【専門家監修】CBDグミおすすめ6選!効果は?気になる疑問を徹底解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

【医師監修】CBDグミおすすめ11選|効果は?違法?キマる事はある?気になる疑問を徹底解説

仕事の休憩中や寝る前に、おやつ気分でリラックスタイムを充実させてくれるCBDを摂取できると人気の「CBDグミ」。

しかしCBDグミに含まれるCBDは、大麻由来の成分なので「違法じゃないの?」どんな効果があるか知りたい」と気になる人も多いもの。CBD濃度もグミによって異なるので、食べ方や危険性についても知りたいところ。

この記事ではCBDグミの基本的な情報や選び方と一緒に、今売れている人気CBDグミをランキング形式で解説!高濃度タイプや、コスパ最強のおすすめCBDグミも紹介しています。

※この記事は、2022年4月12日現在の情報です。

この記事を監修した専門家

CBD商品企画開発
クリバヤシ
健康美容商品企画開発10年、バイヤー5年
大手サロンの物販商品のオリジナル企画やセレクト・バイイングを担当。入社2年目でマネージャーを担い、その後、新業態のブランドサロンの立ち上げにも携わる。「世の中のためになる商品を生み出したい」という想いから現在のCBDメーカーへ入社。ブランド責任者としてCBD商品の企画開発を中心にCBD食品からコスメまで幅広い製品を生み出し、広めている。公式オンラインストア

※専門家は本記事の人気ランキング商品の選定には関与しておりません。

CBDグミとは?CBDは栄養豊富な成分

CBDはキマらない!栄養豊富な成分

CBD製品は、サプリメントと同じ健康食品のひとつです。そのため身体への負担も少なく、副作用もほとんど報告されていません。その安全性はWHO(世界保健機関)も「副作用がほとんどなく、あっても非常に軽い」と認めているほどです。

参考:WHO(世界保健機関)「カンナビジオール(CBD)事前審査報告書」

CBDにはペット用の製品もあるほど幅広く研究されています。むしろ麻は栄養豊富な植物なので、健康維持や美容にもよい影響が期待できます。

注意
CBDには副作用がまったくないわけではありません。大量摂取により軽い眠気をきたす場合も。車やバイクの運転前の使用には気をつけましょう。また、子供や妊娠・授乳中の方もCBD摂取の研究データが少ないため控えた方が良いでしょう。

そもそもCBDとは?毎日のリフレッシュをサポートする成分

CBDグミとは?違法?キマる事はある?

CBDとは麻(大麻草)由来の植物に含まれる天然成分の一種で、毎日のリフレッシュをサポートしてくれる成分。学校や会社など、普通の生活を送っているだけで、ストレスや疲労を感じることは多いですよね?CBDは、そんな毎日を軽やかに過ごすサポートをしてくれます。

CBDグミは、砂糖・ゼラチン・水あめなどの材料でソフトな食感に仕上げたお菓子「グミ」にCBDを配合した製品。おやつのように手軽にCBDを摂取できるほか、CBDオイルの独特な苦味がなく美味しく食べれると人気のアイテムです。

しかし、大麻から抽出された成分と聞くと「違法性は無いの?」「中毒になるんじゃない?」などいろいろ不安になりますよね。ここからはCBDがもたらす良い影響や、安全性についてご紹介します。

CBDは厚生労働省も認める合法成分

CBDは厚生労働省も認める合法成分

日本では「大麻=違法」というイメージが未だに根強いため「CBDも違法なのでは?」と思う方も多いはず。しかしCBDは厚生労働省の麻薬取締部にも認められた規制対象外の成分です。

参考:厚生労働省 麻薬取締部「CBD製品の大麻非該当性の確認について」

CBDには以下の3種類の製造方法があります。

CBDの種類 特徴 日本での扱い
フルスペクトラム
  • 麻の成分を全て抽出したCBD
  • 海外ではTHCを含むことが多い
  • 日本ではブレードスペクトラムを指すことも
THCを含む場合は規制対象
ブロードスペクトラム
  • THCを除く麻の成分を抽出した成分
  • 麻らしい風味や香りが楽しめる
  • 日本ではフルスペクトラムと表記されることも
規制対象外
アイソレート
  • 麻からCBDのみを抽出した結晶
  • 麻らしい風味や香りは少ない
規制対象外

麻には100種類以上のカンナビノイドが含まれています。大麻と聞いてイメージされがちな「高揚感・キマる」を起こすのは「THC(テトラヒドロカンナビノール)」という成分。

日本で販売される製品はTHCを除外した「ブロードスペクトラム」「アイソレート」を使用しているため、違法性はありません。口コミなどを見てCBDに興味はあるけれど「捕まってしまうのでは?」と心配な方も大丈夫ですよ。

CBDグミの選び方は、CBD配合量・味・内容量で選ぼう

CBDグミを購入する際は以下のポイントをチェックしましょう。

  • 1粒あたりの「CBD配合量」
  • 食べやすさにつながる「味・フレーバー」
  • 内容量

最適なCBDグミは、「どんなシチュエーションで使用するか」「使用頻度」などで人により異なります。メーカーや製品ごとの違いに着目し、あなたにぴったりのCBDグミを見つけてください。

CBDの配合量で選ぶ

CBDの配合量で選ぶ

出典:rakuten.co.jp

一口にCBDグミと言っても、CBD配合量はメーカーや製品によってさまざま。1粒の配合量は、少ないもので3mgほど。多いタイプでは50mgほどです。濃度が高ければ少ない量でCBDをしっかり摂取できますが、摂取量の調整がしにくいというデメリットも。

使用するシチュエーションや用途に合わせて、配合量や濃度をしっかりチェックしましょう。ただし実感は個人差がありますので、下記容量はあくまで目安にしてください。初めての方は少量からおすすめします。

「1粒5mg~20mg」は仕事の合間の気分転換におやつとして

CBD初心者の方や、CBDを試してみたい、という方にも働きの穏やかな低濃度のCBDグミがおすすめです。CBDグミはもともと、リキッドやワックスなどの気化吸引タイプに比べて効くまでのスピードが穏やかなタイプ。さらに配合量の少ない1粒5mg~20mgほどの製品なら、好みのタイミングで使用しやすいですよ。

仕事や勉強の合間の軽い気分転換に、おやつがわりに使用するといいですね。初めての方も低濃度のCBDグミがフレーバー等で食べやすくおすすめですよ。

「1粒10mg~30mg」は日中のリフレッシュにぴったり

「1粒10mg~20mg」は日中のリフレッシュにぴったり

出典:rakuten.co.jp

仕事中やスポーツの競技中などのリフレッシュに使いたいなら、1粒10mg~30mgほどのCBDグミがおすすめです。高濃度のCBDグミは「眠くなることがある」という口コミも。中濃度のCBDグミならしっかりCBDを摂取でき、朝からイキイキと過ごせます。

またCBDは健康食品成分のため、スポーツ中にも使用できます。気分をすっきりしたい競技中には、グミという手軽さも助かりますね。

「1粒30mg~50mg」は夜のリラックスタイムにおすすめ

「1粒20mg~40mg」は夜のリラックスタイムにおすすめ

出典:rakuten.co.jp

運転や外出が無い夜のほっとリラックスタイムには、CBDが1粒30mg~50mgほど配合された高濃度タイプがおすすめです。CBDはもちろん、グミの香りや味わいにも癒されること間違いなし。高濃度タイプはCBDの働きの持続にも期待できるため、1日の摂取量を減らしてコスパをアップさせたい方にもおすすめです。

CBDグミはアロマのように、香りによってリラックスできる場合も。気持ちが安らげば、ゆったりお布団にも入れますね。

味やフレーバーなど配合成分で選ぶ

味やフレーバーなど配合成分で選ぶ

出典:rakuten.co.jp

CBDグミは、お菓子のように気軽に食べてCBDを摂取できるお菓子のようなアイテム。その香りや味にはこだわりたいところですよね。CBDグミに使用されるCBDタイプには2種類あります。

CBDグミに使用されるCBDタイプ
  • ブロードスペクトラム:麻の成分を多く含むため、CBDを高めてくれる相乗効果あり。
  • アイソレート:CBDのみを抽出した結晶。CBDは麻成分で唯一ドーピング検査除外のためアスリートにおすすめ。

ブロードスペクトラム」を使用したCBDグミと、「アイソレート」を使用したCBDグミでは風味や味わい、含まれる麻成分が異なります。以下のポイントに着目し、あなたの好みに合った製品を購入しましょう。

CBDと相性の良い「テルペン(植物成分)」でさらに効率的に

CBDと相性の良い「テルペン(植物成分)」でさらに安らぐ

出典:rakuten.co.jp

ブロードスペクトラムは、植物の樹液を抽出したようなCBD。THCを除く麻のほとんどの成分が含まれるため、植物の栄養・香り成分「テルペン」がたっぷり入っています。テルペンを多く含むCBDはアントラージュ(相乗)効果によって、さらに健康維持に期待できると言われています。

果汁やフレーバーを選べば好みの味で楽しめる

果汁やフレーバーを選べば好みの味で楽しめる

メーカーによって配合されるフレーバーは「オレンジ」「ストロベリー」「レモン」「ソーダ」などさまざま。できれば美味しいグミを選びたい方は濃縮果汁を使用したタイプをチェックしましょう。

コラーゲンやビタミン配合タイプなら美容にも◎

コラーゲンやビタミン配合タイプなら美容にも◎

美容や健康に気を使う方には、CBD以外にも栄養成分を配合したCBDグミがおすすめ。ほとんどの製品は「CBD+グミ」の材料で作られています。

しかしCBDグミの中にはコラーゲンやビタミンEなどが入った、美容や健康に嬉しい製品がありますよ。健康成分や美容成分が豊富なタイプのCBDグミを探しているなら、配合成分まで注目してみてくださいね。

内容量で選ぶ

内容量で選ぶ

CBDグミを購入する際は、内容量をしっかりチェックしましょう。CBDグミには5粒ほどの少量タイプから、150粒ほど入った大容量タイプがあります。用途や毎日の使用量に合わせて最適な内容量を選びましょう。

健康のために毎日継続するなら100粒以上の大容量タイプが経済的

「1粒20mg~40mg」は夜のリラックスタイムにおすすめ

出典:rakuten.co.jp

気分や体の健康のために、CBDグミを毎日継続して使用したい方には100粒~150粒ほど入った大容量タイプがおすすめです。CBD濃度やメーカーによって異なりますが、CBDグミは50粒ほど入った製品で9,000円~1万円ほど。しかし100粒~120粒ほど入った製品なら16,000円ほどで購入できるため経済的です。

CBD製品は安全性の高い製法を使用して作る健康食品のため、それほど安価な製品ではありません。毎日使用する方、ご家族で使用する方は、できるだけコストを抑えるためにも大容量タイプをチェックしてみてくださいね。

初めてCBDグミを購入するなら10粒ほどのお試しサイズを

初めてCBDグミを購入するなら10粒ほどのお試しサイズを

出典:rakuten.co.jp

初めてCBDグミを購入する方には5粒~10粒ほどの少量タイプがおすすめです。初めてCBD製品を試すのに、最低でも4,000円ほどするCBDオイルや、vapeなどの器具を使用するCBDリキッドなどはハードルが高いですよね。

CBDグミならぱくっと食べるだけで使い方が簡単。10粒ほどのお試しサイズなら1,000円~1,500円ほどで購入できますよ。中には5個入りほどの製品も。CBDに興味がある、試してみるか迷っている、という方はチェックしてみてください。

クリバヤシ

たくさんの種類のCBDグミが発売されており、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。CBDは個人差があるので、色々な方のレビューも参考にされると自分に合うものが見つけやすいかもしれません。まずは少量タイプのグミでお試しいただき、好みのものを探してみてください。

編集部のおすすめCBDグミ

CBDグミおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。

※専門家は本記事の人気ランキング商品の選定には関与しておりません。

商品最安価格内容量総CBD配合量1粒のCBD配合量CBDタイプ味・フレーバーその他特徴
HEMP Baby CBDグミ CBD1粒25mg 100粒¥15,800 楽天市場AmazonYahoo!100粒2500mg25mgブロードスペクトラムグリーンアップル、レモン、オレンジ、ソーダ、ストロベリーレアカンビノイドCBN配合
CannaTech CBDグミ 1粒30mg 120粒入 CBD3600mg¥10,800 楽天市場AmazonYahoo!120粒3600mg30mgブロードスペクトラム青りんご・グレープ・パイナップルリモネン・ピネンなど20種類以上のテルペンを配合
CannaTech CBDグミ 1粒30mg 60粒入 CBD1800mg アイソレート¥4,980 楽天市場AmazonYahoo!60粒1800mg30mgアイソレートぶどう、りんご、パイナップル重金属・残留農薬テスト済み
CANNACREATE CBDグミ 2400mg 1粒40mg 60粒¥3,480 楽天市場AmazonYahoo!60粒2400mg40mgブロードスペクトラムグリーンアップル、オレンジ、グレープ超臨界CO2抽出法採用
Greeus CBDグミ 30粒 1粒10mg確認中 楽天市場AmazonYahoo!30粒300mgCBD10mg+CBN20mg/1粒ブロードスペクトラムキウイ果汁使用、砂糖不使用
HEMPBABY CBD グミ 5粒 CBD15mg¥1,280 楽天市場AmazonYahoo!5粒75mg15mg-グリーンアップル、レモン、オレンジ、ソーダ、ストロベリーレアカンビノイドCBN配合

CBDグミおすすめ人気ランキング6選

ドンキ売り場にCBDグミは売ってる?編集部が調査してみた

ドンキにCBDグミは売ってる?編集部が調査してみた

ドン・キホーテ(以下ドンキ)の多くの店舗で、CBDグミを販売されています。東京や大阪などの都市部だけでなく、九州など地方のドンキでも販売されていましたよ。商品数としてはvapeで使用するCBDリキッドが多いものの、CBDグミも5種類ほど確認できました。その他CBDオイル・ワックスなども販売されていましたよ。

しかしドンキはCBDの専門店ではなく、店員の方も人によってはCBDに詳しくない・知らないという場合もあります。また、あまり有名ではないブランドの製品が並んでいる場合も。ドンキで購入する場合は、濃度や配合成分など、ご自身でしっかり下調べをしてくださいね。

CBDグミの効果は、リラックスタイム・リフレッシュに役立つ

CBDグミの効果は、リラックス・リフレッシュに役立つ

CBDグミの効果は、リラックスタイムやリフレッシュをサポートし、ぐったりする日々にハリを与えてくれます。CBDグミを夕食後のリラックスタイムに食べれば、安らかな気分でベッドに入れますよ。

人の体にはもともと、身体と精神のバランス調整機能「エンド・カンナビノイド・システム(ECS)」が備わっています。しかし慢性的なストレスや疲れ、睡眠不足や老化などによりこのカンビノイドが不足するとも。麻には植物性カンナビノイドが含まれており、その中の主要な成分がCBD(カンナビジオール)です。

気分をスッキリしたい人や毎日を元気に過ごしたい人に、CBDを手軽に美味しく摂取できるCBDグミがおすすめです。

CBDは美容成分としても注目された自然由来の成分

CBDは美容成分としても注目された自然由来の成分

CBDはスキンケアバームやクリームにも取り入れられています。麻にはこの必須脂肪酸である「リノール酸」や「リノレン酸」が豊富に含まれていることから、お肌の元気に良い影響が期待されています。

またCBDクリーム・バームは、美容目的はもちろん、ボディケアとして気になる部分に付けるのもおすすめです。帰宅後のお肌のリフレッシュや身体のセルフケアにぴったりですね。

クリバヤシ

今までのCBD製品はオイルで飲むタイプや、ベイプで吸うタイプが主流でしたが、最近では手軽にとれるCBDグミに人気が集まっています。味や素材にこだわったCBDグミも続々と登場してきており、ついつい食べ過ぎてしまった人も多いとか。それぐらい食べやすいCBDグミはCBDデビューをする初心者におすすめの製品といえます。

CBDグミは危ない?注意すべきリスク・危険性とは?

CBDグミは危ない?注意すべきリスク・危険性とは?

CBDグミを含めCBDを使用した製品はまだ日本では浸透度が低いため、「CBDは危ないのでは?」「リスクは無いの?」と心配になりますよね?CBDは厚生労働省も認める健康食品なので危険性は少ないですが、注意すべきポイントはあります。以下の点に注意し、安全な製品を選びましょう。

通販で購入する場合は成分分析表をチェック

通販で購入する場合は成分分析表をチェック

CBDグミを通販で購入する際は、成分分析表が商品と紐づけされているか、パッケージに表示されている成分と配合量が正しいかをチェックしましょう。原料の成分分析表ではなく、最終製品のものであるかも大事なポイントです。

楽天など日本の通販サイトや百貨店・バラエティショップなどの大型店舗では、まずTHCが入ったCBDグミはありません。

注意
しかし米国では州によってはTHCが合法です。市販品で、個人店舗などで独自に輸入して販売している場合はTHC配合の製品が混ざっている可能性も。THCを配合しているCBDグミを食べると、5年以下の懲役に罰せられることがあります。「THCフリー」であることを確認して購入してくださいね。

一日の摂取量を守り過剰摂取しない

一日の摂取量を守り過剰摂取しない

CBDグミを食べる際は「食べ過ぎ」に注意しましょう。CBDは健康食品のため、ほとんど体への負担はありません。しかしスパイスやサプリなどと同様に、成分を抽出した食品は摂取しすぎると体に変調をきたすことも。各メーカーによって推奨量が異なるため、しっかり確認してお召し上がりください。

CBDは摂取しすぎると「眠気」や「頭痛」を引き起こしやすいと言われることも。また、ご家族や友人がお菓子と間違えて食べすぎないようにも注意しましょう。

第三者機関で成分分析を行う国内向けメーカーを選ぶ

第三者機関で成分分析を行う国内向けメーカーを選ぶ

出典:rakuten.co.jp

CBDグミの安全性や信頼度を重視する方は、米国産であっても日本国内向けに製造された製品を選びましょう。日本でCBDグミを販売する場合、厚生労働省が設けた厳しい基準をクリアする必要があります。

優良なメーカーは、社外の第三者機関で成分分析を行い、HPや販売ページにその結果を公開しています。しかし実店舗で購入する場合は、そこまでの情報を得るのは難しいもの。楽天市場のように、成分や分析結果など詳細が記載された販売ページがある製品だと安心ですね。

アレルギー体質の方は配合成分に注意

アレルギー体質の方は配合成分に注意

アレルギー体質の方は、CBDグミに配合されている成分はもちろん、生産ラインで使用される他の食品もチェックしましょう。CBDグミは製造の際、ゼラチンやデンプンなどを使用。また製品によっては濃縮果汁や植物色素も使います。

CBDグミの生産ラインでは麦製品・乳製品などを作っている場合も。HPや販売ページでは原材料やアレルギー表示をしている場合もあるので、気になる方は必ずチェックしましょう。

編集部

また、お薬を常飲している方は、かかりつけの主治医に必ず相談をしましょう。

妊婦や授乳中の方は使用しない

妊婦や授乳中の方は使用しない

妊婦の方や授乳中の方は、CBDグミの摂取は控えましょう。CBD製品は副作用や体への負担が少ない成分。しかし胎児や乳児の摂取に関する研究はまだそれほど行われていません。

大人にとっては無害な成分も、身体の小さいお子さんの体には負担になることも。また療養中の方や病み上がりの方も、今後のCBD研究が進むまで控えておくことをおすすめします。

では、どのようにCBDグミを食べたら良いのか、次章で詳しく解説します。

クリバヤシ

CBDグミは様々な種類が販売されており、「どれを買えばよいのかわからない」という声をよく聞きます。CBDグミだからといって全て一緒ではありません。CBDの原産地から、製造方法、原材料、製造場所等、全く違ってきます。上記で述べたポイントをしっかり確認し、選ぶことが大事です。安くはない買い物ですので、しっかり見極めてご購入ください。

CBDグミ以外のCBD商品

ストレスや疲労がたまる毎日にCBDグミを

日本国内では以下のCBD配合製品が主に販売されています。

CBD製品 使用方法 価格(内容量による)
CBDエディブル(グミ・チョコなどのお菓子) 経口摂取 1,000円~1万5,000円
CBDオイル 経口摂取、経皮摂取 3,000円~2万5,000円
CBDリキッド vapeによる加熱気化吸入 2,000円~1万5,000円
CBDワックス 経口・経皮摂取、加熱気化吸入 5,000円~2万円

CBDグミは他のCBD製品に比べ比較的安く購入できるアイテムです。1粒に含まれるCBDの量がわかりやすいため、初めてCBD製品を使用する方も、慣れている方も好みで選びやすいタイプです。値段も1,000円ほどから購入できるので「CBDを試してみたい」という方にもぴったりですね。

電子タバコ(vape)で気化吸引するリキッドやワックスに比べ働きも穏やかなため、仕事や勉強の休憩にガムを噛むように気軽に楽しめます。フルーツなど様々なフレーバーで味付けしているため、麻の独特な香りや味が苦手な方でも食べやすいですよ。

関連記事:【専門家監修】CBDオイルおすすめ10選|働き・選び方・使い方など基本を解説

関連記事:【専門家監修】CBDカフェおすすめ11選|店舗・メニューなどを詳しく解説!

関連記事:【専門家監修】CBG・CBNおすすめ5選!リキッド・ワックス・オイルなど使い方も解説

クリバヤシ

CBDはバラエティー豊かで、食べたり、飲んだり、吸ったり、塗ったりと自分の好みやシーン、悩みに合わせて製品を使い分けできます。国内外の様々なCBD製品があり、今ではドラッグストアやバラエティショップ、サロンや百貨店にまで目にするようになりました。ぜひ、お気に入りを探してみてください。

CBDグミの食べ方とは?効果がないと感じる人は要チェック!

CBDグミの食べ方とは?効果がないと感じる人は要チェック!

CBDグミの使い方はとっても簡単。CBDグミをパッケージから取り出し、パクっと口に入れてよく噛み飲み込むだけです。しかしCBDグミの特性を知っておかないと、うまくCBDを実感できない場合も。以下のポイントに注意し、上手にCBDグミを楽しみましょう。

  • CBDグミの食べ方
  • STEP.1
    CBDグミの吸収は穏やか
    CBDリキッドやCBDワックスのような即効性のある気化吸入タイプに比べ経口摂取タイプは実感が穏やかです。またCBDグミは固形のため同じ経口摂取のCBDオイルに比べても消化に時間がかかります。CBDグミはすぐに飲み込まず、舌の上で溶かすように食べるといいそうですよ。
  • STEP.2
    食べる前に、濃度をしっかりチェック
    CBDグミを食べるシチュエーションに合わせてCBDの含有量を確認しましょう。CBDグミは低濃度タイプも高濃度タイプも見た目は同じ。濃度の高いCBDグミを食べると「眠くなることがある」という口コミも。特に日中や車やバイクの運転前は気をつけましょう。
  • STEP.3
    CBDの働きが薄い場合は量を増やしてみる
    サプリや健康食品などもそうですが、働きは体の大きさや相性などでも異なると言われます。穏やか過ぎると感じる場合は、量を1粒→2粒のように増やしてみましょう。ただし量を試す場合は、仕事や運転、外出の必要がない夜のリラックスタイムがおすすめです。
  • STEP.4
    味や香りが気になるなら果汁タイプを
    CBDのクセのある香りや風味が気になるなら濃縮果汁を配合した製品がおすすめです。フレーバーより味がジューシーなので、より食べやすくなります。稀にノドの乾きを感じる人もいるようなので、CBDグミを食べた後はコップ一杯のお水を飲むと良いかもしれません。 

クリバヤシ

私は職業柄、たくさんのCBDグミを食べ比べしてきました。その時の状況やタイミング・製品によって同じ粒数、CBD含有量が同じでも体感が穏やかだったり、急にきたり、よく分からなかったりと体感は様々です。CBDは継続することで健やかな毎日をサポートしてくれると言われています。まずは1週間、1ヶ月継続してみてください。

CBDグミのよくある質問

CBDグミに副作用はありますか?

CBDグミは薬ではなく健康食品のため、副作用の報告はほとんどありません。しかし体質や体調により、必ずしも全ての人に安全とは言い切れません。また食べ過ぎると体に変調をきたす場合があるので、メーカーが推奨している摂取量を参考に食べましょう。

CBDグミはダイエットのサポートにおすすめですか?

CBDは運動や食事制限でダイエットをしている方を効率的に後押ししてくれる、サポートサプリメントとしてもおすすめです。ただし、CBDグミによっては砂糖が沢山使用されている製品もあるので、食べ過ぎは注意された方がよいです。

CBDグミは毎日食べても大丈夫ですか?

CBDグミは健康食品のため、毎日食べても大丈夫です。CBDは植物成分のため、健康維持にも期待ができますね。CBDグミに含まれる糖質が気になる方は、てんさい糖やキシリトールなど糖質の低い甘味料を使用した製品がおすすめです。ただし食べ過ぎはNGです。

CBDグミを購入するならどの店舗がおすすめですか?

CBDグミを購入するなら楽天市場がおすすめです。楽天市場なら1粒の配合量・原材料・製造国など気になる情報を全て確認して購入できます。また口コミもチェックできるため、好みに合ったCBDグミが購入しやすいですよ。また、試食ができるお店もあるので、実際に体感を確認するのも良い方法かもしれません。CBDブランドなら、ネイチャーカンもおすすめです。

関連記事:いま話題のCBDブランド「ネイチャーカン(Naturecan)」とは?人気の理由やお得なクーポン情報を紹介

おすすめCBDグミまとめ

この記事では「CBDグミ」のCBD配合量や配合成分、内容量による選び方と一緒におすすめのCBDグミをランキング形式でご紹介しました。

  • 日中にCBDグミを使用するなら1粒の配合量5mg~30mgほどの低濃度タイプがおすすめ
  • 睡眠前のリラックスタイムに使用するなら30mg~50mgほどの高濃度タイプもおすすめ
  • 健康に気を使う方には砂糖、着色料不使用、コラーゲンやビタミンなどの成分を配合した製品をチェック

最適なCBDグミは「どんなシチュエーションで使用するか」や「使用頻度」などで人により異なります。この記事を参考に、あなたにぴったりのCBDグミを見つけてくださいね。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー