【ボロボロにならない】ヘッドホンカバーおすすめ18選!100均素材での自作方法も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

ヘッドホンのイヤーパッドに装着して使用する、ヘッドホンカバー。イヤーパッドの劣化を防いだり蒸れにくくしたりと、メリットが多いアイテムです。

しかし販売されているヘッドホンカバーを見てみると、素材や形状・装着方法も様々。
「カバーを付けたら音が変わってしまうのでは?」など、商品の選び方や、音質への影響に疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ヘッドホンカバーのおすすめ商品18選をご紹介しています。使用するメリット・上手な選び方・おすすめ人気ブランドまで徹底解説しているので、ぜひ参考にしてみてください

編集部

ヘッドホンカバーを使用するメリットが知りたい方・自分のヘッドホンに合ったカバーを探している方におすすめの記事です。

ヘッドホンカバーを付けるメリットとは?

まずはヘッドホンカバーを付けるメリットをチェック。主に下記の3点が挙げられます。

    • ヘッドホン本体の劣化を防ぐ
    • 洗濯・交換ができて衛生的
    • 蒸れを防げる

    ヘッドホン本体の劣化を防ぐ

    ヘッドホンカバーには、ヘッドホン本体の劣化を防ぐメリットがあります

    ヘッドホンのイヤーパッド部分は使用するたび耳に接触するため、摩擦でボロボロになってしまうことも。カバーを付けることで装着時の摩擦を防ぎ、イヤーパッドを長持ちさせる効果が期待できます

    使い捨てタイプ・洗濯して繰り返し使用するタイプ・劣化したら交換するタイプなどがあり、自分のスタイルに合ったタイプを選べるのもうれしいポイント。

    ヘッドホンカバーの汚れや劣化が気になっている方におすすめのアイテムです。

    洗濯・交換ができて衛生的

    ヘッドホンカバーは洗濯・交換ができるため、衛生的にヘッドホンを使用できるメリットもあります

    ヘッドホンは、使用頻度が高い方なら毎日使用するアイテム。耳に密着するので蒸れやすく、汗で湿気もたまりやすくなります。しかし、ニオイや汚れが気になっても、ヘッドホン本体は洗えません

    そんなときヘッドホンカバーを付けていれば気軽に取り外しでき、洗濯・交換も簡単。友人同士でヘッドホンを使いまわしたりする際にも重宝します。ヘッドホンを清潔に長く使いたいという方にもおすすめのアイテムです。

    蒸れを防げる

    ヘッドホンカバーには、蒸れを防げるというメリットもあります

    ヘッドホンのイヤーパッドは耳にぴったりと密着するため、通気性がイマイチで蒸れやすいのが難点。特に革・合皮のカバーは、夏の暑い季節に湿気がこもりやすいでしょう。

    ヘッドホンカバーには通気性の良い素材や、肌触りの良い素材を採用した商品も豊富。それらのカバーを付けることで通気性がアップし、長時間でも快適にヘッドホンを使えるようになります

    ヘッドホン使用時の蒸れが気になっている方に、一度試してほしいアイテムです。

    ヘッドホンカバーで音質は衰える?

    ヘッドホンカバー装着による音質の変化について口コミを確認してみると、「変化はなかった」という声が多いものの、中には「やや変化があった」という声も見られました。

    変化を感じた方の口コミには「音が遠くなった」「高音の聴こえ方が変わった」などの声があり、変化を感じなかった方の口コミには「音質はまったく変わらない」「全体を覆うタイプではなく開口部が開いているカバーなら、音質への影響が少ない」などの声も。

    音質の変化が不安で購入を躊躇している方は、開口部の空いたタイプを選んだり下記の商品のように、音質への影響が少ないことをプッシュしている商品を選ぶのがおすすめです。

    音質のよいヘッドホンが気になる方は下記の記事もチェックしてみてください。

    関連記事:【2021年版】聴き比べてわかった今こそ選ぶ最強ワイヤレスヘッドホン15選
    関連記事:【2021年最新】メーカーやタイプ別で完全比較 ! おすすめヘッドホン10選
    関連記事:【かわいい VS スタイリッシュ】おしゃれなヘッドホン25選|女子や男子に人気のモデルや付け方も紹介
    関連記事:【音楽好きが選ぶ】ゼンハイザー おすすめ ヘッドホン12選| 用途別の選び方を徹底解説(2021年)

    ヘッドホンカバーの選び方

    続いては、ヘッドホンカバーを選ぶ際どのようなポイントに注意して選べばよいのかをチェック。ポイントは下記の3つです。

    • サイズで選ぶ
    • カバー交換頻度・素材で選ぶ
    • カラー・デザインで選ぶ

    本体イヤー部分のサイズに合わせて選ぶ

    ヘッドホンカバー選びで最も重要なのがサイズ選びです。本体イヤー部分の直径を大まかに3サイズで分類すると、下記のように分けられます。

    小型 直径6cm以下
    中型 直径6.5~9cm
    大型 直径8〜11cm以上

    対応メーカーやモデルが指定されている商品もありますが、伸縮性のある布地タイプならモデルを問わず、イヤー部分の直径が合えば使用できる商品も

    対応サイズの表記は、購入前に必ずチェックしましょう。

    カバー交換頻度で素材で選ぶ

    カバーの交換頻度は、素材によって変わります。どんどん交換して使いたい方、できれば一つを長く愛用したい方、希望に合ったタイプを選びましょう。

    毎日交換:「不織布」の使い捨てタイプ

    ヘッドホンカバーを毎日交換したい方には、不織布素材の使い捨てタイプがおすすめです。不織布タイプには下記のようなメリットがあります。

    • 軽くて伸縮性があり、装着や取り外しが簡単
    • 洗濯の手間もなくどんどん交換できる
    • 1セットあたり30~80円ほどの購入しやすい価格

    耐久性では布地・革タイプに劣りますが、毎日交換することを考えるとあまり問題ではないでしょう。

    月に1回洗濯交換:「布地」を選ぶ

    月に1回程度、洗濯して交換したい方なら布地タイプがおすすめです。布地タイプには下記のようなメリットがあります。

    • 伸縮性がある綿・通気性のあるニット・肌触りのよい化学繊維など素材が豊富
    • 月に1度の洗濯ならお手入れの負担も少なめ
    • 1セット20円~2,000円ほどのものまで、価格の幅が広め

    革や合皮製と比較すると安価で繰り返し使えるため、コスパのよいタイプと言えます。

    半年に一度・破れたら交換:「革」「合皮」を選ぶ

    1つのカバーをできるだけ長く使用したい方なら革・合皮タイプがおすすめです。革・合皮タイプには下記のようなメリットがあります。

    • 耐久性に優れ、長く使用できる
    • 高級感があり、見た目が良い

    価格は1セット1,000円ほどとその他のタイプと比べるとやや高めですが、長く使用できるのでコスパは悪くないと言えます。

    また革や合皮のカバーは、元々のイヤーパッドを取り外して交換するタイプが主流。そのため他のタイプと比べ装着の手間はかかりますが、仕上がりの美しさが魅力です。

    ヘッドホン本体に合うカラーやデザインを選ぶ

    見た目の相性が気になる方なら、ヘッドホン本体に合うカラー・デザインで選びましょう。

    もともとのイヤーパッドの色と同じカラーを選ぶと違和感なく馴染みます。あえてアクセントになるカラーを選べば、雰囲気が変わって気軽なイメージチェンジを楽しめるでしょう。

    カラーや柄のバリエーションが豊富なヘッドホンカバーも、多く発売されています。

    ヘッドホンカバーのおすすめ人気ブランド

    ヘッドホンカバーを販売している中で、特に人気の高い3ブランドをピックアップ。それぞれどのような特徴があるのかご紹介します。

    高品質で伸縮性抜群な mimimamo

    「mimimamo(ミミマモ)」はフィフティスクエア株式会社による人気のヘッドホンカバーブランド。日本製で品質が良く、ヘッドホンカバーを専門に開発しているためデザイン・付け心地・音質のすべてにこだわった製品ばかりです

    伸縮性抜群で、さまざまなブランドのヘッドホンに対応しているのも魅力のひとつ。品質の良さにこだわりたい方にぴったりのブランドです。

    肌触り抜群でカラバリ豊富なGeekria

    「Geekria」は、ヘッドホンアクセサリー全般を扱う人気ブランド。肌触りのよいニット製を中心に、様々な種類のヘッドホンカバーを販売しています

    同じ素材でもカラー・柄のバリエーションが豊富なため、デザインにこだわる方にもおすすめのブランドです。

    低価格で気軽に使えるwuernine

    「wuernine」は、音響全般の周辺機器を扱うブランド。ヘッドホンカバーは洗って繰り返し使える布地タイプを多く販売しています

    2セットで1,000円以下など、価格が安く気軽に使えるのが魅力。コスパのよさにこだわる方におすすめのブランドです。

    【低コスト・使い捨て用】ヘッドホンカバーおすすめ人気ランキング比較一覧表

    Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
    商品最安価格サイズ素材対応機種・メーカーその他機能
    ノーブランド品 ヘッドホン イヤーパッド dd1000622¥599 楽天市場AmazonYahoo!直径60mmスポンジ60から70mmのヘッドホン
    Geekria ヘッドホンカバー 8-11cmヘッドホン用楽天市場¥2,800 AmazonYahoo!W10×D1×H10cm不織布直径8~11 cmのヘッドホン防塵
    Audina ヘッドホンカバー 100個入(50ペア) ejz-02m楽天市場¥999 AmazonYahoo!10.5 cm不織布80から110mmのヘッドホン
    kwmobile 2x イヤーパッド 対応: Sony MDR-V150 / V250 / V300¥1,468 楽天市場AmazonYahoo!‎W23.54×D1.33×H13.68cmPUレザーSony MDR-V150 / V250 / V300-
    Geekria カバー 400個入(200ペア) ヘッドホンカバー 劣化防止、防塵楽天市場¥3,688 AmazonYahoo!W7×D1×H7cm不織布AKG、Bose、JBL、Plantronic、 SONY防塵
    TDITD イヤーパッド楽天市場¥880 AmazonYahoo!‎W16.51×D2.54×H9.14cmプロテインレザー直径4.5~11cmのヘッドホンノイズカット、音漏れ防止機能
    Cloud Eleven ヘッドホン交換用イヤーパッド直径50mm楽天市場¥390 AmazonYahoo!-スポンジ直径4.5~5.5cmのヘッドホン-
    wuernine ヘッドホンカバー 8-11cm楽天市場¥899 AmazonYahoo!--BOSE、SONY、BEATS、AKG、Audio Technica、Sennheiser、Pioneer、Shure、Philips、JVC、DENON、YMAHA、直径8~11cmのヘッドホン防塵、防臭、洗濯可
    Dreamsound ヘッドホン交換用イヤーパッド楽天市場¥109 AmazonYahoo!-ソフトフォーム直径5~6cmのヘッドホン-
    交換用イヤーパッド イヤークッション 35mm MDR-Q55 MDR-Q21LP対応 10個セット 黒 Gen楽天市場¥129 AmazonYahoo!-ソフトフォームMDR-Q55 MDR-Q21LP-

    【低コスト・使い捨て用】ヘッドホンカバーおすすめ人気ランキング10選

    【高品質】ヘッドホンカバー人気ランキング比較一覧表

    商品最安価格サイズ素材対応機種・メーカーその他機能
    ノーブランド品 Beats by Dr. Dre Solo イヤーパッド¥1,999 楽天市場AmazonYahoo!不明内側:メモリフォーム 外側:レザーSOLO 2 SOLO 3 SOLO 2.0 ワイヤレス SOLO 3.0 ワイヤレスノイズ防止
    Geekria イヤーパッド QuickFit楽天市場¥1,416 AmazonYahoo!W9.5×H8.5×D2.2 cmメッシュSteelSerries Arctis 3、Arctis 5、 Arctis 7、Arctis 9X、Arctis PROノイズブロック
    YOCOWOCO ヘッドホンカバー PUレザー楽天市場確認中 AmazonYahoo!W10.2×D1.4×H8cmPUレザーBOSEのQC15/QC25/QC35/QC35 II/Ae2/Ae2i /Ae2w/Sound True Around-Ear/Sound Link Around-Ear防塵、音漏れ防止
    mimimamo スーパーストレッチヘッドホンカバー L楽天市場¥1,945 AmazonYahoo!W9×D0.05×H9テンセル直径8~11cmのヘッドホン抗菌、防臭、洗濯可
    Adhiper ヘッドホンパッド楽天市場¥1,199 AmazonYahoo!W9.5×D2.1×H7.7cmSony MDR-1A /1A-DAC 等ヘッドセットノイズブロック
    Geekria イヤーパッドカバー 8-11CM楽天市場¥1,333 AmazonYahoo!‎W9×D0.2×H9cmニットAudio Technica,、Bose,、JBL、 Skullcandy,、SONY、直径8~11cmのヘッドホン防塵、洗濯可
    EarProfit イヤーパッドカバー multi 1 M55¥4,222 楽天市場AmazonYahoo!M55トリノクールABKONCORE B851/ag AG-WHP01BK/WHP01K/ブラック AG-WHP01KBK WHP01K/ダークグレイ AG-WHP01KDG/WHP01K クリーム AG-WHP01KCR/AKG K371-BT-Y3/Anker Soundcore Life Q35 ブルー/AudioTechnica ATH-ANC90CBT/ATH-M30X/ATH-SR30BT BK/ATH-SX1a/ATH-WP900/Ausounds AU-XT ANC/BOSE QuietComfort35 wireless I/QuietComfort35 wireless II/Noise Cancelling Headphones 700 Tripe Black/QuietComfort45 Headphone/その他伸縮性/吸汗速乾性/消臭機能/洗濯可能/滑止機能
    BlueFire イヤークッション¥4,681 楽天市場AmazonYahoo!W4.6×D0.9×H4.6cmSony MDR7506 MDRV6 MDR-7506 MDR-V6 MDR-CD900ST-

    【高品質】ヘッドホンカバーおすすめ人気ランキング8選

    ヘッドホンカバーは100均の材料で自作可能

    ヘッドホンカバーを使ってみたいけれど、購入するのは抵抗があるという方なら自作してみるのはいかがでしょうか。100均の材料で手作りでき、作り方も意外と簡単です。

    ゴムが付いている100均商品(靴下など)で代用すると楽

    材料は100均で購入できる、伸縮性のある素材の靴下やアームカバーです。縁にゴムが入っているタイプを選びましょう。足首までのタイツ・ストッキングなどもおすすめ。

    靴下でいうと、つま先ではなく足首のゴムが入った部分を使用します

    普通の布でも作れますが、ゴム・針金なども購入が必要。靴下やタイツなど、最初からゴムが入っているものを使えば時短で自作できます。

    サイズに合わせてカットして縫う

    靴下なら上から7~10cmほどカット。幅のある輪が切り取れます。リストバンドの形をイメージすると分かりやすいかもしれないです。

    その輪をイヤーパッドにぴったり被せて外側・内側をそれぞれ縫い留めるだけ。カットする長さはイヤーパッドに合わせて調整しましょう。

    中心部が開いた、イヤーパッドにぴったり沿うカバーに仕上がります。厚手のタイツのような素材は薄くて伸縮性もあり、キレイに仕上がるのでおすすめです。

    本体に縫い込むのが嫌な方は針金で代用すると◎

    イヤーパッドに直接針を刺したり縫い込むのが嫌な方は、輪にした針金を入れ込んで固定すると良いでしょう

    ヘッドホンカバーの関連商品

    ヘッドホンの隅を掃除したいときに便利なクリーナー

    ヘッドホンを長期間使っていると継ぎ目部分やヘッドホンの隅にゴミが溜まります。カバーをしていてもいつの間にか溜まっていることも。その細かな隅や隙間に溜まったゴミを取り出すときに便利なのがクリーナーです。

    ヘッドホンの他にイヤホンやキーボードにも使えるので、1台持っていると重宝します。

    置場に困ったらヘッドホンホルダーがおすすめ

    ヘッドホンの置場に困ったらヘッドホン専用のホルダーがおすすめ。テーブルの隅や適当に置くことはできるけど見た目が微妙。ヘッドホンホルダーは2,000円程で購入できるので、比較的手に入れやすいです。

    特にデスク周りを整理整頓させたい方に適しています。

    ヘッドホンカバーのよくある質問

    ヘッドホンカバーはどこで買えますか?

    実店舗なら、ヨドバシカメラ・ビッグカメラ・ジョーシン・ヤマダ電機等の家電量販店のヘッドホンアクセサリコーナーで購入できます。できるだけ多くの商品から選びたい方なら、楽天・amazonなどのネット通販サイトがおすすめです。

    ダイソーなどの100円ショップにも売っていますか?

    ダイソー・セリア等の100円ショップでも販売されています。使い捨てタイプや布地タイプが多いようです。

    カバーの交換時期はどのくらいがベストですか?

    素材や商品によって異なりますが、不織布なら毎日・布地タイプなら1ヵ月を目安に交換するとよいでしょう。皮や合皮製はひび割れや剥がれなど、劣化が気になったときが交換時期です。

    ヘッドホンカバーを使用するべきですか?

    イヤーパッドとヘッドバンドは、汗や皮脂を吸収するため、細菌の温床になりえます。イヤーパッドを定期的に交換または洗浄し、洗濯可能なヘッドバンドカバーを使用することで、衛生状態を良好に保つことができます。またヘッドホンカバーは、さまざまな色、素材、デザインが用意されており、ヘッドフォンをパーソナライズして、自分の好きな見た目に変えることが出来ます。

    ヘッドホンカバーを選ぶ際、何を考慮すべきですか?

    次の3つをまず考慮しましょう。互換性: カバーがご使用のヘッドフォンモデルと互換性があることを確認してください。互換性情報については、メーカーのウェブサイトまたは販売店の商品一覧を確認してください。素材: ニーズに合った素材を選択してください。 レザーは高級感があり遮音性にも優れていますが、暑くなることがあります。 ベロアは通気性が高く快適ですが、熱がこもりやすい素材です。 メモリーフォームは頭にフィットして快適ですが、暑い環境には適さない場合もあります。厚さ: 厚いイヤーパッドは遮音性が向上するかもしれませんが、音質が若干変化する可能性があります。

    イヤーパッドを交換した後、ヘッドフォンが付け心地が悪くなりました。どうすればよいですか?

    サイズまたは素材が間違っている: 交換用イヤーパッドがヘッドフォンと互換性があり、快適な素材で作られていることを確認してください。新しいイヤーパッドは馴染むのに時間がかかる: メモリーフォームなどの一部の素材は、頭の形にフィットして最適な装着感を実現するまでに時間がかかる場合があります。

    ヘッドホンカバーはイヤーカップにはどんな素材がありますか?

    布: 通気性・肌触りが良い。レザー: 高級感・音質向上。シリコン: 耐久性・滑りにくい。ベロア: 肌触りが良く、音質向上。メッシュ: 通気性が良いです。

    革製のヘッドホンカバーは洗えますか?

    本革のヘッドホンカバーは特別なケアが必要です。 水や刺激の強い薬品を使用すると、レザーが傷むおそれがあるため使用しないでください。代わりに、ヘッドフォン専用のレザークリーニング製品を使用してください。 少量を柔らかい布に付け、優しく磨いてください。

    ヘッドホン・ヘッドホンカバーに関する用語集

    • イヤーシール: イヤーパッドと同様に、イヤーシールは交換可能なクッションで、遮音性と低音域のレスポンスを向上させるために耳の周りに密閉感を持たせるものです。ただし、イヤーシールは通常、より薄型で密閉性を高めるために重点的に設計されています。スタジオヘッドフォンでのプロ用オーディオアプリケーションによく使用されます。
    • ベロアパッド: これらのイヤーパッドは、柔らかく布のような素材で作られており、通気性があり長時間装着しても快適です。 ベロアパッドは時々熱と湿気を閉じ込めることがあるため、暑く湿気の多い環境での使用には適さない場合があります [4]。
    • レザーパッド: レザー製のイヤーパッドは、高級感があり遮音性にも優れています。 ただし、レザーは長時間使用すると暑く汗ばんできたり、敏感肌の人にとっては刺激になることがあります。
    • プレザーパッド: プレザー、つまり合成皮革は本革の手頃な代用品です。 見た目や感触は本革に似ていますが、耐久性や通気性はやや劣るかもしれません。
    • オープンバックパッド: このタイプのイヤーパッドは、外部の音を多少取り込み、ヘッドホンの音の一部を外に漏らすようなデザインになっています。 オープンバックパッドはより広々とした自然なリスニング体験を生み出しますが、遮音性は犠牲になります。
    • クローズドバックパッド: クローズドバックイヤーパッドは、耳の周りを完全に密閉し、最大限の遮音性とより没入感のあるリスニング体験を実現します。 外部ノイズを遮ったり、音楽が他人を邪魔しないようにするのに最適です。
    • メモリーフォームパッド: メモリーフォームのイヤーパッドは、頭と耳の形に合わせてフィットし、快適性が向上します。 また、長時間装着時の圧迫感や疲労を軽減する効果もあります [5].
    • 冷却ジェルパッド: これらのイヤーパッドには冷却ジェル層が内蔵されており、熱を放散し、使用中の耳を涼しく保ちます。 冷却ジェルパッドは、汗をかきやすい方や、暑い環境でヘッドフォンを使用する方に最適です。
    • イヤーチップ: カナル型イヤホン (IEM) 用の交換可能なイヤーピースのことです。 イヤーチップは、付属のイヤーピースに比べて装着感と遮音性に優れていることで知られています。 デコニー Nuggets は、さまざまなサイズと素材のバリエーションがあり、さまざまな耳道にフィットします [2].
    • コンプライフォーム: メモリーフォーム素材で知られるイヤーチップの一種です。 コンプライフォームイヤーチップは、耳道の形状に合わせてフィットし、安定感と快適さを向上させ、遮音性と低音域のレスポンスを向上させます [3].
    • ダブルフランジイヤーチップ: このタイプのイヤーチップは、耳道にぴったりフィットする 2 つの突起がある二重フランジのデザインを採用しています。 優れた遮音性と安定した装着感を実現し、アクティブなリスニングや周囲の騒音が多い環境での使用に最適です。
    • トリプルフランジイヤーチップ: ダブルフランジイヤーチップと同様に、より密閉性が高く遮音性にも優れるように 3 つの突起が付いています。 ただし、より深く挿入する必要があるため、装着感が快適でない方もいるかもしれません。
    • ウィングドイヤーチップ: このタイプのイヤーチップは、内耳に引っ掛かるように小さな羽根状の突起が付いており、イヤーチップが外れるのを防ぎます。 ウィングドイヤーチップは、アクティブなリスニングや、通常のイヤーチップだと外れやすい方の耳道にフィットさせるのに最適です。
    • イヤーフック: イアーフックは、イヤホンハウジングに取り付けられ、上耳介 (じょうじかい) を覆うように小さな硬いループです。 安定感と快適さを提供し、アクティブなリスニング中や運動中にもイヤーバドが外れるのを防ぎます。
    • リテンションリング: これらは、イヤーバッドハウジングの底部に取り付ける小さなシリコン製のリングで、耳道内での密閉性を高めます。 リテンションリングは、特に運動中などイヤーバドが外れやすいのを防ぎ、遮音性を向上させることができます。
    • キャリーケース: キャリーケースは、持ち運び中にヘッドフォンを傷や埃、その他の損傷から守ります。 サイズや素材はさまざまですが、ハードケースは最も保護力が高く、ソフトケースは持ち運びやすいのが特徴です。
    • アンプケース: ポータブルヘッドフォンアンプとヘッドフォンを一緒に使用するオーディオ愛好家向けに、両方の機器を収納して保護する専用のケースが用意されています。
    • 防塵カバー: これらは、ヘッドフォンのイヤーカップ開口部に取り付ける小さなメッシュフィルターで、埃やゴミがドライバーに入らないようにします。 防塵カバーは特に埃っぽい環境でヘッドフォンを使う方に便利です。
    • ケーブル: ケーブルは、ヘッドフォンとオーディオソースを接続します。 ケーブルは長さと素材がさまざまですが、長いケーブルの方が柔軟性が高く、太いケーブルの方が一般的に耐久性が高くなります。
    • 交換ケーブル: ヘッドフォンケーブルが損傷した場合、アフターマーケット品と交換することができます。 交換ケーブルは、長さが異なったり、インラインコントロールや耐久性を向上させるための編組シースなど、追加機能を備えている場合もあります。
    • バランスケーブル: このタイプのヘッドフォンケーブルは左右チャンネル用に別々の導体を持っており、標準のヘッドフォンケーブルに比べて音質が向上する可能性があります。 バランスケーブルは通常、ハイエンドオーディオ機器で使用されます。
    • 着脱式ケーブル: 一部のヘッドフォンは着脱式ケーブルを採用しており、交換やカスタマイズが容易になっています。 着脱式ケーブルは、コネクタの種類が異なる複数のオーディオソースにヘッドフォンを接続する場合にも便利です。
    • ワイヤレスアダプター: このアクセサリーを使用すると、有線のヘッドフォンをワイヤレスヘッドフォンに変換し、より快適にリスニングを楽しむことができます。 ワイヤレスアダプターは通常、Bluetooth でヘッドフォンに接続し、音量コントロールや曲飛ばしなどの機能も搭載している場合があります。
    • アンプ: ヘッドフォンアンプは、オーディオソースの出力電力を増幅し、ヘッドフォンをより大きな音量で鳴らすことができ、特に高インピーダンスのヘッドフォンにおいては音質向上にも役立ちます。
    • イヤーカップ リプレイスメント: イヤーカップは経年劣化や破損などで交換が必要になる場合があります。 イヤーカップ リプレイスメントは、純正品やサードパーティ製の交換用イヤーカップの総称です。 素材やデザインが異なるものが多く、見た目の変更や音質の微調整などが可能です。
    • イヤーウィング: カナル型イヤホン (IEM) 用のアクセサリーの一つです。 耳の軟骨部分に引っ掛けて装着するウィング状のパーツで、イヤホンが外れるのを防ぎます。 シリコン製やソフトフォーム製などがあり、装着感やフィット感を向上させることができます。
    • イヤーガイド:カナル型イヤホン用のアクセサリーで、耳の形状に合わせてイヤホンの角度を調整するものです. シリコンやプラスチック製のものがあり、正しい装着位置を維持しやすくすることで、遮音性や音質の向上に役立ちます。
    • イヤーフィン:スポーツ向けのイヤホンでよく見られる、耳のくぼみに引っかけるようにフィットするフィン状のパーツです. 安定感と装着感を向上させ、アクティブなリスニングに適しています。

    おすすめヘッドホンカバーまとめ

    今回は、ヘッドホンカバーのおすすめ商品15選・使用するメリット・上手な選び方・おすすめ人気ブランドまでご紹介しました。内容をまとめると、下記の5つが重要なポイント。

    • ヘッドホンカバーのメリットは、劣化・蒸れを防ぎ衛生的に使用できる点
    • 音質の変化が気になる方は、全体を覆わないタイプがおすすめ
    • サイズで選ぶ・交換頻度&素材で選ぶ・カラー&デザインで選ぶ、3つの選び方がある
    • 100均の材料で自作も可能

    ご紹介したおすすめ商品を参考に、ぜひ自分にぴったりのヘッドホンカバーを見つけてくださいね。

    ヘッドホンに関する記事はこちらを参考にしてみてください。
    関連記事:【2021年最新版】ヘッドホンを買うならこれ!!値段で見るおすすめヘッドホン10選

    関連記事:【DTMに最適】モニターヘッドホンのおすすめ20選|普段使いできるハイコスパなモデルも

    関連記事:【3000円台も】DJ用ヘッドホンおすすめ15選 | 海外有名DJ愛用モデルまで選び方を徹底解説!(2021年)

    関連記事:【初心者向け】今売れてるJVCヘッドホンの選び方をわかりやすく解説!おすすめしたい10商品も

    関連記事:ロジクールヘッドホンの選び方やおすすめ10選を紹介!ゲーミングから一般用途まで!

    SNS

    Picky’sのSNSアカウントをフォロー