1万円以下で購入できる!コスパ最強のbluetoothワイヤレスイヤホン

   

ワイヤレスイヤホン コスパ

今、流行りのbluetoothワイヤレスイヤホン。

スマホで音楽を聴いたり、動画を観たりするときに、コードがないワイヤレスイヤホンってホント便利ですよね。

一度ワイヤレスイヤホンを使ったらもう有線イヤホンには戻れないなんて声も多いです。

でも定番のAppleのAirpodsProだと価格が27,800円(税抜)となかなか高価なもの、手の届きやすいbluetoothワイヤレスイヤホンってないものでしょうか。

いや、10,000円以下で購入できるコスパ抜群のbluetoothワイヤレスイヤホンも存在しているのです!しかも、デザインにこだわっているものや、音質も高級モデルに負けないものまで。

そこで、1万円以下でも使い勝手抜群なコスパ最強のbluetoothワイヤレスイヤホン10選を紹介します。

はるみ

ワイヤレスイヤホン欲しいけど、服も買いたいし、安いものないかなぁ~

たつや

10,000円以下だと音は悪いのかな。そのへんもチェックしたいな

とし

価格を言われないと10,000円以下だなんて思えないワイヤレスイヤホンも結構多いですよ!

bluetoothワイヤレスイヤホン購入のポイント

音質

せっかくの素晴らしい曲は良い音質で聴きたいもの、そんな欲望を持っている人も少なくないでしょう。

bluetoothワイヤレスイヤホンの場合、無線でスマホなどの音楽端末にデータを転送するため、データを圧縮して送ります。

この圧縮方法をコーデックと呼んでいます。

下記の表のとおり、コーディックには5つの方式がありますが、10,000円以下のコスパの良いbluetoothワイヤレスイヤホンはほぼSBC方式です。

何も商品説明などで表記がない場合は、SBC方式だと思ってよいでしょう。

では、音質はそこまで期待できないかというと、実際家電量販店やイヤホン専門店で他の方式と聞き比べをしてみれば分かりますが、よほど音にこだわる上級者以外、一般レベルではそこまで音の違いは分かりません

コーデックの種類特徴説明どんな音楽端末に向いている?
SBC標準的な音質、音楽によっては遅延を感じる基本的にどの音楽端末でも対応可全音楽端末
AACSBCより遅延が少なく、音質が良いiPhoneで主に対応しているiPhoneなどApple製品
aptXSBC、AACより遅延が少ない、CDレベルの音質Androidで主に対応しているAndroidスマホ
aptX HDハイレゾ相当の高音質音質ではaptX最高品質ハイレゾ対応の音楽端末
aptX LL上記のコーデックより遅延が最も少ない現状で最も遅延が少ないタイプ音楽ゲームなどより繊細な遅延もしない方が良い場合

Bluetoothやコーデックとは?誰も知らなかったワイヤレスイヤホンの選び方

マイク

マイクが搭載されているイヤホンも増えていますが、10,000円以下の高コスパbluetoothワイヤレスイヤホンでもマイク搭載のものも多くあります。

実際、マイクって何に使うの?という人もいるかもしれませんが

  • ハンズフリー通話
  • Siriなどの音声認識の利用
  • 音声を使うオンラインゲーム

などで利用することができ、特にSiri(iPhone)やGoogleアシスタント(Android)のような音声認識機能は、年々機能が向上しており、例えばスマホをカバンに入れたまま、音声認識を呼び出し、時間を聞いたり、その場で(外国人と話す際の)翻訳をしたり、買い物の際の計算をしたりなど結構便利な使い道が色々とできるものですよ。

リモコン

bluetoothワイヤレスイヤホンの本体をタッチすることで音楽再生のオンオフができたり、ボリュームが調整できるなどリモコン機能が付いているものもあります。

また、首掛けタイプではリモコンが別途付いているものもあります。リモコンがなくてもそこまで使うことがないという人もいますが、やはり一度リモコンを使うと便利で手放せない人も多いですね。

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリングは、音波のプラスとマイナスを打ち消しあって消滅させるシステムで、走行音やエンジンノイズなどさまざまな雑音を消してくれてクリアな音質ができるというものです。

ノイズキャンセリング

以前は高級機種のみの機能でしたが、最近は10,000円以下の高コスパbluetoothワイヤレスイヤホンでも搭載されているものが増えてきました。

勉強をしているときや、仕事中にイヤホンを使っている時など集中したいときにはあると便利な機能ですね。

※こちらもお読みください

【ノイズキャンセリング性能搭載!】おすすめワイヤレスイヤホン5選🔎

ヒアスルー

ノイズキャンセリングとは逆に周囲の音を取り込むようにするのが「ヒアスルー」機能です。

別に雑音が入るというわけではなく、イヤホンを付けたままでも周囲から話しかけられたら聞き取れることや、駅や空港などでのアナウンスを聞き取ることができるようになります。

外部音取り込み機能 イヤホン

ただ、現在のところは高級モデルの一部で搭載されているような機能で、10,000円以下の高コスパbluetoothワイヤレスイヤホンだとあまりお目にかかれないかもしれません。

重量

重量が5g程度のものから数十g程度のものまで形状は同じようであっても意外とモノによって重量が違っているものです。

長時間装着し続けていると、重量のあるbluetoothワイヤレスイヤホンだと重さを感じる人もいます。

しかし、逆に軽すぎると装着感がなく紛失しやすいというタイプも人も少ながらずいます。

自分にとってちょうどよい重量はどれくらいなのか、今使っているイヤホンを基準に考えても良いと思います。

保証

特に完全独立型bluetoothワイヤレスイヤホンでは、ポロッと耳から落ちてしまうリスクも少なくなく、人込みの多い場所などでよく使用する人だと特に紛失のリスクが伴います。

bluetoothワイヤレスイヤホンによっては、メーカーが(1年間など)紛失や故障をした際の保証を付けているところも多いです。

実生活を考えて、よくイヤホンなどを無くした経験があるような人の場合、保証がしっかりあるbluetoothワイヤレスイヤホンを選ぶのもひとつの手ですね。

無くしてしまったときも安心!AirPodsを探す方法🔎

1万円以下でも使い勝手抜群なコスパ最強のbluetoothワイヤレスイヤホン10選

とし

いよいよ価格帯別にコスパ最強のワイヤレスイヤホンを見ていきましょう!

3,000円以下のコスパ最強のbluetoothワイヤレスイヤホン

 JPA1 MK-II(JPRiDE) 1,980円

出典:Amazon

音の良さに定評あり!EDR/LE CSR 8645チップ採用の高音質モデル!

価格(Amazon価格)1,980円
音質AAC、aptX
連続再生時間6時間
機能性防水(IP64)、ノイズキャンセリング機能、マイク、リモコン
重量約12.7g
保証

メーカー1年保証

実売価格3,000円台ながら、コーディックはAAC、aptXにも対応、また、チップセットに独自のチューニングを行っており、口コミでも高音質イヤホンだと高評価を受けているbluetoothワイヤレスイヤホンです。

完全防水ではないものの、汗と小雨での使用に耐える防水・防汗性能(IP64)クラスの性能を持ち合わせており、外でのライニングなど急な雨などでもそのまま使い続けることができます。

形状の異なる11種類のイヤーピースを付属しており、どんな方でもフィットすることができるでしょう。

TrueFree(SoundPEATS)2,990円

出典:Amazon

20時間連続再生可能!ハンズフリーにもなる高機能で高コスパ!

価格(Amazon価格)2,990円
音質SBC
連続再生時間20時間
機能性マイク、防水
重量9.4g
保証メーカー1年保証

完全独立型bluetoothワイヤレスイヤホンながら実売価格3,000円以下という高いコストパフォーマンスを実現しています。

また、ただ安いだけでなく、20時間連続再生が可能、マイク付きと機能面でも高性能で、使い勝手の良さは抜群です。

両耳を入れずに片耳だけでも使うことができるので、例えば、語学学習やポッドキャストなどの利用や、会話などを聞きながら使いたいときなどでも活躍することでしょう。

人間工学に基づいたズレ落ちにくい装着感に加えて、重量はわずか4.7gと軽量、使う人を選ばず長時間利用が可能となっています。

KOTORI OFFICE(フォステクスカンパニー)2,200円

出典:Amazon

世界の本田圭佑プロデュース!フィット感抜群でスポーツシーンにアジャスト!

価格(Amazon価格)2,200円
音質SBC
連続再生時間5時間
機能性防水(IPX4)、リモコン
重量約15g
保証

メーカー1年保証

あのプロサッカー選手、本田圭佑選手がプロデュースするbluetoothワイヤレスイヤホンです。

本田圭佑選手がプロデュースしているだけあって、特にスポーツシーンでの活用を想定して作られており、動きの激しい時でも落ちづらい、独自開発されたスポーツサポートイヤフックとなっており装着性抜群です。

また、リモコンもスポーツシーンを考えて、内臓されたスイッチをつまみだけで、電源ON/OFF、電話/音楽ON/OFF、音量調整などができ感覚的に操作が可能となっています。

ホワイト×ブラックのシンプルイズベストのデザイン性も秀逸です。

※こちらもお読みください

ワイヤレスイヤホンでスポーツを快適に!選び方とオススメ10選をご紹介!🔎

4,000円以下のコスパ最強のbluetoothワイヤレスイヤホン

モバイルバッテリーとしても機能するようなモデルも続々登場する価格帯!通信が少々不安定なときもあるものの、ライトに音楽を楽しみたい方にはおすすめ!部屋で聞くぶんには非常に重宝するようなモデルたちです😌

S2(Totemoi)3,599円

出典:Amazon

重量たった5g、付けているのを忘れる軽さ!しかもモバイルバッテリーにもなる

価格(Amazon価格)3,999円
音質SBC
連続再生時間70時間
機能性防水(IPX7)、ノイズキャンセリング機能、マイク、リモコン
重量約168g(充電ケース込み)
保証

3か月保証

連続使用時間70時間と驚異的な長時間使用も可能にしたスタミナ性抜群のbluetoothワイヤレスイヤホンです。

大容量の大容量750mAhのバッテリーを搭載していることで、イヤホンが約7回フル充電が可能なため、ついついの充電忘れでもしばらくの間使い続けることができるでしょう。

また、イヤホンの充電だけでなく、臨時的にモバイルバッテリーとして使うこともできるので、bluetoothワイヤレスイヤホン充電器プラスモバイルバッテリーと緊急時は1台2役の活躍を見せてくれます。

防水レベルはIPX7と高いレベルなので、あらゆるシーンでの利用が可能となっています。

TT-BH026(TaoTronics)3,599円

出典:Amazon

高コスパでノイズキャンセリング機能付き!通話で相手の声がクリアーに聴こえる!😆

価格(Amazon価格)3,599円
音質SBC
連続再生時間8時間
機能性防水(IPX5)、ノイズキャンセリング機能、マイク、リモコン
重量約15g
保証

メーカー1年保証

マグネットで両耳部分をくっつけることができ、使用していない時の収納もしやすいbluetoothワイヤレスイヤホンです。

形状を自由に変えることができる柔軟なイヤーフックで、どんな耳でもフィットしやすい装着感を得ることができます。

ノイズキャンセリング機能に加えて、マイクは、MEMSマイク(Microelectro Mechanical Systems)を搭載しており、ノイズを極力なくしたクリアな音質を期待することができるでしょう。

bluetoothワイヤレスイヤホン(PZX) 3,580円

出典:Amazon

黒×赤のカラーリングが高級感漂う!デザイン良し、性能良しの良いとこどりモデル!

価格(Amazon価格)3,580円
音質AAC
連続再生時間2~3時間
機能性防水(IPX6)、ノイズキャンセリング機能、マイク、リモコン
重量約15g
保証

メーカー1年保証

近未来を感じられるような、黒×赤のボディデザインがおしゃれで目を引く、デザイン性も重要視したい人におすすめのbluetoothワイヤレスイヤホンです。(黒×赤の他に、黒×青や黒×緑もあり)

音質もこの価格帯のbluetoothワイヤレスイヤホンでは珍しくAAC方式に対応しており、特にiPhoneのようなApple製品と相性抜群となっています。

更には、Bluetooth 5.0+EDR、ノイズキャンセリング機能が搭載でワイヤレスながら音飛びや音切れを極力なくす性能を持っており、快適なリスニング環境を提供してくれることでしょう。

5,000円以下のコスパ最強のbluetoothワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホン(Sinwio) 4,263円

出典:Amazon

某人気モデルにそっくり!見た目だけでなく機能も劣らない😃

価格(Amazon価格)4,263円
音質SBC
連続再生時間6時間
機能性防水(IPX6)、ノイズキャンセリング機能、マイク
重量約109g(充電ケース込み)
保証

メーカー1年保証

某人気No,1のbluetoothワイヤレスイヤホンと見た目そのままそっくりで、実売価格が1/8以下という高コスパbluetoothワイヤレスイヤホンです。

ただ、見た目が似ているだけで品質は話にならないわけではなく、ノイズキャンセリング機能、マイク付きなど機能性もそん色ない出来となっています。

またiPhoneなどデバイスでは、バッテリー残量も表示することも可能で視覚的にすぐ残りバッテリーを確認することができ、充電切れのリスクも減らすことが可能でしょう。

Soundcore Liberty Neo(ANKER)4,799円

出典:ANKER Soundcore Liberty Neo

どんな音質でも快適なリスリング環境を提供してくれるドライバー内蔵!😌

価格(公式価格)4,799円
音質AAC、SBC
連続再生時間12時間
機能性防水(IPX5)、マイク
重量約51g(充電ケース込み)
保証

メーカー18か月保証

高品質、低価格で業界を席捲しているANKER社のbluetoothワイヤレスイヤホンです。

正確な振動を発生させ、どの音域でも優れたサウンドを作り出すと好評な独自の硬いグラフェン採用ドライバー搭載で、どんな音楽ジャンルでも快適でストレスフリーな音楽環境を提供してくれることでしょう。

イヤーチップ(XS / S / M / L)、イヤーウィング(XS / S / M / L *XSサイズは本体に取り付け済み)と豊富なサイズが付属されているため、4×4=16通りの装着感を体験することが可能で、自分の耳にフィットした状態を作り出すことができます。

10,000円以下のコスパ最強のbluetoothワイヤレスイヤホン

音質や装着感など、10,000円付近の価格がもっともコスパが高いモデルが多いです!保証もしっかりしているAnkerの最新モデルは高すぎ性能がいいのでおすすめです!😆

万一紛失しても大丈夫!完全ワイヤレスイヤホンのメーカー保証!

FREE X(JBL)7,189円

出典:Amazon

24時間フルに使えるタフネスさ!音質にもこだわりたい人向け!🤓

価格(Amazon価格)7,189円
音質SBC
連続再生時間4時間(充電ケースのバックアップを入れて計24時間)
機能性防水(IPX5)、マイク、リモコン
重量約15g
保証

メーカー1年保証

アメリカの老舗音響メーカーで、イヤホン以外にもスピーカー、ホームシアター、カーオーディアなどのパイオニアであるJBL製のbluetoothワイヤレスイヤホンです。

本体の4時間連続再生に加えて、充電ケースのバックアップ電源を利用すればさらに20時間再生が可能となっており、24時間フルに使えるタフネスさを持ち合わせています。

もともと重低音の音の出に定評があるJBLらしく、臨場感溢れるJBLシグネチャーサウンドを実現した設計となっており、ロックミュージックなど低音が重視される音楽ジャンルなどでは特に威力を発揮することでしょう。

ATH-SPORT60BT(オーディオテクニカ)6,930円

出典:オーディオテクニカ ATH-SPORT60BT

2台同時接続も可能!スポーツシーンにもってこい!😘

価格(Amazon価格)6,930円
音質AAC、SBC
連続再生時間6時間
機能性防水(IPX5)、マイク、リモコン
重量約17g
保証

メーカー1年保証

長きにわたり日本の音響シーンを支え続けているオーディオテクニカの日本製bluetoothワイヤレスイヤホンです。

複数台の機器登録が可能なマルチペアリング機能しているため、例えばライニング中にカップルなどで一緒に同じ音楽を楽しむなど使い方が広がります。

また、ワンセグのワイヤレス視聴ができるコンテンツ保護方式SCMS-Tに対応しており、マイクも搭載でハンズフリー通話もできるなどさまざまな使い方が考えられます。

カラーリングは、ブラック、ピンク、ホワイトの3色展開で、どれもイヤーピース部分が別カラーになっており、誰もが使いやすい清潔感のあるおしゃれなデザインとなっています。

SoundLiberty 79(TaoTronics)7,599円

1万円以下でも使い勝手抜群なコスパ最強のbluetoothワイヤレスイヤホン10選 まとめ

今回は、「1万円以下でも使い勝手抜群なコスパ最強のbluetoothワイヤレスイヤホン10選」を紹介させて頂きました。

「安かろう悪かろう」という時代はもう終わったのかもしれません。

価格だけを見たら信じられないほど高性能なbluetoothワイヤレスイヤホンも増えてきました。

今の時代を生きていると何かと出費はかかるもの、安くて良いものがあったらそれを使うのが賢い生き方なのではないでしょうか。