【おすすめモデルも】初心者向けミラーレス一眼カメラ18選!メーカーの特徴や人気機種も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

専門的な知識がなくても本格的な写真が撮れると、カメラ初心者に大人気の「ミラーレス一眼カメラ」。従来の一眼レフに比べて軽量小型なモデルが多く、SNS用のおしゃれな写真を撮りたいユーザーを中心に注目を集めています。

しかし、初めてミラーレス一眼を買う人にとってカメラの世界はわからない用語だらけ。「ミラーレス一眼はなぜ人気なの?」「初心者に人気のメーカーやおすすめ機種はどれ?」など選び方に悩んでしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、初心者向けミラーレス一眼の選び方やおすすめメーカーをPicky’s編集部が徹底解説!押さえておきたいカメラの基礎知識から丁寧に解説します。記事の後半では最新の売れ筋アイテムもランキング形式で紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ミラーレス一眼がカメラ初心者におすすめの理由

ミラーレス一眼はカメラ初心者に大人気!

ミラーレス一眼が初心者に人気の理由を以下にまとめてみました。

  • 持ち運びがしやすく、場所を選ばずに気軽に使える
  • レンズ交換ができるため幅広いシーンで美しい写真を撮れる
  • 各メーカーの最新のカメラ技術を体感できる
  • カメラ初心者向けの機種が増えてきている
  • おしゃれで洗練されたデザインのモデルが多い

軽くてコンパクトなミラーレス一眼は撮影に不慣れな初心者でも扱いやすく、気軽に持ち歩けて使うシーンを選びません。大きいカメラは荷物になりそうと不安な人でも、持ち運びしやすく旅行にも活躍しますよ。

また、ミラーレス一眼はレンズ交換が可能なため、幅広いシーンに合わせた多彩な表現ができるのが大きなメリット。人物・風景・動物撮影などにおいて、スマホやコンデジでは難しい画作りが可能です。

一昔前までは高性能のカメラといえば一眼レフのイメージでしたが、ニコン・キヤノンなどの大手メーカーでは既に一眼レフの生産を終了し、時代はミラーレス一眼へと移り変わったといえます。近年はどこのカメラメーカーもミラーレス一眼に注力しているため、最新の技術が詰め込まれたカメラが多いのも特徴ですよ。

なお、ミラーレス一眼と一眼レフの違いについては記事後半で解説しているのであわせてチェックしてみてください。

編集部

カメラはセンサーサイズや機能によって値段に大きな差がありますが、ミラーレス一眼の安いモデルは5万円前後で購入できます。

初心者におすすめなミラーレス一眼の選び方

初心者におすすめなミラーレス一眼の選び方

初心者がミラーレス一眼を選ぶときは、センサーサイズ・携行性・操作性・機能性・SNS向け機能・デザインをチェックしましょう。それぞれのポイントについて、順番に解説していきます。

画質の決め手になる「センサーサイズ」を選ぶ

画質の決め手になるセンサーサイズを選ぶ

はじめに、ミラーレス一眼のセンサーサイズを確認しましょう。センサーサイズとは画質を左右するイメージセンサーの大きさのことで、基本的に大きいほど高性能で値段が高くなります。

一般的なミラーレス一眼のセンサーサイズは、小さい順からマイクロフォーサーズ・APS-C・フルサイズの3種類に分けられます。それぞれの特徴を解説するのでチェックしてみてください。

軽量コンパクトで買い求めやすい「マイクロフォーサーズ」

軽量コンパクトで買い求めやすい「マイクロフォーサーズ」

出典:rakuten.co.jp

マイクロフォーサーズは4/3型とも呼ばれており、ミラーレス一眼のなかでは小さめサイズのセンサーです。センサーが小さいため本体やレンズが軽量コンパクトで、携行性に優れているのが特徴。旅行や登山などで荷物をできるだけ軽くしたいときにぴったりです。

買い求めやすい価格帯のモデルが多く、入門用のエントリーモデルであれば5万円台から購入できますよ。

ただし、画質のよさやノイズの少なさ、ボケの表現などはAPS-Cやフルサイズに比べると劣る面も。こだわりの写真を撮りたい人は、APS-Cやフルサイズをチェックしましょう。

価格と機能性のバランスがよく望遠も得意な「APS-C」

価格と機能性のバランスがよく望遠も得意な「APS-C」

出典:rakuten.co.jp

APS-Cは一般的なスマホに搭載されているセンサーの約13倍の大きさがあり、初級~中級向けモデルのミラーレス一眼に多く採用されています。ミラーレス一眼ならではの高画質やボケ感を楽しめるため、初心者の最初の1台におすすめですよ。

フルサイズよりも小型軽量な商品が多く、使いやすさも上々。望遠での撮影に強い特徴があるため、子供の運動会や動物撮影など距離のあるシーンにも向いています。

APS-Cは10万円程度で買えるモデルが多く、機能性・携行性・価格帯とのバランスがよいミラーレス一眼カメラです。

高画質で暗所に強くプロも愛用する「フルサイズ」

高画質で暗所に強くプロも愛用する「フルサイズ」

出典:rakuten.co.jp

3種類のうち最も大きいフルサイズのセンサーサイズはスマホの約30倍。センサーが大きいほどボケや階調表現が豊かになるため、高品質な写真を撮りたい人におすすめです。

また、フルサイズは室内や暗所の撮影にも強く、夜景や星空を撮りたい人にもぴったり。マイクロフォーサーズやAPS-Cよりもノイズが発生しにくいため、美しい写真を残しやすいですよ。

一方、フルサイズはセンサーが大きい分、重くてかさばりやすい機種が多いのがデメリット。中級~上級者向けのモデルが多いため、価格帯も20~90万程度と高額です。

ノイズとは?
写真全体にザラザラとした砂嵐のような模様が入る現象のこと。特に暗いところの撮影で発生しやすい。

関連記事:【ソニー・キヤノン】フルサイズミラーレスカメラおすすめ19選!安い・人気機種を比較

400g以下がGOOD!重量とサイズを確認しよう

ミラーレス一眼は携行性が魅力!重量とサイズを確認しよう

旅行や登山などでに使いたいなら本体の重量とサイズをしっかり確認し、できるだけ軽量コンパクトなモデルを選びましょう。

バッテリーの重さも機種やメーカーによって異なるため、重量を確認する際は本体・バッテリー・メモリーカードを含めた重さをチェックするのがおすすめです。目安としてはセンサーサイズがマイクロフォーサーズ・APS-Cなら400g以下。フルサイズなら600g以下であれば軽量モデルといえます。

編集部

小型モデルはグリップ部分も小さめに作られているため、人によっては持ちづらいと感じる場合があります。手が大きめの人や携行性よりも操作性を優先したい人は、小さすぎるモデルは避けた方が無難です。

初心者でもきれいに撮れる操作性や性能に注目

初心者でもきれいに撮れる操作性や性能に注目

細かな設定を覚えるのが大変なカメラ初心者のうちは、なるべく簡単な操作できれいに撮れるモデルがおすすめです。ここでは、初心者がチェックしておきたい「全自動オート」と「手ブレ補正」の2点について紹介します

シーン判断を任せられる「全自動オート」搭載モデルがおすすめ

オートモードはシーン判断を任せられる「全自動オート」がおすすめ

本格的な写真撮影では、シーンに合わせて絞り値・シャッタースピード・ISO感度・ホワイトバランスなどの細かな設定が必要ですが、慣れるまではなかなか理解が難しいもの。初心者には面倒な設定をおまかせできる「全自動オート」を搭載したモデルがおすすめです。

カメラがシーンに合わせて自動で最適な設定を調整してくれるので、カメラ任せできれいな写真を撮影できます。ポートレート・風景・スポーツ・夜景など、シーンに合わせたモードを豊富に選べる機種もありますよ。

高価格帯の上級者向け機種だと全自動オート機能が付いていないものもあるため、初心者がミラーレス一眼を選ぶときはチェックしてみてください。

初心者には「ボディ内手ブレ補正」が付いていると失敗しにくい

手ブレ補正機能には2種類ある!初心者には「ボディ内手ブレ補正」が◎

シャッターを切る瞬間に手が揺れてしまう「手ブレ」は、初心者が写真撮影に失敗しやすい要因の一つ。手ブレ補正機能が付いていれば、ちょっとのブレをカメラが補正してくれるので安定した撮影が叶います。

手ブレ補正機能にはカメラ内部で補正する「ボディ内手ブレ補正」と、レンズ側で補正する「レンズ内手ブレ補正」の2種類があります。初心者にはどのレンズでも高い補正効果が期待できる「ボディ内手ブレ補正」付きのモデルがおすすめです。

動く被写体を撮るなら「オートフォーカス(AF)」と「連写機能」が重要

動く被写体を撮るなら「オートフォーカス」と「連続撮影機能」が重要

小さなお子さんやペット、スポーツシーンなどの動き回る被写体をカメラに収めるときは、「オートフォーカス(AF)」機能が重要です。オートフォーカスとは、シャッターボタンの半押しや画面タッチによってカメラが被写体に自動でピントを合わせてくれる機能のこと

オートフォーカスは機種やメーカーによってピントを合わせるスピード感や精度が異なり、価格の高いカメラほど性能が高くなります。

最近のカメラはどれも高性能なので選ぶときにそこまで気にする必要はありませんが、初心者には人物やペットを撮るときに自動で瞳にピントを合わせてくれる「瞳AF機能」を搭載したカメラがおすすめです。

また、動く被写体を撮るなら連写機能も重要。初心者は8コマ/秒以上撮れるかを目安にすると、大事なワンシーンを撮り逃しにくいです。

バリアングル?チルト?液晶の可動範囲も要確認

バリアングル:

バリアングル?チルト?液晶の可動範囲も要確認

出典:rakuten.co.jp

チルト:

バリアングル?チルト?液晶の可動範囲も要確認

ミラーレス一眼では、低い位置や高い位置でも撮影しやすいようモニターが可動する機種が多いです。モニターの可動方式には「バリアングル式」と「チルト式」があるので、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

バリアングル式は、モニターがカメラの左側に180度開き、さらにその状態で上下方向に回転する仕組み。最近は上下に360度回転するタイプが多く、自由なアングルで撮影できるほか、モニターをくるっと回せば自分撮りも簡単です。

チルト式はモニターを上方向または下方向に展開する方式で、上下どちらに動かせるタイプもあります。モニターを引き出すだけのワンアクションで撮影できるため、手早く撮影できるのがメリットです。

関連記事:バリアングル液晶とチルト式液晶はどっちがオススメ!?気になるポイントを比較

SNSにも活躍!「スマホ連動」の使いやすさと「フィルター機能」の豊富さにも注目

ミラーレス一眼を選ぶときは、スマホ連動やフィルター機能にも注目しておきましょう。特にSNS用にミラーレス一眼を購入したい人は要チェックポイントです。

ミラーレス一眼はほとんどWi-FiやBluetoothに対応◎スマホアプリの機能も確認しておこう

Wi-FiやBluetooth内蔵ならスマホへの転送がラクチン

最近のミラーレス一眼は、Wi-FiやBluetoothを内蔵していてスマホと連動できるモデルがほとんど。カメラに保存した写真を簡単にスマホに送れるので、撮った写真をその場でSNSへ投稿したり、家族・友人と共有したりできます。

大手メーカーではスマホと連動するための専用アプリが用意されているため、アプリと繋いだときの使い勝手にも注目してみてください。スマホでリモートシャッターや写真の管理ができるアプリもありますよ。

フィルター機能を使いこなして映える写真を目指そう

ミラーレス一眼で撮影した写真はナチュラルな仕上がりが多く、SNS映えを目指すなら編集や加工が必要です。写真をスマホやPCに移動してから調整することもできますが、カメラ本体にフィルター・プリセット・エフェクトなどの機能が搭載されているモデルも便利です。

SNSで映えるおしゃれなフィルターをかけながら撮影すれば、完成後の写真もイメージしやすいですよ。後から編集する手間を省けるのもポイントです。

持ち歩きが楽しくなる!おしゃれ感にこだわるなら本体のデザインも見逃せない

おしゃれ感にこだわるならデザイン性も見逃せない

「せっかく買うならおしゃれなカメラが欲しい!」という人は、ミラーレス一眼本体のデザインにも注目しましょう。

最近はフィルムカメラ時代を意識したクラシカルなデザインがトレンド。富士フィルム(FUJIFILM)「X-S10」やニコン(Nikon)「Z fc」などは、レトロ感がありつつ今どきの洗練されたデザインで人気を集めています。

また、女性向けのかわいらしいデザインやファッションと合わせやすいシンプルなデザインもおすすめ。パナソニック(Panasonic)「LUMIX DC-GF10W」やオリンパス(Olympus)「PEN E-P7」など小型の機種は、ケースに入れずにストラップを肩から下げて持ち歩くのにもぴったり。コーディネートの一部としておしゃれを楽しめますよ。

関連記事:カメラ女子にぴったりなミラーレス・一眼レフカメラ人気おすすめ18選【おしゃれ重視】

関連記事:【安くてかわいい】ミラーレス一眼おすすめ15選!初心者の高校生・中学生にも

初心者におすすめのミラーレス一眼カメラ人気メーカー・人気機種

初心者でも扱いやすいミラーレス一眼カメラのおすすめ人気メーカーを5社紹介します。メーカーごとの特徴や人気機種を解説するので、自分に合うものはないか探してみてください。

デジタルセンサー性能の高さが魅力◎ミラーレス一眼の先駆者的存在「ソニー(SONY)」

ミラーレス一眼のシェア1位をキヤノンと争い続けているソニー。ことにフルサイズセンサー搭載機においては世界で初めて発売したこともあり、単独トップシェアを誇ります。高感度センサーや高精度のオートフォーカス機能など最新技術を積極的に取り入れた製品づくりで、ミラーレス一眼業界を牽引する存在です。

ソニーのミラーレス一眼はラインナップが充実しており、プロの愛用者も多い「αシリーズ」が有名。初心者が買うなら、10万円前後で購入できる「ZV-E10」や「α6400」がおすすめです。

編集部

ソニーといえば創造性と技術革新のイメージですが、カメラ業界においても先駆者的な立ち位置は健在です。新しいもの好きの人にぴったりなメーカーですよ。

関連記事:SONY 売れ筋ミラーレス α6600/6500/6400/6300/6100/6000を全6モデルを徹底比較!

カメラの王道!実績もブランド力もトップクラスの「キヤノン(Canon)」

キヤノンは世界でも高い知名度があるカメラの老舗メーカー。デジタル一眼レフでトップシェアを誇り、ミラーレス一眼においても全体の3割近くを占めています。初心者からプロ向けまで幅広いラインナップが揃っており、入門向けモデルも多いので初めての1台にもぴったり。

以前までミラーレス一眼では「EOS Mシリーズ」を展開していましたが、現行モデルは「EOS Rシリーズ」で統一されています。初心者がこれから買うなら、機能性・携行性のバランスがよく15万円ほどで購入できる「EOS R50」がイチオシです。

編集部

キヤノンのイメージといえば「カメラの王道」。実績・ブランド力ともにトップを走り続けてきたメーカーであることから、迷ったらキヤノンを選んでおけば間違いなしです。

関連記事:【Rがおすすめ】人気のCanonミラーレスカメラ15選!初心者向けから最新モデルまで

コンパクトでおしゃれ!カメラ女子に人気の「オリンパス(Olympus)/ OMデジタルソリューションズ」

オリンパスは「PENシリーズ」が人気のカメラメーカーでしたが、2020年にカメラ事業を譲渡。現在は「OMデジタルソリューションズ」が展開するブランド「OM SYSTEM」に名前を変え、オリンパス時代の伝統はそのまま受け継いでいます。

同ブランドのミラーレス一眼は、すべてのモデルにマイクロフォーサーズセンサーを搭載しているのが特徴。10万円以下で買えるモデルが多いので、予算を重視したい人におすすめですよ。

軽量コンパクトでデザインもおしゃれ・かわいい「PEN E-P7」はカメラ女子に大人気のモデルです

編集部

新会社になってからも本体に「OLYMPUS」の刻印が残されてきましたが、近年発売された「OM-1」「OM-5」ではオリンパスロゴが「OM SYSTEM」に変わりました。

関連記事:人気のOLYMPUS(オリンパス)のミラーレス一眼!おすすめ機種8選をレビュー

フイルムメーカーならではの色彩表現が魅力的な「富士フイルム(FUJIFILM)」

富士フイルムはいわずと知れた写真フイルムのトップメーカー。カメラ事業の老舗でもあり、レンズ付きフィルムカメラ「写ルンです」やインスタントカメラ「チェキ」などのヒット商品を生み出しています。

同メーカーのミラーレス一眼は、フイルムカメラで撮影したかのような独自の色彩表現が魅力です。撮影時の空気感が伝わる表現は他社で真似することが難しく、フイルムメーカーの矜持が垣間見えます。男性にも女性にも好まれるレトロな外観もおしゃれで、ファッション性の高いモデルが欲しい人にぴったりです。

初心者には20万円ほどで購入できる「X-S10」「X-E4」などが人気。ワンランク上の機種が欲しいなら「X-T5」もおすすめですよ。

編集部

富士フイルムではフルサイズセンサーを扱っておらず、APS-C機が主流。全体的に軽くてコンパクトな製品が多く、初心者~中級者にも使いやすいメーカーです。

真面目で堅実な姿勢に固定ファン多数!頑丈さも魅力の「ニコン(Nikon)」

ニコンはキヤノンと合わせて世界の2大巨頭とも呼ばれたカメラメーカーで、質実剛健な物づくりが魅力です。ミラーレス一眼への参入が遅かったこともありシェア率は低めですが、近年徐々に人気が高まっており、一眼レフ時代の勢いを取り戻してきています

ミラーレス一眼は、フルサイズセンサーを搭載した本格モデルが多め。中でも、フィルムカメラ時代のデザインや操作感を取り入れた「Z f」は、2023年の登場以来大人気のアイテムです

昔からカメラを使っていた中~上級者に人気の高いメーカーですが、「Z fc」など初心者向けのエントリーモデルもあるのでぜひチェックしてみてください。

編集部

ニコンのイメージを一言でいうなら真面目で堅実。高品質で丈夫な製品を追求し続ける姿勢に惹かれる固定ファンが多く、「カメラを買うならニコン」とブランド買いされることが多いメーカーです。

【15万以下】初心者向けミラーレス一眼おすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格サイズ・重量センサーサイズISO感度連射速度有効画素数モニターの可動方式Wi-Fi・Bluetoothフィルター
ソニー VLOGCAM ZV-E10確認中 楽天市場AmazonYahoo!115.2×64.2×44.8mm(幅×高さ×奥行)/ 343gAPS-C100~32000最大11枚 / 秒約2420万画素チルトWi-Fiあり・Bluetoothあり13種類
ソニー ミラーレス一眼 α6400 ILCE-6400¥118,890 楽天市場AmazonYahoo!120.0×66.9×59.7mm(幅×高さ×奥行)/ 403gAPS-C100~32000最大11枚 / 秒約2420万画素チルトWi-Fiあり・Bluetoothあり13種類
OM SYSTEM オリンパス OM-D E-M10 Mark IV¥107,720 楽天市場AmazonYahoo!121.7×84.6×49mm(幅×高さ×奥行)/ 383gマイクロフォーサーズ100~25600最大15枚 / 秒約2030万画素チルトWi-Fiあり・Bluetoothあり16種類
パナソニック ミラーレス一眼カメラ LUMIX DC-G100K確認中 楽天市場AmazonYahoo!115.6×82.5×54.2mm(幅×高さ×奥行)/ 412gマイクロフォーサーズ100~25600最大10枚 / 秒約2030万画素バリアングルWi-Fiあり・Bluetoothあり-
OM SYSTEM オリンパス PEN E-P7¥104,040 楽天市場AmazonYahoo!118.3×68.5×38.1mm(幅×高さ×奥行)/ 337gマイクロフォーサーズ100~25600最大8.7枚 / 秒約2030万画素チルトWi-Fiあり・Bluetoothあり16種類
ソニー ミラーレス一眼カメラ α7II ILCE-7M2確認中 楽天市場AmazonYahoo!126.9×95.7×59.7mm(幅×高さ×奥行)/ 599gフルサイズ100~51200最大5枚 / 秒約2430万画素チルトWi-Fiあり13種類
キヤノン ミラーレス一眼カメラ KISSM2BK-WZK楽天市場¥130,875 AmazonYahoo!116.3×88.1×58.7mm(幅×高さ×奥行)/ 387gAPS-C100~25600最大10枚 / 秒約2410万画素バリアングルWi-Fiあり・Bluetoothあり-
ニコン ミラーレスカメラ Z 30 16-50 VR¥119,900 楽天市場AmazonYahoo!128.0×73.5×59.5mm(幅×高さ×奥行)/ 405gAPS-C100~51200最大11枚 / 秒約2088万画素バリアングルWi-Fiあり・Bluetoothあり20種類(プリセット)
キヤノン ミラーレス一眼カメラ EOS R50確認中 楽天市場AmazonYahoo!116.3×85.5×68.8mm(幅×高さ×奥行)/ 375gAPS-C100~32000最大15枚 / 秒約2420万画素バリアングルWi-Fiあり・Bluetoothあり10種類
ニコン ミラーレス一眼カメラ Z fc確認中 楽天市場AmazonYahoo!134.5×93.5×43.5mm(幅×高さ×奥行)/ 445gAPS-C100~51200最大11枚 / 秒約2088万画素バリアングルWi-Fiあり・Bluetoothあり20種類(プリセット)
パナソニック LUMIX DC-GF10W確認中 楽天市場AmazonYahoo!106.5×64.6×33.3mm(幅×高さ×奥行)/ 240g(本体のみ)マイクロフォーサーズ100~25600最大10枚 / 秒約1600万画素チルトWi-Fiあり-
キヤノン ミラーレスカメラEOS M200確認中 楽天市場AmazonYahoo!108.2×67.1×35.1mm(幅×高さ×奥行)/ 299gAPS-C100~25600最大6.1枚 / 秒約2410万画素チルトWi-Fiあり・Bluetoothあり-
ニコン ミラーレス一眼カメラ Z50 16-50 VR¥142,927 楽天市場AmazonYahoo!126.5×93.5×60.0mm(幅×高さ×奥行)/ 450gAPS-C100~51200最大11枚 / 秒約2088万画素チルトWi-Fiあり・Bluetoothあり20種類

【15万以下】初心者向けミラーレス一眼おすすめ人気ランキング13選

関連記事:ニコンから新しいミラーレスが来た!Nikon Z50を完全レビュー

関連記事:オシャレで可愛い!軽量コンパクトなミラーレス「EOSM200」徹底レビュー

関連記事:自撮りに特化した機能満載!LUMIX DC-GF10のおすすめ機能を実写レビュー!

関連記事:【最新】コスパ最高のSONY α6400 (ILCE-6400) を実写レビュー

【15万以上】ワンランク上の初心者向けミラーレス一眼おすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格サイズ・重量センサーサイズISO感度連射速度有効画素数モニターの可動方式Wi-Fi・Bluetoothフィルター
ソニー デジタル一眼カメラ α7C II ILCE-7CM2L確認中 楽天市場AmazonYahoo!124.0×71.1×63.4mm(幅×高さ×奥行)/ 514gフルサイズ100~51200最大10枚 / 秒約3300万画素バリアングルWi-Fiあり・Bluetoothあり-
ニコン ミラーレス一眼カメラ Z f確認中 楽天市場AmazonYahoo!144.0×103.0×49.0mm(幅×高さ×奥行)/ 710gフルサイズ100~64000最大14枚 / 秒約2450万画素バリアングルWi-Fiあり・Bluetoothあり-
富士フイルム FUJIFILM X-T5確認中 楽天市場AmazonYahoo!129.5×91.0×63.8mm(幅×高さ×奥行)/ 557gAPS-C100~51200最大15枚 / 秒約4020万画素チルトWi-Fiあり・Bluetoothあり-
ソニー デジタル一眼カメラ α7 IV ILCE-7M4確認中 楽天市場AmazonYahoo!131.3×96.4×79.8mm(幅×高さ×奥行)/ 658gフルサイズ100~51200最大10枚 / 秒約3300万画素バリアングルWi-Fiあり・Bluetoothあり-
OM SYSTEM OM-5確認中 楽天市場AmazonYahoo!125.3×85.2×49.7mm(幅×高さ×奥行)/ 414gマイクロフォーサーズ100~25600最大10枚 / 秒約2037万画素バリアングルWi-Fiあり・Bluetoothあり16種類

【15万以上】ワンランク上の初心者向けミラーレス一眼おすすめ人気ランキング5選

ミラーレス一眼と一眼レフは何が違うの?

そもそもミラーレス一眼とは?一眼レフとは何が違うの?

ミラーレス一眼とは、名前の通りミラーがない一眼カメラのこと。一眼カメラとはレンズがひとつのカメラのことをいいます。

従来の一眼レフはボディ内部に「レフレックスミラー」と呼ばれる鏡が埋め込まれており、レンズが捉えた景色を内部のミラーに反射させファインダーに届ける仕組みとなっています。

対してミラーレス一眼は、目の前の景色をイメージセンサーが映像データ化し、ファインダーやモニターに映し出します。ミラー構造がないぶん一眼レフよりも軽量小型化されており、携行性に優れているのが魅力です。

そもそもミラーレス一眼とは?一眼レフとは何が違うの?

出典:cweb.canon.jp

なお、内部構造が異なるだけで、ミラーレス一眼と一眼レフでは画質自体に大きな差はありません。具体的に何が違うのかは、以下を参考にしてみてくださいね。

ミラーレス 一眼レフ
重量・サイズ 軽くてコンパクト 重くて大きいものが多い
ファインダー
  • 電子ビューファインダーで映像化されている
  • ファインダーがないものもある

ファインダーからリアルタイムの景色を確認できる
バッテリー 持ちがよくない 長持ちする
操作性・機能性
  • ほぼすべてのモデルにタッチパネルやWiFi・Bluetoothを搭載
  • 電子ビューファインダーによって写真の仕上がりをイメージしながら撮影できる
  • グリップが大きく安定感がある
  • 古いモデルだと無線機能がなくスマホとの連携ができない

関連記事:【図解】一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いは!?価格や機能など徹底比較!

おすすめ初心者向けミラーレス一眼まとめ

  • 本格的にカメラを始めるなら初心者にやさしいミラーレス一眼に決まり!
  • 画質の決め手になるセンサーサイズ選びが重要。価格やサイズ感も併せてチェックしよう
  • オートモードや手ブレ補正など初心者に嬉しい機能を重視して選ぶ
  • ミラーレス一眼はおしゃれなデザインがいっぱい。ファッションとしても楽しめる

カメラに興味があるけど難しそうでなかなか手を出せない……というカメラ初心者にもミラーレス一眼はおすすめです。普及が進み価格も落ち着いてきた今が買いどきですよ。ぜひこの記事を参考にお気に入りのモデルを見つけて、撮影を楽しんでくださいね。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー