3,000円台も!パスタ鍋おすすめ16選|一人用小さめ&人気の蒸し器兼用品も紹介 

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

深さがあり、長いパスタを泳がせるように茹でられるパスタ鍋。パスタ同士がくっつかず、美味しく茹で上がります。

小さな鍋でパスタを茹でようとすると、くっついたり、火の通りにムラができたりしてしまいがち。パスタ鍋を購入しようかなと思っても、本当に便利なのか、買っても無駄にならないか心配ですよね。

この記事では、実際にパスタ鍋を使っている人の口コミやパスタ鍋の選び方、そして人気のおすすめ商品16選をご紹介します。形状や大きさ、機能も多種多様なパスタ鍋をピックアップしましたので、参考にしてくださいね。

この記事を監修した専門家

イタリア在住のフードブロガー
Mayumi

イタリアの伝統料理、郷土料理、そして今のイタリア料理について紹介するレシピサイト“Bacchette e Pomodoro”の運営者。イタリアで暮らすなかで覚えた “本当のイタリア料理” について、いろんなエピソードも交えながらサイトで紹介しています。インスタグラムでもイタリアの絶景写真、市場やスーパーの様子などイタリアでの暮らしを発信しています。

パスタ鍋はいる?いらない?本音の口コミをチェック!

パスタ鍋を買っても、本当に使いこなせるかな?と心配な人のために、購入者の声を集めてみました。良い口コミと悪い口コミの両方を見ていきましょう。

良い口コミ|「簡単に茹でられる」「湯切りが楽」

良い口コミ|「簡単に茹でられる」「湯切りが楽」

  • 誰でも簡単に茹でられる
  • 美味しいパスタができる
  • 湯切りが楽にできる
  • 蒸し料理やカレーもできて幅広く使える

良い口コミで多かったのは「簡単に茹でられる」です。パスタ鍋は寸胴で深さのあるものが多いので、パスタがお湯に浸かりやすいのがメリット。対流が起きやすいのもパスタ鍋ならではの良さで、茹でやすく、美味しいパスタに仕上がります。

また、中かご付きで湯切りが楽だという声も目立ちました。茹で上がったタイミングで素早く湯切りできると、麺がふやけにくく、食感が失われません。

普段、パスタを作る機会が多い家庭ではパスタ鍋が活躍しますよ。

編集部

パスタに加え、子どもの好きなカレーや茶碗蒸しもできるのも好評です。

悪い口コミ|「狭いシンクだと洗いにくい」「大量のお湯が必要」

悪い口コミ|「洗い物が増える」「大量のお湯が必要」

  • 狭いシンクだと洗いにくい
  • 大量のお湯が必要
  • 収納スペースがない

悪い口コミとしては、「狭いシンクだと洗いにくい」「大量のお湯が必要」がありました。パスタ鍋は大容量です。大きくて思うように洗えない、沸騰時間が長いと感じる人も。

例えば、普通の寸胴鍋は、高さ20cm・重さ1.5kg未満の製品が多いです。それに対し、パスタ鍋は高さ25cm・重さ1.5~2kgが目安。牛乳パック2つ分の重さがあります。

横型のパスタ鍋は小型で使うお湯も少量で済むので、力に自信のない人でも扱いやすくておすすめです。

Mayumi

ペンネやフジッリなどのショートパスタは基本的にはどんな鍋でも茹でられます。ですが、たっぷりのお湯で茹でないとくっついたり、べたついたりするので適切な大きさの鍋を選ぶのは大事です。スパゲッティなどのロングパスタを茹でる場合は、やはり寸胴の鍋が便利ですよ。

かご付きだと一気に湯切りが出来るので、3-4人分以上を作るならかご付きがおすすめです。

パスタ鍋の選び方

パスタ鍋を購入する際には、家族の人数やパスタ料理を作る頻度などを考慮して、最適なものを選びましょう。特に注目したいポイントは、次の5つです。

  • サイズ
  • 形状
  • 中かご
  • 熱源
  • 素材

サイズが小さいと、温度が下がりやすいので注意

パスタ鍋のサイズは、大きすぎず小さすぎない、使用人数に合うものを選びましょう。大きすぎると収納場所に困りますし、小さすぎるとパスタの投入によりお湯の温度が下がり、茹で加減にムラができやすくなってしまいます。

一人暮らしにおすすめの「小さいサイズ(2~3L)」

一人暮らしにおすすめの「小さいサイズ(2L)」

出典:amazon.co.jp

一人暮らし用のパスタ鍋には、2~3L程度の小さなサイズがおすすめ。一人前のパスタ(約100g)を茹でるのに最適な量の水が入れられます。直径の目安は16~20cmです。直径は小さめでも深さがあるので、スープを作ったりレトルトを温めたりするのにも役立ちます。

編集部

1人分(100g)のパスタを茹でるのに最適な水量の目安は2Lです。パスタが100g増えるごとに水を1Lずつ増やしていきます。

ファミリー向けの「大きいサイズ(6~8L)」

ファミリー向けの「大きいサイズ(6~8L)」

出典:amazon.co.jp

3~4人家族には、6~8Lと大きいサイズのパスタ鍋が適しています。直径の目安は22~24cm。たっぷりのお湯で対流が起き、4人前のパスタ(約400g)を一度に入れてもくっつかずにムラなく茹で上がります。パスタを茹でる以外にも、トウモロコシを茹でたりジャム用の瓶や哺乳瓶の煮沸消毒にも使えて便利です。

形状|茹でやすさ・かさばりにくさをチェック

スタンダードなパスタ鍋の形は縦長タイプですが、横長タイプや変形タイプもあります。形状の違いはパスタの茹でやすさや収納のしやすさに関わるので、目的に合ったものを選びましょう。

たっぷりのお湯で茹でやすい「縦長タイプ」

たっぷりのお湯で茹でやすい「縦長タイプ」

出典:amazon.co.jp

縦長のパスタ鍋はお湯がたっぷり入るので、パスタがくっつかずに茹でやすいのがメリットです。パスタ鍋の中で一番種類が多いので、より自分に合ったものを選べます。美味しいパスタにこだわるなら縦長タイプがおすすめです。

コンパクトで調理の幅が広がる「横長タイプ」

コンパクトでかさばりにくい「横長タイプ」

出典:amazon.co.jp

横長タイプのパスタ鍋は、コンパクトで調理の幅が広がると人気です。フライパンとして使えるため、縦長タイプの苦手分野である炒め物に対応。

例えば、卵・生クリーム・ベーコンを加えてカルボナーラを作ったり、パスタをオムレツのように焼き上げてトルティーノを作ったりできますよ。

パスタを具材やソースと一緒に調理して、一気に仕上げたい人におすすめです。

沸騰時間が短い、おしゃれな「変形タイプ」

沸騰時間が短く節水もできる「変型タイプ」

出典:amazon.co.jp

縦長でも横長でもない変形タイプのパスタ鍋もあります。変形タイプは数が少ないですが、少し変わったおしゃれなパスタ鍋がほしい人におすすめ。

沸騰時間が短いのも変形タイプの良い点。縦長タイプの約半分の時間でお湯が沸き、思い立ったときにパスタを作りやすいですよ。

中かご|細いパスタなら、水切りしやすい「メッシュ網」がおすすめ

中かご|細いパスタなら、水切りしやすい「メッシュ網」がおすすめ

メッシュタイプ 出典:amazon.co.jp

中かご|細いパスタなら、水切りしやすい「メッシュ網」がおすすめ

穴あきタイプ 出典:amazon.co.jp

パスタ鍋には、湯切りが簡単にできる中かご付きのものもあります。中かごには穴あきタイプとメッシュ(ザル)タイプの2種類があり、おすすめは網目の細かいメッシュタイプです。

網目が細かいと、湯切りの際に細いパスタがささってとれなくなる心配がありません。もし穴あきタイプを選ぶなら、なるべく穴の小さいものにしましょう。

素材|沸騰のしやすさ・保温力に注目して選ぼう

パスタ鍋の素材は、大きく分けてアルミ・ステンレス・ホーローの3種類があります。沸騰する時間の早さや保温力の違いを確認しておきましょう。

軽量で沸騰が早い「アルミ」

軽量で沸騰が早い「アルミ」

出典:amazon.co.jp

アルミは熱伝導率に優れ、早く沸騰するのがメリットです。2Lのお湯を沸かすのに、ステンレスでは10分ほどかかることもありますが、アルミなら8分弱で沸騰。短いランチタイムにサッとパスタを食べたいときに役立ちます。また、軽量なので、たくさんお湯が入っている状態でも持ち上げやすいです。

保温力の高い「ステンレス」

保温力の高い「ステンレス」

出典:amazon.co.jp

ステンレスは保温力が高く、沸騰したお湯にパスタを入れても温度が下がりにくいのが特徴です。そのため、茹で加減を調節しやすくアルデンテにするのも簡単。また、錆や衝撃に強く、耐久性に優れています。汚れがこびりつきにくいのでお手入れも楽です。

アルデンテとは?
パスタをほんの少し歯ごたえのある程度に茹でた状態が「アルデンテ」。盛り付けるまでに余熱で火が通り、食べるときにちょうどいい硬さになります。

カレーなど煮込み料理にも使える「ホーロー」

カレーなど煮込み料理にも使える「ホーロー」

出典:amazon.co.jp

煮込み料理にも使いたいならホーロー素材がおすすめ。ホーローは、鉄やアルミなど金属素材にガラスコーティングしたものです。熱伝導率や保温性に優れているので、短時間でお湯が沸き、温かさが持続します。そのため、カレーやシチューなどの煮込み料理に最適。おしゃれな外観も人気です。

ホーローのデメリットは、衝撃に弱いこと。落とすと割れたりひびが入ったりします。扱いに注意しましょう。

熱源|直火対応かIH対応か、忘れずに確認しよう

熱源|直火対応かIH対応か、忘れずに確認しよう

パスタ鍋が直火対応かIH対応か、熱源の確認は必須です。間違えると、使えない場合があります。

例えば、ステンレス製の鍋でも、IHに対応していない製品があるので注意しましょう。購入前に「IH対応」と書かれているかチェックです。

編集部

IHとガス両方に対応した製品も多いですよ。両方に対応していれば、引っ越しで熱源が変わっても、使い続けられます。

兼用品|蒸し器兼用なら、鍋を増やさずに済む

兼用品|蒸し器兼用なら、鍋を増やさずに済む

出典:amazon.co.jp

パスタ鍋の中には、蒸し器と兼用になっている製品もあります。蒸し器とは、蒸し料理を作るための調理器具。水蒸気で食品を加熱し、シュウマイ・肉まん・茶碗蒸し・プリンなどを作れます。

蒸し器もかさばるものが多いので、兼用できるパスタ鍋を選べば省スペース。調理の幅を広げたい人は、ぜひチェックしてください。

格安VS高級!パスタ鍋の比較

形状や素材などの違いを見てきましたが、値段の違いがどこにあるのかも気になりますよね。ここでは、安いパスタ鍋と高いパスタ鍋の特徴を比較しました。

安いパスタ鍋の特徴(3,000円台のモデル)

パスタ鍋は3,000円台で買える安い製品でも、「対流が起きやすい」「熱が均等に伝わる」など、パスタを美味しく茹でる機能が備わっています。

例えば、ワンダーシェフの「LPDA53」は3,000円台で購入できるパスタ鍋。本体は温度の下がりにくいステンレス製、鍋底は熱の通りやすい三層構造です。

使いやすさも◎ですよ。「蓋ロック機能」は、両サイドの取っ手を押さえるだけで鍋蓋をホールド。湯切りをラクラク行えます。格安のパスタ鍋によっては、中かごが付属しない製品もあるので、湯切り機能のある鍋を選ぶのがコツです。

初めてパスタ鍋を購入する人は、まずは安い製品から試してみてはいかがでしょうか。

こんな人におすすめ
  • 初めてパスタ鍋を買う人
  • 普通の鍋でパスタを茹でるのに不満がある人
  • なるべく費用を抑えたい人

高いパスタ鍋の特徴(10,000円台のモデル)

10,000円台の高級なパスタ鍋は、柳宗理やBarazzoni(バラゾーニ)などデザイン性に優れた有名ブランドや、栗原はるみなど著名人がプロデュースしたものが多いです。デザインに無駄がなく使いやすいなど、細かい部分に工夫が凝らされたモデルもあります。

料理好きで鍋にこだわりのある人や、結婚祝いなどのプレゼント用におすすめ。

こんな人におすすめ
  • 好きなブランドのパスタ鍋がほしい人
  • プレゼント用のパスタ鍋を探している人
  • デザイン性に優れたパスタ鍋がほしい人

Mayumi

本格的にパスタを作るようでなければ、安いパスタ鍋で十分ですよ。スパゲッティなどのロングパスタでも、必ずしも高さのある鍋が必要ではなく、しっかり沸騰した湯に入れてトングで沈めるようにすれば、すぐに全体がお湯に浸かります。パスタの本場イタリアではBarazzoni 、Lagostina、Ballarini などがよく知られたブランド。これらのブランドは少々値段は張りますが、耐久性、デザイン性、使い勝手などやはり良いものが多いです。イタリアでは贈答品としてもよく選ばれるんですよ。

専門家おすすめのパスタ鍋

この記事を監修したMayumiさんおすすめのパスタ鍋をご紹介します。

【縦長タイプ】パスタ鍋おすすめ人気ランキング比較一覧表

縦長タイプのパスタ鍋は、たっぷりのお湯でパスタをムラなく茹でられるのがメリット。美味しいパスタを食べたい人におすすめのタイプです。

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。※ランキングは監修対象外です。
商品最安価格本体サイズ本体重量容量素材中かごIH対応
ヨシカワ パスタ鍋 クックルックII SJ2187楽天市場¥6,280 AmazonYahoo!幅34.8×奥行23.5×高さ27.2cm1.89kg6.5Lステンレス
下村企販 両手鍋 27045楽天市場¥6,785 AmazonYahoo!幅40.3×奥行26.6×高さ20.7cm1.81kg5.6 L(蓋閉め時:4L)ステンレス
宮崎製作所 パスタポット GEO-21P楽天市場¥12,766 AmazonYahoo!幅31×外径22.8×高さ29cm2.86㎏6.8Lステンレス、アルミ
ヨシカワ パスタポット トスカーナ SJ3120 + タニタ キッチン タイマー TD-395 WH楽天市場¥7,050 AmazonYahoo!幅17.1×奥行23.9×高さ23.3cm1.6kg4.5Lステンレス
Zwilling(ツヴィリング)パスタ鍋 ツインスペシャルズ パスタ&ベジタブルクッカー 40990-005楽天市場確認中 AmazonYahoo!幅17.1×奥行23.9×高さ23.3cm1.6kg4.5Lステンレス

【縦長タイプ】パスタ鍋おすすめ人気ランキング5選

【横長タイプ】パスタ鍋人気ランキング比較一覧表

コンパクトなパスタ鍋を探しているなら、横長タイプがおすすめ。少量をサッと茹でられるので、すぐに食べたいときに便利ですよ。

商品最安価格本体サイズ本体重量容量素材中かごIH対応
和平フレイズ パスタを折らずに入れられるフライパン じたぱん RB-1212楽天市場¥6,980 AmazonYahoo!幅44.5×奥行33.7×高さ9cm900g不明アルミニウム合金×
ベストコ パスタ鍋 ND-8179楽天市場¥3,673 AmazonYahoo!幅34.6×奥行23×高さ11.5cm‎1kg2.9Lアルミニウム合金、ステンレス
ベストコ グリルパン ND-4596楽天市場¥3,580 AmazonYahoo!幅44.5×奥行33.5×高さ11.2cm1.6kg不明アルミニウム合金
杉山金属 よこ茹でパスタ KS-2927楽天市場¥7,000 AmazonYahoo!幅34×奥行24.5×高さ10cm1.9kg5Lアルミニウム合金
和平フレイズ オーバルポット アクーパ RA-9175楽天市場確認中 AmazonYahoo!幅34.4×奥行23×高さ13.9cm1.34kg4Lアルミニウム合金、ステンレス

【横長タイプ】パスタ鍋おすすめ人気ランキング5選

【一人用】小さいパスタ鍋人気ランキング比較一覧表

一人用のコンパクトなパスタ鍋もあります。スープなど他の料理にも使えるので、ひとつ持っておくと便利ですよ。

商品最安価格本体サイズ本体重量容量素材中かごIH対応
創燕 ミニパスタポット SE-08楽天市場¥7,046 AmazonYahoo!幅(取っ手含む)40×奥行20×高さ19.8cm1.32kg3.8 Lステンレス
WMF ミニ パスタポット W0718826040楽天市場¥18,778 AmazonYahoo!幅26.7×奥行19.2×高さ26.5cm 内径:18cm1.6kg4.5L(適正容量3.0L)ステンレス
下村企販 片手鍋 27426楽天市場¥5,903 AmazonYahoo!幅(取っ手含む)39×奥行23×高さ17cm 内径:20cm1.45kg3.6 Lステンレス

【一人用】小さいパスタ鍋おすすめ人気ランキング3選

【蒸し器兼用】パスタ鍋人気ランキング比較一覧表

蒸し器にもなるパスタ鍋があると、料理の幅が広がります。無駄に鍋を増やさずに済むので、省スペースになるのもメリットです。

商品最安価格本体サイズ本体重量容量素材中かごIH対応
タマハシ スチーム&パスタポット LB-177楽天市場¥7,036 AmazonYahoo!長さ29×幅21.7×高さ23.2cm850g5.5Lステンレス
パール金属 両手鍋 NEWだんらんステンレス製 H-5873楽天市場¥3,182 AmazonYahoo!幅39×奥行28×高さ23cm1.7kg9.1Lステンレス
富士ホーロー 両手鍋 N-27FW楽天市場¥6,280 AmazonYahoo!幅35×奥行27.5×高さ19.5cm2.1kg5.4Lホーロー用鋼板

【蒸し器兼用】パスタ鍋おすすめ人気ランキング3選

パスタ鍋のおすすめ人気メーカー

パスタ鍋は、メーカーで選ぶのもひとつの方法。ここでは、有名な人気メーカーを紹介します。それぞれの特徴を知って、購入の際の参考にしてくださいね。

こびりつきにくい「T-fal(ティファール)」

こびりつきにくい「T-fal(ティファール)」

出典:amazon.co.jp

ティファールは、世界で初めて焦げ付かないフッ素樹脂加工のフライパンを開発したフランスの企業です。ヒット商品「取っ手のとれるフライパン」のほか、電気ケトルや圧力鍋などのキッチン用品や家電を扱っています。

ティファールのメリットは、デザインの良さと実用性を兼ね備えているところ。深型の鍋はパスタ鍋としても使えます。こびりつきにくさで選ぶならティファールがおすすめです。

デザインがおしゃれな「ZWILLING(ツヴィリング)」

デザインがおしゃれな「ZWILLING(ツヴィリング)」

出典:amazon.co.jp

ツヴィリングは、刃物などを扱うドイツのメーカー「ツヴィリング J.A. ヘンケルス」のブランド。混同されがちなヘンケルスは、同じメーカーの別ブランドです。ツヴィリングのパスタ鍋は洗練された美しいデザインが特徴。シンプルで無駄がなく、機能性にも優れています。キッチンのインテリアをシックにまとめたい人に向いています。

軽さが魅力の「KAI(貝印)」

軽さが魅力の「KAI(貝印)」

出典:amazon.co.jp

カミソリなどの刃物で有名な貝印は、調理用品も扱っています。貝印の「軽い」シリーズには深型の鍋もあり、パスタも茹でられます。大きな鍋でも軽いと、出し入れや湯切りのときに楽ですよね。重いパスタ鍋が苦手という人におすすめです。

Mayumi

パスタ鍋は海外のものに限らず、日本のメーカーでも良いものは沢山あります。デザイン、機能性、値段など自分にあったものを選びましょう。日本のメーカーでは、金属加工で有名な新潟の燕市の宮崎製作所のジオシリーズなども良い製品だと思います

パスタ鍋の使い方

パスタ鍋を買ったら、最大限に活用したいですよね。ここからは、パスタを上手に茹でるコツとパスタ鍋兼蒸し器の使い方を紹介します。

パスタを上手に茹でるコツ

パスタを上手に茹でるコツ

パスタを美味しく茹でるためのポイントは、次の3つです。

  • 分量を正しく量る(1人前の目安は80~100g)
  • パスタに塩で下味をつける
  • 差し水はNG
  • 美味しいパスタの茹で方
  • STEP.1
    たっぷりのお湯をわかす
    100gのパスタを茹でるときは水2L。パスタが100g増えるごとに水1Lずつ増やします。 
  • STEP.2
    沸騰したら塩を入れる
    塩はお湯の1%。2Lのお湯なら塩20gです。
  • STEP.3
    強火のままパスタを入れる
    パスタを両手でひねるように持ち、鍋の上で手を放すとパスタが放射状に広がります。茹でムラにならないように、菜箸でパスタを押し沈めてください。
  • STEP.4
    かき混ぜながら茹でる
    再沸騰したら火を弱め、パスタがお湯の中で揺れる程度の火加減で茹でます。あまり煮立てると吹きこぼれるので気を付けましょう。パスタどうしがくっつかない程度にたまにかき混ぜながら茹でます。
    注意
    吹きこぼれそうになっても差し水はNGです。お湯の温度が急激に下がると、パスタがべたついてしまいます。
  • STEP.5
    茹で加減を見る
    パスタの袋に表示してある時間を目安に茹でます。茹で上がる1分前に箸で1本すくい、食べてみて茹で加減をチェック。ソースにゆで汁を使いたい場合は、ここで、ゆで汁を少し取っておきましょう。 
  • STEP.5
    完成
    茹で上がったらザルにあげてお湯を切り、ソースを手早く和えます。 

編集部

歯ごたえのあるアルデンテに仕上げたいときは、規定時間の1~2分前に引き上げるのが目安。冷製パスタを作るときは芯までしっかり茹でましょう。

Mayumi

パスタをアルデンテに仕上げるには調理時の温度を急激に下げてはいけません。差し水をするとお湯の温度が下がり、加熱をブロックしてしまうのでふやけた感じのにパスタになりがちです。鍋に入れるお湯も、容量ぎりぎりまで入れるとすぐに吹きこぼれてしまうので、鍋の上部にある程度の余裕がある湯量、適切な大きさの鍋で茹でましょう。

またパスタ料理はゆで汁をソースと混ぜて使うことも多いです。ゆで汁も使いたい場合は、ザルで湯切りをする前に少しゆで汁を取ってきましょう。ロングパスタならスパゲッティサーバーで、ショートパスタなら大き目のスキンマー(穴のあいたレードル)ですくって湯切りをするとゆで汁も上手に利用できますよ。

おすすめのパスタはこちらの記事で詳しく紹介しています。

関連記事:本格食感を手軽に!パスタのおすすめ20選|ショート・ロングタイプから乾麺・生タイプも

パスタ鍋兼蒸し器の使い方

パスタ鍋兼蒸し器の使い方

パスタ鍋の底と湯切り用の中かごの底との間に余裕があれば、パスタ鍋に水を張って蒸し器としても使えます。鍋に深さがあると、さつまいもやトウモロコシが丸ごと蒸せるから嬉しいですね。平らで安定した中かごなら、茶碗蒸しやプリンも作りやすいです。

パスタ鍋の関連商品

インテリアになる「ホーロー鍋」

ホーロー鍋はカラフルでおしゃれなものが多いので、キッチンに出しっぱなしでもインテリアになります。ホーロー製の鍋には鋳物と鋼板があり、鋼板は板状の鋼にガラスを焼きつけたもの。パスタを茹でるには、より熱伝導に優れる鋼板のホーロー鍋が向いています。煮込み料理には保温性の高い鋳物がおすすめ。

関連記事:【レトロかわいい】ホーロー鍋おすすめ15選|IH対応・揚げ物ができるモデルも徹底紹介

一人分のパスタに便利な「グリル鍋」

横長のグリルパンは、少量のパスタを寝かせて茹でるのにも使えます。パスタを具材や調味料と一緒に入れて、そのままワンパン調理もOK。もちろん、肉や魚も美味しく焼けます。底に凹凸があるので、余分な油が落ちるのもグリルパンの特徴です。

関連記事:焼き目が映える!グリルパンおすすめ20選|IH対応やキャンプ用も紹介

ほったらかしでOKの「ホットクック」

シャープのホットクックは、電気式の自動調理鍋。食材と調味料を入れるだけで、後はホットクックが自動で料理を完成させます。温度センサーと蒸気センサーが常に鍋の中の温度や食材への火の通り具合を見て、自動で火加減を調整する仕組みです。パスタも乾麺と材料を入れてセットすれば、ナポリタンやクリームパスタができあがります。

関連記事:【購入者の本音口コミ】ホットクックおすすめ6選|まずいって本当?後悔しない選び方

マルチに使える「蒸し器」

深さのある蒸し器では、パスタも茹でられます。鍋の中で対流が起きてパスタどうしがくっつかないので、美味しく仕上がります。中かご付きだとさらに便利。揚げ物にも使えるオールマイティな鍋を使えば、鍋が増えて収納に困ることもありません。

関連記事:【使い方簡単!】蒸し器おすすめ15選 |フライパンを使った方法や人気のレシピも紹介

パスタ鍋のよくある質問

パスタ鍋はどこで買うのがおすすめですか?

パスタ鍋はデパートや一部のホームセンターで購入できますが、品揃えの良いAmazonや楽天市場などの通販もおすすめです。

ニトリやカインズでパスタ鍋は販売されていますか?

ニトリにはパスタ専用の鍋はありませんが、深鍋は販売されています。カインズには深鍋もパスタ鍋もあります。

パスタ鍋で作れるアレンジレシピを教えてください

深さがあるパスタ鍋は、筑前煮などの煮物、おでん、カレーやシチューなどの料理にも使えます。

パスタ鍋を代用できるアイテムはありますか?

パスタを少量茹でるなら、フライパンでも代用できます。パスタ専用の電子レンジ調理器もありますので、チェックしてみてください。

おすすめパスタ鍋まとめ

パスタ鍋を選ぶポイントは次の4つ。

パスタ鍋のおすすめポイント
  • 美味しく茹でるなら縦長のパスタ鍋
  • 省スペースなら横長のパスタ鍋
  • 少量を茹でるならコンパクトなパスタ鍋
  • オールマイティに使うなら蒸し器も兼ねたパスタ鍋

茹で上がりの美味しさにこだわるなら縦長の深鍋がおすすめですが、手軽さを優先するならコンパクトな鍋が便利です。デザインもシックなものからカラフルなものまであるので、パスタ鍋に何を求めるのかを考えた上で最適なものを選びましょう。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー