【ツーリングの必需品】バイク用インカムおすすめ16選!音質重視のモデルや安い製品も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

ツーリングをより楽しむのに便利なバイク用インカム。ヘルメットにインカムを取り付ければ、バイクでの走行中であっても仲間との会話を楽しめます。

バイク用インカムには、音楽が聴ける機能が付いたものや通信距離が長いもの、スマホアプリ付きのタイプなど、種類が豊富なため「何を選べばよいかわからない」という方もいるはずです。

そこで今回はバイク用インカムの選び方や人気メーカー、取り付け方までをご紹介します。おすすめのバイク用インカムも、対応人数に分けてランク付けしているので、購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

バイク用インカムの選び方

バイク用インカムは、一緒に走る人数や目的、利用するシーンに応じて選ぶことが大切です。選び方のポイントをおさえておくことで、自分に合ったインカムを見つけやすくなるでしょう。

通信する人数に合わせた通話可能人数で選ぶ

まずは、一緒にツーリングする人数を考慮しましょう。バイク用インカムは、製品によって同時通話できる人数が異なります。ツーリング中の会話を楽しむためには、人数に対応したインカムを選ぶ必要があります。シーンごとに、詳しく見ていきましょう。

ソロツーリング・タンデムなら2人同時通話モデル

ソロツーリング・タンデムなら2人同時通話モデル

ソロツーリングやタンデム(2人乗り)でのツーリングには、2人同時通話に対応しているローエンドモデルが適しています。ソロツーリングではラジオや音楽を楽しむ方も多く、通信機能はあまり重視されません。仮にタンデムツーリングでも、距離が近いので2人同時通話対応モデルのリーズナブルな4,000円前後の商品でも十分です。

なお、ソロツーリングやタンデムの場合には、機能面を優先して選ぶのがおすすめ。たとえば2人同時通話モデルには、有線と無線の選択肢があります。有線は通話の安定性が確保できるのに対し、無線はケーブルの煩わしさがないことがメリットです。利便性を感じる部分は人によって異なるので、自分が優先させたいものを重視して選びましょう。

複数人のマスツーリングなら4人以上の同時通話対応モデル

複数人のマスツーリングなら4人以上の同時通話対応モデル

4人以上でのツーリングでは、切り替え不要で4人以上の同時通話が可能なハイエンドモデルが最適です。安価な商品の場合でも複数人とペアリングは可能ですが、相手が変わるたびにボタンを押して設定し直す必要があり、グローブをしている場合は操作が難しいかもしれません。

その点、4人以上の同時通話に対応した高性能なインカムを使えば、切り替え不要で複数人と同時に会話ができます。商品によっては通信距離が長く、ノイズを減らす機能もあり、クリアな音質で会話を楽しめるでしょう。手動と自動の切り替えタイプも存在しますが、走行中に上手く切り替えられない場合があるため、予算に余裕があるなら自動切り替えタイプがおすすめです。

利用シーンに合った通信距離で選ぶ

バイク用インカムは、利用するシーンによって適した通信距離が異なります。通信距離が適していないと、通信が切断されてしまい仲間との会話ができません。シーンに合った通信距離のインカムを選ぶことで、安定した会話を楽しめます。

少人数での街乗りなら200m以上

少人数での街乗りなら200m以上

少人数で街中を走行する場合は、通信可能距離が200m以上ある製品を選びましょう。街中ではスピードをあまり出せないため、複数で走行しても仲間同士の距離があまり開きません。

しかし、他の車が間に入ったり、建物が密集したりする場所では、電波が届きにくい場合があります。また、街中であっても100mほどは仲間と離れるケースがあるので、200m程度の通信距離があると実用的で安心です。

大人数で高速道路も利用するなら1㎞以上

大人数で高速道路も利用するなら1㎞以上

大人数や高速道路で利用するなら、通信可能距離が1km以上のものを選びましょう。とくに高速道路を走行する場合、スピードが出るため仲間との距離も離れがちです。通信可能範囲が狭いとペアリング設定が切れてしまい、通信が途切れることも少なくありません。

また、大人数で走行する場合には、先頭と最後尾の距離が開くことがあります。このようなときも電波が届かなくなる恐れがあるので、高速道路の走行時と同じく通信可能距離が1km以上の製品を選びましょう。

連続使用時間が8時間以上ならロングツーリングでも安心

連続使用時間が8時間以上ならロングツーリングでも安心

長距離ツーリングでの利用が目的であれば、連続使用時間が8時間以上のモデルを選びましょう。8時間以上連続で使用できれば、長距離・長時間のツーリングであっても十分に対応できます。

ただし、音楽・ラジオの使用やインカムの接続状況によって、バッテリーの減り具合は異なります。バッテリーの減りが早いと感じたときは、休憩時には電源をOFFにするなどの工夫をすることで、長く使用できます。

会話をしながら音楽や案内を聞ける音楽併用機能がおすすめ

会話をしながら音楽や案内を聞ける音楽併用機能がおすすめ

音楽と会話を同時に楽しみたい場合は、音楽併用機能があるモデルがおすすめです。音楽併用機能が搭載されたモデルでは、会話中でも音声案内が聞けます。複数人でツーリングする場合、先頭のライダーが進路決定や連絡の責任をもつことがあるでしょう。音楽併用機能があれば、会話と音声案内を並行できるので便利です。

また、音楽併用機能の中には音楽を共有できるタイプも存在します。Bluetooth接続でスマホと連携できるタイプも登場しており、複数人で音楽を聴きながら会話もできますよ。

いろんな人と走るなら他社同士で接続できるモデルを

色んな人と走るなら他社同士で接続できるモデルを

毎回違う人とツーリングを楽しむのであれば、他社同士で接続できるモデルを選びましょう。バイク用インカムには、他社の製品とは接続できないモデルが存在します。しかし、同じメーカーの製品で揃えるのは、顔見知りのみのグループでないと難しいでしょう。

いろんな人と走る場合には、インカムのメーカーが違ってもいいように他社のインカムに接続できるモデルを選ぶ必要があります。対応できる範囲は製品によって異なるため、できる限り幅広い製品に接続できるモデルを選びましょう。

その他の便利な機能もチェック

バイク用のインカムを選ぶときは、便利な機能も忘れずにチェックしましょう。便利機能が充実していると、より快適なツーリングを実現できます。

接続が切れても自動で再接続できる「自動経路制御機能」

接続が切れても自動で再接続できる「自動経路制御機能」

出典:amazon.co.jp

自動経路制御機能は、最適な接続経路を確保してくれる機能です。通信圏外などの理由で通信が切断された際、通信可能圏内に戻ると自動的に通信を復帰させてくれます。

自動経路制御装置は「メッシュ機能」とも呼ばれており、搭載されていないタイプと比べて再接続の時間を大幅に短縮できます。ペアリングにかかる時間と手間を削減できるので、よりスムーズなツーリングを実現できるでしょう。

雨の日でも安心な「防水・防塵機能」

雨の日でも安心な「防水・防塵機能」

出典:amazon.co.jp

バイク用インカムを選ぶ際には、JIS規格をクリアした製品がおすすめです。防水・防塵性能に優れているので、急に雨が降り出しても心配ありません。悪天候でも、安心して使用できます。

JIS規格を満たした製品の場合、スペック記載部分に「IP6」「IP7」といった形で表記されており、数値が大きくなるほど防水・防塵性に優れています。より防水性に優れたものを求めるのであれば、IPX7以上の製品がおすすめです。

スマホから操作できる「スマホアプリ付き」

スマホから操作できる「スマホアプリ付き」

「インカムを使いこなせるか不安」という方は、スマホから操作できるスマホアプリと連動可能なモデルがおすすめです。Bluetoothに接続するだけで、スマホでインカムの操作ができます。使い慣れたスマホであれば、インカムの操作もしやすいですよ。

また、スマホアプリ付きのタイプは、アプリ上でマニュアルやQ&Aなど、サポート機能を使用できるタイプもあります。出先でも気軽に確認できるので、使い方に不安がある人でも安心ですね。なお、iPhone・Androidのどちらかしか対応できない製品もあるので、対応機種については事前に確認しましょう。

【1~2人用】バイク用インカムおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格サイズ重量通話可能人数通信距離連続使用時間防水性能音楽併用機能その他の機能
onull バイク イヤホン インカム楽天市場¥4,280 AmazonYahoo!--2人-40時間n※待機:400時間ありn※詳しい記載なし〇n(※2台端末同時では聴けない)・ノイズキャンセリング
OMMQ バイク インカム楽天市場¥6,880 AmazonYahoo!--2人1000m60時間n※待機:600時間IP67防水・バッテリー残量検出n・ローバッテリー通知機能n・ハンズフリー通話n・音声アシスタントn・他社ペアリング
SETHDA バイク インカム イヤホン マイク¥4,980 楽天市場AmazonYahoo!--1人--n※待機:160時間IP67防水・ナビ機能n・FMラジオ機能n・ハンズフリー通話
Uandear バイク イヤホン楽天市場¥4,131 AmazonYahoo!90×84×32mm80g1人-50時間n※待機:500時間IPX67級・電話自動応答
SETHDA 2023 バイク インカム¥4,580 楽天市場AmazonYahoo!--1人-16時間n※待機:300時間IP 65・音声アシスタントn・電話自動応答
FILTWO バイクインカム楽天市場¥4,980 AmazonYahoo!--2人最大800mn※会話距離:300m40時間IP67・電話自動応答n・電話n・レーダーn・ナビ機能
FODSPORTS(フォッドスポーツ) バイク インカム M1-S Air楽天市場¥6,374 AmazonYahoo!--2人500m約20時間n※待機:300時間IP65相当・ナビ機能n・3段階音質調整n・音楽共有n・ラジオ機能n・他社ペアリングn・ノイズキャンセリング機能
ニコマク バイク用 インカム楽天市場¥12,800 AmazonYahoo!--2人最大1,500mn※会話距離:500m30時間IP65・他社ペアリングn・日本語音声案内n・バッテリー残量検出機能n・通信自動復帰機能

【1~2人用】バイク用インカムおすすめ人気ランキング8選

まずは、1~2人で使用する際におすすめのバイク用インカムのランキングです。コストパフォーマンスに優れたものや通信性能が高いものも存在するので、ソロやタンデムでのツーリングを楽しみたい方は、ぜひ参考にしてください。

【3人以上用】バイク用インカムおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格サイズ重量通話可能人数通信距離連続使用時間防水性能音楽併用機能その他の機能
Amison バイクインカム¥8,711 楽天市場AmazonYahoo!--~10人最大2000m ※二人インカム通話の場合1000m28~33時間 ※待機:360時間IP67・音楽共有 ・FMラジオ ・ノイズキャンセリング ・他社ペアリング
FODSPORTS バイク インカム M1-S Pro¥9,980 楽天市場AmazonYahoo!--~8人最大2000m ※2つのデバイス間では最大500m-IP65・ハンズフリー通話 ・GPS ・音声コマンド ・AUX機能 ・バッテリー不足通知機能 ・他社ペアリング
デイトナ インカム DT-E1 WIRELESS INTERCOM¥20,380 楽天市場AmazonYahoo!奥行96×幅43.5×高さ26.5mm54g~4人800m12時間IP67・音楽共有 ・他社ペアリング ・スピードダイヤル ・ボイスミキサー機能
MIDLAND(ミッドランド) BT R1 Advanced バイク用 インカム楽天市場¥23,082 AmazonYahoo!--~4人最大1200m ※グループ通話モード時:700m約23時間IPX6相当-・音声認識機能 ・電話自動応答 ・空間オーディオ対応 ・FMラジオ ・AGC機能 ・他社ペアリング
DAYTONA (デイトナ) バイク用 インカム DT-01¥26,812 楽天市場AmazonYahoo!奥行105×幅46.5×高さ19.4mm52g~6人1000m約12時間防水防塵仕様IP67-・Gセンサー機能 ・ボイスミキサー機能 ・音楽共有 ・スピードダイヤル機能 ・他社ペアリング
LX-B4FM バイク インカム楽天市場¥9,499 AmazonYahoo!--~10人1600m15時間 ※待機:350時間IP67防水・音楽共有 ・FMラジオ ・ナビ機能 ・ノイズキャンセル機能
YOME バイクインカム楽天市場¥8,999 AmazonYahoo!--2~10人最大2000m ※会話距離:1200m40時間IP67防水-・音楽共有 ・FMラジオ ・日本語音声 ・ハンズフリー通話 ・ユニバーサル機能 ・他社ペアリング
cardo(カルド) PACKTALK EDGE パックトーク エッジ バイク用インカム¥63,900 楽天市場AmazonYahoo!46×84×23mm47g1~15人最大1600m13時間 ※待機:10日-・FMラジオ ・ソフトウェアアップデート ・自動音量調整機能 ・自動再接続機能 ・他社ペアリング

【3人以上用】バイク用インカムおすすめ人気ランキング8選

つづいて3人以上で利用する際におすすめのバイク用インカムです。高機能な製品も豊富に存在するので、性能を求める方もぜひ参考にしてください。

バイク用インカムのおすすめ人気メーカー

バイク用インカムは、販売元のメーカーによって商品の特徴が異なります。それぞれの強み・メリットをもとに、自分の目的に合ったメーカーを探しましょう。

おすすめの人気メーカー
  • SENA(セナ):ラインナップが豊富
  • Daytona(デイトナ):操作性抜群
  • MIDLAND(ミッドランド):世界中で愛用される老舗メーカー
  • SYGNHOUSE(サインハウス):ライダーの利便性を追求

ラインナップが豊富な「SENA(セナ)」

SENAはラインナップの豊富なメーカーです。バイクをはじめ、スポーツなどのさまざまなインカムを販売するインカムのグローバルリーダー的存在。とくにバイク用インカムは種類が豊富で、初心者から上級者まで幅広いユーザーに満足のいく製品が揃っています。

日本製のヘルメットとの相性も良く、バイク用ヘルメットとして認知度のあるSHOEIは、SENAのインカムを内部に取り付けられる製品も出しています。そのほかのメーカーの商品とも互換性を持つことから、汎用性の高いインカムとして人気です。

操作性抜群の「Daytona(デイトナ)」

おすすめ
デイトナ インカム DT-E1 WIRELESS INTERCOM

Daytona(デイトナ)は、2008年に初めてBluetoothインカムを発売して以来、操作性の優れた製品を販売するメーカーです。「クールロボシリーズ」からはじまり、グローブをつけたままでも操作できるインカムを幅広く取り扱っています。また、1万円以下で購入できる製品も豊富に販売していることから、コストパフォーマンスに優れたメーカーとしても人気です。

世界中で愛用される老舗メーカー「MIDLAND(ミッドランド)」

おすすめ

MIDLAND(ミッドランド)は、60年以上の歴史を持つイタリアのメーカーです。世界73ヵ国で販売されており、「ユニバーサルインターカム機能」を世界で初めて導入したことでも知られています。

さらに2016年には、オートバイ用通信機として世界初となる、「距離・人数無制限」を実現。鈴鹿サーキットのアトラクションでも採用されているなど、機能性の高さにも定評があることから、高品質なインカムを求める方におすすめのメーカーです。

ライダーの利便性を追求する「SYGNHOUSE(サインハウス)」

SYGNHOUSE(サインハウス)は、ライダーの利便性を追求した製品を販売するメーカーです。バイク用ナビと連動できるインカムをはじめ、ライダーの快適なツーリングをサポートする製品の開発に注力しています。たとえばスマホ連動機能が搭載されたモデルでは、「Siri」や「Googleアシスタント」などの音声認識機能の使用が可能。音声で指示を与えられるので、運転の妨げになりません。よりツーリングを楽しみたい方に、おすすめのメーカーです。

バイク用インカムの取り付け方

バイク用インカムの取り付け方

出典:rakuten.co.jp

バイク用インカムは、誰でも簡単に取り付けられます。市販されているほとんどの商品はクリップ式で、ヘルメットの隙間にフックを差し込むだけで取り付け可能です。また一部の製品には、マジックテープや強力な両面テープを使うタイプもあります。テープを使うタイプであれば、隙間の少ないヘルメットにも簡単に装着できます。

なお、それぞれが分離したタイプの場合、まずヘルメットの側頭部にベースを取り付け、ヘルメット内にイヤホンやマイクを装着するのが一般的です。ベース・イヤホン・マイクは、強力な両面テープで固定します。

バイク用インカムの関連商品

バイク用品にはインカム以外にも、さまざまなアイテムが存在します。インカムと組み合わせて使用することで、さらにツーリングを快適にできますよ。

長距離ツーリングで便利な「バイク用ナビ」

長距離ツーリングをする際は、バイク用ナビの利用がおすすめです。道路情報をリアルタイムで取得できるので、渋滞や工事を避けられ、快適にツーリングを楽しめます。知らない土地まで足を延ばしたときでも、道に迷う心配がありませんよ。

バイク用ナビをお探しのときは、以下の記事もご参照ください。

関連記事:最新の地図に対応!バイク用ナビおすすめ20選・防水性や耐震性に優れたモデルも紹介

ナビやスマホを取り付けるマウントはこちらの記事で紹介しています。

関連記事:[落ちない&着脱が簡単にできる]バイク用おすすめスマホマウント&ホルダー12選 (2023年)

ドラレコやスマホの充電ができる「バイク用USB電源」

バイク用USB電源は、ドライブレコーダーやスマートフォンが充電できる便利なアイテムです。走行しながら充電できるので、出先での充電切れの心配がありません。ドライブレコーダーの充電も可能なため、「充電切れで撮影できていなかった」といったトラブルを防げます。

バイク用USB電源が気になる方は、以下の記事もぜひご覧ください。

関連記事:取り付け簡単!バイク用USB電源おすすめ20選・シガーソケットやUSB Type-Cを搭載した製品も

バイク用のドライブレコーダーはこちらの記事で紹介しています。

関連記事:意味はある?バイク用ドライブレコーダーおすすめ10選!日本製やヘルメット装着型も

快適なツーリングをサポートする「電熱グローブ」

電熱グローブは、ヒーターが内蔵されたバイク用手袋です。手指を暖めてくれるので、肌寒い日や寒冷地での走行時に役立ちます。バイクは屋根がなく、環境の変化による影響が大きいものです。電熱グローブを使えば、寒い日の手先の冷えに悩まされずに済みます。

電熱グローブについて、詳しく知りたい方は、以下の記事もご参照ください。

関連記事:2023年最新】電熱グローブおすすめ19選|人気のコミネやUSB給電式も【バイク乗り必見】

バイク用インカムのよくある質問

この章では、バイク用インカムに関するよくある質問をまとめました。事前に把握しておくと便利な内容もあるので、これから購入する方はぜひ参考にしてください。

安いバイク用インカムはありますか?

バイク用インカムは、安い製品だと7,000~8,000円ほどから購入できます。大手メーカーの製品もあるので、安心して入用できますよ。なお、より安価な製品もありますが、機能やサポート体制に制限がある場合がほとんどです。いざ利用するときに不便さを感じないよう、自分が必要な機能が搭載されている製品を選びましょう。

バイクで音楽を聴きながら走行しても問題ないのですか?

道路交通法では安全運転が義務づけられていますが、バイク用インカムで音楽を聴きながら運転することが規制されているわけではありません。

ただし、都道府県によっては、イヤホンの使用に関する規定を設けている場合があるので、確認したうえで使用しましょう。規定に違反すると、検挙される可能性があるので注意が必要です。

他社製品と接続できるかはどうやって確認できますか?

自社の製品同士なら簡単に接続できるバイク用インカムですが、他社の製品と接続する場合は「ユニバーサルインターコム」という機能を利用する必要があります。そのため他社製品と接続する際は、相手の製品がユニバーサルインターコムに対応していることを確認しましょう。接続数や方法も製品によって異なるので、事前に確認するとより快適なツーリングが楽しめます。

バイク用インカムはどうやって充電するのですか?

市販されているほとんどの製品は、専用の充電器もしくはUSB充電器などで充電します。なお、充電状態を確認できるインカムを利用すれば、出先での充電切れを防げて便利です。

バイク用インカムのバッテリーの寿命はどのくらいですか?

製品によって異なります。一般的には「バッテリーの持ちが悪くなった」「頻繁に充電しなければならなくなった」などの症状が確認されたときが、バッテリー交換の目安です。走行中に電源が切れやすくなるので、メーカーにバッテリー交換を依頼するか、買い替えを検討しましょう。

バイク用インカムに保証は付いていますか?

大手メーカーが販売しているインカムは、ほとんどの製品に保証が付いています。保証期間は製品によって異なるため、付属の保証書を確認しましょう。

おすすめバイク用インカムまとめ

バイク用インカムは、ツーリングを楽しむ際に便利なアイテムです。利用するシーンや目的に応じて、適した製品を選ぶことで、仲間とのツーリングをより快適なものにできます。バイク用インカムの購入を検討するときは、以下のポイントをおさえておきましょう。

  • 通信可能人数は使用する人数に応じて選ぶ
  • ロングツーリングが目的なら連続使用時間をチェック
  • 音楽併用や自動経路制御機能などの便利機能が充実しているとさらに快適

自分に合ったバイク用インカムを見つけ、仲間とのツーリングをさらに充実させましょう。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー