【1万円以下】安いけど丈夫!コスパの良いスーツケースおすすめ15選!軽い大容量も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

スーツケース 安い

価格帯の幅が広いスーツケース(キャリーケース)は、安いものであれば1万円以下でコスパよく購入できます。たまにしか使用しない人や、旅行の予算を抑えたい場合は安価なものを選びたいですよね。

しかし、「安いけど機能や丈夫さは問題ないの?」「高いスーツケースとどんな違いがあるの?」といったことが気になる人も多いはず。

この記事では、安いスーツケースの選び方や高いタイプとの比較ポイントを解説します。人気のおすすめ15選も紹介するので、安いスーツケースを探している人はぜひ参考にしてみてください。

この記事を監修した専門家

旅行ブロガー/トラベルブロガー
マリ(オハヨーツーリズム)

クレジットカード会社を退職後、旅行ブロガーとして活動。これまでに訪れた国は世界73ヵ国。6歳の娘も35ヵ国渡航しており、日本一読まれる海外&子連れ旅ブログオハヨーツーリズムを運営。海外旅行は年に数回。最近は毎年ヨーロッパに通っています。

安いスーツケース(キャリーケース)を選ぶメリット・デメリット

価格帯が幅広いスーツケースの中で、安いスーツケースを選ぶメリット・デメリットについて説明します。安いスーツケースを購入するときの参考にしてみてください。

メリット①:お財布にやさしく経済的

メリット②:お財布にやさしく経済的

安いスーツケースは当然ながら、お財布にやさしく経済的なことが大きなメリットです。高価格のスーツケースだと5万円以上するものもありますが、低価格のスーツケースなら1万円以下で気軽に購入できます。

浮いたお金は旅行中のお土産や食事代にまわすことが可能。なにかと出費の増えがちな旅行で、使える予算が増えるのは嬉しいメリットです。

メリット②:壊れたり傷がついたりしてもショックが少ない

メリット①:壊れたり傷が付いたりしてもショックが少ない

安いスーツケースは、万が一破損したり傷がついたりしても精神的ダメージが少ないのもメリットです。スーツケースは消耗品のため、1回使っただけでも細かな傷や汚れがついてしまうもの。

凸凹道を走行してキャスターが壊れてしまうこともあれば、スーツケースを預けた際に乱雑に扱われて本体が凹んでしまうことも考えられます。

数万円以上する高いスーツケースを買っても、傷ついたり壊れたりすると気分が沈んでしまいますね。安いスーツケースであれば、万が一ダメージを受けてもコストがかかっていないためショックが少なくて済みます。

デメリット:高級なスーツケースより機能や丈夫さで劣る

デメリット:高級なスーツケースより機能や耐久性で劣る

高級なスーツケースと比較すると、安いスーツケースは機能や丈夫さでどうしても劣ってしまうデメリットがあります。

安いスーツケースはキャスターのストッパーがついていなかったり、内部の仕切りが少なかったりするため、人によっては不便に感じるかもしれません。耐久性に関しても個体によって品質に差があり、運が悪いとすぐに壊れてしまうこともあります。

一方、高級なスーツケースは旅行や出張に最適化された機能を搭載していることが多く、しっかりした素材で丁寧に作られているため長く愛用できます。安いスーツケースを選ぶときは、これらのデメリットも理解しておきましょう。

マリ

私のような旅を仕事にしている人や、毎月のように旅に出かける人など、旅行界隈の中でも、スーツケースをブランドメーカーで購入するか、安いものですませるかは度々議論に上がるテーマ。

実際に意見は分かれており、安いスーツケースでも十分と考える人も多く、私も30代までは手ごろなスーツケースを愛用していました。

関連記事:【横型や薄型も】ビジネス用キャリーバッグ20選!女性に人気のおしゃれデザイン多数

コスパ以外にも注目!安いスーツケースを選ぶときのポイント

安いスーツケースを選ぶときにチェックしておきたいポイントについて解説します。「素材」「キャスター」「開閉方法」の順に見ていきましょう。

耐久性が心配なら丈夫なハードタイプを選ぶ

耐久性が心配ならハードタイプを選ぶ

出典:amazon.co.jp

スーツケースはボディ本体にプラスチックやアルミニウムを使用したハードタイプと、ナイロンやポリエステルなどの布素材を使用したソフトタイプの2種類があります。

安いスーツケースは耐久性が劣る傾向がありますが、ハードタイプはソフトタイプよりも丈夫です。耐久性を重視したい人はハードタイプをチェックしましょう。

ハードの安いスーツケースに使われている素材は、「ポリカーボネート」と「ABS樹脂」の2つが主流。それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

軽さ重視なら「ポリカーボネート」がおすすめ

ポリカーボネートは、軽くて耐久性が高いプラスチック素材です。以前までは3万円以上の高級スーツケースに採用されることが多かった素材ですが、最近では1万円以下の安いスーツケースにも使用されています。

通常、ハードタイプのスーツケースはソフトタイプに比べて重いものが多いですが、ポリカーボネート素材なら40Lのサイズでもソフトタイプと同等の2.5kg前後の軽さを実現。飛行機に乗る際の重量制限に余裕ができるため、多くの荷物を詰められるのが嬉しいポイントです。

ただし、ポリカーボネートはボディが薄くやわらかく、強い衝撃を受けると凹んで中身に影響する恐れがあるので注意しましょう。

凹みが気になるなら「ABS樹脂」をチェック

スーツケースのボディが凹むのを避けたい人には、ABS樹脂がおすすめ。ABS樹脂は4,000円以下のモデルもあるほど安価で、耐久性に優れた強化プラスチック素材です。

柔軟性の高いポリカーボネートよりも耐衝撃性に優れ、凹みづらい特徴があります。一方でポリカーボネートよりは重く、40Lで3.3kg前後の製品が多いです。中身をしっかりと保護してくれるので、軽さよりも丈夫さを優先したい人におすすめですよ。

4輪 or 2輪?価格差が出やすいキャスターに注目する

安いスーツケースを購入するときは、キャスターに注目するのも重要です。スーツケースのキャスターは4輪と2輪に分かれます。キャスターはスーツケースの中でも特に消耗が激しく、価格差が出やすいパーツ。壊れやすい部分なのでしっかりチェックしておきましょう。

小回りが利いて移動しやすい4輪キャスター

小回りが利いて移動しやすい4輪キャスター

出典:amazon.co.jp

4輪キャスターは、スーツケース底面の4つ角に車輪がついるタイプです。4つの車輪が360度可動するため、動かしやすく小回りが効くのが特徴。狭い場所や人混みでも走行しやすく便利です。

キャリーバーを引っ張るだけでなくスーツケースを押しながら歩けるので、力を入れずに持ち運べます。ただし、キャスターがスーツケース本体から出っ張っている構造のため、2輪と比べると壊れやすい点に注意しましょう。

キャスターの耐久性が心配な人は、1つのキャスター部分に2つの車輪が付いているダブルキャスターがおすすめです。車輪にかかる荷重が分散されるため、負荷を軽減できます。

丈夫で安定感のある2輪キャスター

頑丈で安定感のある2輪キャスター

出典:amazon.co.jp

本体部分にキャスターが埋め込まれている構造の2輪キャスターは、頑丈な作りで耐久性が高いのが特徴です。車輪に負担がかかる凸凹道を移動しても壊れにくく、車輪軸が一方向に固定されているため走行に安定感があります。

スーツケースの底面が地面について自立するため、ストッパーなしでも電車や新幹線内で勝手に動いてしまわないのもメリット。

ただし、キャスターの構造上小回りが利かないので、狭い場所では使いにくい場合があります。常に引っ張って移動するため、長時間の移動だと腕に負担がかかりやすい点にも注意しましょう。

キャスターが大きいと移動がより快適に

キャスターが大きいと移動がより快適に

出典:amazon.co.jp

キャスターの直径は、大きいほど移動が快適になります。大きなキャスターは段差や凸凹道に強く、ホイールの回転数が少なくなるので摩耗も軽減され長く使えます。大きめのキャスターを選ぶ際は、直径が40mm以上を目安にチェックしてみてください。

また、一般的に4輪タイプよりも2輪タイプの方がキャスターが大きい傾向にあります。移動中の快適さを求める人は、キャスターの大きさも確認しておきましょう。

開閉方法のチェックも重要

スーツケースの開閉方法には「フレームタイプ」と「ファスナータイプ」の2種類があります。それぞれのメリットを把握して、用途にあったタイプを選んでみてください。

防水性・防犯性に優れたフレームタイプ

防水性・防犯性に優れたフレームタイプ

出典:amazon.co.jp

防水性や防犯性が気になる人にはフレームタイプがおすすめ。フレームタイプは開閉部分が金属でできており、変形しにくく頑丈な構造をしています。衝撃が内部に伝わりにくいため、お土産や壊れやすいものを潰れることなく持ち運べます。

金属フレームでしっかり閉じるため密閉性が高く、セキュリティ面も安心。隙間なくスーツケースを閉められるので、雨にも強い設計です。ただし、ファスナータイプよりも重いので、軽さを重視したい人は注意しましょう。

フレームタイプの安いスーツケースは40Lで約9,000円〜と、ファスナータイプよりもやや高価な傾向があります。

軽くて使いやすいファスナータイプ

軽くて使いやすいファスナータイプ

出典:amazon.co.jp

軽くて使いやすいスーツケースを探しているなら、ファスナータイプがおすすめ。開閉部分に布製のファスナーを採用しており、フレームタイプよりも軽く手軽に使えます。スーツケースを全開にしなくても、ファスナーを少し開ければ隙間から荷物を取り出せる手軽さも魅力。

ファスナー部分が緩衝材となるため、ボディ本体が壊れにくいのも特徴です。ただし、その分衝撃が内部に伝わりやすいので、パソコンやタブレットなどの貴重品を入れて持ち歩く際は注意しましょう。雨が降るとファスナーの布部分から水が染み込んでくることもあるため、心配な人はスーツケースカバーを用意しておくと安心です。

安いスーツケースはファスナータイプが多く、40Lのサイズで約4,000円~購入できます。

関連記事:【おしゃれでかわいい】スーツケースカバーおすすめ25選 |100均製品も紹介

安いVS高い!スーツケース(キャリーケース)の比較

安いVS高い!スーツケースの比較

スーツケースの値段は安い製品なら7,000円以下、高いものであれば3万円以上と幅があります。両者の違いについて素材や機能の面から比較してみましょう。

安いスーツケースの特徴(7,000円以下のモデル)

値段が安いスーツケースでも、最低限の機能はついておりコスパ良好なモデルは見つかります。ボディには安価な「ABS樹脂」や、ポリカーボネートとABS樹脂を混ぜた「ハイブリット素材」を使用したものが主流。ハイブリット素材は、配合の比率によって軽さと耐久性のバランスが異なります。

スーツケース内部はポケット付きで荷物が整理しやすかったり、荷崩れ防止にクロスバンドが付いていたりと使いやすい構造をしています。ロックがついているものを選べば、セキュリティ面も安心です。

7,000円以下で静音キャスターがついているタイプもあるため、移動時の音が気になる人はチェックしておきましょう。

こんな人におすすめ
  • コスパが良いスーツケースを持ちたい
  • 短い旅行なので最低限の機能が欲しい
  • 機能が多くないシンプルなスーツケースが欲しい

高いスーツケースの特徴(3万円のモデル)

高いスーツケースは、安いスーツケースにはないプラスアルファの機能を備えているものが多いです。キャスターにストッパーがついていて移動中も安心のモデルや、フロントポケット付きでパソコンも楽々取り出せるフロントオープン型など、旅行や出張で便利に使える機能が充実しています。

100%のポリカーボネート素材やメーカー独自の特殊素材を使用したものが多いため、耐久性が高いまま軽量を実現しているのも特徴。

日本製の部品を使っている製品も多く、万が一壊れてしまってもメーカーの修理対応を受けやすいのもメリットです。長く快適に愛用できるので、お気に入りのスーツケースをずっと使い続けたい人におすすめです。

こんな人におすすめ
  • 長く愛用したい
  • 旅行や出張など用途がさまざま
  • 移動中も快適に使いたい

マリ

私自身、旅行を仕事にするまでは、長年ブランドにこだわらず、リーズナブルなスーツケースを使っていました。しかし、一度高級なスーツケースを使ってみると、丈夫さ、使い心地、見た目の良さが気に入り、手放せなくなりました。現在使っているものに満足していないのであれば、一度有名メーカーのスーツケースを使ってみるのもおすすめです。

関連記事:使い勝手抜群!フロントオープン型スーツケースおすすめ15選|機内持ち込みにも

専門家おすすめの安いスーツケース

この記事を監修したマリさんおすすめの安いスーツケースをご紹介します。

【7,000円以下】安いスーツケースおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。※おすすめ人気ランキングは監修対象外です。
商品最安価格容量サイズ素材重さキャスター
Meer楽天市場店 スーツケース sc101-20¥3,870 楽天市場AmazonYahoo!35L高さ54cm×横幅33cm×奥行き23cmABS素材とポリカーボネート2.45kg静音ダブルキャスター
Rikopin スーツケース楽天市場¥4,580 AmazonYahoo!26L高さ46cm×横幅30cm×奥行き19cmABS樹脂2.2kg静音ダブルキャスター
Speed.Japan スーツケース¥4,280 楽天市場AmazonYahoo!34L高さ54cm×横幅34cm×奥行き23cmABS樹脂2.5kgダブルキャスター
REGESY スーツケース¥13,350 楽天市場AmazonYahoo!40.5L高さ54.5cm×横幅35cm×奥行き23cmABS樹脂とポリカーボネート2.5kg静音ダブルキャスター
キャリーバッグの店ギンガム スーツケース BASILO-019¥6,730 楽天市場AmazonYahoo!55L高さ68cm×横幅45cm×奥行き27cmABS樹脂3.2kg静音ダブルキャスター
Bargiotti スーツケース楽天市場¥5,199 AmazonYahoo!36L高さ54cm×横幅33cm×奥行き21cmABS樹脂2.7kg静音ダブルキャスター
スーツケースの店トラベルチュウ スーツケース 008-s¥5,880 楽天市場AmazonYahoo!36L高さ57cm×横幅35cm×奥行き21cmABS樹脂2.6kg静音ダブルキャスター
BASILO スーツケース楽天市場¥5,480 AmazonYahoo!33L高さ55cm×横幅36cm×奥行き24cmABS樹脂2.6kg静音ダブルキャスター
アマクサかばん スーツケース serio B5851T-S¥5,980 楽天市場AmazonYahoo!32L/41L高さ47cm×横幅32cm×奥行き23cm/29cmABS樹脂とポリカーボネート3.1kgダブルキャスター
Travelhouse スーツケース楽天市場¥5,280 AmazonYahoo!40.2L高さ56cm×横幅37cm×奥行き24cmABS樹脂とポリカーボネート2.8kg静音キャスター

【7,000円以下】安いスーツケースおすすめ人気ランキング10選

【大きいサイズ】安いスーツケースおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格容量サイズ素材重さキャスター
VARNIC スーツケース¥7,181 楽天市場AmazonYahoo!65L高さ65cm×横幅43cm×奥行き27cmABS樹脂とポリカーボネート3.85kg静音ダブルキャスター
GRIFFINLAND スーツケース Fk1037-1¥8,480 楽天市場AmazonYahoo!63.3L/73.1L高さ66cm×横幅46.5cm×奥行き29.5cmABS樹脂とポリカーボネート4.5kg静音キャスター
スーツケース専門店 busyman スーツケース PP288183¥4,980 楽天市場AmazonYahoo!62.6L高さ65cm×横幅43cm×奥行き26cmABS樹脂とポリカーボネート3.44L静音キャスター
RIOU スーツケース楽天市場¥7,903 AmazonYahoo!66L高さ66cm×横幅42cm×奥行き25cmABS樹脂とポリカーボネート3.5kg静音ダブルキャスター
Joyme スーツケース楽天市場¥4,980 AmazonYahoo!61L高さ58cm×横幅40.5cm×奥行き26cmABS樹脂3.1kg静音キャスター

【大きいサイズ】安いスーツケースおすすめ人気ランキング5選

60L以上の大きいサイズで、安いスーツケースのおすすめ人気ランキング5選を紹介します。5泊以上の日程で使える、大容量のスーツケースを探している人はぜひ参考にしてください。

安いスーツケースの関連商品

安いスーツケースと一緒に持っておくと便利な関連商品をご紹介。旅や出張のお供にとても便利です。

スーツケースの計量器

移動に飛行機を使う方は、スーツケースの重量を事前に計っておくと良いでしょう。その時に役立つのがスーツケースの計量器です。持ち手にひっかけ、スーツケースをぶら下げることで計測でき簡単に使えます。

値段も1,000円前後のモデルが多く、購入しやすいのもありがたいです。飛行機での移動が多い方、事前に重量を調べておきたい方におすすめです。

スーツケースのスペースを有効活用できる圧縮袋

スーツケースのスペースを有効活用するときに便利なアイテムが圧縮袋です。スーツケースの中身でかさばるのが衣類。連泊するのであればなおさらかさばります。圧縮袋を使えば、服の体積を圧縮できるのでスペースにゆとりを持たせられます。

シワを付けたくない服には不向きですが、下着類やシワになりにくい衣類を収納するのにとても便利です。旅行や出張がない時は着ない服を圧縮してしまえるので、日常使いにも適しています。

安いスーツケース(キャリーケース)のよくある質問

安いスーツケースはどこで買える?

安いスーツケースは、Amazonや楽天などのネット通販で探すのがおすすめです。1万円以下で、コスパの良いスーツケースが多く販売されています。ほかにも国内各地のドンキや、上野や東京、川崎、心斎橋などのトラベル用品店でも扱っています。

メンズキャリーケースはどこにある?

キャリーケースにメンズ用、レディース用など明確な違いはありません。稀にビジネスシーンで使いやすいキャリーケースをメンズ用と謳っているものがありますが、女性が使っても問題ありません。ビジネスシーンで使いたいキャリーケースをお探しでしたら、落ち着いた色合いのモデルがおすすめです。

安いスーツケースもキャスター修理に対応している?

「エース」や「サムソナイト」などの有名スーツケースメーカーは公式ショップで修理サービスを行っていますが、安いスーツケースだと対応していないものが多いです。

安いスーツケースが壊れてしまったときは、個人の修理ショップなどにお願いしましょう。持ち込めない場合は、サイズにもよりますが3,000円程の送料で配送受付可能な店舗もあります。

パーツごとの修理費は、以下の料金を目安にしてみてください。

  • キャスター1か所あたり:3,000円前後
  • ボディの割れや凹み:7,000円~
  • キャリーバー取り換え:1万円前後
  • フレーム修理:1万円~

店舗によって修理費用が違うので、申し込むときは事前にチェックしておきましょう。

ただし、ボディ本体やキャスターを複数箇所修理すると、費用がかさばってしまうこともあります。買い替えた方が安い場合もあるので、壊れてしまったら新しいスーツケースを購入するのも一つの手段です。

関連記事:信頼の国内ブランド!プロテカのスーツケースおすすめ10選|軽量の大容量サイズも

関連記事:【業界シェアNo.1】サムソナイトのスーツケースおすすめ14選|軽量な機内持ち込み向けも

アンケート調査:スーツケースの選び方について(2024年)

Picky’sではスーツケースの選び方に関するアンケート調査を行いました。購入したスーツケースの価格帯とメーカー・ブランドをグラフにしています。

質問①:スーツケースを選ぶ上でのポイントを教えてください。

質問②:購入した、購入予定のスーツケースのメーカーを教えてください。

質問③:購入した、購入予定のスーツケースの料金を教えてください。

調査方法:インターネット上でのアンケート調査を行い、回答をポイント集計。 調査対象:スーツケースを購入した、購入を考えていると回答した20代から70代までの男女 有効回答数:220名 調査機関:自社調査 調査期間:2024/3/4~2024/3/11 ※Web媒体にて本アンケートを引用される場合、出典を明記した上で本記事へのリンクをお願いいたします。

おすすめの安いスーツケース(キャリーケース)まとめ

安いスーツケースの選び方
  • 安いスーツケースは高いスーツケースより劣る部分もある
  • 耐久性が心配ならハードタイプがおすすめ
  • 価格差の出やすいキャスター部分は要チェック
  • 開閉方法もチェックしておく

価格が安いスーツケースを選ぶときのポイントや、高いスーツケースとの違いについて紹介しました。ポイントを押さえて購入すれば、安いスーツケースでも満足できる使いやすい製品が手に入ります。

旅行用にコスパのよい安いスーツケースを探している人は、ぜひ本記事を参考に自分にあったスーツケースを選んでみてください。

関連記事:【レディース&メンズ】トラベルポーチおすすめ24選!吊り下げ式や圧縮タイプも

関連記事:【おしゃれ&コンパクト】最強の折りたたみリュック30選!サイズ別のおすすめを紹介

関連記事:旅行の必需品!トラベルボトルおすすめ15選|おしゃれで使いやすい製品を紹介

関連記事:【横型や薄型も】ビジネス用キャリーバッグ20選!女性に人気のおしゃれデザイン多数

関連記事:【コスパ最強】ネックピローおすすめ20選!2000円台の無印やコンパクトな商品も

関連記事:【即日対応】スーツケースレンタルおすすめ業者10選!1カ月以上の長期レンタルも

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー