副業で稼ぐ!おすすめ動画編集スクール13選|オンライン&社会人向けも徹底比較

動画編集スクール 選び方

動画編集についての基礎知識から実用的なスキルまでを身に付けられる「動画編集スクール」。自分でYouTubeに動画を投稿したり、副業として動画編集の仕事をする人が増えた近年、動画編集スクールへの注目も高まっています。

しかし、「動画編集スクールに通うメリットはある?独学は難しい?」「安いスクールを選んでも大丈夫?など気になることも多いですよね。

そこで本記事では、動画編集スクールの必要性・自分に合ったスクールの選び方・人気スクールランキング13選を紹介します。それぞれのスクールの特徴や学べるソフトについても詳しく解説するので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

ニーズ急増!今動画編集を学ぶべき理由

動画編集スクール 理由

近年、YouTubeをはじめとする動画配信サービスの普及によって、動画編集者の需要は年々高まっています。人気YouTuberの中には、動画編集を他のクリエイターに外注している人も多いです。

その他にも、WebCMやミュージックビデオの制作など、動画編集のスキルが活きる仕事は増えています。「自分で動画投稿を始めたい」「副業で動画編集に携わりたい」と考えている人には、動画編集スクールはスキルを効率よく身に付けるために最適な場所です。

今後さらに動画編集者のニーズは高まることが予想されるため、今のうちにスクールでノウハウを学んでおくことをおすすめします。

動画編集スクールに通うメリットとは

動画編集スクール メリット

動画編集スクールに通うメリット
  • 実用的なスキルが身に付く
  • 計画的なカリキュラムがあるから挫折しにくい
  • プロのクリエイターの指導が受けられる
  • 案件紹介といった転職サポートがある

動画編集を独学ではなくスクールで学ぶ最大のメリットは、仕事に繋がる実用的な力を身に付けられること。極論、動画編集ソフトの使い方や機能などは、徹底的に調べれば独学でも十分に知ることができます。しかし、企画の提案や案件の取り方は独学だけでは学べません。

動画編集スクールは、基本的なスキルはもちろん、卒業後に副業やフリーランスで稼いでいくためのノウハウも学べるのが魅力です。さらに、分からないことをプロの講師に質問できたり、就職支援を受けられたりと、スクールによってさまざまなサービスを利用できます。

動画編集スクールを選ぶ前に重要なこと

動画編集スクール 大事なこと

実践的なスキルを習得できる動画編集スクールですが、中には「スクールに通ったけど無駄だった」「最後まで勉強を続けられなかった」という人がいるのも事実。スクールに通って後悔しないために、まずはよくある失敗談やスクールを選ぶときに注意して欲しいことを解説します。

動画編集スクールのよくある失敗談

  • オンライン学習が続かず、サボりがちになった
  • 知識は学べたけど、やりたいことが見つからなかった
  • 授業が難しくてついていけなかった

動画編集スクールの失敗談として多いのが、「途中で挫折してしまった」というもの。特に、オンラインスクールは自分のペースで進められる反面、強い意志を持っていないとサボってしまいがちです。講師や受講生との直接的な交流が難しく、モチベーションが維持しづらいという難点もあります。

その他には、「授業が難しくて理解できなかった」というケースも。スクールでは動画編集に関する知識を基礎から学べますが、最低限のパソコンスキルは身に付けている必要があります。そもそもパソコンの操作に慣れていない人の場合、授業のスピードについていくことが難しいかもしれません。

動画編集を学ぶ目的・学習期間を明確にすると挫折しにくい

途中で挫折しないためには、動画編集を学んでやりたいことや学習に使う期間を明確にしておくことが重要です。「YouTubeで自分の動画を投稿したい」「動画編集の副業でお小遣いを稼ぎたい」といった目的がハッキリしていれば、モチベーションを維持しやすくなります。

副業が目的の場合でも「動画編集のみを仕事にするのか」「企画や撮影までできる映像クリエイターを目指すのか」のどちらのビジョンを持っているかで、適したスクールや学習プランも変わります。

また「〇月までに学び終えて活動をスタートする」という期間の目標を定めることで、計画的に学習を進められますよ

編集部

挫折しにくいスクールのポイントは、次の「動画編集スクールの選び方」の章にて詳しく解説します!

失敗しない!動画編集スクールの選び方

動画編集スクール 選び方

近年、動画編集スクールはオンライン型を中心に増えています。自分にぴったりの動画編集スクールを見つけるために、受講料・受講期間・学習スタイルといった条件を事前に確認しましょう。ここからは、スクールを選ぶときの重要なポイントを詳しく紹介します。

自分に合った学習スタイルを選ぶ

動画編集スクール スタイル

動画編集スクールは、校舎に通って直接授業を受ける「通学型」、インターネットを通じて授業を受けたり動画を視聴する「オンライン型」の2つのスタイルが一般的です。その他には、通学・オンラインのどちらかで1対1のレッスンを受ける「マンツーマン型」があります。

それぞれのメリット・デメリットを表にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

  メリット デメリット
通学型
  • 生徒や講師と交流しやすい
  • その場ですぐに質問できる
  • パソコンや教材を貸し出しているスクールがある
  • 決まった時間にスクールへ通う必要がある
  • 校舎がある場所が限られている
オンライン型
  • 時間・場所を問わずに勉強できる
  • 通学型より価格が安い
  • 動画形式なら何度でも見返せる
  • モチベーションが維持しづらい
  • 機材やインターネット環境が必要
  • 質問がすぐにできない
マンツーマン型(通学・オンライン)
  • 分かるまで徹底的に勉強できる
  • 疑問をすぐに解決できる
  • 自分のスキルに合った学習ができる
  • 講師との相性次第になる

「計画的に自分で勉強するのが苦手」「自宅だと集中できない」という人には、通学型のスクールがおすすめ。一方で、「仕事をしながら学びたい」「近くに校舎が無い」という人はオンライン型スクールをチェックしましょう。オンライン型でもマンツーマンで指導を受けられる場合は、モチベーションを維持しやすいですよ。

学べる編集ソフトやスキルを確認しよう

動画編集スクール Premiere Pro

動画編集に使われるソフトにはいくつかの種類があり、スクールによって学べるソフトが異なります。中には、動画編集の知識だけではなく、仕事を始めるときに役立つノウハウを教えてくれるスクールも。事前にカリキュラムの内容を確認して、どんなスキルを身に付けられるスクールなのかをチェックしましょう。

動画編集で使われる主なソフト

ソフト 対応OS 特徴
Adobe Premiere Pro Windows/Mac
  • カット編集・テロップ入力・トリミングといった基本的な動画編集の作業ができる
  • Adobeの主体となるソフトで「After Effects」や「Photoshop」などと一緒に使用するのが一般的
Adobe After Effects Windows/Mac
  • 合成・ぼかし・アニメーションといった動画の特殊加工ができる
  • Adobe Premiere Proで作った動画に「動き」を持たせる役割
Adobe Photoshop Windows/Mac
  • 静止画の合成・色調補正・トリミングができる
  • 文字入れやトリミングなどの簡単な動画編集も可能
Adobe Illustrator Windows/Mac
  • ロゴやアイコン・イラスト制作ができる
  • 動画にオリジナルテロップやロゴを入れたいときに役立つ
Final Cut Pro Mac
  • Apple社が開発したMac専用の動画編集ソフト
  • トリミング・テロップ入力・効果音挿入など、基本的な編集作業ができる
  • 買い切りのみなので、1度購入すれば一生利用できる

動画編集ソフトとして最も主流なのが、Windows・Macのどちらにも対応している「Adobe Premiere Pro」です。さらに、Premiere Proの派生ソフトである「Adobe After Effects」や「Adobe Illustrator」と組み合わせれば、3Dやアニメーション効果を加えた高クオリティの動画が作れます。

動画編集の仕事はPremiere Proで依頼されることがほとんどですが、まれにMacOS向けの「Final Cut Proで作って欲しい」というクライアントもいます。Final Cut Proは購入方法が買い切り(一括)のみなので、一度購入すればランニングコストが発生しません。自分のSNSへの投稿が目的であれば、Final Cut Proでも十分です。

動画編集スクールでは、主にPremiere Proを中心に使って学習を進めます。より高度な技術を学びたい場合は、After EffectsやIllustratorを深く取り扱うスクールをチェックしましょう。

編集部

動画編集を仕事にするなら、Premiere Proの習得はマストです!

動画撮影やマーケティングまで学べるスクールなら仕事の幅が広がる

動画編集のスキルだけを学んでも、優秀な動画編集者にはなれません。せっかく動画編集スクールに通うなら、マーケティングや企画、動画撮影についても学べるスクールがおすすめです。ネットリテラシーやYouTubeチャンネルの開き方などを指導してくれるスクールもあります。

企画・撮影・編集までのすべての流れを学んでおけば、どんなクライアントとも仕事がしやすくなります。また、動画撮影のコツを教えたり企画の相談を受けたりすることで、クオリティが高い作品が出来上がるのはもちろん、相手からの評価や仕事の単価も上がるはずですよ。

副業の動画編集者を目指すなら10万円以下のスクールでOK

動画編集スクール 価格

動画編集スクールの受講料は、10万円以下のものから30万円を超えるものまでさまざまです。「受講料が高い方がより凄いレッスンが受けられる?」と思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。

アニメーションやテレビCMのようなレベルの高い作品を作る場合は別として、YouTubeの動画編集をする程度のスキルなら、安いスクールでも身に付けられます

「副業で稼ぎたい」「YouTubeで動画投稿を始めたい」という人は、3ヵ月で大体7〜10万円くらいのスクールでも十分です。もちろん価格だけを見て決めるのではなく、カリキュラム内容やサポート体制をよく確認して検討することが重要です。

買い切りのスクールは挫折しやすいので注意

動画編集スクール 買い切り

動画編集スクールには、月額制と買い切り(一括)のスクールがあります。買い切りのスクールの中には、はじめに教材や課題をまとめて受け取り、自主的に学習を進めていく形式が一般的。自分のペースで勉強できるというメリットはあるものの、モチベーションの維持が難しく挫折しやすいので注意してください。

はじめて動画編集について学ぶ人は、講師のサポートを受けながら、段階を踏んで学習を進められるスクールがおすすめ。また、月額制スクールでも、「最低〇ヵ月は退会できない」といった条件を設けている場合があるので、入会前によく確認しておきましょう。

質問のしやすさ・案件紹介などのサポート体制をチェック

動画編集スクール サポート

オンライン型スクールでは、分からないことをチャットやメールで講師に質問をする形式が主流です。仕事をしながら動画編集を学びたい人は、夜遅くまで質問を受け付けているスクールがおすすめ。中には、LINEで好きなだけ質問ができたり、質疑応答ライブで他の生徒の質問を聞けたりするところもあります。

また、スクール期間中だけでなく、卒業後のサポート体制も忘れずにチェックしましょう。就職相談・営業文章の添削など、将来に向けたサポートを行っているスクールは多いです。卒業後に仕事を紹介してくれたり、案件検索サイトの利用ができるスクールなら、動画編集者としての実績が積みやすくなります。

スクールの口コミを参考にするのもおすすめ

動画編集スクール 口コミ

スクール選びで迷ったら、実際にスクールに通った人の口コミをチェックしましょう。「講師が学生アルバイトだった」「教材がイラスト付きで分かりやすかった」といった、通った人でないと分からない情報が手に入る可能性があります。特に、通学型スクールの場合は、クラスの雰囲気なども確認しておきたいところです。

【副業・YouTuber・転職】目的別おすすめの動画編集スクール一覧

動画編集スクール おすすめ

副業・YouTuber・転職といった目的別におすすめの動画編集スクールをまとめました。自分に合うスクール選びの参考にしてみてくださいね。

副業で稼ぎたい人におすすめの動画編集スクール

YouTuberになりたい人におすすめの動画編集スクール

フリーランスとして独立したい人におすすめの動画編集スクール

映像制作の仕事に就きたい人におすすめの動画編集スクール

編集部おすすめの動画編集スクール

動画編集スクールおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品公式サイト学習スタイル主なコース支払い方法受講料金(税込)受講期間学べるスキル質問形式その他サポート
TechAcademy(テックアカデミー)公式サイトオンライン型動画編集コース/動画クリエイターコース買い切り(分割可)動画編集コース(4週間プラン):174,900円/動画クリエイターコース(12週間プラン):247,900円1ヶ月~6ヶ月Premiere Pro/After Effects/Illustrator/Photoshop/動画編集テクニックなどチャット(24時間以内に返信)メンター制度/マンツーマンカウンセリング/案件サポートなど
デジタルハリウッド STUDIO by LIG公式サイト通学型/オンライン型ネット動画クリエイター専攻コース/ネット動画ディレクター専攻コース買い切り(分割可)ネット動画クリエイター専攻コース:385,000円/ネット動画ディレクター専攻コース:330,000円4ヶ月~6ヶ月Premiere Pro/After Effects/Illustrator/Photoshop/動画撮影/マーケティングなどチャット(講師の受付時間による)案件紹介/卒業生コミュニティ/コワーキングスペース無料利用
SHElikes(シーライクス)公式サイト通学型/オンライン型動画編集コース/モーショングラフィックスコース買い切り(分割可)受け放題プラン(12ヵ月):162,800円/月5回プラン(12ヵ月):107,800円1ヶ月~2ヶ月Premiere Pro/After Effectsなどチャット案件紹介/課題添削/月に1回のコーチング/コミュニティチャット
CREATORS JAPAN(クリエイターズジャパン)公式サイトオンライン型Premiere Pro講座買い切り79,800円1ヶ月~Premiere Pro/After Effects/Photoshop/案件獲得などLINE案件紹介/オンラインサロン/動画添削など
STUDIO US(スタジオアス)公式サイトオンライン型動画編集コース/動画クリエイターコース買い切り(分割可)動画編集コース:55,000円/動画クリエイターコース:99,000円2ヶ月Premiere Pro/After Effects/Illustrator/Photoshop/cinema 4D/ディレクション/営業/リテラシーなどチャット案件紹介/定期的なライブ授業など
セカジョブ!公式サイトオンライン型短期コース/中期コース買い切り(分割可)短期コース:250,800円/中期コース:283,800円3ヶ月~6ヶ月Premiere Pro/After Effects/Photoshop/デザイン/案件獲得/マネーリテラシーなどチャットカウンセリング/生徒専用コミュニティチャット/企業紹介/延長サービスなど
ヒューマンアカデミー公式サイト通学型/オンライン型動画クリエイターコース/動画クリエイター総合コースなど買い切り(分割可)動画クリエイターコース:193,270円/動画クリエイター総合コース:310,640円6ヶ月~12ヶ月Premiere Pro/After Effects/Illustrator/デザイン基礎/ネットリテラシー/ITビジネスなどチャット(24時間以内に返信)卒業制作指導/就職支援/
MOOCRES(ムークリ)公式サイト通学型/オンライン型-買い切り(分割可)660,000円5ヶ月Premiere Pro/After Effects/Photoshop/案件獲得講座などチャット/ビデオ通話/教室案件紹介/講座動画見放題
MOOV SCHOOL(ムーヴスクール)公式サイトオンライン型(マンツーマン型)自分でカリキュラムを作成月額制1講座6,000円1ヶ月~(講座による)Premiere Pro/After Effects/Illustrator/PhotoshopスEDIUSなどメール/電話受講日時の自由選択
MOVA(ムーバ)公式サイト通学型/オンライン型-買い切り(分割可)660,000円12ヶ月Premiere Pro/After Effects/Illustrator/Photoshop/動画撮影/企画/マーケティング/チーム制作など授業内で可案件紹介(条件あり)
DIGITAL HACKS(デジタルハックス)公式サイトオンライン型デジハクコースREG/デジハクコースPRO買い切り(分割可)デジハクコースREG:148,000円/デジハクコースPRO:248,000円3ヶ月~6ヶ月Premiere Pro/After Effects/Illustrator/マーケティング/サムネイル制作/ネットリテラシーなどチャット(24時間)キャリア相談/課題添削/個別カウンセリング/案件紹介など
Udemy(ユーデミー)公式サイトオンライン型映像制作コース(自分で好きな講座を選べる)買い切り3,000円~10,000円前後(講座による)1時間~17時間(講座による)Premiere Pro/After Effects/Illustrator/Final Cut Pro/仕事の取り方など掲示板返金サポート(30日以内)/無料動画あり
Winスクール公式サイト通学/オンラインYouTube動画デザイナーコース/YouTube動画クリエイターコースなど買い切り(分割可)YouTube動画デザイナーコース:270,600円/YouTube動画クリエイターコース:171,600円3ヶ月~6ヶ月Premiere Pro/Illustrator/After Effects/動画制作実習など掲示板(9:20~21:00)キャリアカウンセリング/就職セミナー/ソフトの割引購入など

動画編集スクールおすすめ人気ランキング13選

動画編集スクールのよくある質問

動画編集スクール よくある質問

動画編集スクールの価格相場はどれくらい?

動画編集スクールの受講料の相場は、1ヶ月で2万~20万円程度が主流です。スクール卒業までの全体的な費用としては、10万~40万円前後とかなり幅があります。

無料の動画編集スクールはある?

無料の動画編集スクールは基本的にはありません。ただし、基礎知識を学べるチュートリアル動画を無料で公開したり、「初めの〇ヵ月は受講料無料」といったキャンペーンを行っているスクールはあります。

動画編集は1つの案件でどれくらい稼げる?

動画編集の報酬は、10分前後の動画で3,000円〜1万円程度。本業として働いた場合の月収は、大体15万円~30万円が目安です。実績や依頼内容によって単価は変動します。

動画編集初心者におすすめの商品

動画編集スクール 関連アイテム

動画編集者としてフリーランスや副業で稼いだり、オンライン型スクールでスキルを学ぶなら、快適に作業ができる環境を整える必要があります。ここからは、これから動画編集を始める人におすすめの関連アイテムを紹介。スクール選びと併せて、ぜひ検討してみてくださいね。

動画編集に欠かせない「ノートパソコン」

動画編集スクール ノートパソコン

動画編集には、ある程度のスぺックを持ったパソコンが必要です。デスクトップを使う人も多いですが、出先で打ち合わせや仕事をするならコンパクトなノートパソコンがおすすめ。メモリ・CPU・ストレージ容量など、各性能の数値をしっかりと確認して選ぶことが重要です。

動画編集に必要なスぺックについては、こちらの記事で詳しく解説しています。動画編集用のパソコンの購入を考えている人は、ぜひチェックしてください。

関連記事:【10万円以下も】動画編集用ノートパソコンおすすめ15選|必要なスペックを徹底解説

手ぶれのない動画が撮影できる「ジンバル」

動画編集スクール ジンバル

ジンバルは、手ブレを抑えるカメラ用のアクセサリー。自撮り棒のようにカメラに取り付けるだけで、動きながらでも手ブレのないなめらかな映像が撮影できます。最近では、手持ち部分を開いて三脚にできるものや、自動で被写体を追いかける追尾機能を備えた商品が登場していますよ。

関連記事:映像がブレない!ジンバルおすすめ19選|カメラ・スマホ別に安い&小型モデルを比較

初心者にもおすすめな動画編集ソフト

おすすめ動画編集スクールまとめ

動画編集スクール まとめ

  • 動画編集スクールに通えば、未経験からでもクリエイターになれる!
  • やりたいことや学習期間を明確にしておくことが重要
  • 使用ソフトやカリキュラム・サポート内容も忘れずにチェック

今回は、年々ニーズが高まっている動画編集について学べる「動画編集スクール」を紹介しました。スクールで実践的なスキルを身に付ければ、フリーランスとして独立したり、人気YouTuberの編集者になれるかもしれません。ぜひこの記事を参考にして、自分に合った質のいいスクールを選びましょう。

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー