大人気の一眼レフカメラEOS Kiss X10とEOS Kiss X9を徹底比較!

   

今人気のレンタル一眼レフ、この中でも大人気のCanon EOS Kissシリーズ。
小さくて持ち運びやすいボディから女性や、カメラビギナーに大人気のシリーズです。

今回はその中でも最新モデルのEOS Kiss X10は一つ前のEOS Kiss X9からどのように進化しているのかを初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

EOS Kissシリーズってどんなカメラ?

EOS Kiss シリーズはCanonの一眼カメラの中でも初心者向けに当たる扱いやすく小さいシリーズです。Kissシリーズはその中でもミラーレス機のKiss Mシリーズや、スタンダードなKiss Xシリーズなど複数に派生していてます。
今回取り上げるEOS Kiss X10やEOS Kiss X9はその中でもスタンダードな一眼レフです。

RentryノートではEOS Kiss X10とEOS Kiss X9iの比較もしています。
【人気爆発中!】キヤノンの一眼レフ入門機 EOS Kiss X10とEOS Kiss X9iを徹底比較!2台の違いは?オススメなのはどっち?

EOS Kiss X10を詳しく紹介

・EOS Kiss X10とは
KissX10は2019年4月25日に発売されたEOS Kissの最新作でX9の後継機。2410万画素もの画素で高画質な写真を撮影可能。また、思い通りの写真をシャッターを切るだけで撮影できる「クリエイティブアシスト」や瞳AFを搭載し使いやすさを第一に設計。レンズマウントはキヤノンEFマウントで他のキヤノンカメラと同じレンズが装着できる。何より1番の目玉は一眼レフカメラでも最軽量レベルの軽さ、手軽に撮影することができる。ひとつ注意する点として測距点(自動でフォーカスを合わせられるポイント)が9点しかないところ。

バリアングル液晶搭載一眼レフで世界最軽量

重くて、持ち運びにくい。扱いにくい。と言ったネガティブなイメージを持たれがちな一眼レフですが、EOS Kiss X10なら大丈夫です。

 

背面の液晶パネルには上下左右に液晶パネルを動かすことができるバリアングル液晶を採用しています。これによって地面スレスレのローアングル撮影や、手を伸ばして高くから撮るハイアングル撮影の時に無理な姿勢でファインダーを覗き込む必要は無くなります。

そして何よりも携帯性です、とても軽いEOS Kiss X10はお散歩や旅行など荷物を軽くしたい時にとても役に立ちます。

新機能クリエイティブアシストを搭載

2018年発売のKissシリーズ初のミラーレス一眼、EOS Kiss Mで初めて搭載されたクリエイティブアシスト。
これははカメラで撮った写真をスマホのようなタッチ操作で思い通りの作品に仕上げてくれる機能です。
「背景」「明るさ」「鮮やかさ」等の項目を一つのメニューに集め、タッチディスプレイで直感的に操作しながらリアルタイムで実際の画を確認しながら撮影できる機能です。

新機能瞳オートフォーカスの搭載

カメラで人物を撮る時に、顔、その中でも瞳にピントを合わせないと綺麗な写真になりません。
そういった時に瞳オートフォーカスを利用すると、自動で人物の瞳を追従してくれてずっと瞳にフォーカスが合った状態が続きます。

EOS Kiss X9を詳しく紹介

・EOS Kiss X9とは
KissX10は2017年7月28日に発売され、EOS Kiss X10の型落ち機種。こちらはX10よりも多い2420万画素もの画素で高画質な写真を撮影可能。レンズマウントはキヤノンEFマウントで他のキヤノンカメラと同じレンズが装着できる。一眼レフカメラでも最軽量レベルの軽さを誇っていたカメラで今でも最も軽い部類に入る。瞳AFは搭載されていないが3年が経とうとしている今でも初心者向けカメラでは遜色のない性能を持っている。

軽い

後継モデルEOS Kiss X10が出るまではバリアングル液晶を搭載した一眼レフにおいて世界最軽量でした。
記録が更新されたからといって重い訳ではなくとても軽いカメラで、携帯性も十分に良いです。

現行モデルと遜色のない性能

EOS Kiss X9は後継モデルが出たことにより型落ちモデルとなってしまいましたが、発売後二年も経っていないこともあり今でも十分に使える性能を持っています。

下の項目でも触れますが、数値上でも全くと言っていいほど差がなく、強いて言うならば瞳オートフォーカス等の最新機能が搭載されていない程度でしょうか。今でも最新カメラと言える程度の性能は持っています。

型落ちモデルは後継製品が発売された後価格が下がりやすいです。EOS Kiss X9はEOS Kiss X10に比べて3万円程度安くなっています。最新モデル程度の性能を安く手に入れることができる型落ちモデルは、カメラの入門にもぴったりです。

EOS Kiss X10とEOS Kiss X9の比較

外観の比較

まずは外観から比較していきます。

ハードウェアの変更点としては、本体左肩の外部接続ボタンの廃止とモード変更ダイアルのリニューアルです。
モード変更ダイアルのリニューアルは2種類のモードが削られ、全体的に雰囲気の揃ったアイコンが並べられました。

向かって本体前面には、赤目緩和・セルフタイマーランプが廃止となっています。
セルフタイマー撮影の時のタイミングの目安となっているランプなので少し不便ですが、なくなってしまえばあまり気にならない部分かと思います。

本体背面やその他の部分に変更点はありません。
EOS Kiss X10はEOS Kiss X9のデザインをほぼそのまま踏襲した形となっています。

外形寸法

外見上の違いは数カ所見られるものの、メーカー公表の外径寸法はEOS Kiss X10とEOS Kiss X9でまったく同じとなっています。

重さ

わずかにEOS Kiss X10の方が軽くなっています。
しかしその差はたったの4g。

詳しい数値で見るとEOS Kiss X9が449。それに対してEOS Kiss X10が445gとなっています。

どちらもバリアングル液晶搭載一眼レフの世界最軽量記録を持っているカメラです。そのためとても軽いことに変わりはなく、4gの差も体感では全く感じられません。

本体性能の比較

外観では全くと言っていいほど違いはありませんでした。
これからはカメラとしての性能、内部の方に注目して詳しく比較、解説していきます。

基本性能

機種名EOS Kiss X10EOS Kiss X9
センサーサイズAPSーCAPSーC
有効画素数2410万画素2420万画素
常用ISO感度100〜25600100〜25600
シャッタースピード1/4000〜30[秒]・バルブ1/4000〜30[秒]・バルブ
連写性能最高5コマ/秒最高5コマ/秒
質量449g(ブラック)453g(ブラック)

この表を見てわかる通りEOS Kiss X10とEOS Kiss X9では性能にほとんど差が見られません。
ただ単純に写真を撮れる機械としてみた時にほぼ同じ性能なので型落ちで値段の下がるEOS Kiss X9を選んだ方が得策とも読めます。

しかし、しかし何も進化していないわけではなく、むしろ大きく進化しています。

画像エンジンのアップデート

画像エンジンとはカメラのセンサーから来た情報を処理して写真として完成させるカメラの頭脳にあたる部分です。ここの性能がカメラの性能と言ってもいいほど多くも役割を持っていて、低ノイズ化や被写体追尾、被写体検出性能等高性能化へ大きく貢献している部分です。

この画像エンジンがEOS Kiss X10はEOS Kiss X9から1世代後のものを搭載しています。
これは開発時期の違いによるものですが、EOS Kiss X9には一世代前のDIGIC7を、EOS Kiss X10にはキヤノン最新の画像エンジンであるDIGIC8が搭載されています。

これによって何が嬉しくなったかと言うと前述の通り低ノイズ化(高感度耐性)が強くなったり、瞳AFを搭載できたりと撮影性能がいちだんと向上しています。それに付随してAF(オートフォーカス)の速度も向上していて、狙った被写体に早くフォーカスを合わせることができるようになりました。

クリエイティブアシストの搭載

EOS Kiss X10にはEOS Kiss Mで初めて搭載されたクリエイティブアシストが搭載されました。

これは、「明るさ」「コントラスト」「鮮やかさ」などの項目を一つにまとめ、直感的に変更できる機能です。これらの設定項目の他にもあらかじめセットされたフィルターをかけてより魅力的な写真に仕上げることができます。

クリエイティブアシスト使用時はライブビュー(背面モニタで映像を映しながら)で変更をリアルタイムに反映させながら撮影をすることができます。この機能のおかげで設定を変更した後撮影して写りを確認してと手間がかかりません。目の前で変更を見ながら思い通りの描写に仕上げることができるのです。

結局EOS Kiss X10とEOS Kiss X9どっちを選べばいいの?

EOS Kiss X10とEOS Kiss X9のハードウェアはほとんど違いはみられませんでした。しかし、画像エンジンが一世代違うだけでAFの速度が変わってきたり、瞳AFができるようになったりとソフトウェアの面での新機能が大きいアップデートとなりました。

おすすめポイント

EOS Kiss X10はソフトウェアのアップデートが強く,中でも嬉しいのが瞳AFの実装です。自動で瞳を認識して追従できるようになっています。
その点EOS Kiss X9では瞳AFが実装されておらず使用することができません。

しかしEOS Kiss X9が劣っているわけではありません。
型落ちモデルということで価格が大幅に値下がり手に入りやすくなっています。

初めてのカメラにおすすめ

今この記事を見ている方に、初めての一眼カメラを持ちたいとしたところでEOS Kiss X10とEOS Kiss X9のどちらをおすすめするかと聞かれたら私はEOS Kiss X9をおすすめします。

両機種とも持ち運びが簡単で、安く、撮っていて楽しいの三拍子を揃えたカメラですが、私はEOS Kiss X9をおすすめします。2年前の型落ちとはいえ最新モデルと遜色のない機体性能は確実にカメラライフへの第一歩を良いものにしてくれるでしょう。

Canonの最新機能を使いたい場合はEOS Kiss X10を選びましょう。
前述の通り最新の画像エンジンを搭載したEOS Kiss X10では瞳AFやクリエイティブアシストなどの魅力的な機能をたくさん載せています。

どちらも良いカメラなので決めづらいですが、気になるカメラは一度レンタルしてみるのはいかがでしょうか?
Rentryでは最新モデルのカメラからEOS Kiss X9まで揃えています。
買う前に使い心地を確かめてみたい。旅行に連れて行って写真を撮りたい。
そんな方は是非一度チェックしてみてください。