです。

surfaceシリーズ唯一の28インチディスプレイのデスクトップ型、高性能なCPUとグラフィックボードを積んだプロフェッショナル向けモデルです。

解像度は4Kを超える4500×3000で、発色の良い光沢ディスプレイを採用しているので写真やイラストの再現度も抜群。

ゼログラビティヒンジと呼ばれる、好きなところまでディスプレイを倒して好きな位置で止められる機構が付いているので、液タブとしてデザインやイラスト作業にも最適です。

ただし価格は他のモデルの何倍もするので、買う際はしっかりと検討しましょう。

Surface studio 2はこんな人におすすめ!

Surface studio 2はこんな人におすすめ
  • クリエイター向け
  • デスク周りをすっきりとさせたい方

Surface studio 2は「クリエイター向け」のデスクトップパソコンです。

4Kを超える解像度、軽快なペン入力、ゼログラビティヒンジでどんな角度でも使えるといったSurface studio 2の特徴はイラストやデザインを書くといった作業に最適です。

また通常液タブで描画する場合、HDMIケーブルやUSBケーブル、アダプタといったケーブルでごちゃごちゃしがちですが、Surface studio 2なら本体のケーブル1本で済みます。

そのためデスク周りが非常にすっきりしてよりストレスのない、作業しやすい環境を構築できます。

ひとことメモ
クリエイター以外の方にとってはオーバースペックですし、もし同じ性能のPCが欲しい場合も他にコスパの良い選択肢があるでしょう

関連記事:【2021年】コスパ抜群のデスクトップパソコンおすすめ20選!初心者向けの選び方を徹底解説

Picky’s編集部独自のsurfaceおすすめランキング

最後にPicky’s編集部で、今回紹介したsurface7モデルのおすすめを勝手にランキング化しました。

基準はsurface初心者向け「多くの人におすすめできるモデル順」です。(おそらくこの記事を読んでいる方はsurface自体にそれほど詳しくない方が多いと勝手に予想しました)

もちろんそれぞれのモデルに特徴があり、用途や生活スタイルによっておすすめモデルは変わりますのであくまでも参考に一つにしてください。

編集部独断 surfaceおすすめランキング
  1. Surface Pro 7
  2. Surface Laptop 3
  3. Surface Book 3
  4. Surface Laptop Go
  5. Surface Go 2
  6. Surface Pro X
  7. Surface studio 2

おすすめランキング1位はsurfaceの代表的なモデルである「Surface Pro 7」です。

おそらくsurfaceの購入を検討している方は、持ち運べて性能の高いPCをイメージしている方が多いと思います。

性能も高く、普段はタブレットとして、さらにキーボードカバーを取り付ければどこでもノートPCとしても使える使い勝手の良いSurface Pro 7は万人におすすめです。

タブレットにこだわらないのであれば、2位のノートパソコンタイプのSurface Laptop 3もおすすめ。

2つのディスプレイサイズ、多様な構成から自分好みの1台を選べるので個々の予算や用途に合った機種が必ず見つかります。

予算が豊富なら、シリーズの中でもずば抜けて性能の高い3位のSurface Book 3がおすすめですが、やはり価格の高さがネックで万人におすすめとは言えません。

4位のSurface Laptop Goと5位のSurface Go 2は安価で手軽ですが、若干性能が低くメインとして使うのはおすすめしないためこの順位です。

もちろんサブ機として使うとか、ちょっとした動画視聴やネットサーフィン用で購入するなら非常に便利でおすすめ。

6位のSurface Pro Xと7位のSurface studio 2は癖というか、専門特化型の完全玄人向けなので今回はこの順位にしました。

もちろん知識や技術があり、使いこなせる方であればおすすめですが、「surfaceってどうなんだろうなー」と迷っているような一般の方には絶対おすすめしません。

商品最安価格画面サイズ大きさ重量バッテリー駆動時間
[マイクロソフト] Surface Pro 7 PUV-00027 12.3インチ Core-i5 / 8GB / 256GB¥120,451 Amazon楽天市場Yahoo!12.3インチ292×201×8.5mm775~790g約10.5時間
[マイクロソフト] Surface Laptop 3 VGY-00018 13.5インチ Core-i5 / 8GB / 128GB¥144,000 Amazon楽天市場Yahoo!13.5インチ/15インチ308×223×14.5mm1260g~1280g約11.5時間
[マイクロソフト] Surface Book 3 V6F-00018 13.5 インチ Core i5 / 8GB / 256GB dGPU搭載¥125,090 Amazon楽天市場Yahoo!13.5インチ/15インチ312×232×13mm~1534~1905g約17.5時間
[マイクロソフト] Surface Laptop Go THH-00034 12.4インチ i5 8GB 128GB¥101,755 Amazon楽天市場Yahoo!12.4インチ278×205×15.7mm1110g約13時間
[マイクロソフト] Surface Go 2 STV-00012 10.5 インチ Pentium Gold 4425Y/4GB/64GB¥52,499 Amazon楽天市場Yahoo!10.5インチ245×175×8.3mm544g~約10時間
[マイクロソフト] Surface Pro X MJX-00011 13インチ / SQ1 / 8GB / 128GB / LTE¥100,500 Amazon楽天市場Yahoo!13インチ287×208×7.3mm774g約15時間
[マイクロソフト] Surface Studio 2 LAM-00023 Core i7 28インチ 32GB SSD 2TB GTX 1070¥782,860 Amazon楽天市場Yahoo!28インチ637×438x12.50mm9560g-

Microsoft Surfaceの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているSurfaceのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

Microsoft Surfaceは携帯性と使い勝手を両立させた万人におすすめの懐の広いパソコン!

surfaceは性能とデザイン性が高く、コンパクト&スリムなため常に携帯して外出先で使いたい方にピッタリのシリーズです。

予算や用途によって2in1やクラムシェル(ノートPC)、デスクトップタイプから選べ、さらにCPUなどの構成も豊富に選択できます。

引用:Microsoft公式

自宅や会社以外でもPCを使う機会が多くなった今、持ち運びやすさは絶対条件、でも性能や使い勝手にも妥協できない、そんなわがままにも100%応えてくれるのがsurfaceです。

ぜひ現行7モデルを色々比較しながら自分にピッタリの1台を探してみてはいかがでしょうか。

なおsurfaceは性能やデザイン性が高く、豊富なラインナップから選べますがタブレット、ノートPCの中では比較的高価格帯なのがネックです。

デザインもさほど気にしない、動画とネットサーフィンくらいしかしないという方なら他のメーカー、機種でもいいかもしれません。

    Picky’s編集部では以下の記事でsurface以外のタブレットやノートパソコンを紹介していますので、色々と比較しながら自分に合った一台を探してみてください。

    関連記事:【5万円/10万円以下で厳選】コスパ最強 タブレットおすすめ10選 | Androidなど格安モデルを徹底比較

    関連記事:[マニアが教える] iPad Proを世代別に完全比較!2021/2020/2018価格や機能の違いなど解説

    関連記事:【2021年】コスパ最強のノートパソコン20選!おすすめ人気ランキングと初心者向けの選び方

    関連記事:【2021年最新版】Appleマニアが選んだ おすすめMacBook 10選|MacBook AirやMacBook Proの現行モデルを徹底比較

    関連記事:【正直最高です】Macbook Pro 2018 15インチに乗り換えた結果をレビュー!!

    関連記事:大きくて見やすい!12インチ以上のタブレットおすすめ15選|動画視聴や仕事用に最適

    この記事は参考になりましたか?

    SNS

    Picky’sのSNSアカウントをフォロー