【キャンプで大活躍】キャンドルランタンおすすめ15選!UCOやロゴスが大人気!

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

キャンドルランタンおすすめ

キャンドルに火を灯し、ゆらゆらと炎がゆらめく様子を楽しめるキャンドルランタン。キャンプの夜を幻想的に演出する、人気急上昇中のアイテムです。最近はおしゃれなデザインの商品も多く登場しており、庭やお部屋のインテリアとして取り入れる人も増えています。

しかし、キャンドルランタンはUCOやロゴスなどいろいろなメーカーから販売されていて、どれを選べばいいのか悩んでしまいそう。初心者でもわかりやすいよう選ぶポイントを解説して欲しい!という人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、キャンドルランタンの選び方やおすすめメーカー、最新の売れ筋商品ランキングなどの情報を徹底解説。さらに記事の後半では、お手入れ方法や自作アイデアも紹介します。これからキャンドルランタンの購入を検討している人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

キャンドルランタンの選び方

キャンドルランタンの選び方

では早速、キャンドルランタンの選び方を解説します。初めて購入する人でもわかりやすいよう、選ぶポイントをタイプ・キャンドルの種類・携帯性などの項目に分けてまとめてみました。これから一つずつ順番に紹介していくので、一緒に見ていきましょう。

置き型or吊り下げ型?使用シーンに合わせてタイプを選ぶ

キャンドルランタンには「置き型」と「吊り下げ型」の2種類があり、タイプによって設置する場所が変わります。キャンドルランタンの使用シーンを考え、適切なタイプを選ぶことが重要です。

テーブルや地面の上に設置する「置き型」

テーブルや地面の上に設置する「置き型」

「置き型」のキャンドルランタンは、テーブルや地面の上に直置きするタイプ。平らな場所であればどこにでも手軽に設置できる汎用性の高さが魅力です。風のある場所でも揺れにくいため、安全性が高いメリットもあります。

テーブルやカウンターの上に置くならスリムタイプでもOKですが、地面に直置きするのであれば安定感をチェックしましょう。底面積が広くて重心があるタイプが倒れにくくておすすめです。

スタンドにフックや金具を下げて使う「吊り下げ型」

スタンドにフックや金具を下げて使う「吊り下げ型」

吊り下げ型のキャンドルランタンは、専用のスタンドにフックや金具を引っ掛けて使用します。アウトドアで使うなら、周りの木の枝にぶら下げることも可能。軽いモデルであれば、テント内にも吊り下げて使えます。

広範囲を照らせて幻想的な空間づくりにぴったりな吊り下げ型ですが、設置場所が限られているのはやや残念なところ。強度が足りないと落下する危険性もあるので、十分な注意が必要です。また、フックやハンドルが吊り下げ用ではなく、飾りや持ち運び用として付いている場合があるので、耐久性も確認しておきましょう。

置いても下げても使える「兼用型」にも注目しよう

置いても下げても使える「兼用型」にも注目しよう

出典:amazon.co.jp

最近は、直置きでも吊り下げても使える兼用型のキャンドルランタンが増えています。設置場所を選ばず幅広い用途で使えるので、実用性はピカイチ。商品数も多く好みのデザインやサイズを選びやすいので、最初の一台に選ぶなら兼用型をおすすめします。

セットするキャンドルの種類で選ぶ

キャンドルランタンにセットするキャンドルの種類にも注目です。商品によっては使えるキャンドルが限られている場合があります。キャンドルの燃焼時間やコストも考慮して、自分にぴったりなタイプを選びましょう。

交換や手入れが簡単で低コストな「ティーライトキャンドル」

交換や手入れが簡単で低コストな「ティーライトキャンドル」

キャンドルの種類でもっとも多いのが「ティーライトキャンドル」です。直径4cm程度のカップに入った小さなキャンドルで、燃焼時間は約4時間ほど。専門店に行かなくとも100均で手軽に購入でき、コストも抑えられます

また、ティーライトキャンドルは交換や手入れのしやすさも魅力です。カップからロウがこぼれにくいので掃除の手間がかからず、使い終わったらカップごと交換するだけでOK。ランタンの底面に専用のホルダーや金具が付いているものが多く、安定感があります。

燃焼時間を重視するなら縦長の「専用キャンドル」

燃焼時間を重視するなら縦長の「専用キャンドル」

出典:amazon.co.jp

キャンドルの燃焼時間を重視するなら、一部のメーカー品で使われている「専用キャンドル」タイプがおすすめです。1本で9時間程度燃焼するため、夕方から朝方まで使いたい人にぴったり。連泊のキャンプや防災グッズとして備えておくのにも適しています

ただし、アウトドアショップやネット通販など販売している場所が限られているため、購入ハードルの高さがややネック。値段も1本あたり数百円するため、ティーライトキャンドルに比べてコストがかかる点は留意しておきましょう。

どんなキャンドルでも使える「フラットタイプ」

どんなキャンドルでも使える「フラットタイプ

キャンドルの種類を限定したくない人は、底面が平らな「フラットタイプ」を選びましょう。ランタンの内部に収まるサイズならどんなキャンドルでも使用でき、自由度の高さがポイント。使用するキャンドルによっては長時間燃焼することも可能です。

しかし、キャンドルホルダーや取り付け金具がないぶん、安定性がイマイチな面も。風に揺れて本体が傾くと、キャンドルがずれたり倒れたりする場合があります。また、ティーライトキャンドル以外を使うと底面にロウが張り付くため、お手入れがやや面倒です。

キャンプで使うなら携帯性もチェックしよう

キャンプや登山のシーンでは、できるだけ荷物をかさばらずに持ち歩きたいもの。屋外で使うキャンドルランタンを選ぶなら、携帯性も忘れずにチェックしておきましょう。

コンパクトに持ち運べる折りたたみやスライド式が便利

コンパクトに持ち運べる折りたたみやスライド式が便利

出典:amazon.co.jp

キャンドルランタンのなかには折りたたみ式やスライド式のモデルも販売されています。バッグやリュックの中に収納しやすく、コンパクトに持ち運べるのが魅力。本体の中にホヤ(風や衝撃から守るグローブ部分)を収納するスライド式は、持ち運び中にホヤが割れるのを防げるメリットもあります。

破損を防げる収納ケース付きもおすすめ

破損を防げる収納ケース付きもおすすめ

出典:amazon.co.jp

キャンドルランタンはホヤがガラス製のものが多いので、落下や衝撃によってガラスが割れてしまう危険性も。安全に持ち運ぶなら収納ケース付きのモデルがおすすめです。専用ケースがない場合は、本体購入時にランタンケースを一緒に購入しておくことをおすすめします。

虫除けやアロマ用には開口部が広口のものを

虫除けやアロマ用には開口部が広口のものを

虫除けキャンドルやアロマキャンドルを使う場合は、開口部の広さも確認しておきましょう。開口部が広いものはキャンドルの成分が拡散しやすく、防虫性や香りの効果がより期待できます

虫除けキャンドルはシトロネラやレモングラスなど、虫が嫌う成分入りのキャンドルがいろいろ販売されているのでチェックしてみてくださいね。

関連記事:【いい匂いすぎる】アロマキャンドルおすすめ20選!安い&高級な人気ブランドも紹介

キャンドル交換のしやすさを左右する取り出し口もチェック

キャンドル交換のしやすさを左右する取り出し口もチェック

出典:rakuten.co.jp

キャンドルの主な交換方法は、側面の取り出し口を開けるタイプと、フタやホヤを外して取り出すタイプの2種類。使いやすさを重視するなら、キャンドルを交換する際の取り出し口も要チェックです。

取り出し口が広いものの方が手を入れやすく、キャンドル交換をラクに行えます。キャンプで使用する際は、使い終わったばかりのティーライトキャンドルを交換したり暗がりの中で作業したりする場合があるので、安全面からも交換しやすいものを選びたいですね。

おしゃれなアンティーク調が人気!デザイン性も見逃せない

おしゃれなアンティーク調が人気!デザイン性も見逃せない

雰囲気作りを目的としてキャンドルランタンを利用する人も多いと思います。おしゃれに使うならデザイン性も見逃せません。アンティーク調や北欧調、シンプル&スタイリッシュなものなどさまざまなテイストの商品が販売されているので、好みや設置場所に合わせて選びましょう。

デザイン性の高いキャンドルランタンは、キャンドルを入れて使わなくとも置くだけでインテリアになります。ぜひおしゃれなアイテムを部屋に飾って、インテリアの格上げを狙ってみてくださいね。

キャンドルランタンおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格タイプサイズ重量キャンドルの種類連続点灯時間その他機能
モチヅキ UCO キャンドルランタン確認中 楽天市場AmazonYahoo!兼用型5×5×16.5cm(幅×奥行×高さ)180g専用キャンドル約9時間スライド式
アールケイプラニング ガラスと真鍮でできた大きなキャンドルランタン¥2,680 楽天市場AmazonYahoo!置き型12×12×21cm(幅×奥行×高さ)580gフラットタイプ--
テンマクデザイン×カメヤマキャンドルハウス ¥2,750 楽天市場AmazonYahoo!兼用型9×8.5×20.5cm(幅×奥行×高さ)245gティーライトキャンドル--
カメヤマ ミニパティオランタン 51030000BK¥1,210 楽天市場AmazonYahoo!兼用型7.4×7.4×16.5cm(幅×奥行×高さ)220gフラットタイプ--
カメヤマクラシックランタン SJ8160000¥2,750 楽天市場AmazonYahoo!兼用型11.4×11.4×23.5cm(幅×奥行×高さ)650gティーライトキャンドル--
ペガサスキャンドル ブリキランタン¥1,890 楽天市場AmazonYahoo!兼用型8×8×17.5cm(幅×奥行×高さ)-ティーライトキャンドル--
JHY DESIGN 3個セットキャンドルランタン 高さ25&36&50CM¥13,607 楽天市場AmazonYahoo!兼用型12×10.5×25cm(幅×奥行×高さ)430gフラットタイプ--
パーツ工業 キャンドルランタン WINDY¥1,190 楽天市場AmazonYahoo!置き型7×7×16cm(幅×奥行×高さ)-フラットタイプ--
ロゴスコーポレーション キャンドルランタン¥1,650 楽天市場AmazonYahoo!兼用型5.5×5.5×9.5cm(幅×奥行×高さ)80gティーライトキャンドル約4時間-
ユーコ(Uco) アウトドア キャンプ ミニキャンドルランタンキット2.0楽天市場¥3,520 AmazonYahoo!兼用型5×5×10.6cm(幅×奥行×高さ)99gティーライトキャンドル約4時間(付属キャンドルの場合)収納袋・キャンドル3個付き
角利産業 ミニキャンドルランタンセット楽天市場¥1,509 AmazonYahoo!兼用型5.5×5.5×9cm(幅×奥行×高さ)80gティーライトキャンドル約4時間(付属キャンドルの場合)-
ミニマルワークス ギャレットランタン MINIMALWORKS Garret Lantern¥9,680 楽天市場AmazonYahoo!-9.2×21.5cm380g---
テントランタン楽天市場¥1,160 AmazonYahoo!兼用型6.9×9.0×14.0cm(幅×奥行×高さ)-ティーライトキャンドル--
IKEA ペルルバンド ティーライトホルダー¥2,060 楽天市場AmazonYahoo!置き型9×9×10cm(幅×奥行×高さ)190gティーライトキャンドル--
キャンドル ブリキランタン 角(ブロンズ )キャンドルホルダー¥1,890 楽天市場AmazonYahoo!兼用型12.5×12.5×27.5cm(幅×奥行×高さ)700gティーライトキャンドル--

キャンドルランタンおすすめ人気ランキング15選

キャンドルランタンのおすすめ人気メーカー・ブランド

スライド式で持ち運びがしやすい「UCO」

「UCO(ウーコ)」とは、1970年代にアメリカで誕生したアウトドアブランド。日本では新潟県燕三条を拠点とする「モチヅキ」が正規代理店となっています。キャンドルランタンの元祖として圧倒的な人気があり、ラインナップも充実しているのが特徴です。

一番売れ筋はやはりスタンダードな「キャンドルランタン」。ホヤを本体にスライドして収納できるコンパクトサイズなモデルで、キャンプや登山のお供に最適です。用キャンドルをセットすれば約9時間使える燃焼時間の長さも人気の理由でしょう。

安価で初めての一台におすすめな「ロゴス(LOGOS)」

「ロゴス」は大阪府に本社を構えるロゴスコーポレーションのアウトドアブランドです。ファミリーで楽しめることをコンセプトとしているだけあり、初心者でも買い求めやすい価格帯が特徴。メイプルリーフのモチーフを始めとしたおしゃれなデザインも人気の理由でしょう。

ロゴスのキャンドルランタンは、置いても吊り下げても使える2wayタイプの1点のみ。高さ10cm以下のコンパクトサイズで、重量が80gに抑えられていて携帯性がバツグンです。リーズナブルに購入できるので、初めての一台にもおすすめします。

1,000円以下のおしゃれなアイテムが多数揃う「IKEA」

スウェーデン生まれの家具や生活雑貨を展開する世界最大の家具チェーン店「IKEA」。北欧風のスタイリッシュなデザインや低価格で実用的なコスパのよさが人気で、日本でも全国各地に店舗を多数構えています。

IKEAのキャンドルランタンは、屋外用と屋内用に分かれているのが特徴。北欧インテリアはもちろん、モノトーンやモダンなど幅広いインテリアに合わせやすいデザインで、ラインナップも充実しています。1,000円以下で買える商品がたくさんあるので、予算を抑えて購入したい人はチェックしてみましょう

ラインナップが充実している老舗メーカー「カメヤマ」

「カメヤマ」は、大阪を拠点とする日本のキャンドルメーカー。創業からまもなく100周年を迎える老舗メーカーで、お仏壇の近くで紺色のパッケージに入ったろうそくを見かけたことがある人も多いでしょう。結婚披露宴のキャンドルサービスを普及させたメーカーとしても知られています。

キャンドルのトップメーカーだけあって、カメヤマのキャンドルランタンはラインナップが豊富。「クラシックランタン」や「パティオランタン」などの売れ筋商品のほか、円柱形のピラーキャンドル用ランタンも人気があります。パーティーシーンに映えるラグジュアリーなデザインも取り揃えているので、ウェディングにもおすすめですよ。

キャンドルランタンの掃除方法

キャンドルランタンの掃除方法

キャンドルランタンを使用していると、ロウが溶けてホヤやホルダー、底面にこびりつくことがあります。そのままにしておくとロウがどんどん溜まってしまうので、定期的なメンテナンスをおすすめします。

ロウの溶けやすい性質を利用して、特別な道具を使わずにできる手入れ方法をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

  1. キャンドルランタンをパーツごとに分解してキャンドルを外します。
  2. ロウが大きな塊になってくっついているときは、カッターでざっと取り除いておきましょう。
  3. パーツがすっぽり入るバケツや洗面器に60~70℃のお湯をたっぷりはります。
  4. 台所用の中性洗剤を少し入れて軽くまぜ、パーツを沈めます。
  5. パーツを浸けたまま放置しておくと、ロウがどんどん剥がれて浮いてきます。
  6. ロウが取れてきれいになったら水気を拭き、完全に乾かしましょう。

ロウが溶ける温度は商品によって差がありますが、一般的には60~70℃程度です。70℃で溶けない場合は80℃前後で試してみてくださいね。

注意
今回は一般的なキャンドルランタンの掃除方法を紹介しましたが、メーカーの取扱説明書にお手入れ方法が記載されている場合はそちらの手順に従ってくださいね。

キャンドルランタンは自作できる?

キャンドルランタンは自作できる?

市販のキャンドルランタンも素敵ですが、世界で一つだけのオリジナルランタンを作ってみたい人もいると思います。ネットの動画やHPなどで自作方法の情報がたくさん公開されているので、DIYが得意な人は手作りするのもアリですね!

ここでは100均の材料を使った簡単な作り方を紹介しますので、ぜひチャレンジしてみてください。

キャンドルランタンの材料
  • 100均で買えるガラスの小瓶
  • アルミの針金
  • 細くて短めのろうそく
  • ジュースのボトル缶のキャップ
  1. キャップの周りに針金を一周させ、ねじってから両端を上に向かって長く伸ばす。
  2. キャップをガラス瓶の中に入れ、底につかないよう針金の長さを調整する。
  3. 針金の両端を瓶のフチにかかるよう折り曲げ、適当な長さでカットする。
  4. ろうそくに火をつけてキャップの底にロウを垂らし、火を消してろうそくを固定して完成。
  5. 使うときはろうそくに火をつけてから、キャップの中に入れる。

参考動画:セリア小瓶で【キャンドルランタン】 誰でも簡単に 作れます 材料は100均のみです キャンドルランタンの 作り方

キャンドルランタンの関連商品

キャンドルの光をさらに明るくする「リフレクター」

キャンドルランタンをもう少し明るくして使いたいときは、リフレクターがあると便利です。光を有効活用できるだけでなく、雨や鳥のフンをガードできる利点もあります。メーカーによっては専用品が販売されているので、併せて購入するのもおすすめです。

携帯時の傷や破損を防ぐ「ランタンケース」

キャンドルランタンにはガラスが多く使われているので、持ち運び中に傷がついたり破損したりする場合があります。安全に持ち歩くためには、収納ケースはぜひとも必要なもの。メーカー専用品があれば理想ですが、ないときはクッション性のあるタイプを選びましょう。

ランタン置き場がないときに役立つ「ランタンスタンド」

キャンドルランタンを吊り下げて使うなら、ランタンスタンドが必要です。アウトドアでは地面の足場が悪くてランタンの置き場がないこともあるので、一台備えておくことをおすすめします。小物類を掛けたり洗濯物を乾かしたり、さまざまな用途で活用できて便利ですよ。

関連記事:【三脚 VS 打ち込み】ランタンスタンドおすすめ21選!人気モデルを徹底比較

キャンドルランタンのよくある質問

キャンドルランタンはどこで売っていますか?

アウトドアショップやエクステリア用品店、ニトリやIKEAなどの家具量販店で販売されています。

確実に購入したい人には、楽天やAmazonなどのネット通販がおすすめです。

100均でキャンドルランタンは買えますか?

LEDタイプのランタンは販売されていますが、2022年12月時点でキャンドルランタンの確実な販売情報は確認できませんでした。

キャンドルランタンのオイル化とはなんですか?

オイル化とは、キャンドルランタンを改造してオイル仕様にすることです。UCOのキャンドルランタンをオイル化する人が多く、ネットにもさまざまな方法が掲載されているので気になる人は調べてみてくださいね。

おすすめキャンドルランタンまとめ

今回は、キャンドルランタンの選び方やおすすめ商品ランキングなどの情報を中心にお届けしました。最後に、選び方のポイントをもう一度おさらいしてみましょう。

  • 設置場所に合わせて「置き型」か「吊り下げ型」を選ぶ
  • 初めての一台として選ぶなら「兼用型」がおすすめ
  • 使いやすさやコスト、燃焼時間を考慮してキャンドルの種類を選ぶ
  • いろいろなキャンドルを使いたい人には「フラットタイプ」が◎
  • キャンプで使うならスライド式や折りたたみ式が携帯しやすい

利便性が優先される現代において、オイルやLEDではなくあえて原始的なキャンドルを選ぶからには、自然の炎の魅力を存分に楽しみたいですよね。この記事を参考に、ぜひお気に入りのキャンドルランタンを手に入れてくださいね。

関連記事:【高コスパで人気】アウトドアテーブルおすすめ20選|ソロキャンプ向け・ローテーブルも!

関連記事:電気代ゼロでお得!ソーラーライトおすすめ20選|屋外&室内向けを紹介

関連記事:【おしゃれ&安い】アロマディフューザーおすすめ26選!人気の水なしタイプも紹介

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー