簡単でおいしい!おでんの素おすすめランキング20選!人気の具材やアレンジレシピも

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

手軽にお家で本格的なおでんを作れる「おでんの素」。自分で味の調節をしなくてもプロが作ったようなまろやかな甘さと醤油の風味が味わえるおでん出汁に仕上がります。具材と一緒にコトコト煮るだけなので、初めておでん出汁を作る人にも向いていますよ。

しかしいざ、おでんの素を購入しようと思うと、関東風・関西風・ご当地の味など、さまざまな種類があるので「メーカーによる味の違いは?」「自分好みの味を選びたい」など商品選びに迷ってしまいますよね?

そこで今回は、おでんの素の選び方や人気おすすめ商品20選をランキング形式で紹介します。あわせて、定番から変わり種までさまざまなおでんの具材や、好みに合った使い道が見つかるアレンジレシピもチェック。ぜひ寒い日は、温かいおでんを食べて身も心も温まりましょう!

市販おでんの素の選び方

おでんの素を選ぶときに迷ったら、以下の4つのポイントを確認しましょう。

  • 顆粒タイプ・液体タイプ
  • ベースの味
  • ご当地の味や地域性
  • 容量

使い勝手にあわせて顆粒タイプや液体タイプから選ぶ

おでんの素は、顆粒(粉末)タイプと液体タイプの2種類あります。「料理中の使い勝手」「作れる容量」「保存方法」に違いがあるので、タイプ別の特徴をチェックしましょう。

小分けで使いやすい!ストックに便利な顆粒タイプ

小分けで使いやすい!ストックに便利な顆粒タイプ

出典:amazon.co.jp

顆粒(粉末)タイプは、水やお湯にサッと溶かして調理できます。粉末和風だしや顆粒コンソメのように、使いたい量を調節しやすいのが特徴です。

1回で使い切れる量に小分けされているものや、1袋で20皿分も作れる大容量タイプも販売されています。小分けされているものなら、計量いらずで毎回同じ味のおでん出汁を作れるので便利ですよ。

また、賞味期限が長く、常温保存できるのもメリット。食べたいときにすぐ作れるよう買い置きしたい人は、顆粒タイプを選びましょう。

溶け残りの心配なし!料理初心者でも扱いやすい液体タイプ

溶け残りの心配なし!初心者でも扱いやすい液体タイプ

出典:amazon.co.jp

料理初心者には、液体タイプがおすすめです。水で薄めるだけなので溶け残りの心配がないうえ、具材に染み込む色にムラができにくく、キレイに仕上がります。量の調節が安易にできるため、少量だけ作りたいときにも向いていますよ。余ったおでんの素は、汁物や茶碗蒸しなどにちょい足しして使えるので、アレンジレシピの幅も広がります。

ただし、液体タイプは賞味期限が短め。商品によっても違いますが、開封後は冷蔵保存で外気に触れないようにしっかりとフタをし、数日から長くても3週間以内に使い切りましょう。料理をする頻度や使い切れるかなども考えて購入してくださいね。

編集部

一人分のおでんを作りたいときにはキューブタイプもおすすめ!キューブタイプなら、1個1人前と目安がわかりやすいですよ◎

おでんのベースとなる味をチェック

おでんは、関東風か関西風かで味が大きく左右されます。出汁やベースとなる醤油の種類をチェックして、自分好みの味を見つけてくださいね。

関東風:甘辛で美味!濃い味が好みの人向け

関東風:甘辛で美味!濃い味が好みの人向け

関東風は、昆布とかつお節でとった出汁に、濃口醤油・料理酒・みりん・砂糖などを加えた醤油ベースが基本。甘辛い味付けが好きな人は、関東風のおでんの素がおすすめです。濃い味なので、おでんだけでなく煮物やうどんを作るときにも重宝します。

また、弱火でじっくり煮込むほど食材に濃い色がつきやすく、味が染みたかどうか目視でわかりやすいですよ。

編集部

長く煮込みすぎると「味が濃すぎる」「焦げた……」と失敗する原因に。大根やこんにゃくなど、味が染み込みにくい食材は短時間で味が染み込むように下処理をしておくとGOOD。

関西風:だしのうまみをしっかりと味わえる

関西風のおでんの素は、出汁の旨みを堪能したい人向けです。かつお節と昆布で出汁をとっているのは関東風と一緒ですが、薄口醤油を使っているため口当たりがすっきりした印象。出汁の豊かな風味とまろやかな甘さが口いっぱいに広がります。

また、おでん出汁の色が淡く透き通っているのも特徴です。具材の色味を楽しみたい人は、関西風のおでんの素を選びましょう。

編集部

出汁を活かした味わいを楽しめる関西風は、たこ・クジラ・牛すじなどの具材ともよく合いますよ!

