【2022年】AirPodsを超えるコスパ最高モデルが続々。おすすめ完全ワイヤレスイヤホンTOP25

ワイヤレスイヤホン おすすめ

日々進化を続ける完全ワイヤレスイヤホン!

音楽を楽しむだけでなく、使いやすさやデザインにこだわった最新モデルが続々登場しています。

ワイヤレスイヤホン まとめ

形だけでも様々なワイヤレスイヤホンがある

最近ではAirpodsが爆売れしており、ワイヤレスイヤホンの需要も高まっています。

ただAirpodsは高いし、もう少しお手頃なイヤホンが良いという人はたくさんいると思います。

今回は色々なワイヤレスイヤホンを実際に試してみて、本当におすすめできる完全ワイヤレスイヤホンを厳選してみました。

AirPodsに劣らない、高品質でコスパ最高の人気完全ワイヤレスイヤホンをご紹介していきます!

この記事を読めば、最新の完全ワイヤレスイヤホンのトレンドや選び方までしっかり分かるのでチェックしてみてください

とし

ワイヤレスイヤホンの購入に悩むすべての人にわかりやすい記事を届けるために奮闘しました!

今、どうしてワイヤレスイヤホンが見直されているのか?(完全ワイヤレスってなに?)

普通のワイヤレスイヤホンと“完全”ワイヤレスイヤホンの違いってなに?

完全ワイヤレスイヤホン作例

コードがないので見た目がすっきり

「完全ワイヤレスイヤホン」は、コードレスで左右のイヤホンが完全独立しています。

2つのイヤホンは、ケースから取り出したときに自動的にペアリングされます。ケースから取り出すたびにBluetoothで接続する必要はありません!

たつや

自動的にペアリングされるなんて賢いんですね!

完全ワイヤレスイヤホンは内臓されているチップによって音質が左右されます。

またバッテリーが埋め込まれているため、防水性が重要とされています。最近の完全ワイヤレスイヤホンは防水機能が向上しているモデルも多いです!

カナル型イヤホン 白

完全ワイヤレスイヤホンは両耳が独立している

完全ワイヤレスイヤホンはコードレスですが、一方で両方のイヤホンがコードで繋がった「ネックバンドタイプ」のワイヤレスイヤホンもあります。

技術の進歩でコスパが向上してきている!

コスパ重視の私は、1000円の有線イヤホンを買いがちで、断線などで使えなくなっては新しい安いイヤホンを購入するというサイクルを繰り返していました。

しかしワイヤレスイヤホンもかなり普及してきて、値段もかなり低価格になってきました。

最近の完全ワイヤレスイヤホンはリーズナブルな商品でも素晴らしい音質で、違和感を感じさせません。

ハイエンドユーザー向けの高音質モデルも登場しており、今後もますます目が話せないことになりそうです!

Bluetoothはいまだに進化しつづけている!遅延はどうなの?

現在広く利用されているのはBluetooth5.0。一度に送れるデータ量が増え、より便利に使いやすくなりましたが、音質自体の向上とはあまり関係がありません。

しかし混線や遅延がかなり改善されてきたのは事実で、今後もさらに使いやすくなっていきそうです!

Bluetoothについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください!

関連記事:【簡単】Bluetoothやコーデックとは?イヤホン選びのポイントを徹底解説

スポーツでも大活躍、防水性も向上している

とにかく使用シーンの多様性にともなって、ジムなどでも使用したいというユーザーが増え、大量の汗にも強い耐水のワイヤレスイヤホンも普及しています。

お風呂でも使えてしまうような防水性の高いイヤホンまでも登場しています!「そこまでする必要あるのか!?」なんて思いながら、集中したいときは1日中音楽を聞いてるような人にとっては本当にありがたい機能です。

関連記事:ワイヤレスイヤホンでスポーツを快適に!選び方とオススメ10選をご紹介!

ワイヤレスイヤホンのバッテリーの持ちは?

完全ワイヤレスイヤホンはバッテリーを内臓しているので、ケースにしまって充電する必要があります。

ワイヤレスイヤホン自体のバッテリー持ちは、製品によっておよそ1~6時間程度までかなりの幅があります。1時間程度のバッテリー持ちだとすぐに切れてしまってピーっと音が切れてしまうので不便です。

頻繁な使用を考えている方は、完全ワイヤレスイヤホンの購入を検討する際にはバッテリーが長持ちするタイプのものを購入するのがおすすめです!たとえばAirPodsだと、イヤホン自体のバッテリーの持続は音楽の再生で5時間程度とかなり長いです。

10分程度で充電が完了するようなワイヤレスイヤホンもあります!「充電時間」も要チェックです。

いちいちバッテリーが切れてしまうのはそれだけでストレスだったりしますよね!

また一般的にネックバンド型のほうが若干バッテリーの持ちが良い傾向にもあります。イヤホンヘビーユーザーの方はネックバンド型のワイヤレスイヤホンも検討してみてください。

モバイルバッテリーとしても使用できる

ワイヤレスイヤホン バッテリー

実はワイヤレスイヤホンのケースが「モバイルバッテリー」としても使用することができるものもあるんです!

ワイヤレスイヤホン 充電

上の写真のワイヤレイヤホンのケースは、バッテリーの残量を教えてくれます。外出時のスマホの充電に使うことができ、いざというときに重宝します!

意外とバッテリー持ち良いワイヤレスイヤホンケースも多く、ひとつの商品で充電もできて、音楽も楽しめて、一石二鳥です!

「ノイズキャンセリング機能」も搭載している

外部の音と逆位相の音で、騒音をシャットアウトする「ノイズキャンセリング機能」を搭載したワイヤレスイヤホンも増えてきています。

価格が高くなってしまう傾向にはありますが、周りの雑音を気にせずに音楽を楽しむことができるのが魅力です。

周りの会話が気になってしまうようなカフェや仕事場で、作業に没頭することもできますよ!

関連記事:【ノイズキャンセリング性能搭載!】おすすめワイヤレスイヤホン5選!

人気の完全ワイヤレスイヤホン!どんな種類やタイプがある?

普段なんとなく音楽を聞くためのものから、ランニングなどでスポーツの場面でも使用したいときなど…。使用シーンや用途にあわせていろいろなワイヤレスイヤホンがあります。

とくに完全ワイヤレスイヤホンは内部に音声チップやバッテリーなどが組み込めれている精密機械。防水機能が弱いと、汗や雨などですぐに壊れてしまうこともあります…。

自分に合ったタイプの完全ワイヤレスイヤホンを見つけて、思いっきり音楽や動画を楽しみましょう!

以下に完全ワイヤレスイヤホンのタイプを解説していきます!

遮音性重視なら「カナル型」の完全ワイヤレスイヤホン

カナル型イヤホン

一般的によく見られる完全ワイヤレスイヤホンで、耳の穴にしっかりと埋め込むことができるタイプです。

カナル型の完全ワイヤレスイヤホンの特徴は、その遮音性の良さ。外部の音を遮断して、音楽に没頭することができます。

一方で耳の穴にしっかり入らないと、ぽろっと落ちてしまったりすることもあります。

付属のイヤーピース(イヤホンの先端にあるゴムの部分)などで、大きさやつけ心地を調節しましょう。

カナル型イヤホン 装着例

カナル型ワイヤレスイヤホンの使用例

関連記事:【プロが装着感や遮音性で選んだ】カナル型イヤホンおすすめ20選 (2021年版)

AirPodsをはじめ人気の「インナーイヤー型」完全ワイヤレスイヤホン

AirPods作例

インナーイヤー型のワイヤレスイヤホンで有名なのはやはりAirPodsです。

どんな耳の形の人にも装着しやすいように設計されているので、普段音楽を聴くには耳から落ちることが少ないです。

公式では防水機能はないとされていますが、意外と汗などでも壊れない防滴性を備えているので、ジムで装着している人も多いですよね。

インナーイヤー型イヤホンの使用例

インナー型のワイヤレスイヤホンについては以下の記事がおすすめです!

関連記事:【2021年】インナーイヤー型ワイヤレスイヤホン5選

AirPodsについてもレビューしていますので、ぜひ読んでみてください!

関連記事:【超便利】AirPods(エアーポッズ)を使うなら知っておきたい使い方と4つの便利なコト!
関連記事:一度使ったら、手放せない!ワイヤレスイヤホンNO.1 Airpodsをレビュー!!
関連記事:【決定版】AirPods Pro (エアーポッズプロ)を使うなら知っておきたい使い方と7つの便利なコト!
関連記事:【マニアが評価】AirPods Proを買うべき理由&買ってはいけない理由。WF-1000XM3とも比較

ハンズフリー通話なら「片耳タイプ」の完全ワイヤレスイヤホン

片耳のイヤホン

片耳タイプのワイヤレスイヤホンは、ハンズフリー通話での利用に人気。

片方だけなので、コンパクトで持ち運びも便利です。

サクッと音楽を聞きたいときや通話のために利用したいときは、すぐに耳にはめて使えます。

たつや

ケースから取り出してすぐにペアリングできるのもいいですよね!

関連記事:【2021年】 片耳イヤホンおすすめ 20選 | 耳掛け式やマイク付きモデルなど徹底解説

「骨伝導」や「耳掛けタイプ」の完全ワイヤレスイヤホン

耳掛けタイプワイヤレスイヤホン

耳から落ちにくく、安定感があることで人気のワイヤレスイヤホン。

外で聞くにはいいですが、静かなところでは音漏れする商品もあり、場所を選ぶタイプのワイヤレスイヤホンですね。

ワイヤレス みみかけ

耳掛けタイプの使用例

見た目もすっきりとしておしゃれです!

編集部

デザインはユニークでおしゃれだけど、使う場所と人を選びそうよね笑

関連記事:【耳から落ちない・耳が痛くならない】耳掛けイヤホン 人気おすすめ12選 (2021年最新版)

汗にも強い「防水機能」のある完全ワイヤレスイヤホン

防水性ワイヤレスイヤホン

防水機能にもレベルがありますが、最近ではプールでも使えるレベルの防水機能を備えたイヤホンも登場しています。

スポーツで使うときなども、汗や水滴が気になってしまいますよね。

お風呂でも使いたいという要望にも応えたタイプの完全ワイヤレスイヤホンもあります!

関連:ジムやお風呂でも使いたい!おすすめ防水bluetoothワイヤレスイヤホン10選

仕事や作業に集中するなら「ノイズキャンセリング機能」が欠かせない

音質や防水性に加えて、さらに重要視したいワイヤレスイヤホンの特徴が「ノイズキャンセリング機能」

この機能があれば、イヤホン装着中でも周りの騒音を完全にシャットアウトしてくれるので、周りの会話が気になりがちなカフェでも仕事に集中・没頭することができます!

関連:【ノイズキャンセリングイヤホンを完全解説】失敗しない選び方と人気おすすめランキング 20選

とくにAirPods Proや、SONYやAnkerのワイヤレスイヤホンはノイズキャンセリング機能に定評があります!詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

関連:【マニアが評価】AirPods Proを買うべき理由&買ってはいけない理由。WF-1000XM3とも比較
関連:【評価レビュー】SONYイヤホン WF-1000XM3 音質とノイズキャンセリングを徹底検証
関連:【徹底レビュー】Anker Soundcore Liberty Air 2 ノイズキャンセリング性能や音質をレビュー

斬新な「マグネット式」ワイヤレスイヤホン

新型マグネット式

こちらはかなり斬新なワイヤレスイヤホンで、フードなどにマグネット装着して音楽を聴くことができるタイプです。

耳に直接装着しないので、長時間使用しても快適に使うことができます。

最初はマグネットで挟む使い方にはかなり戸惑いましたが、慣れると気にならず、デザインもおしゃれな感じです!

フード装着型

フードに装着したときの使用例

新型マグネット式ワイヤレスイヤホン

ニット帽につけるのもおしゃれ!

また驚くことに周りに音が漏れません!カナル型のように耳に密着していないのに、音漏れなく良質な音質で楽しめるのには感動しました。

番外編:「ネックバンドタイプ」のワイヤレスイヤホン

wireless-earphone

ネックバンドタイプの使用例

首にかけることができ、落としても紛失しにくい安心感から、スポーツでの使用に人気のあるネックバンドタイプのワイヤレスイヤホン。

ネックバンド型のワイヤレスイヤホンには、防水性能にこだわりのあるモデルも多いです。ランニングやトレーニング中の大量の汗にも強くて安心です!

完全独立型のワイヤレスイヤホンよりもバッテリーの持ちが良いという傾向もあります。

ネックバンドタイプのワイヤレスイヤホンについて、詳しくは以下の記事を参考にしてみてください!

関連記事:【2021年】首掛けイヤホン (ネックバンド型) おすすめ 15選

完全ワイヤレスイヤホンの選び方

完全ワイヤレスイヤホンを選ぶための基準は5つです!

それは、価格・見た目・装着感・音質・機能性の5つのポイント。それぞれ詳しく見ていきましょう!

一万円以下でも音質◎!コスパ重視でワイヤレスイヤホンを選ぶ

完全ワイヤレスイヤホンでも安いものは3000円から購入することも可能です!とくに「TaoTronics」はものすごく売れた大人気商品として有名です。

TaoTronics Bluetooth ヘッドホン TT-BH07
TaoTronics

最近では3000〜5000円の完全ワイヤレスイヤホンでも、十分過ぎるほどに音質がよく、満足度の高いモデルも多いです。詳しくは以下の記事を参考にしてみてください!

関連記事:【神】コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンTOP10

一方で10000〜20000円ほどする高級なワイヤレスイヤホンもあります。このようなモデルは「ノイズキャンセリング機能」が圧倒的に優れていたり、バッテリー持ちが長かったりといった特徴があります。

本記事では、価格と機能を踏まえておすすめ完全ワイヤレスイヤホンランキングを作成しましたので、ぜひ最後まで読んでみてください!

女性にもおすすめ!おしゃれでかわいいワイヤレスイヤホンを選ぶ

せっかくだからデザインにもこだわって、おしゃれなワイヤレスイヤホンが欲しいという方は多いはず。

とくに海外メーカーはユニークな外観のモデルも多く、ワイヤレスイヤホンを選ぶのが楽しくなってしまいます!

女性へのプレゼントにもおすすめなワイヤレスイヤホンについては以下の記事がおすすめです!

関連:【2021年版】プレゼントにもおすすめ!最高品質のワイヤレスイヤホン15選

長時間使うなら「つけ心地」や「快適さ」でワイヤレスイヤホンを選ぶ

ワイヤレスイヤホンのつけ心地は、人それぞれ好みが別れるもの。まずは「カナル型」「インナーイヤー型」かを選びましょう!

ヘッドホンに比べるとつけ心地を調整しやすいですが、買ってから後悔しないように慎重に選んでいきましょう。

とくに作業に集中するために、長時間使用したい!という方には重要なチェック項目です。

音質にこだわって選ぶ

音質でワイヤレスイヤホンを選ぶ際にぜひ注目したいのが「メーカー」です!

たとえば国内メーカーのSONYなどは品質が安定していることで安心!ほかにも音質で有名なオーディオテクニカゼンハイザーなら失敗が少ないでしょう。

かなり価格は高額になりますが、AppleのAirPods Proも間違いないクリアでなめらかな音質です!

音質に定評のあるメーカーの完全ワイヤレスイヤホンについては以下の記事がおすすめです!

関連:【決定版】AirPods Pro (エアーポッズプロ)を使うなら知っておきたい使い方と7つの便利なコト!
関連:【実写レビュー】ゼンハイザー ワイヤレスイヤホン MOMENTUM True Wireless2 を徹底検証 & 口コミ評価!
関連:【聴き比べて検証】本当に音質が良いワイヤレスイヤホンおすすめランキングTOP10

ノイズキャンセルやハンズフリー通話など最新機能で選ぶ

ノイズキャンセリング機能に優れたワイヤレスイヤホンや、AIなど最新機能を搭載したモデルも続々登場しています。

ハンズフリー通話がしやすいような、タッチ操作がカンタンなワイヤレスイヤホンもあります。

最新の機能が好きな方は新しい機能をいち早く試してみるの面白いです!

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ人気ランキングTOP20

最新の人気完全ワイヤレスイヤホンについて徹底リサーチしました。価格や機能を比較しながらおすすめランキングを作成しましたので、ぜひ参考にしてください!

関連記事:【マニアが評価】AirPods Proを買うべき理由&買ってはいけない理由。WF-1000XM3とも比較
関連記事:【決定版】AirPods Pro (エアーポッズプロ)を使うなら知っておきたい使い方と7つの便利なコト!

関連記事:【評価レビュー】SONYイヤホン WF-1000XM3 音質とノイズキャンセリングを徹底検証

関連記事:一度使ったら、手放せない!ワイヤレスイヤホンNO.1 Airpodsをレビュー!!
関連記事:【超便利】AirPods(エアーポッズ)を使うなら知っておきたい使い方と4つの便利なコト!

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ人気比較一覧表

商品最安価格ブランドBluetooth対応コーデック防水機能ノイズキャンセリング外音取り込み再生時間カラー
1位:TaoTronics SoundLiberty 97Amazon¥4,280 楽天市場Yahoo!TaoTronics5.0apt-X / SBC / AACIPX8-イヤホン単体:9時間 合計再生時間:36時間ブラック
2位:Anker Soundcore Liberty Air 2¥10,800 Amazon楽天市場Yahoo!Anker5.0SBC / AAC / aptXIPX5-イヤホン単体:7時間 合計再生時間:28時間ブラック・ホワイト・ピンク
3位:Apple AirPods Pro¥29,036 Amazon楽天市場Yahoo!Apple5.0SBC / AAC-イヤホン単体:9時間 合計再生時間:36時間ホワイト
4位:Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro¥12,980 Amazon楽天市場Yahoo!Anker5.0SBC / AACIPX4イヤホン単体:7時間 合計再生時間:26時間ブラック・ホワイト・ネイビー・ピンク
5位:Anker Soundcore Liberty Neo 2¥4,990 Amazon楽天市場Yahoo!Anker5.2SBC / AACIPX7--イヤホン単体:10時間 合計再生時間:40時間ブラック
6位:SONY WF-1000XM3¥15,014 Amazon楽天市場Yahoo!SONY5.0SBC / AAC-イヤホン単体:6時間 合計再生時間:24時間ブラック・プラチナシルバー
7位:Jabra Elite 85t¥16,999 Amazon楽天市場Yahoo!Jabra5.1SBC / AACIPX4イヤホン単体:5.5時間 合計再生時間:25時間ブラック・グレー・コッパーブラック・ゴールドベージュ・チタニウムブラック
8位:JPRiDE Premium TWS-520 MK2¥4,980 Amazon楽天市場Yahoo!JPRiDE5.0aptX / AACIPX5-イヤホン単体:6時間 合計再生時間:25時間ブラック
9位:by Galaxy Buds Pro¥17,355 Amazon楽天市場Yahoo!by Galaxy5.0SBC / AAC / Scalable CodecIPX7イヤホン単体:5時間 合計再生時間:18時間ファントムシルバー・ファントムバイオレット・ファントムブラック
10位:ヤマハ TW-E3B(A)¥6,000 Amazon楽天市場Yahoo!ヤマハ-AAC / aptXIPX5--イヤホン単体:5時間 合計再生時間:18時間ブラック・グレー・スモーキーグリーン・スモーキーピンク・スモーキーブルー・ラベンダー
12位:KAYOWINE A7確認中 Amazon楽天市場Yahoo!KAYOWINE 5.1AACIPX7-イヤホン単体:7時間 合計再生時間:30時間ホワイト
13位:SOUNDPEATS TrueAir2¥3,808 Amazon楽天市場Yahoo!SOUNDPEATS5.2apt-X / AAC--イヤホン単体:5時間 合計再生時間:25時間ブラック
14位:Anker Soundcore Life P2¥4,999 Amazon楽天市場Yahoo!Anker5.0apt-X / SBC / AACIPX7-イヤホン単体:7時間 合計再生時間:40時間ブラック・ホワイト・ミントグリーン
15位:EarFun Free Pro¥5,999 Amazon楽天市場Yahoo!EarFun5.2SBC / AACIPX5イヤホン単体:7時間 合計再生時間:32時間ブラック
16位:Anker Soundcore Life A2 NC¥7,990 Amazon楽天市場Yahoo!Anker5.0SBC / AACIPX5イヤホン単体:7時間 合計再生時間:35時間ブラック
17位:EVIO F8¥4,500 Amazon楽天市場Yahoo!EVIO5.0AAC---ホワイト
18位:Willful T3¥2,999 Amazon楽天市場Yahoo!Willful5.0SBC / AACIPX7--イヤホン単体:5時間 合計再生時間:40時間ブラック・ホワイト
19位:Otium E23確認中 Amazon楽天市場Yahoo!Otium5.2AACIPX7-イヤホン単体:4時間 合計再生時間:25時間ホワイト
20位:SOUNDPEATS Truefree 2¥3,980 Amazon楽天市場Yahoo!SOUNDPEATS5.0SBCIPX7--イヤホン単体:4時間 合計再生時間:20時間ブラック

首かけ・ネックバンド型ワイヤレスイヤホンのおすすめ人気ランキングTOP5

左右独立の完全ワイヤレスイヤホンはコードレスですが、首かけ・ネックバンド型のワイヤレスイヤホンは左右一体で繋がっています。

有線で不便かと思いきや、「安定して装着できる」「紛失にしにくい」といったメリットも。ぜひ以下のネックバンドタイプのワイヤレスイヤホンもチェックしてみてください!

首かけ・ネックバンド型ワイヤレスイヤホンのおすすめ人気比較一覧表

商品最安価格ブランドBluetooth対応コーデック防水機能ノイズキャンセリング外音取り込み再生時間カラー
1位:Briskyjp QE200¥2,399 Amazon楽天市場Yahoo!Briskyjp5.1SBC / AACIPX6-18時間ブラック
2位:Hiyoo Bluetoothイヤホン¥2,399 Amazon楽天市場Yahoo!Hiyoo5.0AACIPX7-20時間ブラック
3位:Anero H17¥6,580 Amazon楽天市場Yahoo!Anero5.1apt-X / AACIPX7-20時間ブラック
4位:EVIO X1確認中 Amazon楽天市場Yahoo!EVIO5.0SBC / AACIPX7-10時間ブラック
5位:Aisea W8確認中 Amazon楽天市場Yahoo!Aisea5.0SBC / AACIPX7-20時間ブラック

スポーツでも、カフェでも。話題の完全ワイヤレスイヤホンはAirPodsだけじゃない

見た目がとにかくスマートでかっこいい。使用場面を選ばないナチュラルさが人気

完全ワイヤレスイヤホンはコンパクトで使いやすいので、見た目がすっきりしてシンプル。

とくに今までなんとなく、コードが邪魔だと思っていた場面でもスマートな印象をもたせることができます。

たつや

ランニングするときにコードがぶらぶらしていると少しダサいと感じるときもありますよね!

マスクを装着したままでも、コードが引っかかることなく装着・取り外しできるのもメリットです。

耳にしっかり固定できれば、ランニングで軽い装着感を実現!

ランニング中によくあるのは、コードの擦れ音が聞こえてきてしまうこと。これもワイヤレスなら解消することができます!

優れた音質のモデルも多く、場所やシーンを選ばずクリアなサウンドで音楽を楽しむことができるのはワイヤレスイヤホンならではです。

関連記事:ランニングにはこれ!最強オススメ|ワイヤレスイヤホンランキングTOP10

音声やタッチ操作で音楽をコントロールできる

ワイヤレスイヤホンでタッチ操作できる代表的な機能は以下です。

ワイヤレスイヤホンができる操作一覧
  • 曲の再生/一時停止
  • 曲のスキップ/バック
  • 音量調整
  • 通話モード
  • 通話終了
  • Siri/アレクサ起動

ワイヤレスイヤホンを購入する際は、これらの操作がタッチで可能かチェックしておくのもおすすめです!

内部にインナーイヤーセンサーなどが搭載されているタイプであれば、付け外しだけで再生・一時停止が可能になものもあります!

機能に関しては好みもあるので、自分にあった便利な機能を選びたいですね。

Bluetooth接続は難しくない!ワイヤレスイヤホンの使い方をおさらい

「ワイヤレスイヤホンを一度も使ったことがない!」という方のために、ワイヤレスイヤホンの使い方をおさらいします!

慣れると本当に楽で、もとの有線イヤホンには戻れなくなってしまいます…!

ワイヤレスイヤホンはケースから取り出すだけでペアリングモードになる

なんと多くの完全ワイヤレスイヤホンはケースから取り出すだけで、ペアリングモードになってくれます!

たつや

取り出すだけでペアリングモードになるなんて、接続のための手間も一気に減らしてくれるのか!

ペアリングモードってなに?という方は以下のヘッドホンの記事でも簡単に接続方法を解説しています。↓

関連記事:【2021年版】聴き比べてわかった今こそ選ぶ最強ワイヤレスヘッドホン15選

ボタン操作はイヤホンをタッチするという新感覚!完全ワイヤレスイヤホン独特の操作感

完全ワイヤレスイヤホンの機種によっては、イヤホン本体をダブルタップすることで、スキップ操作や再生/停止の操作などができます。

慣れるとカンタンで、ワイヤレスイヤホンがもっと使いやすくなります!

完全ワイヤレスイヤホンのデメリット

コードレスでストレスフリーな完全ワイヤレスイヤホンですが、一方でデメリットも。以下に詳しく解説して行きます!

耳から落ちて壊れてしまいやすい・紛失しやすい

左右が独立した完全ワイヤレスイヤホンはふとした拍子にポロっと落ちてしまいやすく、紛失してしまうこともあります。

駅のホームに落としてしまうことが多く、駅員さんが迷惑した、ということで話題となったことも。

カナル型のイヤホンは耳からポロっと落ちてしまう可能性も高いです。

とくにスポーツなどアクティブな用途でワイヤレスイヤホンを使用する場合は、しっかりはめ込んで運動ができるように、自分の耳にあったイヤーカバーで調整することが大切です。

使用シーンに注意して音楽を楽しみましょう!

安いものだと通信障害が起こる

Bluetooth5.0だとほとんど通信障害が起こらないように進化していますが、古いモデルだと人の多いところでは安定しないものもあるようです。

その理由は、電車の中や人の多いところで使用すると混線してしまって音が乱れてしまうことがあるから。

とくに安いワイヤレスイヤホンだと遅延や接続不良が多くて、ストレスになってしまうこともあります。

都内の人ごみの中では音が途切れてしまったり、片耳だけ聞こえない、もしくはノイズが激しくなるなど様々な症状が出る場合も。

快適に使い続けるためにも、ある程度品質の担保されたワイヤレスイヤホンがおすすめです。

今回紹介したワイヤレスイヤホンはすべてBluetoothc5.0以上となっています!

完全ワイヤレスイヤホンの防水レベル

防水機能と言っても、実はレベルによってその防水性は異なります。

ワイヤレスイヤホンはイヤホン自体に電源を持っているので、少しの水でも壊れてしまうことがあるんです。

そのためワイヤレスイヤホンを購入する際には防水レベルもチェックしておきましょう!

完全ワイヤレスイヤホンの防水性能には等級がある

防水性能のレベルについて、以下の表にまとめました!一般的に防水等級は「IPX◯」と表記され、◯の数字が大きいほど水に強いです。

保護等級 防水性能のレベル
IPX8 水面下、水中においても有害な影響を受けない
IPX7 水深1mの水中に30分入れても有害な影響を受けない
IPX6 ノズルなどであらゆる方向から強力に放水しても有害な影響を受けない
IPX5 ノズルなどであらゆる方向から放水しても有害な影響を受けない(いわゆる防滴)
IPX4 飛沫を受けても有害な影響を受けない
IPX3 雨風などで鉛直60度の角度で噴霧を受けても有害な影響を受けない
IPX2 鉛直15度の水滴をうけても有害な影響を受けない
IPX1

鉛直に落ちる水滴をうけても有害な影響を受けない

商品によって防水性能には違いがあるので、スポーツで利用される方はIPX5以上を目安に購入するのがおすすめです。

AirPodsの防水性能はどのくらい?

公式ではAirPodsに防水性はないとされています。しかし実際はジムで使用する人も多く、汗や雨などでは壊れないように設計されているようです。

しかし内部に音声チップやバッテリーが内臓されているので、中に水が入り込めば使えなくなってしまうこともあります。

以下の動画では、なんとAirPodsを洗濯する実験を行っています!

結果としては、洗濯中に中身が飛び出ていたにもかかわらず、問題なく音楽が再生できたようです。

また5分間浸水させても、音楽を再生することができました。

ただし公式情報ではないため、なるべく浸水させないように注意しましょう。

ワイヤレスイヤホン内臓のチップ性能について

最近の完全ワイヤレスイヤホンの性能が飛躍的に向上した理由には、この内臓チップの性能がかなり良くなった背景があります。

主要なオーディオチップのメーカー

チップ名 製造国
ハイシリコン 中国製
アイロハ 台湾製
リアルテック 台湾製
クアルコム アメリカ製

現在流通しているBluetooth5.0に対応しているものでも、内部のオーディオチップは中国や台湾のメーカーで作られています。

完全ワイヤレスイヤホンは中国でクラウドファンディングで集めて資金で先行して開発されていたので、ここ数年の進化には目をみはるものがあります。

ワイヤレスイヤホンに関するQ&A

質問

人混みの多い電車の中でも、問題なく使えますか?

回答

古いモデルのワイヤレスイヤホンだと、人混みの多いような場所では混線により不安定なものもあるようです。

ちなみに遅延についてはアプリとの接続の悪さが原因のことも。Youtubeで音楽を聞く場合はブラウザで聞くと改善されることもあります。

Bluetooth5.0に対応しているものを選べば遅延に関してはほとんど問題ないでしょう!

質問

片方だけ紛失してしまいました。どうしたらいいですか?保証などはありますか?

回答

サイズが小さい分無くしてしまいがちな左右独立型の完全ワイヤレスイヤホン。

片耳だけなくしたときはメーカーに問い合わせるときに保証してもらえることもあるようです。対応に関してはメーカーごとに異なるのでそこは買う前に尋ねてみるのも◎

特に1万円を超えるような高額イヤホンになると無くしたときのショックは計り知れないですよね… 。

ちなみにAirPodsは紛失してしまっても、iPhone上で位置情報を探すことが可能です!

関連記事:【紛失や故障に使える】ワイヤレスイヤホン おすすめ保険やメーカー保証を徹底比較!

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ関連記事

完全ワイヤレスイヤホンに関する記事はこちらから🎶

以下の記事では、おすすめの人気ワイヤレスイヤホンについてジャンル別にまとめています!

関連:【AirPodsじゃ物足りない!】女性におすすめのかわいいワイヤレスイヤホン10選!
関連:デザイン性重視!おすすめ完全分離型bluetoothワイヤレスイヤホン10選
関連:【2019年最新】ワイヤレスイヤホンのメーカー10社を徹底比較!
関連:【聴き比べて検証】本当に音質が良いワイヤレスイヤホンおすすめ10選

また以下の記事ではおすすめワイヤレスイヤホンについて詳しくレビューも行っていますので、ぜひ読んでみてください!

関連:【完全ワイヤレス】ついにきた新型ノイズキャンセリング。AirPods Proの進化したポイントをレビュー
関連:一度使ったら、手放せない!ワイヤレスイヤホンNO.1 Airpodsをレビュー!!
関連:【評価レビュー】SONYイヤホン WF-1000XM3 音質とノイズキャンセリングを徹底検証
関連:【辛口評価】Bose QuietComfort Earbuds ノイズキャンセリングや高音質を検証レビュー

ヘッドホンに関する記事はこちらから🎧

イヤホンと関連して、ヘッドホンもチェックしてみてはいかがでしょうか。以下の記事ではPicky’sがおすすめする人気の最新ヘッドホンについてまとめています!

関連:【2021年版】聴き比べてわかった今こそ選ぶ最強ワイヤレスヘッドホン15選
関連:【こんなヘッドホンあったのか!】おすすめヘッドホン10選
関連:【ゲームをするにはこれが最適!?】プロゲーマーも納得のゲーミングヘッドセット10選

完全ワイヤレスイヤホンの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているワイヤレスイヤホンのランキングです。最安&人気のアイテムをチェックしてみましょう!

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンのまとめ

今回は人気の完全ワイヤレスイヤホンについて徹底的にリサーチし、おすすめ人気商品をまとめました!

数年前までなかったような高性能なワイヤレスイヤホンや、安いにも関わらず優秀なコスパ最強モデルも多く、日々進化しているのを感じます。

皆さんも自分にあったベストな完全ワイヤレスイヤホンに出会えると良いですね!

関連記事:AirPods 第3世代 実写レビュー!Air Pods Proと比較してよかった点、悪かった点

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー