【2024年】日本メーカー製モバイルバッテリー おすすめ16選!軽量小型モデルも

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

【2021年】日本製モバイルバッテリー おすすめ15選|安心の国産モデルを厳選

出典:amazon.co.jp

スマートフォンの予備電池として人気のモバイルバッテリー。旅行や出張のため、自分に合ったモバイルバッテリーが欲しいという人も多いことでしょう。

今回は、そんなモバイルバッテリーの中でも、品質が良く安全とされる「国内メーカーモデル」に注目。日本メーカー製モバイルバッテリーの良さや選び方を解説し、エレコムやソニーといった人気メーカーのおすすめ製品をメーカー別ランキングでご紹介します。

日本メーカー製モバイルバッテリーの購入を考えている人や、人気機種を知りたい人にぴったりの記事です。ぜひ参考にしてください。

この記事を監修した専門家

ガジェットブロガー
もんたな
100製品以上のガジェットをレビュー。日常使いから、旅行、海外出張まで、10種類以上のモバイルバッテリーを使い使い比べてきました。
ガジェットのレビューブログ「ガジェスペ」を運営中。パソコン周辺機器や、デスク周りの便利ガジェットなど、ガジェット大好き人間が実際に使用した口コミ、レビューを紹介しています。

    モバイルバッテリーとは

    モバイルバッテリーとは、スマホやタブレット、ノートパソコンなどの電子機器に使える二次電池のことです。外出先での待ち時間にスマホで動画を見たりゲームしたりする人も多いと思います。でも、長時間使っていると、いつの間にかバッテリー残量が少なくなっていることも。

    そこで活躍するのが「モバイルバッテリー」です。モバイルバッテリーがあれば、手軽にスマホへ給電。バッテリー残量を回復できます。モバイルバッテリーは、アウトドア・旅行・出張・災害対策など様々な用途で大活躍します。

    Amazonで検索すると、モバイルバッテリーの多くは、中国などの海外メーカーが製造・販売しています。でも、海外製は発熱発火などを心配する声も。安心安全に使いたいなら、やはり日本メーカーのモバイルバッテリーがおすすめです。

    もんたな

    アフターサポートの面も考慮に入れた検討がおすすめです。海外製のモバイルバッテリーだと、万が一故障した際、問い合わせ先が海外だったり、販売中止でwebサイトが確認できなくなるリスクがあります。その点、日本メーカーなら、万が一の際にもサポートを受けやすい安心感がありますね。

    日本メーカー製モバイルバッテリーの特徴

    安全性が高い

    日本メーカーのモバイルバッテリーは、安全性が高いのが特徴です。充電中の不意の発火や異常発熱が起きにくく、スマホなどのデバイス側にも悪影響を与えにくいのが特徴です

    たとえば、Sony(ソニー)のCP-V3BABには、独自の安全技術「Safe Charge」が搭載されています。これは、「発熱制御システム」「スマート制御ICチップ」「液漏れ防止ゲルポリマー」によって、発熱や液漏れを防止します。口コミでも「ほとんど発熱しないので驚いた」といった、安全性を高く評価する声が聞かれています。

    安全性が高いモバイルバッテリー

    海外製のモバイルバッテリーは安い反面、「突然発火した」「電池が膨らんだ」「爆発した」という口コミも。実際、消費者庁のホームページによれば、2013~2019年までの6年間で、モバイルバッテリーによる事故は162件ありました。安全性を軽視した海外製のモバイルバッテリーがたくさん流通したためです。

    ※参考:消費者庁「モバイルバッテリーの事故に注意しましょう!」

    現在では日本国内でモバイルバッテリーを販売するには経済産業省への届出が必要なのに加え、PSE認証の取得が義務付けられています。Amazonや楽天市場での販売基準の見直しもされていますが、やはり安全面を考えると、国内の環境にカスタマイズされた、日本メーカーのモバイルバッテリーに勝るものはありません。

    品質や耐久性に優れている

    日本メーカーのモバイルバッテリーは、品質や耐久性も折り紙付きです。

    たとえば、BUFFALO(バッファロー)のある人気モバイルバッテリーは、アルミとシリコンで本体が作られており、「IP65」という高い防水・防塵・耐衝撃性を備えています。アウトドアでしっかり使えるように、頑丈に作られています。

    この点、海外メーカーの中には、防水性能やバッテリー容量が誇張されているものもあるため、粗悪品でトラブルを招くこともあります。その他、海外メーカーは日本語の問い合わせに対応していないなど、保証にも差が出る場合があります。

    品質と耐久性に優れたモバイルバッテリー

    もんたな

    海外製のモバイルバッテリーも品質面はだいぶ改善されているように感じますが、日本人の「ものさし」にあった基準で作られているかと言うと少し違います。日本メーカー製だと例えば、充電時の発熱でも熱くなりすぎず、安心感を持って使える設計にしているなど、日本人が日本人の生活スタイルに向けてデザインしている良さがあります。

    日本メーカー製モバイルバッテリーの選び方

    日本メーカーのモバイルバッテリーといっても、性能やバッテリー容量は様々です。次は、自分にあった選び方を見ていきましょう。

    バッテリー容量は用途に合わせて選ぶ!容量・重さ・値段の関係

    バッテリー容量が大きいとゲームや動画をとことん楽しめる

    出典:amazon.co.jp

    モバイルバッテリー選びで、まずチェックしたいのは、バッテリー容量です。バッテリー容量はmAh(ミリ・アンペア・アワー)という単位を使います。この数字が大きいほど、バッテリー容量も大きくなります。

    バッテリー容量 目安 重さ 値段
    5000~10000mAh
    • 一般的なスマホを1~2回フル充電
    200g前後 3,000円前後
    10000~20000mAh
    • 一般的なスマホを3~5回フル充電
    • ゲームや動画などを楽しむ人
    400g前後 5,000円前後
    20000~30000mAh
    • 一般的なスマホを6~8回充電
    • パソコンやタブレットと同時充電したい人
    • 旅行や出張が多い人
    500g前後 8,000円前後

    バッテリー容量が大きいと、スマホをフル充電できる回数が増え、バッテリー残量を気にせずゲームや動画を楽しめます。一方で、価格が高く、サイズや重量も大きくなります。携帯性を重視する人は、200グラム(約スマホ1台分の重さ)を目安に、バッテリー容量を確認しながら選ぶのがおすすめです。

    ひとことメモ

    携帯しやすいバッテリーを探している人は、5000 〜10000mAhを基準に、自分に合ったものを選んでいきましょう。

    関連記事:モバイルバッテリー 10000mAh おすすめ15選 !コスパ最強モデルを徹底比較

    関連記事:【プロが選んだ】大容量で軽量の20000mAh モバイルバッテリー おすすめ21選

    ポート数が多いと同時充電もできる

    ポート数が多いと同時充電もできる

    出典:amazon.co.jp

    USBポートの数や規格もチェックしておきましょう。USBポートが複数あれば、同時充電ができます。スマホを2台以上持っている人や、タブレット・パソコンなど他の電子機器も充電したい人は、多ポートタイプがおすすめです。

    ポートを確認するときは、出力値も確認しておきましょう。「合計」18Wと書かれているなら、全てのポートの合計で18Wという意味です。一方「各ポート最大18W」というのは、各ポートの最大出力のことです。間違いやすいので注意しましょう。

    急速充電をしたい人や、バッテリー容量の大きなタブレット・パソコンなどを充電する人は、適切な出力が確保できるかチェックしておきましょう。

    ひとことメモ

    USBポートが複数あるモバイルバッテリーを選ぶときは、出力が「合計」なのか「各ポート最大」なのかを確認し、適切なものを選びましょう。

    急速充電に対応していると充電時間を短縮できる

    急速充電に対応していると充電時間を短縮できる

    出典:amazon.co.jp

    急速充電に対応したモバイルバッテリーもあります。急速充電に対応していると、スマホのバッテリー残量を短時間で回復させることができます。

    製品の仕様に「USB PD(USB Power Delivery)」と記載があるチェックしてみましょう。また、Type-CポートがPD入力に対応なら、モバイルバッテリー「本体」も急速充電できるのでおすすめです。

    注意

    「USB PD(USB Power Delivery)」での急速充電をするには、モバイルバッテリーのほか、スマホとUSBケーブルも急速充電に対応している必要があります。急速充電は、iPhone8以降の機種や、最新のAndroid機種に対応しています。

    関連記事:【急速充電対応】タイプCモバイルバッテリーおすすめ17選!評判メーカーも紹介

    その他の便利機能で選ぶ

    モバイルバッテリー自体が、コンセント直接挿しての充電に対応しているか、防水・防塵機能があるかも、必要に応じてチェックしておきましょう。

    コンセントに直接挿せると携帯性も増す

    コンセントに直接挿せるタイプのモバイルバッテリーなら、モバイルバッテリー充電用のケーブルが不要なので、携帯に便利です。通常、スマホ給電用ケーブルとモバイルバッテリー充電用ケーブルの2本が必要です。この点、コンセントに直接挿せると、ケーブルが給電用1本でOK。旅行等で荷物を減らしたい人は、コンセントに直接挿せるタイプがおすすめです。

    関連記事:【そのまま充電OK】コンセント付きモバイルバッテリーおすすめ16選

    防水・防塵機能でアウトドアや防災にも

    水濡れやホコリに強い防水・防塵に対応したモバイルバッテリーもあります。防水や防塵機能が欲しい人は「IP保護等級(IP規格)」をクリアしているかチェックしておきましょう。IP保護等級は電気機器の保護等級のことで、数字が大きいほど強い保護機能があることを示します。モバイルバッテリーの場合は、「IP65」以上のものを選ぶと良いでしょう。

    他にも太陽光を利用したソーラーパネル式や、ワイヤレス(Qi対応)のものもあります。気になる人はぜひチェックしてみてください。

    関連記事:ソーラー充電式モバイルバッテリー おすすめ12選 |選び方や使い方を徹底解説

    関連記事:【初心者必見】最強登山用ヘッドライトおすすめ20選!充電式・電池式の人気モデルも

    PSEマークがついているか必ずチェック

    PSEマークがついているか必ずチェック

    出典:jqa.jp

    PSEマークは、電気用品において国内で安全に使用できる基準を満たしている製品のみが表示できるマーク。国内でモバイルバッテリーを販売する場合において表示が義務付けられています。

    安心安全に使用するため、日本メーカーの製品でもPSEマークがついているかはチェックしましょう。また万が一正規ルートの販売ではない商品を使わないために、モバイルバッテリーを購入後、使用する前にもチェックするのがおすすめです。

    もんたな

    PSEマークは、「丸形」と「ひし形」の2種類があります。モバイルバッテリーは「丸形」に該当し、モバイルバッテリー本体の裏面や側面などに必ず表記されています。また、バッテリー容量(mAh)やUSBポートの出力も併記されているので、webサイトのスペック通りになっているかもチェックしてみてください。

    専門家おすすめの日本メーカーのモバイルバッテリー

    この記事を監修した専門家もんたなさんおすすめのモバイルバッテリーをご紹介します。

    日本メーカーのモバイルバッテリーの比較一覧表

    Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れているおすすめ商品を厳選しました。※おすすめ人気ランキングは監修対象外です。
    商品最安価格本体サイズ本体重量バッテリー容量USBポート出力急速充電
    ELECOM(エレコム) モバイルバッテリー/おまかせ充電/ホワイトフェイス楽天市場¥1,394 AmazonYahoo! 8.2 x 11.6 x 5.2 cm 100g 3200mAh Type-A 1ポート USB DC5V 2.1A -
    エレコム モバイルバッテリー DE-C34-20000楽天市場¥3,636 AmazonYahoo!約75×27.6×150mm約435g20000mAhUSB Type C / USB Type A20W
    エレコム モバイルバッテリーブラック EC-C05BK楽天市場¥2,699 AmazonYahoo!幅約70mm×奥行約16mm×高さ約143mm約231g10,000mAhUSB Type-C(TM)(USB-C(TM))ポート×1、USB-Aポート×1定格出力電圧:DC5V、定格出力電流:合計3A
    エレコム モバイルバッテリー NESTOUT DE-NEST-12000GY楽天市場¥6,880 AmazonYahoo!幅約85mm×奥行約36mm×高さ約129mm 約340g12,000mAhType-C×1 / USB-A×2定格出力電圧:USB Type-C(TM)(USB-C(TM))は5V/9V・USB-Aは5V、定格出力電流:合計32W USB Type-C(TM)(USB-C(TM))は3A/2.22A・USB-Aは2.4A-
    ソニー USBポータブル電源 (3400mAh ブラック) CP-V3BAB¥7,218 楽天市場AmazonYahoo!-92g 3,400mAh標準USBポート最大5V/1.5A-
    パナソニック USB入出力付充電器 BQ-CC91¥2,836 楽天市場AmazonYahoo!H66×W85×D29mm90g-USB Type-A(出力) USB-microB(入力)-×
    マクセル モバイルバッテリー MPC-C6700PBK ブラック¥4,230 楽天市場AmazonYahoo!幅45mm×高さ98mm×厚み22.5mm(突起部を除く)約130g6,700mAh-DC5V/最大2.1A -
    マクセル スティック型モバイル充電バッテリー MPC-CS5001BK楽天市場¥2,555 AmazonYahoo!11.5 × 2.6 cm約105g5,000mAhUSB Type CDC5V/最大2.4A-
    マクセル モバイル充電バッテリー MPC-CW10000P楽天市場¥5,028 AmazonYahoo! 16.1 x 9.2 x 4.2 cm 180 g 10050mAh 2ポート 最大出力2.1A -
    cheero モバイルバッテリー CHE-118-IOT¥3,680 楽天市場AmazonYahoo! 約 46 × 98 × 24 mm 約 205 g 10000mAh USB-C (PD) /USB-A 最大18W
    cheero(チーロー) Power Plus 3 13400mAh DANBOARD オリジナルカラー CHE-067¥7,920 楽天市場AmazonYahoo! 約 92 × 80 × 23 mm 約 245 g 13400mAh USB×2ポート (Auto-IC機能付き) DC 5V / 3.4A(合計) -
    BUFFALO(バッファロー) モバイルバッテリー 6700mAh BMPB6700WPBK楽天市場¥3,480 AmazonYahoo! 12.1 x 5.2 x 2.7 cm 194 g 6700mAh Type-A 1ポート 5V/2.1A -
    willcom(ウィルコム) モバイルバッテリー 5000mAh確認中 楽天市場AmazonYahoo! 13×5.5×2cm 210g 8000mAh microUSB充電ケーブル付属25cm、Type-C変換コネクタ付属 USB(2.1A)/microUSB(1A) -
    willcom(ウィルコム) モバイルバッテリー8000mAh ホワイト LAU080-10WH楽天市場¥3,107 AmazonYahoo! 13×5.5×2cm 重量210g 8000mAh Type-A 1ポート/microUSB 1ポート USB(2.1A)/microUSB(1A) -
    CIO モバイルバッテリー SMARTCOBY TRIO 20000楽天市場¥8,980 AmazonYahoo!約95× 69×29.5mm約333g20000mAhUSB Type-A / USB Type-C×267W
    CIO モバイルバッテリー SMARTCOBY Pro SLIM楽天市場¥4,818 AmazonYahoo!約97.6×69×16.2mm約180g10000mAhUSB Type-A / USB Type-C×235W

    【ELECOM(エレコム)】日本メーカーのモバイルバッテリー おすすめ4選

    【Sony(ソニー)】日本メーカーのモバイルバッテリー おすすめ1選

    【Panasonic(パナソニック)】日本メーカーのモバイルバッテリー おすすめ1選

    【maxell(マクセル)】日本メーカーのモバイルバッテリー おすすめ3選

    【cheero(チーロー)】日本メーカーのモバイルバッテリー おすすめ2選

    関連記事:【かわいい&大容量】cheero モバイルバッテリー おすすめ10選 |全機種比較&評価レビュー

    【BUFFALO(バッファロー)】日本メーカーのモバイルバッテリー おすすめ1選

    【willcom(ウィルコム)】日本メーカーのモバイルバッテリー おすすめ2選

    【CIO(シーアイオー)】日本メーカーのモバイルバッテリー おすすめ2選

    その他の人気メーカー

    無印良品(MUJI)

    ・USB用モバイルバッテリー・急速充電器付MJ-PSMB1

    無印良品から出ているモバイルバッテリーは、シンプルで機能性の高いのが特徴です。10000mAhのバッテリーや、ACプラグに対応した5000mAhのものがあります。電池残量が3つのランプで分かりやすく表示されます。「使いやすい」「シンプルでおしゃれ」「軽量」といった好意的な口コミが多かったですよ。

    ダイソー

    ・スマートフォン モバイルバッテリー 4000mAh

    100均でおなじみのダイソー。3000mAh/1ポート(最大5V1A)モデルが販売されていましたが、最近は4000mAhに進化。同じ値段(500円)でバッテリー容量が増えたと、ブログやツイッターでも話題になっています。ちなみに、1,000円出すと、大容量10000mAh(最大5V/2.4A)のものも買えるので、気になる人はぜひチェックしてみましょう。

    モバイルバッテリーの関連商品

    モバイルバッテリーを使うときにあると便利なアイテムをご紹介します。

    シリコン製で耐久性が高いUSBケーブル

    シリコン製のUSBケーブルは、しなやかで耐久力が高いです。収納するときに気兼ねなくしまえるのは嬉しいポイント。

    また使うときにケーブルが絡みにくいので、ストレスなく使えるのも魅力です。

    モバイルバッテリーを急速充電する充電器

    急速充電に対応したモバイルバッテリーを使っているなら、充電器も急速充電がおすすめ。

    休息充電器によっては、複数の端末を一度に休息充電できるタイプもあります。充電する機器が多い方や急速充電に対応した充電器を探している方に適しています。

    まとめ

    いかがでしたか?ここまで、日本メーカー製モバイルバッテリーの特徴や選び方、メーカー別おすすめ商品ランキングを紹介しました。

    日本メーカーのモバイルバッテリーは安全で品質が良く、日本人が使いやすいデザインになっており、アウトドアや災害対策にぴったりです。

    選び方は、モバイルバッテリーで何をしたいかによって変わってきます。日常使いなら、バッテリー容量は5000〜10000mAhで十分ですが、旅行や出張で使う人や、ゲームや動画をガッツリ楽しみたい人は20000mAh近くのものがモデルも候補に上がるでしょう。

    アウトドアや災害対策としてモバイルバッテリーの利用を考えている人は、防水・防塵機能があり、複数同時に充電できる機能があると心強いですよ。

    ぜひ、日本メーカーのモバイルバッテリーを利用し、トラブルの少ない快適なスマホライフを送りましょう。

    関連記事:マニアが実機レビュー!モバイルバッテリーおすすめ35選【軽量•小型•コンパクト】

    関連記事:インスタでも話題 かわいいモバイルバッテリー 人気 おすすめ21選!

    関連記事:【1回の充電にピッタリ】5000mAhモバイルバッテリーおすすめ27選!小型・軽量タイプも

    SNS

    Picky’sのSNSアカウントをフォロー