静岡風や名古屋風などご当地おでんを選んでも◎

静岡風や名古屋風などご当地おでんを選んでも◎・静岡おでん
静岡風や名古屋風などご当地おでんを選んでも◎・名古屋おでん

関東風や関西風のおでんの味に以外も楽しみたい人は「ご当地おでんの素」を選ぶのもあり。ご当地おでんの素で人気なのは、静岡風・名古屋風・長崎風です。

静岡風おでんは、牛スジと醤油ベースの黒いおでん出汁が特徴です。かつお節と青のりを合わせた特製だし粉をかけて食べるのが一般的。見た目よりもあっさりした味わいとなっています。

別名「みそおでん」とも呼ばれる名古屋のソウルフードの1つ、名古屋風おでん。八丁味噌・三温糖をベースにした甘辛いおでん出汁は、濃厚なのでお酒のお供にもうってつけですよ。

長崎おでんは、長崎名物のアゴ出汁スープに、ちくわやかまぼこなど練り物がたくさん入っているのが特徴です。アクセントに柚子胡椒を振りかけたら、ピリリと味が引き締まってさらに美味しさがアップしますよ。

【顆粒・キューブタイプ】市販おでんの素おすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格タイプベース容量
S&B おでんの素¥148 楽天市場AmazonYahoo!顆粒日高昆布/かつお節80g(6皿分)×4袋
ハウス食品 おでんの素¥650 楽天市場AmazonYahoo!顆粒昆布/かつお節77.2g(6皿分)×4個
シマヤ おでんの素粉末楽天市場確認中 AmazonYahoo!粉末飛魚/昆布10g(2皿分)×6個
明治 おでん横丁¥3,087 楽天市場AmazonYahoo!顆粒小袋昆布60g(20皿分)×30個
かね七 金沢おでんだし楽天市場¥650 AmazonYahoo!顆粒スティック昆布/かつお節8g(1人前)×8本入り
チヨダ おでんの味¥4,380 楽天市場AmazonYahoo!顆粒昆布/かつお節1kg(約250人分)
S&B 黄金おでんだし楽天市場確認中 AmazonYahoo!顆粒スティック日高昆布/かつお節/さば節/しいたけ7.5g(2皿分)×6本入り
味の素 鍋キューブ おでん本舗 あごだし醤油楽天市場確認中 AmazonYahoo!キューブかつお節/焼アゴ/昆布8.3g(2皿分)×8個入り
茅乃舎 おでんのだしとつゆ楽天市場確認中 AmazonYahoo!顆粒パック/液体かつお節/宗田節/焼きアゴ/昆布/うるめいわし節など160g(2人前)×2回分
あみ印 おでんの素楽天市場¥1,182 AmazonYahoo!小袋昆布/かつお節24g(5人分)×3袋入り
紀文 おでん汁の素楽天市場¥620 AmazonYahoo!小袋かつお節/昆布/かに/さば節17g(5カップ分)×2袋

【顆粒・キューブタイプ】市販おでんの素おすすめ人気ランキング11選

【液体タイプ】市販おでんの素おすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格タイプベース容量
フンドーキン あごだしおでんの素¥322 楽天市場AmazonYahoo!液体飛魚220g
カルディ 台湾おでんの素(ルーウェイ)¥980 楽天市場AmazonYahoo!濃縮醤油/味噌80g(2人前)
フンドーキン 繁盛おでんだし¥3,150 楽天市場AmazonYahoo!液体昆布/かつお節1L
天神屋 しぞ~かおでんつゆ楽天市場¥830 AmazonYahoo!液体昆布/牛すじ1kg(3~4人前)
協和食品 おでんの素楽天市場¥2,619 AmazonYahoo!液体昆布/かつお節/いりこ/しいたけ500ml
はせい 練り物屋さんのおでんつゆ¥130 楽天市場AmazonYahoo!濃縮かつお節/昆布120g
にんべん だしで食べるおでんつゆ確認中 楽天市場AmazonYahoo!濃縮つゆ/だしパックかつお節/昆布61g(3~4人前)
ダイショー 大根おでんスープの素楽天市場確認中 AmazonYahoo!濃縮かつお節/鶏肉/野菜/昆布500g(3~4人前)×10袋
寿がきや 八丁味噌みそおでんの素¥322 楽天市場AmazonYahoo!濃縮八丁味噌139g(2人前)×2袋

【液体タイプ】市販おでんの素おすすめ10選

市販おでんの素のおすすめ人気メーカー

おでんの素のおすすめ人気メーカーを4社紹介します。全国で販売されている定番の味なので、おでんの素選びで迷ったらこちらのメーカーの商品を購入してみてくださいね。

練り物メーカーの老舗!本格派の「紀文」

紀文は、魚肉練り物を中心に惣菜・調味料・おせち料理などを取り扱っている食品メーカーです。「おいしいものは、おいしいうちにお客様へ」をモットーに、「チーちく」や「魚河岸あげ」など新鮮なチルド商品を販売しています。

「おでん汁の素 顆粒」は、かつお節・さば節のだし汁を使っています。まろやかな甘さと出汁の奥行きある風味が感じられ、「おでんの素といえばコレ!」という人も多いでしょう。紀文の練り物と合わせて購入するのもおすすめです。

家計の味方!コスパ抜群な「S&B(エスビー食品)」

おすすめ

S&B(エスビー食品)は、カレーやスパイス、ハーブなどをメインに扱っています。長年愛されてきた食品メーカーで2023年に100周年を迎えました。家計にやさしい価格と懐かしい味わいが魅力です。

S&Bのおでんの素は、日高昆布とかつお節の出汁を使っています。風味豊かながらシンプルな味わいなので、野菜・お肉など変わり種な食材と組み合わせても美味しく食べられますよ。

昔ながらの定番の味!使い勝手◎「明治」

おすすめ

明治は、乳製品・お菓子・飲料など幅広いジャンルの食品を販売している会社です。宅配便や健康情報の発信、工場見学など家庭や地域に寄り添ったサービスも行っています。

「おでん横丁」は、1958年に発売のロングセラー商品です。昆布のみを使った出汁は、ふわりと上品な香りやギュッと濃縮した旨みが感じられます。マイルドな味わいなので、茶碗蒸しや煮物、汁物などアレンジレシピにも大活躍ですよ。

大ヒット商品多数!王道の味といえば「ハウス食品」

おすすめ

ハウス食品は、主にカレールーを販売している大手食品メーカーです。「バーモントカレー」や「シチューミクス」「マロニーちゃん」など、食卓に欠かせない数々のヒット商品を生み出してきました。

ハウス食品のおでんの素は、北海道産昆布と枕崎産かつお節の出汁を使用しています。醤油ベースのつゆは主張が強すぎないので、素材本来の味わいや旨みを楽しみたい人におすすめです。

定番や変わり種も!人気のおでんの具をチェック

おでんは練り物やゆで卵だけでなく、野菜やお肉などいろいろな具材との相性も抜群です。具材本来の旨みが出汁に溶けだして、より奥深い味わいを楽しめます。おでんの具材がマンネリ化している人は、こちらもチェックしましょう。

定番!基本のおでんの具

基本のおでんの具を5つ紹介します。それぞれの具材の旨みがつゆにしみて、より美味しさがアップ!定番でありながら王道の奥行きある味わいを堪能できますよ。

  • ゆで卵……ホクホクした食感と汁に黄身が溶けてまろやかな味わいを楽しめます。
  • 大根……しみ込んだ出汁の旨みと素材の甘みをたっぷり感じられます。
  • ちくわ……練り物の定番。もっちりした食感で食べごたえがあります。
  • はんぺん……ふわふわと柔らかいので、子どもから年配の人まで人気があります。
  • こんにゃく……プルプルした弾力が楽しく、からしとの相性も抜群です。

食べ盛りぴったりなお肉系おでんの具

ボリュームをだしたいときは、お肉系の具材もおすすめです。出汁に溶けた肉汁の甘みがアクセントになり、より子どもが好きそうな味に変化します。食べ盛りの子どもがいる家庭は、ぜひ定番の具材にプラスしてみてはいかがでしょうか?

  • ウィンナー……入れるだけで旨みがアップ。小さな子どもも楽しめる人気の具材です。
  • つくね……軽く焼いてから入れると香ばしさを感じられ、おつまみにもぴったり。
  • 手羽先……濃い旨みとやさしいコクがでるので、出汁の美味しさがより増します。
  • 牛すじ……煮込むほど柔らかくなり、ホロホロと口で溶ける食感が楽しめます。

ヘルシーおいしい野菜系おでんの具

カロリーが気になる人は、おでんの具材に野菜をチョイスしましょう。野菜におでん出汁の風味がしみ込んで、食べる手が止まらない美味しさです。ヘルシーなので、罪悪感なくパクパクつまめますよ。

  • トマト……酸味とまろやかな出汁が絶妙にマッチ。色鮮やかな赤色が食欲をそそります。
  • じゃがいも……ホクホクした食感が魅力で、体の中から温まります。
  • にんじん……茶色一色になりがちなおでんが華やかに。こっくりした甘さを楽しめます。
  • 玉ねぎ……とろりとした食感と玉ねぎの甘みがクセになる美味しさです。

好みで楽しむ!変わり種おでんの具

おでんの具材のバリエーションを増やしたい人は、こちらもチェックしましょう。「え!これも合うの?」という意外な食材を4つ紹介します。定番のおでんに飽きたら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

  • ロールキャベツ……和風テイストであっさりした味わいが好きな人におすすめ。
  • たこ焼き……とろける舌触りとふわふわした食感は、まるで明石焼き。
  • 卵焼き……口に入れた瞬間じゅわりと出汁が広がります。
  • しゅうまい……豚の旨味が出汁に溶けてまろやかに。からしをつけて美味しさアップ。

おでん以外にも!市販おでんの素を使ったアレンジレシピも充実

おでんの素を使ったアレンジレシピを2つ紹介します。サクっと簡単に作れるので、料理のレパートリーを増やしたい人は参考にしてみましょう。

おでんの素で簡単!「炊き込みご飯」

材料(5人分)
  • にんじん:1/2本(小)
  • ごぼう:1/3本
  • 干ししいたけ:2枚
  • 油揚げ:1枚
  • こんにゃく:1/2枚
  • 鶏むね肉:80g
  • 水:650ml
  • S&B おでんの素:1袋(20g)
  • 白米:3合
  • 炊き込みご飯の作り方
  • STEP.1
    材料を切る
    各材料を食べやすい大きさに切る。
  • STEP.2
    材料を加える
    炊飯器に米・水・おでんの素を入れる。
  • STEP.3
    炊飯器で炊く
    切った各材料を炊飯器に加え炊き上げる。

参考:炊き込みご飯|レシピ|エスビー食品株式会社

本格的な味が楽しめる「茶碗蒸し」

材料(4人分)
  • むきえび:4尾
  • かまぼこ:4枚
  • しいたけ:2枚
  • 銀杏:8個
  • 卵:3個
  • 三つ葉:少々
  • 水:400ml
  • S&B おでんの素:1/2袋(10g)
  • 茶碗蒸しの作り方
  • STEP.1
    材料を切る
    しいたけを薄切りにする。
  • STEP.2
    具材を入れる
    蒸し茶碗にかまぼこ・えび・しいたけ・銀杏を入れる。
  • STEP.3
    材料を混ぜる
    おでんの素・水・卵を混ぜてザルでこし、2に加える。
  • STEP.4
    蒸す
    蒸し器に入れて弱火で12〜15分ほど蒸す。
  • STEP.5
    完成
    三つ葉を散らしたら完成。

参考:茶わん蒸し|レシピ|エスビー食品株式会社

    市販おでんの素の関連商品

    おでんの素の関連商品を3つ紹介します。お鍋料理に使える調味料を探している人は、こちらもチェックしてみてくださいね。

    活用レシピいろいろ!食材の旨味を引き出す「土鍋」

    土鍋は、食材がもつ本来の旨味や味を引き出してくれる調理器具です。金属製の鍋と違って、加熱スピードが緩やかなのが特徴。お米や根菜類は甘く、お肉は柔らかく仕上がります。

    また、荷崩れしにくく出汁が濁りづらいというメリットも。まるでコンビニのような、キレイで均一に味が染みたおでんを作れますよ。おでんや鍋、雑煮などいろいろな料理に活用できるので、お家に1つあれば寒い日に重宝するでしょう。

    関連記事:【ご飯も料理も美味しく作れる】土鍋おすすめランキング26選|おしゃれ・IH対応・1人用サイズも

    味付け簡単!バラエティー豊かな味を食べられる「鍋の素」

    鍋の素は、切った食材といっしょに煮るだけで鍋が完成する調味料です。味噌や塩、豆乳などの定番からトマトやチーズといった洋風な味も楽しめます。

    ストレートタイプ・濃縮タイプ・キューブタイプなど種類がたくさんあるので、食べる人数や調理方法によって使い分けられるのも嬉しいポイントです。料理を時短したいときや、本格的な味わいの鍋を食べたいときは鍋の素を使ってみましょう。

    関連記事:【テレビでも紹介】鍋の素ランキング25選|人気のカルディなどの商品も

    体の中からポカポカ!酸味と辛さが絶妙な「キムチ鍋の素」

    キムチ鍋の素は、食材といっしょに煮るだけで手軽にキムチ鍋が作れる調味料です。ほどよく辛さや酸味がきいており、日本人好みの辛旨い味わいを堪能できます。商品によって辛さの度合いが違うため、辛口が好きな人や子ども向けなど好みに合わせて選びましょう。

    関連記事:【マイルド・辛口】おすすめキムチ鍋の素ランキング20選!鍋以外の人気アレンジも

    市販おでんの素のよくある質問

    最後に、おでんの素に関するよくある質問を3つまとめました。

    おでんの汁ってどれくらい必要ですか?

    鍋一杯におでんを作るなら、だし汁は800〜1,000mlほど必要です。おでんの具材や煮込み時間によって汁の量が異なります。もし汁が足りなくなったら、半カップ(100ml)追加して調整しましょう。

    おでんは弱火で煮るのと強火で煮るのはどちらがいいですか?

    おでんは、弱火でコトコト煮込むのがベストです。火加減が強すぎると、荷崩れしたり汁が濁ったりして失敗する原因になるので注意しましょう。

    おでんの爆弾やおでんのコロとはなんですか?

    爆弾とは、ゆで卵が丸ごと入ったさつま揚げのことです。地域によっては、玉子巻や竜眼と呼ばれています。卵の黄色と白の色合いが鮮やかで、ボリューム満点なおでんの具材です。コロとは、くじらの皮のことです。関西を中心に親しまれており、柔らかく独特な食感を楽しめます。

    おすすめ市販おでんの素ランキングまとめ

    今回は、おでんの素の選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しました。

    • 長期保存できる顆粒タイプは衛生面が気になる人やストックしたい人におすすめ。
    • ちょい足しで使える液体タイプならアレンジレシピを作るときに重宝する。
    • 濃い味が好きな人は醤油ベースの関東風おでんの素をチョイス。
    • すっきりした甘みと出汁の旨みたっぷりの関西風は、具材の味を楽しみたい人向け。
    • おでんに野菜やお肉など変わり種を入れると、具材の旨みスープに溶けだして◎
    • 茶碗蒸しやだし巻き卵など、おでんの素を使ったアレンジレシピ多数。

    おでんの素を買うときは、具材や好みに合わせて出汁の種類・形状タイプ・容量などをチェックしましょう。関東・関西だけでなくご当地の味など、おでんの素はバリエーション豊かです。ぜひ「コレは!」と思うベストワンを見つけて、寒い日の食卓を充実させましょう。

    SNS

    Picky’sのSNSアカウントをフォロー