取材・会議・学習に!ボイスレコーダーおすすめ15選|長時間・高音質で録音できる高機能モデルも

取材・会議・学習に!ボイスレコーダーおすすめ15選|長時間・高音質で録音できる高機能モデルも

会議や取材の録音、語学学習などに便利なボイスレコーダー。イスレコーダーはスマホの録音機能よりも音質が良く、長時間の連続録音にも最適です。

ボイスレコーダーは機能やサイズなどに違いがあり、どの製品を選んだらいいのか迷ってしまいますよね。この記事ではボイスレコーダーの選び方やおすすめ人気ランキングを解説します。ボイスレコーダーの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

ボイスレコーダーの選び方

ボイスレコーダーを選ぶうえで、以下のポイントをチェックして製品を選びましょう。

  • 使用シーンや場所
  • ストレージ容量やSDカードの有無
  • サイズや形状
  • 電源方式便利な機能

ボイスレコーダーの選び方をさらに詳しく解説します。

使用シーンや場所で選ぶ

使用シーンや場所で選ぶ

ボイスレコーダーは会議や取材、音楽の録音などさまざまな用途に使えるため、使用するシーンや場所に合った最適な製品を選んでください。

会議なら複数人の録音に最適なステレオマイクモデル

会議や講習会など複数人の会話を録音するなら、ステレオマイクを搭載したボイスレコーダーがおすすめです。ボイスレコーダーのマイクはステレオとモノラルがあります。ステレオマイクは左右の音を集音できるため、どの人物が話しているか判別しやすいことが特徴です。

ステレオマイク
音源に対して2つのマイクで録音します。音声の情報量が多いためデータ容量は大きくなりますが、モノラルマイクに比べてより立体的な音声を録音できます。
モノラルマイク
音源に対して1つのマイクで録音します。ステレオマイクに比べて音質は劣化しますが、録音した音源のデータ容量が少ないのがメリットです。

音楽録音なら高音質なリニアPCM対応モデル

歌声や楽器演奏などの音楽を録音するなら、リニアPCM形式のファイルで保存できるモデルがおすすめです。リニアPCMは非圧縮形式のため、音の劣化を最小限に抑えて音声データを保存できます。一般的なボイスレコーダーはMP3やWMPといったデータ圧縮するファイル形式です。

リニアCPMはMP3やWMPでは集音できない細かな音や音域を再生できるため、音質にこだわりたい方はリニアPCMに対応した製品を選んでください。

ほとんどのボイスレコーダーにはイヤフォンジャックが搭載されているため、録音した音声をその場で視聴できます。録音した音声を再生するなら、イヤフォンやヘッドフォンにもこだわりましょう。

有線イヤホンの選び方やおすすめランキングは以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:【断線にも強い】圧倒的な音質が楽しめる有線イヤホンおすすめ19選 (2022年版)

語学学習用ならリピート機能や速度調整機能付きモデル

語学学習でボイスレコーダーを使うなら、リピート再生や再生速度を調整できる機能を搭載したモデルがおすすめです。学習したいポイントを聞き直したり、低速再生や倍速でリスニングできるため、発音訓練に有効なシャドーイングにも適しています。

インタビュー用なら編集作業に便利な文字起こし機能付きモデル

インタビュー用にボイスレコーダーを使うなら、編集作業に最適な文字起こし機能を搭載した製品がおすすめです。資料やウェブサイト用の記事を作成するためのテキストに変換できるため、インタビュー後の編集作業がとても楽になります。授業内容をノートに写すための勉強用としても活用できますね。

ストレージ容量やSDカードの有無で選ぶ

ストレージ容量やSDカードの有無で選ぶ

ボイスレコーダーは録音したデータを保存するストレージ容量をチェックしましょう。SDカードを併用できる製品なら、ストレージ容量を増量できます。

16~32GBの内蔵ストレージなら大量のデータを保存できる

内蔵ストレージだけのボイスレコーダーなら、16~32GBのストレージがおすすめです。32GBで約500時間の音声を録音できるため、頻繁にボイスレコーダーを使う方でも容量不足になることがありません。ボイスレコーダーの内蔵ストレージがいっぱいになったら、USBケーブル等でPCに接続して録音データを移動できます。

SDカード対応モデルならストレージの増量やデータの移動に便利

ほとんどのボイスレコーダーは内蔵ストレージを搭載していますが、SDカードを差してストレージを増量できる製品がおすすめです。頻繁にデータの移動をする方は、SDカードを差し替えるだけで簡単にデータを移動できます。ボイスレコーダーを音楽プレイヤー代わりに使う場合でも、曲の追加・入れ替えの手間が省けます。

サイズや形状で選ぶ

サイズや形状で選ぶ

一般的なボイスレコーダーは、胸ポケットに入るサイズの長方形です。なかには5cmサイズ以下の超小型タイプやペン型・時計型の形状をした製品があります。パワハラやセクハラ、浮気調査などの音声を録音したい場合に役立ちます。

パワハラやセクハラなどの証拠集めに便利な小型のボイスレコーダーは、こちらの記事で紹介しています。

関連記事:【ばれずに使える】小型ボイスレコーダーおすすめ29選|ペン型や超小型の目立たない製品を紹介

バッテリー式・電池式で選ぶ

バッテリー式・電池式で選ぶ

ボイスレコーダーの電源タイプはバッテリー式と電池式があります。使用シーンや使い勝手に合わせてタイプを選んでください。

電池交換の手間が省けるバッテリー式

バッテリー式のボイスレコーダーは乾電池を用意する必要がありません。乾電池の買い置きをしない方はバッテリー式を選びましょう。

なお、ボイスレコーダーに使われているリチウムバッテリーは徐々に充電性能が低下します。一般的なボイスレコーダーはバッテリー交換ができないため、録音時間が少しずつ短くなる点には注意してください。

電池交換すればバッテリー切れの心配がない電池式

電池式のボイスレコーダーは、予備の乾電池を準備しておけばバッテリー切れになる心配がありません。乾電池の購入が面倒でなければ、電池式のボイスレコーダーがおすすめです。電池式はボイスレコーダーの電源をオフにしても少しずつ電池を消耗します。長期間使わないなら、電池を外して保管してください。

便利な機能で選ぶ

便利な機能で選ぶ

ボイスレコーダーを便利に活用できる機能を紹介します。

クリアな音声を録音できるノイズキャンセリング機能

雑音の少ないクリアな音声を録音するなら、ノイズキャンセリング機能を搭載した製品がおすすめです。ボイスレコーダーはエアコンの騒音や足音、ポケットに入れたまま録音したときの擦れる音などの雑音が混じることがあります。

雑音が多いと肝心な会話が聞こえない場合もあるため、ノイズキャンセリング機能を搭載したモデルを選びましょう。

Wi-FiやBluetooth対応モデルならスマホと連携できる

Wi-FiやBluetoothでスマホと連携できるモデルは、録音や停止のオン・オフなどをスマホのアプリで遠隔操作できます。ボイスレコーダーをポケットに入れたまま操作したいシーンにおすすめです。

ラジオを視聴できるFM・AMチューナー搭載モデル

FM・AMチューナー搭載のモデルは、移動中のラジオ視聴に便利です。スマホやタブレットでラジオが聴けるアプリ「radiko」が人気ですが、データ通信が必要なので通信量が少ない方は気軽に使えません。ボイスレコーダーのラジオはデータ通信をしないため、通信量を気にせずにラジオを試聴できます。

安いVS高い!ボイスレコーダーの比較

ボイスレコーダーは3,000円程度の安いモデルから1万円以上の高いモデルまで、さまざまな製品が販売されています。安い製品と高い製品を比較し、それぞれの特徴やどんな人におすすめなのか解説します。

安いボイスレコーダーの特徴(3,000円のモデル)

安いボイスレコーダーの特徴(3,000円のモデル)

出典:amazon.co.jp

3,000円程度の安いボイスレコーダーは会議や取材を録音して、後から聞き返したい方におすすめです。MP3やWMP形式のデータで保存するため音質はそれほど良くありません。 しかし、会議や取材の議事録を作成するために音声を確認する程度であれば、安いモデルでも十分に活用できます。 音質が良くないとはいえ、スマホで録音するよりはノイズの少ない音声を録音できます。

こんな人におすすめ
  • 会議や取材の議事録を作成する
  • 音質はあまりこだわらない
  • スマホの録音ではノイズが気になる

高いボイスレコーダーの特徴(1万円以上のモデル)

高いボイスレコーダーの特徴(1万円以上のモデル)

出典:amazon.co.jp

1万円以上のボイスレコーダーは高性能なマイクを搭載している製品が多く、聞き取りやすいクリアな音声で録音できます。講義やセミナーの復習、語学学習といった何度も聞き返したい音声の録音に向いています。

また、値段の高いボイスレコーダーは音楽の録音に最適なリニアPCM形式で保存できる製品もあります。カラオケや楽器演奏の音声を聞き返し、音質技術の向上に活用できます。

こんな人におすすめ
  • ノイズの少ないクリアな音声を録音したい
  • 繰り返して聴く音声を録音する
  • カラオケや楽器演奏を録音したい

ボイスレコーダーおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格サイズ内蔵ストレージ最大録音時間マイク電源対応ファイルその他の機能
ソニー ステレオICレコーダー ICD-TX660楽天市場¥17,005 AmazonYahoo!‎10.2×2×0.74 cm16GB最長約17時間ステレオバッテリー式MP3、リニアPCM-
OFIYAA ボイスレコーダー 16GB楽天市場確認中 AmazonYahoo!‎10.5×2.3×0.6 cm16GB最大42時間ステレオバッテリーMP3、WAVパスワード機能、ノイズキャンセリング
ソニー ICレコーダー 4GB ICD-PX240楽天市場¥5,687 AmazonYahoo!38×21×11.5 cm4GB最大約32時間モノラル単4電池×2本MP3ノイズカットフィルター
AutoMemo S AIボイスレコーダー楽天市場¥15,980 AmazonYahoo!9.2×5.4×1.2cm16GB最大16時間-バッテリー式-文字起こし機能、タッチパネル
オリンパス ステレオICレコーダー Voice Trek V-873楽天市場¥7,500 AmazonYahoo!18×39×111.5 cm8GB-ステレオ電池式MP3SDカード対応、ローカットフィルター
オリンパス ICレコーダー VoiceTrek VN-541PC楽天市場¥10,400 AmazonYahoo!‎3.75×2×10.8 cm4GB--電池式WMAノイズキャンセリング
パナソニック ICレコーダー RR-SR350楽天市場¥17,500 AmazonYahoo!‎1.7×0.96×6.92cm8GB最大38.5時間ステレオ電池式--
オリンパス ICレコーダー VoiceTrek VP-20楽天市場¥21,100 AmazonYahoo!‎13×13×0.17cm8GB-ステレオ電池式MP3、リニアPCM擦れ音フィルター
パナソニック ICレコーダー RR-XS370楽天市場¥18,000 AmazonYahoo!‎1.46×3.85×11.27cm8GB-ステレオ電池式リニアPCMノイズキャンセリング、ローカットフィルタ、microSDカード対応
タスカム リニアPCMレコーダー DR-05-VER3楽天市場¥13,200 AmazonYahoo!6.1×14.1×26cmなし-ステレオ電池式リニアPCMmicroSDカード
オーム電機 AudioComm かんたんICレコーダー楽天市場¥3,345 AmazonYahoo!4.5×9.5×1.9cm4GB47時間モノラル電池式WAV-
オリンパス リニアPCMレコーダー DS-901楽天市場¥7,980 AmazonYahoo!-4GB-ステレオバッテリー式リニアPCM、MP3、WMAWi-Fi対応、SDカード、ノイズキャンセリング、文字起こし機能
Tuayoo ボイスレコーダー 8GB楽天市場確認中 AmazonYahoo!‎8.5×2.5×1.1cm8GB最大52時間ステレオバッテリー式MP3、WMVノイズキャンセリング
パナソニック ICレコーダー RR-XP009-S楽天市場¥28,000 AmazonYahoo!1.5×1.5×12.6 cm8GB-ステレオ電池式リニアPCM、MP3シャードーイング機能、ノイズキャンセリング
ソニー ICレコーダー ICD-TX800楽天市場¥15,299 AmazonYahoo!‎1.37×3.8×3.8 cm16GB--バッテリー式-ローカットフィルター

ボイスレコーダーおすすめ人気ランキング15選

ボイスレコーダーのおすすめ人気ランキング15選をご紹介します。

ボイスレコーダーのおすすめ人気メーカー

ボイスレコーダーはさまざまなメーカーが製品を販売しています。ボイスレコーダーのおすすめメーカーと特徴を解説します。

高音質なリニアPCMレコーダー「Panasonic(パナソニック)」

高音質なリニアPCMレコーダー「Panasonic(パナソニック)」

出典:amazon.co.jp

家電品でおなじみのメーカー「Panasonic(パナソニック)」はリニアPCM形式で録音できる製品に定評があります。ボイトレや楽器演奏の録音はもちろん、繰り返して試聴したいセミナーの録音にも最適です。

リニアPCM形式はデータのサイズが大きくなってしまうため、SDカードでストレージを拡張できる製造がおすすめです。また、パナソニックの製品は充電式エボルタの乾電池を使うと電池を入れたままでもケーブルから充電できます。

シーン別に最適な設定を選べる「Olympus(オリンパス)」

シーン別に最適な設定を選べる「Olympus(オリンパス)」

出典:amazon.co.jp

精密機器を製造・販売している会社「Olympus(オリンパス)」は海外でのボイスレコーダーシェア70%を誇るメーカーです。ボイスレコーダーに慣れていない方でも高音質な音声を残せるため、ボイスレコーダーを初めて購入する方におすすめです。

オリンパスのボイスレコーダーは「会議モード」や「取材モード」といったシーンに合わせた設定を選択できます。使用者が細かな録音設定をする必要がありません。

目的に合った製品を選べる「SONY(ソニー)」

目的に合った製品を選べる「SONY(ソニー)」

出典:amazon.co.jp

SONY(ソニー)はイヤフォンやウォークマンなどのオーディオ機器を販売しているメーカーです。ライトユーザー向けのシンプルなモデルから高性能マイクを搭載したハイスペックモデルまで幅広いニーズに対応し製品をラインナップしています。録音ボタンは押し間違いのないよう、大きなボタンを採用しており、誰もが使いやすい設計です。

ボイスレコーダーがない場面ではスマホアプリが便利

ボイスレコーダーを持ち合わせていないときや簡易的に録音したい場合は、スマホにボイスレコーダーのアプリを入れておくと便利です。Android端末やiPhoneで使えるボイスレコーダーのおすすめアプリをご紹介します。

シンプルなボイスレコーダー「ボイスメモ」

シンプルなボイスレコーダー「ボイスメモ」

ひとつのボタンで録音・再生できるシンプルなボイスレコーダーです。録音補正機能があり、雑音をカットしてクリアな音声を録音できます。iPhoneで録音したデータをiPad・Macで共有できるiCloudにも対応しています。

App Storeからダウンロード

強力なノイズキャンセリング機能が魅力「ボイスレコーダーPro」

強力なノイズキャンセリング機能が魅力「ボイスレコーダーPro」

高度なノイズキャンセリング機能を搭載したアプリです。早送りや巻き戻しはもちろん、特に編集機能が充実しています。ボイスチェンジャーや空白時間のカットなどの編集作業がアプリだけで完結します。

Google Playからダウンロード

文字起こし機能付きレコーダー「Notta」

文字起こし機能付きレコーダー「notta」

文字起こし機能も使えるボイスレコーダーアプリ。会議や取材の内容をテキスト化したい方におすすめです。発言者を分けたり、改行の有無を設定してファイルの書き出しが可能。WordやPDFといったファイル形式も選べます。

Google Playからダウンロード

ボイスレコーダーの関連商品

ボイスレコーダーにおすすめな関連商品をご紹介します。

ストレージを増量できる「SDカード」

SDカードに対応したボイスレコーダーはデータをスマホやPCへ簡単に転送できます。なお、ボイスレコーダーは、大容量のSDカードに対応していない製品があります。SDカードがどの容量まで対応しているのか確認して購入してください。

microSDカードの選び方やおすすめ人気ランキングは以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:【2022年最新】コスパ最強!マイクロSDカードおすすめ15選|スマホにも使えて便利

長時間の録音に便利「モバイルバッテリー」

USB接続でケーブルから充電できるボイスレコーダーは、モバイルバッテリーから給電が可能です。外出先での取材でバッテリーが持続するか心配なら、モバイルバッテリーを持っておくと安心です。

関連記事:【完全版】マニアが教える おすすめモバイルバッテリー 20選 | iPhoneやタブレットにはコレ!

関連記事:【プロが選んだ】大容量で軽量の20000mAh モバイルバッテリー おすすめ19選(2022年最新版)

関連記事:【2022年】日本製モバイルバッテリー おすすめ15選|安心の国産モデルを厳選

繰り返し使える「充電式乾電池」

電池式のボイスレコーダーは乾電池の買い替えが面倒ですよね。充電式乾電池なら繰り返し使えるため、バッテリー式と同じように使用できます。パナソニック製のボイスレコーダーなら充電乾電池「エボルタ」を入れたままケーブルで充電できるので便利です。

ボイスレコーダーのよくある質問

中古のボイスレコーダーは購入しても大丈夫ですか?

メルカリやヤフオクでは中古のボイスレコーダーが出品されています。ボイスレコーダーは動作不良や故障のリスクがあるため、メーカー保証のある新品での購入をおすすめします。

ボイスレコーダーはどこで購入すると安く手に入りますか?

ボイスレコーダーは、さまざまな製品を比較できるAmazonや楽天などのネットショップでの購入をおすすめします。割引やポイント付与もあるため、家電量販店よりも安く購入できます。

ボイスレコーダーは日本語に対応していますか?

日本メーカーのボイスレコーダーは、日本語に対応しています。中国製のボイスレコーダーは日本語非対応の製品があるため注意しましょう。

おすすめボイスレコーダーまとめ

ボイスレコーダーの選び方やおすすめ人気ランキングをご紹介しました。ボイスレコーダーは以下のポイントを参考に製品を選んでください。

  • 使用シーンに合ったモデルを選ぶ
  • 臨場感のある音声を録音するならステレオマイクを選ぶ
  • ストレージを増やせるSDカード対応モデルがおすすめ

近年はスマホの性能が向上し、ボイスレコーダーのアプリが人気です。しかし、長時間の録音や音質の良い音声を保存するにはボイスレコーダーが欠かせません。目的に合ったボイスレコーダーを選んで、効率良く仕事や学習に活用してくださいね。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー