かわいいレディースマフラーおすすめ21選|人気ブランド勢揃いでプレゼントにも

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

かわいいレディースマフラーおすすめ20選|人気ブランド勢揃いでプレゼントにも

防寒だけでなく、ファッションアイテムとしても優秀な「マフラー」。コーデのワンポイントとして気軽に取り入れられる、冬のおしゃれアイテムです。

とはいえ、マフラーは色やデザインが豊富。マフラーひとつで印象が変わるため、かわいい雰囲気やエレガントで知的に見える物はどれだろうと気になりますよね。

この記事では、マフラーの素材やサイズ、色の選び方、ストールとの違いまで徹底解説。おしゃれブランドや、売れ筋のマフラーを中心にランキング形式でご紹介しています。かわいい巻き方も分かるので、ぜひ最後までご覧になってください。

この記事を監修した専門家

ファッションの育て方を教える、個人向けパーソナルスタイリスト
Reiko
フォースタイルパーソナルスタイリストスクール卒業
ファッションはあなたの魅力を引き出し、新しい自分と対面させてくれる”毎日着る洋服”。だからこそ「好きな服」「似合うコーディネート」を選べるようになりませんか?パーソナル診断で似合う洋服を知り、服装心理診断でライフスタイルや気持ちにフィットするあなただけのオシャレの楽しみ方を伝授します。大人カジュアルからTPOに合わせたコーディネート、トレンド情報を踏まえた洋服との付き合い方の解説が分かりやすいと大人女性から大好評。

レディースマフラー・ストールの選び方

自分に合ったレディースマフラーやストールを見つけるためには、肌触り・デザイン・使い方に注目してみるのがおすすめ。使用するシーンや合わせるファッションを想像してみると、より自分らしいアイテムが見つけられますよ。レディースマフラーやストールを選ぶ際のポイントは、以下の5つです。

  • 素材
  • サイズ
  • プレゼント

マフラーとストールの違いについて簡単に説明するとマフラーの長さは、一般的には170×30cmのサイズの物を言います。一方、ストールはマフラーよりも幅が広く200×70cmと大判サイズが中心です。コーデに合うマフラーやストールのサイズは、結び方やコートの形状に合わせて選びましょう。

素材はあたたかさや肌触りをチェック

マフラーは防寒としての性能はもちろん、顔や首に直接触れるので、肌触りも重要です。肌触りのいいものを選べば、ストレスなく使用できます。素材の質感だけでなく、価格にも注目してみてくださいね。おすすめの素材5つをご紹介します。

  • カシミヤ
  • ウール
  • ダウン
  • ボア
  • ニット

軽量で肌触りのいい「カシミヤ」

軽量で肌触りのいい「カシミヤ」

出典:amazon.co.jp

軽くて肌触りも抜群なカシミヤ。カシミヤとは、カシミヤヤギから採取された素材で、繊維が非常に細かいのが特徴です。凹凸が少ないためチクチクしづらく、顔や首に触れたときの刺激が気になる方におすすめ。敏感肌の方は、ぜひチェックしてみてください。

手触りの良さだけでなく、保温性に優れているのもカシミヤのメリット。ちぢれのある細かな繊維が密集しているため、冷たい空気を通しづらいです。マフラーとしての機能性を重視する方にも向いています。

一方で、他の素材に比べて高価な商品が多いのがデメリット。1万円を超えるものも多いため、1点を長く愛用したい方におすすめです。プレゼントとしても人気がありますよ。

カシミヤは目が細かく表面がツルッとしている質感でキチンと感があるため、フォーマルなシーンのファッションにもマッチしやすいですね!通勤用や冠婚葬祭の時にも使用でき、薄手でとても暖かい素材のため一枚持っておくと重宝しますよ!

保温性・耐久性があるムレにくい「ウール」

保温性・耐久性のある「ウール」

出典:amazon.co.jp

ウールは、保温性・耐久性に優れた素材です。ボリュームがありふわふわの手触りで、しっかり防寒対策できます。シワになったり型崩れする心配も少なく、カシミヤに比べてお手入れも簡単。ウール素材は、暖かくて扱いやすいマフラーが欲しい方におすすめです。

ただし、人によっては肌に触れた際チクチク感じてしまうことも。肌触りが気になる方は、より繊維の細かいメリノウール素材を選んでみましょう。

マフラーやストールは毛を使った素材が多く、毛玉が気になるという人も少なくないのではないでしょうか。カシミヤやウール、アンゴラなどの天然繊維は、アクリルやポリエステルなどの化学繊維に比べると毛玉の心配が少ない点でもおすすめです。

ただ、全く毛玉にならないわけではありません。セーターやカーディガンに比べると摩擦は起こりづらいため、日頃のちょっとしたお手入れで風合いを維持することができますよ。

編集部

ウール素材は、吸湿性・放出性も優れているため、汗ばんでもムレにくいです。ボリュームがあり、コーディネートのアクセントとしても活躍しますよ。

撥水性がある「ダウン」

撥水性がある「ダウン」

出典:amazon.co.jp

ダウン素材は、撥水性のあるものが多く、雨や雪のときも安心です。毛を使ったマフラーは、雪や雨で濡れたときに毛玉や毛羽立ちの原因になってしまうことも。ダウンなら水を弾きやすく、濡れて縮んだりする心配もありません。お手入れのしやすさを重視する方におすすめですよ。

また、非常に軽量なので持ち運びもしやすいです。未使用時に折りたたみできるマフラーもあるので、アウトドア用としても活躍しますよ。ダウンマフラーは差し込みタイプやスナップボタンタイプが多く、着脱も簡単です。

アウトドアシーンのイメージが強いダウンマフラーですが、ここ数年は普段使いできるおしゃれアイテムの一つとして人気なため、様々なファッションブランドからも販売されています。また、無地で落ち着いたカラーが多いので、ON・OFFどちらでも使うことができるのも嬉しいですね。

関連記事:暖かい&おしゃれ!ダウンストールおすすめ14選!大判サイズ・人気ブランドの商品も

ボリュームのあるモコモコがかわいい「ボア」

ボリュームのあるモコモコがかわいい「モヘア・ボア」

出典:amazon.co.jp

ボリュームがありかわいい、ボア素材もチェックしましょう。モコモコのボア素材なら、温かいだけでなくコーデのワンポイントにもなります。存在感のあるマフラーが欲しい方におすすめです。

ボアタイプは差し込み式のものが多く、マフラーを結ぶのが面倒な方にも向いていますよ。

ボアは表面がモコモコしていて羊の毛のようですよね。実際は、ポリエステルやアクリル素材を使用しているため羊の毛であるウールに比べると軽くて安価でありながら保温性に優れており、機能性が良いのもポイントです。本物の動物毛を纏っているようなふわふわした見た目もかわいいですよね。

編み目の大きさによって見た目の印象が変わる「ニット」

ボリュームのあるモコモコがかわいい「ニット・ボア」

出典:amazon.co.jp

ニット素材は、編み目が大きく毛糸が太いほどカジュアルな印象、編み目が細かく細い毛糸ほど上品な印象になります。見せたい印象やシーンによって選ぶと良いでしょう。

サイズを選ぶ|結び方やコートに合わせて長さや幅をチェック

サイズ|結び方やコートに合わせて長さや幅を選ぼう

シンプルなエディター巻き(一周巻き)や垂らすだけなら、幅が狭いマフラーが使いやすいです。一巻きした内側に端を通して立体感を出すピッティ巻き(ミラノ巻き)や、角を広げて見せるアフガン巻きのように、ボリュームのある巻き方には大判サイズのストールがおすすめ。

また、コートによっても相性の良い長さが違います。コートを着ると、首周りがかさばりがち。例えば、ダウンコートやフード付きのダッフルコートにはコンパクトなマフラーが好相性。ノーカラーコートやMA-1のように首元がスッキリしたコートには、大判サイズのストールでボリュームを出すのもアリですよ。

マフラーのサイズ・タイプ別おすすめコート
  • マフラー(約170×30cm)……ステンカラーコート・ピーコート・チェスターコート
  • ストール(約200×70cm)……ノーカラーコート・MA-1・レザージャケット
  • ティペット・スヌード……ダウンコート・ダッフルコート・モッズコート
ティペット・スヌードとは?
ティペットとは、毛皮やフェイクファーでできた付け襟タイプのネックウェア。差し込み式やボタンで留めるものが一般的です。スヌードは、輪っか状で頭から被って着用するタイプ。二重に巻いてボリュームを出すことも可能です。どちらも形が決まっているので、マフラーを巻くのが面倒と感じる人におすすめです。

編集部

ストールは、膝掛けとしても活用できますね。

使い勝手の良さや個性を出せるカラーを見つけよう

マフラーは顔まわりにくるアイテムなので、色も重要です。ファッションに合うかどうかはもちろんですが、顔映りが暗くならないかどうかも気にしてみましょう。トレンドをチェックして、流行りの色を選ぶのもアリですよ。

デートにおすすめ、華やかで目を引く「赤・ピンク・黄色」

華やかで目を引く「赤・ピンク・黄色」

出典:amazon.co.jp

華やかで目を引く「赤・ピンク・黄色」

出典:amazon.co.jp

赤・ピンク・黄色などの暖色系は、パッと目を引く華やかさと愛らしい雰囲気が魅力。女性らしさもあり、寒い冬でも、明るい印象のコーディネートにしたい時には最適なカラーです。

デート用のマフラーが欲しい方は、暖色系で明るい色味を選んでみましょう。

編集部

大人っぽい雰囲気にはボルドー、ストリート系などカジュアルなファッションにはオレンジもおすすめですよ。

顔が明るく見える「白・ベージュ・キャメル」

顔が明るく見える「白・ベージュ・キャメル」

出典:amazon.co.jp

顔が明るく見える「白・ベージュ・キャメル」

出典:amazon.co.jp

白やベージュは、スッキリと洗練された印象のカラーです。暗めのファッションが多い方は、シンプルながらも顔周りを華やかにすることができます。清潔感や柔和な印象を与える色なので、シンプルなファッションからガーリーファッションまでどんなコーディネートとも相性が良いです。薄い色が苦手な人は少し濃いめのキャメルも同じ用途で使えるのでおすすめです。

一方で、白系は汚れが目立ちやすいのがデメリット。顔に触れるため、メイクがついてしまうこともありますよね。汚れが気になる方は、洗いやすいアクリルやポリエステルを使用したものを選ぶのがおすすめです。

清楚な印象を持たせたい人は、白・ベージュ・キャメルを選んでみましょう。

編集部

白や落ち着いた茶系のマフラーは、制服に合わせやすく高校生からも人気です。膨張色でボリューム感がでやすいので、スッキリまとめたい方は、暗めの色を選んでみましょう。

普段使いがしやすい「黒・ネイビー・グレー」

ビジネスシーンでも使いやすい「黒・ネイビー・グレー」

出典:amazon.co.jp

ビジネスシーンでも使いやすい「黒・ネイビー・グレー」

出典:amazon.co.jp

黒やネイビー、グレーのマフラーは普段使いしやすく、汚れが目立たず、スーツとも相性ばっちり。落ち着いた大人っぽい印象で、仕事やプライベートで活躍しますよ。

コートを複数持っている人は、どんな色にも合うモノトーンのマフラーが一本あると便利です。

知的な印象でおしゃれな「緑・青・紫」

知的な印象でおしゃれな「緑・青・紫」

出典:amazon.co.jp

知的な印象でおしゃれな「緑・青・紫」

出典:amazon.co.jp

中性色の緑や紫、寒色系の青などは、知的な雰囲気がありつつおしゃれだと人気のカラー。落ち着いた大人っぽい雰囲気を残しつつ、こなれた印象になります。クールな印象のファッションや、メンズライクのファッションにも合わせやすいですよ。

顔うつりをよくしたい場合は、水色やラベンダーカラーなど、明るめの寒色系を選んでみてください。

シーンに合わせたデザインを選ぼう

マフラーやストールは小面積ながら、顔に近いアイテムなのでデザインも重要です。ファッションに馴染みやすいものや、コーデの主役になる柄物も人気。どんなシーンで利用するかをイメージして、選んでみてください。

フォーマルなシーンもOKな「無地」

シンプルでビジネスシーンもOKな「無地」

出典:amazon.co.jp

シンプルな無地は、柄物から制服やスーツまでどんな服にも合わせやすいのが魅力。普段使いだけでなく、高級レストランといったフォーマルなシーンでも活躍します。

ビジネス使いもしやすいので、一つは持っていると便利です。柄物を着ることが多い方や幅広いシーンで使いたい方はぜひチェックしてみてください。

マニッシュファッションに欠かせない「チェック・ストライプ」

コーデのアクセントになる「チェック・ストライプ」

出典:amazon.co.jp

コーデのアクセントになる「チェック・ストライプ」

出典:amazon.co.jp

テーラードジャケットやシャツなどを使ったマニッシュ(男性的な)スタイルはおしゃれの大定番。直線的なチェック柄やストライプ柄のマフラーは、そんなマニッシュファッションには欠かせないアイテムです。

目を引く柄なので、コーデのアクセントにもなり、マフラーに視線が向くことで、小顔に見せる効果も期待できます。

マフラーを目立たせたい方はカラフルなものを、統一感を出したい方は同色系でまとめられた柄を選ぶと使いやすいですよ。

フェミニンなスカートなど女性らしいコーディネートにチェック柄のマフラーを巻くことで、甘くなりすぎない媚びないおしゃれ感を演出することもできます。幅広いファッションスタイルにマッチするので、柄物が苦手な方に最適です。また、チェック柄やストライプ柄のマフラーはパートナーとシェアできるアイテムの一つとしてもおすすめです!

高級感のある「ロゴ・モノグラム」

高級感のある「ロゴ・モノグラム」

出典:amazon.co.jp

上品で大人な雰囲気を演出したいときは、ブランドロゴやモノグラムの入ったマフラーを選びましょう。モノグラムとは2つ以上の文字や記号を組み合わせた模様のこと。ルイヴィトンやロエベなど、ハイブランドのロゴやモノグラムが入ったデザインが人気です。

ブランドロゴやモノグラムのデザインは、ファッションに高級感をプラスできます。華やかなパーティーやイベント、フォーマルな食事会、ショッピングなど、さまざまなシーンで活躍。

ただ、ハイブランドは品質が良い反面お値段も高くなります。数万円以上するマフラーもあるので、予算に余裕がある人や長く愛用できる物を見つけたい人はチェックしてみましょう。

プレゼントなら特別感のある名入れもチェック

名入れ|プレゼントなら特別感のある名入れもチェック

出典:amazon.co.jp

家族や友人、恋人へのプレゼントなら、名入れサービスも要チェック。クリスマスや誕生日のギフトで、マフラーを選ぶ方も多いですよね。

名入れサービスでは、イニシャルや名前を刺繍で入れてもらえます。普通にプレゼントするより特別感を演出できるので、ぜひ検討してみてくださいね。

関連記事:迷ったらコレ!妻が喜ぶクリスマスプレゼントおすすめ25選!30代・40代が嬉しいものは?

Reiko

一括りにマフラー・ストールと言っても、様々なカラーやデザイン、素材感の物がありますよね!顔周りに来るアイテムではあるものの、洋服に比べると小面積なので、普段選ばない色や柄にチャレンジしやすいです。また、首元にいつもとは違うマフラーを巻くだけで、手持ちのコートや洋服も印象がガラリと変わります。コーディネートのポイントとなるような、お気に入りの一枚を見つけて秋冬のおしゃれを楽しんでくださいね!

レディースマフラーのおすすめ人気ブランド

マフラーを選ぶ際は、人気ブランドを参考にしてみるのもおすすめ。価格帯やデザインの特徴を知っておけば、自分に合ったマフラーを見つけやすいですよ。特におすすめのハイブランド2つと、プチプラブランド2つをご紹介します。

プレゼントにもおすすめなハイブランド(1万円以上)

  • LOUIS VITTON(ルイヴィトン)
  • LOEWE(ロエベ)
  • Maison Kitsune(メゾンキツネ)
  • GUCCI(グッチ)
  • Maison Margiela(メゾンマルジェラ)
  • Michael Kors(マイケルコース)
  • GIVENCHY(ジバンシー)
  • A.P.C(アーペーセー)
  • MACKINTOSH(マッキントッシュ)
  • Hermes(エルメス)
  • Johnstons(ジョンストンズ)

ハイブランドのマフラーは、上質な素材と高い技術で作られた、肌触りの良さと丈夫さが魅力。長く使い続けられるマフラーが欲しい方や、特別なときにつけるマフラーをお探しの方におすすめです。特に人気な、2つのブランドをご紹介します。

モノグラムが印象的な「LOUIS VITTON(ルイヴィトン)」

イニシャルであるLVと、星と花を組み合わせたモノグラムが印象的なLOUIS VITTON(ルイヴィトン)。旅行用トランクの専門として、1854年に創業したLOUIS VITTON(ルイヴィトン)は、世界中で愛される一流ブランドです。モノグラムは、LOUIS VITTON(ルイヴィトン)の中でも代表的なデザインで、幅広い年代の方から人気。

マフラーでも5万円を超えるものがほとんどですが、自分へのご褒美や、大切な方へのギフトとして選ばれています。バッグやサングラスなど、小物を同ブランドで揃えるのもおしゃれですよ。

モダンで親しみやすいデザインの「LOEWE(ロエベ)」

モダンで親しみやすいデザインの「LOEWE(ロエベ)」

出典:loewe.com

高級ブランドながら、モダンで親しみやすさのあるデザインが揃っているLOEWE(ロエベ)。革製品のブランドとして、1846年にスペインでスタートしました。近年はレザーブランドの枠を超えて、若い世代からも注目度の高い高級ブランドです。

ディズニーやジブリとのコラボアイテムを発表するなど、カルチャー要素を取り入れた遊び心のある商品も。芸能人や海外セレブの間でも人気が高く、SNSでも度々取り上げられています。

マフラーはモヘア素材のものが多く、デザインだけでなく保温性や肌触りの良さも好評です。

編集部

他にも、ドルガバ・AMI PARIS(アミパリス)・GUESS(ゲス)・CHANEL(シャネル)・YSLなどのブランドも人気ですよ。

お財布に優しいカジュアルブランド(1万円以下)

  • ZARA
  • POLO RALPH LAUREN(ポロラルフローレン)
  • 無印良品
  • LANVIN(ランバン)
  • ユナイテッドアローズ
  • モンベル
  • ジャーナルスタンダード
  • GAP(ギャップ)
  • UNIQLO(ユニクロ)
  • GU(ジーユー)
  • ハニーズ
  • BEAMS(ビームス)

手頃な価格の商品が多いプチプラのブランドは、扱いやすい化学繊維を使ったものや、機能性に特化したものが多いです。毎年マフラーを買い換える方や、コーデに合わせて使い分けしたい方にもおすすめ。プレゼントに人気のブランドもありますよ。

トレンドアイテムが手に入る「ZARA」

トレンドアイテムが手に入る「ZARA」

出典:zara.com

トレンドをおさえたアイテムが、リーズナブルに手に入るZARA。1975年に立ち上げられたスペインのブランドで、流行に敏感な若者から根強い人気があります。商品展開のサイクルが早く、最先端のアイテムを気軽に買えるブランドです。

マフラーも5,000円以下で手に入るものがあり、毎年人気のアイテムに買い替えたいという方におすすめ。低価格ですが、生地や縫製の良さでも定評のあるブランドなので、品質が気になる方もぜひチェックしてみてください。

カジュアルで上品な「POLO RALPH LAUREN(ポロラルフローレン)」

ラルフローレンには、イギリスの伝統的なファッションをアメリカ流にアレンジした、カジュアルかつ上品なアイテムが揃っています。乗馬競技をイメージしたロゴマークで有名で、メンズライクなファッションが好きな方におすすめ。

男女問わず学生人気も高く、娘さんや友達へのプレゼントに選ぶ方も多いです。スポーティーなスタイルのアイテムも多いため、日常使いできるマフラーや洋服をお探しの方にも向いていますよ。

編集部

「世界一おしゃれなクマ」といわれている、ポロベアがデザインされたマフラーも人気です。

Reiko

マフラーやストールは大きなトレンドの動きがないため、長く愛用できるファッション小物でもあります。好きなファッションテイストがあまり変わらないと言う人は、どんな洋服にも合わせやすい上質な素材のハイブランドでお気に入りのマフラーを見つけるのがおすすめ。シーズンアイテムなので、手入れしながら使えば一生物になるはず。一方、色々なファッションに挑戦したいというトレンドに敏感な人は、プチプラアイテムの中でもデザイン重視、スパイスが効いたアイテムに挑戦してみては。おしゃれの幅が広がりますよ。

専門家のおすすめスヌード

この記事を監修したスタイリスト Reikoさんがおすすめするスヌードを1つ紹介します!

【1万円以下】レディースマフラーおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。

1万円以下のレディースマフラーは、毎年マフラーを買い換える方や、コーデに合わせて使い分けしたい方におすすめです。

商品最安価格ブランド名素材サイズ重さ
reca(レカ)チェック柄大判ストール st35¥2,970 楽天市場AmazonYahoo!reca(レカ)アクリル・ウール長さ182×幅76cm-
大判マフラー カシミヤタッチ¥3,980 楽天市場AmazonYahoo!-ポリエステル・レーヨン長さ190×幅70cm-
スタンダードデイリービッグサイズストール¥2,200 楽天市場AmazonYahoo!-アクリル長さ210×幅60cm-
差し込みマフラー&ボアフード¥1,980 楽天市場AmazonYahoo!-ポリエステル長さ99.5×幅19cm-
WEGO(ウィゴー)男女兼用 大判マフラー楽天市場¥1,357 AmazonYahoo!-ポリエステル長さ200×幅65cm-
ボタン付きネックウォーマー マフラー LG171¥770 楽天市場AmazonYahoo!-ポリエステル長さ27×幅17cm-
Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)マフラー 81030007¥9,800 楽天市場AmazonYahoo!Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)ウール長さ180×幅30cm-
Paul Smith(ポールスミス)マフラー 933D確認中 楽天市場AmazonYahoo!Paul Smith(ポールスミス)ウール長さ180×幅25cm-
3重ガーゼマフラー チェック柄 日本製¥1,078 楽天市場AmazonYahoo!-綿長さ165×幅36cm-
POLO RALPH LAUREN(ポロラルフローレン)マフラー ポロベア PC1034¥8,679 楽天市場AmazonYahoo!POLO RALPH LAUREN(ポロラルフローレン)アクリル・ナイロン・ウール長さ186×幅31cm-
UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)green label relaxing ウールチェック ストール¥4,752 楽天市場AmazonYahoo!UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)ウール長さ204×幅62cm270g
大判マフラー チェック モヘアストール¥2,900 楽天市場AmazonYahoo!-ウール・ポリエステル長さ240×幅35cm-

【1万円以下】レディースマフラーおすすめ人気ランキング12選

【1万円以上】レディースマフラーおすすめ人気ランキング比較一覧表

1万円以上のレディースマフラーは、手触りがよく長く使えるのがメリット。プレゼントにも最適です。

商品最安価格ブランド名素材サイズ重さ
ACNE STUDIOS(アクネストゥディオズ)大判ウール マフラー¥19,800 楽天市場AmazonYahoo!ACNE STUDIOS(アクネストゥディオズ)ウール長さ200×幅70cm-
大判ストール チェック柄 カシミヤ100% 全18色確認中 楽天市場AmazonYahoo!-カシミヤ長さ200×幅60cm260g
無地 大判ストール カシミヤ100% 8901 8984¥12,000 楽天市場AmazonYahoo!-カシミヤ長さ200×幅60cm260g
JOHNSTONS(ジョンストンズ)マフラー レディース カシミヤ WA56¥41,540 楽天市場AmazonYahoo!JOHNSTONS(ジョンストンズ)カシミヤ長さ190×幅70cm-
BURBERRY(バーバリー)マフラー GIANT CHECK CASHMERE SCARF確認中 楽天市場AmazonYahoo!BURBERRY(バーバリー)カシミヤ長さ181×幅30.5cm-
LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)マフラー ルビー M72432¥71,500 楽天市場AmazonYahoo!LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)ウール・シルク長さ175×幅30cm-
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)マフラー Nuptse Muffler ブラック楽天市場確認中 AmazonYahoo!THE NORTH FACE(ザノースフェイス)ナイロン・ポリエステル・ダウン・フェザー--
PIACENZA(ピアチェンツァ)BICOLOR SCARF カシミアマフラー 82249 44 59¥19,000 楽天市場AmazonYahoo!PIACENZA(ピアチェンツァ)シルク・カシミヤ長さ178×幅31cm-
GUCCI(グッチ)GGパターンマフラー 165904 3G646 1400楽天市場¥25,301 AmazonYahoo!GUCCI(グッチ)ウール・シルク長さ175×幅45cm-

【1万円以上】レディースマフラーおすすめ人気ランキング9選

マフラーのかわいい結び方

マフラーのかわいい結び方

おすすめの巻き方も要チェック。せっかくかわいいマフラーを見つけたら、かわいい巻き方も知っておきたいですよね。トレンド感があり人気な、ピッティ巻きの結び方をご紹介します。

マフラーのおすすめの巻き方
  • 一周巻き
  • ワンループ巻き
  • ピッティ巻き(ミラノ巻き)
  • ニューヨーク巻き
  • リボン巻き
  • ピッティ巻きの結び方
  • STEP.1
    マフラーを左が長くなるよう首からかける。
  • STEP.2
    左側をゆるめに一周巻く。
  • STEP.3
    首元の輪に上から右側を入れる。
  • STEP.4
    輪と差し込んだ右側の隙間に手を入れ、左側を掴んで引く。
  • STEP.5
    苦しくないようバランスを整えて完成。

マフラーは、ふんわりボリュームを出して巻くと、トレンド感が出るのでおすすめ。キツく結びすぎず、ゆるめに巻いてみましょう。最後に結んだマフラーをふんわり引き出して、バランスを整えてみてください。

また、ピッティ巻きはシンプルなファッションにも、おしゃれな存在感をプラスできます。マフラーの柄をよく見せたいならニューヨーク巻きがおすすめですよ。

Reiko

色やデザインだけでなく、マフラーやストールはその巻き方で顔周りの見え方や、全体のコーディネートの仕上がりが大きく変化します。そこでまずは、マフラー・ストールの基本の巻き方であるエディター巻き(一周巻き)は押さえておきましょう。”首周りをクルッと一周巻くだけ”と簡単ですが、首周りをキュッと締めて巻くのかゆるっと巻くのかで雰囲気が変わります。マフラーは比較的シンプルな巻き方が多いので、「朝は時間がない」なんて人や、色々な巻き方を覚えるのが苦手な人におすすめです。

Reiko

一方、ストールはサイズが幅広であることから実に様々な巻き方があります。ご紹介した巻き方を習得するだけでも、おしゃれ感がアップします。また、クルッと巻いたところをブローチで留めるなどすれば、手軽にストールアレンジができ、おしゃれ感が高まるので、是非試してみてください。

レディースマフラーの年代別プレゼントの相場

レディースマフラーの年代別プレゼント相場

レディースマフラーのプレゼント相場を、年代別にご紹介。マフラーを女性にプレゼントする際、相手の年齢によっていくらぐらいのマフラーをあげたら良いか悩みますよね。プレゼントにかける予算で迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

年代別プレゼント相場
  • 高校生・大学生……3,000〜1万円程度
  • 20代……1万円台
  • 30台……1〜2万円程度
  • 40台……2〜3万程度

年代が上がるほど相場が上がる傾向があり、「ルイヴィトン」「ロエベ」「ロロピアーナ」などハイブランドが人気。プレゼント相場を参考にすると、予算に合ったブランド選びもしやすいですよ。

編集部

価格だけでなく、相手の好みのブランドや色を知っておくと、さらに選びやすくなりますよ。

Reiko

ファッションアイテムのプレゼントはなかなか難しいと思う人も多いですが、実は意外と喜ばれるのがマフラーやストール。プレゼントする相手がいつもどのようなファッションをしているのか、観察しておくと選びやすいです。マフラーは首に巻くのがスタンダードな使い方なので、ファッションによって色柄を変えたいところ!比較的シンプルなカラーデザインであれば何枚持っていても重宝します。ストールであれば、首に巻くだけでなく肩からかけるショールや膝掛けとしても使えるので、自分では選ばない柄やカラーをプレゼントするのもおすすめです

レディースマフラーの関連商品

レディースマフラーの関連アイテムもご紹介。防寒対策に欠かせないアイテムをご紹介しているので、気になるものを見つけてみてください。

大人かわいい「ショルダーバッグ」

デートにも使える、大人かわいいショルダーバッグが人気。コートやマフラーに合わせて、コーデのワンポイントに最適です。

スマホ操作ができる「手袋」

防寒対策に優秀なアイテムの手袋ですが、スマホ対応のものを選ぶと便利。いちいち手袋を外す手間が省けて、手先が冷えることもありません。手袋を選ぶ際は、スマホ操作ができるかどうかも要チェックですよ。

中にはマフラーと手袋セットで売られているものも。コーデに統一感を出したい方におすすめです。

マフラーいらずの「タートルネックニット」

首元までしっかり覆ってくれるタートルネックのニットは、防寒面でも活躍。冬のおしゃれの定番品で、マフラーいらずでシンプルなコーディネートを作れます。

暖かい裏起毛タイプや、ウールの中でも保温性が高く、最高級のメリノウール素材にも注目してみてください。

関連記事:【ハイブランド好き必見】アナザーアドレスの評判は?口コミや修繕費についても解説

レディースマフラーのよくある質問

マフラーはどこで買うのがおすすめですか?

amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング・ZOZOTOWN・ブランド公式サイト・BAYMA(バイマ)といった、通販サイトでの購入がおすすめ。セールや割引が多く、口コミを参考に選べます。商品数も多いので、好みの商品を見つけやすいですよ。実物に触れて決めたい方は、店舗に行ってみましょう。ハイブランドのものが欲しい方は三越・高島屋などの百貨店もおすすめです。

就活中のスーツに使うマフラーは、何色がいいですか?

スーツは暗い色が多いため、ベージュやグレーなど白の混ざった色がおすすめ。黒ならより大人っぽく落ち着いた印象になります。普段使いにも使える色味を選んでおくと、就活後も活用しやすいですよ。

黒コートに合わせるマフラーは何色がおすすめですか?

モノトーンにしたいなら白や黒、差し色にしたいならグリーン・ピンク・オレンジもおすすめ。また、手持ちのバッグや靴の色にリンクするようなカラーを選ぶと失敗が少ないです。

マフラーを中古で購入するのはアリですか?

あまりおすすめしません。マフラーは直接肌に触れることが多く、衛生面に不安が残ります。また、お手入れ方法や保管方法によっては劣化しやすいです。中古を購入するなら、未使用のものを選びましょう。購入を検討している方は、メルカリなどで探してみてください。

マフラーは手作りできますか?

かぎ針編み・棒針編みなど編み物で作れます。好きな毛糸で個性を出せるので、ハンドメイドもアリですよ。手編みのマフラーは、プレゼントとしてもおすすめ。

おすすめレディースマフラーまとめ

レディースマフラーを選ぶ際のポイントは、以下の5つ。

  • 素材は「カシミヤ・ウール・ダウン・ニット・ボア」からあたたかさや肌触りで選ぶ
  • サイズは結び方やコートの形状に合ったものを選ぶ
  • 色は普段のファッションに馴染みやすい色や差し色になる明るい色を選ぶ
  • 柄はビジネスシーンでも使うなら無地、アクセントにしたいなら柄物がおすすめ
  • プレゼント用なら名入れサービスも要チェック

マフラーは、ブランドによって使っている素材やデザインが大きく異なるため、毎年選ぶのに苦労する方も多いですよね。かわいいと思って買ったのに、自分の持っている洋服と合わなかった、という経験をした方もいるはず。そうならないために、自分のファッションスタイルや、色の組み合わせも考えて購入しましょう。

敏感肌の方は、素材にも注目して選ぶと失敗しづらいですよ。

迷った際は、売れ筋商品のランキングや、人気ブランドを参考にしてみてください。自分のファッションにピッタリのマフラーを見つけて、コーディネートを楽しみましょう。

関連記事:がま口タイプも人気!パーティーバッグおすすめ30選|ハイブランドものも紹介

関連記事:【厚底も人気】おしゃれなレディースムートンブーツおすすめ24選!UGG・EMUも

関連記事:【おしゃれに防寒】イヤーウォーマーおすすめ19選!ランニングにぴったりな商品も

関連記事:おしゃれ&ズレ防止!ストールクリップおすすめ20選!巻き方のアレンジや使い方も

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー