【初心者必見】レンタカーおすすめ14選&選び方を解説!料金相場や安く借りる方法も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

【どこが安い?】レンタカーおすすめ14選!1日当たりの相場や安く借りる方法も紹介

車が必要なときだけ気軽にレンタルできる「レンタカー」。旅行先での移動手段として役立ちます。

しかし「レンタカーはどのくらいの費用がかかるの?」「安く借りる方法は?」と気になっている方も多いですよね。免許を取得したばかりの初心者でもレンタカーを借りられるのか、不安な方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、レンタカー会社の選び方やおすすめレンタカー会社をご紹介。レンタカーの利用方法や料金相場についても解説します。とくに初心者の方必見の内容となっていますので、是非参考にしてみてくださいね。

レンタカーの料金相場

地域・シーズンごとの値段・相場をチェック

レンタカーの料金は、利用する車種によって大きく異なります。

1日あたりの料金相場
  • 乗用車:5,000~7,000円
  • ミニバン・バン:1万~2万円
  • 軽トラック・トラック:7,000~3万円(大きいトラックほど高額)

レンタカーの利用料金は、地域・シーズンによって値段が変わる場合がある点は要注意。ゴールデンウィーク・夏休み・シルバーウイーク・年末年始などの繁忙期は、1,000~2,000円程度1日あたりの料金が高くなります。

また、レンタカーの料金が高い地域は沖縄のような離島です。利用者数が観光時に偏っていて、レンタカーの数が不足するのが原因で、一般的な相場の1.5倍程度の費用がかかるケースもあります。

編集部

離島のレンタカーの中には、空港からの送迎を無料で実施しているところもあります。

初心者がレンタカーを借りるための条件

初心者がレンタカーを借りるための条件

免許を取得して数ヶ月や1年未満の初心者の方でも、多くのお店で車のレンタルが可能です。しかし、一部の店舗では貸し出し条件が設定されていることがあります。

初心者がレンタカーを借りるときに設定される条件の例
  • 契約可能な免許取得歴・年齢が決められている
  • 免許取得から日が浅い場合、免許取得3年以上の方を同乗させる必要がある
  • レンタカーの貸し出しは可能だが、オプション保険への加入は認められない
  • 貸し渡し時に、店員から事故防止・安全運転のアドバイスといった説明を受ける

例えば、ABCレンタカーでは契約可能な取得歴・年齢が設定されています。

Q3.初心者ですが、車を借りられますか?
A.申し訳ございませんが免許取得1年以上及び年齢20歳~65歳までが契約条件となります。

出典:ABCレンタカー「予約について」

他にも、初心者だと免責補償制度(事故を起こした際に発生する負担額を免除するオプション保険)への加入が断られる場合があります。

Q 初心者、未成年でも利用できますか?
A ご利用いただけます。ただし、免許取得後1年未満、21歳未満の方は免責補償制度へのご加入いただけません。

出典:ワンズレンタカー「ご利用資格について」

編集部

保険の詳細については次の章で詳しく説明します。

例を紹介しましたが、昔は初心者レンタルNGだった会社が今ではOKに変わっていたりと、最近では多くのお店で初心者でもレンタル可能です。初心者のレンタカー利用については店舗によって条件の有無や内容が異なるため、事前に確認しておきましょう。

初心者がレンタカーを借りるときの注意事項

店舗によってレンタカーを借りる条件が異なる他に、初心者がレンタカーを利用する際に注意しておくポイントがあります。

初心者がレンタカーを借りるときの注意事項
  • 必ずレンタルする店舗の貸し出し条件を事前に確認しておく
  • 初心者マークを用意しておく
  • 可能な限り保険には加入しておく

バジェット・レンタカーの公式サイトでは、初心者でもレンタル可能と紹介されていますが、「店舗によっては、免許取得後1年以内の方には、車の貸渡しをお断りする場合がございます。」と注釈があります。このようなケースもあるため、事前にレンタルする店舗で条件を確認しておきましょう。

初心者レンタルOKな店舗でも、初心者マークの貸し出しがされてない場合があります。貸し出しOKの店舗でも、店舗に初心者マークの在庫がないなどの理由で貸し出しできないことがあるため、初心者マークは必ず用意しておきましょう。

編集部

初心者の場合、運転に不慣れな方も多く、レンタカーだとさらに緊張する方もいるでしょう。もしものときのことを考えると不安になる方は、安心を買うという意味も込めてオプション保険への加入をおすすめします。

保険は必要?レンタカー料金に含まれる免責補償・オプション費用

レンタカーを利用する際に重要な保険について

レンタカーの利用料金にはあらかじめ保険料が含まれているため、事故が発生した場合は補償限度額の範囲で補償されます。

しかし損害賠償額が保険金額を超えたときは、超過分を自分で支払う必要があります。事故を起こしたり、レンタカーを破損したりしたときに支払う必要があるのは、免責額とNOC(ノンオペレーションチャージ)の2つです

免責額とは?
事故を起こして保険を利用するときに自分で負担する金額のこと。損害賠償額が保険金額以下なら、免責額のみ自分で支払い、賠償額から免責額を引いた金額が補償で支払われます。
NOCとは?
レンタカーの盗難・故障・汚損が発生したとき、車の修理や清掃が必要になるため、その車は利用できなくなります。本来レンタカーとして貸し出すことのできた車が利用できないため、店舗の利益に損失が出てしまいます。そのため、店舗にかかる損失の補償として、契約者が負担金を支払う必要があり、この負担金をNOC(ノンオペレーションチャージ)と呼びます。

事故を起こしたときに少しも負担金を払いたくない場合は、追加料金を支払うことで加入できる「免責補償制度」やその他オプションに加入すると、免責額やNOCは免除されます。平均的な補償内容は以下の表を参考にしてみてください。

補償 内容 利用料金に含まれている補償内容 追加料金を支払ったときの補償内容
対人補償 事故で相手を怪我・死亡させたときに受けられる補償
  • 無制限
  • 無制限
対物補償 事故でものを壊したときに受けられる補償
  • 無制限、または補償上限3,000万円まで
  • 免責額:5万円
  • 無制限
  • 免責額なし
車両補償 事故で車両を傷つけたときに受けられる補償
  • レンタカーの時価
  • 免責額:5万円
  • レンタカーの時価
  • 免責額なし
人身傷害補償 ドライバー・同乗者が怪我・死亡したときに受けられる補償
  • 無制限、または補償上限3,000万円まで
  • 無制限、または補償上限3,000万円まで
オプションの保険にかかる費用の相場
  • 保険金額の増額・CDW:1日1,000~1,500円
  • NOCを不要にする:1日500~1,000円(保険金額の増額・CDWが含まれる場合は2,000~3,000円)

編集部

車が大きいとオプションの金額が高くなる傾向があります。また、初心者の場合は免責補償制度や追加オプション保険の加入を断られることがあります。

初心者必見!レンタカーの選び方

レンタカー会社を選ぶときは、料金やサービスなどをチェックして選ぶのが大切。とくに、レンタカーを初めて利用する初心者の方には注意すべきポイントがたくさんあるので要注意です。

具体的なチェックポイントをご紹介するので、自分の目的にぴったりなレンタカー会社を探しましょう。

運転に自信の無い初心者や、格安でレンタルしたい方は「軽自動車」がおすすめ

格安でレンタルしたいなら「軽自動車」がおすすめ

利用料金を抑えたいなら軽自動車がおすすめ。利用料金が普通車に比べて1〜2割安く、車の重量が軽いため燃費も優れています。また、本体がコンパクトなので小回りが利きます。不慣れな道でも走りやすく、運転に自信がない初心者の方でも利用しやすいです。

軽自動車はどのレンタカー会社でも取り扱っているのもメリット。使いやすい立地・価格の会社を自由に選べます。

ただし、乗車定員が4人と少ないのがデメリット。車内が狭いため、身体が大きい方だと苦痛に感じる可能性もあります。さらに、パワーが弱くて風に煽られやすいので、高速道路を走るときは怖く感じる方もいます。快適さよりもコストを重視したい方におすすめです。

編集部

軽自動車という名前でも、軽油では動かない点は要注意。勘違いして軽油を入れてしまうトラブルが頻発しているので、必ずレギュラーガソリンを入れましょう。

旅行先で利用するなら、駅やホテルの近くに店舗があるサービスがおすすめ

旅行先で利用するなら、駅やホテルの近くに店舗があるサービスがおすすめ

旅行先でレンタカーを利用する予定なら、駅やホテルの近くに店舗があるかが重要です。離れた場所にあるレンタカーを利用すると、レンタル前・返却後の移動に時間がかかり、日程が圧迫されてしまいます。重い荷物を持ち運ぶのも疲労の原因になるので、旅行を思いっきり楽しむために、無駄な時間・負担を削りましょう。

また、駅やホテルの近くに店舗があれば、必要なタイミングだけ短時間のレンタルをしやすいのも特徴。数日まとめてレンタルする場合と、必要なタイミングだけレンタルする場合のどちらが安くなるか計算してみましょう。

駅・空港の近くに店舗があるレンタカー会社
  • ニコニコレンタカー:店舗数が多く、駅・空港などさまざまな施設の近くに店舗がある
  • 駅レンタカー:駅の近くに店舗がある

24時間営業なら、深夜のレンタル・返却が可能

24時間営業なら、深夜のレンタル・返却が可能

24時間営業の会社や深夜にも営業している会社なら、レンタル・返却の時間が遅くなっても安心です。飛行機の最終便に合わせてレンタカーを返却したい方や、道路が混んでいない時間帯に車を運転したい方にもおすすめです。

ただし、営業時間が8:00~20:00のレンタカー会社が多く、夜間に対応している会社は限られます。深夜のレンタル・返却に対応していても、会社によっては1,000円程度の追加費用がかかるケースもあるので、しっかり確認しましょう。

深夜に利用できるレンタカー会社
  • 業務レンタカー:24時間営業・手数料無料
  • ニコニコレンタカー:24時間営業の店舗あり・手数料無料
  • 日産レンタカー:深夜貸し出し対応(アプリを利用した無人貸し出しサービスのみ)・手数料は1,100円(レンタル・返却両方が深夜の場合は2,200円)

関連記事:【仕組みも解説】カーシェアおすすめ12選!トヨタ・日産・ホンダなどサービスを比較

各種割引やクーポンなど安く借りられる制度があるかチェック

各種割引やクーポンなど安く借りられる制度があるかチェック

レンタカーを安く利用したいなら、割引やクーポンをチェックしましょう。レンタカーにはさまざまな割引があるので、自分の利用方法に合った割引を活用するのがポイント。具体的な割引・クーポンは以下を参考にしてみてください。

割引・クーポンの例
  • ツアーとセットで割引:近畿日本ツーリストやANAなどでレンタカー付ツアーあり
  • クレジットカードの優待:セゾンカード使用で5~20%割引
  • 会員登録割引:レンタカー会社の会員になると割引
会員割引のあるレンタカー会社
  • ニッポンレンタカー:最大10%オフ
  • トヨタレンタカー:10%オフ・ゴールドメンバーなら20%オフ
  • オリックスレンタカー:スタンダードメンバーは最大10%、ゴールドメンバーは最大15%、プラチナメンバーなら最大20%オフ

ETC・カーナビ・スタッドレスタイヤなどの、オプション料金もチェック

チャイルドシート・ETC・カーナビ・スタッドレスタイヤなどのオプション料金もチェック

ETC・カーナビ・スタッドレスタイヤ・チャイルドシートなど、オプション料金も忘れずチェックしましょう。

オプションの相場
  • ETCカード:330円
  • カーナビ:無料~1,000円
  • スタッドレスタイヤ:1,000~2,000円
  • チャイルドシート:無料~1,000円

なお、レンタル1回あたりの価格や1日あたりの価格など、会社によって料金設定の仕組みが異なる点は要注意。長期間レンタルするなら、1回あたりで金額が設定されている会社の方が安上がりなケースが多いです。また、利用期間が長い場合は上限が設けられているケースもあります。数日レンタルするときは料金体系をしっかり確認しましょう。

無料のオプションが充実しているレンタカー会社
  • カースタレンタカー:カーナビ・充電器などが無料
  • スカイレンタカー:チャイルドシートが無料
  • Jネットレンタカー:チャイルドシートが無料

事故が心配なら、オプションなしでも対物無制限の会社がおすすめ

事故が心配なら、保証が充実している会社がおすすめ

運転に慣れていて事故を起こさない自信がある方でも、旅行先のような走り慣れていない道では何が起こるかわかりません。事故が心配な方には対物補償の保険金額が無制限の会社がおすすめ。有料の保険オプションを追加すれば無制限になる会社は多いですが、標準で無制限の会社もあります。

「対物補償は3,000万円で十分」と思う方も多いですよね。しかし、対物補償は壊したものだけでなく、企業が営業できなくなった期間の営業損害にも適用されます。店舗を壊したり電車を止めたりすると、1億円を超える高額な賠償請求がくる可能性があります。万が一のときのために、保険はできるだけ手厚くしておきましょう。

営業損害とは?
店舗・営業車などが壊れて営業停止となったときに、営業できていれば得られたはずの利益のこと。
基本料金で対物補償無制限のレンタカー会社
  • トヨタレンタカー
  • カースタレンタカー
  • 駅レンタカー

乗り捨て対応のサービスなら、返却場所を気にせず車に乗れる

乗り捨て対応のサービスなら、返却場所を気にせず車に乗れる

長距離を移動するなら、乗り捨て対応のレンタカー会社も検討してみましょう。乗り捨てとは、レンタルした店舗とは違う店舗に車を返却できるサービス。長距離移動した後、レンタルした店舗まで戻る手間がなくなります。自由に旅行やドライブを楽しみたい方におすすめです。

ただし、乗り捨てには別途料金がかかる点は要注意。乗り捨て手数料は車種や店舗間の距離によって変わります。乗り捨て手数料の具体的な相場は、以下を参考にしてみてください。

乗り捨て手数料の相場
  • 乗用車:店舗の距離10kmあたり約800円
  • トラック・ワゴン車:店舗の距離10kmあたり約1,000円
乗り捨て可のレンタカー会社
  • トヨタレンタカー
  • ニッポンレンタカー
  • タイムズカーレンタル

ペットを乗せるなら、ペット可の会社を選ぶ

ペットを乗せるなら、ペット可の会社を選ぶ

犬や猫などのペットをレンタカーに乗せるときは、必ずペット可のレンタカー会社を利用しましょう。レンタカーにペットを乗せる場合、500~1,000円程度の手数料がかかる会社が多いです。

ペットを乗せるときは事前申し込みが必須なので、申込のときに連絡を忘れないように注意。ペット不可の車にペットを乗せると臭いや毛が付くため、汚損による清掃費として免責額2〜3万円程度を支払う必要があります。

また、ペット可のレンタカーでも、車内を汚してしまったときは清掃費が必要になる点は要注意。車に乗り慣れていないペットを乗せるなら、上の画像のようなペット用ドライブボックス・ドライブベッドを利用しておけば安心です。どんな商品があるか気になる方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事:洗える商品が人気!おしゃれな犬用ドライブベッドおすすめ22選!2匹用も紹介

編集部

レンタカー会社によっては、ケージに入れるのが条件になっているケースもあります。詳しいルールは事前に確認しましょう。
ペット同乗可のレンタカー会社
  • トヨタレンタカー
  • カースタレンタカー
  • ニッポンレンタカー

レンタルする期間に合ったサービスを選ぶ

レンタカーを利用するときは、レンタルする期間にあった会社を選ぶのが大切です。特に長期間のレンタルは対応していない会社もあります。

3時間~2泊3日なら、ほとんどのレンタカーサービスを利用可能

3時間~2泊3日ならほとんどのレンタカーサービスを利用可能

3時間〜2泊3日のレンタルなら、ほとんどのレンタカー会社を利用できます

1日・2日・3日など1日ごとに料金が決められている会社と、3時間まで・6時間までと短い時間ごとに料金が決められている会社があります。利用時間が短い方が料金は安くなりますが、返却時間に間に合わなかった場合は割高の延長料金がかかるので、余裕をもって返せるプランを選びましょう。

短い時間のレンタルができるレンタカー会社
  • トヨタレンタカー:3時間までのプランあり
  • ワンズレンタカー:1時間までのプランあり
  • 100円レンタカー:10分単位でレンタル可能

長期間レンタルなら、「ウィークリーレンタカー」「マンスリーレンタカー」がおすすめ

長期間レンタルなら、「ウィークリーレンタカー」「マンスリーレンタカー」がおすすめ

1週間以上のレンタルなら、ウィークリープラン・マンスリープランのある会社を選びましょう。ウィークリープラン・マンスリープランでは、1〜3日のプランに比べて1日あたりの料金が割安になっています。

マンスリープランで1か月レンタルした場合、短期間プランの料金に換算すると15〜20日分の料金でレンタル可能。10日分以上お得にレンタルできます。ウィークリープランでも2〜5日分の料金で1週間レンタルでき、数日分得するのでコスパが高いです。

編集部

長期間のプランでは清掃や貸し出し・返却の対応が不要になるため、料金が安めに設定されていますよ。
ウィークリープラン・マンスリープランのあるレンタカー会社
  • ニコニコレンタカー:ウィークリーコース・マンスリーコースあり
  • ガッツレンタカー:1か月プランあり
  • ワンズレンタカー:マンスリープランあり
  • 100円レンタカー:7日間・14日間・30日間のプランあり

レンタカーおすすめ人気ランキング比較一覧表

「Picky’s編集部が独自の調査で上位サービスをポイント制で集計。本当に人気のおすすめサービスを厳選しました。」
商品公式サイトレンタル料金対応エリア営業時間乗り捨て補償内容保険オプション車種ETCオプションペット
トヨタレンタカー公式サイト3時間:4,312円~・6時間:6,160円~・12時間:6,600円~・24時間:8,580円~・以降24時間ごと7,260円~・1時間超過ごと1,320円~・マンスリーシステム:約15日分の料金北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・東京都・神奈川県・埼玉県・茨城県・千葉県・栃木県・群馬県・新潟県・長野県・山梨県・富山県・石川県・福井県・愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県・広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県・香川県・愛媛県・徳島県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県8:00~20:00対人補償:無制限・対物補償:無制限(免責額5万円)・車両補償:時価額(免責額5万円、バス・大型車10万円)・人身傷害補償:3,000万円免責補償制度:24時間1,100円・安心Wプラン:24時間1,650円乗用車(アクア・カローラなど)スペシャリティ(86・GRヤリスなど)・ミニバン、ワゴン(ノア・ボクシーなど)・SUV(ヤリクロス・C-HRなど)・プレミアム(LS・GSなど)・バン(プロボックス・サクシード)・トラック(ダイナトヨエース・アルミバンなど)・バス(ハイエースコミューター・コースターなど)・ウェルキャブ(ラクティス・シエンタ)一部車種を除き標準装備・ETCカードレンタルあり(1回330円)チャイルドシート:1回550円・JAF会員証貸出サービス:1回550円・キャリア:店舗によって変動・スタッドレスタイヤ:店舗によって変動・タイヤチェーン:店舗によって変動・ロープ:店舗によって変動一部車種のみ対応
カースタレンタカー公式サイト6時間:1,700円〜・12時間:2,550円〜・24時間:3,400円〜・以降12時間ごと1,700円〜・延長1時間ごと680円〜北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県店舗によって変動(8:00~20:00・9:00~19:00など)不可対人補償:無制限・対物補償:無制限(免責額5万円)・車両補償:時価額(免責額5万円)・人身傷害補償:3,000万円免責額補償制度:24時間1,100円・あんしん補償プラン:24時間1,760円軽自動車(ワゴンR・ムーブなど)・コンパクト(ヴィッツ・マーチなど)・セダン(カローラ・スカイラインなど)・SUV、ミニバン、ワゴン(フォスター・セレナなど)・軽トラ(サンバートラック・ハイゼットトラックなど)・2tトラック(キャラバンバン・タイタンなど)一部車両を除き標準装備チャイルドシート:1日550円・カーナビ:無料・トランスミッター:無料・充電器:無料・スタッドレスタイヤ:1回2,200円・キャリア:1回1,100円・タイヤチェーン:1回1,100円・ロープ:1回330円・シート:1回330円・ラッシングベルト:1回550円・台車:1回550円・車両保管料:1回550円・バイク保管料:1回330円・自転車保管料:1回110円1日550円
ニッポンレンタカー公式サイト6時間:6,050円~・12時間:6,050円~・24時間:7,590円~・以降1日ごと6,380円~・延長1時間ごと1,210円~北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・長野県・山梨県・富山県・石川県・福井県・愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県・広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県・香川県・徳島県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県・ハワイ・グアム店舗によって変動(7:00~20:00・7:00~22:00など13時間以上の長時間営業を実施している店舗あり)対人補償:無制限・対物補償:3,000万円(免責額5万円)・車両補償:時価額(免責額5万円、一部車両10万円)・人身傷害補償:3,000万円安心コース:1日660~2,420円・CDW:1日1,100~2,200円・ECO:1日440円軽、乗用車(N-BOX・フィットなど)・SUV(ライズ・フォレスター)・ミニバン、ワンボックスワゴン(ステップワゴン・アルファード)・バン、トラック(ハイエースロング・キャリィ)・バス、福祉車両(マイクロバス・ユニバーサルカーなど)一部車両を除き標準装備・ETCカードレンタルあり(1回330円)チャイルドシート:1回1,100円・カーナビ:無料・トラック用荷台シート:1日550円~・ロープ:1日330円・ラッシングベルト:1日550円・台車:1日1,100円・スタッドレスタイヤ:1日2,200円~1回550円
ニコニコレンタカー公式サイト12時間:2,525円~・24時間:4,290円~・以降1日ごと4,290円~・延長1時間1,265円~・ウィークリーコース:22,000円~・マンスリーコース:85,800円~北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・愛知県・静岡県・岐阜県・長野県・新潟県・富山県・石川県・福井県・大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・和歌山県・奈良県・三重県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県店舗によって変動(24時間営業店舗あり)不可対人補償:無制限・対物補償:無制限(免責額5万円)・車両補償:時価額(免責額5万円)・人身傷害補償:3,000万円免責補償:24時間1,100円・免責補償プラス:24時間1,650円・パーフェクト補償:24時間2,200円軽自動車(ムーブ・デイズなど)・コンパクトカー(ノート・フィットなど)・ステーションワゴン、セダン(プリウス・ウィッシュなど)・SUV(エクストレイル・ハリアーなど)・ミニバン、ワンボックス(ヴォクシー・ノアなど)・高級ミニバン、ワンボックス(アルファード・ヴェルファイアなど)・軽トラック、商用バン(キャリー・ハイゼットなど)・トラック、バン(ハイエースバン・キャラバンなど)・その他(スポーツカー・輸入車・キャンピングカーなど店舗独自のラインナップあり)全車標準装備・ETCカードレンタルあり(1回330円)チャイルドシート:24時間550円・カーナビ:24時間550円・宅配レンタカー:片道1,364円、往復2,618円・スタッドレスタイヤ:72時間2,200円~可(一部店舗を除く)
タイムズカーレンタル公式サイト6時間:3,696円〜・12時間:4,488円〜・24時間:5,280円〜・以降延長1時間ごと616円〜・延長1日ごと4,488円〜北海道・青森県・秋田県・山形県・岩手県・宮城県・福島県・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県・静岡県・三重県・新潟県・長野県・石川県・福井県・大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県・岡山県・広島県・鳥取県・島根県・山口県・香川県・徳島県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県店舗によって変動(8:00~21:00・9:00~18:00など)対人補償:無制限・対物補償:無制限(免責額5万円)・車両補償:時価額(免責額5万円)・人身傷害補償:3,000万円免責補償コース:24時間1,100円~・安心補償コース:24時間2,200円~軽、コンパクト(ハスラー・ライズなど)・エコカー(ヤリス・プリウスなど)・セダン(クラウン・アテンザセダンなど)・スポーツ(ロードスター)・ミニバン、ワゴン(シエンタ・ノアなど)・ステーションワゴン、SUV(カローラフィールダー・エクストレイルなど)・バン、マイクロバス(エブリィバン・ローザなど)・トラック(ハイゼットトラック・タイタン)・福祉車両(Nボックスプラス・タントスローパー)一部車種を除き標準搭載チャイルドシート:1回1,100円(ジュニアシートは550円)・幌:1回1,650円・ブルーシート:1回550円・ロープ:1回330円・スタッドレスタイヤ:24時間2,200円(冬季の北海道・秋田県などの一部地域は無料)一部車種のみ対応
オリックスレンタカー公式サイト6時間:6,160円〜・12時間:6,160円〜・24時間:8,250円〜・以降1日ごと6,160円〜・延長1時間ごと1,320円〜北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・香川県・愛媛県・徳島県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県店舗によって変動(9:00~19:00・8:30~19:00など)対人補償:無制限・対物補償:無制限(免責額5万円)・車両補償:時価額(免責額5万円、一部車両は7万円または10万円の場合あり)・人身傷害補償:3,000万円免責補償制度:24時間1,100円~・レンタカー安心パック:24時間660円~軽、コンパクト(ワゴンR・デイズなど)・乗用車(ヤリス1.5・カローラアクシオなど)・ワゴン、RV、SUV(ロッキー・エクストレイルなど)・輸入車、高級車(ポロ・BMWなど)・商用車(プロボックスバン・エキスパートなど)・マイクロバス(コースター・シビリアンなど)・福祉車両(エブリィ・タントなど)全車標準装備・ETCカードレンタルあり(1回330円)チャイルドシート:1回1,100円・幌:1回1,100円~・ロープ:1回550円・ハンガーパイプ:1回1,100円・ラッシングベルト:1回1,100円・台車:1回1,100円・パワーゲート:24時間2,200円・スタッドレスタイヤ:24時間2,640円~・タイヤチェーン:1回3,300円1回550円
ガッツレンタカー公式サイト24時間:2,200円~・1週間:8,580円~・1か月:27,280円~北海道・宮城県・福島県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・東京都・埼玉県・神奈川県・山梨県・長野県・新潟県・富山県・石川県・福井県・静岡県・愛知県・岐阜県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・広島県・岡山県・山口県・香川県・徳島県・愛媛県・高知県・福岡県・大分県・佐賀県・長崎県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県9:00~19:00不可対人補償:無制限・対物補償:無制限(免責額5万円)・車両補償:時価額(自走可能5万円・自走不可10万円)・人身傷害補償:3,000万円なし軽自動車(アルト・ライフなど)・小型自動車(ヴィッツ・マーチなど)・ライトバン、ステーションワゴン(プロボックス・ランサーワゴンなど)・ミニバン(ステップワゴン・ノアなど)・ハイブリッド(プリウス・アクアなど)24時間:550円・1週間:1,100円・1か月:2,200円チャイルドシートなし・カーナビ:24時間550円(1週間1,100円・1か月:2,200円)・スタッドレスタイヤ:24時間1,100円(1週間3,300円・1か月:6,600円)不可
日産レンタカー公式サイト6時間:6,270円〜・12時間:6,583円〜・24時間:8,360円〜・以降1日ごと6,897円〜・延長1時間ごと1,358円〜北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・東京都・神奈川県・埼玉県・栃木県・茨城県・千葉県・群馬県・新潟県・長野県・山梨県・富山県・石川県・福井県・愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県・広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県・香川県・愛媛県・徳島県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県店舗によって変動(8:00~21:30・9:00~19:00など)・セルフライドゴーは24時間対応対人補償:無制限・対物補償:無制限(免責額5万円)・車両補償:時価額(免責額5万円、一部車両は10万円)・人身傷害補償:5,000万円スタンダードプラン:24時間1,650円~・フルサポートプラン:24時間2,200円~軽、コンパクト(デイズ・ルークスなど)・乗用車(シルフィ・リーフなど)・ミニバン、ワゴン(セレナ・エルグランドなど)・SUV、高級車(エクストレイル・スカイラインなど)・e-POWER、EV(ノートe-POWER・キックスe-POWERなど)・商用車(ADバン・クリッパーバンなど)・スペシャリティカー(フェアレディZ)・トラック(クリッパートラック・バネットトラックなど)・福祉車両(クリッパーリオチェアキャブ・セレナチェアキャブなど)・マイクロバス(シビリアン)全車標準装備・ETCカードレンタルあり(1回330円)チャイルドシート:24時間550円・ドライブレコーダー:1回330円・シート:1回550円・幌(2tまで):1回1,650円・ロープ:1回330円・台車:1回770円・スタッドレスタイヤ:1日1,650円1回550円
バジェット・レンタカー公式サイト6時間:4,538円~・12時間:4,538円~・24時間:5,610円~・以降延長1日ごと4,538円~・延長1時間ごと825円~北海道・青森県・宮城県・岩手県・秋田県・福島県・石川県・山梨県・岐阜県・愛知県・富山県・福井県・長野県・静岡県・千葉県・東京都・三重県・京都府・兵庫県・大阪府・岡山県・山口県・島根県・広島県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県8:00~20:00(熊本空港店のみ8:00~19:00)、受付センターは平日:8:00~20:00・休日:9:00~20:00〇(同一県内無料)対人補償:無制限・対物補償:無制限(免責額5万円、キャンピングカーは10万円)・車両補償:時価額(免責額5万円、一部車両は10万円)・人身傷害補償:3,000万円1日2,200円(一部車両は1日3,300円)軽自動車(ライフ・ムーブなど)・乗用車(マーチ・ヴィッツなど)・ワゴン(フリード・ウィッシュなど)・エコカー(アクア・プリウスなど)・スペシャリティ(BMW・ベンツなど)・マイクロバス(ローザ・シビエイアンなど)・バン(アクティバン・エブリバンなど)・トラック(タウンエース・キャンターなど)・福祉車両(タント・レジアスエースなど)・キャンピングカー全車標準装備・ETCカードレンタルあり(1回330円)-一部車種のみ対応
駅レンタカー公式サイト6時間:4,850円~・12時間:4,850円~・24時間:6,230円~・以降1日ごと5,140円〜・1時間超過990円〜北海道・青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県・新潟県・長野県・山梨県・東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・富山県・石川県・福井県・静岡県・愛知県・岐阜県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・香川県・徳島県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県店舗によって変動(8:00~19:00・8:00~18:00など)対人補償:無制限・対物補償:無制限(免責額5万円)・車両補償:時価額(免責額5万円、一部車両は10万円)・人身傷害補償:3,000万円免責補償制度:24時間ごと1,100円・NOCサポート:24時間ごと550円ベーシックタイプ(ワゴンR・フィットなど)・ハイグレードタイプ(マークX・ティアナなど)・ワゴン、ミニバン(シエンタ・セレナなど)・エコカー(アクア・プリウスなど)全車標準装備チャイルドシート:24時間550円・カーナビ:無料・スタッドレスタイヤ:店舗によって変動・チェーン:1回1,650円・キャリア:1,100円要相談
Jネットレンタカー公式サイト当日返却:6,600円~・1日24時間:7,700円〜・以降1日ごと6,600円~・1時間延長:1,320円~北海道・群馬県・埼玉県・茨城県・千葉県・東京都・新潟県・長野県・山梨県・静岡県・岐阜県・愛知県・三重県・石川県・富山県・福井県・滋賀県・京都府・奈良県・大阪府・和歌山県・広島県・山口県・香川県・福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・熊本県・鹿児島県・沖縄県店舗によって変動(8:00~20:00・9:00~19:00など)対人補償:無制限・対物補償:無制限(免責額5万円)・車両補償:時価額(免責額5万円、一部車両は10万円)・人身傷害補償:3,000万円本州、四国、九州地区:1,100円・北海道地区:1,320円・沖縄地区:1,650円・一部大型車両:2,200円乗用車(アルト・タンク)・ミニバン、ワゴン(シエンタ・エスティマなど)・EV(サクラ・リーフ)・バン、トラック(ファミリアバン・タイタンなど)一部車両を除き標準装備・ETCカードレンタルあり(1回330円)チャイルドシート:無料・幌:1日1,100円~・パワーゲート:1日2,200円・スタッドレスタイヤ:1日2,200円・ロープ:1回330円・初心者マーク:1回330円1日1,100円
ワンズレンタカー公式サイト1時間:1,100円~・当日:2,750円~・24時間:3,850円~・24時間+当日:6,600円〜・48時間:7,700円〜・以降24時間ごと3,850円~・マンスリー:77,000円~北海道・山形県・宮城県・福島県・栃木県・茨城県・埼玉県・東京都・神奈川県・千葉県・新潟県・石川県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・京都府・奈良県・兵庫県・大阪府・岡山県・広島県・山口県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・長崎県・大分県・鹿児島県・沖縄県・グアム(タモン地区)・ハワイ(ワイキキ)・アメリカ(ロサンゼルス)店舗によって変動(8:00~20:00・8:30~20:00など)不可対人補償:無制限・対物補償:無制限または2,000万(車両によって変動、免責額5万円)・車両補償:時価額(免責額5万円)・人身傷害補償:3,000万円1,100円M(軽)クラス(4人乗り以下・軽自動車)・Mクラス(最大5人・1,300cc以下)・Bクラス(最小5人・1,800cc以下)・Lクラス(最小5人・1,801cc以上)・ワンボックスクラス(最小6人・ワゴン)・HVクラス(ハイブリッド車)・T1/T2/T3クラス(貨物車両)・T1(軽)クラス(軽貨物車両)搭載車・非搭載車ありチャイルドシート:24時間550円・スタッドレスタイヤ:24時間2,200円・専用カーナビ:24時間550円不可
スカイレンタカー公式サイト当日返却:5,940円~・24時間:6,710円~・以降1時間ごと1,210円〜・1日ごと5,940円〜北海道・青森県・岩手県・宮城県・栃木県・千葉県・東京都・神奈川県・富山県・石川県・福井県・愛知県・大阪府・兵庫県・岡山県・広島県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県店舗によって変動(8:00~20:00・9:00~19:00など)対人補償:無制限・対物補償:無制限(免責額5万円)・車両補償:時価額(免責額5万円、一部車両は10万円)・人身傷害補償:3,000万円北海道地区:1,320円・本州四国地区:1,100円・九州地区:1,430円・沖縄地区:1,650円軽自動車(ミライース・ワゴンRなど)・乗用車(アクア・プリウスなど)・ミニバン(アルファード・ヴォクシーなど)・バン(プロボックスバン・ハイエースなど)・トラック(アトラス・ダイナなど)標準装備・ETCカードレンタルあり(330円~)チャイルドシート:無料・幌:1日1,100円~・パワーゲート:1日2,200円・スタッドレスタイヤ:1日2,200円・ロープ:1回330円・初心者マーク:1回330円1日1,100円(店舗に要相談、インターネット上での自動予約は使用不可)
100円レンタカー公式サイト10分:100円~・3時間:1,800円〜・6時間:2,700円〜・12時間:3,300円~・24時間:4,500円〜・30時間:6,200円~・36時間:7,100円~・48時間:8,100円~・7日間:27,100円~・14日間:48,800円~・30日間:92,000円~北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・東京都・神奈川県・千葉県・新潟県・石川県・富山県・福井県・山梨県・長野県・静岡県・岐阜県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・香川県・愛媛県・福岡県・長崎県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県店舗によって変動(8:00~17:00・10:00~19:00など)不可対人補償:無制限・対物補償:無制限(免責額5万円)・車両補償:時価額(免責額5万円、一部車両は10万円)・人身傷害補償:3,000万円免責補償制度加入料:1日1,100円・免責補償ワイド(ノンオペレーションチャージ免除):550円軽クラス(ワゴンR・N-BOXなど)・軽VTクラス(ハイゼット・キャリィなど)・コンパクトAクラス(パッソ・マーチ・スイフトなど)・コンパクトBクラス(フィット・ヴィッツなど)・ミドルクラス(シエンタ・プリウスなど)・ミニバンクラス(ノア・ステップワゴンなど)・プレミアムクラス(アルフォード・エルグランドなど)・VTクラス全車標準搭載ポータブルカーナビ:1日550円・チャイルドシート:1日550円・キャリア:1日550円・車両宅配:片道3km以内1,650円、片道3km以上2,750円一部車種のみ対応・要問合せ

レンタカーおすすめ人気ランキング14選

レンタカーの予約方法・借り方・返し方

レンタカーの予約方法・借り方・返し方

レンタカーを初めて利用するときは、どんな流れでレンタルするのか気になりますよね。そこで、レンタカーを利用したことがない方向けに、レンタカーの利用方法をご紹介します。詳細な手順は会社によって違いますが、以下の手順を参考にすれば、多くの会社でトラブルなくレンタカーを利用できます。

  • レンタカーの利用方法
  • STEP.1
    ネットから予約する
    レンタカーは電話・ネットなどで予約できますが、ネット予約がおすすめです。サービスの比較がしやすく、車種の一覧・オプションなどをじっくり選べます。最近はスマホ用アプリが用意されているケースもあります。利用日・利用店舗・車種・必要なオプションを選びましょう。
  • STEP.2
    利用日当日に受け取りに行く
    予約時に指定した店舗に受け取りにいきます。当日は運転免許証が必要になるので、忘れないように要注意。また、複数人が運転する場合は利用者全員のサインが必要なケースがあるため、運転する人全員で受け取りに行きましょう。
  • STEP.3
    返却する
    必ずガソリンを満タンにして返却します。最寄りのガソリンスタンドであればどこでもいい会社が多いですが、指定されたガソリンスタンドで給油しないといけないケースもあります。あらかじめ確認しておきましょう。また、給油時のレシートが必要な場合もあります。

編集部

特にガソリンを満タンにするのを忘れないように注意しましょう。給油せずに返却すると、走行距離・燃料ゲージなどから計算した金額を請求されます。ガソリンを満タンにするより割高になり、無駄なお金がかかってしまいます。

レンタカー利用時の注意点は?

レンタカーを初めて利用する方向けに、利用時の注意ポイントをご紹介します。トラブルを避けるために必須の知識なので、要点を押さえておきましょう。

ガソリン代・高速道路料金などレンタル料以外の費用も確認

ガソリン代・高速道路料金などレンタル料以外の費用も確認

レンタカーでの移動計画を立てるときに注意したいのが、レンタル料金以外の費用です。ガソリン代・高速道路料金など、長距離移動をする際は高額になるので、必ず計算しておきましょう。

ガソリン代はレンタルする車の燃費によって大きく変わります。また、ガソリン1Lあたりの料金も地域によって差があるため、レンタルする地域の相場を調べておくのも重要です。ガソリン代は「走行距離÷燃費×ガソリン1Lあたりの料金」で求められます。下調べが面倒なら、100kmあたり1,000〜2,000円くらいかかると想定しておきましょう。

高速道路料金は、GoogleマップやiPhone純正のマップアプリで経路を検索すれば表示してくれます。高速道路の管理・運営をしているNEXCOのホームページからも検索可能です。ただし、割引が充実しているので、日程に余裕があるなら割引を利用できるような予定を立てるのがおすすめです。代表的な割引もご紹介するので、下記を参考にしてみてください。

割引 詳細
平日朝夕割引
  • 平日の6:00〜9:00・17:00〜20:00の利用が対象(入口・出口のどちらかを対象時間内に通過)
  • 東京・大阪近郊の区間は対象外
  • ETCマイレージサービスへの加入が必要
  • ETCの利用が必要
  • 1日から末日までの1か月で、最大100km分に適用
  • 利用回数5〜9回:約30%分還元
  • 利用回数10回以上:約50%分還元
  • 同日に何度も高速道路に出入りした場合、朝・夕それぞれの時間帯で最初の1回の利用時に適用
  • 休日割引・深夜割引が適用される場合、平日朝夕割引は適用されない
  • ETCマイレージサービス上で、翌月20日に無料通行分が付与される
  • 付与日以降の高速道路使用時に利用可能
休日割引
  • 普通車・軽自動車・二輪車が対象
  • 土曜日・日曜日・祝日が対象(入口・出口のどちらかを対象日中に通過)
  • 東京・大阪近郊の区間は対象外
  • ETCの利用が必要
  • 利用料金が30%割引
深夜割引
  • 毎日0:00〜4:00の利用が対象(入口・出口のどちらかを対象時間内に通過)
  • 京葉道路・横浜横須賀道路・横浜新道・第三京浜道路以外の高速道路が対象
  • ETCの利用が必要
  • 利用料金が30%割引

参考:ETC割引・各種割引|ドラぷら(NEXCO東日本)

ETCマイレージサービスとは?
ETCの通行料金に応じたポイントが付与されるサービス。年会費・登録料は無料です。

参考:ETCマイレージサービス|ETCマイレージサービス

利用前に傷やへこみを確認

利用前に傷やへこみを確認

利用前にレンタカーに傷やへこみがないか必ず確認しましょう。会社側も傷は確認していますが、把握漏れしている場合もあります。自分がつけた傷やへこみではないのに修理費用を求められるトラブルも発生しているので、写真で証拠を残しておくのがおすすめです。また、確認の際にはレンタカー会社の社員にも立ち会ってもらいましょう。

発進前にしっかり操作方法を確認

発進前にしっかり操作方法を確認

レンタカーを利用するときは、普段乗り慣れていない車種に乗るケースが多いので、必ず発進前に操作方法を確認しましょう。特にギアの切り替えのような、慣れで操作している部分は間違えやすいです。

例えば、プリウスのシフトレバーでは中立ポジションが採用されているのが特徴。どのギアにチェンジしても、必ずシフトレバーが真ん中に戻ってきます。そのため、ギアに応じてシフトレバーの位置が変わる車に乗っている方だと、どのギアに入っているのかわからず、操作を間違えるケースが多いです。

編集部

普段自動車に乗る機会が多い方ほど、操作を間違えやすいのも要注意なポイント。運転に慣れているからと油断せず、必ず操作方法を確認しましょう。

キャンセル料は1週間前から発生、当日キャンセルは避ける

キャンセル料は1週間前から発生、当日キャンセルは避ける

レンタカーのキャンセル料は、利用日まで1週間を切ったタイミングで有料になるケースが多いです。キャンセルのタイミングが直前になるほど高額になるので、もし予定が変わりそうなら早めにキャンセルするのがおすすめ。連絡なしの場合は当日キャンセルと同等の料金がかかるため、必ず連絡しましょう。キャンセル料は会社によって違いますが、相場は以下の表を参考にしてみてください。

キャンセル料の相場
  • 利用日まで1週間以上:無料
  • 利用日まで3〜6日:料金の20%
  • 利用日まで1〜2日:料金の30%
  • 当日・連絡なし:料金の50%

事故に遭ったらレンタカー会社に連絡

事故に遭ったらレンタカー会社に連絡

事故に遭ったときは、レンタカー会社の保険を利用するのでレンタカー会社に連絡をしましょう。ただし、レンタカー会社に連絡するのは落ち着いてからで問題ありません。具体的には以下の手順で対応しましょう

  • 事故に遭ったときの対処
  • STEP.1
    安全な場所に停車する
    事故に遭ったときはすぐに停車する必要があります。ただし、二次的交通事故を引き起こさないように、安全な場所に車を停めるように心がけましょう。
  • STEP.2
    怪我人の救護・危険防止措置
    怪我人がいる場合はすぐに救護活動をし、救急車を呼びましょう。救護活動をしなかった場合は救護義務違反になり、罰金・懲役が科される可能性があります。また、状況に合わせて発煙筒を利用して二次的交通事故を防ぐのも大切。同乗者や通行人がいる場合は協力を求めましょう。
  • STEP.3
    警察に連絡
    交通事故を起こしたときは警察に届け出ないと懲役・罰金が科される可能性があります。保険を利用するために必要な交通事故証明書も警察に届け出をしないと発行できません。
  • STEP.4
    レンタカー会社へ連絡
    警察や救急車への連絡が終わったらレンタカー会社に連絡します。その後の手続きはレンタカー会社が指示してくれるので従いましょう。
  • STEP.5
    病院に行く
    自分も怪我をしている場合は、できるだけ早めに病院に行きましょう。事故から時間が経過して病院に行くと、自分の治療費に対して保険が利用できなくなるケースがあります。

【初心者以外】レンタカーで借りられるその他のおすすめ車種

レンタカーで借りられる初心者の方以外におすすめな車種を紹介します。レンタカーでは燃料の入れ間違いによるトラブルも起きているので、車種ごとにどんな燃料を入れればいいかも解説します。

かっこいい車に乗りたいなら「高級車」がおすすめ

かっこいい車に乗りたいなら「高級車」がおすすめ

普段乗らない車種に乗ってみたいなら高級車がおすすめ。自分で購入するのが難しい高級車にも、レンタカーなら気軽に乗れます。高級車は見た目だけでなく乗り心地も抜群。加速の滑らかさやシートのフィット感が優れているため、長距離ドライブでも疲労感がありません。

また、高級車の購入を検討している方にもおすすめ。乗り心地を確かめてから購入できます。

ただし、高級車のレンタルは高額なのがデメリット。1日あたり15,000~25,000円程度と、軽自動車の2~3倍程度の料金がかかります。さらに、25歳以上・免許取得から3年以上といった、年齢・免許期間を条件にしているケースもあるため、利用できる条件をしっかり確認しましょう。

編集部

輸入車・外車は左ハンドルなので、日本車とは操作が違う点も要注意です。また、ハイオク仕様の車種が多いので、どのガソリンを入れればいいかも確認しましょう。
高級車を取り扱っているレンタカー会社
  • トヨタレンタカー:86・GRヤリスなど
  • オリックスレンタカー:BMW・ポロなど
  • 日産レンタカー:エクストレイル・スカイラインなど

引越しのような荷物をたくさん積むのが目的なら「軽トラック」がおすすめ

引越しのような荷物をたくさん積む方には「軽トラック」がおすすめ

引越しのような荷物を大量に運ぶ・大きい荷物を運ぶのが目的なら軽トラックがおすすめ。座席は2人分しかありませんが、荷台の積載量が多く、積み下ろしも楽にできます。また、車体が小さく小回りが利くので運転しやすいです。

普通自動車免許で運転でき、特別な免許が不要なのもメリット。気軽にレンタルできます。ただし、軽トラはマニュアル車・オートマ車の両方があります。マニュアル車の場合、オートマ限定の免許では運転できません。どちらの種類をレンタルするのか予約時にしっかり確認しましょう。

また、荷物の積み方を間違えると事故の原因になる点も要注意。軽トラックに荷物を積むときは、以下のポイントをチェックして安全に走行しましょう。

軽トラに荷物を積むときの注意点
  • 最大積載量350kg
  • 荷物はロープ・シートで必ず固定する
  • 車体の横に荷物をはみ出させない
  • 後ろへのはみだしは全長の1割以下にする
  • 高さは地面から2.5m以下
  • 人を荷台に乗せない

編集部

一部の車種を除き、軽トラはレギュラーガソリンで動きます。間違えて軽油を入れてしまう方も多いので、間違えないように注意しましょう。
軽トラを取り扱っているレンタカー会社
  • ニコニコレンタカー
  • タイムズカーレンタル
  • ガッツレンタカー

関連記事:引っ越しにも使いやすい軽トラレンタルサービスおすすめ9選!オートマ可や激安のサービスも

大人数での旅行なら「マイクロバス」がおすすめ

大人数での旅行なら「マイクロバス」がおすすめ

大人数の団体旅行ならマイクロバスがおすすめ。マイクロバスは乗車定員が最大29人で、大人数をまとめて運べます。

ただし、運転には中型免許・大型免許が必要な点は要注意。免許証の「免許の条件等」の欄に「中型車は中型車(8t)に限る」と記載されている場合も、マイクロバスは運転できません。マイクロバスは大きくて操作が難しく、運転できる人も限られます。運転する際は定期的に休憩をとってゆとりをもって運転し、事故を予防しましょう。

編集部

マイクロバスは軽油で動くディーゼル車が多いです。一部ガソリンで動く車種もあるので、必ず事前に確認しましょう。
マイクロバスを取り扱っているレンタカー会社
  • ニッポンレンタカー
  • タイムズカーレンタル
  • オリックスレンタカー

キャンプを楽しみたいなら「キャンピングカー」がおすすめ

キャンプを楽しみたいなら「キャンピングカー」がおすすめ

キャンプのようなアウトドアアクティビティを楽しみたいならキャンピングカーがおすすめ。テレビ・冷蔵庫・トイレなどの設備が充実していて、キャンプ場でも快適に過ごせます。テントで過ごすとなると、女性・子どもは安全面で不安を感じる場合もありますよね。キャンピングカーは鍵をかけられるので、夜間や着替えのときも安全です。

キャンピングカーの車両価格は小型でも400万円程度、大型だと1,000万円を超え、高額な維持費もかかります。キャンピングカーのレンタル料金は1日2万~3万円と軽自動車に比べると高いですが、キャンピングカーを所有したときにかかる費用に比べるとはるかに安いです。キャンプに行くのが月に1回程度なら、レンタルの方がコスパが高いです。

編集部

キャンピングカーには軽油で動くディーゼル車と、ガソリンで動くガソリン車の2種類があります。違う燃料を入れてしまうと故障につながるので、事前にどちらの燃料を入れればいいか確認しましょう。
キャンピングカーを取り扱っているレンタカー会社
  • バジェットレンタカー
  • ニコニコレンタカー

レンタカーの関連商品

レンタカーでドライブを快適に楽しむために、用意しておくべき関連商品をご紹介します。安全に関わるアイテムもあるので、レンタカー利用日までに揃えておきましょう。

運転に慣れていない方でも安心して運転できる「初心者マーク」

運転に不慣れな方は初心者マークを用意しましょう。レンタカー会社が貸してくれる場合もありますが、自分で用意しておけば安心です。レンタカー利用時は初めての道を走るケースが多いので、運転に慣れている方でも初心者マークを付けておくのがおすすめです。

初心者マークにはマグネットタイプ・吸盤タイプ・ステッカータイプの3種類があります。ステッカータイプは着脱が大変なので、レンタカーに使用するならマグネットタイプ・吸盤タイプがおすすめです。

スマホの充電に必要な「カーチャージャー」

レンタカーにはUSB端子がないケースが多いので、カーチャージャーを用意しましょう。カーチャージャーがあればシガーソケットからスマホに給電でき、ナビをスマホアプリに頼る場合でもバッテリー切れの心配がありません。

カーチャージャーの中には、FMトランスミッタータイプもあります。FMラジオでスマホ内の音楽を流せるので、Bluetooth非対応の車種でも手軽に音楽・ナビ音声を車のスピーカーから再生できます

関連記事:テレビや車で使える!Bluetoothトランスミッターおすすめ18選|音質や遅延もチェック

車を汚さないために必要な「車内用ゴミ箱」

レンタカーの中を汚さないために、車内用ゴミ箱を用意しましょう。ゴミを無造作に置いておくと、運転中に足元に転がってきて操作ミスの原因になる可能性も。安全性を高めるためにも車内はきれいに保つのが大切です。

車内用ゴミ箱には吊り下げタイプ・床置きタイプ・ボトルタイプ・ドアポケットタイプなどがあります。車内用ゴミ箱の選び方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

関連記事:皆はどうしてる?車内用ゴミ箱おすすめ30選!大人女子から人気のかわいい商品も登場

レンタカーのよくある質問

レンタカーのよくある質問

レンタカーのナンバープレートの特徴は?

レンタカーのナンバーは「わ」ナンバーが多いです。まれに「れ」ナンバーの車もあります。レンタカーに乗っている方はその地域の道に慣れていない場合が多いので、レンタカーのナンバーを見たら車間距離をしっかりあけておきましょう。

レンタカーにマニュアル車はある?

マニュアル車もあります。しかし、マニュアル車は需要が少なく、オートマ車が圧倒的に多いです。店舗によってはマニュアル車の扱いがないケースもあるので、あらかじめ確認しましょう。

任意保険のロードサービスはレンタカーでも利用できる

利用できません。ロードサービスは契約している車のみ対象です。

支払い方法がクレジットカードのみのレンタカー会社が多いのは何故?

車の盗難を防ぐためです。身分証だけでは偽造される可能性がありますが、クレジットカードで決済すれば、万が一トラブルがあっても金額の回収が簡単です。また、クレジットカードを所持していること自体が信用力の高さの証拠にもなります。

レンタカーでタバコを吸ってもいい?

あらかじめ喫煙車を予約しておく必要があります。喫煙車は減少していて、喫煙禁止のレンタカー会社も多い点は要注意です。

おすすめレンタカーまとめ

レンタカーを利用すれば、旅行先でさまざまなスポットに行けます。税金や車検費用を支払う必要がないので、日常的にレンタカーを利用する場合でも、使用頻度が少ないなら自動車を購入するよりお得なケースも。

  • 地域・シーズンごとの値段・相場をチェック
  • レンタルする期間に合ったサービスを選ぶ
  • 利用しやすいサービスかチェック
  • 特殊な利用が目的ならレンタルできる車種をチェック
  • 各種割引やクーポンなど安く借りられる制度があるかチェック

以上のポイントを参考に、自分に合ったレンタカー会社を選びましょう。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー