Wi-Fiの繋がりやすさもUP!無線LAN子機おすすめ20選|簡単接続で安定・高速通信に

Wi-Fiで無線化!無線LAN子機おすすめ20選|簡単接続で安定・高速通信に

無線接続ができないパソコンでも、インターネットに無線接続できる無線LAN子機。ケーブルレスなので、部屋のあらゆる場所でもインターネットへ接続でき、パソコン周囲の配線がすっきりと整理できます。無線LAN子機は接続端子や通信規格などさまざまな製品があり、どのタイプを選んでよいか迷ってしまいますよね。

この記事では、無線LAN子機の選び方を初心者でもわかりやすく解説します。最新のおすすめ人気ランキング20選も紹介しているので、無線LAN子機を初めて使う方や新しい製品への買い替えを検討している方はぜひ参考にしてください。

無線でネット接続できる!無線LAN子機とは

無線LAN子機とは、パソコンのUSBポートやLANポートに外付けし、インターネットへ無線接続する機器です。有線接続はケーブルが邪魔になるうえ、ケーブルが届く範囲しかインターネットを利用できません。無線でインターネットに接続できると、ケーブルが不要になり部屋のあらゆる場所でパソコン作業ができます。

すでに無線接続ができるパソコンでも、無線LAN子機を導入すると通信速度が向上したり、無線LANルーターの電波が届かなかった部屋でも繋がりやすくなったりするのがメリットです。

また、無線LAN子機はパソコンだけでなく、インターネット対応のテレビでも利用できます。LANケーブルが届かない場所に設置したテレビでも、AmazonプライムビデオやNetflixなどのVOD鑑賞を楽しめますよ。

なお、無線LAN子機を利用するには親機となる無線LANルーターもしくは中継機を導入し、Wi-Fi環境を準備しておく必要があります。無線LAN子機はあくまでも電波の受信機なので、子機だけ導入してもインターネット接続ができない点は注意しておきましょう。

無線LAN子機の選び方

無線LAN子機は以下のポイントをチェックして、あなたにあった製品を選びましょう。

  • 通信速度の速さ
  • アンテナの有無
  • 接続端子の種類
  • 初期設定の難易度やセキュリティ

通信速度が速い製品を選ぶ

通信速度が速い製品を選ぶ

インターネットを快適に利用するには、通信速度の速さが重要です。ホームページをスムーズに読み込んだり、高画質の動画を途切れることなく閲覧したいなら、通信速度が早い製品を選んでください。

無線LAN子機には「Wi-Fi6」といった通信規格や「433/150Mbps」といった通信速度が表記されています。通信速度にこだわるなら通信規格や速度を確認しておきましょう。

「Wi-Fi6」なら高速通信で途切れにくい

Wi-Fiは世代ごとに最大通信速度や周波数が進化しています。通信速度の速い製品を選ぶなら、最新の規格である「Wi-Fi6(11ax)」対応の無線LAN子機がおすすめ。従来の「Wi-Fi5(11ac)」よりも最大通信速度(理論値)が1.4倍も高速です。

また、「Wi-Fi6」は多重接続に強いという特徴があります。パソコンだけでなくスマホやゲーム機、スマート家電など複数の端末を無線接続しても、電波が混線しません。なお、親機となる無線LANルーターと無線LAN子機の両方が「Wi-Fi6」に対応している必要があるため、無線ルーターのスペックを確認しておきましょう。

最新の無線LANルーターは、以下の記事で紹介しています。

関連記事:プロが選んだ最強Wi-Fiルーターおすすめ15選|高速Wi-Fi6やセキュリティも詳しく解説!

関連記事:【WiFi6対応】メッシュWiFiおすすめ16選|中継器との違いからデメリットまで徹底解説!

5GHz帯と2.4GHz帯の通信速度をチェック

Wi-Fiは各通信規格により、複数の周波数に対応しています。

  • Wi-Fi6(11ax)…2.4GHz帯/5GHz帯
  • Wi-Fi5(11ac)…5GHz帯のみ対応
  • Wi-Fi4(11n)…2.4GHz帯/5GHz帯

2.4GHz帯は広い範囲まで電波が届きますが、通信速度が遅いという特徴があります。一方、5GHz帯は壁などの障害物に弱いが、近距離であれば通信速度が高速です。無線LANルーターを設置している部屋でパソコンを使用するなら、5GHz帯に対応している無線LAN子機がおすすめです。

無線LAN子機の通信速度は、Wi-Fi5相当の速度である5GHz帯で867Mbps・2.4GHz帯で400Mbpsあれば、動画視聴やネットサーフィンを快適に楽しめます。

USB3.0以上なら転送速度が速い

USBポートに接続するタイプの無線LAN子機は、USBの規格によって転送速度に違いがあります。通信速度が速い無線LAN子機を選ぶなら、USB3.0以上の規格(端子が青色)を選びましょう。

USB3.0の通信速度(理論値)は最大5Gbpsですが、USB2.0の通信速度は最大480Mbpsなので10倍以上の差があります。パソコン側のUSBポートがUSB3.0に対応しているなら、無線LAN子機のUSB規格もチェックしましょう。

電波の受信にかかわるアンテナの有無で選ぶ

電波の受信にかかわるアンテナの有無で選ぶ

無線LAN子機は、電波を送受信するためのアンテナを搭載しています。外部にアンテナを搭載したアンテナありモデルとアンテナを内蔵したモデルがあり、製品サイズや送受信のしやすさに違いがあります。

広い範囲で電波を受信しやすいアンテナありモデル

広い範囲で電波を受信しやすいアンテナありモデル

アンテナありモデルの無線LAN子機は、親機である無線LANルーターの方向へアンテナを向けると送受信の感度向上が期待できます。アンテナが2本以上複数あるタイプなら、さらに電波を受信しやすくなりますよ。

広い部屋や無線LANルーターが別の部屋にある環境では、アンテナありモデルがおすすめ。また、カフェや商業施設などの公共Wi-Fiは場所によって電波の強度が不安定なため、アンテナありモデルなら通信が安定しやすくなります。

コンパクトで邪魔にならないアンテナ内蔵モデル

コンパクトで邪魔にならないアンテナ内蔵モデル

アンテナ内蔵モデルはサイズが小さいことが特徴です。USBポートに接続しても1~3cm程度しか飛び出さない製品もあり、作業中でもマウスや手がアンテナに当たる心配がありません。

無線LAN子機をパソコンのUSBポートに差し込んだままでも邪魔にならないため、そのままパソコンケースに収納することも可能。MacBookのような薄型のノートパソコンにおすすめです。ただし、小型の無線LAN子機は保管時に紛失しやすいというデメリットがあります。パソコンから取り外した後の保管には注意してください。

接続する機器に合った端子の種類を選ぶ

接続する機器に合った端子の種類を選ぶ

無線LAN子機はパソコンだけでなく、テレビにも利用できます。接続する機器に合った端子の種類を選びましょう。

パソコンに接続するならUSBポートタイプ

ほとんどのパソコンにはUSBポートを搭載しているため、USB端子で接続する無線LAN子機であれば問題なくパソコンで利用できます。一般的な無線LAN子機は、USBメモリのように本体を直接USBポートに差し込みます。

アンテナありモデルのようにサイズが大きい無線LAN子機は、USB端子がケーブルになっているタイプがおすすめ。無線LAN子機を配置する場所を選べるため、パソコン周辺を整理しやすくなります。

テレビに接続するならLANポートタイプ

テレビはUSB端子が無線LAN子機に対応していないモデルがあります。のため、テレビやPS4などのゲーム機を無線接続するなら、LANポートを搭載している無線LAN子機を選びましょう。

なお、インターネット非対応のテレビは無線LAN子機を接続してもネット接続できないため、注意が必要です。

テレビと無線LAN子機を接続するLANケーブルは以下の記事でおすすめ製品を紹介しています。

関連記事:カテゴリ7はだめ?自宅に最適なLANケーブルおすすめ15選|元店員が選び方を徹底解説

その他の便利な機能で選ぶ

その他の便利な機能で選ぶ

無線LAN子機を選ぶうえでチェックしておきたい、便利な機能を紹介します。

簡単に初期設定できる機能で選ぶ

無線LAN子機はWi-Fiに接続するための初期設定が必要です。設定に不安があるなら「WPSボタン」搭載のモデルがおすすめ。無線LAN子機と無線ルーターのWPSボタンを押せば簡単にインターネットへ接続できます。パソコンにソフトをインストールする必要もないため、初心者の方でも戸惑うことなく無線LAN子機を導入できます。

仕事で利用するならセキュリティに優れた製品がおすすめ

仕事でパソコンを利用する場合、不正アクセスによるデータの流出などのセキュリティ面が心配ですよね。セキュリティに優れた無線LAN子機を選ぶなら、製品の暗号規格をチェックしましょう。

無線LANの暗号規格は「WPA2」という規格が主流ですが、暗号化が非常に強固な「WPA3」を採用した製品がおすすめです。不正アクセスや通信内容を盗み見されるリスクを軽減できるため、仕事で利用するパソコンでも安心して作業できます。

ルーターから離れた部屋ならビームフォーミング機能搭載モデルを選ぶ

無線ルーターから離れた部屋でパソコンを使用するなら、ビームフォーミング機能を搭載した無線LAN子機がおすすめ。通信のラグが少なく、安定した速度でインターネット通信を利用できます。

ビームフォーミング機能とは、無線LAN子機の距離や位置を自動で判別し、適切な電波を発信する機能です。ビームフォーミング機能を利用するには、親機の無線LANルーター・無線LAN子機どちらもビームフォーミング機能に対応している必要があります。

無線LAN子機のおすすめ人気メーカー

無線LAN子機はさまざまなメーカーが製品をラインナップしています。無線LAN子機のおすすめメーカーと特徴を解説します。

豊富なラインナップが魅力「バッファロー」

豊富なラインナップが魅力「バッファロー」

出典:amazon.co.jp

パソコン周辺機器を販売するメーカー「バッファロー」は、製品種類の豊富さが魅力です。ネットサーフィンを利用するライトユーザーから、本格的なオンラインゲームをしたいヘビーユーザーまで、幅広いニーズに対応する製品をラインナップしています。テレビ用のLANポート付き無線LAN子機も販売しており、目的に合わせた製品を選べます。

バッファロー製品は「AOSS」という無線LAN機器の自動設定機能を搭載した製品があります。無線LAN子機・無線LANルーターどちらもバッファロー製であれば簡単に初期設定できます。

アンテナ付きモデルなら「アイ・オー・データ(I-O DATA)」

アンテナ付きモデルなら「アイ・オー・データ(I-O DATA)」

出典:amazon.co.jp

アイ・オー・データの無線LAN子機は、アンテナ付きモデルが多数販売されています。無線LANルーターから離れた位置でパソコンを利用するなら、アイ・オー・データの無線LAN子機がおすすめです。シンプルなアンテナ1本モデルから、4本のアンテナを搭載した個性派モデルまで、通信環境に合った製品を選択できます。

コンパクトなアンテナ内蔵型なら「エレコム」

コンパクトなアンテナ内蔵型なら「エレコム」

出典:amazon.co.jp

エレコムは、ノートパソコンに差しても邪魔にならないコンパクトサイズの無線LAN子機をラインナップしています。USBポートに差し込み、セキュリティキーを入力するだけでインターネットへ接続できる製品もあり、初心者に優しいメーカーです。小型の無線LAN子機でも、電波の強い5GHz帯に対応した本格派モデルも販売しています。

手頃な値段で購入できる「TP-Link」

手頃な値段で購入できる「TP-Link」

出典:amazon.co.jp

TP-Linkの無線LAN子機は、1,000円程度で購入できる価格の安さが魅力です。ネットサーフィンやオフィス作業を目的にパソコンを利用するなら、値段の高いハイスペックな無線LAN子機は必要ありません。通信速度にこだわらずにパソコンを無線接続したい方は、TP-Linkの無線LAN子機がおすすめです。

無線LAN子機おすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格対応OSインターフェースサイズアンテナの種類Wi-Fi規格通信速度その他の機能
BUFFALO 無線LAN子機 WI-U2-433DHP楽天市場¥2,115 AmazonYahoo!Windows,MacUSB2.0-外部アンテナWi-Fi5(11ac)5GHz:433Mbps、2.4GHz:150Mbps-
アイ・オー・データ 無線LAN子機 WN-AC433UK楽天市場¥2,055 AmazonYahoo!Windows,MacUSB2.0-内蔵アンテナWi-Fi5(11ac)5GHz:433Mbps、2.4GHz:150Mbps-
EDUPLINK 無線LAN子機楽天市場¥1,899 AmazonYahoo!Windows,MacUSB3.0-外部アンテナWi-Fi5(11ac)5GHz:867Mbps、2.4GHz:400Mbps-
BUFFALO 無線LAN子機 WI-U2-433DMS楽天市場¥1,730 AmazonYahoo!Windows,MacUSB2.0-内蔵アンテナWi-Fi5(11ac)5GHz:433Mbps-
EBEAUTYDAY 無線LAN子機楽天市場¥1,999 AmazonYahoo!Windows,MacUSB3.0-外部アンテナWi-Fi5(11ac)5GHz:867Mbps、2.4GHz:400Mbps-
TP-Link 無線LAN子機 AC600 Archer T2U Nano楽天市場¥1,373 AmazonYahoo!Windows,MacUSB2.0-内蔵アンテナWi-Fi5(11ac)5GHz:433Mbps、2.4GHz:200Mbps-
TOKAIZ 無線LAN WiFi子機 AC600楽天市場確認中 AmazonYahoo!Windows,MacUSB2.0-内蔵アンテナWi-Fi5(11ac)5GHz:433Mbps、2.4GHz:200Mbps-
TP-Link 無線LAN子機 TL-WN823N楽天市場¥1,063 AmazonYahoo!Windows,MacUSB2.0D39×W18×H8 mm内蔵アンテナWi-Fi4(11n)5GHz:300Mbps-
BUFFALO 簡単無線LAN子機 WLI-UTX-AG300/C楽天市場¥4,200 AmazonYahoo!Windows,MacUSB2.0-内蔵アンテナWi-Fi4(11n)5GHz:300MbpsLANポート
エレコム 無線LAN子機 コンパクトモデル WDC-150SU2MBK楽天市場¥1,009 AmazonYahoo!Windows,MacUSB2.0W8×D15×H17mm内蔵アンテナWi-Fi4(11n)24GHz:150Mbps-
アイ・オー・データ 無線LAN子機 WN-AC867U楽天市場¥2,900 AmazonYahoo!Windows,MacUSB2.0-内蔵アンテナWi-Fi5(11ac)5GHz:867Mbps、2.4GHz:300Mbps-
UGREEN 無線LAN 子機 AC1300楽天市場¥2,199 AmazonYahoo!Windows,MacUSB3.0-内蔵アンテナWi-Fi5(11ac)5GHz:867Mbps、2.4GHz:400Mbps-
AKEIE 無線LAN子機 USB3.0対応楽天市場¥1,399 AmazonYahoo!Windows,MacUSB3.0-外部アンテナWi-Fi5(11ac)5GHz:867Mbps、2.4GHz:400Mbps-
エレコム 無線LAN子機 WDC-433DU2H2-B楽天市場¥3,255 AmazonYahoo!Windows,MacUSB2.0W15×D15×H154mm外部アンテナWi-Fi5(11ac)5GHz:433Mbps、2.4GHz:150Mbpsドライバインストール用CD
ASUS 無線LAN子機 USB-AX56楽天市場¥4,980 AmazonYahoo!Windows,MacUSB3.0-外部アンテナ・内蔵アンテナWi-Fi6(11ax)5GHz:1201Mbps、2.4GHz:867Mbps-
バッファロー 無線LAN子機 WI-U3-1200AX2/N楽天市場¥5,500 AmazonYahoo!Windows,MacUSB3.2-内蔵アンテナWi-Fi6(11ax)5GHz:1201Mbps、2.4GHz:573Mbpsビームフォーミング機能、卓上ケーブル付属
TP-Link 無線LAN子機 AC1900 Archer T9UH楽天市場¥4,755 AmazonYahoo!Windows,MacUSB3.0-内蔵アンテナWi-Fi5(11ac)5GHz:1300Mbps、2.4GHz:600Mbps延長ケーブル、WPSボタン、ビームフォーミング
アイ・オー・データ 無線LAN子機 WNPU583B楽天市場¥2,018 AmazonYahoo!Windows,MacUSB 2.0-内蔵アンテナWi-Fi5(11ac)5GHz:433Mbps,2.4GHz:150MbpsBluetooth機能
アイ・オー・データ 無線LAN子機 WN-S150UM楽天市場¥873 AmazonYahoo!Windows,MacUSB2.0W16×D17×H8 mm内蔵アンテナWi-Fi4(11n)2.4GHz:150MbpsWPA3対応
アイ・オー・データ 無線LAN子機 WN-AC1300UA楽天市場¥6,773 AmazonYahoo!Windows,MacUSBW59×D60×H24(H)mm(本体のみ)外部アンテナWi-Fi5(11ac)5GHz:1300Mbps、2.4GHz:600MbpsUSB延長ケーブル付き

無線LAN子機おすすめ人気ランキング20選

無線LAN子機のおすすめ人気ランキング20選をご紹介します。

無線LAN子機の使い方

無線LAN子機の使い方

無線LAN子機の一般的な接続方法について解説します。

  • 使い方のタイトル
  • STEP.1
    無線LAN子機をパソコンに差し込む
    USB3.0に対応する無線LAN子機は、パソコンのUSB3.0ポート(青い端子)に差し込みます。デスクトップパソコンなら本体背部のUSBポートに差し込むと邪魔になりません。
  • STEP.2
    ドライバをインストール
    無線LAN子機をパソコンに認識させるためのドライバをインストールします。ドライバ不要の無線LAN子機はそのままネットワークの選択に進みます。
  • STEP.3
    接続するネットワークを選ぶ
    パソコンのネットワーク設定から、接続したいネットワーク名(SSID)を選びます。
  • STEP.4
    セキュリティーキーを入力
    選択したネットワークのセキュリティーキーを入力します。セキュリティーキーは無線LANルーターの側面に記載されている場合が多いです。WPSボタン搭載製品なら、無線LAN子機・無線LANルーター両方のボタンを押せばネットワークに接続できます。
  • STEP.5
    インターネットの接続確認
    ブラウザを開き、ホームページを閲覧してインターネットに接続されているのか確認する

無線LAN子機の関連商品

無線LAN子機と一緒に利用すると便利な関連商品をご紹介します。

通信速度や繋がりやすさを改善するなら「無線LANルーター」

無線LAN子機の性能を最大限に発揮するには、親機である無線LANルーターも子機と同等以上のスペックが必要です。高速通信や遅延のないネット環境を構築するなら最新の無線LANルーターを導入しましょう。快適に動画試聴やゲームをプレイするなら「Wi-Fi6」やビームフォーミング搭載製品がおすすめです。

離れた部屋でも繋がりやすい「無線LAN中継機」

無線LANルーターから離れた部屋でパソコンを使うなら、無線LAN中継器を導入しましょう。無線LANルーターからの電波は、壁や壁などの障害物によって繋がりにくくなります。特に5GHz帯の電波は通信速度が高速ですが、通信範囲が狭いというデメリットも。しかし、無線LAN中継器を使えば通信範囲を広げることができるため、電波の届きにくい部屋でもストレスなくネットに接続できます。

突然の停電でも安心「無停電電源装置」

突然の停電で保存していなかったデータが消えたり、オンラインゲームから離脱してしまった経験はありませんか?無停電電源装置(UPS)があれば、万が一の停電でも電力を補給できるため安心です。家庭用であれば、1万円以下の値段で無停電電源装置を導入できます。大切なデータを取り扱う方やオンラインゲームのプレイ中に中断したくない方におすすめです。

無線LAN子機のよくある質問

中古品の無線LAN子機は安くてお得ですか?

メルカリやヤフオクでは中古品の無線LAN子機が安く販売されています。しかし、無線LAN子機は精密機器のため、初期不良や突然動作しなくなる可能性もあります。新品の無線LAN子機のほとんどは1年間のメーカー保証が付属しているため、新品の製品をおすすめします。

無線LAN子機はUSBハブに差しても利用できますか?

ほとんどの製品はUSBハブでの動作を保障しておりません。無線LAN子機はUSBハブを介すると通信速度が低価する原因になるため、パソコンのUSBポートに直挿ししましょう。

無線LAN子機を差し込みましたが、無線LANルーターのSSIDが表示されません。

無線LAN子機のドライバがインストールされていない可能性があります。説明書を確認し、ドライバをインストールしてください。また、無線LANルーターを再起動させるとSSIDが表示される場合もあります。

おすすめ無線LAN子機まとめ

無線LAN子機の選び方のおすすめ人気ランキングを解説しました。無線LAN子機は以下のポイントをチェックして、利用用途に合った製品を選んでください。

  • 高速通信ならWi-Fi6対応モデルがおすすめ
  • 無線LANルーターから遠い位置で利用するならアンテナ付きモデルを選ぶ
  • テレビで無線LAN子機を利用するならLANポート付き製品を選ぶ

無線通信の技術は日々進歩しており、有線接続に劣らない高速通信が可能になりました。有線接続のパソコンがあればぜひ無線化して、快適なインターネットライフを楽しんでくださいね。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー