名機がズラリ!開放型ヘッドホンおすすめ20選!音漏れが少ない&ワイヤレスタイプも

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

出典:amazon.co.jp

自宅でゆっくりと音楽やゲームを楽しみたいときにおすすめの「開放型ヘッドホン」。広がりのあるサウンドと抜群のつけ心地を味わえます。耳への圧迫感が少なく、聞き疲れしにくいので、長時間ヘッドホンを使用したい人にぴったりです。

しかし、いざ開放型ヘッドホンを購入するとなると「ワイヤレスタイプってある?」「音漏れにしくい開放型ヘッドホンが欲しい」など選び方に悩む人は多いはず。また、SONYやオーディオテクニカなど、人気メーカーの商品特徴も気になりますよね。

そこで今回は、「開放型ヘッドホン」をPicky’s編集部が徹底解説。開放型ヘッドホンのメリット・デメリットはもちろん、商品の選び方や人気商品ランキング20選をまとめています。安い商品と高い商品の違いも紹介しているので、ぜひ最後まで目を通してください。

開放型ヘッドホンとは?密閉型との違いも解説

開放型ヘッドホン

開放型ヘッドホンとは?密閉型との違いも解説

出典:amazon.co.jp

密閉型ヘッドホン

開放型ヘッドホンとは?密閉型との違いも解説

出典:amazon.co.jp

そもそも「開放型」「密閉型」というのは、ヘッドホンのハウジングの種類を表しています。一般的にヘッドホンは、音を鳴らす「ドライバーユニット」を「ハウジング」と呼ばれるパーツで覆った構造になっているのが特徴。ハウジングは、ヘッドホンの音質・装着感・耐久性を左右する重要なパーツです。

開放型ヘッドホンは、ハウジングがメッシュ構造になっており、完全には密閉されていません。空気が出入りしやすくなっているため、スピーカーで音楽を聴いているような自然な響きを味わえます。

一方で、密閉型ヘッドホンは、ハウジングが完全に密閉されているのが特徴です。音や振動が逃げないため、力強い低音サウンドも十分に楽しめます。

開放型ヘッドホンのメリット・デメリット

ここでは、開放型ヘッドホンのメリット・デメリットを紹介。音の特徴や装着感などを詳しく解説しているので、購入時の参考にしてくださいね。

開放型ヘッドホンのメリット

開放型ヘッドホンのメリット

  • クリアなサウンドを楽しめる
  • 音の広がりを感じやすい
  • 聞き疲れしにくい
  • 装着感に優れている

開放型ヘッドホンの最大の魅力は、広がりのあるクリアなサウンドを楽しめること。音がハウジング内にこもらないので、生演奏のような音楽を表現してくれます。適度に音の抜けがあるので、高音サウンドの再生時に音割れしにくい&聞き疲れしにくいのもメリットです。

また、通気性に優れており、耳が蒸れにくいのも開放型ヘッドホンの特徴。仕事で長時間ヘッドホンをつけることが多い人や、音楽鑑賞やゲームを楽しむための自宅用ヘッドホンが欲しい人におすすめですよ。

開放型ヘッドホンのデメリット

開放型ヘッドホン デメリット

  • 遮音性が低く、音漏れしやすい
  • 低音域の力強さに劣る

一方で、開放型ヘッドホンは空気を逃がしやすい構造になっているため、音が外に漏れやすいのが弱点。自宅以外で使う場合は、音量に十分注意しましょう。また、遮音性にも劣るので、周囲の音をシャットアウトして音楽だけに集中したい人には不向きです。

また、密閉型ヘッドホンに比べると、低音域が弱いというデメリットもあります。身体にズンズンと響くような重低音を楽しみたい人は、密閉型ヘッドホンの購入を検討してみてください。

関連記事:重低音が響く!BOSEのおすすめヘッドホン7選|最新作から旧モデルまで紹介

開放型ヘッドホンの選び方

ここからは、開放型ヘッドホンの選び方を紹介します。音質・イヤーパッドの形状・接続方法など、自分にぴったりの開放型ヘッドホンを見つけるためのポイントをまとめました。

装着感が変わる!まずは、イヤーパッドの「形状」をチェック

オーバーイヤー型

開放型ヘッドホン オーバーイヤー型

出典:amazon.co.jp

オンイヤー型

開放型ヘッドホン オンイヤー型

出典:amazon.co.jp

開放型ヘッドホンのイヤーパッドには、「オーバーイヤー型」と「オンイヤー型」があります。

オーバーイヤー型は、耳を包み込むように装着するので、安定した装着感を得られるのが特徴。フィット感もあり、開放型ヘッドホンの弱点である音漏れを軽減できます。ゲームや音楽鑑賞に没頭したい人・少しでも音漏れ対策をしたい人におすすめです。

一方で、オンイヤー型は、耳の上に置くように装着します。オーバーイヤー型に比べてイヤーカップが小さいため、本体サイズがコンパクトかつ軽量なのが特徴。通勤や旅行など、持ち運びシーンに適しています。また、耳を包み込まないので、眼鏡が干渉しにくいのもメリットです。

編集部

オーバーイヤー型は、耳を包み込む形状な故、長時間使用していると耳に熱がこもったり、汗をかいたりして不快感が出やすいと言われます。しかし、開放型ヘッドホンは、ハウジングがメッシュ構造になっているため、長時間使用しても不快感は出にくいです。

高音・低音のどちらが好みかに合わせて再生周波数帯域をチェック

ハイレゾ対応も!「音質」は再生周波数やメーカーから選ぼう

出典:amazon.co.jp

「低音強めが好き」「高音域のサウンドをよく聞く」など、再生する音楽のジャンルや好みに合わせて再生周波数帯域もチェックしましょう。

再生周波数帯域とは、再生可能な周波数を表したもの。「15Hz~30KHz」といった数値で表記され、下限は低音域、上限は高音域の再生範囲を表しています。低音サウンドが好きな人や、ゲームをする際の迫力を重視したい人は下の数字が40Hz以下・高音サウンドが好きな人は上の数字が30KHz以上の商品がおすすめです

低音も高音もバランスよく聞きたい人は「20Hz~20KHz」のモデルを選んでおけば間違いありません。

ハイレゾ音源を聞く習慣があるなら、ハイレゾ対応の開放型ヘッドホンをチェック。ハイレゾ対応の開放型ヘッドホンなら、ボーカルの息づかい・スタジオの空気感といった、CD音源では感じ取れないリアルなサウンドを楽しめます

「ハイレゾ音源」とは?
原音に近い、高解像度なサウンドのこと。CDの約3〜6.5倍の情報量を持っており、より高音質です。ハイレゾ音源の音楽ファイルをそのままのハイクオリティで再生するには、ヘッドホンなどのデバイスもハイレゾに対応している必要があります。

関連記事:【プロが徹底比較して選ぶ】高音質 Bluetoothヘッドホンおすすめ33選

再生する音楽ジャンルに合わせて「インピーダンス」にもこだわろう

開放型ヘッドホン インピーダンス

ヘッドホンにおけるインピーダンスとは、電気抵抗の大きさを表したもの。ヘッドホンのインピーダンスは「32~300Ω(オーム)」前後のものが見られますが、単に高ければor低ければいいというものではありません

低インピーダンスのヘッドホンは、再生音量が大きい反面、ざらざらとしたノイズが入りやすいのが難点。逆に、インピーダンスが高いとノイズは少なくなりますが、再生音量が出づらくなります。下記の表を参考にして、自分の好みに合う商品を選びましょう。

メリット・デメリット こんな人におすすめ
低インピーダンス(40Ω以下)
  • 音量が出やすい
  • ノイズが入りやすい
  • ロックやEDMなどの激しい曲を聞きたい人
  • 大音量で楽曲を楽しみたい人
高インピーダンス(40Ω以上)
  • ノイズが少ない
  • 音量が出にくい
  • ピアノ演奏・クラシックなどを静かに聞きたい人
  • 楽器のモニタリング用として使いたい人

ワイヤレス?有線?ヘッドホンの「接続方法」にも注目

開放型ヘッドホン ケーブル

開放型ヘッドホンは、3.5mmプラグなどで接続する有線タイプが中心。有線タイプはヘッドホンとデバイスをケーブルで直接繋ぐ分、高音質モデルが多いのがメリットです。ケーブルの煩わしさはあるものの、自宅で使うのであればそれほど問題はないでしょう。

また、ラインナップは少ないものの、ワイヤレス(無線)タイプの開放型ヘッドホンも登場しています。Bluetoothで無線接続できるので、ケーブルの絡まり・断線といったトラブルがありません。シーンに応じて、使いやすい商品を選んでみてください。

関連記事:有線ヘッドホン&有線無線両用 おすすめ19選|Bluetoothの選び方も解説

関連記事:音質最強はどれ?ワイヤレスヘッドホンランキング24選!おすすめ商品や口コミも

「軽量」&「ヘッドバンド調整機能付き」だと快適な使い心地を実現できる

開放型ヘッドホン ヘッドバンド

出典:rakuten.co.jp

開放型ヘッドホンには、ヘッドバンドの長さを調整できるものがあります。頭の形・大きさに合わせて締め付けを細かく調整でき、ヘッドホンのフィット感を高めてくれるのがメリット。家族で1つのヘッドホンを共有したいときにも便利ですよ。

また、開放型ヘッドホンは、スペックが高いハイエンドモデルほどパーツが大きくなりやすく、本体も重くなる傾向があります。軽いつけ心地を重視したい人は、重さが300g前後のものをチョイスしましょう

関連記事:【女子向けも】おしゃれなヘッドホン22選!かわいい&かっこいい人気モデルを紹介

名機も登場!開放型ヘッドホンのおすすめ人気メーカー

ここでは、開放型ヘッドホンを購入できる人気メーカーを紹介。国内外の定番&有名メーカーをピックアップしているので、開放型ヘッドホンを選ぶときの参考にしましょう。

クリエイター向けモデルを展開する「SONY(ソニー)」

ソニーは日本が誇る大手総合電機メーカーで、ヘッドホンなどのオーディオ機器を多数取り扱っています。開放型ヘッドホンはラインナップは少なめですが、クリエイター向けのモデルが展開されています。商品の価格は5万円前後で、高くても音質にこだわりたい人におすすめです。

ソニーの開放型ヘッドホンで名機と呼ばれているモデルは「MDR-MV1」。音源を正確に再現することを目的として作られており、多くのクリエイターに愛されています。

関連記事:プロが選ぶ!ソニーのヘッドホンおすすめ15選|ワイヤレス・有線の人気シリーズを紹介

ラインナップが豊富な「Audio-Technica(オーディオテクニカ)」

オーディオテクニカは、日本の音響機器メーカー。1,000円程度のエントリーモデルから20万円を超えるハイエンドモデルまで、さまざまな開放型ヘッドホンを販売しています。予算や用途に合わせて、自分に合ったものを見つけやすいですよ。

ワイヤレスタイプのラインナップもあるため、ケーブルレスで音楽や映画を楽しみたい人にぴったりです。オーディオテクニカの開放型ヘッドホンの中でも名機とささやかれているのは「ATH-AD900X」。長時間の使用も苦にならない快適な付け心地と、ゆがみのない音の広がりにより、プロにも多く支持されています。

開放型ヘッドホンの生みの親「SENNHEISER(ゼンハイザー)」

ゼンハイザーは、ドイツ生まれの音響機器メーカー。世界で初めて開放型ヘッドホンを開発したメーカーとして知られており、優れた音質と装着感を両立しています。開放型ヘッドホンの価格は、1~20万円程度と大きく幅があります。

また、ゼンハイザーといえば、すっきりとした透明感のあるサウンドが魅力。生演奏に近いサウンドを表現できるため、楽曲本来の魅力を堪能したい人や作業用として使いたいクリエイターにおすすめです。ゼンハイザーの開放型ヘッドホンの中で名機と人気なモデルは「HD 600」。フラットな音質で着聞き疲れしないと、長時間ヘッドホンを使うユーザーから注目を集めています。

関連記事:【音楽好きが選ぶ】ゼンハイザーおすすめヘッドホン12選! 用途別の選び方も解説

上品なサウンドが魅力の「AKG(アーカーゲー)」

AKGは、1947年に誕生したオーストリアの音響機器メーカー。独自のハウジング構造を採用した開放型ヘッドホンを取り扱っており、上品なサウンドを楽しめます。開放型ヘッドホンの価格は2~15万円程度で、有線タイプが中心です。

AKGの開放型ヘッドホンの中の名機は「K701-Y3」。まずおしゃれなデザインが目を惹きます。そして、中高域の再現性の高さ。刺さるような甲高い鳴り方ではなく、突き抜けるような心地の良いサウンドを届けてくれますよ。

関連記事:【全シリーズ解説】AKGのヘッドホンの選び方がわかる!おすすめ15製品の人気ランキングを紹介

安いVS高い!開放型ヘッドホンの比較

開放型ヘッドホン 比較

開放型ヘッドホンには、数千円で買えるものから10万円を超えるものまで、幅広い価格の商品があります。今回は、5,000円前後と2万円前後の開放型ヘッドホンを比較して、それぞれの特徴をまとめました。

安い開放型ヘッドホンの特徴(5,000円前後のモデル)

5,000円程度の開放型ヘッドホンでも、ハウジング構造やドライバーユニットを工夫し、クリアな音にこだわっているモデルは沢山あります。本格的な楽曲制作やレコーディングなどにはやや不向きですが、普段の音楽鑑賞や楽器のソロ練習用なら十分に使えるでしょう。

デザインはプラスチック感が強めでチープに見える商品も多々あります。見た目にこだわりたい人は、素材の質感などにこだわるとGOOD。コンパクトに折りたためるものや軽量設計のものが豊富で、扱いやすさを重視したい人におすすめです。

安い開放型ヘッドホンはこんな人におすすめ!
  • 趣味の音楽鑑賞や楽器練習用に使いたい人
  • デザインにこだわらない人
  • コンパクトで軽量なヘッドホンが欲しい人

高い開放型ヘッドホンの特徴(2万円前後のモデル)

2万円台の開放型ヘッドホンは、クリエイター・エンジニア向けのハイエンドモデルが豊富。サウンドの解像度にこだわったものが多く、1つ1つの音をしっかりと聞き取りたい人や本格的な楽曲作業に使いたい人におすすめです。

また、ハイレゾ音源対応やワイヤレスタイプが充実しているのも高価な開放型ヘッドホンの傾向。さらに、高級感のあるヘッドホンも多数登場しているので、こだわりの1機を見つけたい人にぴったりですよ。

高い開放型ヘッドホンはこんな人におすすめ!
  • 本格的な楽曲制作やモニタリングに使いたい人
  • ハイレゾ音源を楽しみたい人
  • 見た目の高級感にこだわりたい人

【1万円以下】開放型ヘッドホンおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格重量接続方法コードの長さ連続再生時間イヤーパッドドライバー口径再生周波数帯域インピーダンスヘッドバンド調整機能ハイレゾ音源対応折りたたみ対応専用ケース付き
audio-technica ヘッドホン ATH-AD500X¥8,644 楽天市場AmazonYahoo!235g有線3m-オーバーイヤー型53mm5Hz~25KHz48Ω----
Behringer モニターヘッドホン HPX2000楽天市場¥3,380 AmazonYahoo!308g有線約2m-オーバーイヤー型-20Hz~20kHz64Ω----
AKG モニターヘッドホン K240 STUDIO-Y3¥6,800 楽天市場AmazonYahoo!230g有線3m-オーバーイヤー型-15Hz~25KHz55Ω---
audio-technica ヘッドホン ATH-AVA500¥5,490 楽天市場AmazonYahoo!約275g有線--オーバーイヤー型53mm15Hz〜27KHz35Ω---
KOSS PORTA PRO楽天市場¥6,930 AmazonYahoo!60g有線1.2m-オンイヤー型--60Ω-
audio-technica ヘッドホン ATH-EP700¥5,574 楽天市場AmazonYahoo!約140g有線--オーバーイヤー型40mm20Hz~20KHz47Ω--
Roland オープンエアーヘッドフォン RH-A7-BK楽天市場¥7,656 AmazonYahoo!200g有線3m-オーバーイヤー型40mm10Hz~25KHz34Ω----
ELPA ライトオーバーヘッドホン RD-NA12楽天市場¥1,164 AmazonYahoo!約47g有線約1.2m-オンイヤー型27mm20Hz~20KHz24Ω----
SHURE セミオープン型ポータブルヘッドホン SRH144楽天市場¥3,980 AmazonYahoo!約150g有線1.52m-オンイヤー型36mm30Hz~20KHz34Ω---
PRIMO オープンエアーヘッドホン CD-3楽天市場¥9,680 AmazonYahoo!88g有線80cm-オンイヤー型39.5mm10Hz~20KHz35Ω---

【1万円以下】開放型ヘッドホンおすすめ人気ランキング10選

【1万円以上】開放型ヘッドホンおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格重量接続方法コードの長さ連続再生時間イヤーパッドドライバー口径再生周波数帯域インピーダンスヘッドバンド調整機能ハイレゾ音源対応折りたたみ対応専用ケース付き
SENNHEISER ヘッドホン HD599SE楽天市場¥28,930 AmazonYahoo!-有線1.2m/3m-オーバーイヤー型-12Hz~38,500Hz50Ω----
EPOS ゲーミングヘッドセット H6Pro楽天市場¥13,173 AmazonYahoo!309g有線2.5m-オーバーイヤー型-------
SENNHEISER オープン型ヘッドホン HD800S楽天市場¥226,200 AmazonYahoo!330g有線3m-オーバーイヤー型56mm4Hz~51KHz300Ω---
audio-technica ワイヤレスヘッドホン ATH-HL7BT楽天市場¥18,000 AmazonYahoo!約220g有線/ワイヤレス2m最大20時間オーバーイヤー型53mm5Hz~40KHz--○(有線接続時)--
SONY モニターヘッドホン MDR-MV1楽天市場¥49,900 AmazonYahoo!約223g有線--オーバーイヤー型-5Hz~80KHz24Ω---
audio-technica ヘッドホン ATH-AD900X楽天市場¥15,300 AmazonYahoo!265g有線3m-オーバーイヤー型53mm5Hz~35KHz38Ω----
audio-technica プロフェッショナル モニターヘッドホン ATH-R70x楽天市場¥42,527 AmazonYahoo!約210g有線3m-オーバーイヤー型45mm5Hz~40KHz470Ω---
OneOdio Monitor80¥11,980 楽天市場AmazonYahoo!300g有線6.35mm-3.5mmカールコード:1.5~3.5m/3.5mmオーディオケーブル:3m-オーバーイヤー型40mm-250Ω-
水月雨 空鳴 VOID楽天市場¥27,100 AmazonYahoo!-有線--オーバーイヤー型50mm10Hz~80KHz64Ω----
SOUND WARRIOR セミオープン型ヘッドホン SW-HP300確認中 楽天市場AmazonYahoo!230g有線2.5m-オーバーイヤー型40mm10Hz~35kHz40Ω---

【1万円以上】開放型ヘッドホンおすすめ人気ランキング10選

開放型ヘッドホンの音漏れ対策・防止は?

開放型ヘッドホン 音漏れ

開放型ヘッドホンのデメリットである音漏れ。音楽や映画を楽しんでいるときに周囲の人の迷惑にならないように、ここでは開放型ヘッドホンの音漏れ対策方法を紹介します。

開放型ヘッドホンの音漏れを防ぐポイント3つ
  • 音量を上げ過ぎない
  • イヤーパッドを正しく装着する
  • イヤーパッドが劣化したら交換する

音漏れの最大の防止策は、ズバリ音量を上げ過ぎないこと。どんなに遮音性に優れたヘッドホンでも必要以上の音量を上げると、音が周囲に漏れてしまいます。音漏れによるトラブルを防ぎたい人は、自宅以外では音量を小さめに設定しましょう。

音量を下げても音漏れが気になる場合は、イヤーパッドが正しく装着されていなかったり、劣化して音が漏れてしまっている可能性があります。イヤーパッドの経年劣化を感じたら、装着感を高めるためにも新しいものと交換してください

また、開放型ヘッドホンの音漏れの程度を知りたいときは、イヤーパッドを耳から少し離してみたり、太ももに当てて確かめるのがおすすめ。イヤーパッドを耳から離したor太ももに当てた状態でもシャカシャカと音が聞こえたら、音量が大きすぎる可能性が高いです。

開放型ヘッドホンについてのよくある質問

開放型ヘッドホン よくある質問

開放型ヘッドホンはどこで購入できる?

開放型ヘッドホンは、オーディオショップや家電量販店などで購入できます。また、Amazonや楽天市場では、さまざまなメーカーの開放型ヘッドホンが販売されています。

開放型ヘッドホンはゲーミング用として使える?

ゲーミングヘッドセットは、遮音性の高い密閉型のものが中心。ただ、オーディオテクニカやEPOSからは開放型のゲーミングヘッドホンが販売されています。ラインナップは少ないですが、気になる人はぜひチェックしてみてください。

開放型ヘッドホンはギター練習やレコーディングにも使える?

開放型ヘッドホンは、漏れた音がマイクに入ってしまうことがあるため、レコーディングや複数人での楽器練習には不向き。本格的なレコーディングには、開放型より密閉型ヘッドホンがおすすめです。逆に、音楽編集やモニタリング用には、長時間使用しやすい開放型ヘッドホンがいいでしょう。

リケーブル対応の開放型ヘッドホンはある?

開放型ヘッドホンには、ケーブルを取り外しできるリケーブル対応の商品があります。万が一断線しても、ケーブルだけを交換すれば使い続けられます。

開放型ヘッドホンのおすすめまとめ

開放型ヘッドホン まとめ

  • 開放型ヘッドホンはクリアな音質と装着感の良さが魅力
  • 自宅での音楽・映画鑑賞やモニタリング用におすすめ
  • 人気メーカーのオーディオテクニカやAKGをチェックするのも◎

今回は、「開放型ヘッドホン」について紹介しました。開放型ヘッドホンは、広がりのあるクリアなサウンドと圧迫感のないつけ心地を味わえるのが魅力。ぜひこの記事を参考にして、自分にぴったりの開放型ヘッドホンを見つけてくださいね。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー