【アウトドアに強い】SUNNTO(スント)スマートウォッチおすすめ人気ランキング10選

SUNNTOスマートウォッチ

出典:rakuten.ne.jp

北欧フィンランド生まれのSUUNTO製スマートウォッチは、過酷な自然環境下でも耐えられる耐久性で人気です。他社製では珍しい、ダイビング対応の「ダイブウォッチ」があるのも魅力の一つ。

しかし、SUUNTO製スマートウォッチは種類が多く、どれが自分に合うのかわからないという人もいますよね。この記事では、SUUNTO製スマートウォッチの魅力や選び方、おすすめランキングをご紹介します。タフさと北欧デザインのスタイリッシュさを取り入れたSUUNTO製スマートウォッチを、ぜひチェックしてみてください。

SUUNTO(スント)スマートウォッチの魅力

SUUNTOのスマートウォッチには、「アウトドアに強い」「北欧デザイン」の2つの魅力があります。

魅力1:精密機器メーカーが手がける、アウトドアに強い機能が搭載

精密機器メーカーが手がける、アウトドアに強い機能が搭載

SUUNTOは、フィンランドの冒険家トーマス・ヴォホロネンによって1936年に創業されました。北欧の厳しい自然の中でも自在に使える耐久性を持つのが特徴。さまざまなアウトドア関連の精密機器を手がけて80年以上の歴史を誇ります

そんなSUUNTO製スマートウォッチは「スポーツウォッチ」「ダイブウォッチ」と呼ばれています。「スポーツウォッチ」は、ランニング・サイクリングなどのトレーニングはもちろん、登山やスキー、ゴルフなどのアウトドアスポーツにも対応できる衝撃性・耐水性・防塵性が特徴。アウトドアに便利な高度計、気圧計、電子コンパスなどの機能も搭載しています。

一方、フリーダイビングにも使える「ダイブウォッチ」は、水圧に耐えうる強固な堅牢性が特徴。安全なダイビングのために、水中から水面に上がる際に減圧症を引き起こさないためのシステムを搭載しています。世界初のダイビングコンピュータを開発したSUUNTOの最新システム「SUUNTO Fused™ RGBM」は、世界中のダイバーに愛用されています。

北欧らしい、洗練されたデザイン

北欧らしい、洗練されたデザイン

SUUNTOのスマートウォッチは、いずれも北欧らしい洗練されたモダンデザインです。シンプルで時計本体の自己主張が控えめな分、どんなファッションにも合わせられて違和感を感じさせません。高級感ある大人のアウトドア用スマートウォッチを使いたいなら、SUUNTOのスマートウォッチがおすすめです。

【比較】SUUNTOとガーミンの違いは何か?

同様にアウトドアに強いアメリカ製のガーミンとの違いについても見ていきましょう。フィンランド生まれのSUUNTO同様、アメリカ生まれのガーミンもアウトドアウォッチとして有名です。どちらもGPS機能、高度計や気圧計、電子コンパス、防水・防塵性などアウトドアに必要な機能を備えており、機能の違いはほとんどありません。

最も大きな違いは、SUUNTOの方がデザイン性に優れていること。アウトドアウォッチとして耐久性や防水・防塵性を持ちながらゴツゴツした外観にならず、女性でも使いやすいスタイリッシュなデザインなのが特徴です。

関連記事:【2021年】マニアが選ぶ Garmin(ガーミン) おすすめ20選|ゴルフや登山で使った感想もレビュー

SUUNTO(スント)スマートウォッチ最新モデル・人気シリーズを紹介

ここでは、SUUNTOスマートウォッチの最新モデルや人気シリーズを3つご紹介します。

人気のスポーツシリーズから「SUUNTO 9 PEAK」が薄型・軽量化されて登場

SUUNTO製スマートウォッチの中でも特に人気なのは、やはりアウトドアに特化した「スポーツウォッチ」。最新の「SUUNTO 9 PEAK」では、シリーズの中で最も薄型・軽量を実現しました。もちろん、耐久性や耐水性、運動の計測や記録機能は前モデル「SUUNTO 9 BARO」からそのまま変わらず、血中酸素濃度の測定機能を加えて搭載しています。

他にも、システムの自動アップデート機能、周囲の明るさに合わせてバックライトを自動調整する機能などが備わり、使い勝手も抜群です

一方、「SUUNTO 9 BARO」に搭載されていた「目的地までの残りの距離」「スイミングでのガイダンス機能」「特定の目的に適したスポーツモード」はありませんので、注意しましょう。

SUUNTO 9 PEAKはこんな人におすすめ!
  • スタイリッシュなアウトドア対応スマートウォッチが欲しい人
  • 血中酸素濃度を測り、高地でのアウトドアや睡眠分析に役立てたい人
  • 自動バックライトやワイヤレスアップデートなど、最新機能を使いたい人

登山や釣りのアウトドアに最適「TRAVERSE」シリーズ

アウトドア対応シリーズのフラッグシップモデルに位置づけられる「TRAVERSE」シリーズ。高度計・気圧計・コンパスだけでなく、過去12時間の気圧変化グラフ、高度・累計標高の高精度計測が可能です。10気圧防水の防水性能に加え、最大100時間もの連続計測が可能なロングバッテリーが特徴。アウトドアに便利な機能が「全部載せ」されています

GPSに加えてロシアの衛星位置システム「GLONASS」を導入。これによって世界中どこでも正確な位置測定ができるようになり、スポーツやアウトドアで自分が辿ったルートをより正確に表示・把握できるようになりました

TRAVERSEはこんな人におすすめ!
  • 気圧や高度をより正確に測定したい人
  • キャンプや登山など、長時間充電できない環境でスマートウォッチを使いたい人
  • 自分が辿ったルートを正確に知りたい人

100m耐水でダイビングモードを搭載「SUUNTO D5」

ダイブウォッチの最新シリーズは「SUUNTO D5」で、水深100mでも使える耐圧機能が特徴です。SUUNTOが開発した最新の減圧アルゴリズムシステム「Suunto Fused™ RGBM 2」を搭載することで、ダイビング時の減圧症などの危険な症状を予防できます。

専用のスマホアプリやパソコンソフトと連動し、ダイビング計画やダイブログを管理、データを比較・分析したりすることも可能。もちろん、普段使いのスマートウォッチとしても使えます。

SUUNTO D5はこんな人におすすめ!
  • 陸でも海でもアウトドアスポーツを楽しみたい人
  • ダイビングが趣味で、より安全に行いたい人
  • ダイビングのログを記録したり、データの比較・分析をしたい人

SUUNTO(スント)スマートウォッチ選び方

では、実際にスマートウォッチを選ぶときのポイントを見ていきましょう。

タイプ別に合った機能が搭載されたモデルを選ぶ

まずは、アスリート・アウトドア・日常生活と、使う場面に合った機能が搭載されたモデルを選ぶ方法があります。

アスリート向け:心拍数、トレーニングデータ計測が充実したモデルを選ぶ

アスリート向け:心拍数、トレーニングデータ計測が充実したモデルを選ぶ

スポーツでの使用が多い方は、心拍数やトレーニングデータ計測機能が充実したモデルを選びましょう

心拍数を測ることで、運動の強度を読み取ることができます。息が上がるトレーニングは心拍数も比例して上がっていることがほとんど。スポーツ競技中は心拍数を一定に保つことが求められます。練習時から手元で心拍数を測ることができれば、どの動きに負荷がかかっているか、自分の体力などに細かく気づけます。

また、GPS機能搭載で走った距離を管理してくれる機能や、トレーニングメニューを自動で作成してくれる機能があるととても効果的です。

アスリート向けのおすすめSUUNTOシリーズ
  • SUUNTO 5
  • SUUNTO 9
  • SUUNTO 9 PEAK

関連記事:血圧を測れるスマートウォッチおすすめ15選|日本製や精度の違いを徹底比較
関連記事:スコアアップ確実!ゴルフ向けスマートウォッチおすすめ15選|安いモデルを徹底比較

アウトドア向け:GPSや気圧計搭載モデルを選ぶ

アウトドア向け:GPSや高度気圧計搭載の耐久性の高いモデルを選ぶ

アウトドア向けのスマートウォッチを探しているなら、GPSや気圧計搭載のモデルがおすすめです。GPS機能や高度計は自分のいる位置や、これまで辿ってきたルートを正確にトラッキングできるため、ルートログを記録したり、来た道を戻ったりするのに役立ちます。

天候の変化を素早くキャッチするのに役立つのが、気圧計。登山やトレッキングなど、長時間のアウトドアでは急な天候の変化に見舞われることも多々あります。雨が降り出す前に手元の気圧計で変化を知ることができて便利です。

アウトドア向けにおすすめなシリーズは「SUUNTO 9 BARO(TITANIUM含む)」です。加速度センサーとGPS機能を組み合わせることで、60秒に1回正確な位置測定が可能になりました。GPSでの位置測定を続けていても、最大120時間稼働できるロングバッテリーを搭載していますので、長時間のアウトドアにもぴったりです。

日常生活向け:デザイン性を重視しつつ、歩数計などの活動量が測れるモデルを選ぶ

日常生活向け:デザイン性を重視しつつ、歩数計などの活動量が測れるモデルを選ぶ

日常使いが多いなら、基本的な心拍・消費カロリー・歩数などの活動量が測れるモデルを選びましょう。「SUUNTO 3」や「SUUNTO 7」は、まさに日常使いに適した機能が搭載されています。

他のSUUNTOシリーズと比べるとやや耐久性に劣りますが、それでも日常使いに十分な防水性も備えています。心拍・消費カロリー・歩数計の他にもちろん、ルートナビゲーションやスマホの着信通知などにもしっかり対応。

睡眠時間や睡眠効率なども含めた24時間毎日の活動を記録し、1日を通じたストレスと回復どの追跡もできます。ランニングとウォーキングなら、スマホがなくてもスピードやペース、距離を計測可能です。

またデザインがポップで、見た目がゴツゴツしていないものを選ぶとより日常使いしやすくなります。

タイプ別のSUUNTOスマートウォッチおすすめシリーズ
  • アスリート向け:SUUNTO 5、SUUNTO 9、SUUNTO 9 PEAK
  • アウトドア向け:SUUNTO 9 BARO
  • ダイビング向け:SUUNTO Dシリーズ
  • 日常使い向け:SUUNTO 3、SUUNTO 7

バッテリーの持ち時間をチェック

バッテリーの持ち時間をチェック

アウトドアやフィットネスなど、長時間の使用ではバッテリー持ちが気になるところ。SUUNTOシリーズのバッテリー駆動時間は、全体的に他社製と比べて長い傾向にありますが、キャンプなど1日〜数日間充電できない環境で使うときはよく検討しましょう。

シリーズ SUUNTO 9
PEAK
SUUNTO 9
BARO
SUUNTO 9 SUUNTO 7 SUUNTO 5 SUUNTO 3
バッテリー駆動時間 GPS可動最大170時間 GPS可動最大170時間 GPS可動最大170時間 最長40日間 最大12日間 最大10日間

SUUNTO 7はバッテリーセーブモードで1ヶ月以上ものロングバッテリーを誇ります。さらに、SUUNTO 9以降のシリーズではGPSによる計測を続けていても5日以上使用可能。過酷な環境下での使用を想定されているSUUNTO製ならではの特徴です。

バッテリー持ちが長く、ソーラー充電もできるスマートウォッチが気になる方はこちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事:【2021年最新版】カシオスマートウォッチおすすめ12選|ソーラー充電もできる新作モデルも紹介
関連記事:【2021年最新版】HUAWEIスマートウォッチおすすめ15選|1万円以下で購入できるモデルも豊富に紹介

耐久性、防水機能もチェック

アウトドア、スポーツ、海中など屋外での使用が多い方は、耐久性と防水機能をチェックしましょう。

ミリタリークラスの耐久性テスト済みのモデルなら、ぶつかったり、転んだり、植物に擦れたりするような過酷な環境下のアウトドアにも安心。また、ダイビングをする人なら、ダイブ機能に特化した「SUUNTO D」シリーズがおすすめです。

防水規格の参考
  • 5気圧防水:日常生活の水洗いや水仕事に耐えられる(水深50m可能だが長時間は不可)
  • 10気圧防水:水仕事や船やヨットなどの水上スポーツで使用可能(水深100m可能だが長時間は不可)
  • 水深100m可:ダイビング、潜水ができる

その他便利な機能を確認

その他便利な機能を確認

その他、使いたい便利機能があるならそこから選ぶ方法もあります。

スマホと連携するならOSもチェック

スマホと連携して使うときは、対応OSをチェックしましょう。そもそもSUUNTO製スマートウォッチと連携するためには専用の「Suunto App」が必要ですが、このアプリは「iOS 12.0以上のiPhone」または「Android 5.0以上のAndroid端末」に対応しています。対応OS以外の端末では使えませんので、手持ちのスマホをよく確認しましょう。

仕事利用があるならメールやLINEなどの通知機能を確認

今回ご紹介するSUUNTOのスマートウォッチはいずれもスマホの着信やメール・SNS通知などを問題なく受けられます

ただし、ビジネス用アプリなどの中にはスマートウォッチでの通知に対応していないものもあります。仕事の通知をスマートウォッチで受けたい場合は、使いたいアプリがSUUNTO製スマートウォッチに対応しているかどうかしっかり確認しましょう

スマホなしで音楽を楽しむなら、音楽が保存できる機能を

「SUUNTO 7」には、スマホがなくてもお気に入りの音楽をスマートウォッチに保存して外出先で聴ける機能が搭載されています。オフラインでも使える音楽アプリをダウンロードし、Bluetoothヘッドフォンを接続して音楽を楽しみましょう。ただし、他のシリーズにこの機能は搭載されていないため、注意が必要です。

SUUNTO(スント)スマートウォッチおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格タイプ重量OS電源タイプバッテリー稼働時間防水搭載機能メール・着信機能
SUUNTO(スント) スマートウォッチ SUUNTO 9 BARO¥42,075 Amazon楽天市場Yahoo!アウトドア81giOS 12.0+/ Android 5.0+充電最大170時間(GPS)、最大14日間(時計のみ)10気圧防水心拍・消費カロリー・正確な高度計測・速度・距離・方角、ルートナビゲーションあり
SUUNTO(スント) スマートウォッチ SUUNTO 9¥48,500 Amazon楽天市場Yahoo!アスリート72giOS 12.0+/ Android 5.0+充電最大170時間(GPS)、最大14日間(時計のみ)10気圧防水心拍・消費カロリー・速度・距離・高度(GPS高度)計測、ルートナビゲーションあり
SUUNTO(スント) スマートウォッチ SUUNTO7確認中 Amazon楽天市場Yahoo!日常生活70giOS 12.0+/ Android 5.0+充電最大12時間(GPS)、最大2日間(スマートウォッチ機能のみ)5気圧防水消費カロリー計測・歩数計(アプリと連動)、心拍・速度・距離・方角・高度計測あり
SUUNTO(スント) スマートウォッチ SUUNTO 5¥24,502 Amazon楽天市場Yahoo!アスリート66giOS 12.0+/ Android 5.0+充電最大20〜40時間(GPS)、最大14日間(時計のみ)5気圧防水心拍・消費カロリー・速度・距離・方角・高度計測、ルートナビゲーションあり
SUUNTO(スント) スマートウォッチ SUUNTO 3¥28,160 Amazon楽天市場Yahoo!日常生活36giOS 12.0+/ Android 5.0+充電最大30時間(コネクテッドGPS)、最大10日間(時計のみ)3気圧防水心拍・消費カロリー・速度・距離・方角・高度計測、ルートナビゲーションあり
SUUNTO (スント) スマートウォッチ SUUNTO 7 TITANIUM¥45,430 Amazon楽天市場Yahoo!日常生活51.9giOS 12.0+/ Android 5.0+充電12時間(GPS)、2日間(スマートウォッチ機能のみ)5気圧防水睡眠計測、消費カロリー計測・歩数計(アプリと連動)、心拍・速度・距離・方角・高度計測あり
SUUNTO(スント) スマートウォッチ SUUNTO 9 BARO TITANIUM¥61,870 Amazon楽天市場Yahoo!アウトドア76giOS 12.0+/ Android 5.0+充電最大170時間(GPS)、最大14日間(時計のみ)10気圧防水GPS・心拍・消費カロリー・速度・距離・方角・高度計測・睡眠計測、ルートナビゲーションあり
SUUNTO(スント) スマートウォッチ SUUNTO TRAVERSE¥40,000 Amazon楽天市場Yahoo!アウトドア80giOS 12.0+/ Android 5.0+充電最大10時間(GPS)、最大14日間(時計のみ)10気圧防水GPS、GLONASS、気圧計、温度計、日の出・日の入り時刻表示、ルートナビゲーションあり
SUUNTO(スント) スマートウォッチ SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR¥36,000 Amazon楽天市場Yahoo!アスリート66giOS 12.0+/ Android 5.0+充電約10〜30時間(GPS)、約14日間(時計のみ)5気圧防水心拍・消費カロリー・速度・距離・方角・高度計測、ルートナビゲーションあり
SUUNTO (スント) スマートウォッチ SUUNTO D5¥105,600 Amazon楽天市場Yahoo!アウトドア(ダイビング)90giOS 12.0+/ Android 5.0+充電最大6〜12時間(ダイビングモード)、最大6日間(時刻のみ)水深100m減圧モデル(Suunto Fused™ RGBM 2)、温度計あり

SUUNTO(スント)スマートウォッチおすすめ人気ランキング10選

スマホと連携!SUUNTO(スント)スマートウォッチの使い方と初期設定

SUUNTOスマートウォッチを購入したら、スマホと連携してその機能を最大限に活かしましょう。Suunto Appとスマホを連携させると、運動の記録を同期して保存したり、トレーニングの詳細な分析を取得したり、運動のルートを作成・共有したりできます。スマートウォッチとスマホの連携は30分程度で行えます。

充電し、電源を入れる

充電し、電源を入れる

出典:suunto.com

まずはスマートウォッチを充電し、電源を入れましょう。

  • 充電と電源の入れ方
  • STEP.1
    充電する
    付属のUSBケーブルを使い、スマートウォッチを電源に接続します。
  • STEP.2
    起動
    スマートウォッチが起動されるまでには数分かかることがありますので、充電ができるのを待ちます。
  • STEP.3
    セットアップ
    スマートウォッチが起動したら、画面をタップしてウォッチのセットアップを始めます。
  • STEP.4
    完了
    画面上の指示に従い、スマートウォッチのセットアップを完了します。

専用アプリをインストール

専用アプリをインストール

出典:suunto.com

iPhoneはApp Store、AndroidはGoogle Playから専用の「Suunto App」をダウンロードしましょう。対応するOSはiOS 12.0以上、Android 5.0以上です。

SUUNTO 7の場合
SUUNTO 7はSUUNTO製スマートウォッチの中で唯一、Googleのスマートウォッチ用OS「Wear OS」を搭載しています。そのため、「Wear OS by Google」アプリをダウンロードしてペアリングすれば、Googleのさまざまな機能を利用できます。

※SUUNTO 7でWear OS by Googleアプリとペアリングする詳細な手順は、こちらをご覧ください。

ペアリングを実施

ペアリングを実施

出典:suunto.com

専用アプリをダウンロードしたら、実際にペアリングを行いましょう。

  • スマートウォッチ側のペアリング操作
  • STEP.1
    スリープ解除
    中央ボタンを押し、ウォッチをスリープ解除します。
  • STEP.2
    設定を確認
    スマートウォッチの「設定」から、「機内モードがオフになっている」「検出モードがオンになっている」「省電力モードがオフになっている」ことを確認します。
  • STEP.3
    おやすみモード解除
    中央ボタンを長押しし、画面からショートカットメニューを開いて「おやすみモード」をオフにします。
  • スマホ側のペアリング操作
  • STEP.1
    Suunto Appを起動
    Suunto Appを起動し、ウォッチのアイコンをタップします。
  • STEP.2
    Bluetoothを有効にする
    スマホのBluetooth接続が有効になっていることを確認しましょう。無効になっていたら有効にします。
  • STEP.3
    ペアリング
    Suunto Appのウォッチのリストに登録したいスマートウォッチが表示されたら、「PAIR(ペアリング)」をタップします。このとき、複数のウォッチが表示された場合は、スマートウォッチ本体の裏面に記載されているシリアルナンバーを確認し、正しいウォッチを選びましょう。
  • STEP.4
    パスキーを入力
    ウォッチのディスプレイに表示される「パスキー」をスマホに入力します。
  • STEP.5
    完了
    ペアリングが完了するのを待ちます。ペアリングには数分かかることもありますので、慌てて切断しないよう注意しましょう。

補足:ソフトウェアを定期的に更新する

補足:ソフトウェアを定期的に更新する

SUUNTO製スマートウォッチのソフトウェアを最新の状態に保つためには、定期的な更新が必要です。基本的にはパソコンに「SUUNTOLINK」というソフトをダウンロードし、パソコンとスマートウォッチを接続し、「SUUNTOLINK」の指示に従ってアップデートします

「SUUNTO 9 PEAK」「SUUNTO 7」のみ、パソコンを使わなくても専用アプリからワイヤレスソフトウェアアップデートができます。このため、スマートウォッチがいつでも最新のソフトウェアにすぐ更新できて便利です。

SUUNTO(スント)スマートウォッチのよくある質問

SUUNTO(スント)スマートウォッチのよくある質問

どのモデルでもSuicaや電子マネーは使えますか?

Suicaが使えるモデルはありません。また、電子マネー(Google Pay)が使えるのも「Wear OS」を搭載した「SUUNTO 7」シリーズのみで、しかも日本では使えません。オーストラリア・カナダ・フランス・ドイツ・スイス・イタリア・ポーランド・ロシア・スペイン・イギリス・アメリカのいずれかの国に住んでいる場合のみ、Google Payの電子決済が使えます。

血圧が測れるモデルはありますか?

SUUNTO製スマートウォッチで血圧は測れません。SUUNTO製スマートウォッチで測れるのは心拍数で、手首の血流量を読み取って心拍数を測る「光学式心拍計測技術」によるものです。そのため、心拍数測定はあくまでもスポーツや日常生活用のものであり、医療機器としては使えません。

中古でも大丈夫でしょうか?中古はどこで買えますか?

中古でも使えます。ただし、SUUNTO製スマートウォッチはその性質上、アウトドア環境で使われることが多いことに注意が必要です。中古ではどうしても経年劣化によって、多少耐久性が低下しているかもしれないことを念頭に置いて購入しましょう。

中古のSUUNTO製スマートウォッチはAmazonや楽天などの大手通販サイトで購入できます。ただし、スマートウォッチ全般に言えることですが、中古のスマートウォッチは初期化されているかどうか必ず確認しましょう。

故障した場合、どこで修理すればいいですか?

SUUNTO製スマートウォッチが故障したら、購入した販売店を通じてSUUNTOの修理センターに連絡しましょう。インターネット購入などで販売店への持ち込みができない場合は、修理センターに直接連絡してください。

バッテリー交換は可能ですか?

バッテリー交換できます。修理センターで交換してもらえますが、専用のバッテリー交換キットも公式から販売されていますので、自宅で交換することも可能です。

SUUNTOスマートウォッチまとめ

SUUNTO製スマートウォッチは、以下の理由で人気があります。

  • 登山やスキー、トライアスロンなど過酷なアウトドア環境下でも使える圧倒的な耐久性
  • 他社製アウトドア対応製品と比べ、北欧らしくスタイリッシュでデザイン性が高い
  • ダイビング対応スマートウォッチがある
  • 精度の高いGPSで、トレーニングやアウトドアの記録や位置測定がより正確に
  • GPSモードでもバッテリー消費を抑え、長時間のバッテリー持ちが可能

特に、アウトドアに対応していながらスタイリッシュでファッションにも合わせやすいデザイン性は、他社製スマートウォッチにはない大きな魅力です。丈夫でデザイン性の高いスマートウォッチが欲しいなら、ぜひSUUNTO製スマートウォッチを使ってみてはいかがでしょうか。

関連記事:【2021年完全版】マニアが厳選した スマートウォッチ おすすめランキング 30選 | 選び方や機能を完全解説
関連記事:【女性スタッフが選んだ】かわいいスマートウォッチおすすめ22選 (レディース編)

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー