【容量拡張】PS5対応外付けSSDおすすめ10選|ストレージや速度比較・必要条件も解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

PS5 外付けSSD

PS5(プレステ5)に保存できるストレージ容量を拡張できる「外付けSSD」。もともとPS5には内蔵SSDが備わっており、容量825GBまでのデータ保存できます。しかし、PS5のゲームソフトが1本30GB~100GB程度なので、沢山ゲームソフトをダウンロードしたい人にはやや物足りないのがネック。

そこで外付けSSDがあれば、容量不足を解決できます。ダウンロードコンテンツを大量に保存したい人や、PS4とPS5のゲームソフトを両方楽しみたい人にとって頼もしいアイテムです。とはいえ「そもそもPS5対応の外付けSSDの条件は?」「おすすめの商品はどれ?」など疑問を感じる人は多いですよね。

この記事では、PS5対応の外付けSSDの条件や注意点・PS5に最適な外付けSSDの選び方・人気商品ランキング10選を紹介します。さらに後半では、外付けSSDの使い方やおすすめの関連アイテムなども紹介するので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

PS5で使える外付けSSDの必要条件と選び方

出典:amazon.co.jp

「PS5の容量拡張のために外付けSSDやHDDが欲しい」と思っても、すべての商品がPS5に対応しているわけではありません。PS5で使える外付けSSD・USB拡張ストレージの必要条件と注意点は次の通りです。

PS5対応の外付けSSDの必要条件
  • 転送速度は500MB/秒~1250MB/秒
  • SuperSpeed USB 5Gbps以上
  • 容量は250GB~8TB
  • 接続端子はUSB Type-CかUSB Type-A
  • PS5に接続できるのは1台のみ
  • USBハブは使えない

上記を踏まえ、PS5におすすめの外付けSSDの選び方を解説します。

転送速度は「500MB/秒」以上あれば問題なし

PS5外付けSSD 転送速度

出典:amazon.co.jp

転送速度は、ゲームの起動や読み込みにかかるロード時間を左右する性能です。「MB/秒」の単位で表記され、数値が高いほど転送が速いことを表します。最近では、625MB/秒を「5Gbps(ギガビット/秒)」、1250MB/秒を「10Gbps」と表記する場合もあります。

人によって感じ方に差はありますが、PS5の場合は300MB/秒以下で少し遅い、400MB/秒以上で速いと感じる程度だと言われています。読み込み速度にあまりこだわらず、少しでも安く購入したいという人は、転送速度400~500MB/秒の外付けSSDでも十分に使えますよ。

最近では、1000MB/秒以上の超高速な転送速度を実現した外付けSSDも増えています。PS5は最大で1250MB/秒までの速度に対応しているので、「とにかくロード時間が短いものがいい」という人は、625MB/秒~1250MB/秒の商品を選びましょう。

USB規格は「USB3.0」以降を選ぶ

出典:amazon.co.jp

PS5との接続部分であるUSB規格は、外付けSSDを選ぶ際にとても重要なポイントです。「転送速度」はあくまでも最大限性能を発揮したときの数値を表しており、USB規格が古すぎると読み込みが遅くなってしまうことがあります。

PS5の公式サイトでは、推奨するUSB規格を「SuperSpeed USB 5Gbps以降」と記載しています。「SuperSpeed」はUSB3.0規格のことで、簡単に言えば「3.0以降を選べばOK」ということです。現在主流の製品のほとんどが条件を満たしており、具体的には下記の7種類が当てはまります。

  • USB 3.0
  • USB 3.1 Gen1
  • USB 3.2 Gen1
  • USB 3.1 Gen2
  • USB 3.2 Gen1×2
  • USB 3.2 Gen2
  • USB 3.2 Gen2×2

USB規格は非常にややこしいので、上記の中から選ぶことをおすすめします。ただしPS5では、USB3.0やUSB 3.2 Gen1は、625MB/秒以内の転送速度でしか動作できないという制限があります。転送速度が625MB/秒以上の外付けSSDを購入する場合は、より新しい規格の「USB 3.1 Gen2」以降が理想です。

転送速度とUSB規格の関係を下の表にまとめました。読み込み速度にこだわる人は、外付けSSDの転送速度に適したUSB規格であるかを確認しましょう。

転送速度 適したUSB規格 こんな人におすすめ
625MB/秒まで
  • USB 3.0
  • USB 3.1 Gen1
  • USB 3.2 Gen1
コスパ重視の人
1250MB/秒まで
  • USB 3.1 Gen2
  • USB 3.2 Gen1×2
  • USB 3.2 Gen2
  • USB 3.2 Gen2×2
読み込み速度重視の人

    ストレージ容量は「1TB」以上がおすすめ

    PS5外付けSSD 容量

    出典:amazon.co.jp

    PS5は、容量が250GB~8TBの外付けSSDに対応しています。ゲームソフトの容量は1本30GB~100GB程度なので、保存したいソフトの数や予算に合わせて選びましょう。価格相場は1TBで1万円前後、2TBで2万円前後と、容量が大きくなれば価格も高くなります。

    ゲームソフトや体験版コンテンツなどをそこそこダウンロードする人でも、1TB~2TBあれば十分楽しめます。ゲーム配信をしたり、今後に備えて大容量モデルが欲しい人は2TB以上を選んでおくと安心です。

    ちなみに、PS5は外付けSSDを1台しか接続できません。容量が足りなくなったときに追加できないことを考えて、なるべく予算内で大容量のものを購入しましょう。

    接続端子は「Type-A」か「Type-C」で選ぶ

    外付けSSDを選ぶときは、取り付け場所と接続端子も忘れずに確認しておきましょう。PS5に接続できるのは「USB Type-C」か「USB Type-A」の2種類。PS5は正面にUSB Type-Cポートが1つ、背面にUSB Type-Aポートが2つ搭載されていて、いずれも1250MB/秒の転送速度に対応しています。接続したい位置に合わせて選びましょう。

    最近では、変換アダプターを付属することでUSB Type-CとUSB Type-Aの両方に対応できる製品が増えています。接続場所を選ばず、使い勝手がいいのでおすすめです。

    注意
    ちなみに、PS5の正面にあるUSB Type-Aポートは規格が古く、外付けSSDを繋ぐと転送速度が遅くなってしまいます。キーボードやヘッドセット用として使って、外付けSSDは接続しないように注意しましょう。 また、PS5はUSBハブに対応していないので、USBポートを増やすことができません。

    PS5×外付けSSDでできること・できないこと【外付けと内蔵SSDの違い】

    PS5に外付けSSDを繋ぐとストレージを拡張できますが、PS5内蔵のSSDとまったく同じ機能を果たすわけではないので注意が必要です。

    PS5に外付けSSDを繋いでできること
    • PS5ソフトの保存(起動不可)
    • PS4ソフトの保存と起動
    • 内蔵SSDとのデータ移動

    現時点(2021年12月)でUSB拡張ストレージ上できることは、上記の3つのみです。外付けSSDに保存したPS4ソフトは起動できますが、PS5ソフトの起動には対応していませんPS5の内蔵SSDが誇る高速な転送速度を活かすためには、内蔵SSDにソフトを保存して起動する必要があります。

    一方で、PS4ソフトの保存から起動までを外付けSSDのみで完了できるのは大きなメリットです。人気作品が多いPS4ソフトをプレイする人はまだまだ多いので、PS5の内蔵SSDを消費せずにソフトを保存できるのはかなり嬉しいですよね。

    外付けSSDはPS4ソフト用として使うか、遊び終わったPS5ソフトを保存しておく用として使うのがおすすめ。ちなみに、外付けSSDへ保存したPS5ソフトをプレイしたい場合は、内蔵SDDで再ダウンロードをするよりも、外付けSSDから内蔵SSDへデータをコピーするとスムーズです。

    PS5対応外付けSSDおすすめ人気ランキング比較一覧表

    Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
    商品最安価格USB規格容量転送速度接続端子サイズ
    ウエスタンデジタル WDBAGF0020BGY-WESN楽天市場¥23,849 AmazonYahoo!USB3.2 Gen22TB1050MB/秒USB Type-C/USB Type-A‎9×4.5×1cm
    キオクシア SSD-PK960U3-BA/N楽天市場確認中 AmazonYahoo!USB3.2 Gen2960GB550MB/秒USB Type-C/USB Type-A9.5×7.5×1.1cm
    Crucial X8 CT1000X8SSD9楽天市場¥10,980 AmazonYahoo!USB3.2 Gen21TB1050MB/秒USB Type-C/USB Type-A11×1.15×5.3cm
    アイ・オー・データ SSPH-UA1N/E楽天市場¥9,320 AmazonYahoo!USB3.1 Gen11TB400MB/秒USB Type-A8×8×1.5cm
    Samsung T7 MU-PC1T0T/EC楽天市場確認中 AmazonYahoo!USB3.2 Gen21TB1050MB/秒USB Type-C/USB Type-A8.5×5.7×8cm
    エレコム ESD-EPK1000GWH楽天市場¥9,845 AmazonYahoo!USB3.2 Gen21TB600MB/秒USB Type-A5.7×2×1cm
    バッファロー SSD-PGM960U3-B/N楽天市場¥6,400 AmazonYahoo!USB3.2 Gen2960GB530MB/秒USB Type-C/USB Type-A9.5×5×1.1cm
    アイ・オー・データ SSPV-USC960GE楽天市場確認中 AmazonYahoo!USB3.2 Gen2960GB500MB/秒USB Type-C/USB Type-A7.2×4.6×1.1cm
    バッファロー SSD-PH1.0U3-BC/N楽天市場¥9,980 AmazonYahoo!USB3.2 Gen21TB1000MB/秒USB Type-C/USB Type-A10.3×0.9×3.1cm
    SanDisk SDSSDE61-2T00-GH25楽天市場¥32,525 AmazonYahoo!USB3.2 Gen22TB1050MB/秒USB Type-C/USB Type-A5.2×10×0.9cm

    PS5対応外付けSSDおすすめ人気ランキング10選

    PS5対応外付けSSDのおすすめメーカー

    PS5外付けSSD メーカー

    PS5向けの外付けSSDを販売しているおすすめのメーカーを紹介します。それぞれのメーカーの商品に違った魅力があるので、商品選びに困ったときはぜひチェックしてみてください。

    外付けSSDと言えば「ウエスタンデジタル(Western Digital)」

    ウエスタンデジタルはアメリカの企業で、SSD・HDDやフラッシュメモリーカードを中心に開発しています。世界中で幅広くシェアされるなど、ブランドとしての信頼性も高いのが特徴。ゲーミング向けの外付けSSDが登場しており、PS5ユーザーにおすすめのメーカーです。

    • 世界中で愛用される信頼のあるメーカー
    • ゲーミング向けの外付けSSDも登場している

    安心の品質を誇る「バッファロー(BUFFALO)」

    バッファローは、コンピューター周辺機器を扱う日本メーカーです。耐久性にこだわった製品が揃っており、初めての外付けSSD選びに最適です。小型なモデルも多いので、「あまり目立たないコンパクトなものが欲しい」という人は、ぜひバッファローの外付けSSDをチェックしてみてください。

    • 耐久性に優れた製品開発が特徴のメーカー
    • 小型で持ち運びやすいモデルが多い

    コスパ重視なら「アイ・オー・データ(I-O DATA)」

    パソコン周辺機器を取り扱うアイ・オー・データの製品は、非常にお手頃価格で購入できるのが魅力。さらに、用途に合った性能・機能をしっかりと備えているので、コストパフォーマンスを重視する人におすすめです。PS5対応の外付けSSDには、静音性と転送速度に優れた商品が多く揃っています。

    • リーズナブル価格かつ機能性を備えた高コスパメーカー
    • 静音性&転送速度の優れたモデルが多い

    初心者必見!外付けSSDの使い方

    PS5外付けSSD 使い方

    • 外付けSSDの取り付け&データ移行の手順
    • STEP.1
      外付けSSDを取り付ける
      外付けSSDをPS5の前面または背面のUSBポートへ繋ぐ。このとき、前面のUSB Type-Aには接続しないように注意する。
    • STEP.2
      フォーマットを完了する
      PS5の「設定」→「ストレージ」→「拡張ストレージ」を選択し、接続した外付けSSDをフォーマットする。
    • STEP.3
      データを移行する
      PS4ソフトの場合は、外付けSSDへ移動させたいゲームタイトルを選んで、「USB拡張ストレージへ移動」を選択する。PS5ソフトの場合は、ゲームデータを「コピー」して外付けSSDへ移動させる。 
    • STEP.4
      外付けSSDを取り外したいときは
      PS5の「設定」→「ストレージ」→「拡張ストレージ」→「PS5から安全に削除」を選択してから、外付けSSDを取り外す。
    フォーマットとは?
    SSDを初期化して、パソコンやゲーム機などに認識させること。

    これって不具合?データ移行中にエラーになるときは

    PS5外付けSSD 対処方法

    「データ移行中にPS5がフリーズする(画面が固まる)」「エラーになって中断される」という場合は、まず下記のケースに当てはまっていないかを確認します。

    • 外付けSSDが正常に差し込まれているか
    • PS5が最新バージョンにアップデートされているか
    • 外付けSSDとPS5を繋ぐケーブルが長すぎないか(1m以上)
    • ケーブルや外付けSSD自体が故障していないか

    特に、「端子を奥まで差し込めていなかった」「PS5のアップデートができていなかった」というのは初心者によくあるケースです。また、ケーブルが必要以上に長いと、外付けSSDを正常に認識できない場合があります。逆に短すぎるとSSD本体がPS5からぶら下がる形になり、ケーブルが断線するリスクが高まります。

    30cm前後のケーブルを用意するか、短い場合は粘着テープなどでPS5本体に貼り付けて使いましょう。外付けSSDやケーブル自体が破損していないかを他の機器に接続して確認します。初期不良や不具合がある場合は、メーカーの問い合わせや、保証サポートを利用してください。

      PS5対応外付けSSDの関連商品

      PS5外付けSSD 関連アイテム

      「PS5周辺の機器をもっと揃えたい」「ゲーム環境にこだわりたい」そんな人のために、ここからはPS5関連のおすすめアイテムを紹介します。自分に必要なアイテムを揃えることで、より快適にゲームを楽しめますよ。

      PS5のコントローラーの充電に便利な「充電スタンド」

      PS5外付けSSD 充電スタンド

      出典:amazon.co.jp

      置くだけでコントローラーを充電できる「充電スタンド」。コンセントで直接給電できるタイプなら、数少ないPS5のUSBポートを節約できます。「外付けSSDを接続したいのにUSBポートが足りない」と困っている人におすすめです。ケーブルで充電するよりも見栄えがいいというメリットもありますよ。

      関連記事:PS5用充電スタンドおすすめ10選|純正DualSense・コントローラー1台用も!

      PS5の熱対策&収納に役立つ「縦置きスタンド」

      PS5外付けSSD 縦置きスタンド

      出典:amazon.co.jp

      「PS5本体やゲームソフトをまとめて収納したい」「ゲーム中にPS5が高熱になるのが気になる」という人には、PS5用の縦置きスタンドがおすすめです。PS5本体・コントローラー・ゲームソフト・ヘッドセットなどをまとめて収納できるのはもちろん、冷却ファンで本体の排熱をサポートしてくれる商品が登場しています。

      関連記事:PS5の周辺機器おすすめランキング15選|買うべき純正品などを厳選(2021年)

      PS5を楽しむための必須アイテム「PS5対応ゲームソフト」

      PS5外付けSSD ゲームソフト

      PS5向けに作られたゲームソフトは、4Kに対応したPS5の映像技術や3Dオーディオシステムを最大限に活かしてゲームを楽しめるのが特徴です。さらに、一部のPS4ソフトは、アップデートをすることでPS5の性能に対応できるものがあります。RPGやFPSなどのさまざまなジャンルから、自分のお気に入りの作品を見つけましょう。

      関連記事:【人気FPS&RPG】PS5のおすすめゲームソフト32選|最新作も紹介

      その他のPS5におすすめな関連アイテム

      関連記事:PS5を遊び尽くせるおすすめモニター15選!120Hz&最新4Kモデルを徹底解説

      関連記事:PS5対応スピーカーおすすめ10選|接続方法・3Dオーディオの効果も解説

      関連記事:【Apexを有利に!】PS5用エイムリングおすすめ8選|効果やベストな硬さも解説

      PS5対応外付けSSDのよくある質問

      PS5外付けSSD よくある質問

      PS4で使っていた外付けSSDはPS5でも使える?

      基本的にPS4で使用していた外付けSSDはPS5でも使えます。あらかじめゲームデータを外付けSSDに保存できていれば、PS5に接続することで再ダウンロードの手間なくPS4ソフトを楽しめます。

      PS5用にSSDより安いHDDを買うのはアリ?

      一昔前はデータの保存媒体として主流のHDDでしたが、PS5に外付けストレージとして使用するのはおすすめしません。HDDの転送速度は70~130MB/秒で、読み込みが非常に遅いのが特徴です。そもそもPS5に推奨されている性能を満たしていないため、価格が安くても購入するのは避けましょう。

      おすすめPS5対応外付けSSDまとめ

      PS5外付けSSD まとめ

      • 外付けSSDはゲームデータの管理に役立つ便利アイテム
      • 快適に使うための最低限のスぺックをチェックしよう
      • 商品を選ぶときはスペックと予算のバランスが重要

      今回は、PS5(プレステ5)におすすめの外付けSSDを紹介しました。外付けSSDの選び方は少し難しい部分がありますが、ぜひランキングに登場したものを参考にして商品を選んでくださいね。自分に合った外付けSSDを見つけて、PS5を快適に楽しみましょう。

      SNS

      Picky’sのSNSアカウントをフォロー