どのSeriesがおすすめ?中古Apple Watchの注意点や選び方を徹底解説!

中古AppleWatch

Apple Watchの大きなデメリットと言える、価格の高さをカバーしてくれるのが中古Apple Watch。

出費を減らすため、中古のApple Watchを検討中の方も、やっぱり中古は不安だと感じているのではないでしょうか。

本記事では、中古Apple Watchのメリット・デメリットをまとめた後、整備品との違いやおすすめの購入時期などを網羅的に解説していきます。中古のApple Watchを購入するのが不安という方は、ぜひ参考にしてください。

中古Apple Watch最大のメリットは安さ

新品よりも安い価格で購入できる

中古品のApple Watchを購入する最大のメリットは、定価よりも安く入手できる点です。

2022年5月時点におけるApple Watch現行モデルの定価と、Apple Watchの中古品を扱う人気オンラインショップ「イオシス」における商品価格を比較した表は下記の通りです。

モデル 定価(税込) イオシス(税込)
Apple Watch Nike Series 7 GPSモデル MKNW3J/A 45mm:52,800円 45mm:45,800円
Apple Watch Series 7 GPSモデル MKNP3J/A(未使用品) 45mm:52,800円 45mm:47,800円
Apple Watch SE GPSモデル MYDM2J/A 40mm:32,800円 40mm:28,800円
Apple Watch Series 3 GPSモデル MTF32J/A 38mm:22,800円
42mm:26,800円
38mm:11,800円
42mm:13,800円

エントリーモデルであるApple Watch Series 3の場合、新品と中古で約10,000円の価格差があります。また、最新ハイエンドモデルのApple Watch Series 7であっても、中古品のほうが5,000円以上安いです。

Apple Watchの価格が高くて購入に踏み切れない方に、中古品はおすすめですよ。

編集部

公式では現在入手できない過去シリーズを入手できるメリットもありますが、過去シリーズよりも最新シリーズのほうが高性能です。なので、メリットらしいメリットはやはり安さのみになります。

中古Apple Watchを購入するときの注意点

Apple Watchの中古品を購入する際は、問題なく使用できるよう下記を必ずチェックしましょう。

  • アクティベーションロックの解除有無
  • GPS+Cellularモデルではないか

アクティベーションロックが解除されているか

アクティベーションロックが解除されているか

出典:apple.com

中古Apple Watchを購入する上で一番気を付けたいのが、アクティベーションロックの解除有無です。

アクティベーションロックとは、Apple Watchの紛失・盗難時などに第三者が勝手に端末を操作することを防ぐ機能。ペアリングしているiPhoneで「iPhoneを探す」をオンにすると、アクティベーションロックは自動で有効化されます。

ロックを解除するにはApple IDとパスワードが必須となるため、前所有者が解除を忘れていた場合、Apple Watchを使用することはできません。購入時は必ずアクティベーションロックが解除されているか確認しましょう。

GPS+Cellularモデルはオプション契約が必要

GPS+Cellularモデルはオプション契約が必要

Apple WatchにはiPhoneとペアリングして通信を行う「GPSモデル」と、iPhoneがなくても通信を行える「GPS+Cellularモデル」の2種類が存在します。後者のモデルを利用する場合は、大手キャリアでオプションサービスの契約が必要です。

各大手キャリアのオプション料金としては下記の通り。

キャリア オプション名 月額料金(税込)
ドコモ ワンナンバーサービス 550円
au ナンバーシェア 385円
ソフトバンク Apple Watch モバイル通信サービス 385円

本体価格の高いApple Watchに加え、オプションサービスの料金が発生する仕組みです。

ランニングコストを抑えたい方は、iPhoneで通信できるGPSモデルのApple Watchを検討しましょう。

中古との違いは?整備品Apple Watchのメリット・デメリット

整備品Apple Watchのメリット

Apple Watchの中古品・整備品どちらを購入しようか迷っている方向けに、ここでは整備品のメリット・デメリットを解説していきます。

なお、Appleが提供する整備品(Apple認定整備済製品)とは、店頭で展示していた製品や初期不良で返品された製品を、Appleが再整備したものを言います。

整備品Apple Watchのメリット

  • 徹底的なクリーニング・点検が行われた製品が届く
  • 最大15%OFFの価格で購入できる
  • 1年間のメーカー保証が付いている
  • AppleCare+を付けられる
  • Apple Storeオンラインでいつでも購入できる

Apple Watchの整備品は徹底的なクリーニングを施した上で、厳格な動作テストをクリアした製品のみ販売に出されます。

定価から最大15%OFFの価格で製品を購入できるのも嬉しいポイント。安い中古品は魅力的だけど、状態が綺麗で故障のリスクも少ない製品を使いたい方に整備品Apple Watchはおすすめです。

また、1年間のメーカー保証やAppleCare+のオプションも付けられます。新品と同様の保証を受けられるので、高価なApple Watchの故障が不安な方にも最適ですよ。

整備品Apple Watchのデメリット

  • 中古Apple Watchより価格は高い
  • 在庫数が少ない

整備品Apple Watchは定価から最大15%OFFの価格で購入できるため、新品より安く入手することは可能です。

しかし、中古Apple Watchはモデルよって新品の半額以下となるので、整備品を購入するほうが出費は増えてしまいます。クリーニングや点検などが実施されている整備品Apple Watchですが、安さを最優先したい方には中古品がおすすめです。

また、整備品Apple Watchは在庫数が少ないのも大きなデメリット。欲しいタイミングで在庫が切れている可能性も高いので、整備品Apple Watchを購入したい方は小まめに公式サイトをチェックしましょう。

中古Apple Watchを購入できる場所

中古Apple Watchを購入できる場所としては、大きく下記3つに分けられます。

  • ネット通販サイト
  • 実店舗
  • オークション・フリマサイト

どこで買うか迷っている方は、各購入場所のメリット・デメリットをチェックしておきましょう。

目的のモデルを見つけやすい「ネット通販サイト」

目的のモデルを見つけやすい「ネット通販サイト」

ネット通販サイトを利用するメリット

  • 業者が販売する製品を購入できて安心
  • 価格の安い製品が多い
  • 在庫数が豊富で目的のモデルを見つけやすい
  • 独自の保証が付いている業者が多い
  • 店舗に行く必要がなくいつでも商品を注文できる

ネット通販サイトを利用する大きなメリットは、24時間365日注文できる手軽さがありつつ、業者が販売するApple Watchを購入できる点です。

高価なApple Watchなので、ネット上であっても安心して取引したいですよね。個人間の取引であれば、トラブルに巻き込まれる可能性もありますが、相手が業者なら安心できます。

また、さまざまな通販サイトから商品を選定できるため、Apple Watchの在庫数が豊富かつ安価に入手可能なのも魅力的なポイントです。安い中古品であってもモデルやデザインに妥協したくない方は、商品在庫数の多いネット通販サイトを検討してみてください。

ネット通販サイトを利用するデメリット

  • 実物を見ることができない
  • 対面で質問できない
  • 製品の到着までに時間がかかる

ネット通販サイトの最大のデメリットが、Apple Watchの実物を見ることができない点です。前述の通り、中古Apple Watchには画面の傷やケースの腐食などチェックしておきたいポイントがありますが、実物を見ることが必須。

しかし、ネット通販サイトの場合、商品説明欄などからApple Watchの状態をチェックしなければなりません。中には、細かく製品の状態を記載しているネット通販サイトもあるので、必ず商品説明欄を確認しましょう。

ネット通販サイトで買うなら在庫数の多いイオシスがおすすめ

ネット通販サイトを利用するなら在庫数の多いイオシスがおすすめ

出典:iosys.co.jp

Apple Watchの中古品をオンラインで購入したい方は、販売から買取まで行い実績も豊富なイオシスをチェックしてみましょう。現行モデルはもちろんApple Watch Series 6やSeries 4、初代まで幅広く製品を取り扱っています。

製品の状態をA~Cのランクでわかりやすく表記しているのも嬉しいポイント。状態の良い綺麗な中古Apple Watchを探している方におすすめできるネット通販サイトです。

イオシスはAppleのメーカー保証以外に、ショップ独自の3ヶ月保証を設けているのも大きなメリットです。3ヶ月使い続ければ初期不良も発見可能なので、中古品でも安心して購入できる販売店ですよ。

即日で手に入れられる「実店舗」

即日で手に入れられる「実店舗」

実店舗を利用するメリット

  • 即日で入手できる
  • 実物に触れることができる
  • 詳しい店員に不明点を質問できる

すぐに中古Apple Watchを入手して使いたいという方には、実店舗での購入がおすすめです。購入品をその場で持ち帰りできるので、ネット通販サイトやフリマサイトより早く入手できます。

また、中古Apple Watchの実物に触れられるのも、実店舗が選ばれる理由の1つです。中古品に限らずネットで商品を購入したものの、イメージと違ったという経験をお持ちの方も多いはず。そのようなギャップを実店舗であれば排除することができます。

実店舗を利用するデメリット

  • 在庫数が少ない
  • 中古Apple Watchの取り扱い店舗を探す必要がある

実店舗で中古Apple Watchを購入する場合、まずは製品を取り扱う店舗から探さなければなりません。中古品の在庫数は非常に少なく、新品より見つけにくい可能性も大いにあります。

また、中古Apple Watchの取り扱い店舗を見つけても、目的のモデルの在庫がない可能性も。実店舗を利用する際はApple Watchのモデルや商品状態など、妥協が必要となるケースもあるので、ご注意ください。

業者より安く購入できるケースも多い「オークション・フリマサイト」

業者より安く購入できるケースも多い「オークション・フリマサイト」

オークション・フリマサイトを利用するメリット

  • ネット通販サイト・実店舗より安く購入できる
  • 目的のモデルを発見しやすい

ヤフオクやメルカリを代表とする個人間取引では、業者から製品を購入するより安く中古Apple Watchを入手できるケースが多いです。また、出品されている商品数が多く、ネット通販サイトと同様に目的のモデルを見つけやすいのも魅力。

欲しいモデルを可能な限り安く購入したい方は、オークション・フリマサイトを検討してみましょう。

オークション・フリマサイトを利用するデメリット

  • トラブルが発生しやすくリスクも多い
  • 出品者によって発送までに時間がかかる
  • 相場の見極めが必要
  • 画像でしか商品を確認できない

オークション・フリマサイトで気を付けたいのが、トラブルに巻き込まれやすい点です。なかなか商品が発送されない、写真と全く異なる商品が届くなど、安い反面リスクも多いのが大きなデメリットと言えます。

また、アクティベーションロックの解除のし忘れが発生しやすいのも、オークションやフリマサイトの気を付けたいポイント。不安な方は購入時に、アクティベーションロックの解除を念押しするのも1つですよ。

その他、中古Apple Watchの相場を見極めるのも重要です。オークション・フリマサイトでは自由に出品価格を決定できますが、高額で取引するため相場より高く設定されることも少なくありません。欲しいモデルが見つかっても、紹介しましたイオシスの中古Apple Watchと価格を比較してみるなど、相場以上の高額な製品を購入しないように気を付けましょう。

中古Apple Watchを購入するおすすめの時期

Apple製品は値引きされるケースが少ないですが、時期によっては安くなることもあります。ここでは、中古Apple Watchの購入におすすめの時期を見ていきましょう。

新モデルが発売される9月の前後は型落ちモデルが安くなるケースも

新モデルが発売される9月の前後は型落ちモデルが安くなるケースも

中古Apple Watchのおすすめ購入時期は9月前後です。Apple Watchの新モデルは9月もしくは10月に発売することが多く、旧モデルは型落ちとして安くなる可能性も。

人気製品のため値引きされないこともありますが、新モデルの発売前後と購入時期が被りそうな方は、一度中古Apple Watchの価格をチェックしてみてください。

家電量販店では定期的にセールを実施

家電量販店では定期的にセールを実施

定期的にApple Watchの値下げセールを実施する家電量販店も、おすすめショップの1つです。例えば、ヤマダウェブコムは2021年6月にサマーセールとして、Apple Watch SEとSeries 3の値引きを実施していました。

家電量販店ではポイントも貯まるので、普段から利用するショップがあれば、お得なセールを実施していないかチェックしてみましょう。

おすすめの中古Apple Watchを世代別に紹介

Appleの公式サイトではApple Watch Series 7 / SE / 3 を購入できますが、中古品であれば現行モデル以外も入手可能です。しかし、選択肢が広がるとどれを購入すべきか迷いますよね?ここでは、おすすめの中古Apple Watchを世代別にご紹介します。

ハイエンドモデルを求めるなら「Apple Watch Series 7」

ハイエンドモデルを求めるなら「Apple Watch Series 7」

出典:apple.com

機能性の高さを最優先したい方におすすめなのが、最新のハイエンドモデルであるApple Watch Series 7です。充電速度が前モデルのSeries 6より33%早くなっており、8分間の充電で8時間の睡眠を記録できます。忙しい中でも睡眠習慣を管理し、上質な眠りへ繋げたい方におすすめです。

また、ディスプレイのサイズは「396 x 484ピクセル」と大きく、表示領域も拡大。Apple Watchに限らず、身に付けるウェアラブル端末は全般的にディスプレイサイズが小さいですが、少しでも大きい画面で操作したい方に適しています。

さらに、画面のクリスタル部分はSeries 6より50%分厚くなっており、強度と耐久性を向上。中古Apple Watchでも長く愛用したい方にぴったりですよ。

関連記事:【2021年最新】新型Apple Watch Series 7をレビュー!新機能や6との違い、発売日を徹底解説!

健康面に配慮したいなら「Apple Watch Series 6」以降のモデル

健康面に配慮したいなら「Apple Watch Series 6」以降のモデル

出典:apple.com

Apple Watch Series 6で新たに搭載されたのが、血中酸素ウェルネス機能です。医療用ではありませんが、センサーが血中の酸素濃度を測定。日本呼吸器学会によると、血中酸素濃度は96~99%が標準値とされており、血中酸素ウェルネス機能で健康状態の目安を把握できます。

その他、旧モデルから搭載されていた心電図アプリケーションや転倒検出機能、低心肺機能の通知なども利用可能。Apple Watchを健康の管理に使いたい方は、Series 6以降のモデルを検討しましょう。

関連記事:【憎らしいほど”買い”】Apple Watch 6 スゴく良かったところ、ダメなところをレビュー

ディスプレイの常時点灯機能が欲しいなら「Apple Watch Series 5」以降のモデル

ディスプレイの常時点灯機能が欲しいなら「Apple Watch Series 5」以降のモデル

出典:apple.com

ディスプレイを常時表示していつでも時間を確認したい方には、Apple Watch Series 5以降のモデルがおすすめです。従来のモデルではディスプレイに触れたり、Apple Watchを装着した腕を傾けることで、画面を表示できました。

しかし、目線を向けるだけでは点灯せず、この省電力機能に賛否が挙がっていました。その点、Series 5以降では常にディスプレイが表示されるため、作業時でも目線を向ければ時計を確認できるので便利ですよ。

コスパ重視なら「Apple Watch SE」

コスパ重視なら「Apple Watch SE」

出典:apple.com

出費は抑えたいけど、ある程度高い機能性を求める方におすすめなのがApple Watch SEです。Apple Watch Series 6と同時発売された製品で、ミドルレンジモデルという位置付けになっています。

価格が安く廉価版のため、ディスプレイの常時表示など搭載されていない機能もありますが、電子決済・睡眠記録・コンパスといったApple Watchの基本機能は利用可能。コスパ重視の方にベストなモデルですよ。

関連記事:【Apple Watch SE レビュー】”6”と比較した結果”SE”で十分だと判明!その理由を徹底解説

価格の安さを最優先したいなら「Apple Watch Series 3」

価格の安さを最優先したいなら「Apple Watch Series 3」

出典:apple.com

とにかく安く購入したい方には、Apple Watch Series 3をおすすめします。Series 3の定価は38mmで22,800円、42mmで26,800円と非常に安価。前述の通り、中古品であれば10,000円台で購入できるモデルです。

転倒検出・コンパスなど他のモデルに搭載されている機能を利用できず、文字盤が少ないといったデメリットもありますが、初めてのApple Watchで使わなくなる可能性があるという方にもおすすめですよ。

関連記事:【マニアが比較】おすすめNo1のApple Watchはどれ?価格や種類の違いを調査【最新】

中古Apple Watchのよくある質問

中古Apple Watchにバンドは付いていますか?

中古品でもバンドとセットで販売されているのが基本です。

しかし、メルカリやヤフオクなど個人間の取引を中心に、バンドを取り外した本体のみ販売されているケースもあります。必ず商品説明欄をチェックし、バンドの付属有無をチェックしましょう。

関連記事:おしゃれ&かわいいを厳選!Apple Watchバンドおすすめ40選を女性・男性別に紹介

中古Apple WatchでもOSのアップデートは可能ですか?

中古品でもアップデートは問題なく行えます。

中古Apple Watchのまとめ

Apple Watchの中古品はネット通販サイトを中心にさまざまなショップで取り扱われており、安く購入することが可能です。しかし、本体の状態が悪い・バッテリーが劣化している・メーカー保証を受けられない可能性があるなど、注意すべき点が多いのも事実。

事前に注意点を把握した上で、トラブルなく使える中古Apple Watchを買うことが大切と言えます。

本記事の要点まとめ
  • 中古Apple Watchの最大のメリットは安さ
  • 製品状態の悪さやメーカーの保証切れには注意が必要
  • 個人間取引ならアクティベーションロックの解除確認は必須
  • GPS+Cellularモデルは別途契約が必要なため要注意
  • 購入するなら在庫数が多く安心して取引できるネット通販サイトがおすすめ

Apple WatchにはiPhoneをより一層便利に活用できる機能や、健康面に配慮できるヘルスケア機能などに加え、おしゃれなデザインでファッション性が高まるといった魅力的な点が豊富にあります。新品にこだわりがない方は、安価な中古Apple Watchを検討してみてくださいね。

関連記事:【2022年】あったら便利なApple Watchおすすめアクセサリー20選|おしゃれに使えるものも

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー