【マニアが徹底解説】2021年新型のGoPro HERO10をレビュー!9との違いは?

2021年新型のGoPro HERO10をレビュー

出典:gopro.com

2021年9月16日にGoProの新製品、「GoPro HERO10 Black」を発表しました。カメラの頭脳となるプロセッサが「GP2」に進化し、最大5.3K 60pの超高画質でとても滑らかなビデオ撮影が可能になりました。また、手ぶれ補正機能の「HyperSmooth 4.0」は最大45°までの水平維持が可能になりました。

この記事ではGoPro HERO10の新機能や前世代であるHERO9との比較を徹底的にレビューしていきます。

GoPro(ゴープロ)
最安値 ¥64,000 (税込)

GoPro HERO10 Blackはどこが進化した?

プロセッサをGP2に刷新

プロセッサをGP2に刷新

出典:gopro.com

レンズとセンサーが人でいう目なら、GoProのプロセッサは人でいう頭脳にあたります。HERO10のアップデートはGP1プロセッサからGP2プロセッサへの進化が一番大きいです。頭脳が速くなっているため、より多くの計算を素早く行えるようになりました。

GO2によってさまざまな面の性能が向上しました。

  • パフォーマンスが倍増
    5K30p→5.3K60p, 4K60p→4K120p
  • 画質の向上
    23MPの写真撮影が可能に
  • 手振れ補正の進化
    HyperSmooth 4.0
  • 操作性の向上
    インターフェースの反応が向上
  • ファイル転送の速度向上
    有線での転送機能を搭載

最大5.3K 60p!4Kなら120pの驚きのビデオ性能

GP2プロセッサの搭載でビデオ性能が圧倒的に進化しました。最大画質が5Kから5.3Kに向上したり、映像の滑らかさ(フレームレート(fps))は2倍に向上しています。4Kで120p撮影が可能になったため、一気にプロでも使用できるスペックまで向上しています。また、今まで30pまでしか対応していなかった5.3Kでも60p撮影が可能になったことで5.3Kの実用性が一気に向上しました。ドローンに乗せて映像を切り抜いて使うなどの使い方もおすすめです。

スキーやサーフィンといったスピードの早いスポーツで多く使用されるGoProはスローモーション編集をされることが多くあります。スローモーション編集でとても重要になってくるのがfps(Flame per Second)です。fpsとは動画1秒の間に何枚の写真を撮影しているかを表す数字で、数字が大きければ大きいほど滑らかな映像を撮れます。上の表では4Kの後に続く120pの”120″の部分が一秒間のコマ数になります。

例えば一秒間に30コマ流す動画(30p)を製作しているとします。30コマで撮影した1秒を4秒に伸ばそうとすると、1コマを4回繰り返さないといけなくなるため、カクカクしたスロー映像になります。そこで120コマで撮影(120p)すると、1秒間を4秒に伸ばしてもコマ落ちのない滑らかなスローモーション編集が可能になります。

HyperSmooth4.0で手ぶれ補正が大幅UP

HyperSmoothは、ジンバルのような映像の安定化する役割を果たしており、このHyperSmoothも進化しました。超広角で撮っている映像を傾きに合わせてトリミングすることで、手ブレのない滑らかな映像を撮影しています。高画質な映像が撮影できないと、トリミングしたときに映像が荒くなってしまうため、HyperSmoothの進化はセンサーの性能に大きく影響されます。

今回進化したHyperSmooth4.0では、多少の傾きを解除してくれる「水平維持」がHyperSmooth3.0の27°から45°まで進化しました。そのためカメラが45°まで傾いても水平を保った映像が撮影でき、今まで以上にスムーズな映像を撮影可能になりました。

タッチパネルのレスポンス向上

今まで信じられないほどもっさりしていたタッチパネルの操作性が向上しました。GP2プロセッサになったことで、タッチパネルやボタンの反応が良くなりスマホレベルのスムーズな操作感を得られるようになりました。GoPro使用時の大きなストレスだった操作性がやっと解消された形になります。

プラスチック不使用の再利用可能パッケージ

 

GoProといえばクリアなプラスチックケースにGoProが鎮座しているようなデザインが定番でしたが、今回は環境に配慮したパッケージとなっています。GoProとバッテリーなどが入るキャリングケースのようになっていて、開封後もパッケージに入れてGoProを持ち運べるようになっています。

スマートフォンへの有線転送を搭載

スマートフォンへの有線転送を搭載

出典:gopro.com

今回のアップデートでスマホとGoProを直接有線接続できるようになりました。

今まで、GoProで撮影した映像をスマホに移すには3通りの方法がありました。一つ目がアプリを使う方法、二つ目がSDカードをスマホで読み取る方法、三つ目が一度PCに取り込む方法です。どれも面倒だったり、遅かったりと決してスマートではない転送方法でした。HERO10ではGP2プロセッサにアップデートしたことで、接続の確実性が高い上にすぐに共有できるスマートフォンへの有線接続を実現しました。

GoProの高画質映像はファイルサイズが大きく転送にも時間がかかってしまいがちでしたが、有線接続に対応したおかげで安定して高速転送を行えるようになりました。

レンズの撥水性が向上

HERO10はレンズの撥水性が向上し、水中からカメラを出した時もレンズに水滴が残らないようになりました。レンズに水滴がよく飛ぶような環境でも水滴の付着による画質の低下がなくなります。

GoPro HERO10とHERO9を比較してレビュー

GoPro(ゴープロ)
最安値 ¥64,000 (税込)

プロセッサー

HERO9はGP1プロセッサであるのに対し、HERO10は刷新されたGP2プロセッサを搭載しています。これによりGoPro全体での性能が向上しました。

写真

静止画モードでの最大画質はHERO9の20MPからHERO10は23MPと3MP向上しました。20MPでも十分に高画質ですが、それ以上に高精細な画像を撮影可能になっています。

HERO10ではHERO9同様低照度環境下でのノイズ低減を行う「3DNR」に対応しています。

関連記事:【プロが解説】GoPro HERO9を実写レビュー! 作例から使い方まで実際に使った感想を徹底解説!

関連記事:[決定版]プロが教えるGoPro(ゴープロ)の選び方&最新おすすめ機種を徹底比較 (2021年)

ビデオ性能

HERO10の主なビデオ性能は前世代のHERO9と比べると以下の通りです。

GoPro HERO9 GoPro HERO10
5.0K 30p 5.3K 60p
4K 60p 4K 120p
2.7K 120p 2.7K 240p

GP2プロセッサの搭載で処理速度が向上し、多くの映像サイズでフレームレートが2倍に向上しています。HERO10ではHERO9で躊躇していたスローモーション編集も一気に行いやすくなっています。

HERO9では静止画のみだった「3DNR」がHERO10では動画にも対応しています。今までは暗くて撮影できなかった場所でも暗所性能の向上で撮影ができるようになりました。

手振れ補正

HERO9のHyperSmoothは3.0で、最大27°までの水平維持が可能になっていますが、HERO10はHyperSmooth 4.0で最大45°までの水平維持が可能になりました。

水平維持の範囲が広がったことでより激しい動きも滑らかに補正できるようになりました。スキーやサーフィンなどのスポーツでも滑らかでよる疾走感のある映像が撮影できます。

フレームグラブ

映像の中から静止画を描き出せるフレームグラブ機能も性能が向上しています。HERO9では最大14.7MPの書き出し性能が、HERO10では最大19.8MPになりました。動画を回しっぱなしでも美しい映像を静止画として書き出せるようになっているのでありがたいですね。

GoPro HERO10のマイク性能

GoPro HERO10のマイクは毎回少しずつアップデートされていますが、HERO10でも少しだけ進化しました。

HERO10には3つのウィンドウノイズ低減マイクが搭載されています。マイクに風が当たった時の「ボーボー」という音を低減してくれる機能はアウトドアでよく使われるGoProにぴったりのマイクです。

V-logなどでさらに良い音質で録音したい場合は、別売りのプロ3.5mmマイクアダプターや後述のメディアモジュラーを使用できます。プロ3.5mmマイクアダプターやメディアモジュラーには3.5mmミニジャックのマイク入力端子があり、外部接続のマイクを使用できます。

【国内正規品】 GoPro アクセサリ プロ 3.5 mm マイク アダプター HERO5/6/7 Black/HERO5 Session対応 AAMIC-001

GoPro(ゴープロ)
最安値 ¥5,980 (税込)

ゼンハイザー MKE 200(ポータブルカメラマイク)【国内正規品】508897

ゼンハイザー(Sennheiser)
最安値 ¥12,870 (税込)

関連記事:GoPro(ゴープロ)おすすめマイク5選 | モジューラーマイクも比較

GoPro HERO10 Blackもモジュラーで拡張可能

GoPro HERO8から登場した外部モジュラーは、装着することでGoProの性能を拡張するアクセサリーです。

HERO10はHERO9とサイズが変わっていないため、HERO9用のモジュラーがそのまま使用できます。モジュラーはHERO8から登場しましたが、HERO9でサイズが変わったためHERO8用とHERO9用では互換性がありません。

HERO8 HERO9 HERO10
モジュラー for HERO8 × ×
モジュラー for HERO10&9 ×

MAXレンズモジュラー

MAXレンズモジュラーはGoProのレンズ部分を取り替えることで、155°の画角を撮影できます。MAXレンズモジュラーを装着することでどれだけGoProが傾いていても水平・垂直軸を保持できます。

 GoProの画角をとても広げて、GoProが360°回転しても水平を維持してくれるのがMAXレンズモジュラーです。

現在はHERO10のソフトウェアが対応していないため使用できませんが、今後のソフトウェアアップデートで対応することが発表されています。

【GoPro公式】Maxレンズモジュラー for HERO9Black

GoPro(ゴープロ)
最安値 ¥11,200 (税込)

メディアモジュラー

メディアモジュラーはGoProにmicro HDMIコネクタと3.5mmマイク端子、電源が取れるUSB-C端子にアクセサリを搭載できるコールドシューが載ったモジュラーです。

外部マイクや、外部レコーダ等を使用したい場合はメディアモジュラーを装着して使用することになります。

HERO7までは本体にmicro HDMI端子が搭載されていましたが、HERO8以降からはメディアモジュラーを装着しないと使用できなくなっています。

また、メディアモジュラーには指向性マイクを内蔵していて、V-logなどで音声をクリアに録音できます。このマイクも周囲の雑音やウインドノイズを低減してくれます。

Media Mod メディアモジュラー (HERO9 ブラック) - 公式GoProアクセサリー (ADFMD-001)

GoPro(ゴープロ)
最安値 ¥9,400 (税込)

ディスプレイモジュラー

GoPro HERO9からはフロントディスプレイにビデオを映せるようになりましたが、それでもサイズは小さいです。そんな時に使えるのがディスプレイモジュラーです。

2インチのディスプレイと内蔵バッテリーを搭載していてセルフィーの画角を簡単に決められます。

ディスプレイモジュラーは別売りのメディアモジュラーが必要になります。

【GoPro公式】 ディスプレイモジュラー | AJLCD-001-AS [国内正規品]

GoPro(ゴープロ)
最安値 ¥9,500 (税込)

GoPro HERO10 Blackのバッテリー持ちや互換性

最大128分の撮影が可能

GoPro HERO10は最大128分のビデオ撮影が可能(1080p 30fps)です。5.3K 60fpsでは48分となっています。HERO9からは画像サイズにもよりますが20分から50分撮影時間が短くなっています。

ツーリングや登山などの長回し収録では1日で5回近くバッテリーを交換しなくてはいけなくなりそうです。GoProを購入する時にはモバイルバッテリーや交換用バッテリーを一緒に購入しておくようにしましょう。

【GoPro公式】リチウムイオンバッテリー HERO9ブラック用

GoPro(ゴープロ)
最安値 ¥3,500 (税込)

Anker PowerCore 10000 PD Redux(モバイルバッテリー 10000mAh 大容量)

Anker
最安値 ¥4,299 (税込)

バッテリーはHERO9のバッテリーが使用可能

バッテリーはHERO9のバッテリーが使用できます。

バッテリーの互換表は以下の通りです。

バッテリー容量 〜HERO7 HERO8 HREO9 HERO10
1220mAh

(使用できる機能に制限あり)
× ×
1220mAh
(大電流出力に対応)


(一部機種は最新ファームウェアへのアップデートが必要)

× ×
1720mAh × ×

GoPro HERO10の値段と発売日

GoPro(ゴープロ)
最安値 ¥64,000 (税込)

GoPro HERO10は9月17日から発売されていて、64,000円で購入できます。

1年間のサブスクリクションサービス付きで購入すると、10,000円安い54,000円で購入できます。(2021年9月26日現在gopro.com価格)

GoProのサブスクリプションサービス

GoProには定期購入制で様々なサービスを受けられる「GoProサブスクリプション」というサービスがあります。

GoProアプリを使用してインターネット上に撮影した動画をアップロードできるクラウドバックアップや自動アップロードの容量が無制限だったり、Quickアプリの無制限利用、GoProアクセサリの3~50%オフ、GoPro本体の交換補償制度が使用できます。

GoProサブスクリプションの特典
  • クラウドストレージの容量無制限
  • Quickアプリの無制限利用
  • アクセサリの購入補助
  • カメラ本体の交換補償

料金は6,000円の先払い年間契約になりますが、GoPro本体と同時に購入することでとてもお得に使用できるようになっています。

  • GoPro本体価格:64,000円
  • GoPro本体+GoProサブスクリプション1year:70,000円
  • 本体とサブスクの同時購入:54,000円

サブスクリプションは一年間だけの使用でもいいので、16,000円安くGoPro HERO10 Blackが手に入るチャンスを利用しない手はないでしょう。

関連記事:[解説]GoPro公式のサブスクリプション購入とは?その仕組みやお得な使い方を徹底解説

GoPro HERO10レビューまとめ

「HERO10は買い?」

最近のガジェットは技術が進歩しきっている感がありますが、GoPro HERO10 BlackはGP2プロセッサーへの刷新で一気に性能をアップさせました。

HERO10は今までGoProを買いなおしていなかったという人ほど更新購入を勧めたいGoProです。特にHERO7はHDMI端子が搭載されている最後のGoProですが、それを考えてもHERO10に乗り換える価値があります。

一般の人でも4K撮影を簡単にできるGoPro HERO10を購入してみてはいかが?

GoPro(ゴープロ)
最安値 ¥64,000 (税込)

この記事は参考になりましたか?