【2021年度最新版】ワイヤレスキーボード最強おすすめ18選 価格や機能で徹底比較 

デスクトップPC周りをスッキリと見せたい時に便利なワイヤレスキーボード。

有線と違い、ケーブルが無く(無線)PC周りがごちゃごちゃしないことから、ワイヤレスマウスと並んで人気の高いアイテムです。

近年ではコンパクトなモデルも多数発売されており、持ち運んでタブレットやiPhoneなどのスマホに繋げ快適に文字入力ができるように使う方も多いようです。

そんなワイヤレスキーボードですが、用途や目的別に非常に多くの種類が発売されています。

  • 価格
  • デザイン
  • 充電方式
  • 携帯性
  • ゲーム専用

このように色々な条件や選択肢があり、購入の際迷ってしまった方も多いはず。

そこで今回はレントリー編集部がおすすめのワイヤレスキーボードを用途、機能別に紹介します。

ワイヤレスキーボード選び方に迷ったら、是非この記事を参考にして下さい。

ワイヤレスキーボードとは?

ワイヤレスキーボードとはその名の通りBluetooth(ブルートゥース)や2.4Ghzで接続する、コードのない「ワイヤレス(無線)」式のキーボードです。

スマホやタブレット用として持ち運びにも便利ですし、有線無線両対応ならデバイスの種類を問わず複数の機種に接続可能です。

近年では、コンパクトで持ち運びに便利なうえに、打ちやすさまで考慮された機種も増え、プログラマーやライターといった入力が多いタイプの方にもおすすめです。

受信機(ドングル・またはレシーバー)を差すタイプなら特に複雑な設定は必要ないので、パソコン初心者でも簡単に接続できます。

Bluetoothタイプならレシーバー不要で、紛失する心配なく接続できます。

ワイヤレスキーボードのメリット・デメリット

ワイヤレスキーボードのメリット・デメリットです。

ワイヤレスキーボードには有線にはないメリットとデメリットがありますので、買った後に後悔しないようワイヤレスキーボードの特徴について理解しておきましょう。

ワイヤレスキーボードのメリット

ワイヤレスキーボードのメリット
  • 配線が無いのでパソコン周りがすっきり
  • 種類が豊富で自分好みのキーボードが使用できる
  • あらゆる機器に簡単に接続できる

ワイヤレスキーボードのメリットとしてはまずはやはり見た目、線が無いのでパソコン周りがごちゃごちゃしません。

また有線に比べて商品の選択肢が豊富で、用途や自分の好みで様々な製品が選べます。

そして様々な機器に簡単に接続できる点です。

現在、パソコンはもちろん、タブレットやスマホ、ゲーム機などキーボードを繋げて使うデバイスは様々です。

ワイヤレスキーボードを繋げられる機器の例
  • デスクトップパソコン
  • ノートパソコン
  • iphone
  • androidスマホ
  • タブレット(ipad mini・ipad Pro)
  • surface(サーフェス)
  • PS4(プレステ4)

ところが、それぞれのデバイスでキーボードを繋ぐためのUSBの形状や接続方法が違います。

有線の場合、こういった制約があるためどうしても自分好みのキーボードを使用するというわけには行きません。

その点ワイヤレスならMac・Windows・iosやandroidといった種類を問わず、どんな機器とも簡単に接続が可能です。

関連記事:[2021年] マニアが選んだ iPad用キーボードおすすめ15選| Pro/Air/mini用を実写比較で解説

ワイヤレスキーボードのデメリット

ワイヤレスキーボードのデメリット
  • 充電や電池交換の必要がある
  • 反応が悪い、遅延の可能性がある

ワイヤレスキーボードのデメリットはバッテリーや電池切れ、そして反応しない、動かないといった反応が悪い点です。

ワイヤレスはPCと繋がっていないので電池や充電池で動いています。

当然使用しているうちに電池残量が減っていき、電池の寿命や充電切れが起こると反応しなくなります。

使う電力は僅かなので、毎日使用していてもすぐ切れるという事はありませんが、それでも時々電池交換や充電を行わなくてはいけません。

また、通信状況が悪かったり、何かの拍子に反応しない、操作が効かないといったこともあります。

ひと昔に比べると圧倒的に反応速度は向上しましたが、それでも完全にゼロにはなっていません。

特にゲームをやる方はこの遅延がストレスになる場合があるので、気になるようであれば有線式を選択するのも一つです。

ひとことメモ
なお、初めてワイヤレスを使う方は接続方法が心配だと思いますが、USB式は差し込むだけ、Bluetooth式も簡単な操作で接続可能です

ワイヤレスキーボードの比較方法・選び方

現在、ワイヤレスキーボードは非常に多くの種類が販売されています。

ワイヤレスキーボードを選ぶ際は自分の「使用目的」をはっきりさせ、その使用目的に適した用途のキーボードを選びましょう。

ここではワイヤレスキーボードの選び方について解説します。

選ぶときの主な基準
  • 価格の安さ
  • デザイン
  • 使いやすさ
  • サイズ
  • 静音性
  • ゲーミングキーボードなど用途別

価格の安さ

商品を選ぶ基準として価格を重視する人は多いでしょう。

もちろん安ければ安いほどいいですが、激安にもかかわらず性能は一定水準というコスパの良い商品が人気です。

ひとことメモ
価格で選ぶときは値段だけではなく、評価やレビューなどを見て「安物買いの銭失い」にならないようにしましょう

デザイン性

昔はキーボードのデザインと言えば黒か白、というシンプルな物が多かったのですが、今は様々なタイプが出ています。

カラフルでかわいいものや、近未来的でメカニカルなかっこいいもの、バックライトLED搭載で光るものといったおしゃれなものが多数発売されています。

キーボードは毎日使うものなので、自分が気に入ったデザインの物を選ぶのもいいでしょう。

ひとことメモ
特に持ち運んで使用する場合、デザインを重視すると気分よく使用できます

打ちやすさ、使いやすさ

価格やデザインも大事ですが、キーボードは「使う物」です。

やはり打ちやすい、打っててストレスを感じない「機能性」は重要視したいところです。

  • 打鍵音
  • キーピッチ
  • キーストローク

このあたりが打ちやすさに関わってきます。

現在は人間工学(エルゴノミクス)に基づいた、打ちやすさを重視したキーボードもたくさん出ています。

ひとことメモ
特にタイピング量が多い職業の方や、使用頻度の高い方はこの打ちやすさに重点を置いて選ぶといいでしょう

サイズ

自宅で使う場合は使いやすいフルサイズのキーボードがおすすめですが、タブレットなど自宅以外で繋げて使用する場合、軽量でコンパクトなキーボードがおすすめです。

リュックやバッグに収納して携帯できる、アルミ製の軽量・小型のタイプもたくさん出ています。

持ち運びが多い方はスリムな薄型タイプや、コンパクトな折りたたみ式のワイヤレスキーボードを選ぶといいでしょう。

ひとことメモ
ただしあまりに小さいのは使いにくいので注意が必要です

静音性

文字数を多く打つような方や、ゲームでキーボードを連打する機会が多い方は静音性にもこだわりましょう。

キーボードを打つ時のうるさい「カチャカチャ音」も、キーボードのメーカーや構造によって大きさや音の感じ方が異なります。

ひとことメモ
また、コワーキングやオフィスなどで使用する場合、静音性の高い静かなタイプの方が周りの目も気にならずおすすめです

静音性の高いキーボードを使うなら、マウスも静音タイプがおすすめ。

こちらの記事では静音マウスを紹介しているので、参考にしてみてください。

関連記事:静音マウスおすすめ15選!有線・無線別に静かな場所で使えるマウスを徹底解説

ゲーミングキーボード

キーボードの中には「文字を打つ」機能のほかに、専門的な作業に特化したものもあります。

主なものがゲーム用のゲーミングキーボードです。

ゲーミングキーボードは通常のキーボードと違い、押したときの反応速度が良い、プログラムキーでショートカットキーをカスタマイズできるといった特殊な機能があります。

ラグの無い、反応速度の良いキーボードは、一瞬の反応の遅れがミスにつながるfpsのようなゲームをやる際は特に重要になってきます。

ひとことメモ
ゲーミングキーボードは高価で癖のあるものも多いので慎重に検討しましょう

それでは次におすすめのキーボードを紹介していきます。

評価や口コミ、レビューなどを参考に編集部が厳選したおすすめのワイヤレスキーボードです。

安くてコスパの良いワイヤレスキーボードおすすめ3選

[エレコム]キーボードワイヤレス TK-FDM106TXBK

エレコム
最安値 ¥1,600 (税込)

癖のないオーソドックスなフルサイズキーボード!

メンブレン式で日本語配列と癖のないキーボード、ElecomのTK-FDM106TXBKです。

ワイヤレスの中では1000円台と激安キーボードですが、安いにも関わらずフルサイズで省エネタイプ、キータッチも快適なキーボードです。

ひとことメモ
「安くて普通に使えるワイヤレスキーボード」をお探しならこれがおすすめです

[Logicool ロジクール] K275 ワイヤレスキーボード メンブレン ブラック

Logicool
最安値 ¥1,587 (税込)

耐水・静音なのに激安!コスパ最強のワイヤレスキーボード!

ロジクールのK275は格安のワイヤレスキーボードにもかかわらず、耐水・静音性に優れたコスパの高いキーボードです。

省エネ設計で長期間電池交換も不要。

ワイヤレスキーボードで迷ったらこれを買えば間違いないでしょう。

ひとことメモ
ロジクールはこのK275のほかにもk375sやk780など人気の高い製品を数多く販売しています

[Logicool(ロジクール)]ワイヤレスキーボード K275

Logicool(ロジクール)
最安値 ¥1,587 (税込)

耐水・静音なのに激安!コスパ最強のワイヤレスキーボード!

ロジクール製のLogicool K275は調査時点では最安で、とにかく安いワイヤレスキーボードです。

激安とはいえ、マットな質感、快適なキーピッチや耐水性能、テンキー付きと必要な機能は全て一通り揃っているので不便さは特に感じないでしょう。

ひとことメモ
値段を考えるとコスパとしては非常に高い製品です

おしゃれで可愛いワイヤレスキーボードおすすめ3選

[Apple] Magic Keyboard - 日本語(JIS)

Apple(アップル)
最安値 ¥10,260 (税込)

appleユーザーにおすすめ!リビングにもマッチするおしゃれなマジックキーボード!

Apple Magic Keyboardは白を基調とした薄型でappleらしい非常におしゃれなデザインのキーボードです。

ホワイトカラーで非常に薄く、いい意味で存在感がなく室内のインテリアにも違和感なくマッチします。

apple製品を使用している方にとってはマストアイテムです。

ひとことメモ
MacだけではなくiPhone(アイフォン)やipad(アイパッド)などにも接続可能です(対応iosに注意)

なお、マジックキーボードに関しては以下の記事でも詳しく解説しています。

是非参考にしてみて下さい。

関連記事:【マニアが解説】iPad Pro用 Magic Keyboardを買ってよかった7つのポイントなど評価レビュー

[Arteck] ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード 超薄 7カラー LED

Arteck
最安値 ¥2,299 (税込)

7色に光るおしゃれで軽量・コンパクトなワイヤレスキーボード!

Arteck ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードはバックライトが7色に光るおしゃれなキーボードです。

見た目だけではなく、Bluetooth(ブルートゥース)対応の4つの主要OS (iOS、Android、Mac OS、Windows)に対応し、重量も約167gと持ち運びにも便利です。

ひとことメモ
綺麗ですが、ぴかぴか光って集中できない人もいるかもしれません

[iClever] IC-BK03 キーボード Bluetooth 折りたたみ式 薄型 ワイヤレス ローズゴールド

iClever
最安値 ¥3,780 (税込)

かわいくてコンパクト!外出先でもサクサク文字入力ができる携帯型ワイヤレスキーボード

iCleverのワイヤレスキーボードはピンク×ホワイトで、見た瞬間思わず「かわいい!」と言ってしまうような折り畳み式キーボードです。

折りたたむとバッグにすっぽり入るサイズなので、外出先でSNSやブログなどのちょっとした入力作業に便利です。

ひとことメモ
blackカラーもあるので、派手なカラーが苦手な方や男性にもおすすめです

機能性で選ぶ人気のワイヤレスキーボードおすすめ3選

[エレコム] TK-FDP099TBK キーボード ワイヤレス パンタグラフ コンパクトキーボード

Elecom
最安値 ¥2,318 (税込)

サクサク軽い入力感!激安のパンタグラフ式ワイヤレスキーボード

ElecomのTK-FDP099TBKはコンパクトでありながら、打ちやすさを重視したバランスの取れたキーボードです。

キーボード構造はノートパソコンで使用されていることの多い、パンタグラフ式を採用しており軽い力で軽快に入力できます。

ひとことメモ
パンタグラフ式はメンブレン式と呼ばれる構造に比べ、しっかりとしたキーストロークと安定した打鍵感で打ちやすいものが多いです

[ロジクール] KX800 MX KEYS ワイヤレスキーボード 充電式

ロジクール
最安値 ¥14,355 (税込)

指先にフィットする独特のキー形状とバックライト搭載で暗い所でも使いやすく打ちやすいワイヤレスキーボード!

ロジクール アドバンスド KX800はキーの中央がくぼんでおり、指先にしっかりフィットして打ちやすいキーボードです。

また本体はメタルプレート製でしっかりとしており、デスクの上でも滑りにくくタイピング時も安定します。

ひとことメモ
USB充電式で電池いらずな点もおすすめポイントです

[エレコム] TK-FDM110TXBK キーボード ワイヤレス メンブレン 薄型 フルキーボード ブラック

Elecom
最安値 ¥1,599 (税込)

打ちやすく癖のないElecom製フルサイズワイヤレスキーボード!

エレコムのTK-FDM110TXBKはメンブレン式でキーストローク2.5mm、軽い力でサクサク入力できるキーボードです。

安いので外見等にこだわりが無ければこの製品がおすすめです。

ひとことメモ
メンブレン式キーボードは「しっかりとキーを押した感」があり、人によってはパンタグラフ式よりしっくりくる、という方も多いので好みで選びましょう

軽量コンパクト、サイズ感で選ぶワイヤレスキーボードおすすめ3選

[iClever] IC-BK03 キーボード Bluetooth 折りたたみ式 薄型 ワイヤレス ローズゴールド

iClever
最安値 ¥3,780 (税込)

かわいくてコンパクト!外出先でもサクサク文字入力ができる携帯型ワイヤレスキーボード

iCleverのpink ローズゴールド IC-BK03は外見も可愛いのですが、特筆すべきなのはその携帯性です。

3つ折りになるよう設計されていて、折りたためばバッグの中でも邪魔にならず外出先でさっと取り出してタイピングができます。

ひとことメモ
可愛らしいピンクとシックなブラックから選べるので性別や年齢を問わずおすすめです

[エレコム] TK-FLP01BK キーボード Bluetooth 折りたたみ マルチペアリング ブラック

Elecom
最安値 ¥2,398 (税込)

タブレットスタンドとしても使える折り畳み式コンパクトワイヤレスキーボード!

Elecomの2つ折りワイヤレスキーボードTK-FLP01BKは薄くて軽いので、持ち運んで外出時のタブレットやスマホで文字入力するときなどに便利です。

ポインティングデバイスの有り無しが選択できますが、おすすめはポインティングデバイス付き。

価格がほぼ倍にはなりますが、このコンパクトサイズのキーボードにタッチパッドのような機能が付きます。

マウスを持って歩けない外出先のデバイス操作にぴったりです。

ひとことメモ
マルチペアリング対応で、ボタンを切り替えるだけで複数の機器に接続できます。(最大3台まで)

[iClever] IC-BK03 black 折りたたみ Bluetooth ワイヤレスキーボード 充電式

iClever
最安値 ¥3,780 (税込)

折りたたんでコンパクトに持ち運べるおしゃれなワイヤレスキーボード!

3つ折りでコンパクトに持ち運べるiCleverの折りたたみ キーボード IC-BK03 black。

マルチペアリングにも対応しているので、複数のPCやタブレットに接続できます。

ひとことメモ
今回紹介したキーボードもそうですが、小型のキーボードはほとんどがテンキーレスなので数字入力が多い方は注意

静音性で選ぶワイヤレスキーボードおすすめ3選

[エレコム] TK-FDP099TBK キーボード ワイヤレス パンタグラフ コンパクトキーボード

Elecom
最安値 ¥2,318 (税込)

サクサク軽い入力感!激安のパンタグラフ式ワイヤレスキーボード

エレコムのTK-FDP099TBKは、ノートパソコンに使われている軽い力で打鍵できる「パンタグラフ方式」を採用。

キーボード特有の「カチャカチャ音」が軽減されます。

また、安定した通信で快適に操作できる2.4GHzで「入力できない」「認識しない」といったトラブルの可能性が軽減されています。

ひとことメモ
専用ドライバ不要、マイクロレシーバーを差し込むだけですぐにペアリングできます

[ロジクール] K360r ワイヤレスキーボードキーボード Unifying

Logicool
最安値 ¥4,450 (税込)

ホットキー搭載の薄型・静音ワイヤレスキーボード

ロジクール ワイヤレスキーボード K360rは静音デザインのアイソレーションキーを採用し、静音性を高めたキーボードです。

外出先でも周りを気にすることなく作業ができます。

ひとことメモ
電池式で充電不要な点から、持ち運びにも便利です

[サンワサプライ] SKB-BT22BK Bluetooth キーボード パンタグラフ 109A配列

サンワサプライ
最安値 ¥2,124 (税込)

軽快な打ち味のパンタグラフ式超小型ワイヤレスキーボード!

サンワサプライのSKB-BT22BKは、静音性の高いパンタグラフ式のワイヤレスキーボードです。

ミニサイズのコンパクト設計にもかかわらず、テンキー付きで外出時、静かな場所で作業する際にも重宝します。

ひとことメモ
基本的に「パンタグラフ式」と呼ばれるキーボードは打鍵音が静かな傾向になります。静音性で選ぶならパンタグラフ式がおすすめです。

ゲーミングワイヤレスキーボードおすすめ3選

[LexonTech] ゲーミング キーボード マウスセット

HAVIT
最安値 ¥5,299 (税込)

激安のゲーミングキーボード&マウス&マウスパッドのフルセット!

LexonTechのゲーミングキーボードは1万円を超えることも珍しくないゲーミングキーボードの中で、段違いに安い製品です。

値段が安いので品質もそれなりですが、初めてのゲーミングキーボードとしておすすめです。

ひとことメモ
マウスもセットになっている点も地味におすすめポイントです

[Logicool] G913-LN G ゲーミングキーボード ワイヤレス ブラック

Logicool
最安値 ¥26,730 (税込)

全てのゲームに最適!高性能なハイエンドゲーミングキーボード

Logicool G ゲーミングキーボードLIGHTSYNC RGB G913はハイエンドゲーミングキーボードです。

プログラム可能なGキーをフル装備したロジクールの最高級モデルで、機能性だけではなく、静音性も高く友人たちとのチャットしながらのプレイも快適。

ひとことメモ
高性能、エルゴノミクス(人間工学)に基づいた使いやすいデザイン、まさにハイエンド(最高級)キーボードです

[GameSir] VX AimSwitch ゲーミングキーボード&マウス ワイヤレスキーボード

GameSir
最安値 ¥10,420 (税込)

FPSにおすすめ!片手ゲーミングキーボード&マウスのセット


GameSir VXのワイヤレスキーボードはあらゆるゲーム機で快適に操作ができる片手ゲーミングキーボードです。

片手キーボードは独特の形状ですが、慣れてくるとFPSなどで素早く快適に操作ができるようになります。

ひとことメモ
片手キーボードはゲームだけではなく、イラストを描くときなどにも便利です

ワイヤレスマウスについては下記の記事で詳しく紹介しています。ぜひ併せてチェックしてみてくださいね!

関連記事:ワイヤレスマウスのおすすめ16選|作業効率がアップする人気商品が勢揃い【2021年版】

ワイヤレスキーボード よくある質問Q&A

最後に、ワイヤレスキーボードでよくある質問をまとめてみました。

メンブレンやパンタグラフって何のこと?

キーボードにはキー構造の違いで、「メンブレン式」「パンタグラフ式」「メカニカル式」といった種類があります。

この種類の違いで、「打鍵感」「打ち心地」「キー認識速度」といったいわゆる全般的な「使い心地」が変わります。

キーボードのキー構造種類 特徴
メンブレン式 デスクトップの付属で付いてくることが多く安価。深めのストロークでしっかりとした「押した感」が得られる
パンタグラフ式 ノートPCなどに採用されている薄型タイプ。軽快なタッチで静かな打鍵音が特徴。
メカニカル式 浅いタイプで認識するので、流れるようなタイピングが可能。高速タイピング向け。

安価といってもメンブレンの性能が低いわけではなく、あくまでもそれぞれ特徴が異なる、というだけです。

個人の打ち方や感触で最適なキーボードが違い、自分に合った構造の物を使うことで疲れにくくなったり、腱鞘炎になりにくくなったりします。

自分に合ったキー構造のキーボードを色々探してみましょう。

ひとことメモ
このほかに、「ギアドライブ式」「磁気浮遊式(MagLev)」がありますが現在の所あまり数は出回っていません

繋がらない/接続できない

ワイヤレスキーボードがつながらない原因は様々です。

無線キーボードがつながらない原因
  • キーボードのスイッチ(電源ボタン)が入っていない
  • 電池やバッテリーが切れている
  • デバイスとの距離が離れすぎている
  • 混線で他の機器の影響を受けている
  • 繋ぎ方が間違っている

以上を確認してみましょう。

ひとことメモ
それでも繋がらない場合はワイヤレスキーボードの不具合が考えられますので、返品・交換してもらいましょう

青軸・銀軸などの〇〇軸とは?

高級なキーボードを検討していると「青軸」とか、「黒軸」といった〇〇軸という名称を目にすると思います。

この〇〇軸とは、キーボードのスイッチを外した時に「軸」というカラフルな部品があり、この色によって高さや位置の違いでピッチの打鍵感(打ち心地)が異なります。

軸には主に「CHERRY社のCHERRY MXスイッチ」「Razer(レイザー・レーザー)社のメカニカルキースイッチ」がありますが、色の特徴はほぼ共通です。

色の種類は大小含めると数十種とも数百種とも言われます。

ここでは代表的な軸をいくつか紹介します。

主な軸の名前一覧 特徴
赤軸 基本の軸で滑らかなタイプ感を得られる初心者向け
青軸 打音が大きいが、カチャカチャと爽快なタイプができる軸
黒軸 しっかりとしたうち心地で、タイピングの強い人の指が疲れない軸
銀軸 浅い押し位置で入力を認識するスピード特化のゲーマー向きの軸
ピンク軸 静音性の重点を置いて作られており、静かな場所でのタイピングに最適な軸
茶軸 打った際、わずかな引っ掛かりがあって「押した感」が得られる軸

このように、軸の違いでタイピングの感触が異なりますので、自分好みの軸を探してみるといいでしょう。

ひとことメモ
もちろん素材や製造方法によって異なるので、あくまでも「こういった傾向がある」という目安にしてください

日本語配列と英語配列はどう違うの?

キーボードにはひらがななどの日本語配列と英語配列(US配置)並びレイアウトがあり、アマゾンなどで海外製のキーボードを購入する際は注意しましょう。

キーボードはアメリカ、イギリス、韓国など各国に合わせたキーボードが存在し、それぞれの国のキーボードでキー配列が異なっています。

それぞれ打ち方が異なり、不慣れなキーボードを購入すると入力がおかしい、打てないなどの理由になりますので注意しましょう。

ひとことメモ
他国のキーボードも使えないことはありませんが、「配列がおかしい」と感じ使いにくいのは間違いないので、購入する際は必ず確かめましょう

おすすめのメーカーは?

ワイヤレスキーボードは各メーカーから様々な機種が発売されており、中には格安で聞いたこともないメーカーの物もあります。

無名のメーカーのキーボードがダメ、というわけではありませんがハズレがあるのも確かです。

失敗したくない場合は以下の有名メーカーのワイヤレスキーボードを選びましょう。

信頼できるメーカー
  • Logicool(ロジクール)
  • サンワサプライ
  • buffalo(バッファロー)
  • エレコム
  • 富士通
  • NEC

これらの大手メーカーから選べば品質に関しては間違いありません。

ひとことメモ
ただ、おしゃれなものやユニークなワイヤレスキーボードは聞きなれないメーカーから出ていることが多いです

ワイヤレスキーボードはどこで買うのがおすすめ?

基本的にはネットで買うのがおすすめです。

豊富な選択肢の中から自分の好みに合った商品を探すことができます。

  • エディオン
  • ヨドバシ
  • ヤマダ電機
  • ビックカメラ
  • ドン・キホーテ
  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

楽天などはもちろん、ビックカメラなどの実店舗もネットショップを持っていますので、一度覗いてみましょう。

ひとことメモ
ネットで買う場合、価格ドットコムのランキングなども参考にするといいでしょう

キーボードの掃除・清掃方法は?

キーボードは毎日打つものなので、キーボードの隙間にゴミやほこりはもちろん、皮脂などが溜まりかなり汚れますのでできれば定期的に掃除してメンテナンスを行いましょう。

キーボードの清掃方法はエアダスタークリーナーや無水エタノールで洗う方法や、スライムを使ってごみを取る方法、掃除機で吸い取る方法などがあります。

中にはウォッシャブルタイプで分解せずそのまま水洗いできるものもあります。

ひとことメモ
できれば普段からカバーなどをしてキーボードに直接触れないようにするといいでしょう

思った文字が打てない

キーボードを使っていると、思った文字が入力できない、カタカナを打ちたいのにひらがなになる、といった事態が起こることがあります。

これは壊れたのではなく、気づかないうちにキーボードの変換設定をいじってしまっている可能性があります。

日本語や英語の切り替えがおかしい、といった変換がおかしい場合、対処法は症状やOSによって違いますが以下に主な症状と直し方を載せましたので、参考にしてみてください。

症状 確認するポイント(Windows10の直し方)
数字が打てない・テンキーを押すとカーソルが飛ぶ Num Lock(ナムロック)キーを再度押してみる
ひらがなにならない 半角・全角キーを押してみる/Ctrlキー+カタカナキー同時押し
小文字・大文字にならない ShiftとCapsLock同時押ししてみる
ローマ字入力にならない・日本語にならない 画面右下のIMEの設定を変更する
半角にならない・入力できない Altキー+半角/全角キーを押す

ワイヤレスキーボードの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているワイヤレスキーボードのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

まとめ

ワイヤレスキーボードは非常に多くの種類が販売されています。

選択肢が多く迷ってしまうかもしれませんが、裏を返せば目的の中から自分に合った機種が必ず見つかるという事でもあります。

それぞれ価格や性能、用途が異なりますので、自分の使いたい目的に合わせて選ぶといいでしょう。

関連記事:【2021年最新版】キーボードのおすすめ 15選 | 人気のタイプや選び方を徹底解説!

関連記事:【2021年度最新版】用途別PCモニターの選び方とおすすめ25選を解説&徹底比較

関連記事:【徹底比較】タブレットPC おすすめ20選 | 格安Android・iPad・windowsで買いなのはコレ!

関連記事:テンキーのおすすめ15選|ワイヤレスの人気商品・うまく使えない時の対処法も紹介【2021年最新版】

この記事は参考になりましたか?