読み込まないCD-R/DVD-Rのデータを復旧できるおすすめ業者5選!再生できない・消えたデータも

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

CD-R/DVD-Rアイキャッチ

大事な写真やデータが入ったCD-R/DVD-Rが、ある日突然読み込めなくなった!そんなときは、慌てずデータ復旧業者に依頼しましょう。傷や汚れ、または内部的なエラーによる「読み込まない」「書き込みできない」「再生できない」トラブルからデータを復元してくれます。

ただし、データ復旧業者であればどこに依頼してもいいわけではありません。悪質な業者や技術力の低い業者を避けるためにも、正しい選び方を知っておく必要があります。とはいえ、普段なかなか利用する機会の無いデータ復旧業者の選び方は難しいですよね。

そこで今回は「CD-R/DVD-Rのデータ復旧業者の選び方」を解説します。トラブルの原因や対処法、データ復旧業者に依頼する際のチェックポイントまで。さらにCD-R/DVD-Rのデータ復旧におすすめの業者も紹介します。

CD・DVDが「見れない」「間違って削除して消えた」など、お困りの方はぜひ参考にしてください。

CD-R/DVD-Rの寿命ってどのくらい?

CD-R/DVD-Rの寿命ってどのくらい?

CD-R/DVD-R(CD-RW/DVD-RW含む)の耐用年数は一般的には数十年~100年と言われています。また、書き換え回数や書き込み回数は1,000回前後です。そのため、一般的に「経年劣化やアクセス過多によるデータトラブル」は多くありません。

ただし品質の低いCD-R/DVD-Rの場合、数年でデータが読み込めなくなった事例もあります。また、経年劣化以外にもさまざまな理由である日突然データにアクセスできなくなるかもしれません。経年劣化に強いCD-R/DVD-Rと言えど、データトラブルが起きる可能性はあります。

編集部

実際Picky’s編集部スタッフもCD-RWに大事なデータを入れていたら、2年ほどでデータが読み込めなくなるトラブルを経験しました

CD-R/DVD-Rのデータが読み込めない・再生できない原因と対策について

CD-R/DVD-Rのデータが読み込めなくなる原因と対策について

CD-R/DVD-Rに記録したデータが読み込めない・再生できない理由は主に6つです。

  1. 誤ってデータを消してしまった
  2. ホコリ・指紋・汚れによるアクセス不良
  3. 傷による物理的な破損
  4. CD-R/DVD-Rドライブ側の問題
  5. データエラー・認識障害
  6. 経年劣化

誤ってデータを消してしまった(CD-RW/DVD-RW)

誤ってデータを消してしまった(CD-RW/DVD-RW)

CD/DVDに限らず、記憶媒体のデータトラブルで多いのが「間違って消してしまった・フォーマットしてしまった」です。操作を間違えて消去してしまったり、他のデータを上書きしてしまうと当然データは読み込めなくなります。

ただし、データを消去してしまってもデータ復旧業者に依頼すればデータを復元できる可能性は高いです。

編集部

CD-Rは消去や上書き保存ができないため、この事例は消去や上書き保存ができるCD-RW/DVD-RW特有のトラブルです

ホコリ・指紋・汚れによるアクセス不良

埃・指紋・汚れによるアクセス不良

CD-R/DVD-Rのデータトラブルで多いのが、データ面にほこりや指紋、汚れといった異物が付着しているケースです。CD・DVD・BDは、他のメディアと違い記憶媒体がむき出しになっているため埃・指紋・汚れが付きやすくなっています。

CD-R/DVD-Rの読み取りは非常にデリケートで、ちょっとした汚れや指紋がついてもすぐに読み取れなくなります。思い当たる原因がないのにCD-R/DVD-Rのデータが読み取れなくなった場合、まずはデータ面の汚れをチェックしてみましょう。

もし、汚れを見つけたらメガネ拭きのような傷をつけない柔らかい布に水を含ませ、中央から外側に向かって放射状に拭いてください。回転方向に向かって拭くのはNGです。これで再度CD-R/DVD-Rの読み取りを試してみて下さい。それでも読み取れない場合、原因はほかにあります。

編集部

水でも汚れや指紋が落ちないときは市販の「エチルアルコール(エタノール)」を含ませて拭くといいでしょう

傷による物理的な破損

傷による物理的な破損

CD-R/DVD-Rは、汚れ以外に傷もつきやすいメディアです。ほこりやごみで擦れたり、またドライブ側の問題でディスクに傷がつくと読み込みができません。薄く小さな傷のうちは問題なく読み込めますが、傷が多く、また深くなった場合は読み込めなくなります。

傷によって読み込めなくなった場合、ディスク研磨で傷を消せば読み込みが可能です。ディスク研磨は、CD-ROMやBDを扱うお店のサービスで行っているほか、データ復旧業者でも対応しています。

編集部

音楽用CD-ROMの研磨であれば通常のお店でも構いませんが、大事なデータの入ったCD-R/DVD-Rは専門のデータ復旧業者に任せた方がいいでしょう

CD-R/DVD-Rドライブ側の問題

CD-R/DVD-Rドライブ側の問題

ディスクに傷や汚れがないにもかかわらずCD-R/DVD-Rが読み込めない場合、ディスクドライブ(読み取り装置)側に問題があるかもしれません。

別のCD-R/DVD-Rを試してみて、やはりエラーが出るようであれば間違いないでしょう。もしドライブに問題が起きている場合は、別のドライブに買い替える必要があります。

逆に、他のディスクが正常に読み込めるようであれば、エラーの起きたCD-R/DVD-Rに問題があります。

データエラー・認識障害:内部にエラーが発生するケースも

データエラー・認識障害

ディスクに傷や汚れがなく、ドライブにも問題がない場合は、ディスクのデータそのものの破損「論理障害」が考えられます。

論理障害とは?
データの削除・初期化による消去や、ファイルシステム・データの障害や破損といった内部のデータトラブルによる障害が起きている状態。データにアクセスできない、もしくはエラーメッセージが出る

論理障害が起きた場合、データ復旧ソフトを使用するかデータ復旧業者に依頼するしかありません。

トラブルが起きた状態で何度もアクセスを試したり、あれこれ操作してしまうとデータ復旧の可能性が下がります。トラブルが起きたらそれ以上操作はせず、すぐにデータ復旧ソフトを使用するか、データ復旧業者に依頼しましょう。

データ復旧ソフトとデータ復旧業者への依頼にはそれぞれメリット・デメリットがあります。以下の記事を参考に、自分の状況に適した選択を行ってください。

関連記事:【完全比較】PC (パソコン) データ復元 !! 無料ソフトと復旧業者どちらがオススメ?

経年劣化:劣化により読み込めない・再生できないケースもあり

傷による物理的な破損

CD-R/DVD-Rは比較的経年劣化に強いメディアですが、絶対ではありません。品質の低いCD-R/DVD-Rを使用したり、保管環境が悪い場合は劣化が早まります。CD-R/DVD-Rの経年劣化によるトラブルを避けるために、普段から以下の点に注意してください。

  • 信頼できる大手メーカーのCD-R/DVD-Rを使用する
  • 高温多湿になる場所や、急激な温度変化が起こる場所で保管しない
  • 直射日光に当てない(紫外線に弱い)
  • ケースに入れる(できれば紫外線をカットする黒いケースがおすすめ)

もし経年劣化によってデータが読み込めなくなった場合でも、データ復旧業者で復旧できる可能性があります。諦めずに相談してみましょう。

編集部

CD-Rの大手メーカーと言えば、Maxell・Sony・TDKが有名です

CD-R/DVD-Rデータ復旧業者の選び方

CD-R/DVD-Rのデータ復旧業者を選ぶ際のポイントをまとめました。基本的にはHDDやUSBメモリのデータ復旧業者の選び方と変わりません。そのため、今回はCD-R/DVD-Rに特化した内容を中心に紹介します。

なお、基本的なデータ復旧業者の選び方について知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

関連記事:【悪質業者を排除】HDDデータ復旧業者おすすめ18選 ! 評判や価格を比較|復旧率は意味がない?

CD-R/DVD-Rのデータ復旧技術と実績のある業者がおすすめ

CD-R/DVD-Rのデータ復旧技術と実績のある業者がおすすめ

公式のウェブサイトの「対応メディア」に、「CD-R/DVD-R」と明記されている業者に依頼するのがおすすめです。また、復旧事例のページに、CD-R/DVD-Rの復旧事例が多くあるかどうかも確認しておきましょう。多くのデータ復旧業者のウェブサイトでは、復旧事例を多数掲載しています。

CD-R/DVD-Rのデータ復旧は多くの業者で対応していますが、各業者によって「得意・不得意」があります。ノウハウや経験の少ない業者に依頼してしまうと、復旧できなかったり、復元できる割合や範囲が狭まるかもしれません。

ウェブサイトにある、CD-R/DVD-Rのデータ復旧ページや復旧事例が充実しているようであれば、その業者はCD-R/DVD-Rのデータ復旧が得意だという一つの判断材料になるでしょう。

編集部

ただし絶対ではありません。データ復旧業者を選ぶ際は、ウェブサイトのほか口コミや実際の電話対応など、さまざまな面を確認して判断する必要があります

CD-R/DVD-Rの復旧費用が分かりやすく提示されるかどうか・完全成果報酬かどうか

CD-R/DVD-Rの復旧費用が分かりやすく提示されるかどうか・完全成果報酬かどうか

データ復旧業者を選ぶ際は、「料金が分かりやすく明示されている」「完全成功報酬制の業者を選ぶ」のがおすすめです。

完全成功報酬制とは?
希望したデータが復旧した場合のみ料金を支払うシステム

データ復旧の費用は業者ごと、また症状ごとに大きく異なります。業者によっては何倍も料金が変わる可能性もあるため、きちんと料金について明示されている、もしくは問い合わせ時にしっかりと説明してくれる業者を選びましょう。

ただし、データ復旧の料金は多くの場合、実際に初期診断作業をしてみないとわからないケースがほとんどです。そのため、最初の相談時に不明な点は徹底的に質問しましょう。

優良なデータ復旧業者であれば、ユーザーが料金に大きな不安を持っているのを十分承知しています。そのため、電話した際に料金について詳しく説明してくれる業者なら信用できるでしょう。

編集部

逆に、「やってみないとわからない」「早くしないとデータが消える」など、説明を濁したり作業を急かしたりする業者は避けたほうがいいかもしれません

CD-R/DVD-Rデータ復旧人気おすすめ業者比較一覧表

Picky’s編集部がCD/DVDのデータ復旧業者を調査し、優良な業者をピックアップしました。データ復旧業者選びに迷った際の参考にして下さい
商品公式サイト運営会社運営年数所在地電話番号営業時間見積もり費用/診断料CD-R/DVD-R復旧費用セキュリティ店舗持ち込み完全成果報酬制
デジタルデータリカバリー公式サイトデジタルデータソリューション株式会社1999年東京都港区0120-706-33224時間365日無料要問い合わせISO27001
データレスキューセンター公式サイト株式会社アラジン2002年福岡県福岡市0120-110-419平日9:00~18:00/土日祝日9:00~13:00無料21,780円~プライバシーマーク/ISO27001
WinDiskRescue公式サイト株式会社くまなんピーシーネット2002年熊本県熊本市0570-020-907AM 9:00~PM 7:00無料27,500円~機密保持誓約書/プライバシーマーク
BUFFALO データ復旧サービス公式サイト株式会社BUFFALO2017年東京都千代田区0120-961-869(東京)平日9:30~17:00無料49,500円~
A1Data公式サイトA1データ株式会社1994年埼玉県飯能市0120-413-37424時間無料40,000円~ISO27001

CD-R/DVD-Rデータ復旧おすすめ業者5選

デジタルデータリカバリー

データレスキューセンター

WinDiskRescue(くまなんピーシーネット)

BUFFALO(バッファロー) データ復旧サービス

A1Data

CD-R/DVD-Rデータ復旧のよくある質問

最後に、CD-R/DVD-Rのデータ復旧に関するよくある質問をQ&A方式でまとめました。

DVD-R DLとは何ですか?

DVD-R DLとは、2つの記録層を持つ「Dual Layer」のことです。通常のDVD-Rに比べ、1.8倍もの容量を持っています。

 

DVD-R DLもトラブルの際ほかのディスク同様データ復旧は可能ですが、念のためデータ復旧業者に事前に問い合わせると確実です。

CD-R/DVD-Rの捨て方は?

CD-R/DVD-Rを捨てる際は、住んでいる自治体のルールに従って廃棄してください。自治体によって燃えるゴミだったり、燃えないゴミだったりと対応が異なります。

 

もしCD-R/DVD-Rの中に個人情報やプライバシーにかかわるデータが入っていた場合は、復元されないようにCD-R/DVD-Rを割ったり大きな傷をつけたりしてから捨てると安心です。

CD-R/DVD-Rのデータトラブルはデータ復旧業者への依頼がおすすめ

CD-R/DVD-Rのデータがトラブルで読み込めなくなった際は、速やかにデータ復旧業者に依頼しましょう。CD-R/DVD-Rは比較的経年劣化に強いメディアですが、それでもデータトラブルで読み込みや書き込みができなくなる場合があります。

  • CD-R/DVD-Rもデータトラブルが起こる
  • データ復旧業者ではCD/DVD/BDとあらゆるディスクのデータ復旧が可能
  • CD-R/DVD-Rのデータ復旧に強い、料金体系や支払いが分かりやすい業者がおすすめ

CDやDVDに大事な写真やデータを保存している方も多いと思います。万が一CDやDVDのデータが読み込めなくなっても、諦める必要はありません。

CD・DVDが「見れない」「読み込まない」「再生できない」「書き込みできない」「認識しない」「間違って削除してしまった」など、お困りの時は今回の記事を参考に、大事なデータを取り戻してくれる業者を探してみて下さい。

Picky’sでは、データ復旧に関するさまざまな情報を記事にして発信しています。データ復旧について詳しく知りたい方は以下の記事もぜひ読んでみて下さい。

関連記事:【主要6社を比較】データ復旧の料金や相場は?おすすめ業者や安く依頼する方法も紹介

関連記事:壊れたUSBメモリからデータ復旧させる方法について解説!実際の復旧手順も

関連記事:大事なデータをすぐに取り戻せるデータ復旧ソフト4DDiGの使い方&レビュー・検証

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー