タッカーおすすめ15選!ステープルの種類や選び方も紹介

タッカーは主に建築現場などで大工さんが使う工具。ですが、DIYでも壁に布を貼ったりソファや家具の布の張り替えをしたり、さまざまな場面で役立ちます。

「DIY用にタッカーを買いたけど、どれがいいかわからない」という人も多いのではないでしょうか?

タッカーがあれば、DIYがはかどること間違いなしです。この記事では、タッカーの選び方やおすすめのメーカーとあわせて、おすすめのタッカーも紹介します。

用途に合ったタッカーを見つけてくださいね。

タッカーとは

タッカー

出典:Amazon.co.jp

タッカーとは、簡単に言うと大きなホチキスのような工具です。ステープルと呼ばれる大きな針を使って、薄い木材や家具などの布製品を固定します。

家庭で使っているイスの裏側に、針が留まっているのを見たことはないでしょうか?あの針は、タッカーで留められています。家庭用のホチキスよりも強力な力を持っているのがタッカーです。

タッカー おすすめ選び方

タッカーのおすすめの選び方を紹介します。

打ち込み方式が異なる4種類

タッカー

出典:Amazon.co.jp

タッカーには打ち込み方式が異なる4種類があります。

手動タッカー・電動タッカー・エアタッカー・ハンマータッカーです。

手動タッカーは、ガンタッカーとも呼ばれ、名前のとおり手動で針を打ち込みます。バネの力を利用するため、ある程度の握力が必要になります。また、連続で使用する場合、手が疲れたりマメができることもあります。丁寧に仕上げたい細かな作業にはおすすめです。

電動タッカーは、ボタンを押すだけで針を打ち込めるため、力を必要としません。一度電動タッカーを使うと手動には戻れないという人もいるくらい、非常にラクに作業できます。

電動タッカーには、充電式とコード式があり、取り回しの良さや使用頻度によって決めるといいでしょう。

エアタッカーは、建築現場などで主に使われるプロ仕様です。空気の力で動かすため、エアーコンプレッサーが必要です。強い力で深々と打ち込む作業で使われるため、DIYで使うことはあまりないでしょう。

ハンマータッカーは、ハンマー機能を併せ持ったタッカーです。手で握って打ち付けた衝撃で針を打ち込みます。パワーが強く、厚みのある対象物にも使えます。しかし、慣れないと使いづらく、叩いて使う性質上、壊れやすいというデメリットもあります。

タッカー種類比較表

特徴 メリット デメリット
手動タッカー 手動で打ち込む 細かい作業に向いている 握力が必要
疲れやすい
電動タッカー ボタンで打ち込む 疲れない 手動に比べると価格が高い
エアタッカー 空気の力で打ち込む パワーがある エアーコンプレッサーが必要
ハンマータッカー 叩いて打ち込む パワーがある 壊れやすい
慣れが必要

扱いやすさならプラスチック製の素材

タッカー

出典:Amazon.co.jp

タッカー自体の素材も確認しましょう。タッカーは片手で使用するため、あまり重いものは不便です。プラスチック素材だと、軽くて取り回しが良いのでおすすめです。しかし、衝撃には弱いため、落とす可能性が高い建築現場などでの使用は注意が必要です。

DIY程度で、縦に横にと、自由に使いたいならプラスチック製がおすすめ。

何を留める?ステープルの長さや強度

タッカー

出典:Amazon.co.jp

タッカーは、ステープルと呼ばれる針を使って対象物を留めます。そのステープルにも種類があり、肩幅と足の長さを選択する必要があります。

何を打ち込みたいかによって、ステープルの種類を決めて、そのステープルが入るタッカーを購入しましょう。

また、タッカーと同じメーカーのステープルを使うことで、故障のリスクを下げることができます。メーカーはできるだけ統一するのがおすすめです。

タッカー おすすめメーカー

タッカーのおすすめメーカーを紹介します。

マックス

タッカー

出典:Amazon.co.jp

東京に本社を構える機器メーカーのマックス株式会社は、ステープラーと釘打機(ネイルガン)の国内最大手。ほかにも電動工具や浴室暖房などの住環境設備を製造しています。

ステープラ技術を応用したタッカーは、大工さんや職人などから高い評価を受けています。ステープラとタッカーのパイオニアと呼べるでしょう。

ラピッド

タッカー

出典:Amazon.co.jp

日本だけで見れば、マックスが最大手ですが、世界的なシェアを誇るのは、スウェーデンで創業されたラピッド社

日本でも発売されており、使いやすさに定評があり、耐久性も高くおすすめです。

ワカイ

タッカー

出典:Amazon.co.jp

大阪に本社を構える若井産業からもタッカーが発売されています。

リーズナブルですが、使い心地には定評アリです。そこまでの高級品は必要ないという人にはおすすめです。

マキタ

タッカー

出典:Amazon.co.jp

電動工具国内シェアNo.1のマキタからもタッカーが発売されています。

充電式のタッカーが多くラインナップされており、価格も高めのものが多いため、DIYよりは本格的に使いたい人向けでしょう。とはいえ、やはり一流メーカーなので、信頼感はバツグンです。品質にこだわる人にはおすすめです。

低価格モデルと高価格モデルのちがい

タッカー

出典:Amazon.co.jp

低価格のタッカーは、針が奥まで打ち込めず針が浮いてしまったり、針が曲がったりしてしまい、何度も打ち直しが必要になる可能性があります。

とは言っても、大きな力が必要ない打ち込みや柔らかくて厚みのない対象物であれば、安価なモデルでも対応できるでしょう。

あとは、やはりメーカーへの信頼感やアフターフォローも価格差の違いに表れます。安心して長く使いたいのであれば、信頼できるメーカー品をおすすめします。

エアータッカー おすすめ4選

電動タッカー おすすめ4選

ガンタッカー(手動) おすすめ4選

ハンマータッカー おすすめ3選

タッカーの比較一覧表

商品最安価格サイズ重さ対応ステープルサイズ対応ステープルタイプ
BOSCH(ボッシュ) 電動タッカー PTK3.6LI¥7,980 Amazon楽天市場Yahoo!146 x 50 x 156mm800g幅11.4mm 足8mmコの字
マキタ(makita) 電動タッカー ST421DZK¥40,140 Amazon楽天市場Yahoo!260×79×216mm2.4kg幅4mm 足13〜25mmコの字
高儀 EARTH MAN 電動タッカー DTK-36LiA確認中 Amazon楽天市場Yahoo!160×50×157mm700g幅11.4mm 足6・8・10mmコの字
SUN UP ガンタッカー STP-1214¥1,109 Amazon楽天市場Yahoo!158×32×140mm660g幅11~12mm 足4~11mmコの字
マックス(MAX) ガンタッカー TG-A(N)¥5,864 Amazon楽天市場Yahoo!160×34×176mm700g幅1.2mm 足6~13mmコの字
ARROW ガンタッカー 5650G-6J¥2,105 Amazon楽天市場Yahoo!-186g幅11.3mm 足6mm・8mm・10mmコの字型

タッカーの使い方

タッカー

出典:Amazon.co.jp

タッカーは、大まかには文房具のホチキスと同じような使い方です。タッカーの種類によっては、多少異なる部分もありますが、大きく変わることはありません。

ステープルを本体に充填し、ハンドルを握ると音とともにステープルが固定されます。かなり大きな音がするため、タッカーを初めて使う人は驚いてしまうかもしれません。

タッカーの先端がうまく対象物に当たっていない場合、ステイプルが浮いたり斜めに刺さったりしてしまいます。また、打ち込んだ衝撃で針が浮き上がりやすいため、抑え込むように意識しましょう。

ステープルの先端は尖っているため、セットする際は取り扱いに気をつけてください。

タッカーのメンテナンス

タッカー

出典:Amazon.co.jp

タッカーの作業中にステープルが詰まってしまうことはよくあります。これはホチキスでも起こる現象ですよね。

もしタッカーの内部でステープルが詰まってしまったら、叩いたり衝撃を与えたりすると取り出せることがあります。

タッカーは壊れやすい工具とも言われているため、こまめにメンテナンスをしましょう。

タッカー よくある質問

タッカーのよくある質問をまとめました。

タッカーで取り付けたステープル(針)の外し方は?

タッカー

出典:Amazon.co.jp

ステープルを打ち損じてしまった場合、手で取るのは大変ですよね。ニッパーやマイナスドライバーを使って取ることもありますが、ステープルリムーバーというものもあります。

ステープルをとるために作られたものなので、使い勝手はバツグンです。値段も安いので、1つ持っておくと作業がはかどりますよ。

ステープルはメーカーが違っても大丈夫?

タッカー

出典:Amazon.co.jp

基本的に、タッカーとステープルは同じメーカーのものを使います。サイズが同じでも、メーカーごとに微妙な違いがあり、詰まりやすくなるためです。

違うメーカーのものを使っても、作業はできますが、長く使うという意味では同じメーカーでそろえることをおすすめします。

タッカーの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているタッカーのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

タッカー まとめ

タッカーについて紹介しましたが、いかがでしたか?

タッカーには

  • ガンタッカー
  • 電動タッカー
  • エアータッカー
  • ハンマータッカー

の4種類があります。

それぞれに特徴があるため、予算や使い方によって決めるのがおすすめです。

DIYに1つは持っておきたいタッカー。ぜひお気に入りの1台を見つけてください。

DIYをこれから始めたい人へおすすめ記事

DIYをする際に必ず必要になってくるマストアイテムや,あったらとても便利になる器具を紹介します!

これから本格的にDIYを始めたい人は是非参考にしてみてください!

関連記事:インパクトドライバー おすすめ15選!メーカーや機能の違いを徹底比較

関連記事:【電動ドライバー】おすすめ15選| 性能や使い方を徹底比較!

関連記事:電動ノコギリおすすめ17選!機能と特徴を選び方とともに紹介

関連記事:【2021年版】おすすめ電動サンダー15選 | 種類や機能も徹底解説!

関連記事:【2020最新】DIY用ジグソー人気おすすめ15選!

関連記事:インパクトレンチおすすめ15選!メーカーごとの特徴や選び方を解説

関連記事:モンキーレンチおすすめ15選!おすすめメーカーや選び方を解説

関連記事:コードレスも!グルーガンの選び方&おすすめ20選|接着できないものの特徴や使い道も紹介

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー