Windowsパソコンの再起動が終わらない!原因・正しい対処・強制終了の方法を紹介

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

パソコンの再起動がなぜかいつまで経っても終わらない!アイキャッチ

Windowsのアップデートや、ソフトウェアのアンインストール後に必要になる再起動。ところが、パソコンを再起動させたら、いつまで経っても「再起動しています」のメッセージと、ぐるぐるしたマークが動き続けた状態で立ち上がらない。パソコンのエラーでは比較的多いトラブルです。

通常、更新込みでも再起動にかかる時間は数分~数十分です。スペックの低いパソコンで、Windows10やWindows11の大型のアップデートをしたとしても1時間程度で完了します。にもかかわらず、何時間待っても再起動が終わらない場合は、パソコンのエラーやトラブルが原因かもしれません。

そこで今回は、「パソコンの再起動が終わらない場合の対処法」について解説します。再起動しない原因や理由、対処法から、最終的にどうしてもパソコンが立ち上がらないときの最終手段データ復旧の方法まで。再起動が終わらずに困っている方は、ぜひこの記事を参考にいろいろ対処法を試してみてください。

【無料診断】ランキング1位の優良業者「アドバンスデザイン」に無料で相談してみる>>

パソコンの再起動がいつまでも終わらない原因と理由

 パソコンの再起動がいつまでも終わらない原因と理由

パソコンの再起動しない状態が長時間続く、主な原因や理由は以下の通りです。

  • パソコンのスペックが古く、更新や再起動に時間がかかっている
  • システムファイルの破損・エラー
  • Windows・BIOS・各種ドライバのエラーや不具合
  • パーツの物理的な破損・不具合
  • 外部接続機器の不具合
  • パソコンの帯電
  • ウイルス感染によるトラブル

しばらく放置すれば直る場合もあれば、パソコン自体に根本的な問題が起きていて何時間経っても解決しない場合もあります。

つまり「原因の特定は困難」です。再起動がいつまでも終わらない場合は、いろいろな対処法を試して原因を特定するのがいいでしょう。

パソコンの再起動がいつまでも終わらないときの対処法

パソコンの再起動が終わらない場合の対処法を、簡単に試せる順に解説します。

もう少し待ってみる

もう少し待ってみる

大きなトラブルが起きているわけではなく、単純に再起動に時間がかかっているだけかもしれません。

通常再起動にかかる時間は数十秒~5分程度です。ただ、大きな更新やアップデートがあったあと、パソコンのスペックによっては再起動までに1時間程度かかる場合もあります。再起動画面になっている場合は30分~1時間ほど待ってみてもいいでしょう。

ただし、毎回起動や再起動が遅い場合はパソコンのシステムやファイルにエラーが起きている可能性があります。次回以降も再起動に時間がかかるようであれば、後述するシステムやファイルの修復を試してみてください。

HDDのアクセスランプを確認してみる

HDDのアクセスランプを確認してみる

パソコンにHDDアクセスランプが付いている場合、点滅しているかどうかチェックしてみてください。アクセスランプが点滅している状態、つまりHDDにアクセスしている状態になっているのであれば、単純に再起動に時間がかかっているだけかもしれません。この場合、やはりもう少し待ってみましょう。

もしアクセスランプが点滅していない状態であれば、ほかの対処法に進んでください。

パソコンの接続機器をすべて外して強制終了・再起動する

パソコンの接続機器をすべて外して強制終了・再起動する

しばらく待ってみても問題が解決しない場合、次は周辺機器をすべて外し電源ボタンを長押ししてパソコンを強制終了させてください。強制終了できない場合は、元から電源を断ちましょう。

若干乱暴な手段ではありますが、簡単に試せるうえに意外と強制終了で直るケースもあります。周辺機器を外す理由は、ごくまれに接続しているデバイスが原因でパソコンにエラーを起こしている場合があるためです。

強制終了した後は、数十秒待ってから電源を入れ直してください。これで再起動できれば一応問題は解決です。

ただし、再起動しなかった原因が完全に特定できたわけではないため、しばらくはパソコンの挙動には注意した方が良いでしょう。頻繁に同じような症状が出る場合は原因を特定して対処するか、修理を依頼するか、パソコンを買い替える必要があります。

注意
なお、強制終了はタイミングによってはパソコンのシステムやファイルが損傷する可能性があります。特にHDDのアクセスランプが点滅しているときの強制終了は危険です

パソコンに溜まっている静電気を放電する

パソコンを放電する

パソコンに静電気が一定以上溜まると「帯電状態」になり、再起動含む各動作に影響を与える場合があります。放電を行い、パソコンに溜まった静電気を逃がしてやれば再起動できるようになるかもしれません。

パソコンの放電手順
  1. パソコンに接続している周辺機器をすべて外す
  2. パソコンを強制終了する
  3. 電源アダプターを外す(ノートPCはできればバッテリーも外す)
  4. 数分~数時間放置する
  5. アダプターを接続して再起動する

これで再起動できればOKです。ただし、帯電以外の原因だった可能性も残っているため、今後の挙動に注意しましょう。パソコンの中に大事なデータがあれば、USBメモリや外付けHDDにコピーを取っておくのがおすすめです。

編集部

Yahoo!知恵袋などをチェックすると、特にゲーミングPCは消費電力が多いため帯電によるトラブルが起こりやすいようです。いずれにしても普段からしっかりと静電気対策を行っておきましょう

自動修復画面で「スタートアップ修復」を試す

自動修復画面で「スタートアップ修復」を試す

パソコンのシステムやファイルにエラーが起きているのが原因で、再起動が終わらないのかもしれません。パソコンには、システムやファイルのエラー時に修復ができる機能が複数備わっています。そのうちの一つ、「スタートアップ修復」を実行してシステムやファイルの診断と修復を行いましょう。

再起動が終わらない、つまりパソコンが立ち上がらない状態でもスタートアップ修復は可能です。まず、強制終了を2回行ったあと再度電源を入れて「自動修復画面」を表示させます。自動修復画面は、スタートアップ修復以外の修復作業や他のトラブルのときにも役立つため覚えておきましょう。

自動修復画面が立ち上がったら、以下の手順でスタートアップ修復を行ってください。

自動修復画面

自動修復画面

自動修復画面で「スタートアップ修復」を試す

スタートアップ修復手順
  1. 自動修復画面の「詳細オプション」を選択
  2. 「トラブルシューティング」→「詳細オプション」を選択
  3. 「スタートアップ修復」をクリックするとスタートアップ修復が開始される

スタートアップ修復で問題が解決した場合、自動的にパソコンが起動します。「スタートアップ修復でPCを修復できませんでした」とメッセージが表示された場合は、ほかの対処法を試してみましょう。

自動修復画面の「システムの復元」で、トラブルが起きる前の状態に戻す

自動修復画面の「システムの復元」でトラブル前の状態に戻す

「システムの復元」とは、ファイルやシステムの状態を一定の日付まで巻き戻せる機能です。昨日まで正常にパソコンが起動したのであれば、それ以前の日付までシステムを戻せばファイルやシステムのエラーが元通りになり、問題が解決するかもしれません。

システムの復元は、先ほどのスタートアップ修復と同じように自動修復画面から行えます。スタートアップ修復と同じ画面に「システムの復元」と表示されています。

自動修復画面の「システムの復元」でトラブル前の状態に戻す

「システムの復元」を選び、表示された日付をクリックすればOKです。なお、システムの復元はあくまでもシステムを巻き戻すだけで、作業データや保存したデータには影響ありません。直前まで行っていた作業や行動まで巻き戻るわけではないため、安心して試してください。

コマンドプロンプトでコマンドを入力し修復を試みる

コマンドプロンプトでコマンドを入力し修復を試みる

コマンドプロンプト画面から直接修復コマンドを打ち込み、システムやファイルのチェックと修復を行う方法もあります。

コマンドプロンプトとは、上記画像の文字や数字が羅列されたパソコン操作モードです。「MS-DOS」と言えばわかる人もいるかもしれません。

現在のパソコンは基本WindowsOSで操作するため、コマンドプロンプト自体触った経験がない方も多いと思います。知識がない方には若干難易度の高い方法のため、実行する場合は慎重に行いましょう。コマンドプロンプトで入力や操作を間違えると、別のトラブルを引き起こす可能性があります。

コマンドプロンプトのコマンドで修復を試みる

パソコンが起動しない状態の場合、スタートアップ修復やシステムの復元同様、自動修復画面からコマンドプロンプトを開いてください。なお、コマンドプロンプトで修復コマンドを実行するためには、パスワードを使って「管理者アカウント」で開く必要があります。

コマンドプロンプトで直接レジストリエラーを修復する

コマンドプロンプトを開いたら、左上に「管理者:」と表示されているかを確認してください。表示されていれば、管理者権限で修復コマンドを入力できる状態です。

続いてコマンドプロンプト画面で、上記の画面のように「DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth」と修復コマンドを入力し、Enterを押せば修復が始まります。

コマンド入力時の注意点
「DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth」の「/」の前には、半角でスペースを空ける必要があります

完了までには数分程度の時間がかかります。なお、「DISM.exe~」は簡単に説明すると、パソコンに対して「システムやファイルに異常がないかチェックして、もし異常があれば修復してください」と命令をするコマンドです。

コマンドプロンプトで直接レジストリエラーを修復する

「DISM.exe~」が完了したら、続いて上記のように「sfc /scannow」と入力してEnterを押してください。こちらも「/」の前に半角スペースを入れましょう。「sfc /scannow」も、「DISM.exe~」同様にシステムやファイルのチェックと修復を行うコマンドです。

コマンドプロンプトで直接レジストリエラーを修復する

「検証が完了しました」と表示されたら修復完了です。「破損したファイルが見つかりました」や「正常に修復されました」と表示された場合、なんらかのエラーが見つかり、修復された可能性があります。

再起動をしてみて問題が解決したかどうか確認してみましょう。もし解決しない場合はほかの対処を試してください。

どうしても再起動しない場合はセーフモードで立ち上げてみる

強制終了や自動修復を試しても再起動画面から立ち上がらない場合は、「セーフモード」で立ち上がるかどうか試してみましょう。セーフモードとは、最低限の機能だけでOSを立ち上げる機能です。もしセーフモードで立ち上がれば対処の幅が広がります。

セーフモードの立ち上げ方法は以下の通りです。

セーフモード立ち上げ手順
  1. 自動修復画面で「詳細オプション」を選択する
  2. 「トラブルシューティング」→「詳細オプション」を選択する
  3. 「スタートアップ設定」→「再起動」を選択する
  4. 「セーフモードを有効にする」をF4キーで選択

どうしても再起動しない場合はセーフモードで立ち上げてみる

セーフモードで立ち上がったら、ある程度いつも通りの操作ができるようになるため、次の対処法に進んでください。もしセーフモードで立ち上げができなかった場合は、買い替えか修理を検討しましょう。

編集部

セーフモードで立ち上がったら、いまのうちに大事なデータや写真のバックアップコピーを取っておくといいかもしれません

参考:Windows で PC をセーフ モードで起動する|Microsoft

セーフモード時:ドライバのアンインストール・更新を行う

何か新しい機器を接続したあとに再起動ができなくなった場合、該当するデバイスのドライバを更新もしくはアンインストールしてみてください。可能性としては低いですが、接続した機器のドライバが挙動に影響を与えている可能性もあります。

ディスプレイドライバ・グラフィックドライバの再インストールを行う

ドライバの更新方法は、デバイスマネージャーで行います。デバイスマネージャーは「設定」でデバイスマネージャーを検索するか、キーボードの「Windowsマーク+Xを同時押し」で開けます。

セーフモード時:ドライバのアンインストール・更新を行う

デバイスマネージャーを開いたら、該当するデバイスを選択し、右クリックで更新かアンインストールを選びます。完了したら、セーフモードではなく通常の再起動を試してみてください。

編集部

次に解説する高速スタートアップの無効化やBIOSの初期化も行う場合は、全て試してから再起動すると効率がいいでしょう

セーフモード時:高速スタートアップを無効にする

セーフモード時:高速スタートアップを無効にする

高速スタートアップは、シャットダウン時にメモリやCPUの設定を記憶しておき、次回起動時のスピードを速くできる機能です。この高速スタートアップが、不具合の情報も一緒に保存してしまっている可能性があります。その場合、高速スタートアップをOFFにすれば正常化するでしょう。

高速スタートアップを無効化する

高速スタートアップ無効化方法
  • 「設定」の「電源とスリープ」を選択する
  • 「電源の追加設定」を選択する
  • 「電源ボタンの動作を選択する」を選択する
  • 「高速スタートアップを有効化する」のチェックを外す

これで高速スタートアップをOFFにできます。他のセーフモードでできる対処も行った後、再起動を試してみましょう。

セーフモード時:BIOSを初期化する

セーフモード時:BIOSを初期化する

BIOSとは、パソコンを起動する際にWindowsOSよりも早く立ち上がる基本的なソフトウェアです。このBIOSにエラーが起きると、「起動できない」「再起動が終わらない」などの症状が出る場合があります。

BIOSの初期化方法はパソコンのメーカーや機種によって異なるため、富士通・NEC・HP・Lenovoなど各メーカーの公式ウェブサイトを参考にしてください。

参考:BIOSセットアップの初期化の方法を教えてください。|富士通
参考:BIOSを初期化する(パソコン購入時の状態に戻す)方法|NEC
参考:HP PC – BIOSを初期化(リセット)するには|hp
参考:BIOSの初期化を行う方法|Lenovo

セーフモード時:パソコン・Windowsを初期化する

セーフモード時:パソコン・Windowsを初期化する

他の対処法をいろいろ試した結果、それでも再起動しない場合は思い切って「Windowsの初期化&再インストール」を行いましょう。Windowsのシステムやファイルの問題によって再起動ができなくなっている場合、初期化すれば解決します。

ただし、初期化は時間も手間もかかりますし、パソコンがほぼ購入時と同じ状態になるため中のデータもすべて消えてしまいます。場合によっては買い替えや修理の方が簡単で早く解決する場合もあるため、状況に合わせて選択しましょう。

パソコンの初期化方法

パソコンの初期化・Windows再インストール

パソコンの初期化方法
  • 「設定」→「更新とセキュリティ」の順にクリック
  • 「回復」をクリック
  • 「このPCを初期状態に戻す」の「開始する」をクリック
  • 「個人用ファイルを保持する」か「すべて削除する」を選ぶ

「個人用ファイルを保持する」か「すべて削除する」は、ユーザーアカウントや設定を残すかどうかの選択です。ユーザーアカウントや設定を残して初期化したい場合は「個人用ファイルを保持する」を選んでください。

WindowsOSの再インストール方法

WindowsOSの再インストール方法

Windows再インストール手順
  1. 「設定」→「更新とセキュリティ」
  2. 「Windowsセキュリティ」「Windowsセキュリティを開く」
  3. 「デバイスのパフォーマンスと正常性」にある「新たに開始」の「追加情報」
  4. 「開始する」の順でクリック

上記の手順でWindowsのクリーンインストールが開始されます。初期化と再インストールが終わったら再起動してみましょう。

パソコンの修理業者に修理を依頼する

パソコン修理業者に依頼する

どうしても直らない場合は、修理の専門業者に修理を依頼しましょう。ただし修理には費用がかかるため、高額なパソコンの場合やそこまで古くないパソコンで、買い替えが容易にできない場合に修理をおすすめします。

また、修理の際にパーツ交換によって中のデータが失われる可能性もあるため、大事なデータはデータ復旧ソフトで復元しておくか、セーフモード時にコピーしておきましょう。

編集部

もちろん保証期間が残っている場合は修理業者ではなく、メーカーへ連絡してください。無償、もしくは格安で対応してもらえます

パソコンを新しく買い替える

パソコンを買い替える

予算に余裕があればパソコンの買い替えも検討しましょう。特に長期間使用したパソコンは、今回再起動できない不具合を起こしている原因のほかにも、パーツの劣化やデータのごみの蓄積により、今後別の不具合を起こすかもしれません。

今回のトラブルの解決、そして今後のトラブル予防のためにも、思い切って買い替えるのも一つの対処法です。

編集部

買い替えた場合、当然いまのパソコン内にあるデータは使えなくなるため、事前にコピーしておくかデータ復旧でデータを救出するのを忘れないようにしてください

どうしても再起動しない場合、パソコンを買い替える場合はデータ復旧を行う

いくつかの対処法を試しても再起動しない、もしくは早々に諦めてパソコンを買い替える場合、「データ復旧」を行えば中にあるデータを復元できます。仕事用の大事なデータや、思い出の写真・動画といった諦められないデータがパソコンの中に入っている場合はデータ復旧を試してください。

データ復旧の方法はデータ復旧ソフトとデータ復旧業者の2種類

データ復旧の方法はデータ復旧ソフトとデータ復旧業者の2種類

データ復旧の方法には2種類あります。

  • データ復旧ソフトを購入し、自分でデータ復旧を行う
  • データ復旧業者に依頼してデータを復旧してもらう

データ復旧ソフトは、安価で素早く復旧できるのがメリットです。一方でデータ復旧業者は、データ復旧ソフトよりも高い精度でデータを復元できます。どちらがいいかは予算や中のデータの重要度次第で変わるため、メリット・デメリットをしっかり調べたうえで利用するといいでしょう。

もしデータ復旧を利用する場合、事前にデータ復旧ソフトとデータ復旧業者の違いやメリット・デメリット、詳しい利用方法を確認しておきましょう。以下の記事が参考になりますので、ぜひ読んでみてください。

関連記事:PCがUSBメモリを認識しない?すぐできる対処法7つ!Mac・Windows対応復旧ソフトも

関連記事:【主要6社を比較】データ復旧の料金や相場は?おすすめ業者や安く依頼する方法も紹介

関連記事:大事なデータをすぐに取り戻せるデータ復旧ソフト4DDiGの使い方&レビュー・検証

データ復旧時の注意点:再起動しない状態になったらできるだけパソコンに触らない!

データ復旧を行う場合は、トラブルが起きてからできるだけパソコンに触らない

パソコンの中には大事なデータが入っていて、最終的にデータ復旧するつもりでいる場合はできる限り今回紹介している対処法は試さないでください。データ復旧には、「トラブルが起きてからいろいろ操作すると復旧率が下がる」という欠点があるからです。

データ復旧は、故障したりトラブルが起きたパソコンの中にあるHDDやSSDのデータをそのまま救い出す技術です。

ところが、トラブル後に再起動を何度も試したり、いろいろな対処法を試すと本当に必要な復旧させたいデータが、どんどん余計なデータで埋まってしまいます。

余計なデータが増えれば増えるほど、必要なデータの復旧が難しくなります。難しくなるだけでなく、場合によっては必要なデータが完全に上書きされて、専門業者でも復旧ができなくなるかもしれません。

編集部

もちろん対処法を試してパソコンが元通り起動するのが一番です。ただ、本当に大事なデータが入っている場合は、安易に対処法を試さないほうがいいケースもあります

パソコンの再起動が終わらない症状に最適なデータ復旧ソフトの比較一覧表

再起動が終わらない症状のパソコンからデータを復元できる、おすすめのデータ復旧ソフトとデータ復旧業者を紹介します。性能の高いソフトと、不当請求の無い安心して相談できる腕の良い復旧業者を厳選しました。迷った際はぜひこちらを参考にしてください。
商品最安価格販売会社OSが起動しない場合の復旧対応メディア対応OS
ファイナルデータ11plus 特別復元版 ダウンロード版¥7,627 楽天市場AmazonYahoo!AOSデータ株式会社HDD/SSD/USB/SD/CD/DVDほかWindowsのみ
Wondershare Recoverit Ultimate【月額プラン】¥7,980 楽天市場AmazonYahoo!WondershareHDD/SSD/USB/RAID/SDカードほかWindows/Mac

パソコンの再起動が終わらない症状に最適なデータ復旧ソフトおすすめ2選

パソコンの再起動が終わらない症状に強いデータ復旧業者の比較一覧表

商品公式サイト運営会社設立年所在地電話番号営業時間復旧費用(HDD)完全成功報酬制
A1Data公式サイトA1データ株式会社1994年埼玉県飯能市0120-413-374平日9:00~18:0029,700円~
ライブデータ公式サイト株式会社LIVEDATA2006年東京都千代田区0120-895-960平日9:00~22:0044,000円~
アドバンスデザイン公式サイトアドバンスデザイン株式会社1995年東京都千代田区0120ー290ー189平日9:00~17:3033,000円~
デジタルデータリカバリー公式サイトデジタルデータソリューション株式会社1999年東京都港区0800ー333-630224時間対応5,000円~

パソコンの再起動が終わらない症状に強いデータ復旧業者おすすめ4選

関連記事:【覆面調査】デジタルデータリカバリーの悪評はどうなの?口コミ/料金/営業マンなど徹底検証!

関連記事:「できる限りお客様に情報を公開する」データ復旧率95.2%を実現するデジタルデータリカバリーの挑戦とは?

関連記事:[口コミで見る]アドバンスデザインを徹底検証!料金や対応まで徹底解説

関連記事:【口コミ検証】LIVE DATA(ライブデータ) データ復旧サービスの料金や対応は?料金や悪い評判まで徹底解説!

関連記事:[評判/口コミ]A1Data(エーワンデータ)の料金や対応、口コミ、悪い評判まで徹底解説!この業者は信頼できる?

パソコンの再起動が終わらない場合でも復旧方法やデータ救出方法はいろいろある!

パソコンの再起動が終わらない場合でも、対処法はいろいろあります。それほど重症でないケースも多々あるため、いくつか試せば復旧するかもしれません。

  • まずはしばらく待ってみる
  • 待ってダメなら強制終了や放電を試す
  • 自動修復やセーフモードを試してみる
  • 大事なデータがあればあまり操作せずにすぐにデータ復旧を試す

パソコンの使用期間や使用状況によって対処法も変わります。再起動しない状態から「どうにもならない状態」になるケースはそう多くないため、とにかくまずは落ち着いて、「パソコンの復旧を優先するのか」「データ復旧を優先するのか」考えて行動しましょう。

Picky’sでは、このほかにもパソコントラブルに関する記事を多数執筆しています。パソコントラブルで困っている方、パソコンに詳しくなりたい方は以下の記事もぜひ読んでみてください。

関連記事:「Windowsパソコンの電源は入るのに画面がつかない」の原因と対処法9つ!メーカー別に紹介

関連記事:Windows「デバイスに問題が発生したため再起動」エラーの対処法16選 !なぜ起こる?原因も紹介!

関連記事:BIOSがHDDを認識しない時の対処法3つ!原因・復旧方法・やってはいけない事も解説

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー