【2021年最新】大人気ワイヤレスヘッドセットおすすめランキングTOP10!

   

一切手に持たず、イヤホンを耳に入れるだけでハンズフリー通話などができる便利なワイヤレスヘッドセット。

ハンズフリー通話しか認められていない運転中のスマホ通話はもちろんのこと、歩きスマホも何かと危険が伴うのは周知の事実、ワイヤレスヘッドセットの需要は高まっているのです。

ヘッドセットというとゲーミング用を思い出す人も多いでしょうが、両手が自由に使えるメリットは、デスクワークなどでも仕事の効率化に大きく貢献してくれ、ビジネスの場においても大活躍するものです。

そこで、今回は、ビジネス上でも使えるおすすめワイヤレスヘッドセット10選を紹介します。

たつや

最近は街中でもヘッドセットを使って電話している人をよく見かけますよね!

はるみ

確かに両手が使えるからメモとかもすぐに取れるし、ワイヤレスならコードも邪魔にならないから仕事は一気に効率化図れそうですね!

とし

ワイヤレスヘッドセットは値段もデザインもいろいろありますから、自分の好みを見つけられればテンションも上がりますよね!

ワイヤレスヘッドセットのメリット

スマホでハンズフリー通話をしたり、パソコンでSkypeなどのインターネット電話をしたり、スマホのSiriやGoogleアシスタントといった音声アシスタント機能を使ったりなどさまざまなことが自由にできるようになるワイヤレスヘッドセット。

ワイヤレスヘッドセットにはどんなメリットがあるのでしょうか。

コードレスでかさばらない

昔は有線タイプも多かったヘッドセットですが、スマホでの利用も当たり前になってきて、現在ではワイヤレスタイプが主流になってきました。

コードレスになったことで、有線タイプだとついつい電話に夢中になっていたらコードが混線してしまうグチャグチャになってしまうこともありましたが、煩わしいコードがないためスマートに利用することができます

例えば、ウォーキング中やドライブ中など動きのあるところでの使用の場合、コードがないことは無駄なストレスを持つことが防げますね。

マイク内蔵(相手にクリアな声を届けられる)

例えばスマホでは、ヘッドセットを利用しなくてもスピーカーでも十分ハンズフリーで通話をすることは不可能ではありません。

しかし、特に街中などの周囲の雑音が多いところや、場所柄あまり大きな声を出せない場合では、相手にクリアな声を届けられず、スマートなやり取りができなくなることもあります。

その点、ワイヤレスヘッドセットでは、高性能なマイクが内蔵されているため、たとえ周囲が賑やかであっても、小声で話さざるを得ない環境であっても相手にクリアな声を届けることができるでしょう。

相手の声が聞きやすくなる

上記の相手に声を届けやすくなることに加えて、相手からの声が聞きやすくなるメリットもあります。

特にスマホへの電話が増えてきている今の時代は、相手がどこにいるか分かりません。時には、相手が賑やかな場所にいたとしても、重要な会話内容を逃すことなくしっかり聞き取ることができるでしょう。

ワイヤレスヘッドセットの選び方

ワイヤレスヘッドセットには大きく分けて

タイプ別ワイヤレスヘッドセット
  • 片耳タイプ
  • ネックバンドタイプ
  • ヘッドホンタイプ
  • 完全ワイヤレスイヤホンタイプ

    の4通りに分別されます。それぞれの特徴を紹介していきます。

    自分に合ったタイプはどれになるでしょうか。

    片耳タイプ

    片耳タイプは、片方の耳に入れるタイプなので、(イヤホンを入れていない)もう片方が空いているため、例えば隣に話す相手がいる場合や、空港や駅などでアナウンスもしっかり聞きたいとき、3者間で電話をするときなどでも利用しやすい特徴があります。

    日常的な場面でも通話をする機会が多いようなビジネス向けと言えるでしょう。

    ただ、指の爪より一回り大きいくらいのデザインのものもあり、片方しかないため、コンパクトなのは良いのですが、紛失しやすいデメリットは生じてしまいます。

    また、片方からしか音が出ないため、音楽を聴くなど良音をより期待したい場合にも向いていないです。

    ネックバンドタイプ

    ネックバンドタイプは、左右のイヤホンを一本のケーブルで繋いでいるもので、左右がひとつに繋がっているため、安定感抜群で、しかもつながっているのはコード部分だけのため軽量さも保っています。

    首の後ろでコードで繋がれているだけなので、髪形を崩すようなことがないため、ビジネス向きなオーソドックスといえるワイヤレスイヤホンといえるでしょう。

    ビジネスだけでなく、動きのあるエクササイズ中などでも使われることが多いモデルのため、防水性があるものも多く、営業職など外で利用することが多い人にも最適です。

    ヘッドホンタイプ

    ヘッドホンタイプは、しっかり固定できることもあり安定感が抜群、しっかりした作りになっているため、構造上も高性能になるものが多く、より高音質を期待したい人に向いています。

    また密閉感もあるため、しっかり音を聞き取りたい場合にも最適ですが、周囲の声がほぼ聞こえなくなるため少し周りに注意して話した方が良いでしょう。

    ただ存在感は凄く、装着している感はしっかりあるため、ビジネス上ではデスクワークなど動きのない職種には良いものの、外での利用など動きを伴う場合には邪魔に感じてしまい向いていないと言えるでしょう。

    完全ワイヤレスイヤホンタイプ

    耳に入れる部分しかないため、どの他のタイプよりコンパクト、胸ポケットなどにもしまっておけるため、移動が多い人でも使いやすいです。</p>

    一見するとヘッドセットには使えないと思う人もいますが、マイクが内蔵しているモデルも多く、ワイヤレスヘッドセットとしても利用できます。

    ただ、コンパクトなメリットがある分、スタミナ性(電池持ちなど)にやや弱点があるため、充電ケースの利用は必須になる点、紛失しやすいデメリットも生じてしまうでしょう。

    おすすめのワイヤレスヘッドセットランキング10選

    Jabra JABRA TALK 30 100-99600900-40

    出典:Amazon

    デザイン重視の人向けの高デザインイヤホンを多く出しているJabra製のワイヤレスヘッドセットです。

    一見すると、車のカギのような独特なデザインで、スマートにワイヤレスヘッドセットを装着したい高デザインがとてもおしゃれです

    また、デザイン性だけでなく、HD音声の無指向性マイクでクリアな通話を実現しており、相手の声もしっかり聞き取れ、高性能マイクで自分の声もクリアに相手へ届けることができます。

    電話をかけることも受けることも簡単に出来るなど、ほとんどの操作をボタン一つで行うことができる考えられた操作性を誇ります。

    音量や周囲の雑音を自動調整してくれる機能も搭載で、場所を選ばずどこでも快適な使用ができます。

    エレコム ワイヤレスヘッドセット LBT-HS20MPCRD(1,208円)

    出典:Amazon

    PC周辺機器などで高いシェアを誇っている、国内メーカーのエレコム製のワイヤレスヘッドセットです。

    約2時間のフル充電で、連続通話最大時間約6時間、連続待受最大時間約120時間を誇っており、高いスタミナ性を有しています。

    イヤーフックは左右1本ずつ付属しており、右用でも左用でもイヤーフックを取り換えるだけで簡単に付ける耳を交換することができます。

    A2DP対応のBluetoothを内蔵しており、通話だけでなく(片方タイプであっても)音楽や動画もクリアに聞き取れます。

    また、最大8台までデバイス(スマホ)などを接続することができるので、パソコンとスマホなど複数の通話待ち受けなどをするシチュエーションがあるビジネスの人にも最適です。

    黒×赤のツートンカラーも派手過ぎず個性を主張できおしゃれで、人とは一味違うデザインのものを持ちたい人にもおすすめです。

    Jabra ワイヤレスヘッドセット JABRA MINI Black(10,880円)

    出典:Amazon

    デンマークの老舗音響メーカーで、以前から多くのヘッドセットを出している世界的評価の高いJabra製のワイヤレスヘッドセットです。

    イヤーフックを安定感のある耳掛けタイプと付けている感じが周囲に分かりづらいインイヤータイプがそれぞれ2サイズずつ付属しており、また装着性にこだわった柔らかなイヤージェル構造のため自分の好きな付け方でフィットした使い方ができることでしょう。

    周囲の雑音を除去する技術が搭載されており、周囲の音がうるさい環境下においてもクリアーな音質が期待でき、使い場所を選びません。

    わずか重量10gという軽量モデルながら、デザイン性にもこだわっており、ヘッドセット側面にある音量コントロールや前面中央にある応答/終了ボタンなど直感的に操作が可能なボタン配置などきめ細やかな配慮も感じることができます。

    オールブラックの飽きの来ないカラーリングはビジネスシーンにおいても使いやすく、使う人を選びません。

    SONY ワイヤレスイヤホン WI-XB400(6,608円)

    出典:Amazon

    SONY製のワイヤレスヘッドセットで、SONY独自の技術を活かしたEXTRA BASSサウンドを実現しているため、特に重低音が激しく耳に届き、ハンズフリー通話だけでなく音楽を聴いてもハイレベルに聴くことができるでしょう。

    10分のクイック充電で60分使用でき、短い時間の充電でも長く使い続けることができるのため、忙しいビジネスマンも使いこなすことができるのではないでしょうか。またフル充電では最大15時間の再生が可能です。

    ハウジング部にマグネットを装備しており、非使用時は両耳部分をくっつけて小さくして収納することもでき、カバンのなかなどでコードが混線するようなことも皆無となります。

    SHARP AQUOSサウンドパートナー(9,491円)

    出典:Amazon

    SHARPのワイヤレスヘッドセットで耳に入れないウェアブルスピーカータイプのため、静かな環境では向きませんが、ただ首にかけるだけのため、圧倒的安定感があり、そこまで音も周囲に漏れづらいので、テレワークなどで長時間利用する人に最適です。

    長時間首に掛けてもラクな約88gの軽量設計に加えて、約14時間の連続使用を実現しています。

    カラーリングがホワイト、ブラック、ブルー、ローズゴールド、ミントグリーンと5色展開しており、自分の個性をしっかりアピールすることができるでしょう。

    スマホやパソコンとのBluetooth接続だけでなく、テレビの音声を飛ばして聞くことができるUSBタイプのbluetooth送信機も付属しているため、多目的にワイヤレスヘッドセットを使用可能です。

    AMORNO 折りたたみ式ワイヤレスネックバンドヘッドセット(10,983円)

    出典:Amazon

    個性的かつ高性能なものが多い中国製の中華ワイヤレスヘッドセットです。

    イヤホン部は巻取り式となっており、またネック部分も折りたたむことができるので、バックやポケットなど収納時によりコンパクトにすることができ邪魔になることがありません。

    Bluetooth 4.1チップセットとノイズキャンセリングで設計されており、より相手の声もクリアに聞き取ることができます。

    1回の充電で通話時間12時間、180時間スタンバイ時間を達成しており、1日1回の充電でしっかり1日使いこなすことができるでしょう。

    ロジクール ヘッドセット H800r(9,408円)

    出典:Amazon

    各種パソコン周辺機器などでも高いシェアを獲得しているロジクール社のワイヤレスヘッドセットです。

    ヘッドホン型のヘッドセットとなると、ゲーミング用でゴツいデザインが多いなか、これは普通のヘッドホンと変わりないスマートなデザインでビジネス上の利用にも最適といえます。

    マイクが口元にあるだけでなく、クリアな会話を実現するノイズキャンセリング機能搭載より、周囲の環境に左右されず相手に自分の声をクリアに届けられることでしょう。

    ヘッドホン型にもかかわらず重量は120gに抑えられており、柔らかなパッドと快適性こだわって設計されたフォームイヤーカップのため、長時間の利用でもまるで付けていることを忘れてしまうほどです。

    Voyager 8200 UC(45,006円)

    出典:Amazon

    ビジネス向けのヘッドセットを専門的に出しているVoyager社のワイヤレスヘッドセットです。

    価格が4万円強と他の製品に比べると高値ですが、高性能なアクティブノイズキャンセルリング機能を搭載しており、密閉性が高いヘッドホン型もあって、より集中して仕事ができるワンランク上のヘッドセットとなっています。

    移動範囲は最大30メートルもあるため、ヘッドセットを付けたままの移動もある程度の範囲可能で、また、連続通話時間は最大約20時間、連続待受時間は最大約1か月と言う驚異のスタミナ性を持ち合わせています。

    スマホのアプリ「Plantronics Hubアプリ」にて、使用言語、機能設定、通話、ミュート通知を自由にカスタマイズすることができるため、自分だけのオンリーワンワイヤレスヘッドセットが誕生します。

    Apple AirPods Pro

    出典:Amazon

    完全ワイヤレスイヤホンの特徴でもある軽量さ(左右各5.4g)に加えて、Air Pods最新モデルの「Air Pods Pro」ではノイズキャンセリング機能も搭載されたため、よりヘッドセットとしてクリアに利用しやすくなりました。

    特に同社のiPhoneとの相性は抜群で、Air Pods Proを耳に入れただけでスイッチオン、耳から外すと自動的にスイッチオフなど直感的に使用できるため、急な通話での利用などにもスマートに使いこなせることでしょう。

    耐汗耐水対応で、Wireless Charging Case(付属の充電ケース)を使えば、バッテリー駆動時間は24時間以上なので、1日フルで利用することも可能です。

    ANKER Soundcore Liberty 2 Pro

    出典:Amazon

    高いコストパフォーマンスで人気を博しているANKER社のワイヤレスヘッドセットです。

    完全ワイヤレスイヤホンでは、一般的に1万円以上のものがほとんどのなか、実売価格5,000円程度の安く抑えることができるのが魅力的です。

    また、リーズナブルな価格だけでなく、よりクリアな音質が期待できる独自技術のグラフェン採⽤ドライバーを搭載、(充電ケースを合わせて)最⼤20時間の利用と性能面でも申し分なしです。

    バッテリー残量をスマホアプリから見ることもできるので、不意の充電切れの心配も皆無ではないでしょうか。

    まとめ

    今回は、「ビジネス上でも使える!おすすめワイヤレスヘッドセット10選!」を紹介させて頂きました。

    ヘッドセットというと、よくゲーミング用で使われているヘッドホンタイプも想定している人も多いでしょうが、最近はビジネスで使ってもスマートに使いこなせるタイプも増えてきており、更に自分の個性を出せるほどデザイン性も多彩になってきています。

    ワイヤレスヘッドセットを使いこなすことで、ビジネスでも時短につなげることができ勝ち組になっていきましょう。