【リーデルやバカラなど】おしゃれなワイングラスおすすめ25選 |選び方や持ち方も解説

ワイングラス

自宅で飲むワインをより楽しむなら、専用のワイングラスがマストです。ワイングラスを使うことで味や香りが格段に上がるだけでなく、おしゃれな雰囲気を演出できるのが魅力。最近はリーズナブルで高品質な商品もたくさん登場しているので、ワイン好きならぜひとも手に入れておきたいところです。

しかし、ワイングラスは各メーカーからさまざまな種類が販売されており、どれを選べばいいのか悩んでしまうことも。また、初心者にはワイングラスの扱い方やお手入れ方法なども気になるところです。

そこで本記事では、ワイングラスの選び方を中心に、おすすめのメーカーやグラスの扱い方などを徹底解説。記事の後半では、最新の売れ筋商品をタイプ別にランキング形式でご紹介します。これからワイングラスの購入を検討している人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

この記事を監修した専門家

ソムリエ/ワイン通販の企画担当
葡萄畑ココス 片山
日本ソムリエ協会認定 ソムリエ、WSET Level3、ドイツワインケナーエキスパート

ワインのネット通販「葡萄畑ココス」の食いしん坊ソムリエ。高感度おいしいものセンサー搭載。食べログの点数より正確だよ?その証拠はメタボなお腹。フルボディな体型の割にワインの好みはミディアムボディで、冷涼産地の繊細なワインが好き。飲み手の気持ちに寄り添って、世界中の多様なワインの中からその人にピッタリの1本を提案することを目指しています。

ワイングラスは必要?ワインが美味しくなる理由とは

ワイングラスは必要?ワインが美味しくなる理由とは

ワイングラスをまだ使ったことのない人の中には、「ワイングラスって必要?普通のコップで飲んではだめなの?」という疑問もあると思います。

結論からいうと、ワインを美味しく飲むならワイングラスは必須アイテムです

ワインの美味しさはグラス次第といっても過言ではなく、同じワインでも注ぐグラスによって味・香り・印象などが異なります。普通のコップでは、ワインのポテンシャルを引き出すことができず、高いワインでさえ美味しく感じられない場合もあるのです。

また、ワインを楽しむなら雰囲気も大切。おしゃれなワイングラスを使うと気分も上がり、よりワインが美味しく感じられます。見た目にも機能的にもワイングラスにはメリットが盛りだくさんなので、この記事を参考にぜひお気に入りの1脚を見つけてくださいね。

ワイングラスの選び方

ここからは、ワイングラスの選び方について紹介していきます。選ぶときにチェックするべきポイントをまとめてみましたので、一つずつ順番に見ていきましょう。

  • ワイングラスの種類
  • 使われている素材
  • 飲み口の薄さ
  • お手入れや収納のしやすさ

なお、初心者の人はグラスの部位の名称を覚えておきましょう。各部位の呼び方は以下の通りです。

ワイングラスの部位の名称
  • リム・・・唇が触れる「飲み口」の部分
  • ボウル・・・ワインが注がれる「器」の部分
  • ステム・・・ボウルを支える「脚」の部分
  • プレート(フット)・・・グラスの「台座」の部分

好みのワインに合わせて種類を選ぶ

一口にワイングラスといっても、形状や大きさはさまざま。ワインの香りや味を最大限に引き出すには、ワインに最適なグラスを選ぶことが重要です。

一般的なワイングラスは、万能型・ボルドー型・ブルゴーニュ型・モンラッシュ型・フルート型の5タイプに分けられます。それぞれの特徴をご紹介しますので、選ぶ際の参考にしてくださいね。

グラスのタイプ おすすめのワイン
万能型(キャンティ型) 白ワイン全般・赤・高級スパークリングなど
ボルドー型 メルロやカベルネ・ソーヴィニヨンなど
ブルゴーニュ型 ピノ・ノワール
モンラッシェ型 オーク樽熟成したシャルドネ
フルート型 スパークリングワイン・シャンパン

片山

ボルドー型と万能型はデザインが似ているので、容量で区別するとわかりやすいです。
万能型なら300~450ccくらい、ボルドー型なら450cc以上くらいが目安と言えるでしょう。

万能型なら、手ごろな価格のワインからちゃんと香りがとれるという意味で、360ccくらいが使いやすいですよ。

初心者には赤も白も楽しめる「万能(キャンティ)型」

初心者には赤も白も楽しめる「万能(キャンティ)型」

ワイングラスを初めて購入する人や、どれを選べばいいのか悩んでしまう人には万能型がぴったりです。キャンティ型・チューリップ型などと呼ばれることもあり、ワイングラスの中ではやや小さめ。お店でグラスワインをオーダーしたときには、この万能型が多く使われています。

万能型は、冷たい状態で飲むことが多い白ワイン全般に適していますが、手ごろな赤ワインやスパークリングワインも楽しめます。吟醸酒などの日本酒にも合うので、お酒全般が好きな人におすすめです。

片山

万能型で飲むと、意外と美味しくなるのがビールです。缶ビールをワイングラスに移して飲むだけで、いつもと感じ方が変わっておすすめですよ。

ずっしり濃厚な赤ワインには「ボルドー型」

ずっしり濃厚な赤ワインには「ボルドー型」

ボルドー型は、サイズが大きめで卵形のボウルが特徴。名前の通り、ボルドーワインのような渋みや果実味がしっかりした濃厚な赤ワインに最適です。縦長のボウルは香りが立ち上がりやすく、飲むときにワインが流れ込んで舌の中央を通過するため、渋みがまろやかに感じられます。

「メルロ」や「カベルネ・ソーヴィニヨン」などの品種を使ったワインがお好きな人は、必ず手に入れておきましょう。

香りのボリュームが豊かな赤ワインに最適な「ブルゴーニュ型」

ミディアムボディの赤ワインに最適な「ブルゴーニュ型」

ブルゴーニュ型は、ボルドー型と同じく大きめで、底が丸くて広めに作られています。一番グラスの容量が大きいのが特徴。それだけグラスの中にたっぷり香りを蓄えられます。注いだワインが空気に触れる面積も大きく、香りが開きやすいのがポイント。さらに口がすぼまっていてボウルの中でワインの香りが充満するため、繊細な香りを楽しむブルゴーニュワインに向いています

ブルゴーニュ地方の赤ワインに代表される品種「ピノ・ノワール」は香りが魅力。小さな万能型グラスだと、その魅力を十分に発揮できません。「ピノ・ノワール」をよく飲む人には、ブルゴーニュ型がマストですよ。

白ワインの酸味を堪能できる「モンラッシェ型」

白ワインの酸味を堪能できる「モンラッシェ型」

ボウルが横に大きくてバルーンのような丸みがあり、飲み口が広めに作られているのがモンラッシェ型のワイングラスです。ブルゴーニュ地方で作られるシャルドネワインの最高峰「モンラッシェ」に最適で、そのほかにも世界中のオーク樽で熟成してつくるシャルドネに向いています。まろやかな酸味と果実の持ち味を堪能できます。

また、白ワインはキリッと冷やして小さめのグラスで飲むのが一般的ですが、樽熟成したシャルドネの場合は、それほど冷やす必要がありません。冷蔵庫でしっかり冷やした温度からなら、グラスに注いで15分くらい置くと適温になります。広めのボウルでワインが空気に触れることで、温度が上がるとともにボリュームのある香りを楽しめるのが魅力です。

スパークリングワイン好きには「フルート型」

スパークリングワイン好きには「フルート型」

フルート型のワイングラスは、ボウルが細長くて口も狭いのが特徴。スパークリングワインやシャンパンのような泡を楽しむワイン専用のグラスです。

ワインが空気に触れる面積が少ないので炭酸が抜けにくく、泡が立ち昇っていく様子を楽しむことができます。細長いフォルムは見た目にもおしゃれで、特別な日のテーブルコーデにもおすすめです。

片山

高級なシャンパンのような、香り豊かなスパークリングワインをフルート型グラスで飲むときは、注意が必要です。香りがあまり感じられず、苦みのようなものを感じることがあります。そういう場合は万能型グラスにチェンジ。泡立ち感は弱くなりますが、よりまろやかに味わい深く感じるはずです。

関連記事:【絶対外さない】シャンパングラスおすすめ16選|かわいい・おしゃれなデザインを厳選

クリスタルorソーダ?用途に適した素材を選ぶ

ワイングラスに使用されている材質も大切なポイント。一般的にはガラス製の商品が多く、そのなかでも「クリスタルガラス」と「ソーダガラス」の2種類に分けられます。それぞれの特徴は以下の通りです。

特別なシーンにはおしゃれな「クリスタルガラス製」

特別なシーンにはおしゃれな「クリスタルガラス製」

出典:amazon.co.jp

クリスタルガラスは、酸化鉛を主要成分として含む透明度が高い高品質なガラスのこと。光の屈折率が高く、水晶のように輝くことからクリスタルと呼ばれています。お祝い事やホームパーティーなど、特別なシーンには高級感のあるクリスタルガラス製がぴったりです。

高級ワイングラスに使用されるイメージですが、大手メーカーの「リーデル」では1,000円台のカジュアルラインにもクリスタルガラスを採用。購入ハードルはそこまで高くなく、普段使い用にもおすすめです。

編集部

酸化鉛を24%以上含んだ高級品「レッドクリスタルグラス」や、酸化鉛を含まずに酸化カリウムを主成分とする「カリクリスタル」など、クリスタルガラスにもさまざまな種類があります。

普段使いならコスパがよい「ソーダガラス製」

普段づかいならコスパがよい「ソーダガラス製」

出典:amazon.co.jp

日常シーンで気軽に使えるワイングラスが欲しい人には、ソーダガラス製がおすすめです。耐久性が高く製造コストが安いため、窓ガラスやコップなど私たちの身の回りのガラス製品の多くにソーダガラスが使われています。

リーズナブルなワイングラスのほとんどはソーダガラス製ですが、メーカーによってはクリスタルガラスに近い透明度を持つものも。また、ソーダガラスの多くは食洗機に対応しているため、手入れのしやすさを重視して選びたい人に適しています。

美味しく飲むなら飲み口(リム)が薄いタイプがおすすめ

美味しく飲むなら飲み口(リム)が薄いタイプがおすすめ

ワインの味にとことんこだわるなら、飲み口(リム)の厚みにも注目してみましょう。ワイングラスの飲み口は、薄ければ薄いほど引っ掛かりがなく、ワインの風味や質感をダイレクトに感じられます

また、飲み口部分だけでなく、グラス全体が薄めに作られていればさらに理想的です。グラスに厚みがあると、グラスの熱がワインに伝わりやすく、特に冷やしたワインの場合は温度が上昇してしまいます。より美味しく飲むなら、ワインの温度に干渉が少ない薄めのグラスを選びましょう。

ただし、グラスが薄ければ薄いほど割れやすくなり、洗うのが大変です。ちょっとした衝撃や倒れただけでも割れてしまうことがあるため、取り扱いには注意しましょう。デイリーユース用の安価なグラスを用意して使い分けるのも一つの方法です。

ワインをとことん楽しむなら万能型・ボルドー型・ブルゴーニュ型・フルート型を揃えよう

ワインをとことん楽しむならボルドー型・万能型・フルート型を揃えよう

いろいろなワインを飲みたいけど、それぞれに合わせたグラスを揃えるのは大変……という人もいるでしょう。そんなときは、デイリーユース用の安価なグラスを用意して使い分けるのも一つの方法です。

万能型・ボルドー型・ブルゴーニュ型・フルート型の4タイプを揃えてみてください。赤・白・スパークリングのすべてのワインが美味しく味わえます。

少しずつ揃えていくのであれば、はじめに万能型を購入し、好みに合わせて買い足していくことをおすすめします。

片山

ピノ・ノワールは非常に人気の高い品種なので、ピノ・ノワールを飲むなら、ブルゴーニュ型は必須です。ピノ・ノワールを万能型で飲むのは、味や香りが広がらずもったいない!

万能型の中でも大きめの物なら、ボルドー型の代用はできなくはないですが、できればまずは4タイプ揃えるのがおすすめです。

モンラッシェ型はブルゴーニュ型である程度代用できますよ。

お手入れや収納のしやすさもチェック

ワイングラスは他のグラスよりも扱い方が難しく、お手入れや収納に注意が必要です。日常的に使うグラスなら、できるだけ洗いやすく収納しやすいモデルを選ぶと使い勝手がよくなります。

食洗機が使えると洗うのがラクチン

普段づかいならコスパがよい「ソーダガラス製」

出典:amazon.co.jp

自宅に食器洗浄機がある人は、対応しているワイングラスを選ぶと洗うのがラクチンです。リーデルなどの高級ブランドでも意外と食洗機が使えるものが多いので、購入時にチェックしてみてください。

基本的に、耐久性の高いソーダガラス製は食洗機に対応しているものが多めです。しかし、ニトリなど安価なソーダガラス製のグラスでも食洗機が使えない場合があります。値段や素材での判断を避け、必ず商品の説明書きで確認するようにしましょう。

編集部

高級なワイングラスの場合は、食洗機使用OKでも手洗いをおすすめします。本記事の後半で洗い方について解説しているので参考にしてみてくださいね。

ステムなしタイプなら省スペースで収納が可能

ステムなしタイプなら省スペースで収納が可能

出典:amazon.co.jp

ワイングラスは独特な形状なため、収納時にかさばるのは致し方ありません。もし食器棚にワイングラスをしまうつもりなら、高さの確認は大事です。ボルドー型グラスやフルート型グラスは特に背丈が高いため注意が必要です。
収納スペースの確保が難しい人には、タンブラーのようなステムなし(脚なし)タイプがおすすめです。ステムの分だけ高さがカットされるので、普通のグラスと同じ感覚で収納できます。

また、ステムなしタイプは持ち運びもしやすく、ピクニックやバーベキューなど屋外でワインを楽しむシーンにもぴったりです。楽しいイベントで飲むワインも紙コップやプラスチック製では美味しさが半減してしまうので、取り回しのいいタンブラー型を用意しておきたいですね。

編集部

最近はステムなしタイプでもワインの魅力を堪能できるグラスが増えています。

片山

食事中に手を引掛けてグラスを落としてしまい割れてしまった。そんな経験がある方も多いはず。どんなグラスでも、食卓の高さから落とせば割れてしまうものです。
ステムなしのグラスはその点でも安心。背が低いし重心も低いので、倒しにくいのです。小さいお子様がいらっしゃるご家庭などには特におすすめです!

専門家おすすめのワイングラス

この記事を監修したソムリエの片山さんおすすめのワイングラスをご紹介します。

【万能型】ワイングラスおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。※監修対象外です。
商品最安価格タイプサイズ容量重量飲み口の直径素材脚(ステム)食洗機対応
RIEDEL オヴァチュア レッドワイン楽天市場¥2,425 AmazonYahoo!万能型79×187mm(直径×高さ)350ml-57mmクリスタルガラス
Villeroy & Boch ボストン ワイングラス クリア楽天市場¥2,200 AmazonYahoo!万能型80×120mm(直径×高さ)220ml-80mmクリスタルガラス
東洋佐々木ガラス ワイングラスセット G101-T273楽天市場¥780 AmazonYahoo!万能型77×110mm(直径×高さ)225ml-65mmソーダライムガラス
リビー スタッキングワイングラス LB69楽天市場¥627 AmazonYahoo!万能型80×100mm(直径×高さ)270ml----
木村硝子店 ピッコロ 10ozワイン¥1,375 楽天市場AmazonYahoo!万能型82×168mm(直径×高さ)340ml-49mmカリクリスタル
KINTO TRIA ワイングラス楽天市場¥550 AmazonYahoo!万能型80×110mm(直径×高さ)270ml90g80mmAS樹脂
Riedel リーデル・オー リースリング/ソーヴィニヨン・ブラン楽天市場確認中 AmazonYahoo!タンブラー型108mm(高さ)375ml--クリスタルガラス-
ウェッジウッド フェスティビティ クリスタルワイン楽天市場¥3,740 AmazonYahoo!万能型88×140mm(直径×高さ)200ml-88mmクリスタルガラス不可
石塚硝子 アデリア 味わいグラス B-5427楽天市場¥1,370 AmazonYahoo!タンブラー型71×90mm(直径×高さ)220ml128g60mmソーダガラス-
ガブリエルグラス ワイングラス マシンメイド楽天市場¥6,600 AmazonYahoo!万能型95×230mm(直径×高さ)-160g66mmクリスタルガラス

【万能型】ワイングラスおすすめ人気ランキング10選

【赤ワイン用】ワイングラスおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格タイプサイズ容量重量飲み口の直径素材脚(ステム)食洗機対応
RIEDEL ワイン カベルネ メルロ楽天市場¥5,445 AmazonYahoo!ボルドー型95×236mm(直径×高さ)610ml--クリスタルガラス
松徳硝子 うすはり ボルドー楽天市場確認中 AmazonYahoo!万能型57×95mm(直径×高さ)330cc50g57mmバリウムクリスタル不可
ツヴィリング J.A. ヘンケルス ブルゴーニュグランドグラス楽天市場¥3,170 AmazonYahoo!万能型111×221mm(直径×高さ)730ml200g66mmクリスタルガラス
RIEDEL リーデル・オー カベルネ メルロ楽天市場¥2,971 AmazonYahoo!タンブラー型95×121mm(直径×高さ)600ml--クリスタルガラス
バカラ シャトーバカラ ワイングラス楽天市場確認中 AmazonYahoo!ブルゴーニュ型110×220mm(直径×高さ)410ml550g60mmクリスタルガラス-

【赤ワイン用】ワイングラスおすすめ人気ランキング5選

【白ワイン用】ワイングラスおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格タイプサイズ容量重量飲み口の直径素材脚(ステム)食洗機対応
RIEDEL リーデル・オー リースリング ソーヴィニヨン楽天市場¥3,945 AmazonYahoo!タンブラー型108mm(高さ)375ml--クリスタルガラス
RIEDEL オヴァチュア ホワイトワイン楽天市場¥2,376 AmazonYahoo!-180mm(高さ)280ml--クリスタルガラス
石塚硝子 アデリア ワイングラス フラネ S5630楽天市場¥1,646 AmazonYahoo!-68×166mm(直径×高さ)180ml-57mmソーダガラス
RIEDEL エクストリーム オークド・シャルドネ楽天市場¥5,000 AmazonYahoo!モンラッシェ型114×227mm(直径×高さ)670ml-83mmクリスタルガラス
東洋佐々木ガラス ワイングラス ロマーナ楽天市場確認中 AmazonYahoo!-75×184mm(直径×高さ)265ml-59mmソーダライムガラス

【白ワイン用】ワイングラスおすすめ人気ランキング5選

【スパークリング用】ワイングラスおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格タイプサイズ容量重量飲み口の直径素材脚(ステム)食洗機対応
東洋佐々木ガラス シャンパン RN-10254CS楽天市場¥1,870 AmazonYahoo!フルート型67×227mm(直径×高さ)170ml-44mmクリスタルガラス
石塚硝子 フラネ シャンパングラス S-5633楽天市場確認中 AmazonYahoo!フルート型58×193mm(直径×高さ)165mm65g55mm-
Diamante Romance ロマンス シャンパングラス スワロフスキー ペアセット楽天市場確認中 AmazonYahoo!フルート型70×263mm(直径×高さ)200ml-70mmクリスタルガラス
RIEDEL エクストリーム ロゼ・シャンパーニュ楽天市場¥4,041 AmazonYahoo!-80×230mm(直径×高さ)322ml-56mmクリスタルガラス
鳴海製陶 グラスワークス スターフラワー シャンパングラス GW4156-63392AAZ楽天市場¥4,769 AmazonYahoo!フルート型66×264mm(直径×高さ)210ml-40mmカリクリスタル

【スパークリング用】ワイングラスおすすめ人気ランキング5選

ワイングラスのおすすめ人気メーカー

ワイングラスでもっとも有名な「リーデル」

「リーデル」は、18世紀にオーストラリアで誕生したワイングラスのメーカーです。ワイングラスの中でも絶大な人気を誇り、ワイングラスといえばリーデルといわれるほど。世界で初めて、品種に合わせたワイングラス作りを始めたことでも知られています。

高級ワイングラスのイメージがあり、1脚30,000円を超えるモデルもありますが、毎日気軽にワインを楽しみたい人向けのカジュアルラインも充実。安いものなら2,000円前後で購入できるので、老舗メーカーのグラスが欲しい人はチェックしてみましょう。

憧れの高級グラスメーカー「バカラ」

世界的に有名な高級ガラスメーカーの「バカラ」。普段ワインを飲まなくても名前だけは聞いたことがある、という人は多いのではないでしょうか。とっておきの贈り物や高級レストランで使われるイメージが強いのですが、意外と自宅で普段使いしている愛好家も多くいるブランドです。

バカラのワイングラスは安いものでも1万円台、高いものは10万円を超えるものもあり多種多様。赤ワイン向けの「シャトーバカラ」や万能タイプの「ベガ」なら1万円台で購入できるので、気になる人は注目してみましょう。

1,000円以下のワイングラスが豊富な「ニトリ」

おしゃれで機能性の高い生活雑貨がお手頃価格で購入できる「ニトリ」。ワイングラスも赤ワイン用・白ワイン用・スパークリング用・タンブラー型など5種類を扱っており、いずれも2脚セットで300~700円台と格安です。

ニトリのワイングラスは、いずれも耐久性の高いソーダガラス製。飲み口が薄く作られており、口当たりのよさが魅力です。タンブラー型以外は食洗機に対応していないので、取り扱いに注意してくださいね。

ホームパーティー用のワイングラスなら「IKEA」

北欧風の家具やインテリア雑貨が人気の「IKEA」ですが、キッチン・テーブルウェアもおしゃれなアイテムが充実しています。ワイングラスのラインナップは全22種類。スタンダードなモデルから、プラスチック製やゴブレットタイプまで、バラエティ豊かに取り揃えています。

注目すべきは、素材に結晶化ガラスを採用した「ストルシント」シリーズ。無鉛ながらクリスタルガラスに近いで透明度があり、耐久性が高いのが魅力です。4脚または6脚セットで販売されている商品が多いので、ホームパーティーで使いたい人におすすめですよ。

片山

まずは手ごろなグラスで先ほどご紹介した4つの型をそろえることが優先。

モンラッシェ型はいったんブルゴーニュ型で代用しましょう。

そしてご自身のワインの好みがわかってきてから、好みのタイプにあわせた高価なグラスを購入されることをおすすめします。
「高級なグラス買ってみたけど、割るのが怖くて使えない!」じゃもったいないので、落ち込むのは2日程度ですむような価格にしましょうね。

ワイングラスをより楽しむために

お気に入りのワイングラスを見つけたら、ワインをより美味しく楽しみたいですよね。初心者の人は、ワイングラスの持ち方や注ぐ量など基本を押さえておくと、いつものワインがさらに美味しくなりますよ。

また、ワイングラスを長く愛用するための洗い方もご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

ワイングラスの正しい持ち方

ワイングラスの正しい持ち方

日本では、ワイングラスのステムを指で持つのが基本的な持ち方とされています。これは、手の熱でワインの温度が上昇するのを防ぐほか、ボウルを手で覆ってしまうとワインの美しい色や泡を楽しめなくなるのが理由です。

しかし、「ボウルを一瞬持ったぐらいでは温度はすぐに変化しない」という考え方により、フランスやイタリアなどワインの本場・欧州ではボウルを手で持つのが一般的。実際にワイングラスの最大手メーカー「リーデル」では、ステムなしのシリーズを販売しており、ボウルを手で持つのがNGではないことを立証しています。

結論からいうと、世界的に決められているマナーはなく、ステムを持つのもボウルを持つのも個々の自由でOKです。日本でのパーティーなど、ステムを持っている人が多いときは周りに合わせるなど、臨機応変に対応することをおすすめします。

ワイングラスに注ぐワインの適量は?

ワイングラスに注ぐワインの適量は?

意外と知られていないのが、ワイングラスにどれぐらいの量を注ぐのが適しているか?ということ。ワインを美味しく飲むなら、ボウルがもっとも膨らんだ部分よりも少し少なめに注ぐのがベストです。一番膨らみの大きいラインを超えてしまうと、回したときに不安定になってしまうので注意してくださいね。

なお、リーデル社は公式ガイドとして、赤ワインは約120〜150cc、白ワインは約90ccを適量として発表しているので、ビギナーの人は参考にしてみましょう。

片山

白ワインが少な目なのは、白ワインの方が飲み頃温度が低いからです。

ボトルの中にあるより、グラスに注いだ方が、早く温度が上がってしまいます。注ぐ量を少なくしてこまめに注いだ方が、より美味しく飲むことができます。

ワイングラスの洗い方

ワイングラスの洗い方

大切なワイングラスは、うっかり割ってしまわないよう洗い方にも注意が必要です。特に高級なワイングラスは薄くて繊細に作られていることが多いので、基本的には食洗機を使わずに手洗いすることをおすすめします。

ワイングラスを洗うときは、ステムと飲み口に力を加えないようにするのがポイント。初心者のなかには、台座と飲み口を持って捻るように洗う人がいますが、これは絶対にNGです。

ボウルの底を手のひらで包むように持ち、やわらかいスポンジに少量の洗剤を付けて飲み口を洗いましょう。ワイングラスが汚れやすいのは飲み口部分なので、グラスの中までスポンジで洗う必要はありません。

また、ワイングラスを洗ったらすぐに布巾で水滴を拭き取ります。自然乾燥させてしまうと、残った水滴がウォータースポットと呼ばれる白い点になり、なかなか落とせなくなるので注意しましょう。

  • 高級なグラスは食洗機を使わずに手洗いする
  • ステムと飲み口に力を加えない
  • ボウルの底を手で包み込むように持って洗う
  • 飲み口をスポンジで洗い、ボウルの中は注ぐだけでOK
  • 洗い終わったら自然乾燥させずに布巾ですぐに拭く

片山

「リーデル」の高級ワイングラスや「バカラ」のものは、本当にシルエットデザインも洗練されていて、見ていて美しい!リムも薄くて、ワインを美味しく感じさせてくれます。しかし機能性やデザインと丈夫さはトレードオフ。非常に割れやすいです。
リーデルのワイングラスの取扱説明書には、飲んだら水につけておいて翌日洗うことがおすすめされています。酔っぱらって洗って高いグラスを割っては、酔いも覚めちゃいます!

ワイングラスの関連商品

吊り下げ棚に取り付けて収納できる「ワイングラスホルダー」

ワイングラスの収納には、専用のワイングラスホルダーがあると便利です。特におすすめなのは、キッチンの吊り下げ戸棚に設置する差込みタイプもの。穴あけやネジ止めなどの作業が不要で簡単に取り付けられるので、賃貸住宅にお住まいの人でも気軽に設置できます。

おしゃれでインテリアにもなる「ワイングラスラック」

ワイングラスホルダーを吊り下げる場所がない人や、高いところに収納したくない人には、スタンドタイプのワイングラスラックがおすすめです。おしゃれなものを選べばインテリアにもなるので、好みのデザインやカラーを選んでみてくださいね。

速乾性に優れた「グラス拭き用クロス」

ワイングラスを洗ったら水滴が乾かないうちにクロスで拭くのが鉄則。できればガラス製品専用の速乾性が高いクロスを用意しておくのが理想です。繊維が毛羽立つことなく、ガラスに傷をつけないマイクロファイバー製のクロスがおすすめですよ。

片山

ワイングラスを洗ったあとに使う布巾は、ワイングラス専用のものを使うことを強くおすすめします。普通の布巾だと繊維がグラスに残ることが多いです。

ワイングラスのよくある質問

ワイングラスの人気ブランドを教えてください。

記事の中で紹介したRIEDEL(リーデル)やBaccarat(バカラ)のほか、飛行機のファーストクラスでよく使われているSCHOTT ZWIESEL(ショット・ツヴィーゼル)、バレリーナシリーズが有名なLOBMEYR(ロブマイヤー)などが人気です。

100均でワイングラスは売っていますか?

ダイソー・セリア・キャンドゥなどの100均でワイングラスを扱っています。特にダイソーには、100均とは思えないほど口当たりのよい薄いグラスが売られているので、気になる人はチェックしてみましょう。

ワイングラスにコースターは使用しますか?

基本的には、ワイングラスなどの脚付きグラスにコースターは付けません。ワインは氷を入れて飲むことは基本ないので、あまり結露しません。したとしてもステムがあるので、テーブルを濡らすことはありません。お店でもコースターを使用しない場合がほとんどです。

おすすめワイングラスまとめ

この記事では、ワイングラスの選び方や扱い方、おすすめ商品ランキングなどの情報をお届けしました。最後にもう一度、選び方のポイントをおさらいしてみましょう。

ワイングラスの選び方まとめ
  • 飲みたいワインに最適な種類のワイングラスを選ぼう
  • 飲み口が薄ければ薄いほどワインが美味しくなるが、割れやすくなる
  • 手始めに揃えるなら万能型・ボルドー型・ブルゴーニュ型・フルート型の4種類
  • 食洗機に対応していると洗うのが簡単
  • 収納スペースに余裕がなければステムなしタイプを選ぼう

 

☆この記事の監修者:葡萄畑ココス 片山「趣味のワイン|ワインの通販 蒲萄畑ココスのブログ

 

なお、今回はワイングラスについて詳しくご紹介しましたが、Picky’s(ピッキーズ)では他のワイン関連グッズについても別記事で紹介しています。ぜひ併せて読んでいただき、おうちワインをより楽しんでくださいね。

関連記事:【ワインをもっと美味しく】デキャンタおすすめ15選|ウイスキーや日本酒にもぴったり

関連記事:【簡単に抜栓】ワインオープナーおすすめ19選|電動式やおしゃれなソムリエナイフも

関連記事:【卓上で保冷】ワインクーラーおすすめ16選|氷不要やおしゃれなステンレスも

関連記事:【おしゃれすぎる】カクテルグラスおすすめ18選|種類や持ち方解説も

関連記事:【極甘口から辛口まで】白ワインおすすめ26選|合う料理・おつまみ・カクテルも紹介

関連記事:【料理に合う】赤ワインおすすめ25選|初心者も飲みやすい甘口から有名銘柄まで紹介

関連記事:国産の高級品も!ハイボールに合うウイスキーおすすめランキング22選|スコッチなどタイプごとに解説

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー