【マニアが解説】2021年モデルの新型iPad(第9世代)をレビュー!新機能・スペックや価格まとめ

ipad2021年最新モデル

出典:apple.com

今年もありましたApple Special Event

9月15日午前2時(日本時間)に開催されたApple Special Eventでは、毎年恒例のiPhoneやiPad,Apple Watchなどが発表されました。

今回の主な発表内容
  • Apple TV+
  • iPad
  • Apple Watch Series 7
  • Fitness+
  • iPhone 13

この記事では新しく発表されたiPadについて詳しく解説していきます。

2021年の発表会で発表された新型iPad

今回発表された新型iPadはiPadとiPad miniの2種類です。この記事では主にiPad(9世代)の解説をします。

iPadとは

iPadは全てのiPadシリーズの基本となるタブレット端末です。大きすぎず小さすぎない画面サイズと、3万円台から手に入る価格が魅力のiPadです。Apple Pencil(第一世代)とSmart Keyboardに対応しており、文章作成のような作業もお絵かきのようなクリエイティブな作業も可能になっています。

関連記事:[2021年完全版]マニアが徹底比較した iPad おすすめ6選 |Pro・Air・mini・無印のベストな選び方を解説! 関連記事:[マニアが徹底解説] 最新 iPad 無印(第8世代) 絶対おすすめの理由を評価レビュー

2021年新型iPad (9世代)の特徴

新型iPad (9世代)のスペック

2021年9月15日に発表された新型iPadは、10.2インチのディスプレイにA13 Bionicチップを搭載しています。お値段は4万円を切る驚きの税込39,800円からとなっています。

10.2インチのRetinaディスプレイは上位機種に搭載されてきたTrue Toneを搭載し、環境光に左右されない正確な色再現を可能にしています。

12メガピクセルにパワーアップした超広角フロントカメラは被写体を常に中心にトリミングしてくれるセンターフレーム(Center Stage)に対応しました。

Apple Pencil(第一世代)とSmart Keyboardに対応し、iPad OS 15によるより直感的な操作も可能になりました。

オプションは、ストレージは64GBと256GBの2ラインナップ、カラーバリエーションはスペースグレイとシルバーの2種類、インターネットの接続方法はWi-Fiのみと携帯電話回線に接続できるWi-Fi + Cellularの2種類が選べます。

名前 iPad
チップ A13 Bionic
画面サイズ 10.2インチ
カメラ フロント:12MP
リア:8MP
生体認証 Touch ID
重量 Wi-Fiモデル:487g
Wi-Fi + Cellularモデル:498g
ストレージ 64GB / 256GB
本体カラー スペースグレイ / シルバー
インターネットの接続方法 Wi-Fi / Wi-Fi + Cellular
Apple Pencil 第1世代に対応
Smart Keyboard 対応

Neural Engine搭載のA13 Bionicチップ搭載

新しいiPadにはA13チップを搭載することで前モデルに比べて20%の性能向上を実現しています。それによって高性能なグラフィックを要求するゲームや、複雑な計算を必要とするお絵かき系のアプリもサクサクとiPad上で動作させることができます。

機械学習を担当するNeural Engineを搭載したしていることで、画像認識技術が格段に向上しています。例えばiPad OS 15の新機能である写真の中のテキストを認識し、操作ができる「テキスト認識表示」などの機能が実現されます。

センターフレーム(Center Stage)に対応した12メガピクセルの超広角フロントカメラ

iPadのディスプレイ側に搭載されている超広角フロントカメラは12メガピクセルの超高画質になりました。これは、前世代のiPadの画素数の10倍にあたる数字です。この高画質な超広角フロントカメラとNeural EngineによりiPad上でセンターフレームが使用可能になります。

センターフレームは、フロントカメラに映るユーザの動きに合わせて画角を常に調整することで、自動的にユーザーを中心に捉え続ける機能です。これは複数人が画角に入った時も使用でき、自動的にズームアウトして全員が会話に参加できるように画角を調整してくれます。センターフレームはFaceTimeやZoomなどのビデオ通話に使用でき、より自然にオンラインでコミュニケーションを取れるようiPadがアシストしてくれます。

10.2インチRetinaディスプレイにTrue Toneを採用

True ToneはiPadに搭載された環境光センサを使用して、部屋の光に合わせて自動的に画面のコンテンツを調整する機能です。今まではiPad AirやiPad Proなどの上位機種にしか搭載されていませんでしたが、今回初めてiPadに搭載されました。

True ToneのRetinaディスプレイによって画像をより自然にiPadに表示することができ、環境に影響されずに快適にiPadを使用できるようになります。

関連記事:【2021年最新情報】iPad Air (2020 第4世代)を実際に使ってみた&検証レビュー!

新型iPad (9世代)の価格と発売日

新型iPad (9世代)は9月15日(水)からApple StoreやApple Storeアプリケーションで注文できるようになり、9月24日(金)から発売開始となります。

注文開始:9月15日(水)
発売開始:9月24日(金)

価格はWi-Fiモデルが税込39,800円から、Wi-Fi + Cellularモデルが税込56,800円からとなっています

価格表 64GB 256GB
Wi-Fi 39,800円(税込) 57,800円(税込)
Wi-Fi + Cellular 56,800円(税込) 74,800円(税込)

新型iPad と新型iPad miniの比較

名前 iPad iPad mini
チップ A13 Bionic A15 Bionic
画面サイズ 10.2インチ 8.3インチ
カメラ フロント:12MP
リア:8MP
フロント:12MP
リア:12MP
生体認証 Touch ID Touch ID
重量 Wi-Fiモデル:487g
Wi-Fi + Cellularモデル:498g
Wi-Fiモデル:293g
Wi-Fi + Cellularモデル:297g
ストレージ 64GB / 256GB 64GB / 256GB
本体カラー スペースグレイ / シルバー パープル / ピンク / スターライト / スペースグレイ
インターネットの接続方法 Wi-Fi / Wi-Fi + Cellular Wi-Fi / Wi-Fi + Cellular
Apple Pencil 第1世代に対応 第2世代に対応
Smart Keyboard 対応 非対応

関連記事:【Appleマニアが解説】2021年モデルiPad mini(第6世代)をレビュー!新機能・スペック・価格まで

新型iPadまとめ

2021年9月のApple Special Eventで発表された新型iPadについてスペック等を徹底的に解説してきました。

今までiPadを使っていた人もまだ使っていない人も新製品の発表を機に購入してみるのはいかがでしょうか?

関連記事:【2021年10月発売!】新型 2021 Mac Book Pro レビュー!買い替えるべきか徹底検証
関連記事:安くiPadを手に入れるなら中古iPadがおすすめ!選び方や注意点を徹底解説!
関連記事:iPadの使い道がない?iPad歴7年が16の使い道を紹介!おすすめではない人の特徴まで詳しく解説

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー