Canonの最新!初心者向け一眼レフ EOS kiss x90 をレビューしてみた

今年2018年3月末に発売されたばかりのCanonの初心者向け一眼レフ EOS kiss x90。Canonのエントリーモデルの中でも最も初心者向けとされます。入学式だったり、家族旅行だったり、家族の思い出をきれいな写真でいっぱい残したいファミリーにピッタリのこの EOS kiss x90。発売されたばかりで気になりますねぇ。まぁ見ていきましょう。

ルックス

↓正面

引用 https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx90/index.html

↓正面(レンズ付き)

引用 https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx90/index.html

kiss x90、レンズが一本つくレンズキットがあります。レンズの種類は標準域をカバーした EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 IS Ⅱ。今後出るのかはわかりませんが、残念ながら二本ついてくるダブルズームレンズキットはありません。

↓背面

引用 https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx90/index.html

ボタンの配置がコンパクトデジタルカメラに似ています。コンパクトデジタルカメラからの乗り換えも想定しているのかもしれません

あとはモニターが最新の一眼カメラにしては可動式ではありません。安くするためにこの機能は削られたのでしょう。個人的には可動式モニター機能は削らないでほしかったです、、あれは超便利です。

とはいえ、重量は500gよりも軽いですしハンドリングは良好とみていいでしょう。

関連記事:【1万円台も】安いのに高品質なデジカメおすすめ20選|スマホ転送OK・女子に人気モデルも

スペック

有効画素数

2410万画素

ISO感度

100‐6400

シャッター速度

30~1/4000秒、バブル

連写

3コマ / 秒

オートフォーカス

9点 0~18EV

動画機能

フルHD対応

通信機能

Wi-Fi対応 スマホとの通信可

バッテリー

ファインダー撮影:500枚

ライブビュー撮影:240枚

動画:1時間30分

画像処理エンジン

DEGIC 4+

 

EOS kiss x90のイケてるところ

有効画素数

2410万画素と入門機としてはいいレベルの画素数です。単純に画素数が多ければ多いほどいい、というわけではありませんが、あるに越したことはありません。少なくともその辺のスマホよりも多いことは間違いありません。

通信機能

今どきの生活にもうすっかりしみ込んだネット。そこにすぐ写真を載せることができるような機能がこれです。Wi-Fiを使ってカメラの画像をスマホに送ることができます。さらにはリモートシャッターまでできるのです。詳しいことはまた後程説明しますね。

バッテリー

バッテリー容量は使い方にもよりますが、余裕で一日持つといっていいでしょう。一つ前のモデルではライブビュー撮影時は180枚しか撮れませんでしたが、kiss x90 ではプラス60枚多く撮れるようになっています。ですので、せっかくですからライブビューをバンバン使って撮りましょう

EOS kiss x90の物足りないところ

ISO感度

ISO感度は100~6400までと、上限がかなり低くなっているので、(だいたいISO12800ぐらいまではある)昼間の撮影であれば問題はないでしょうが、夜間の撮影や早いシャッター速度で撮る場合などは三脚が必要になると思います。ISO感度はあんまり高くてもノイズが出てしまうのですが、それにしても低いという感じです。

ISO感度とは?これを理解すればノイズを減らせます!

連写

連写は秒間3コマ。最近のカメラ、例としてCanonの一つ上のクラスのエントリー機種 EOS kiss x9 (2017年7月発売)<秒間5コマ> やNikonの同じく最も初心者向けの機種であるD3400 (2016年9月発売)<秒間5コマ> はこれだけ連写できるので、圧倒的に負けてます。あまり動きのあるものは得意ではないといって言いと思います。

シャッタースピードを理解することで、一眼レフで美しく・確実に写真を撮る!

画像処理

画像処理エンジンは残念ながら前の機種から変わっておらず、旧式のものとなっています。そのために高いISO感度で撮影するとノイズが出やすくなっています。ISO感度の上限が低いのはこれが原因なのかもしれません。センサーが大きく進化したのですから後処理もしっかりしてほしいところです。

初心者に優しくわかりやすい機能

シーン別ダイヤルがわかりやすい

この kiss x90 が初心者に優しいというのは、中身を見なくても外観のボタンの配置やダイヤルからわかります。

↓kiss x90 のダイヤル

引用 https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx90/index.html

ほら、こんなに簡単撮影ゾーンがあるんです。

そして、すぐにそのシーンに合わせて撮影できるよう細かくシーン別に配置されています。

ざっと見ていきますと、

・設定はカメラに全部任せよう

シーンインテリジェントオート画像

これは完全自動モードで、シーンインテリジェントオートといいます。このモードにしておけば撮影者は構図について考えるだけで、状況の判断を判断して色や明るさ、ピントなどを決めてくれます。カメラが決めてくれたら後はシャッターを押すだけです。なんて簡単なんでしょう。このときカメラは人物なのか自然なのか、逆光か順光なのかなどをしっかりと判断してくれます。スマホと同じ要領でスマホよりもきれいに撮れるのですから便利としか言いようがありません。

・その時のシーンに合わせて

 ダイヤルにはほかのモードも書いてありますね。撮りたいものが決まっていたらこちらの方が確実でおすすめです。

ポートレート

引用 https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx90/index.html

背景をぼかしてやわらかくして、ピントの合った表情を際立たせます。

風景

引用 https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx90/index.html

料理

引用 https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx90/index.html

全体にピントを合わせ、明るめに色鮮やかに描写します。

青や緑を際立たせます。 

スポーツ

引用 https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx90/index.html

連写が可能なモード。動いている被写体に有効です。

クローズアップ

引用 https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx90/index.html

花や虫などを近くで撮りたいときに。マクロレンズというものがあるのでそれを使えばさらに近づいて撮ることができます。

夜景ポートレート

引用 https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx90/index.html

三脚の使用が前提ですが、フラッシュと併用して夜景と人物を両方バランスよく撮影します。

ストロボ発行禁止

引用 https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx90/index.html

博物館や水族館などフラッシュの発効が禁止されている場所で撮りたいときに。

いずれの画像もhttp://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx90/feature-operation.htmlより

・自分好みの雰囲気に

 シーンモード自体はよくある機能なのですが、他にそのシーンをさらに綺麗に表現することができるのです。

表現セレクトといって、「くっきり鮮やかに」「ふんわりやわらかく」「暖かくやさしく」「しっとり深みのある」「ほの暗くひっそりと」「明るく」「暗く」「モノクロ」の9種類もあるのです。

具体的には、

「くっきり鮮やかに」

引用 https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx90/index.html

くっきり且つ鮮やかにして被写体を強調せずにやわらかく描写します。

引用 https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx90/index.html

「ふんわりやわらかく」

被写体を目立たせます。

「暖かくやさしく」

引用 https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx90/index.html

ホワイトバランスを調整し、温かみのある画像へ 

「しっとり深みのある」

引用 https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx90/index.html

明るさを抑えつつも被写体を強調し、印象深くします。

「ほの暗くひっそりと」         

これもホワイトバランスを調整しつつ、

明るさも抑えています。

「モノクロ」:俗にいう白黒写真です

「明るく」・「暗く」:写真を明るく、もしくは暗くします

というように、細かくて複雑な設定などしなくても雑誌の表紙になっていそうな写真がお手軽に撮れてしまうのです。

カメラの各モードを解説!状況に応じてカメラを使いこなそう!

ササっとネットへ、スマホ接続機能

カメラからスマホへ、そしてSNSへ

最近のカメラは撮ってすぐにスマホに画像を送信できることがウリです。もちろんこのカメラにもその機能がついています。この kiss x90 はWi-Fi機能がついています。とはいってもスマホに対応するアプリがないといけません。そのアプリが「Canon Connect」です。iOS、Android、双方に対応してますからご安心を。

このアプリと kiss x90 をつなげば、遠隔でカメラ内の写真をスマホから見ることができ、そこから気に入った写真をスマホに送信できます。

離れたところからパシャリ

このアプリ、ただ画像を送信できるだけではなく、リモートでシャッターや動画を撮ることもできるのです。もちろんシャッターを切れるだけではなく、シャッター速度や絞り、ISO感度に露光調節までできます。この機能は動物など撮るときになどに役立つと思います。自然な、もしくはカメラに興味津々な様子が撮れるのではないでしょうか。

引用 http://cweb.canon.jp/eos/info/wi-fi/about-cc.html

一眼レフとしての魅力

あなたはなぜ一眼レフを買おうとしましたか?それはスマホよりもいい写真を撮りたい、ファインダーをのぞきたい、単純にかっこいいから、いろいろな理由があると思います。では Canon kiss x90 における一眼レフの魅力をここで紹介します。

一眼レフを一眼レフたらしめる高画質

いい写真を撮りたいと思って思い浮かぶのが一眼レフではないでしょうか。ではなぜ一眼だときれいな写真が撮れるのか。詳しい技術的なことはある程度割愛しますが、(知りたいという方はこちらへ)それは画像センサーの物理的な大きさと各種設定の多様さにあります。センサーサイズが大きければ、それだけ多くの光が取り込めるため細かなところまで描写できるのです。もちろんボケも大きくなるのです。

関連記事:【図解】一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いは!?価格や機能など徹底比較!

交換レンズの魅力

レンズが交換できるのも一眼レフの大きな魅力の一つです。私は当初交換がめんどくさいと思っていたりしましたが、レンズごとに変わる風景に感動してガチャガチャと変えていましたし、買ったりしました。なんだか新しい世界が目の前に広がったような感覚になります。kiss x90 が対応しているレンズは70種類、表現の幅が広がりますね。

引用 https://cweb.canon.jp/

関連記事:もう困らない!一眼カメラのレンズとその種類について徹底解説!

他機種と比較してみた

機種 EOS kiss x90 EOS kiss x9 Nikon D3400
有効画素数 2410万画素 2410万画素 2416万画素
ISO感度 100-6400 100-25600 100-24600
連写 3コマ/秒 5コマ/秒 5コマ
AF / 測距点 9点 9点 11点
価格 52,970円 55,400円 39,980円

対 Canon EOS kiss x9

画素数と測距点は変わらないですが、総合的に完敗です。x90が出たばかりということもあるのでしょうが、それでも3,000円しか変わらないのであれば kiss x9 を買った方が絶対いいです。

Nikonユーザーもびっくり!売切れ御免!Canon EOS Kiss X9

安いのに超綺麗!【Canon EOS kiss x9i レビュー 】軽量&コンパクトで初心者におすすめ

対 Nikon D3400

NikonD3400とはメーカーが違うため単純な比較はできませんが価格も含め、これまた圧倒的にNikonD3400の勝利です。各スペックはD3400が上で、価格もD3400が1万円も安いとなるとほんとに kiss x90 に勝ち目はありません、、

一眼レフ初心者 ファミリー必見!Nikon初心者向け一眼レフNikon D3400の実力

【最新】人気の最小・最軽量 NIKON D3500 気になる画質と性能などを徹底レビュー

買い?なし?

どうだったでしょう、Canon EOS kiss x90。残念ながら、あまりスペック的にも価格的にもパフォーマンスはあまりよろしくないようです。

簡単に撮りたい人におすすめ

この kiss x90 は、いろいろな設定とかめんどくさいから、簡単にきれいな写真が撮りたいと思っているコンパクトデジタルカメラから一眼レフに乗り換えようとする人におすすめできます。

また、一つ上のグレードの kiss x9 では、この kiss x90 のようにダイヤルに多くのシーンなどが表示されていないので、素早くシーンを変えて撮影したいという人には kiss x90 がお勧めできると思います。

結論!何も考えずただ一眼画質で撮りたい人に!それ以外の人はもう少しお金を出してでも kiss x9 あたりを買ったほうがいいです。

関連記事:本当に使いたい!Canon(キヤノン)おすすめ一眼レフカメラ15選

関連記事:入学式や卒業式におすすめ | パパママに人気の一眼レフ・ミラーレス・コンデジ まとめ

関連記事:【2021年】運動会おすすめカメラTOP20!コンデジ・一眼レフ・ミラーレス全機種まとめ

この記事は参考になりましたか?