【おしゃれすぎる!?】シーン別で活躍するおしゃれなワイヤレスイヤホン15選

イヤホンジャックのないスマートフォンが増え、それに伴ってワイヤレスイヤホンで音楽を聞く方も多くなってきました。

とし

ワイヤレスイヤホンの性能も向上して使いやすくなっただけでなく、おしゃれなデザインの機種も増えました!

おしゃれなイヤホンをしているとふと目につきます。日常で使うことも多いからこそ、デザインにもこだわりたいですよね。

イヤホン うどん 見た目

ちょっとうどん感が気になるAirPods

AirPods Proは丸みを帯びたデザインです。さらにカナル型になったことで遮音性が一段と高まった印象があります。

Airpods Pro かわいい

AirPods Proから丸みを帯びて可愛さが増した

最新AirPods Proのレビュー記事はこちら

ファッションとしても一目置かれるような、ワイヤレスイヤホンの中でもおしゃれで可愛いものを紹介していきます!

編集部

おしゃれなデザインだと思わず着けて外に出かけたくなっちゃう!

おしゃれなワイヤレスイヤホンの選び方

「デザインも重視したいけど、音質や機能性も比べながらベストな一台を見つけたい…」

そんな方に向けて、今回はおしゃれな最新ワイヤレスイヤホンについて徹底調査・比較しました!

まずは選び方をお伝えします!

機能で選ぶ

「見た目も大事だけど、音質や性能もしっかりこだわりたい!」という方は、「機能」についての情報に目を通しましょう。

ワイヤレスイヤホンにはどんな機能があるのか解説していきます!

大迫力で臨場感を楽しむなら「高音質」なものを選ぼう

イヤホン購入する際にやっぱり「音質」にこだわりますよね!

音質を見極める際のチェックポイントは「コーデック」。これはBluetooth接続を行う際の「音声データの転送方式」のことを言います。

実は接続する機器がiOSかAndroidかによっても、コーデックの相性が異り、音質に影響があるんです。

一般的に「AAC」と呼ばれるコーデックがiPhoneなどiOS機器と相性が良く「aptX(アプトエックス)」と呼ばれるものがAndroidにピッタリです。

「難しいことはよくわからない!」という方は、口コミやレビューを参考にして比較すると◎。

「接続の安定性」は超重要

ワイヤレスイヤホンはBluetoothで無線接続するため、接続が不安定な機種を選ぶとストレスになってしまいます。

この問題を見極める際のチェックポイントはBluetoothの「バージョン」です!一般的に数値が大きいほど安定しますので、「Bluetooth4.2」以降のものを選べば気にならないでしょう。

最新モデルであれば技術が進歩していますし、接続が途切れる心配はほとんど無いと言っても過言ではありません。

長く使うなら「連続再生時間」や「充電時間」を確認

ワイヤレスイヤホンのデメリットは、充電式であること。

充電しないと使えないため、有線イヤホンとは違って使用可能時間に制限があります。

できればバッテリーも長持ちで、頻繁に充電する必要が無いものだとうれしいですよね。

本記事では連続再生時間や充電時間も含めて商品を紹介しますので、ぜひご都合に合わせて比較してみてください!

音楽だけに集中するなら「ノイズキャンセリング機能」

イヤホン装着時につい気になってしまうのが周りの雑音。そういったノイズを低減してくれるのが「ノイズキャンセリング機能」です。

この機能が優れていると、周りの人の会話を綺麗にシャットアウトしてくれます。音楽に没頭したい方、音楽を聴きながら仕事や勉強に集中したい方は必見の機能です。

強風時や走っている時の「風切り音」をカットしてくれる機能を備えた機種もあります。

汗をかく運動やお風呂でも使うなら「防水性能」が必見

WF-SP900 防水

ワイヤレスイヤホンの需要増加から、どんなシーンでも使えるようにと「防水性能」に力を入れているメーカーも増えてきました。

たとえばスポーツで大量の汗を流したとき、「イヤホンが濡れて故障する」というのを防ぐことができます。

ワイヤレスイヤホンは有線イヤホンと比べて「落としやすい」アイテムなので、もしも水に落としてしまっても大丈夫なものだと安心。

「水中で音楽を聴きたい!」という需要はあまりないかもしれませんが、お風呂の中で楽しめるような防水性のあるワイヤレスイヤホンも登場しています。

使用シーンで選ぶ

ワイヤレスイヤホンは、「どんな用途で使うか」が意外と重要です!

スポーツやランニングで使う

たとえばランニングやジムなど、運動中に頻繁な使用を考えているなら、激しく動いても外れないようなイヤホンが良いですよね。

汗もたくさん流すので、防汗・防水機能があるとより安心です。

通勤・通学で使う

人混みの多い街中や通勤中の満員電車での使用を考えているなら、音漏れがしにくいものや、「ノイズキャンセリング機能」があり周囲の音をカットしてくれるものがベスト。

勉強や仕事で集中したいときに使う

カフェや自宅で音楽を聴きながら作業に集中したい!という方も多いですよね。

そんな方にぜひチェックしていただきたい機能は「ノイズキャンセリング機能」「つけ心地」です。

とくにカフェなどでは、周りの会話の声量を低減してくれるノイズキャンセリングは大活躍してくれます。

加えて長時間の使用を想定して「つけ心地も」重要視しましょう。カナル型の密着感が苦手、という方も多いので口コミやレビューなども要チェックです。

デザインで選ぶ

おしゃれなワイヤレスイヤホンをお探しなら、やはり一番目を光らせるのがデザインやカラーリング。

昨今は本当に外観のバリエーションも豊富となってきたので、機能と合わせて必ずチェックしたいポイントです!

スタイリッシュでシンプルなデザイン

とくに男性に人気があるのがブラックでスタイリッシュなデザイン。シンプルなものが一番カッコ良いですよね。

私服はもちろんスーツにも似合うので、通勤中でもスマートで違和感がありません。

女子らしい可愛いカラーバリエーション

WF-SP900 デザイン

女性の方にぜひチェックしていただきたいのがカラーバリエーション。

ブラックのみのワイヤレスイヤホンもあれば、複数のカラー展開で販売している機種もあります。

「かわいさ」も重視するならカラーもチェックです!

形状で選ぶ

実はワイヤレスイヤホンの形状にも、違いがあるんです。

コードレスな「完全ワイヤレスイヤホン」

「完全ワイヤレスイヤホン」とは、左右のイヤホンが独立しており、完全にコードレスなイヤホンのことを言います。

ケースに入れて持ち運ぶのが一般的で、有線イヤホンでありがちなコードの絡まりがなくストレスフリーなことがメリット。

ただしコードで繋がっておらずイヤホン自体が小さいため、「紛失しやすく探しづらい」というデメリットもあります。

安定感抜群でスポーツ向きな「ネックバンドタイプ」

「ネックバンドタイプ」のワイヤレスイヤホンとは、左右のイヤホンがコードで繋がっていて、首の後ろで垂れ下がっているタイプのものです。

完全ワイヤレスイヤホンの急速な普及により、ネックバンドタイプのワイヤレスイヤホンはなかなか見かけなくなってきました。

しかし「紛失のしにくさ」「安定感・外れにくさ」は優秀なので、運動用としてネックバンドタイプを選ばれる方もまだまだ多くいます。

関連:【2021年】首掛けイヤホン (ネックバンド型) おすすめ 15選

【スポーツに】ワイヤレスイヤホンおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格タイプ連続再生時間充電時間ノイズキャンセリング防水機能カラー
JBL UA SPORT WIRELESS FLASH¥19,350 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型5時間2時間-ブラック
SONY WF-SP900¥14,800 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型6時間--イエロー
Bose SoundSport Pulse wireless headphones¥17,800 Amazon楽天市場Yahoo!ネックバンド5時間--パワーレッド
Beats Powerbeats Pro確認中 Amazon楽天市場Yahoo!耳かけ9時間--アイボリー・クラウドピンク・グレイシアブルー・スプリングイエロー・ネイビー・ラバレッド
Bang & Olufsen Beoplay E8 Sport¥35,382 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型7時間2時間-ブラック・ブルー

スポーツやランニングで使いたいおしゃれなワイヤレスイヤホン5選

関連記事:お風呂で使える!最強防水ワイヤレスイヤホンランキングTOP10

関連記事:ランニングにはこれ!最強オススメ|ワイヤレスイヤホンランキングTOP10

関連記事:【全機種比較レビュー】音質&機能で選んだ Beats(ビーツ)イヤホン おすすめランキング (2021年決定版)

Beatsのイヤホンはこちらもおすすめです!

関連記事:【実機で評価】Beats Flex 使い勝手や先代モデルとの違いをレビュー

【通勤・通学に】ワイヤレスイヤホンおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格タイプ連続再生時間充電時間ノイズキャンセリング防水機能カラー
GLIDiC Sound Air TW-5000s¥2,980 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型10時間2時間--ブラック・シャンパンゴールド
SONY WF-1000XM3¥17,300 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型6時間--ブラック・ホワイト
ag TWS03R¥9,300 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型5時間---ブラック・クリーム・グリーン・ブルー・モモ・レッド
パナソニック RZ-S30W-K¥8,900 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型7.5時間4時間-ブラック・ホワイト・グリーン
Hihiccup TWS-A8確認中 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型6時間-ブラック

通勤・通学で使いたいおしゃれなワイヤレスイヤホン5選

関連記事:【AirPodsじゃ物足りない!】女性におすすめのかわいいワイヤレスイヤホン20選!

関連記事:【評価レビュー】SONYイヤホン WF-1000XM3 音質とノイズキャンセリングを徹底検証

関連記事:デザイン性重視!おすすめ完全分離型bluetoothワイヤレスイヤホン10選

【集中したい時に】ワイヤレスイヤホンおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格タイプ連続再生時間充電時間ノイズキャンセリング防水機能カラー
HUAWEI FREEBUDS 3¥7,900 Amazon楽天市場Yahoo!インイヤー20時間-ブラック・ホワイト・レッド
Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro¥12,980 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型8時間1.5時間ブラック
JPRiDE TWS-520¥4,980 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型6時間--ブラック
Apple AirPods Pro確認中 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型4.5時間-ホワイト
Jabra Elite 75t¥14,380 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型7.5時間-チタニウムブラック

集中したいときに使いたいおしゃれなワイヤレスイヤホン5選

関連記事:【コスパ最強のワイヤレスイヤホン】HUAWEI FreeBuds 3iの解説と口コミ・レビュー

関連:【決定版】AirPods Pro (エアーポッズプロ)を使うなら知っておきたい使い方と7つの便利なコト!

関連:【マニアが評価】AirPods Proの凄さとダメな点を率直レビュー!WF-1000XM3とも比較

番外編:おしゃれでユニークな有線イヤホン

ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリット

ワイヤレスイヤホンと有線イヤホンを比較したメリット・デメリットを解説します。それぞれの特徴を抑えて使用するシチュエーションに合ったタイプのイヤホンを選びましょう!

ワイヤレスイヤホンのメリット

ワイヤレスイヤホンは無線なのでコードレス。たとえば有線イヤホンでありがちな「カバンの中でのコードの絡まり」がありません!

基本的にケースから出してすぐに使え、収納はケースにしまってポケットやカバンに入れるだけ。有線イヤホンを使っていた時のストレスから開放されます。

またイヤホン使用中もコードがブラブラと垂れ下がらないので、歩行時やランニングなどスポーツ時でも全く邪魔になりません。

加えて地味なメリットですが、マスク装着時でも耳にかける紐に絡むことがない、というポイントもあります。

ワイヤレスイヤホンのデメリット

一方でバッテリー充電が必要な点がデメリット。外出時にバッテリーが切れてしまった場合は、手持ち無沙汰になることも。

左右のイヤホンが独立している「完全ワイヤレスイヤホン」だと、ぶつかった拍子に落として故障や紛失してしまうことも。駅のホームで線路に落としてしまって駅員さんに迷惑をかけてしまった、という悪いニュースも近年目立っています。

コードレスでとても便利なワイヤレスイヤホンですが、紛失には十分気をつけましょう!

ワイヤレスイヤホンの仕組みについて

ところで、なぜワイヤレスイヤホンは無線で接続することができるのでしょうか。「Bluetooth」という名前を聞いたことがあるかと思いますが、その仕組みについて解説してきます。

Bluetooth(ブルートゥース)とは

「Bluetooth」とは国際基準規格の無線通信技術のひとつであり、これにより機器同士でデータのやりとりが可能になります。

有効範囲はおよそ10m以内のものがワイヤレスイヤホンでは一般的です。

元々は1998年にコンピュータおよび通信業界の大手であるインテル、ノキア、東芝、エリクソン、IBMの5社で「Bluetooth SIG」を設立して開発が行われました。

Bluetoothは他の無線技術よりも人体への影響がないとされているため、医療現場などシビアな環境においても導入が進んでいる技術です。

Bluetoothの仕組み

人体に影響がない2.4GHz帯の周波数を利用して機器同士を繋げます。

免許不要で手軽に利用できる通信域で、かつ通信費がかからなので爆発的に普及しました。

Bluetoothの通信距離

Bluetoothには「Class」という呼ばれるものがあり、Classによって有効範囲が大きく変わります。スペック部分にClassが書いてあることもあるので、確認してみましょう。

クラス 有効範囲 最大許容入力
Class1 約100m程度 100mW
Class2 約10m程度 2.5mW
Class3 約1m程度 1mW

Bluetoothをペアリングする

2.4GHz帯を79のチャンネルに分けてさらに周波数をランダムに変える「ホッピング」と呼ばれる動作をおこなっているので、混線が起きにくい仕様になっています。

これを機器同士で共鳴させることでペアリングが可能になります。

Bluetoothのバージョン

商品の説明や仕様に関する情報を読んでいると「Bluetooth5.0」といったように、後ろに数字がついているのをみたことがあるかもしれません。

これはバージョンを表しており、以下のように進化してきました。

バージョン 公開日 アップデートされた点
2.0 2004年11月 容量の大きいデータを通信する際に最大通信速度を3Mbpsの通信に切り替える「Enhanced Data Rate (EDR)」がオプションで追加できるようになった。
2.1 2007年3月 ペアリングが簡略化され、近距離無線通信の「Near Field Communication (NFC)」に対応した。マウスやキーボードなどのスリープ時間が多い機器のバッテリーを最大で5倍延長できる機能を加えた。
3.0 2009年4月 最大通信速度が24Mbpsとなる「High Speed (HS)」がオプションで追加できるようになった。また、電力管理機能を強化して省電力性を向上させた。
4.0 2009年12月 大幅に省電力化された「Bluetooth Low Energy (LE)」が追加された。ボタン電池1つのみでも数年駆動可能としている。ホスト側は両方を組み込んだ「デュアルモード」を実装できる。

4.1 2013年12月 「Bluetooth Low Energy」に モバイル端末向け通信サービスの電波との干渉を抑える技術、データ転送の効率化、自動の再接続機能、直接インターネット接続できる機能、ホストとクライアント同時になれる機能、が追加された
4.2 2014年12月 「Bluetooth Low Energy」に「Data Packet Length Extension」を追加し、通信速度(アプリケーションスループット)が260kbpsから650kbps[11]に2.5倍高速化。「Bluetooth Low Energy」が IPv6/6LoWPAN でインターネット接続できるようになる
5.0 2016年12月 「Bluetooth Low Energy」のデータレートが2Mbps, 1Mbps, 500kbps, 125kbpsになり、2及び1Mbpsは従来通り到達距離が100m、125kbpsは到達距離が400mとなった

最新のBluetoothにおいては一度に送信できるデータ量が増えただけでなく、到達距離がかなり伸びました。

データのやりとりがより高速したことにより、遅延が極端に少なくなったと感じるようになりました。

さらに一度に送ることのできるデータ量が増えれば、より高解像度のハイレゾ音楽も原曲に近い形で聞くことができ、遅延とも無縁の世界が訪れると予測されます。

関連記事:【簡単】Bluetoothやコーデックとは?イヤホン選びのポイントを徹底解説

ワイヤレスイヤホンの手入れの仕方

インナーイヤー型のイヤーピース部分

インナーイヤー型のイヤホンにとって、イヤーピース部分は重要なパーツです。

購入した際のデフォルトな状態だと耳にうまくハマらない人も、通常付属でサイズ違いのものがあるため、装着感に合わせて交換することができます。

しかし、これも長く使っていくと消耗していくため、少し高めのものを購入したときは交換する必要が出てきます。

たとえば「AirPods Pro」のイヤーピース部分のみを購入しようとすると約450円ほどで購入することができます。

コードが古くなってしまったとき

ワイヤレスイヤホンはその名の通りコードがないので、劣化することがありません。そのため有線のイヤホンよりも長持ちすると言われています。

バッテリー残量を確認する方法

ワイヤレスイヤホンの場合、イヤホンケースの表示やスマホアプリ上でイヤホンバッテリー残量を確認することができます。

ワイヤレスイヤホンの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているワイヤレスイヤホンのランキングです。最安&人気のアイテムをぜひチェックしてみましょう!

おしゃれなワイヤレスイヤホン まとめ

ここまで最新のおしゃれなワイヤレスイヤホンの選び方や人気商品について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ちょっと前までは有線イヤホンが主流でしたが、あっという間にワイヤレスイヤホンが普及し、デザインにこだわる方も増えてきました。

高めの買い物なので、ずっと使える素敵なものがいいですよね!

この記事がおしゃれなワイヤレスイヤホン選びの参考になればうれしいです。

おすすめのワイヤレスイヤホンについては以下の記事でもレビューしています!

関連記事:【辛口評価】Bose QuietComfort Earbuds ノイズキャンセリングや高音質を検証レビュー

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー