【初心者向けのおすすめも】ウクレレ人気ランキング16選!値段や種類の違いを解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

ウクレレ

明るく軽やかな音色を奏でられるハワイの伝統的な楽器「ウクレレ」。扱いやすいサイズ感で、気軽に始められる手軽さも魅力です。

しかし、ウクレレは商品によって素材やサイズが異なり、値段も安いものから高いものまで幅広く販売されています。「初心者におすすめのウクレレはどれ?」「初心者向けと上級者向けでは何が違うの?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのウクレレをランキング形式でご紹介します。自分に合ったウクレレの選び方や人気メーカー、値段による違いもあわせて解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

初心者向けはどれ?ウクレレのおすすめ選び方

ウクレレを選ぶときは、以下6つのポイントに注目するのがおすすめです。

  • 本体サイズ
  • 素材
  • 形状
  • ペグ
  • 値段

ウクレレ本体の「サイズ」は演奏レベルに合わせてチョイスしよう

ウクレレはサイズによって、「ソプラノ」「コンサート」「テナー」に分かれています。それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

ソプラノ:ウクレレ初心者にぴったりのお手軽サイズ

ソプラノ:ウクレレ初心者にぴったりのお手軽サイズ

出典:amazon.co.jp

これからウクレレを始めようと考えている初心者の方には、ソプラノウクレレがおすすめです。ソプラノは日本で最もポピュラーなタイプのウクレレで、コンパクトなサイズ感とコロンとした可愛らしい音色が特徴。

軽くて小さいため扱いやすく、持ち運びにも向いています。外での演奏にもぴったりで、公園や海辺などで気軽に演奏できますよ。ウクレレに初めて触る方やとりあえず試してみたい方は、手軽に始めやすいソプラノから選んでみましょう。

コンサート:ソプラノより一回り大きい!手が大きい人に◎

コンサート:ソプラノより一回り大きい!手が大きい人に◎

出典:amazon.co.jp

コンサートウクレレは、ソプラノよりも一回り大きいサイズ感が特徴です。サイズが大きい分ソプラノよりも音が響きやすく、より迫力のある演奏ができます。

ボディが大きくネックも長くなっているので、手が大きい方やソプラノの軽やかな響きだと物足りない方におすすめです。

初心者から上級者まで幅広い層に人気のサイズで、低音と高音のバランスが良く、弾き語りだけでなく簡単なソロウクレレにも向いていますよ。

テナー:幅広い表現が可能な上級者向けのウクレレ

テナー:難易度が高い曲も弾ける上級者向けのウクレレ

出典:amazon.co.jp

テナーは、コンサートをさらに一回り大きくした上級者向けのウクレレです。重厚感のある見た目で、弾くと深みのある音色を奏でられます。

表現力が高いため、ソロウクレレをメインに考えている方や難易度の高い曲に挑戦したい方にぴったり。ただしサイズが大きい分、手の小さい方や初心者だとやや扱いにくく感じるかもしれません。

初心者向けの最初の1本というよりは、2台目以降にチョイスしたいタイプです。ウクレレの演奏に慣れてきたときに、ぜひチェックしてみてください。

編集部

ウクレレには、テナーよりも大きいバリトンウクレレも存在します。バリトンは厚みのある低音がよく響き、ウクレレというより小さなギターのような感覚で楽しめます。

ボディに使われる「素材」が音色を左右する

ウクレレは、ボディに使われている素材(木材)によって音色が異なります。「マホガニー」「ハワイアンコア」「マンゴー」「メープル」など、木の種類ごとの特徴をチェックしておきましょう。

「マホガニー」は伸びのあるサウンドで幅広い曲と相性◎

ぬくもりを感じられる音が好きなら「マホガニー」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

マホガニーで作られたウクレレは、音の伸びがよくやわらかいサウンドが特徴です。ハワイアンだけではなく、ボサノバ・ジャズ・ポップスなど幅広いジャンルの曲に合うため、好きな曲を練習したい初心者におすすめですよ。

マホガニーはギターによく使われる木材でもあり、低コストながらハイスペックなコスパのよさも魅力です。マホガニーのウクレレは約5,000円〜3万円ほどが相場で、手を出しやすい価格帯の商品が揃っていますよ。

編集部

1種類の板だけを使用している「単板」と、複数枚の板を張り合わせた「合板」によっても音色や値段が変わります。単板のほうが音の響きがよく、高級な傾向にありますよ。

「ハワイアンコア(コアウッド)」は本場ハワイのカラッとした音が魅力

「ハワイアンコア」は本場ハワイのカラッとした音を再現

出典:amazon.co.jp

ハワイアンコアは、ハワイ諸島特有の樹木です。ウクレレといえばハワイアンコアというほど代表的な素材で、ハワイ音楽のカラッとした音色を再現できるのが魅力。音の粒が立っている上に音切れが良く、ウクレレらしい陽気な演奏を楽しめますよ。

ただし、ハワイアンコアは現在厳しい規制により希少な木材となっています。マホガニーよりも相場は高めで、10万円を超える商品も多いです。本格的なハワイアンを演奏したい方や、こだわりの音を求める方におすすめですよ。

編集部

値段の安いハワイアンコアのウクレレは、別の木材も使用した「ハワイアンコア合板」であることが多いです。音にこだわって選びたい人は「ハワイアンコア単板」と明記されている製品を選びましょう。

「マンゴー」「メープル」「スプルース」「桜」などその他の素材にも注目!

「マンゴー」「メープル」「スプルース」「桜」などその他の素材にも注目!

出典:amazon.co.jp

「マンゴー」「メープル」「スプルース」「桜」などその他の素材にも注目!

出典:amazon.co.jp

「マンゴー」「メープル」「スプルース」「桜」などその他の素材にも注目!

出典:amazon.co.jp

マホガニーとハワイアンコアの他にも、ウクレレにはさまざまな素材が使われています。以下にそれぞれの特徴をまとめてみました。

ウクレレに使われる素材と特徴
  • マンゴー:まろやかかつ穏やかな音色で低音がよく出る
  • メープル:シャープな高音が特徴
  • スプルース:抜け感があり硬くて音の輪郭がはっきりしている
  • 桜:ハリと丸みを兼ね備えたバランスの良い音色

弾きたい曲のイメージに合わせて、ウクレレの素材をチョイスしてみてください。実際の音質が気になる方は、YouTubeなどで聴き比べてみるのがおすすめです。

「ボディの形状」は音の響きと好みでチョイス

ウクレレの音の響きは、本体の素材だけでなく形状によっても異なります。ウクレレのボディ形状は「スタンダード型」と「パイナップル型」の2種類が主流。好みにあわせて選んでみてください。

一音一音がはっきりしている「スタンダード型」

使い勝手が良く商品数も多い「スタンダード型」

出典:amazon.co.jp

スタンダード型は、一般的なウクレレとしてよく知られている形状です。ひょうたんのようにボディがくびれており、ギターのような見た目をしています。

音の締まりが良く、一つ一つの音色がくっきりと聞こえるのが特徴。商品数が豊富で選択肢が多いので、素材や弦などにこだわりたい方にもおすすめです。

個性的な見た目でふくよかな音色の「パイナップル型」

個性的な見た目でふくよかな音色の「パイナップル型」

出典:amazon.co.jp

パイナップル型のウクレレは、パイナップルのような楕円でユニークな見た目をしています。くびれがない分ボディの容量が大きく、ふくよかな音色が響きやすいのが特徴。

他の人と被りにくい見た目なので、個性的なウクレレが欲しい人におすすめです。パイナップルのような見た目が南国らしさを演出してくれるため、ハワイアンや夏の曲を弾くのにもぴったりですよ。

「弦の種類」も音色や音の響きに関係する

ウクレレを選ぶときは、音色や音の響きに関係する弦の種類にも注目しましょう。ナイロン弦・フロロカーボン弦・ナイルガット弦の3種類について解説します。

ナイロン弦:初心者でも扱いやすい◎真っ直ぐでやわらかい音が特徴

ナイロン:初心者でも扱いやすく真っ直ぐな音が◎

出典:amazon.co.jp

やわらかくて押さえやすいナイロン弦は、初心者でも扱いやすいのが魅力です。入門用のウクレレに使われていることが多く、真っ直ぐでやわらかい音を響かせられますよ。

一方で音の伸びはそこまで良くなく、チューニングが安定しにくい欠点もあります。200~300円ほどと安く購入できるため、ウクレレを始めたての人やコストを抑えたい人におすすめです。

フロロカーボン弦:ハリのある高音で耐久性も抜群

フロロカーボン:ハリのある高音で耐久性も抜群

出典:amazon.co.jp

フロロカーボンの弦は、ハリのある高音が特徴です。ナイロン弦よりも硬いため押さえるのにややコツがいりますが、シャープな音で演奏できますよ。

フロロカーボンは釣り糸にも使われる素材で、耐久性も抜群。1,000~1,500円ほどと値段は高いですが、切れるリスクが少なく音が安定しやすいのが魅力です。

ナイルガット弦:明るくポップでクラシカルな音色

ナイルガット:優雅な気分に浸れるクラシカルな音色

出典:amazon.co.jp

ナイルガットは、羊や牛の腸を使ったガット弦に似せて作られた素材です。ガット弦は昔の弦楽器によく使われていた素材で、クラシカルな響きが特徴。ナイルガット弦を張ったウクレレは丸みのある明るい音色になり、アップテンポの曲と良く合いますよ。

ナイルガット弦は強度が高く湿度や温度変化にも耐性があり、チューニングが安定しやすいのもポイント。1,000円前後で販売されているものが多いです。

弦の巻取りパーツはチューニングが安定しやすい「ギアペグ」がおすすめ

弦の巻取りパーツはチューニングが安定しやすい「ギアペグ」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

ウクレレのヘッド部分にある弦を巻き取るパーツのことを「ペグ」と呼びます。ウクレレを選ぶときは、チューニングが安定しやすい「ギアペグ」を使った製品がおすすめですよ。

ギアペグとは弦の巻取り機構にギア(歯車)を搭載したペグのことで、微妙なチューニングがしやすく弦が緩みにくいのが特徴です。安定した演奏に役立つので、ウクレレを選ぶ際はペグの種類にも注目してみてください。

安いVS 高い!ウクレレの比較

ウクレレの値段はボディの素材や弦のほか、細部の品質によっても大きく変動します。安いウクレレと高いウクレレでは具体的に何が違うのかを比較したので、値段による差が気になる方はチェックしてみてください。

安いウクレレの特徴(約3,000円のモデル)

5,000円以下の安いウクレレは小型サイズのソプラノウクレレがほとんどで、軽やかな音が特徴です。素材には複数の板をあわせた合板が使われていることが多く、木材の性質による音の特徴はあまり感じられないかもしれません。

本体のサイズが小さいため、音の広がりは控えめ。安価でやわらかいナイロン弦が張られていることが多く、伸びのある演奏には向きません。

また、商品によっては品質が低く、音程やチューニングが安定しないことがあります。特に2,000~3,000円ほどの安すぎるウクレレだと、練習に支障をきたす場合があるので注意しましょう。

5,000円以下のウクレレは、音質にこだわりがなくとりあえずウクレレを始めてみたい初心者におすすめですよ。

こんな人におすすめ
  • ウクレレ初心者の人
  • 軽快な音を楽しみたい人
  • 価格重視でウクレレを選びたい人

高いウクレレの特徴(約5万円のモデル)

3~10万円ほどする高いウクレレは、コンサートやテナーなど中~上級者向けの製品が多いです。単板で作られていることが多く、その木材ならではの音色を楽しめます。

各構造の品質にもこだわっており、快適に長く愛用できるのも特徴。弦高がしっかり調整され、チューニングの安定感も高いため気持ちよく演奏できます。さまざまな音楽において豊かな表現が可能ですよ。

ウクレレでの演奏を思う存分楽しみたい人や、安定したクオリティで練習したい人におすすめです。

こんな人におすすめ
  • 表現力のあるウクレレが欲しい人
  • 快適に演奏したい人
  • 長く1本のウクレレを愛用したい人

ウクレレおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格サイズ素材製法ペグ特徴
ELVIS ソプラノウクレレ U100S楽天市場¥6,990 AmazonYahoo!ソプラノマホガニー合板ギアペグセット商品・ナイロン
マイカイ ウクレレ MKU-1 初心者入門8点セット¥4,680 楽天市場AmazonYahoo!ソプラノファルカタ合板ギアペグセット商品
Enya Nova U mini ウクレレ確認中 楽天市場AmazonYahoo!ソプラノポリカーボネート--セット商品・フロロカーボン
Aria ウクレレ アリア AU-2 初心者9点セット¥6,780 楽天市場AmazonYahoo!ソプラノマホガニー合板ギアペグセット商品・ナイルガット
Enya ウクレレ EUC-25D 初心者9点セット確認中 楽天市場AmazonYahoo!コンサートマホガニー単板ギアペグセット商品・フロロカーボン
フェイマス ウクレレ FS-1G¥20,680 楽天市場AmazonYahoo!ソプラノマホガニー合板-セット商品・フロロカーボン
Aostin AC100 ウクレレ¥16,800 楽天市場AmazonYahoo!コンサートハワイアンコア合板ギアペグセット商品
キクタニミュージック ウクレレ マハロ MJ1確認中 楽天市場AmazonYahoo!ソプラノナトー合板ギアペグセット商品・ナイルガット
フェイマス キワヤ ウクレレ KSU-1 初心者入門9点セット確認中 楽天市場AmazonYahoo!ソプラノマホガニー合板ギアペグセット商品・フロロカーボン
Mademu ソプラノウクレレ 12点セット¥4,680 楽天市場AmazonYahoo!ソプラノマホガニー合板-セット商品
島村楽器 ウクレレ Hanalei HUK-80¥10,000 楽天市場AmazonYahoo!ソプラノマホガニー単板・合板ギアペグケース付き
S.Yairi ウクレレ YU-C-03MTS¥8,800 楽天市場AmazonYahoo!コンサートマホガニー単板・合板ギアペグケース付き
島村楽器 COTONE CS7SL NAT ソプラノウクレレ¥46,000 楽天市場AmazonYahoo!ソプラノマホガニー単板ギアペグ-
ILIKAI ウクレレ IL-CON-4MGG¥27,800 楽天市場AmazonYahoo!コンサートマホガニー単板ギアペグケース付き
Famous ウクレレ FS-2PG スタンド付き入門8点セット¥25,230 楽天市場AmazonYahoo!ソプラノマホガニー合板ギアペグセット商品
HONEYBEE ウクレレ HU-03 入門ライトセット¥5,180 楽天市場AmazonYahoo!ソプラノマホガニー合板ギアペグセット商品

ウクレレおすすめ人気ランキング16選

ウクレレのおすすめ人気メーカー

ウクレレのおすすめ人気メーカーを紹介します。商品選びで悩んでいるのであれば、ぜひ人気メーカーのウクレレからチェックしてみてください。

コスパ抜群!多彩なラインナップが魅力の「Enya(エンヤ)」

エンヤは、ギターやウクレレを手がけている楽器メーカーです。バラエティ豊かなラインナップで、いずれもコスパが優れているのが魅力。

ポリカーボネートを採用した高耐久の「NOVA U」や、アンプに繋いで迫力のある演奏を楽しめるエレキウクレレ「Feather」などを取り揃えています。単板の商品もあり、1万円を切る価格で手に入りますよ。

価格帯は約5,000円〜6万円前後と幅広いので、予算に合わせて選んでみてくださいね。

初心者にもおすすめ!弾きやすさにこだわった「Famous(フェイマス)」

フェイマスは、ウクレレ専門店・KIWAYA(キワヤ)が1955年に製造販売を開始したオリジナルブランドです。「弾きやすさ」を何より大事にしており、初心者の方でも気持ち良く弾けるよう形状や構造などを工夫しています。

軽やかな音が奏でられるハワイアンコアのウクレレや、単板と合板を組み合わせたハイブリッドウクレレが人気。クロスやストラップ、ウクレレスタンドが一緒に入ったセット商品もありますよ。

価格帯は約2〜10万円前後。これからウクレレを始めようとしている方におすすめです。

ユニークな素材で作られたウクレレ「島村楽器」

島村楽器は、全国に展開している大手楽器メーカーです。ウクレレ以外にも、ギターやドラム、シンセサイザーなどの楽器を取り扱っています。

島村楽器オリジナルブランドの「COTONE」と「Hanalei」では、ユニークなウクレレが多数ラインナップされています。ハワイアンコア・マホガニーなどの定番素材だけではなく、キレの良いブラックウッドや軽やかさとコシを併せ持つオバンコールなどを採用していますよ。

価格は約6,000円〜5万円程度。島村楽器の店舗が近くにある方は、実際に訪れて音色を聞かせてもらってはいかがでしょうか。

ミュージシャンも愛用する高品質ウクレレ「KAMAKA(カマカ)」

カマカは、1916年に創業したハワイの老舗メーカーです。高品質なウクレレを数多く生み出しており、ミュージシャンのジェイク・シマブクロも愛用していますよ。

ソプラノ・コンサート・テナーと幅広いサイズ展開で、いずれもボディにハワイアンコアを採用しているのがポイント。単板仕様のため、深みのある音色を楽しめます。

約20〜75万と値は張りますが、品質の良いウクレレを求めている方にぴったりです。

ウクレレ初心者におすすめの簡単な曲はある?

ウクレレ初心者におすすめの簡単な曲はある?

ウクレレ初心者にぴったりの定番曲は、「ハッピーバースデー」です。使うコードはC・G・Fの3つだけ。簡単で、すぐに覚えられますよ。誰かの誕生日に演奏して披露しても良いですね。

慣れてきたら、ウクレレ ミュージシャンであるつじあやのさんの「風になる」も弾いてみましょう。ウクレレを始めて1〜2ヶ月程度の方向けの難易度で、弾き語りにもおすすめ。ウクレレの温かい音色を感じてみてください。

ウクレレの関連商品

ウクレレを弾くなら、カポタストやウクレレストラップもあると便利です。ウクレレの関連商品をいくつかご紹介するので、ぜひ一緒に揃えてみてはいかがでしょうか。

迫力のある演奏ができる「エレキウクレレ」

エレキウクレレは、アンプに繋いで音を出すウクレレです。弦の振動が電気信号として伝わり、アンプを通って大音量の演奏を響かせられます。

ヘッドホン端子が付いている商品もあり、静かな環境での練習にもおすすめ。また、音程を調整するチューナー付きの商品もありますよ。

キーの高さが簡単に変更できる「カポタスト」

カポタストは、ウクレレのネックに付けて使う補助アイテムです。ネックに挟むことで、キーの高さを簡単に変更できます。

安定感抜群のネジタイプや取り付けが簡単なバネタイプなどがあるので、好みに合わせて選びましょう。セッションするときにも活躍するアイテムです。

関連記事:ギタリストも愛用!カポタストおすすめ22選!エレキ・アコギ用やかわいいモデルも

立ちながら演奏できる「ウクレレストラップ」

ウクレレストラップは、演奏する際に役立つアイテムです。ウクレレに取り付けて肩にかけることで、立ちながらの演奏が楽にできます。

素材はさまざまで、耐久性を重視するならナイロンやポリエステル、滑りにくさならレザーがおすすめ。デザインも豊富なので、好みに合わせて選んでください。

ウクレレのよくある質問

ヤマハでおすすめのウクレレはある?

ヤマハでおすすめのウクレレは「Daniel Ho Signature Vintage Soprano」です。ウクレレアーティストが監修した商品で、高音が心地良く響きます。

ウクレレとギターはどっちが簡単?

ウクレレとギターでは、一般的にウクレレの方が簡単だといわれています。コンパクトで扱いやすい上、弦の本数が少ないので覚えるのも簡単です。

ウクレレのチューニング方法は?

チューナーを使い、1弦ずつ音を出しながら音程を調整しましょう。

Amazonで買えるおすすめの安いウクレレはどれ?

ELVIS(エルビス)のソプラノウクレレがおすすめです。軽量で扱いやすく、約7,000円とリーズナブル。子供へのプレゼントや、初めてのウクレレにもぴったりです。

ウクレレの演奏中にネックがずり落ちる場合どうしたらいい?

ウクレレのネックがずり落ちてくる場合、ウクレレストラップを使うのがおすすめです。ストラップが首から下がってウクレレを支えてくれるので、ネックがずれることなく安定して演奏できますよ。

おすすめウクレレまとめ

今回は、おすすめのウクレレについてご紹介しました。以下、内容を振り返ってみましょう。

  • 初心者は小さいサイズのソプラノウクレレがおすすめ
  • 素材は温かい音を奏でる「マホガニー」とカラッとした音を出す「ハワイアンコア」が主流
  • 弦の種類によって音色や耐久性が異なる
  • 安い商品と高い商品は素材・品質・音が違う

ウクレレは、ハワイアンやポップスなどで活躍する楽器です。この記事を参考に、ぜひお気に入りのウクレレを見つけて弾いてみてくださいね。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー