【吉鉄やクマ武も】スノーダンプおすすめ15選|小型から特大型まで最強の一品を紹介

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

スノーダンプおすすめ

スノーダンプは豪雪地帯の雪かきに欠かせないアイテム。たくさんの雪を一気に運べるので、除雪作業の効率アップに最適です。普段はそれほど雪が積もらない地域でも突然の大雪に備えておくと安心できるため、一家に一台は備えておくことをおすすめします。

でも、いざスノーダンプを購入するとなると、鉄製やプラスチック製など種類が多くてどれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。また、人気のメーカーや売れ筋商品も気になるところです。

そこでこの記事では、スノーダンプの選び方や最新の売れ筋ランキングなどの情報を徹底解説。記事の後半では、家庭でできるお手入れ・修理の方法や収納アイデアを紹介します。これからスノーダンプを購入する人にとって必見の内容になっているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スノーダンプの選び方

スノーダンプの選び方

では早速、スノーダンプの選び方を紹介します。選ぶときに注目したいポイントを、素材・皿のサイズ・柄の長さ・収納性の4点に分けてまとめてみました。一つずつ解説していくので一緒に見ていきましょう。

雪の量や扱いやすさを考慮して素材を選ぶ

スノーダンプにはさまざまな素材が使われており、それぞれに特徴が異なります。降雪量や雪質、扱いやすさなどを考慮して、自分に合う素材を選ぶことが大切です。

豪雪地帯やドカ雪が降る地域には「ステンレス・鉄製」がベスト

豪雪地帯やドカ雪が降る地域には「ステンレス・鉄製」がベスト

出典:amazon.co.jp

数十cm単位の積雪が日常的な豪雪地帯には、耐久性に優れたステンレスや鉄製がおすすめです。ずっしりと重い雪を載せても壊れにくく、一度に大量の雪を運ぶことが可能。固まった雪に突き刺したり氷を運んだりと、ハードな除雪作業も余裕でこなせます

ただし、ステンレスや鉄は重くなりがちで、商品によっては5kgを超えるものも。力に自信がない人にはやや不向きです。また、プラスチック製に比べて値段も高めですが、一度購入すれば何年も使えるので長期的に見ればお得感があります。

積雪量が多めで使いやすさを求めるなら「アルミ製」がおすすめ

積雪量が多めで使いやすさを求めるなら「アルミ製」がおすすめ

出典:rakuten.co.jp

アルミ製のスノーダンプは、丈夫で軽量に作られているのが特徴。本体が軽いので雪をたくさん載せても負担になりにくく、使いやすさがバツグン。積雪量が多めの地域や屋根の雪下ろし用に適しています。また、サビにくいのもアルミ製の利点です。

耐久性と軽量性のバランスのよさが魅力のアルミ製ですが、鉄やステンレスに比べると強度はやや劣ります。硬い雪の切り崩しや圧雪した雪に突き刺すよりも、軽めの雪をサクサクと片づけたいシーンにうってつけでしょう。

雪がさほど積もらない場合は軽量な「プラスチック製」でOK

雪がさほど積もらない場合は軽量な「プラスチック製」でOK

出典:rakuten.co.jp

積雪量が少ない地域でも、急な大雪に備えてスノーダンプを用意しておきたい人には、プラスチック製がおすすめです。軽量で扱いやすく、子供からお年寄りまで使う人を選ばないのがメリット。低価格な商品が多く、安いものなら5,000円以下で購入できます。

ただし、プラスチック製は他の素材に比べて耐久性が低いため、壊れやすいデメリットも。長時間の雪かきが日常的な地域にはあまり向きません。また、硬い雪に突き刺すと壊れやすいので、ハードに使いたい人は先端がポリカーボネートで強化されているものを選んでみてくださいね。

皿の大きさや形状をチェック

スノーダンプの皿の大きさは、一度に運べる雪の量や扱いやすさに直結する重要なポイント。大きすぎても小さすぎても使いづらいので、使う人の体力や効率を考えて選びましょう。

体力に自信がある人は特大・大型の皿で効率よく運ぼう

体力に自信がある人は特大・大型の皿で効率よく運ぼう

出典:rakuten.co.jp

特大サイズや大型のスノーダンプは、一度にたくさんの雪を載せて運べるのがポイント。雪を捨てる場所との往復回数を減らせるため、効率よく除雪したい人に最適です。

ただし、大型の皿に雪を山積みにすると、当然ながらずっしりと重くなります。力に自信がない人が運ぼうとするとなかなか進まず、かえって時間がかかることに。重いものをラクラクと運べる、体力に自信がある人におすすめです。

女性や子供には皿が小さい小型サイズがおすすめ

女性や子供には皿が小さい小型サイズがおすすめ

出典:rakuten.co.jp

女性や子供、シニア層などの体力に自信がない人には、小型サイズの皿がおすすめです。「ママさんダンプ」と呼ばれる一部の商品は、幅が50cm以下のスリムタイプもあります。あまり力がない人は、雪を少しずつ運んで何度も往復した方が効率アップできるでしょう。

また、小型のスノーダンプは取り回しがよく、狭いスペースの除雪がしやすいメリットも。収納性も高いので、あえて小型サイズを選ぶのも選択肢の一つです。

硬い雪質には「平底型」、たくさん運ぶなら「船底型(深型)」が最適

硬い雪質には「平底型」、たくさん運ぶなら「船底型(深型)」が最適

出典:rakuten.co.jp

スノーダンプの皿の形状は、底面がフラットな平底型とカーブを描いた船底型の2タイプがあります。平底型は力が入れやすく、硬い雪を切り崩すのにぴったり。平らで雪滑りがよいので、屋根の雪下ろしにも向いています。

一方、船底型は地面との接地面積が少ないことから、雪を積んだまま移動する使い方に最適です。一度に掲載できる雪の量も多く、さらに深型タイプであればたくさんの雪を一気に片づけられます。

使う人の体型に適した柄の長さを選ぶ

使う人の体型に適した柄の長さを選ぶ

意外と見落としがちですが、スノーダンプは柄の長さも重要です。身長が低い人にとって柄の長いタイプは扱いづらく、逆に背が高い人は柄が短いと腰をかがめて使わなければなりません。

スノーダンプの柄は100cm程度から長くても150cm以下と幅があるため、使う人の体形に合わせて選びましょう。商品によっては柄の長さを調整できるタイプもあり、家族で使う場合におすすめです。

収納性を重視するなら折りたたみ式もアリ

収納性を重視するなら折りたたみ式もアリ

出典:rakuten.co.jp

スノーダンプは小型モデルでもそこそこ場所を取るため、収納性も見逃せません。シーズン中はどこに置いておくのか、玄関先や内側に置き場所があるのかを確認し、収納スペースに見合うサイズのものを買う必要があります。

くわえてシーズン終了後の収納場所も要チェックです。物置やガレージなどに収納可能かどうか、直置きするか壁に掛けるかなどを検討し、できるだけ収納しやすいものを選びましょう。収納性を重視するなら、折りたたみ式のスノーダンプもおすすめです。

スノーダンプおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格サイズ重量皿の素材皿の形状折りたたみその他機能
アイリスオーヤマ 雪離れのよい除雪ダンプ N130¥7,980 楽天市場AmazonYahoo!58×131cm(幅×奥行)4.3kg-船底型不可-
山谷産業 村の鍛冶屋 くじら印スノーダンプ楽天市場¥9,350 AmazonYahoo!50.5×135×77cm(幅×奥行×高さ)5.2kgスチール船底型不可-
グリーンパル ママさんダンプ大¥8,779 楽天市場AmazonYahoo!58×130cm(幅×奥行)4.3kgポリエチレン船底型不可-
浅香工業 金象印 PCスノーカート¥9,200 楽天市場AmazonYahoo!58×132×71cm(幅×奥行×高さ)4.8kgポリエチレン船底型不可-
グリーンパル エンボスママさんダンプ¥7,500 楽天市場AmazonYahoo!47.5×128cm(幅×奥行)3.2kgポリエチレン船底型不可-
オギハラ工業 スノーブル¥15,180 楽天市場AmazonYahoo!52×55cm(幅×奥行×高さ)2.5kgアルミ平底型不可-
グリーンパル ママさんダンプ ミニ楽天市場確認中 AmazonYahoo!34.5×79cm(幅×奥行)1.0kgポリエチレン船底型不可-
吉鉄 スノーダンプ楽天市場¥14,400 AmazonYahoo!59.5×124×64..5cm(幅×奥行×高さ)6.0kg平底型不可-
JEJアステージ ポリカダンプ PCDー485¥8,010 楽天市場AmazonYahoo!48.5×106.5×55cm(幅×奥行×高さ)3.1kgポリカーボネート船底型不可-
オギハラ工業 スノーブル S型¥6,490 楽天市場AmazonYahoo!58×116cm(幅×奥行)5.0kgスチール平底型不可-
山田屋商店 スノーダンプ クマ武¥20,306 楽天市場AmazonYahoo!56×56.5×40.5cm(幅×奥行)4.7kgステンレス平底型不可-
アイリスオーヤマ ポリカブレード付き深型ダンプ¥7,480 楽天市場AmazonYahoo!59×132×40.5cm(幅×奥行×高さ)4.4kgポリプロピレン船底型不可-
コンパル TATAMU ダンプ¥10,773 楽天市場AmazonYahoo!48.5×125~135cm(幅×奥行)5.0kgポリエチレン船底型ハンドル3段階調整
山善 GARDENA 除雪スノーダンプ¥12,800 楽天市場AmazonYahoo!71.8×110×72.3cm(幅×奥行×高さ)5.0kgプラスチック平底型フレーム3段階調整
山谷産業 村の鍛冶屋 平型スノーダンプ No.0033楽天市場¥8,140 AmazonYahoo!52×117cm(幅×奥行)5.5kgスチール平底型不可-

スノーダンプおすすめ人気ランキング15選

スノーダンプのおすすめ人気メーカー・ブランド

業務用にも使われるほど頑丈な「吉鉄(オギハラ工業)」

「吉鉄」とは、雪深い新潟県妙高市で誕生したスノーダンプのブランドです。もともとは「吉鉄製作所」が製作していましたが、後継者不足に悩んだ同社の相談のもと、ライバル会社の「オギハラ工業」にブランドを譲渡。現在も根強い人気があり、全国に多数のファンを抱えています。

吉鉄のスノーダンプは、業務用にも使われているほど頑丈なのが特徴。皿の先端の鉄板を二枚重ねにし、ボルトやネジを使わず完全溶接のみで仕上げています。一生モノとして使えるアイテムが欲しい人は、検討してみてはいかがでしょうか。

ステンレス製で雪離れがバツグンの「クマ武(山田屋商店)」

「クマ武」は、新潟県十日町の「山田屋商店」で作られているスノーダンプのブランドです。世界でも有数の豪雪地帯で開発されたブランドで、2015年から2022年までの7年間で累計1,000万台を販売。全国各地の雪国で愛用されています。

オールステンレスのスノーダンプは、大・中・小の3サイズ。皿の先端に厚みを持たせているため、雪をザクザク切るような爽快感が魅力です。さらに雪離れもよく、地面の上をグングン押し進められて雪を捨てるのも簡単。積雪量の多い地域の人におすすめです。

撥水加工で雪がくっつきにくい「アイリスオーヤマ」

家電や家具、生活雑貨など幅広い商品が印象的な「アイリスオーヤマ」ですが、除雪用品も充実。スノーダンプはもちろん、雪かきスコップやスノープッシャーなどさまざまなアイテムを取り揃えています。

スノーダンプのラインナップは4種類ですが、なかでも注目したいのは「雪離れのよい除雪ダンプ N130 」。撥水加工が施されていて雪がくっつきにくいのがポイントです。長時間雪かき作業を続けるのに嬉しい機能なので、ぜひチェックしてみましょう。

昔ながらの定番スタイルが魅力の「村の鍛冶屋(山谷産業)」

「村の鍛冶屋」は新潟県燕三条を拠点とする「山谷産業」の刃物・アウトドア・DIY用品ブランド。ものづくりの町として有名な燕三条の技術を活かし、高品質でコスパのよい製品づくりが魅力です。

同ブランドのスノーダンプは、「くじら印の赤ダンプ」が人気商品。スチール製の赤いスノーダンプは昔ながらの定番型で、ちょっぴりレトロなテイストがおしゃれです。同時に視認性も高く、真っ白な雪景色の中で使うと目立つので、道路の雪かきをする人は使ってみてくださいね。

スノーダンプの手入れ方法・修理や補強するには

スノーダンプは一度購入したら数年使用することが多く、使い続けるうちに細かい傷が付きやすくなります。傷が増えると雪がくっつきやすくなり、破損やひび割れの原因になることも。

少しでも長く使い続けるなら、定期的なメンテナンスが欠かせません。ここでは、家庭でもできる簡単なお手入れ方法を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

雪がくっつかない!スプレーやワックスで手入れする

雪がくっつかない!スプレーやワックスで手入れする

2年目、3年目とスノーダンプを使い続けると、経年劣化によりどうしても雪がくっつきやすくなります。そんなときは、スノーダンプ用のスプレーがおすすめです。傷をコーティングして表面の滑りをよくしてくれるため、古いスノーダンプでも新品のような雪離れが復活します。

また、スチールやアルミなど金属製のスノーダンプには、スキー用のワックスやロウも効果大。特に昔ながらのロウを塗る方法は、豪雪地帯で今も活用されています。バーナーやストーブで皿を温めてからロウを塗り、一晩乾かしてから使いましょう。

スノーダンプを長持ちさせたい!自分でできる補強方法

プラスチック製のスノーダンプは金属製に比べて耐久性が低く、特にハンドルと皿の接合部分に劣化・破損が多く見られます。突然の故障を防ぐためにも、あらかじめ補強をしておくと安心です。

ホームセンターや生活雑貨店など、除雪用品を扱う店舗で補強金具が販売されているので、スノーダンプと併せて購入するのがおすすめ。幅広いメーカーに対応していますが、手持ちのアイテムに装着可能かどうか念のため確認してくださいね。

スノーダンプを修理するには?

スノーダンプが壊れてしまったら、買い替えるか修理に出すかで迷う人も多いでしょう。鉄やステンレスなどの金属製は、もともと何年・何十年と使えるほど丈夫に作られているものが多め。壊れてもすぐに買い替えず、修理に出しながら長く使い続けたいですね。

金属製のスノーダンプは、メーカーや購入店舗のほか、専門業者に修理を出すことも可能です。町の鉄工所や工務店で修理対応をしているところもあるので、問い合わせてみましょう。

また、金属製は細かい傷がたくさん付いたまま収納しておくと、サビてしまう場合があります。サビが付くと雪滑りが悪くなり、穴があく原因にもなるので、100均で買えるカラースプレーを吹き付けて細かい傷をカバーするとよいでしょう。

プラスチック製は修理が難しく、新品を購入する方が時間も費用も抑えられます。しかし、大雪が降るとホームセンターでも在庫がなくなり、今すぐ必要なのに新品が買えないという状況も珍しくありません。

軽度のひび割れや破損であれば、市販の補強用テープで応急処置をしながら対応できる場合があるので試してみてください。ネットの情報では半田ごてなどを使って自分で溶接している人も見られますが、慣れてない人は危険なので絶対に避けましょう。

スノーダンプの収納方法

スノーダンプの収納方法

スノーダンプは冬の間にしか使わないので、オフシーズン中の収納場所選びがとっても大事。できるだけ邪魔にならないよう、収納しておきたいですね。物置内のスペースに余裕があれば理想ですが、どうしても置き場所がないときは屋外で家に立て掛けておく方法も。日が当たると劣化しやすいので、遮光性のあるシートをかけておきましょう

また、ガレージがある家なら壁に掛けて収納するのもおすすめです。ホームセンターでガレージ用のフックが販売されているので、ぜひ活用してみてください。ダブルフックタイプであれば2つ並べてスノーダンプを掛けられるほか、雪かきスコップ掛けとしても使えて便利ですよ。

スノーダンプの関連商品

手持ちのダンプがタイヤ付きに変身する「スノーダンプ用タイヤ」

重い雪を何度も往復しながら捨てにいくのはかなりの重労働。そんなときは、手持ちのスノーダンプに取り付けられるタイヤがおすすめです。台車の感覚でスノーダンプを押せるので、たくさんの雪をラクに運べますよ。パイプを挟んで固定する仕様なので、幅広い商品に対応しているのも◎です。

新雪に効果的な電動タイプの「小型除雪機」

雪かきの作業を少しでもラクにしたい人は、電動の小型除雪機も検討してみてください。最近は軽量で扱いやすいモデルが増えており、力に自信がない人にもおすすめです。降り始めの雪やサラサラの新雪に効果的なので、スノーダンプと使い分けるとよいでしょう。

関連記事:【家庭用に人気の小型も】除雪機おすすめランキング15選! ホンダ・ヤマハも紹介

降雪量に合わせて使い分けたい「雪かきスコップ」

雪があまり降らない地域や軽い雪をサクサク掃くなら、雪かきスコップがあると便利です。定番の「スノースコップ」のほか、「雪はね」や「スノープッシャー」などさまざまな種類があるので、降雪量に合わせて選びましょう。車載用には折りたたみ式がおすすめですよ。

関連記事:【最強はこれ!】雪かきスコップおすすめ18選|コンパクトな折りたたみタイプも紹介

その他おすすめの除雪アイテム

関連記事:【凍結防止に効果大】融雪剤おすすめランキング15選!錆びない無塩タイプや使い方も

スノーダンプのよくある質問

スノーダンプはどこで売っていますか?

カインズ・コーナン・コメリ・ホーマック・ナフコ・ビバホーム・サンデー・ムサシなどのホームセンターで販売されています。ただし、実店舗は取り扱っている商品数が少なく、シーズン中は売り切れになることも多いので、楽天やAmazonなどのネット通販がおすすめです。

スノーダンプを買い替えるときに引取りサービスがあると効いたのですが

一部のホームセンターで、買い替え時の無料引き取りを行っています。詳しくは直接店舗に確認してみてください。

スノーダンプの捨て方を教えてください

自治体によってゴミの処分方法が異なるので、HPで確認しましょう。ほとんどの自治体で粗大ごみ扱いになるようです。

おすすめスノーダンプまとめ

今回は、スノーダンプの選び方やおすすめのメーカー、人気商品ランキングなどの情報を中心にお届けしました。最後に、選び方のポイントをもう一度おさらいしてみましょう。

  • 豪雪地帯には耐久性が高い鉄製・ステンレスがベスト
  • 積雪量が少ない地域ならプラスチック製がおすすめ
  • 丈夫で軽量なアイテムが欲しいならアルミ製が◎
  • 女性や子供は小型サイズ、体力に自信がある人は大型が使いやすい
  • 使う人の身長に適した柄の長さを選ぶ
  • 収納性を優先するなら折りたたみ式もアリ

雪かきはとても重労働で、体も気持ちも疲弊してしまいがち。ですが、ぴったりのスノーダンプを手に入れれば、効率もアップして疲れを最小限に抑えられます。この記事を参考に、ぜひお気に入りの一台を見つけてくださいね。

関連記事:取り付け簡単なタイヤチェーンおすすめランキング20選|スタッドレスとの違いや豪雪地帯対策も

関連記事:【電動or手動?】灯油ポンプおすすめ15選|正しい使い方や人気メーカー品をご紹介

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー