【使いやすさ抜群】ロールペンケースおすすめ12選!革・布製などおしゃれな商品も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

出典:rakuten.co.jp

革や布をくるりと巻いて、ペンを収納できる「ロールペンケース」。上品な印象の革製や、カラフルなデザインの布製の商品があり、デザイン性が高いのが魅力です。

しかし、いざロールペンケースを購入したくても「おしゃれなデザインの商品が欲しい」「ペンだけでなく、ハサミや消しゴムなどの文房具も一緒に収納できるものはある?」など、選び方に悩みますよね。

そこで本記事では、ロールペンケースのおすすめ商品12選をご紹介。選び方を始め、ロールペンケースを販売している人気ブランドについても徹底解説しています。購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

そもそもロールペンケースとは?使うメリットや魅力は?

そもそもロールペンケースとは?使うメリットや魅力は?

出典:rakuten.co.jp

そもそもロールペンケースとは、布や革をくるくると巻いて収納するペンケースのこと。丸めることでコンパクトな形状になり、ペン類をスマートに持ち運べます。

とはいえ、くるくると巻いて収納しなければならないため、使いにくいというイメージを持っている人も多いはず。たしかに、ファスナーなどのペンケースに比べると開閉に手間がかかります。

しかし、ロールペンケースは中にペンホルダーや仕切りが複数備わっており、目当てのペンを見つけやすいのがメリットです。「なかなか使いたいペンが出てこない・取り出せない」といった小さなストレスを解消できますよ。

編集部

ペンホルダーを使うことで、大事なペン同士が接触せず傷付きにくいのも大きなポイント!高価な万年筆やボールペンを持ち運びたい人にもおすすめのアイテムです。

関連記事:【安い〜高級まで】万年筆おすすめ30選!使い方・インクの入れ方も解説

関連記事:もらって嬉しい!プレゼントにおすすめの男性向けボールペン人気ランキング15選

ロールペンケースの選び方

ここでは、ロールペンケースの選び方について解説します。

まずは「素材」をチェック!好みの使用感・見た目にこだわろう

ロールペンケースには、本革製やデニム・帆布などの布製の商品があります。それぞれ使用感や見た目が異なるので、好みのものを選びましょう。

高級感のある「本革(レザー)」。耐久性があり長く愛用できる

高級感のある「本革(レザー)」。耐久性があり長く愛用できる

出典:amazon.co.jp

シンプルで飽きのこないロールペンケースが欲しい人は「本革(レザー)」の商品をチェック。革製ならではの艶を放ち、高級感があります。上品で洗練された大人の印象を与えられるので、ビジネスシーンにもおすすめです。

本革は使い込むほど生地が馴染み、色が変わっていくのも魅力。耐久性も高いため、経年変化を楽しみながら、長く愛用できますよ。価格は安いものだと3,000円ほど。高いものだと1万円以上する商品もあります。

ちなみに本革は水に濡れるとシミができてしまうため、机の上で使用する際は、飲み物の水滴などに注意しましょう。

帆布やデニムなどの「布製」は、おしゃれ・かわいいデザインも豊富

帆布

帆布やデニムなどの「布製」は、おしゃれ・かわいいデザインも豊富

出典:rakuten.co.jp

デニム

帆布やデニムなどの「布製」は、おしゃれ・かわいいデザインも豊富

出典:rakuten.co.jp

おしゃれでかわいいロールペンケースが欲しいなら「布製」の商品がぴったり。布製のロールペンケースは、デニム素材や帆布(キャンバス)で作られている商品が主流です。どちらも綿素材を主流とした柔らかい&丈夫な生地で、扱いやすいのが魅力。価格も1,000〜3,000円ほどとリーズナブルなため、学生にもぴったりです。

布製は、赤・黄色・水色などカラーバリエーションが豊富に用意されているのもポイント。「持ち歩く小物は自分の好きな色で揃えたい・気分が上がる色がいい」など、カラーにこだわりがある人は要チェックです。

また、デニム素材のものは、さまざまなデザインの生地を張り合わせたパッチワーク・ストライプ模様が特徴のヒッコリーなど、個性を引き出せるのが特徴。ユニセックスなデザインなので、男性・女性どちらにもおすすめですよ。

関連記事:【人気モデル多数】ラミーボールペンおすすめランキング15選!互換性のある替え芯も

収納したいペンの本数・文具に合わせて、ペンホルダーや仕切りの数を確認

ペンホルダーのみ

収納したいペンの本数・文具に合わせて、ペンホルダーや仕切りの数を確認

出典:rakuten.co.jp

仕切りポケット付き

収納したいペンの本数・文具に合わせて、ペンホルダーや仕切りの数を確認

出典:rakuten.co.jp

ロールペンケースは、商品によって仕切りの幅や個数が異なります。ペン1本のみが入るペンホルダーや、ペン以外の文具も収納できる仕切りポケットがあるため、持ち歩くペンの本数や文具に合わせて選びましょう。

お気に入りのペンを持ち歩くなら、ペンホルダー付きの商品がおすすめです。1本ずつ収納できるため、ペンに傷が付きにくいのが大きなメリット。ペンホルダーのみのタイプは、だいたい4〜5本のペンを収納できます。

一方、ハサミ・定規・消しゴムなども持ち歩きたい人は、ペンホルダーよりも幅広い仕切りポケット付きが使いやすいですよ。大きめの仕切りポケットなら、マーカー類・ボールペン類など、ペンの種類ごとにまとめられるのも便利なポイント。ロールペンケースの横幅によって異なりますが、7〜10本ほどのペンを収納できます。

関連記事:【1万円以上も】書きやすい高級シャーペンおすすめランキング21選!人気ブランドも

関連記事:おしゃれ&書きやすい多色ボールペンおすすめ20選!カスタマイズ可能・高級モデルも

「紐 or スナップボタン」留め具の種類も要チェック

「紐 or スナップボタン」留め具の種類も要チェック

出典:amazon.co.jp

スナップボタン

「紐 or スナップボタン」留め具の種類も要チェック

出典:amazon.co.jp

ロールペンケースを選ぶ際は、留め具の種類にも注目しましょう。留め具には、紐タイプ・スナップボタンタイプがあります。

ペンをたくさん入れて持ち運びたい人は、紐タイプがおすすめ。紐が長めに設計されているため、たくさんペンを入れて本体に厚みが出てしまっても、ぐるぐる巻き付けて固定できるのがメリットです。金属パーツなどを使用しておらず、見た目がスマートなのも人気の理由。

一方スナップボタンは、カチッとボタンを留めるだけと手間がかかりにくいのが魅力です。アジャスターや、スナップボタンが2〜3個付いているものなら、ペン収納時の厚みに合わせて、数段階サイズ調整ができますよ。

使い勝手の良い「フラップ・サイドポケット付き」も便利

使い勝手の良い「フラップ・サイドポケット付き」も便利

出典:amazon.co.jp

ロールペンケースには、ペンホルダーや仕切りポケットのほかに「フラップ」や「サイドポケット」と呼ばれる機能が備わっているものもあります。

フラップは、ペンスリーブの上部に付いており、収納したペンの上部を覆えるのが特徴。ロールペンケースをバッグに収納したり、取り出したりする際に、ペンの飛び出しを防げるのがメリットです。また、本体を丸めたときにペン同士が当たりにくいため、ペンに傷が付きにくいのもポイント。

また、ケースの端に付いているサイドポケットも便利な機能。間口が大きく開くものが多く、ペンホルダーに入らないメモ帳やシール、付箋などを収納するのに最適です。ペン以外のアイテムをひとまとめにしたい人は、サイドポケット付きの商品がおすすめですよ。

ロールペンケースおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格素材仕切りの数サイズ(縦×横)留め具重量フラップの有無
STAEDTLER(ステッドラー)ロールペンケース¥4,950 楽天市場AmazonYahoo!本革3つ20.0×29.2cm91gあり
土屋鞄 ロールペンケース¥13,200 楽天市場AmazonYahoo!オイルヌメ革5つ19.2×20.1cm60gあり
FOOTAN ロールペンケース¥2,700 楽天市場AmazonYahoo!牛革5つ18.4×29.3cm-あり
PILOT(パイロット)ロールペンケース楽天市場¥6,224 AmazonYahoo!牛革5つ縦17.0cm-あり
DELFONICS(デルフォニックス)ロールペンケース¥1,760 楽天市場AmazonYahoo!コットン7つ20.2×25.0cmスナップ-あり
SLIP-ON(スリップオン)ロールペンケース¥7,480 楽天市場AmazonYahoo!本革4つ18.9×20.0cm75gあり
BLUE SINCERE(ブルーシンシア)ロールペンケース¥3,399 楽天市場AmazonYahoo!牛革3つ20.0×29.0cm110gあり
ブースターズ ロールペンケース¥5,500 楽天市場AmazonYahoo!牛革4つ17.0×22.8cm85gあり
TEESFACTORY ロールペンケース KURUPE¥2,490 楽天市場AmazonYahoo!PVCレザー5つ23.0×29.0cmゴム-あり
和気文具 ロールペンケース¥14,300 楽天市場AmazonYahoo!栃木レザー3つ19.0×28.3cm107gあり
i-stock CLUB(アイ・ストック・クラブ)ロールペンケース Trance Pocket¥6,160 楽天市場AmazonYahoo!牛本革3つ20.2×28.0cmスナップ75gあり
sweetsweetshop ロールペンケース¥880 楽天市場AmazonYahoo!帆布5つ19.5×23.5cm-あり

ロールペンケースおすすめ人気ランキング12選

ロールペンケースのおすすめ人気メーカー

ロールペンケースを扱っている、おすすめのメーカーを紹介します。

本革をリーズナブルに購入できる「ステッドラー」

「ステッドラー」は、創業182年の歴史を持つドイツの老舗文具メーカーです。鉛筆やシャーペンなどの筆記具のほか、製図用品などの販売もおこなっています。

ステッドラーのロールペンケースは、牛本革を使用したシンプルな商品。革の風合いを生かしたベーシックなカラーを展開しています。本革ながら、3,000~5,000円前後とリーズナブルな価格で購入できるのも魅力。大人っぽいロールペンケースを、手軽に試したい人におすすめのブランドです。

高品質で長く愛用できる「土屋鞄」

1965年に東京で創業した「土屋鞄」。ランドセル職人が立ち上げた工房で、何年も使える丈夫で高品質なバッグなどを製造しています。

土屋鞄のロールペンケースは、アンティークな風合いと柔らかな手触りが特徴。丈夫な革にオイルをたっぷりと染み込ませた「オイルヌメ革」を使用することで、使い始めからしっとりとした巻きやすい商品に仕上げています。価格は1万3,000円前後。入学・入社祝いや自分へのご褒美に購入する人も多いですよ。

デニムを使ったおしゃれな商品なら「ラダイト」

「ラダイト」は、ペンケースやブックカバーなどのステーショナリーの企画・卸をおこなうメーカーです。倉敷帆布や岡山デニムを中心とした素材を使い、商品を展開しています。

ラダイトのロールペンケースは、岡山デニムを使用した個性的なデザインが特徴。2,000円以下で購入でき、カジュアルな見た目で学生からも人気を集めています。人と被らないロールペンケースを探している人は、ぜひチェックしてみてください。

ビビットなカラーが目を引く「デルフォニックス」

日本発の文具ブランド「デルフォニックス」。オリジナルのステーショナリーや、雑貨の企画・販売をおこなっています。ノートの「ロルバーン」でも有名なメーカーです。

デルフォニックスのロールペンケースは、ビビットなカラーが魅力。帆布を使用した商品は柔らかく、たくさんペンを収納しても丸めやすいのが特徴です。価格は1,500円とリーズナブルなので、初めてロールペンケースを購入する人にもおすすめですよ。

絵を描く人は色鉛筆専用の大容量ロールペンケースもチェック

絵を描く人は色鉛筆専用の大容量ロールペンケースもチェック

出典:rakuten.co.jp

ロールペンケースには、色鉛筆や鉛筆のみを収納できる商品も販売されています。24色・36色・48色など、サイズ展開を選べる商品が多いため、気になる人はチェックしてみましょう。授業で絵を描く学生さんはもちろん、子供用の色鉛筆ケースとしてもおすすめです。

関連記事:大人の趣味に◎色鉛筆セットおすすめ20選!ファーバーカステルやダーウェントも紹介

関連記事:【初心者も楽しめる】水彩色鉛筆おすすめ10選!基本の使い方・書き方も紹介

ロールペンケースは自作できる?作り方を紹介

ロールペンケースは自作できる?作り方を紹介

出典:rakuten.co.jp

ロールペンケースは、布があれば簡単に手作りができます。今回は、型紙なし・手縫いで作れる「1枚布のロールペンケース」の作り方を紹介します。

材料
  • 76×32cmの厚手の布(帆布やデニムなど)
  • 44cmの紐
  • はさみ・針・糸
ロールペンケースの作り方
  1. 布を半分に折りたたみ、38×32cmの大きさにする。
  2. 布の左または右側の半分の位置(19cm)に、紐を仮止めする。
  3. 返し口5cmを残し、布を縫い合わせる。
  4. 布を裏返し、上下のみ2mmほど内側を縫う。
  5. 上部を6cm、下部を11cm折る。
  6. 2mmほど内側を、ぐるりと一周縫い合わせる。
  7. ペンホルダーを2~8cmほどで好みの幅になるように、上からステッチをかける

ロールペンケースを作る際には、帆布やデニムなどの厚手の布を使うのがポイントです。シーチングなどの薄手の布を使う場合は、中に接着芯を入れるとGOOD。より手軽に作りたいなら、手作りキットを利用するのも良いですよ。

ロールペンケースの関連商品

ペンケースに入れるなら「コンパクトはさみ」

たたむとスティックのようになる「コンパクトはさみ」。通常のはさみは持ち手がかさばりますが、コンパクトはさみなら、ロールペンケースにもすっきりと収まります。かわいいカラー展開の商品が多いのも魅力です。

コンパクトはさみを購入するなら、セーフティキャップが付いているものがおすすめ。安心して持ち運びができますよ。

長い定規も持ち運べる「折りたたみ定規」

コンパクトにたためる「折りたたみ定規」。中央から二つ折りにでき、最大30cmの定規になる商品が多いです。15cmほどのサイズになるので、ロールペンケースの上から出てしまう心配もありません。

小さい文字も消しやすい「スティック消しゴム」

ロールペンケースにもすっぽりと収まる「スティック消しゴム」。通常の消しゴムよりもスリムな形状が特徴です。持ち運びに便利なだけでなく、小さい文字を消しやすいのもメリット。小さな筆箱に入れてもかさばりにくい消しゴムが欲しい人は要チェックです。

ロールペンケースのよくある質問

ロールペンケースは無印良品でも購入できますか?

無印良品では、2024年1月現在、ロールペンケースの販売はありません。しかし以前には、帆布や革製の商品が販売されていたため、今後の販売に期待しましょう。

ロールペンケースは、ダイソーやセリアなどの100均でも販売していますか?

ダイソーやセリアなどの100均では、ロールペンケースの販売はありません。100均には布や紐が豊富なため、手作りする際の材料を購入するのにおすすめです。

おすすめロールペンケース まとめ

ロールペンケースの選び方のポイント
  • 高級感のあるものが欲しいなら「革製」
  • おしゃれでかわいい商品が欲しい人は「布製」
  • ペンを傷付けたくない人は「ペンホルダーのみ」の商品をチェック
  • ペンや文具などをまとめて持ち歩きたいなら「仕切りポケット付き」がおすすめ
  • ペンの落下を防ぐ「フラップ」や、メモ帳などを収納できる「サイドポケット」もあると便利

ロールペンケースは、ペンの取り出しやすさを重視する人や、きれいに収納したい人にとって便利なアイテム。革製ならスマートな印象を与えられ、布製なら柔らかく使い勝手が良いなど、素材によって使い心地が変わります。本記事を参考に、お気に入りのロールペンケースを見つけてくださいね。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー