【PC接続型 高性能VRゴーグル】Oculus Rift S スペック解説&開封・検証レビュー

   

Oculus Rift Sは、パソコンに接続することで大迫力のVRコンテンツが楽しめるVRゴーグルです。

以前発売されていたVRゴーグル「Oculus Rift」の後継モデルで、解像度、装着感、センサーすべての機能が一回り強化されたOculus Rift Sは自宅で最高のVRが楽しめます。

ただ、Oculus Rift Sは誰にでもおすすめできるVRゴーグルではありません。

人によっては、同じOculus社のVRゴーグル「Quest」や「Quest2」の方がおすすめな場合もあります。

そこで今回はOculus Rift Sのスペックやおすすめできる人、実際に編集部で使用したレビューを解説します。

VRゴーグルを探している方は是非参考にしてください。

Oculus
最安値 ¥50,722 (税込)

Oculus Rift S(オキュラス リフト エス)とは?

Oculus Rift Sは最高の性能で最上級のVRゲームコンテンツを楽しめるVRゴーグルです。

引用:Oculus

Oculus Rift Sを装着してPCと接続すれば、目の前にVR(仮想現実)の世界が広がり、まるで本当に別の世界に入り込んだような体験ができます。

視覚はもちろん、Oculus Rift S専用コントローラーで、ゲームの中でも「切り払う」「投げる」「つかむ」などの動きが自由自在。

もちろん動画視聴も圧倒的な迫力と臨場感で楽しめます。

そんな高性能VRゴーグル Oculus Rift Sの公式スペックは以下の通りです。

メーカー/型番Oculus/Rift S
解像度1280×1440
ディスプレイLCD(液晶)
サイズ
重量480g
リフレッシュレート80Hz
スピーカー内蔵
視野角110度
トラッキング5つの内蔵式光学カメラ(インサイドアウト方式)
IPD調整ソフトウェア側で調整
ひとことメモ
単眼1280×1440の解像度とLCDパネルでコントラストがはっきりした映像が楽しめ、リフレッシュレートは80Hzはサクサクとした映像が再現可能です。

Oculus Rift Sの接続に必要なPCのスペック

Rift SはPCに接続して使用するVRゴーグルです。

そのため遊ぶにはPCが必要になりますが、高性能なRift Sの性能を生かすため接続するパソコンにもそれ相応のスペックが求められます。

接続するPCのスペックが低いと、Rift Sが動作しない、もしくはRift Sの性能を最大限生かすことができません。

最低限のPCスペック

Oculus Rift Sとの接続に必要な、最低限のPCスペックは以下の通りです。

グラフィックカードNVIDIA GTX 1050Ti/AMD RadeonRX470以上
代替可能なグラフィックカードNVIDIA GTX 960/AMD RadeonR9 290以上
CPUintel i3-6100/AMD Ryzen 3 1200、FX4350以上
メモリ8GB以上のRAM
ビデオ出力display PortTM1.2ソース/Mini display PortTM
USBポートUSB 3.0ポート1つ
OSWindows 10

上記のスペックはあくまでも最低限です。

PC推奨スペック

PCのスペックが高ければ高いほどRift Sも快適に動作するため、できれば下記の「推奨スペック」のPCを用意するのがおすすめです。

グラフィックカードNVIDIA GTX 1060 / AMD Radeon RX 480以上
代替可能なグラフィックカードNVIDIA GTX 970 / AMD Radeon R9 290以上
CPUIntel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X以上
メモリ8GB以上のRAM
ビデオ出力display PortTM1.2ソース/Mini display PortTM
USBポートUSB 3.0ポート1つ
OSWindows 10

Oculus Rift Sで遊ぶためには一定水準以上の性能を持ったPCが必要不可欠です。

ひとことメモ
グラフィックボードやメモリ、CPUの性能が高い、いわゆる「ゲーミングPC」が望ましいです

Oculus Rift Sの特徴

Oculus Rift Sの主な特徴・機能は以下の通りです。

最高のVRが体験できる

引用:Amazon

Oculus Rift SはVRゲームコンテンツを楽しめるVRゴーグルです。

ライブラリにはOculus Rift Sに対応した無数のVRコンテンツが収納されており、好みに合ったゲームをダウンロードして楽しむことができます。

敵を切ったり、撃ったり(いわゆるFPS)といったアクションゲームやレースゲームはもちろん、風景や映像を楽しむだけの癒し系コンテンツまで。

Oculus Rift Sの高いスペックで映し出される仮想現実の世界は、圧倒的な没入感を得られます。

体の動きをダイレクトに伝える6DoF対応

Oculus Rift Sは5つの光学カメラで周囲を認識してトラッキングする、インサイド方式の6DoFに対応しています。

6DoFとは、簡単に言えば、装着している人の動きがゲーム内にもダイレクトに反映される機能です。

引用:Amazon

例えばアクションゲームで敵に襲われた時、装着者が避けるとゲーム内のキャラクターも同じ動作で攻撃を避けるといった動作が可能です。

ひとことメモ
Oculus Rift Sは追加の外部センサー等は必要なく、対応するスペックのPCに接続するだけで6DoFを再現することができます

専用コントローラーで細かい手の動きも反映

Oculus Rift Sには専用コントローラーが付属し、ゲーム内で「切り払う」「投げる」「つかむ」といった細かい動きが全て再現可能です。

引用:Oculus

持ちやすく、使いやすい独自のグリップコントローラーは、長時間握っていても疲れにくく、思いのままに仮想世界でアクションが可能です。

前モデルOculus Riftから大幅に性能アップ

Oculus Rift Sは前モデルOculus Riftの後継機で、全モデルと比較してあらゆる性能、機能がバージョンアップしています。

遊べるコンテンツはOculus Rift・Oculus Rift Sでほぼ共通ですが、臨場感や迫力、使いやすさは圧倒的にOculus Rift Sが上です。

Oculus Rift Sはこんな方におすすめ

Oculus Rift Sは以下のような方におすすめです。

  • 圧倒的なVR体験がしたい
  • 高性能なPCを持っている

Oculus Rift SはVRゴーグルとしての性能は非常に高く、他の機種では味わえない圧倒的なグラフィックとアクションを体験することができます。

ただその圧倒的な性能を再現するために、比較的高いスペックの接続用PCを持っていることが前提です。

持っていない方は購入しなければいけませんが、それだとRift S+パソコンで導入コストが非常に高くなってしまいます。

このように、Oculus Rift S導入のハードルはやや高めではあるものの、条件がそろえば最高のVR体験ができます

ひとことメモ
PCを持っていない、またはPCのスペックが足りない方は、同じOculus社から発売されているスタンドアローン型(独立型)VRゴーグル、「Quest」「Quest2」の方がおすすめです

Oculus Rift SとOculus quest/quest2を比較してみた

OculusのVRゴーグルは2020年現在、「Rift」「Rift S」「quest」「quest2」という4種類が市場に流通しています。

※ただしquest2は2020年10月13日発売

引用:Oculus

同じOculus社のVRゴーグルで、遊べるコンテンツもほぼ共通と、一見違いがよく分からないという方もいると思いますので、簡単に違いについて解説します。

専門的で細かい数字に関しては省略し、あくまでもざっくりと大きな違いを解説しますので、大まかな特徴を把握してください。

「Rift S」は「Rift」の後継モデルで特徴や機能はほぼ同じ、一方「Quest2」も「Quest」の後継モデルで特徴や機能はほぼ同じです。

そのため、ここでは「Rift S」と「Quest2」の大きな違いについて解説します。

ひと言で言えば「Rift S」はPC接続式のVRゴーグルで、「Quest2」は単体で遊べる独立式(スタンドアローン)のVRゴーグルです。

そのため、手軽さやコスト面など、多くの部分で「Quest2」の方が優秀ですが、「Rift S」はVRゴーグルとしての基本性能が高いという特徴があります。

高性能なPCを持っていて、圧倒的に高いVR技術を体験してみたい方は「Rift S」、手軽にVRを楽しみたい方は「Quest2」を選ぶといいでしょう。

「quest」「quest2」について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

関連記事:【最速レビュー】VRゴーグル oculus quest 2 機能やスペックなど徹底解説!

Oculus Rift Sの評判・レビュー

今回、Oculus Rift Sについてレントリーノート編集部で、他の方の口コミやレビューを色々調べてみました。

その結果分かった良い口コミと気になった口コミを紹介します。

Oculus Rift Sの良い口コミ

  • 没入感は異常に高い
  • 映像がQuestより安定している
  • 装着感は高い
  • 画質はよい

Rift Sのレビューや口コミでは、「没入感」「リアリティ」が圧倒的という声が多く見られました。

この価格帯のVRゴーグルとしてはRift Sの性能は頭一つ飛びぬけており、本格的な「これぞVR」というものを体験できます。

引用:Oculus

また、Rift Sのレビューをしている方の中にはQuestと比較をしている方も多く、通信の安定性や、装着感の良さ、画質の高さに関してはRift Sを評価している方が多かったです。

ひとことメモ
questよりも、重厚感のあるカラーと見た目も一部の人にはたまらないようで、いわゆる「コアなファン」が多い印象です

Oculus Rift Sの気になった口コミ

  • 「Quest2」の完全下位互換
  • PCの相性次第で使えない
  • 今後のサポートが不安

気になった口コミで一番多かったのが、同じOculus社のVRゴーグル「Quest」や「Quest2」と比較した時にほぼメリットがないという点です。

特に2020年10月13日発売のQuest2はRift Sよりも価格が安く、PC不要の独立式で手軽にVRが楽しめるなど、多くのメリットがあります。

引用:Oculus公式

しかもQuest/Quest2は専用のケーブルを使用してPCと接続できる機能「Oculus Link」にも対応しているため、Rift Sの「PC接続できる」という特徴すら霞んでしまいました。

一応VR[ゴーグルの性能はRift Sのほうが高いため、口コミのように「完全下位互換」は言い過ぎですが、Quest/Quest2の方に多くのメリットがあるのは確かです。

他に気になった口コミでは「動作スペックを満たしたPCでも相性次第で動かない」といったレビューも見られました。

こればかりは買って接続してみないと分かりませんので、もし購入後に不具合があればカスタマーに連絡しましょう。

なお、Rift Sは2021年にOculus公式サイトでの販売を中止する事が決定したため、今後のサポートが不安という声も聞かれました。

となると、Rift Sのメリットはさらに小さくなるため、そういう意味でもこれから買うならquest2の方が良いかもしれません。

Oculus
最安値 ¥37,180 (税込)

Oculus Rift Sを編集部で開封&検証

Oculus Rift Sを実際にレントリーノート編集部で検証してみました。

今回検証したのは以下の項目です。

  • 付属品
  • サイズ・外見・重量
  • 実際使用した感想と使って気づいた良い点、気になった点

編集部スタッフの主観も少し入っていますが、それも含めて参考にして下さい。

Oculus Rift Sの付属品

Oculus Rift Sには以下の付属品が入っています。

付属品の写真

Oculus Rift Sの付属品
  • Oculus Rift Sヘッドセット
  • USB 3.0ケーブル
  • DisplayPortケーブル
  • Oculus Touchコントローラー2機
  • 単3電池2本(コントローラー用)
  • 取り扱い説明書

サイズ・外見・重量

大きさのわかる写真

それほど大きいわけではありませんが、全体的にややごつめのサイズと存在感です。

装着写真

重さは約480gで、手に持った時はそれほどでもないのですが装着すると結構ずっしりします。

ただ、フィット感というか装着感は非常に良いので、よほど長時間使用しなければ首が痛くなるようなことは無いと思います。

それでも首やヘッドセットを付けている部分に負担は来るので、お子さんや女性が使う場合は使用時間に注意したほうがいいかもしれません。

上部の写真

ヘッドセットは使う人に合わせて調整可能になっています。

フロントの写真

フロントは「Oculus」のロゴが入っているだけのシンプルなデザインです。

横の写真

横にはdisplay PortとUSB3.0の2本を束ねたケーブルがあり、カメラ部分には共同開発したメーカー「Lenovo」のロゴが入っています。

USBはUSB2.0では使用できませんので、必ずUSB3.0規格に差し込んでください。

レンズ(内側)の写真

内側にはレンズがあり、その周りには目を覆うウレタンがあります。

ヘッドセットもレンズ周りのウレタンもそうですが、汗を吸いやすい素材なので長期間使用すると臭いなどが気になりそうです。

アクションゲームやフィットネスコンテンツで遊んでいると結構汗だくになるので、使った後は消臭スプレーか何かで対策したほうが良いと思います。

引用:Oculus

交換用部品も出ていますが、結構な価格ですので頻繁に交換するとコストがかかります。

ひとことメモ
社外品で汗を吸収するパーツなども出ているようなので、必要に応じて使用してみて下さい

コントローラーの写真

コントローラーは左右2つセットです。

Questとほぼ同型の形状で、内側に十字キーとボタンが3つ、外側にトリガーボタンと横にもボタンがついています。

コントローラーを握った写真

  • 親指で十字キーと内側の3つのボタン
  • 人差し指でトリガーボタン
  • 中指で外側のボタン

このように持ちます。

非常に握りやすい形状になっていて、初めて触った時もすんなり手になじみました。

ひとことメモ
操作性も抜群で、ゲーム内のほとんどの操作を直感的に行えます

Oculus Rift Sの実体験レビュー

編集部でOculus Rift Sを実際に使用して気づいた良い点と気になった点を解説します。

先述した口コミと合わせて参考にしてください。

実際使用してみて気づいた良かった点

  • VRゲームがとにかく楽しい
  • 映像がサクサク滑らかに動く
  • 好みはあるがメカニカルなデザインがハマる

Oculus Rift Sの最大の魅力は目の前に広がるVR世界を体験できる遊びそのものにあります。

今までVRを体験したことがない方は、この新しい遊びにきっと夢中になると思います。

使用中の写真(できれば)

編集部スタッフが人気タイトル「Beat Saber」を遊んでみたところ、バッテリーが切れるまで遊んでしましました。

またOculus Rift SはQuestよりもリフレッシュレート(動画の滑らかさを表す数値)などの基本性能が高く、コンテンツがサクサク動きます。

アクション系のコンテンツが多いVRゲームでは、当然サクサク動くほうがストレスなく、臨場感や没入感も段違いです。

※ただしQuest2はアップデートでリフレッシュレート90Hz(Rift Sより高い)に対応予定です。

ひとことメモ
またOculus Rift Sの良くも悪くもごつめのデザインは、メカニカルなデザインが好きな方にはハマると思います

実際使用して気になった点

  • ケーブルが邪魔
  • 要求されるPCスペックが高い
  • Questの存在が購入をためらわせる

編集部が気になった点は主にこの3つです。

PCに接続するのでケーブルは仕方がないのですが、やや太めで重さも感じるため、せっかく仮想現実の世界に没頭しているのに、常にケーブルの気配が気になります。

感じ方には個人差があり、気にならない方は気にならないと思いますが…もう少し軽くて細いケーブルならよかったな、と思いました。

接続するPCに求められるスペックが高い点も気になりました。

最低限必要なスペックでもWindows10搭載、CPUはIntelのi3以上と「普通以上のスペック」が必要です。

パソコンで仕事している方や、普段から愛用している方ならこのスペックのPCは普通に持っていると思います。

ですが、ネットサーフィンや仕事の資料を作る程度でしかPCを使用しない方は、パソコンの年式が古かったりして動作スペックを満たせない方もいると思います。

推奨スペックを満たしたパソコンを持っていない方は、Oculus Rift Sで遊ぶために本体とPCでおそらくトータル20万円近い導入コストが必要になります。

この導入コストも含め、なによりQuest/Quest2の存在がRift Sの購入をためらわせます。

引用:Oculus

QuestとQuest2はパソコンが必要なく、本体価格もRift Sより安く、ほぼ同じコンテンツを利用できるうえにPCVRにも対応しています。

はっきり言ってしまえば「Rift S買う理由あるの?」と素直に思いました。

ひとことメモ
基本的な性能はOculus Rift Sのほうが上ですが、そのためにQuestより高い本体価格や、スペックを満たすパソコンのコストを払うかどうかは微妙なところです

Oculus Rift Sは敷居が高いものの、非常に高性能な映像が楽しめるVRゴーグル

Oculus
最安値 ¥50,722 (税込)

Oculus Rift Sは高い解像度やリフレッシュレートを備えた、圧倒的な性能でVR(仮想現実)を体験できるVRゴーグルです。

導入のハードルは高いですが、設備や予算が許すのであればOculus Rift SでVRを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ただ正直な話、やや高めの導入ハードルや2021年に販売中止になったあとのサポートを考えると、どうしてもおすすめとは言えません。

繰り返しになりますが、編集部としてはよほどVR機の性能にこだわる方以外には10月13日発売のQuest2をおすすめします。

Oculus
最安値 ¥37,180 (税込)

性能に関しては天と地ほど変わるわけではありませんし、Quest2の方が導入コストも圧倒的に安いです。

さらに遊べるコンテンツもRift SとQuest2でほとんど変わりません。

編集部一押しのQuest2については以下の記事で解説していますので、興味のある方はこちらもぜひ読んでみてください。

関連記事:【最速レビュー】VRゴーグル oculus quest 2 機能やスペックなど徹底解説!