TechAcademyはどんな人におすすめ?評判やデメリットを交えて解説!

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

【プロのエンジニアがサポート】TechAcademyの口コミや評判を紹介!

出典:techacademy.jp

現役エンジニアのマンツーマンメンタリングが受けられる「TechAcademy」。質問・相談がしやすい環境なので挫折しにくく、学習を進められます。転職保証・副業紹介など卒業後のサポートも充実していて、学んだスキルを仕事に役立てられます。

しかし、具体的にどんなサポートがあるのか、本当に副業を始めたり転職したりできるのか気になりますよね。また、コースが多すぎてどれを選べばいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、TechAcademyの具体的なサポート内容や、目的別のおすすめコースを解説します。実際に受講した方の口コミや評判もご紹介するので、TechAcademyが気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

【総評】TechAcademyは、サポートが魅力的なプログラミングスクール

TechAcademyはメンター(講師)のサポートが充実している魅力的なスクールです。チャットでの質問とは別に週2回のマンツーマンメンタリングがあり、オンラインでもメンターと相談して学習を進められます。転職保証・副業の案件紹介などのキャリア支援もあるので、卒業後にしっかりスキルを役立てられます。

また、コースが豊富なのもポイント。AIやゲーム開発などさまざまな内容を学べます。どのコースも丁寧な教材が用意されていて、卒業生からもわかりやすいと評判でした。

TechAcademyの口コミ・評判

まず、TechAcademyを実際に利用した方のいい口コミと悪い口コミをご紹介します。自分に合ったスクールか参考にしてみてください。

TechAcademyのいい口コミ・評判

  • 教材が丁寧でわかりやすい
  • どんな質問でもしっかり回答してくれる
  • 現役エンジニアのアドバイスを貰える
  • 転職保証がある

「教材がわかりやすい」「適切な難易度で挫折しにくい」との口コミが多くありました。プログラミング学習では、内容が急に難しくなる点がつまずくポイントですよね。TechAcademyの教材は説明が丁寧で、プログラミング初心者でも安心して取り組めます。課題もたくさんあり、自分の実力を確かめながら次の内容に進めるのもメリットです。

また、「プロが質問に答えてくれるのでわかりやすい」といった口コミも。つまずく箇所があっても、しっかり解説してもらえるので安心です。実際に仕事をしているプロのアドバイスなので、実務にも役立てられます

転職保証コースでは、転職できなければ全額返金の保証があるのもポイント。学習の途中でも、転職サービス「TechAcademyキャリア」が使用でき、企業・コンサルタントからスカウトを受けられる可能性もあります。

TechAcademyの悪い口コミ・評判

TechAcademyの悪い口コミ・評判

  • 内容が多すぎて卒業課題の提出が間に合わなかった
  • メンターの指名・変更ができなかった

一方で「内容・課題が多すぎて卒業課題の提出が間に合わなかった」といった口コミもありました。丁寧な教材が魅力なので、効率よく要点だけを学びたい方よりも、基本からしっかり時間をかけて学びたい方におすすめです。

また、「相性の悪いメンターに当たってしまった」といった声も。TechAcademyではメンターの指名・変更ができないため、メンターとの相性が悪いと学習のモチベーションが下がってしまいます。

ただ、メンターとの相性が悪かった方でも、「教え方は丁寧だった」と評価しているケースが多いです。どうしても心配なら、あらかじめ無料メンター相談で要望を伝えてみましょう。

TechAcademyの料金

TechAcademyの料金

TechAcademyはコース・期間によって料金が違います。期間については、多くのコースで4週間・8週間・12週間・16週間から選択可能。複数のコースをセットで受講する場合は料金がお得になり、20週間や24週間などの長めの期間を選択できます。

期間が短い方が価格が安く、4週間プランは16週間プランの半額程度です。また、コースによってはメンタリングサポートなしで、チャットサポートのみのLiteプランもあります。

コース 4週間プラン 8週間プラン 10週間プラン 12週間プラン 16週間プラン 20週間プラン 24週間プラン Liteプラン
  • はじめての副業

社会人:18万5,900円

学生:17万4,900円

社会人:24万900円

学生:20万7,900円

社会人:29万5,900円

学生:25万1,900円

社会人:35万900円

学生:28万4,900円

11万9,900円(12週間)
  • フロントエンド
  • Webデザイン
  • PHP/Laravel
  • Java
  • Ruby on Rails
  • Python
  • WordPress

社会人:17万4,900円

学生:16万3,900円

社会人:22万9,900円

学生:19万6,900円

社会人:28万4,900円

学生:22万9,900円

社会人:33万9,900円

学生:26万2,900円

  • AI
  • データサイエンス

社会人:17万4,900円

学生:16万3,900円

社会人:22万9,900円

学生:19万6,900円

社会人:28万4,900円

学生:22万9,900円

社会人:33万9,900円

学生:26万2,900円

  • LLMアプリ開発

14万9,600円

20万4,600円 25万9,600円 31万4,600円
  • 初めてのプロンプトエンジニアリング
14万9,600円(4週間)
  • エンジニア転職保証
54万7,800円
  • Webデザインフリーランス
  • フロントエンド副業
33万円

2コース受講セット

  • Ruby on Rails+フロントエンド
  • PHP/Laravel+フロントエンド
  • Webデザイン+WordPress
  • Webデザイン+Webマーケティング
  • WordPress+Webマーケティング
  • Python+AI
  • Python+データサイエンス
  • iPhoneアプリ+Androidアプリ
  • Unity+iPhoneアプリ
  • Unity+Androidアプリ
  • UI/UXデザイン+iPhoneアプリ

社会人:38万2,800円

学生:36万900円

社会人:42万6,800円

学生:38万2,800円

社会人:52万5,800円

学生:43万7,800円

  • Python+はじめてのプロンプトエンジニアリング
24万6,400円 26万8,400円 29万400円 33万9,900円
  • フロントエンド副業セット

社会人:48万2,900円

学生:47万1,900円

社会人:52万6,900円

学生:49万3,900円

社会人:57万900円

学生:51万5,900円

  • Webデザインフリーランスセット
63万5,800円

3コース受講セット

  • Ruby on Rails+フロントエンド+Webデザインセット
  • PHP/Laravel+フロントエンド+Webデザインセット
  • iPhoneアプリ+Androidアプリ+UI/UXデザインセット
  • Python+AI+データサイエンスセット

社会人:59万2,900円

学生:55万9,900円

支払い方法
  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • コンビニ決済
  • Amazon Pay
  • PayPay
  • クラウドローン(教育ローン)

支払い方法については上記の中から選択可能。クレジットカード払い・銀行振込は併用できます。ただし、コンビニ決済は30万円までなので、コースによっては使用できません。

TechAcademyのメリット

大手プログラミングスクールと比較したとき、TechAcademyのメリットは5つ。

  • コースが充実
  • 料金が安め
  • マンツーマンメンタリングがある
  • 副業サポートで副業をすぐに始められる
  • 実務に必要なスキルを学べる

それぞれについて、詳しくご紹介します。

メリット1:コースが充実していて、自分に合った内容を選べる

メリット1:コースが充実していて、自分に合った内容を選べる

TechAcademyは上記の通り、コースが細かく分かれていてとても多いのがポイント。2コース・3コースのセットもあるため、自分に必要なスキルを選んで学べます。

ただ、コースが多すぎてどれを選べばいいか悩みますよね。以下で特におすすめなコースを紹介しているので、参考にしてみてください。

目的 おすすめコース 特徴
エンジニアとして転職したい 転職保証コース
  • プログラミングの学習だけでなく、転職までサポートしてくれる
  • エンジニアとして実務をこなすのに必要なスキルをひと通り学べる
Web制作を副業にしたい はじめての副業コース
  • 実際のWeb制作の手順がわかり、すぐに実務に活かせる
Webエンジニアになりたい
  • PHP/Laravel
  • Ruby on Rails
  • Webエンジニアとして需要の高い言語を学習できる
  • 費用に余裕があるなら、フロントエンド・Webデザインとのセットも可能

メリット2:入学金・入会金なしで他の大手スクールより10万円程度安価

メリット2:入学金・入会金なしで他の大手スクールより10万円程度安価

TechAcademyは入学金・入会金無料でコースの料金のみです。コースにもよりますが、他のスクールより安価にプログラミングを学べます。

例えば、エンジニア転職が目的のコースは入学金込みで65万円前後のスクールが多いですが、TechAcademyは54万7,800円。10万円前後料金が安いです。

メリット3:マンツーマンメンタリング・オンライン待機で充実のサポート

メリット3:マンツーマンメンタリング・常時オンライン待機で充実のサポート

TechAcademyでは週2回・30分、メンターとマンツーマンでメンタリングを行います。疑問点や学習の仕方などさまざまな相談ができ、進捗報告をするので緊張感を持てるのもメリットです。

また、メンターは15~23時の8時間は毎日オンラインで待機しているのも特徴。チャットで質問に答えてもらえるので、スムーズに学習を進められます。課題のレビューは回数制限がなく、理解できるまで何度も課題に取り組めるので、スキルをしっかり身に付けられます。

メリット4:卒業生限定の副業サポートで確実に副業をスタートできる

TechAcademyの卒業生向け副業案件紹介・支援サービス「テックアカデミーワークス」を利用できるのもポイント。自分で営業活動をしたり、クラウドソーシングサービスを利用したりする手間がかからず、副業の業務を紹介してもらえます。

また、納品までのスケジュール管理をしてくれたり、わからない点を教えてくれたりとサポートも充実。初めての副業でも、真面目に取り組めば必ず納品できるようになっています。

テックアカデミーワークスを利用するには、対象となるコースを受講し、実力判定テストに合格する必要があります。対象のコースは以下の5つです。

テックアカデミーワークスを利用できるコース
  • はじめての副業コース
  • Webデザインコース(案件保証はなし)
  • デザイン実践ポートフォリオコース(案件保証はなし)
  • フロントエンド副業コース
  • フロントエンド副業セットコース(テストなしで利用可能)

メリット5:サービスの開発、拡張機能の提案など実務に必要なスキルを学べる

メリット5:サービスの開発、拡張機能の提案など実務に必要なスキルを学べる

エンジニア転職コースでは、Webアプリケーションの開発に加え、拡張機能の提案・開発も体験可能。実務に近い経験ができるので、転職後もスクールで得たスキルを活かせます。本当にエンジニアとして働けるか不安な方でも、自信をつけて転職できます。

TechAcademyのデメリット

大手プログラミングスクールと比較したとき、TechAcademyのデメリットは2つ。

  • 学習期間が短め
  • 対面授業がない

それぞれについて、詳しくご紹介します。

デメリット1:学習期間が短めでまとまった学習時間が必要

デメリット1:学習期間が短めでまとまった学習時間が必要

TechAcademyは他のスクールよりも学習期間が短いため、短期間で多く学習時間を要する点がデメリット。エンジニア転職を目指すコースで比べると、他の大手スクールは24週間が多い中、TechAcademyは16週間です。複数のコースをセットで受講すれば最長24週間まで延ばせますが、内容が増えるので学習時間を十分確保する必要があります。

具体的にどのくらいの勉強時間が必要かは個人差がありますが、1コースあたり合計160~200時間程度が目安です。転職保証コースの場合は、期間中に学習時間を213〜360時間確保するのが転職保証の条件です。

しかし、長期間だとだらけてしまう方も多いため、期限を決めて短期集中で頑張りたいならTechAcademyは最適。また、短い期間のコースを選べば費用を抑えられます。

編集部

受講期間終了後もカリキュラムや課題レビューは確認可能です。また、一部のコースを除き、追加料金を払えばメンターサポートを追加できます。

デメリット2:対面での授業がない

デメリット2:対面での授業がない

TechAcademyには対面形式のコースがなく、オンラインのコースのみです。スクールの設備を利用して勉強したり、友人を作ったりはできません。また、自習して疑問点をメンターに聞くといった形で学習が進んでいくため、自分で計画的に勉強する必要があります。

ただし、オンライン授業は自分の好きな時間に学習を進められるのがメリットにもなります。また、スクールに通う手間がないので、自分の今の生活を大幅に変える必要はなく、学習時間を確保しやすいです。

TechAcademyがおすすめな人・おすすめではない人

ご紹介したメリット・デメリットを踏まえ、TechAcademyがどんな方におすすめか、おすすめではないかを解説します。

自分で学習内容を決めたい方や転職できるか不安な方におすすめ

自分で学習内容を決めたい方や転職できるか不安な方におすすめ

こんな人におすすめ
  • 学習したい内容がはっきりしている方
  • プログラミングをきっちり学びたいけど、コストを抑えたい方
  • メンターと相談しながら丁寧に学習を進めたい方
  • 転職活動が不安な方
  • 副業で仕事を獲得できるか不安な方
  • 勉強についていけるか不安な方
  • 実務に近い経験をしたい方

TechAcademyは学びたい内容が決まっている方におすすめ。コースが細かく分かれているので、自分に必要な内容をしっかり学べます。他の大手プログラミングスクールと比べて料金も安めで、セットでの受講もできるため出費を抑えられます。

また、学習の進め方がわからない方や将来に不安がある方にもおすすめ。マンツーマンのメンタリングで学習内容の質問はもちろん、卒業後のキャリア相談にも対応してもらえます。副業や転職活動もしやすく、質の高い求人・案件を紹介してもらえるのもポイントです。

さらに、プログラミング学習に挫折してしまった方にもおすすめ。教材がとても丁寧なうえに、実務に近い内容が充実しているので、卒業後も役立つスキルが身に付けられます。

自分から進んで学習できない方や対面で授業を受けたい方には不向き

自分から進んで学習できない方や対面で授業を受けたい方には不向き

おすすめしない人
  • 対面で授業を受けて勉強したい方
  • 自分から積極的に学習を進められない方
  • 勉強時間が確保できない方

TechAcademyはオンラインで学習を進めていくため、対面で授業を受けたい方には向いていません。また、マンツーマンメンタリングでの進捗報告はありますが、基本的に自分で勉強を進めていきます。そのため、積極的に学習に取り組んだり、質問をしたりするのが苦手な方には合わない可能性があります

ただ、自分で学習ペースを決められるのはメリット。ある程度独学していて初歩的な内容はさらっと確認するだけでいい方や、周りについていけるか不安な方にはオンライン授業が最適です。

もっと自分に合うスクールがないか探してみたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。さまざまなプログラミングスクールを紹介しています。

関連記事:【初心者から転職】プログラミングスクールおすすめ16選|目的別の選び方・オンラインの安い人気校も

TechAcademyの申込手順

TechAcademyの申込手順

TechAcademyはWebサイトから申込できます。具体的な手順は以下を参考にしてみてください。

  • TechAcademyの申込方法
  • STEP.1
    ホームページから受講したいコースを選択
    公式サイトのトップページから、受講したいコースのページに進みましょう。コースの詳しい内容もコースのページに記載されています。
  • STEP.2
    「申込む」ボタンをクリックして申込フォームを表示
    「申込む」ボタンをクリックして申込フォームを表示させます。または、ページを一番下までスクロールしても申込フォームを表示できます。
  • STEP.3
    申込フォームを入力し、「申し込み内容を確認する」をクリック
    フォーム内容を入力し、フォームの下にある「申し込み内容を確認する」ボタンをクリックします。特に注意したいのは受講開始日。自分のスケジュールを確認し、無理なくスタートできる日程を選びましょう。
  • STEP.4
    入力内容を確認し、「申し込みを確定する」をクリック
    入力内容に誤りがないか確認し、問題がなければ「申し込みを確定する」をクリックします。受講料内訳・利用する特典も表示されているので、特典を利用するならきちんと適用されているかチェックしましょう。
  • STEP.5
    支払いをする
    申込が完了すると支払い画面が表示されるので、支払い方法を選択し入金します。入金するとカリキュラムの一部を閲覧でき、チャットサポートも利用できるようになるので、できるだけ早めに入金しましょう。

疑問点がある・相談したいことがある方は、申込の前に無料説明会に参加してみましょう。無料説明会はオンライン上のビデオチャット形式なので、どこからでもスマホを使って参加可能。無料説明会は毎日8時~23時30分まで実施されていて、当日の日程も選択できます。

  • 無料説明会の予約方法
  • STEP.1
    公式サイトの「無料説明会」をクリック
    公式サイトに表示されている「無料説明会」のボタンをクリックします。公式サイトの1番下からも予約できます。
  • STEP.2
    ページの1番下のフォームで、「学習の目的」「受講の意欲」を選択し、「日程選択へ」をクリック
    選択した項目によって空席のある日程が変わります。自分の目的に合ったメンターと話をするためにも、目的・受講の意欲は間違いのないように選択しましょう。
  • STEP.3
    時間・日程を選択する
    話したい時間を30分・60分から選択した後、空席のある日程を選びます。時間があるなら60分を選択するのがおすすめです。
  • STEP.4
    情報を入力
    名前・メールアドレス・興味のあるコースなどの情報を入力します。入力が完了したら「次へ進む」をクリックし、申込を完了しましょう。

TechAcademyの解約手順

TechAcademyの解約手順

TechAcademyは原則解約できません。ただし、受講開始日より前で、受講コースにログインしていない場合は解約できます。解約したい場合、以下の手順を参考にしてみてください。

  • TechAcademyの解約方法
  • STEP.1
    「お問い合わせ」のページにアクセスする
    まず、公式サイトの1番下にある「運営会社」「利用規約」「プライバシーポリシー」「特定商取引法に関する表示」のいずれかをクリックします。次に、ページの右か下に表示されている「お問い合わせ」をクリックします。こちらのリンクからもアクセス可能です。
  • STEP.2
    フォームに情報を入力する
    表示されているフォームに情報を入力します。「問い合わせ種別」は「その他」を選択し、お問い合わせ内容に解約したい旨を記載しましょう。
  • STEP.3
    案内に従う
    お問い合わせの返信内容に従って解約を進めましょう。

TechAcademyのよくある質問

TechAcademyのよくある質問

TechAcademyは教育訓練給付金制度を利用できる?

対象となっているコースでは利用できます。対象となっているコースはコース紹介のページで確認できます。

TechAcademyは無料体験できる?

無料体験できます。ただし、無料体験で学べるのは、HTML・CSS・JavaScriptのみです。具体的な内容や申込は以下のページを参考にしてみてください。

TechAcademyは子どもでも受講できる?

TechAcademyに年齢制限はありません。ただし、転職保証コースを卒業しても、転職保証制度の対象となるのは年齢が20~32歳の方のみです。また、子どものプログラミング教育には、小中高校生向けのTechAcademyジュニアがおすすめです。

受講期間終了後の追加サポートは受講期間中に申込する必要がある?

追加サポートは受講期間終了後でも利用できます。

どんな卒業生がいるか調べる方法は?

公式ブログで卒業生へのインタビューが紹介されています。どんな方が受講しているのか気になる方はチェックしてみてください。

参考:公式ブログ|TechAcademy

実力判定テストに合格しなかった場合はどうなる?

実力判定テストは2回受けられるので、1回不合格になっても再受験できます。2回目に落ちてしまった場合、テックアカデミーワークスは利用できません。

TechAcademyのまとめ

この記事では「TechAcademy」の口コミ・評判・メリット・デメリットなどを解説しました。

  • サポートが充実していて、マンツーマンメンタリングが受けられる
  • 教材がわかりやすく、オンラインでマイペースに学習できる
  • 転職保証・副業紹介でスキルを実務に役立てられる
  • 大手プログラミングスクールの中では料金が安め

TechAcademyは大手プログラミングスクールの中では入会金・入学金不要で料金が安め。マンツーマンメンタリングがあり、講師に相談・質問しやすい環境で学習できます。転職保証・副業紹介もあるので、キャリアに不安がある方はTechAcademyでプログラミングを学んでみましょう。

関連記事:【フリーランス特化】コーチテックの評判や学習内容を解説!給付金やデメリットも紹介

関連記事:コードキャンプはどんな人におすすめ?評判や特徴、デメリットを解説

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー