【即日対応】スーツケースレンタルおすすめ業者10選!1カ月以上の長期レンタルも

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

スーツケースレンタルアイキャッチ

急な旅行や出張が決まったが、スーツケースを持っていない…そんなときはスーツケースレンタルがおすすめです。

安く手軽に借りられて、使い終わったら返却できるため自宅に置いておく必要もありません。その手軽さから、年に1~2回程度しかスーツケースを使わない方に特に人気のサービスです。

ただ、スーツケースのレンタルサービス業者は意外と多く、各業者の特徴や料金システム・補償もやや複雑でよくわからないですよね。そのため、どこを利用すればいいのか迷ってしまう方も多いと思います。

そこで今回は、スーツケースレンタルサービスのメリットやデメリット、実際の選び方について解説します。記事の後半では、おすすめのスーツケースレンタルサービスを紹介します。スーツケースを買わず、借りて使いたい方はぜひチェックしてみてください。

スーツケースレンタルサービスを利用するメリット・デメリット

スーツケースをレンタルするメリットとデメリットをまとめました。

メリット:自宅で保管する必要がなく、購入よりも出費を抑えられる点

スーツケースレンタルのメリット

  • 高額なスーツケースを買わなくて済む
  • 使い終わったあと、自宅で保管する必要がない
  • 補償があるサービスなら壊れても負担なし
  • 高級ブランドも気軽に試せる

スーツケースをレンタルする大きなメリットは、「買わなくて済む」「自宅に保管する必要がない」の2点です。

スーツケースの相場は数千円~数万円程度、ブランド品は数十万円します。頻繁にスーツケースを使わない方にとって、決してコスパの良い買い物とは言えません。一方で、レンタルであれば数千円程度で利用でき、多くの場合買うよりもお得です。1~2回の旅行であれば、購入するよりもレンタルしたほうが費用を安く済ませられるでしょう。

スーツケースをレンタルした場合の一例
  • 5日間のレンタル:36Lのスーツケースで4,000〜5,000円
  • 10日間のレンタル:97Lのスーツケースで6,000~7,000円

また、購入してしまうと使ったあとも自宅に保管しなくてはいけません。スーツケースは、重くて大きいうえに、形状的に物を載せにくいため意外と収納に困る製品です。レンタルであれば使い終わったら返却するため、保管の必要はありません。

編集部

高級スーツケースブランドの製品も、気軽に借りられます。買う前に試してみたい方にもレンタルがおすすめ!

デメリット:手元にスーツケースが残らない・手続きが面倒な点

スーツケースレンタルのデメリットはコスパ計算と手続きが面倒

  • 何度も利用するなら購入したほうが安い
  • レンタルの手続きや返送手続きが面倒

スーツケースレンタルのデメリットは、手元にスーツケースが残らない点です。当たり前ですが、レンタルの場合スーツケースは返却する必要があります。何度もスーツケースを利用する予定のある人や、今後使うかもしれない可能性がある人は、購入したほうが費用面では得になるでしょう。

また、スーツケースの手続きが面倒な点もデメリットに挙げられます。レンタルの場合は「レンタルの手続き」「返却の手続き」「破損や紛失時の手続き」など、面倒な点がいくつかあります。難しい手続きはありませんが、面倒なのは間違いないでしょう。

編集部

気兼ねなく使いたい方や、レンタル・返却手続きが面倒な方は買ってしまったほうが楽です

スーツケースレンタルの選び方

スーツケースレンタルサービスを選ぶ際のポイントをまとめました。

自宅がサービス対象エリア・配送エリア内かどうかチェック

自宅が配送エリア内かどうかチェック

スーツケースレンタルを選ぶ際は、「自宅がサービス対象・配送エリア内かどうか」を確認しましょう。どんなに良いサービスでも、住んでいる地域に対応していなければ利用できません。エリアは「全国対応」と「一部地域で利用不可」の業者があります。

対応していてもサービス会社から遠い地域の場合、往復送料が割増になったり、配送までに時間がかかるケースもあります。割増料金や配送時間を考えると、できる限り住んでいる地域に近い業者を利用したほうがいいでしょう。

編集部

影響を受けにくい東京や名古屋の都市部に住んでいる場合でも、受け取りと返却場所を別にしたい方や、直接店舗受け取りをしたい場合は対応エリアに注意が必要です

希望サイズを取り扱っているかは早めに確認

希望のサイズを取り扱っているかどうかチェック

「業者が自分の希望するサイズのスーツケースを扱っているかどうか」もチェックしましょう。レンタル業者によって、扱っているスーツケースサイズはさまざまです。

スーツケースサイズの選び方がわからない方は、以下の基準を参考にしてください。

旅行日数 最適なサイズ
1泊2日~2泊3日 35~40Lサイズ
3泊4日~4泊5日 50~70Lサイズ
1週間前後 80~100Lサイズ
10日以上 100Lサイズ以上

上記はあくまでも目安です。年齢や性別、考え方や旅行の目的次第で最適なスーツケースのサイズは異なります。

一般的なサイズの40~80Lサイズであれば、ほぼすべてのサービス業者で扱っていて在庫も豊富です。一方で100Lを超える大きなスーツケースの場合、そもそも扱いがなかったり、在庫が少なくなかなか借りられない可能性もあります。

長期旅行や海外旅行で大きなスーツケースを借りる予定がある方は、業者で「大きいサイズを扱っているか」「旅行日に借りられるか」を早めに確認しましょう。

編集部

基本的に、少し大きめのスーツケースを選ぶと余裕をもって荷物やお土産を収納できますよ

空港を利用する方は、機内持ち込みサイズや預かり制限に注意

空港を利用する方は機内持ち込みや預かり制限に注意!

飛行機で旅行へ行く場合、スーツケースのサイズ選びがより重要になってきます。飛行機には荷物に対し、「機内持ち込み制限」と「預かり制限」があるためです。

一般的に飛行機に搭載できる荷物は、大きさや重量によって以下の4種類に分かれます。

  1. 機内持ち込み可能
  2. 無料預かりが可能
  3. 超過料金で預かり可能
  4. 搭載不可

持ち込み可能サイズや預かり可能サイズは、航空会社によって異なります。例えばJALとANAの国内線の場合、以下のルールとなっています。

航空会社(国内線) 機内持ち込み可能サイズ 空港預かり(貨物室)可能サイズ
JAL 3辺合計の和が115cmまで
100席未満は100cmまで
重量は10kgまで
3辺合計120cmまで
重量は普通席で20kgまで
ANA 3辺合計の和が115cmまで
100席未満は100cmまで
重量は10kgまで
3辺合計203cmまで
重量は普通席で20kgまで

100席以上の飛行機の場合は3辺合計115cmまで、100席未満の飛行機の場合100cmまでであれば、機内に持ち込みが可能です。持ち込めないサイズの場合は、飛行機の貨物室に預けなくてはいけないため、移動中は荷物を取り出せません。

航空会社ごと、また国内線か国際線かでもルールは異なります。必ず利用する航空会社のウェブサイトを必ずチェックしてからスーツケースのサイズを選びましょう。

編集部

サイズだけではなく、重量にも注意が必要です。無料預かりできる重量を超過した場合、預ける際に超過料金が発生します。さらに、超過料金で預けられる重さを超えた場合、飛行機に載せることができないことも。

レンタル可能日数は、準備期間・返却期間も考慮しよう

レンタル可能日数をチェック

希望のサイズやブランドスーツケースを扱うサービスが見つかったら、レンタル可能日数をチェックしましょう。

レンタルする際に注意したいのが「旅行日数=レンタル期間」ではない点です。スーツケースを旅行前日に受け取って荷造りするために+1日、旅行後帰宅して荷解きして返送するために+1日で、最低でも「旅行期間+前後2日」の準備期間が必要です。

準備期間を含め、スーツケースのレンタル可能日数は必ず確認しましょう。

編集部

業者によっては、準備期間のレンタル料金を無料にしているところもあります

補償は超重要!補償の充実度は必ず確認しておく

補償が充実しているか

レンタル中にスーツケースが破損した、もしくは破損させてしまった場合の補償の有無、補償の範囲についても確認しておきましょう。

不注意で大きな傷をつけたり、破損させてしまった場合は業者ごとに対応が分かれます。

業者 傷・破損・汚れ・紛失・盗難に対する対応
A社 傷・汚れ・破損は補償される。紛失は弁償。盗難に関しては盗難証明書があれば補償対象
B社 傷・汚れ・破損は補償される。ただし紛失や盗難は対象外で弁償
C社 別途破損補償オプションを付けている場合、傷・破損は補償。紛失盗難は弁償

上記のように、補償があるからと言ってすべてのケースで補償されるわけではありません。また、補償を有料オプション扱いにしている業者もあります。

特に高級スーツケースを借りる方や海外に行く方は要注意です。海外の空港では、日本の空港では考えられないほど手荒くスーツケースを扱う場所もあります。傷や汚れをつけられたり、場合によっては破損させられるケースも。

いずれにしても、「補償範囲・免責事項」は必ずチェックしておき、できるだけ補償範囲の広い業者を選ぶと安心してスーツケースを利用できます。もちろん、補償の有無にかかわらず、傷や汚れを付けないよう注意して取り扱うのが前提です。

編集部

なお補償を受ける際は、空港で破損させられた場合は空港が発行する破損証明書、盗難の場合は所轄の警察署が発行する盗難証明書が必要になる場合もあります

レンタル料や配送料含む料金は、総額を意識する

レンタル料や配送料含む料金をチェック

スーツケースが決まったら、レンタル料金の総額をチェックしてください。一般的にスーツケースのレンタル料金は、以下の要素で決まります。

  • スーツケース代(サイズやブランドにより変動)
  • 利用日数
  • 配送料・返送料
  • 補償・保険料

レンタル料金に配送料や補償料を含んでいるサービス業者もあります。一方で、別途配送・返送料がかかる業者や、補償がオプション扱いで別料金になる業者もあります。

見落としやすい料金
  • 配送・返送料が一部の地域のみ無料で、そのほかの地域は有料
  • 配送は無料だが、返送は利用者の自己負担
  • 補償が有料オプション扱いになっている(補償を付けたい場合は別料金)

格安で借りられても、返送時に費用がかかってしまったり、破損時に補償が受けられなければ本末転倒です。

レンタルサービスを利用する際は、必ず「総額」を意識して手続きを行いましょう。

編集部

スーツケースを初めて借りる方は、レンタル料に配送・返送・補償すべての料金を含んでいる「R&Y RENTAL(アールワイレンタル)」のような大手サービス業者を選ぶといいでしょう

その他のサービスもチェック

その他のサービスで選ぶ

スーツケースレンタル各社では、ほかにもさまざまなサービスを提供しています。最終的に業者選びで迷ったら、サービスの内容で決めてもいいでしょう。

以下は、各業者で実施しているサービスの一例です。

サービス名 内容
早期割引・オンライン割引 早期の予約やオンラインでの予約で割引
最低価格保証 同じ製品・同じ利用期間で他のサービスの方が安かった場合、割引
清掃サービス 返却された製品をきれいにし、殺菌・消臭・防臭加工するサービス
サポート 専門スタッフによる利用やトラブルに関する問い合わせ窓口

清掃サービスやサポートはほとんどの業者で実施していますが、最低価格補償や割引サービスは業者ごとに異なります。

業者によって高級ブランドなどの品揃えが大きく異なる

希望のブランドがある方は取り扱いがあるかチェック

借りてみたいスーツケースブランドがある場合、サービス業者に取り扱いがあるかチェックしましょう。スーツケースレンタル業者ではさまざまなブランド品を扱っていますが、業者によって取り扱いブランドは異なります。

有名・人気スーツケースブランド一例
  • RIMOWA(リモワ)
  • ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)
  • Samsonite(サムソナイト)
  • Globe Trotter(グローブトロッター)
  • innovator(イノベーター)
  • TUMI(トゥミ)
  • ACE(エース)
  • RONCATO(ロンカート)

「高級ブランドを借りたい」「買う前にブランドスーツケースを借りて試してみたい」と考えている方は、希望する業者に取り扱いがあるかどうか確認してください。

ブランドではなく、「かわいいデザインを借りたい」「豊富な種類から選びたい」方は、できる限り在庫数の多い、大手のサービス業者を選ぶといいでしょう。

編集部

高級ブランドを借りる場合、同時に「補償の有無」についてもチェックしておくと安心してレンタルできます

スーツケースレンタルおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部独自の調査結果により、現在人気のスーツケースレンタルサービスをランキング形式にしました。人気の高さでサービスを選びたい方は、上位ランキングのサービスを選んでください
商品公式サイト対応エリア取り扱いサイズレンタル可能日数取り扱いブランド配送・返送料補償サービスキャンセル料金割引サービス最低価格保証清掃サービスその他サービス
R&Y RENTAL公式サイト全国30L~123L1日~51日以上可能リモワ/サムソナイト/プロテカ/ゼロハリ他無料/沖縄・離島は別途送料がかかる無料付帯4日前30%/前日100%オンライン注文で10%オフありあり即日発送
ACE SERVICE公式サイト全国47L~101L3日間~40日間ACE3,300円以上で無料 北海道・沖縄・離島は有料無料付帯発送前日までは無料 発送日以降3,000円 希望日以降100%あり14時までの注文で即日出荷
マイレンタル公式サイト沖縄対象外26L~94L1日~長期可能(原則期限なし)ヴァンテム/ロンカート/リモワ他2,640円~3,520円(往復)無料付帯3日前まで無料 お届け1~2日前20%+配送料 希望日以降100%あり準備期間無料サービス
アイエルレンタル公式サイト全国18L~104L2日~120日リモワ/アントラー他一部地域無料 沖縄・離島は別途別途有料オプション3日前~受け取り前まで3,300円 商品受け取り後100%30日前の予約で10%割引あり準備期間無料サービスあり
ダーリング公式サイト沖縄・離島対象外30L~105L2日~リモワ/サムソナイト/エミネント他1,870円別途有料オプション商品発送日の1営業日前午前中まで…無料 商品発送前…25%+費用 商品受領前…50%+費用 商品受領後…100%+費用あり
ククレンタル公式サイト沖縄対象外35L~100L7日/15日/30日(延長可能)シェルポッド/ビータス/サムソナイト一部地域無料無料付帯2日前~前日50% お届け後100%あり無料期間あり
スーツケースレンタル屋さん公式サイト沖縄対象外36L~123L1日~原則期限なしサムソナイト/ACE無料無料付帯(過失は負担)発送前無料 発送後3,000円 受け取り後100%店頭受け取り・店頭返却で割引あり
おおきに屋公式サイト全国・地域によりレンタル日数制限あり32L~95L1日~原則期限なしメンドーザ/ロンカート/サムソナイト他無料無料付帯発送前無料早期割引/まとめ割引ありあり
JAL公式サイト全国65L~100L5日~30日まで(31日以降相談)ACE/ロンカート他無料別途有料オプション申込後のキャンセル2,200円ありJALカード支払いでマイル獲得/無料準備期間あり
ジャストタイム公式サイト北海道・沖縄・離島対象外34L~100L原則期限なしエース/サムソナイト別途無し発送前無料 発送後キャンセル不可記載なし

スーツケースレンタルおすすめ人気ランキング10選

スーツケースレンタルの関連商品・サービス

スーツケースをレンタルする際、あると便利なアイテムを紹介します。

好きな場所でスマホやパソコンのバッテリーを充電できるモバイルバッテリー

モバイルバッテリーがあれば、スマホやパソコン・タブレットをいつでも充電できます。旅行や出張に行くとスマホを使う機会も増えるでしょう。そんなとき、モバイルバッテリーがあれば安心して使えます。

接続したいデバイスによって、モバイルバッテリーに必要な容量や出力は異なります。購入する際は、自分の用途やガジェットに適した容量や機能の製品を選んでください。

関連記事:【2023年】日本製モバイルバッテリー おすすめ15選|安心の国産モデルを厳選

関連記事:[2023年]インスタでも話題 かわいいモバイルバッテリー 人気 おすすめ21選!

どこでもWi-Fiが使えるWi-Fiレンタルサービス

旅行や出張先で大容量のデータ通信を行ったり、仕事をしたい方におすすめなのが、Wi-Fiルーターを借りられるWi-Fiレンタルです。Wi-Fiレンタルを利用すると、フリーWi-Fiがない場所でもWi-Fiが使えます。

外でスマホのデータ容量を消費したくない方や、大容量の動画を長時間見たい方におすすめのレンタルサービスです。スーツケースレンタルとセットで借りる方も多いサービスのため、覚えておきましょう。

関連記事:【2023年】国内 wifiレンタル業者を徹底比較!本当に安くておすすめサービス10選

スーツケースレンタルのよくある質問

最後に、スーツケースに関するよくある質問をまとめました。

スーツケースを借りる際の注意点は?

基本的な注意点やデメリットは先述しましたが、細かい注意点として「レンタルサービスが継続しているかどうかチェックする」も重要です。

 

レンタル業は新規参入が多い一方、撤退する業者も多いサービスです。そのため、サイトで検索したサービスでスーツケースを借りようと思ったらスーツケースの取り扱いや、サービスそのものが停止しているケースも多々あります。

 

例えば、一時期人気のスーツケースレンタルだった「ダスキンかしてネッと」ではスーツケースの取り扱いを中止。同じく人気だった「DMMいろいろレンタル」は2023年6月にレンタルサービス自体を停止しています。

 

レンタルサービスの情報を提供しているサイトやブログの情報も古くなっている可能性があります。スーツケースレンタルを検討する際は、サービスが継続しているかどうかも併せてチェックしておきましょう。

TSAロックとは何ですか?

TSAロックとは、アメリカ国内の空港で手荷物を施錠したまま預けられるロックです。

 

アメリカの空港ではアメリカ運輸保安局(TSA)による手荷物検査があり、テロ防止の観点などにより荷物に施錠はできません。施錠してあると最悪鍵を壊される可能性もあります。

 

TSAロックで施錠してある荷物は、アメリカ運輸保安局が特殊なツールで開錠できるため、施錠したまま手荷物検査を受けられます。アメリカへの旅行や出張へ行く際は、TSAロックのあるスーツケースがおすすめです。

たまに行く旅行や出張は、安く手軽に借りて返せるスーツケースレンタルがおすすめ!

スーツケースレンタルは、スーツケースを安く借りて使用後に返せる便利なサービスです。買うと高価で、使用後に自宅に置いておくには大きすぎるスーツケースは借りて返すのがおすすめ。

特に年に1回程度しか使わないならわざわざ買わず、借りたほうがコスパが良く、自宅のスペースも潰しません。

  • 1年に1回か、それ以下の頻度でしか旅行や出張をしない
  • 自宅が狭くスーツケースを置いておく余裕はない
  • 高級スーツケースを買いたいけど、買う前に試したい

上記の方はスーツケースレンタルを利用してみてはいかがでしょうか。ただし、スーツケースレンタルは業者によってサービス内容や補償範囲が異なるため、しっかりと比較検討してから決めましょう。

Picky’sでは、おすすめのスーツケースも多数紹介しています。レンタルしてみたいスーツケースを探している方や、レンタルではなく購入予定がある方は以下の記事もぜひチェックしてみてください。

関連記事:家族旅行に◎子供用キャリーケースおすすめ20選!乗れる・機内持ち込み可の商品も

関連記事:長期の出張・旅行に!大型スーツケースおすすめ25選|軽量&大容量の製品も紹介

関連記事:【1万円以下】安いけど丈夫!コスパの良いスーツケースおすすめ15選!軽い大容量も

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー