【おすすめはどっち?】コーヒー機能付きウォーターサーバーを比較!淹れ方や値段も解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

コーヒー機能付きウォーターサーバー

出典:frecious.jp

ウォーターサーバーとコーヒーメーカーの2つの機能を備えた「コーヒー機能付きウォーターサーバー」。自宅でいつでも冷水・温水が出せるのはもちろん、抽出方法にこだわった本格派コーヒーを飲めるのが魅力です。おしゃれなデザインのサーバーも多く、自宅やオフィスに取り入れる人が増えています。

しかし「コーヒー機能付きウォーターサーバーって普通のウォーターサーバーと何が違うの?」「コーヒーの淹れ方や機能はどんな感じ?」と気になる人は多いはず。

そこで今回は、コーヒー機能付きウォーターサーバーならではの魅力やおすすめの選び方、人気2大機種であるフレシャスとアクアクララのウォーターサーバーの比較をまとめました。コーヒー機能付きウォーターサーバーの導入を検討している人は、ぜひ最後まで見逃さないでくださいね。

コーヒー機能付きウォーターサーバーとは?

コーヒー機能付きウォーターサーバー スラット+カフェ

出典:frecious.jp

コーヒー機能付きウォーターサーバーとは、コーヒーメーカーの機能を兼ね備えたウォーターサーバーのこと。美味しい水を飲めるのはもちろん、ボタン1つで簡単に本格的なコーヒーを淹れられるのが魅力です。コーヒー好きの人やテレワークなどで自宅にいる時間が多い人は、ぜひチェックしてみてください。

コーヒー機能付きウォーターサーバーのメリット・デメリット

コーヒー機能付きウォーターサーバー メリット

まずは、コーヒー機能付きウォーターサーバーの魅力をたっぷりと紹介。メリットとデメリットの両方を紹介するので、コーヒー機能付きウォーターサーバーの設置を検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

コーヒー機能付きウォーターサーバーのメリット

  • 置き場所を1つにまとめられる
  • コーヒーを淹れるたびに給水する必要がない
  • お手入れを一括でできる
  • 美味しい天然水やRO水でコーヒーを淹れられる
  • カフェやコンビニより安くコーヒーが飲める

コーヒー機能付きウォーターサーバーの最大のメリットは、コーヒーメーカーとウォーターサーバーをまとめて管理できること。置き場所が1ヶ所にまとまる上、給水やお手入れといった日頃のメンテナンスも一緒に済ませられます。抽出のたびに水を補充するコーヒーメーカーと違って、サーバーの水を利用してコーヒーが作れるのは便利ですよね。

また、カフェやコンビニよりも安い値段でコーヒーを飲めるのも魅力。一般的に、コンビニのコーヒーは1杯あたり100円、カフェだと500円程度かかります。一方で、フレシャスのスラット+カフェなら、市販のコーヒー豆を使った場合は約40円、専用のドリップポッドを使うと約90円のコストでコーヒーを楽しめます。

コーヒー機能付きウォーターサーバーのデメリット

コーヒー機能付きウォーターサーバー デメリット

  • レンタル代や水代といった維持費がかかる
  • 水ボトルを注文や交換が手間
  • ウォーターサーバーを置くスペースが必要

コーヒー機能付きウォーターサーバーは、サーバーレンタル代や水代といったウォーターサーバーならではのコストがかかるのが難点です。また、毎月水を注文する・届いたボトルを保管する・ボトルをサーバーに取り付けるといった手間があり、人によっては面倒に感じることも。

さらに、コンパクトなコーヒーメーカーと違って、適度な大きさのスペースが必要になるのもコーヒー機能付きウォーターサーバーのデメリットです。本体のデザインによってはお部屋に圧迫感を与えてしまうため、設置場所やサーバーのサイズは慎重に選ぶ必要があります。

コーヒー機能付きウォーターサーバーはこんな人にぴったり!

  • お家で過ごす時間が長い人
  • 自宅で美味しいコーヒーを飲みたい人
  • ウォーターサーバーとコーヒーメーカーをまとめて買いたい人

コーヒー機能付きウォーターサーバーの比較ポイント

ここからは、コーヒー機能付きウォーターサーバーの比較ポイントを解説します。コーヒー機能付きウォーターサーバーはまだまだ種類が少ないものの、機種によって抽出方法・使うコーヒーの種類・レンタル代などが異なります。選び方のコツを掴んで、自分にぴったりのウォーターサーバーを見つけましょう。

ドリップ式?エスプレッソ式?抽出方法をチェック

ドリップ式

ドリップ

出典:frecious.jp

エスプレッソ式

まずは、コーヒーの抽出方法を確認しましょう。 コーヒー機能付きウォーターサーバーには、主に「ドリップ式」「エスプレッソ式」の2種類あります。

ドリップ式は、ミルで粉状にしたコーヒー豆にお湯をかけて抽出する方法。軽い飲み口に仕上がるため、すっきりとした飲みやすいコーヒーが好きな人におすすめです。ハンドドリップだとお湯の温度や注ぎ方でコーヒーの風味が左右されてしまいがちですが、機械で淹れることで安定した味をキープできます。

エスプレッソ式は、蒸気による圧力でコーヒーを抽出する方法。ドリップ式よりもコーヒーオイルが多く抽出されるため、濃厚で深みのある味わいに仕上がります。表面にはクレマと呼ばれるきめ細かな泡が浮き出て、クリーミーなコーヒーを楽しめますよ。

編集部

その他に、インスタントコーヒーなどを使ってコーヒーを抽出するソリュブル式などがあります。

紅茶や緑茶も淹れられるタイプなら楽しみ方が広がる

コーヒー機能付きウォーターサーバー 紅茶

コーヒー機能付きウォーターサーバーの中には、紅茶や緑茶も淹れられるタイプがあります。茶葉の種類に応じた最適な温度で抽出してくれるので、通常の温水で淹れたものよりも味や香りが豊かに仕上がります。

中には、専用カプセルに、ほうじ茶・ジャスミン茶・紅茶といったバリエーションを用意しているメーカーも。「コーヒー以外にもいろいろな飲み物を楽しみたい」という人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

市販のコーヒー豆に対応したタイプは使い勝手も◎

コーヒー機能付きウォーターサーバー  豆

コーヒーの味にこだわりたい人は、市販のコーヒー豆に対応したモデルを選びましょう。コーヒー機能付きウォーターサーバーは、専用カプセルでコーヒーを淹れるものが一般的。市販のコーヒー豆でも淹れられるタイプなら、自分のお気に入りの豆やブルーマウンテンといった高級コーヒーも楽しめます

商品によっては、カプセルを買うよりも1杯分のコストを抑えられる場合も。お好みの豆を自分で見つけるのもコーヒーの醍醐味の1つなので、コーヒー好きにはぜひチェックして欲しいポイントです。使い勝手のよさを求める人にもおすすめですよ。

天然水?RO水?使い方に合った水の種類をチョイス

コーヒー機能付きウォーターサーバー 水

ウォーターサーバーは、水ボトルを注文して利用するスタイルが基本です。メーカーによって届く水の種類は異なるものの、主に使われているのは「天然水」と「RO水」の2種類。それぞれの特徴を掴んで、好みや用途に合った水の種類を選んでください。

コーヒーと飲み水の美味しさにこだわるなら、天然水のウォーターサーバーをチョイスしましょう。天然水は癖がなくてコーヒーと相性がいいのはもちろん、ミネラルを含んでいて飲み水としても美味しいのが魅力。ただし、ミネラルを多く含む硬水はコーヒーの苦みを引き立ててしまうため、硬度60mg/ⅼ以下の軟水がおすすめです。

RO水とは、RO膜というフィルターによって不純物を限りなく取り除いた水のこと。RO水は無味無臭なので、料理や飲み物作りに適しています。また、天然水よりも水の単価が安いため、なるべくコストを抑えてウォーターサーバーを利用したい人におすすめです。

関連記事:【プラン比較】おいしい天然水ウォーターサーバーおすすめ9選|RO水との違いも解説

レンタル代・水代などを含む維持費を要確認

コーヒー機能付きウォーターサーバーを選ぶときは、あらかじめウォーターサーバーの維持費を確認しましょう。ウォーターサーバーにかかる主な費用は次の通りです。

  • サーバーレンタル代
  • 水代
  • 水の配送料
  • メンテナンス費
  • サーバーの設置費
  • 初回事務手数料
  • 解約金
  • 電気代など

特に、サーバーレンタル代と水代は要チェック。サーバーレンタル代が無料かつ注文ノルマがないウォーターサーバーなら、水を注文しない月は実質0円で利用できます。ただし、ノルマがないメーカーは水代を高く設定している場合があるので、必ず各費用の合計を計算しておきましょう。

また、常に水を保温・保冷するウォーターサーバーは、毎月800~1,000円程度の電気代がかかることを忘れずに。中には、エコモード付きで電気代を500円程度に抑えてくれるモデルも登場しているので、電気代を節約したい人はぜひ検討してみてくださいね。

コーヒー機能付きウォーターサーバーの有名2機種を比較

コーヒー機能付きウォーターサーバー

出典:frecious.jp

今回は、コーヒー機能付きウォーターサーバーの人気機種である「フレシャス スラット+カフェ」と「アクアクララ アクアウィズ」を紹介します。2機種のスぺックや機能を細かくまとめているので、ぜひウォーターサーバー選びの参考にしてください。

「スラット+カフェ」と「アクアウィズ」のスペック比較

スラット+カフェ アクアウィズ
抽出方法 ドリップ式
  • ドルチェグスト:エスプレッソ式
  • バリスタ:ソリュブル式
コーヒーの種類
  • 専用ドリップポッド(コーヒー・緑茶・紅茶など)
  • 市販のコーヒー豆
  • ドルチェグスト:専用カプセル
  • バリスタ:専用インスタントコーヒー
水の種類 天然水 RO水
水の温度
  • 常温
  • 冷水:4〜10℃
  • 温水:80〜85℃
  • エコモード時の温水:70〜75℃
  • 冷水:5~11℃
  • 温水:85~95℃
  • 省エネ時の温水:70〜75℃
水代 1本(9.3L)1,627円
  • 通常プラン:1本(12L)1,512円
  • 2年プラン:1本(12L)1,404円
サーバーレンタル代 1,320円(前月3箱以上の注文で無料)
  • 通常プラン:3,300円(安心サポート料)
  • 2年プラン:2,200円(安心サポート料)
配送料 無料 無料
解約金
  • 1年未満の解約で16,500円
  • 2年未満の解約で9,900円
  • 2年経過以降はなし
  • 通常プラン:1年未満の解約で6,600円
  • 2年プラン:2年未満の解約で11,000円
注文ノルマ なし(定期配送) ネスレ定期お届け便の利用が必要
メンテナンス方法
  • 定期メンテナンスなし
  • フレッシュ機能あり

定期メンテナンスあり(安心サポート料に含む)

サイズ 29×35×111cm
  • ドルチェグスト:32×32×133.5cm
  • バリスタ:32×32×134.4cm
カラーバリエーション
  • マットブラック
  • マットホワイト

ブラックのみ

フレシャス「スラット+カフェ」の特徴

フレシャスのコーヒー機能付きウォーターサーバー「スラット+カフェ」の特徴を紹介します。

特徴①:好きなコーヒー豆を使えるのが最大の魅力

スラットカフェ

出典:frecious.jp

フレシャスのスラット+カフェは、有名コーヒーメーカーUCCとの共同開発によって誕生したウォーターサーバー。天然水を使ったドリップ式の抽出方法を採用しており、プロが淹れたような本格的なコーヒーを味わえます

スラット+カフェの最大の魅力は、専用ドリップポッドと市販のコーヒー豆のどちらでもコーヒーが淹れられること。気分や好みに合わせたコーヒーの楽しみ方ができ、豆の種類にこだわりたい人にもおすすめです。紅茶・緑茶モードも搭載しているので、種類に合わせた最適な抽出温度で飲み物が作れます。

特徴②:富士山の美味しい天然水が届く

出典:frecious.jp

スラット+カフェでは、富士山で採れた美味しい天然水が自宅に届きます。硬度24mg/ⅼの軟水でコーヒーと相性がいいのはもちろん、赤ちゃんのミルク作りにも使えますよ。フレシャスはその他2種類の天然水を取り扱っていますが、スラット+カフェでは利用できないので注意しましょう。

特徴③:水を3箱以上注文した翌月はレンタル無料でお得

コーヒー機能付きウォーターサーバー スラット+カフェ

出典:frecious.jp

スラット+カフェには月額1,320円のサーバーレンタル代が設定されていますが、前月に水を3箱以上注文すれば次月のサーバーレンタル料が無料になります。家族みんなでウォーターサーバーを使う人や、飲み水とコーヒーをたっぷりと飲みたい人にはぴったりですよね。

サーバーはスタイリッシュなデザインで、おしゃれなウォーターサーバーが欲しい人にも最適です。

こんな人には「スラット+カフェ」がおすすめ!
  • 美味しい天然水や飲み口が軽いコーヒーが飲みたい人
  • 好きなコーヒー豆でコーヒーが淹れたい人
  • 紅茶や緑茶も楽しみたい人
  • 毎月水をたっぷり使いたい人

アクアクララ「アクアウィズ」の特徴

アクアクララのコーヒー機能付きウォーターサーバー「アクアウィズ」の特徴は次の通りです。

特徴①:ネスカフェのコーヒーが手軽に飲める

アクアクララとネスレが共同で開発したアクアウィズは、ウォーターサーバーの上にコーヒーメーカーをそのままくっつけたようなデザインが特徴。専用カプセルを使うエスプレッソ式の「ドルチェグスト」と、専用のインスタントコーヒーを使うソリュブル式の「バリスタ」の2種類が展開されています。

ドルチェグストの専用カプセルは30種類以上のフレーバーがあり、有名コーヒーショップのスターバックスのブレンドや宇治抹茶、紅茶などが登場しています。カプチーノなどを淹れるときはミルクカプセルを使うことで、カフェのようなふわふわのミルクフォームを作れますよ

特徴②:コーヒーの味を邪魔しないRO水を採用

アクアウィズは、嫌なニオイがなくコーヒー本来の味を引き出せるRO水を採用。2年プランの場合は、月額2,200円の安心サポート料がかかるものの、24LのRO水を2,808円のお手頃価格で購入できます

安心サポート料には定期メンテナンスや設置サービス、故障時の対応などが含まれていて、長く安心してウォーターサーバーを使いたい人におすすめです。

特徴③:ネスレ定期お届け便で好きなコーヒーが毎月届く

アクアウィズを利用する場合は「ネスレ定期お届け便」を別途契約することで、毎月安くコーヒーを購入できます

「ネスカフェ バリスタ」は約10種類のカフェメニューから選択でき、1杯あたり約13円とお手軽にコーヒーを楽しめます。「ドルチェグスト」は1杯あたり約52円とややコストは上がりますが、本格的な美味しいコーヒーが飲めるのが特徴です。

ネスレ定期お届け便の契約は必要ですが、アクアクララは水の注文ノルマや自動配送はありません。必要なタイミングで注文できるスタイルなので、水が余る心配はなく、お得にウォーターサーバーを利用できますよ。

こんな人には「アクアウィズ」がおすすめ!
  • クリーミーで濃厚なコーヒーが飲みたい人
  • バリエーション豊富な専用カプセルを楽しみたい人
  • 充実したサポートを受けたい人
  • 水をリーズナブルに購入したい人

コーヒー機能付きウォーターサーバーのまとめ

コーヒー機能付きウォーターサーバー

  • コーヒー機能付きウォーターサーバーがあれば、美味しい水とコーヒーがいつでも飲める
  • 豆の種類や味にこだわる人には、コーヒー豆対応のモデルがおすすめ
  • ウォーターサーバーを選ぶときは、抽出方法や水の種類、月額料金をチェックしよう

今回は、今話題のコーヒー機能付きウォーターサーバーについてまとめました。人気機種であるフレシャスとアクアクララのウォーターサーバーを紹介したので、気になる人はぜひチェックしてくださいね。コーヒー機能付きウォーターサーバーを設置して、毎日の暮らしをグレードアップしましょう。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー