【カメラの基本】写真とホワイトバランスの関係を徹底解説!

   

美しさに見惚れて思わず撮った夕焼け、後から見返してみるとあの時の色と全然違う…

綺麗な空を撮ったつもりが薄い色になってしまう…

皆さんもそんな経験ありますよね?

この記事ではホワイトバランスの基本の”き”から調整方法、表現での取り入れかたまで徹底的に解説していきます!

 

ホワイトバランスとは?

ホワイトバランス、基本の”き”

私たちの目は物を見る時に周りの環境光(蛍光灯や電球など)に合わせて白い物は白だと認識できるように脳内で色を直します。

しかしカメラは現実に素直です。

白を白に直さずに被写体の色をそのまま写します。

その為、周りの光の色が付いてしまい白い被写体が赤みがかってしまったり、逆に青みがかってしまったりします。

そのままでは困るので白い被写体を白だと認識できるように直す機能が「ホワイトバランス」です。

どうやって直しているの?

その前にまず色温度とケルビンに付いてお話しします。

色温度とケルビン

ホワイトバランスを学ぶ上で必ず出てくる「色温度」

これは光の暖かさのことです。

赤みがかっていると暖かく、また青みがかっていると冷たい印象になります。

この暖かさを数値で表すための単位がケルビン〔K〕 です。

数値が低くなるほど暖かくなり、「色温度が低い」
逆に、数値が高くなるほど冷たくなり「色温度が高い」と表します。

上記の画像のようにロウソクの光や日の出の色温度が2000K程度
白熱電球の色温度が3000K程度
蛍光灯の色温度が4500K程度
太陽光の色温度が5500K程度
曇りの日の色温度が6500K程度
晴天の日の日陰が7000K程度となっています。

どうやって色を直しているの?

赤みがかかってしまった写真を元の色に戻す場合、青色のフィルターを写真全体にかけることで赤くなってしまった分を戻そうとしています。

逆に、青みがかかってしまった場合、赤いフィルターを写真全体にかけています。

そうすることで環境光の影響を少なくすることができます。

マニュアルでホワイトバランスを調整する方法

ホワイトバランスは赤や青の環境光の影響を少なくする機能でしたね

ホワイトバランスを設定するときは基本的に白に戻すことを考えるので、被写体にあたっている光の温度や、種類を選択することになります。

被写体が青みがかっていた場合、ホワイトバランスは青系の色温度(6000K以上)を設定します。

ほとんどのカメラにホワイトバランスを設定する為の項目があります。

注意
ホワイトバランスや他の設定もカメラメーカーによって画面が違うので注意が必要です

エントリーモデル(入門機)の場合

多くのエントリーモデルには任意ケルビンでの調整機能は無く、プリセット(あらかじめ設定)されている数種類のホワイトバランスから選択することになります。

プリセットのホワイトバランスでは各社とも電球、蛍光灯、晴天、フラッシュ、曇天、晴天日陰の6種類前後が設定されています。

これもやはり被写体に当たる光の種類で近いものを選択するようにしましょう。

Nikon(ニコン)カメラの設定

NikonはエントリーモデルのD5600を使用して説明していきます!

まず左肩の[MENU]ボタンを押しメニューを開きます。

右側のマルチセレクター(丸いボタン)とOKボタンを使用して
撮影メニューからホワイトバランスを選択します。

 

以上の画面から環境光に近い物を選択し[OK]で決定したら設定完了です。

Canon(キヤノン)カメラの設定

Canonからは EOS Kiss Mを使用して説明します

[SET]ボタンを押してメニュー画面を表示します

そのまま上下ボタンでホワイトバランスメニューを選択し、左右ボタンで環境光に近い設定をセットすればセッティング完了です。

Sony(ソニー)カメラの設定

Sonyからはα6000です

[Fn]ボタンを押してメニューを表示します

上下左右のボタンを押してホワイトバランスメニューを選択します。

写真の画面になったら上下のボタンで環境光に近い設定を選択し、設定完了です。

OLYMPUS(オリンパス)カメラの設定

OLYMPUSはPEN E-PL9を使用して説明します。

まずは真ん中のボタンを押してメニューを表示します。

上下ボタンWB(ホワイトバランス)メニューを表示します。

左右ボタン環境に近いものを選択すると設定完了です。

GoPro(ゴープロ)の設定

GoProの設定は少し難しいかもしれません

GoProからはHero 7 BLACKです

まずは画面を一度タップした状態から(魚眼無効)や、(広角)と書かれたボタンをタップします。

次に現れる設定画面でProtuneをオンにします。

その次の画面でホワイトバランスを選択して

任意の色温度に設定したら終わりです。

ホワイトバランスで一段上の表現を

写真において色は1番大切な要素の一つです。

色から暖かい優しさを感じさせたり、クールなかっこよさを感じさせたりetc…

その色を簡単に変えることができるのもホワイトバランスの良いところです。

この画像はホワイトバランス以外は変えずに撮影しました。

このようにホワイトバランス一つで大きくイメージが変わるどころか全く違う写真に見えるほど変わってしまいます。

写真から伝えたいイメージとそれを表すためにどのような色味がいいのかを考えてみると一段と写真が上手くなります。

以下に表現別の設定や注意点等をまとめました!

温かみのある写真に仕上げる

写真を一目見た時に赤やオレンジといった暖かい色が多いと温かみが感じられる写真になります。

[フラッシュ]や[曇天]、[晴天日陰]など赤系のフィルターをかけることで暖かいイメージを作れます

赤みの強い写真は木の温もりや料理などととても相性が良く、簡単に優しい印象の写真を撮ることができます!

冷たくクールな写真に仕上げる

クールな写真は上記の暖かい写真と逆のことをします。

[電球]などの青みが強いフィルターをかけられる設定で撮ることができます

青みが強い写真は街を撮ればクールな都市の雰囲気を演出できたり人工物との相性がとても良いです!

星空を撮る

星空を撮るときのホワイトバランスは人によりますが、オートもしくは青系でかっこいい写真になります

オートで星空を撮ると黒い空が肉眼に近い雰囲気の黒になりますが、少しパッとしない雰囲気にも取れます。

青系([電球]や[蛍光灯-暖色])などのホワイトバランスを使用して撮影すると、星が少し青白くなり、全体的にすっきりとした印象の写真になります。

私のオススメは青系のホワイトバランスを少し強めにかける設定です!

色味の設定や編集は、多少やりすぎくらいが印象に残って写真がキリッとした雰囲気になると思います。

星空を綺麗に撮る方法については、「一眼レフ・ミラーレスで夏の夜空を撮ろう!星・天の川撮影入門」でも詳しく解説していますので、興味がある方はご覧ください。

夜景を撮る

夜景を撮ると一言で言っても、夜景には色々な景色があります。

これはホワイトバランスのみ変えた夜景の写真ですが、左の写真は都会の寒い雰囲気、右の写真は田舎の暖かい雰囲気を感じられます。

東京のような大都会の夜景は青みを強くするとキリッとした都市の印象を作ることができます。しかし、その夜景を赤みを強くしても暖かい家庭を想像させるような印象を作ることができ、両方ともオススメです!

その夜景を見て自分が何を感じるか?という感性を信じてみましょう!

夜景を撮る場合も上記の「暖かみのある写真に仕上げる」と「冷たくクールな写真に仕上げる」の項目のように調整すれば良いです。

撮った写真のホワイトバランスを編集する方法

無料でも超高機能なLightroom

Adobe Lightroomモバイル版はAdobe社から提供されている写真編集用のアプリです。元から入っている写真アプリでは難しい編集も簡単にす流ことができます。

機能としては

  • ワンタッチで自動的に写真を美しく調整
  • 明るさ、色味、ホワイトバランス 、コントラスト等を簡単に調整
  • トーンカーブを使用した細かい明るさ、色、コントラストの変更
  • 色ごとに細かい調整して写真の色を引き立たせる
  • カメラモード:Raw、プロフェッショナル、HDRなどの高度な撮影モード

等々これでも一部なほど多くの機能を無料で使用することができます。

またAdobe Creative Cloudや、アプリの有料プランに加入することでさらに多くの機能を月額550円からアンロックすることができます。

よく使用する人や、本格的な編集をしてみたい人は払うのもいいと思います!

ホワイトバランスを編集する

ここからはAdobe Lightroom モバイル版を使用してホワイトバランスの編集を行う方法をまとめます!

ここ(App Storeに飛びます)からLightroomモバイル版を入手しましょう。

ダウンロードしたらLightroomアプリを起動して 

右下の追加ボタンから集したい写真をアルバムに追加し選択します。

写真を選択して編集画面を開いたら右下の[カラー]タブを開きます

1番上がホワイトバランスを調整するスライダーです

スライダーを右に動かすと赤いフィルターが強く、左に動かすと青いフィルターが強く写真全体にかかります。

ここまでがLightroomを使用したホワイトバランスの編集方法です。

ここでは紹介できませんが、同じような要領で明るさや、鮮やかさも編集することができるのでぜひ使ってください!

写真の保存方法

写真を編集しただけでは写真アプリに保存されません。

Lightroomで編集した後に携帯の写真アプリに保存す作業が必要になります

上の方にある共有のアイコンからカメラロールに保存の項目を選択します。

次の画面で保存する画像サイズを選択します。

ここで小を選ぶことで多少の画像の劣化があるので使用可能な最大サイズを使用することをお勧めしますが、劣化がないことを表すわけではありません。

レンダリング(書き出し-保存できる形式に変換)中の画面が出てきたらこの表示が消えるまで待ちます。

最後に[アルバムLightroomに一枚の写真を保存しました]と出てきたら完了です。

Lightroomの詳しい使い方は「意外と簡単!Lightroomを使ってRAWデータを編集する方法!」でも詳しく解説していますので、Lightroomを本格的に使いたい方は参考にしてみてください。

ホワイトバランスの設定に便利なツールの紹介

グレーカード

グレーカードとはRGB要素の全くないグレースケール18%の塗料が塗られたカードです。

このカードを使用することで、露出、ホワイトバランスのセッティングが簡単にでき、被写体の色を正しく写すことができるようになるというかっこいいツールです。

しかし少し使い方が難しかったり保管方法に気をつけなければいけないなど中級者以上向けのツールです。

  1. このカードを撮りたい被写体の横に置いて画面いっぱいに写します
  2. ホワイトバランスのセッティングメニュー[プリセットマニュアル]から読み込み

以上で読み込みとセッティングが完了です。

ホワイトバランスを細かく設定する必要のある人や、正しい色で写真を撮ってみたいと思った方は手に入れてみてはどうでしょう?

ホワイトバランスセッター

created by Rinker
ケンコー(Kenko)
¥11,420 (2019/11/17 12:31:30時点 Amazon調べ-詳細)

ホワイトバランスセッターは白いドームをレンズの前に装着し光によって色がついた白いドームを白と認識させ白を出すツールです。

風景画では使えず、比較的被写体との距離が近い物の撮影で使います。

しかしあまりメジャーではなく、価格も7000円台からと少し高めです。

【まとめ】ホワイトバランスを使ってワンランク上の写真を

この記事の大切なところをおさらいしましょう

この記事を読んで分かること
  • ホワイトバランスは白を白くするための補正機能
  • 光には色温度というものがある
  • カメラのホワイトバランスは被写体に当たる色温度を選択する
  • 暖かい写真は赤めに
  • クールな写真は青めに
  • Lightroomは無料でも超高機能
  • ホワイトバランスを設定するための便利なツールがある

ホワイトバランスを上手く使えるとハッと息を飲むほど素敵な写真を撮れたり、惚れるほどかっこいい写真を撮れるようになったりします。

自分が何を撮りたいのか?何を伝えたいのか?を考えると写真の色味も味が出てきて面白いと思います!

ホワイトバランスを上手く活用して薄くしい写真を撮ってみましょう!

ホワイトバランスをマスターできたら?

ホワイトバランスについて理解できたら、次は「AFの設定方法」や「カメラの各モードの違い」について学んでみましょう。

カメラのピントが上手く合わせられない方は、AFの設定方法が間違っているのかもしれません。詳しくは「AF(オートフォーカス)機能と設定をまとめてみた!」で紹介しています。

カメラのモードにはいくつか種類がありますが、どのシーンでどのモードを選んだらいいのか分からない。という方には「カメラの各モードを解説!状況に応じてカメラを使いこなそう!」をご覧ください。

また、写真が上手くなるには、細かい設定ができるカメラを使うことが重要です。オートモードの精度はまだまだ甘く、上手な写真を撮るには場面毎に最適な設定が必要になるからです。

でも、エントリーモデルの中には、ホワイトバランスなどの細かい設定ができない機種もあります。

もっと性能の良いカメラを使ってみたいけど、もし高いカメラを買って使いこなせなかったらどうしよう…。」と、カメラを買うのに躊躇している方には、カメラのレンタルという選択肢もあります。カメラを借りてから、そのまま購入することもできるので、一度試してみてはいかがでしょうか。