【プロが比較】ソーラーパネルおすすめ22選!ポータブル電源に充電できる防災向けも

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

Jackery Solar Saga100 災害時

スマホやポータブル電源を太陽光から充電できるソーラーチャージャー。「ソーラー発電機」「ソーラー充電器」「ポータブルソーラーパネル」とも呼ばれ、最近ではポータブル電源と併用しながら使用する人が増えています。

しかしソーラーチャージャーには、ポータブル電源で使えないモノもあります。サイズや価格もアイテムによってさまざまです。

そこで今回は、ソーラーチャージャーを実際に使用して効率よく充電できるのかを徹底検証!

おすすめランキングやポータブル電源との相性、「最強はどれ?」「家庭用・災害用としても使える?」など気になる部分も解説します。

この記事を監修した専門家

家電の専門家
川島健太郎
家電販売員・商品バイヤー
20歳に家電業界に入り、25歳に全メーカーとの外商を担当。テレビ、パソコン、白物家電、調理家電の仕入れを行い、年間100億円程度の商品買付をしていた腕利きバイヤー。本当におすすめできる良い商品を見つけお届けすることがモットー。趣味はガジェットいじり、ノマドワーカー、サッカー観戦、コーヒー。

ソーラー充電器(ソーラーチャージャー・ポータブルソーラーパネル)とは

ソーラーチャージャーとは

ソーラーパネル

出典:Amazon.co.jp

ソーラーチャージャーとは、ソーラーパネルを備えたポータブル型の小型発電機器のことです。ポリエステルなどの柔らかい素材の上に、ソーラーパネルが設置され、パネルを太陽光に向けることで発電できます。「ソーラー充電器」「ソーラー発電機」「ポータブルソーラーパネル」など呼び方はいろいろあります。

ソーラーチャージャーの特徴は太陽光を当てるだけで充電できるので、キャンプやアウトドア、釣り、登山などで使用されることが多いです。ソーラーパネルには60~100Wの充電ができる強力タイプと、20~60Wの充電ができる小型タイプの2つがあります。何を充電するか、どんな使い方をするかによってサイズの選び方が異なりますが、充電できるパワーが大きいほど、本体が大きくなり、価格も高くなるので購入前にしっかりチェックしておきましょう!

押さえておくべきこと
  • ソーラーチャージャーには2つのサイズがある
  • 小型タイプはスマホの充電におすすめ
  • ポータブル電源は大型タイプが必要
  • 大型タイプになるほど大きくて、価格が高い

ソーラーチャージャーのメリット

放置してもスマホやポータブル電源を充電!しかもかなり強力

Anker 口コミ ソーラーチャージャー

外にいる場合や被災して停電している場合に、スマホなどを充電する方法で思いつきやすいのが、災害用ラジオについている手回し充電器。ただ1分間にハンドルを100回以上回しても、1分間通話できる程度しか充電できないため全く実用的ではありません。

ところが太陽光で発電するソーラーチャージャーは、パネルを日光に当てるだけで発電してくれます。たとえば8月中旬の真夏だと、午前中の2~3時間だけ置いておくだけで、スマホのバッテリーが半分以上の60%まで充電しました。そのときはiPhone 11 pro だったのでバッテリー容量は2915mAhほどです。

つまり放置しておけば十分にスマホのバッテリーを充電できるほどのパワーがあります。キャンプなどで昼間にソーラー式パネルとポータブルバッテリーなどを充電しておけば、その電力でキャンプ中に使う電化製品の電力確保やスマホのバッテリーを充電できるメリットがあります!

災害用にもおすすめ!静かで軽くて持ち運びも楽々できる

Anker ソーラー 機能

ソーラーチャージャーは、折り畳めるので、持ち運びやすいのがグッド。人気の小型モデルは、たったの480グラム。ペットボトル1本分くらいの重さです。災害時に避難するなら、持ち運びしやすいのはメリットですよね。

また、ソーラーパネルは稼働音がしません。ガソリン式発電機は強力ですが、音が大きいことも。避難先で使うなら、周囲への配慮が欠かせません。キャンプなど音を気にしないといけない場合に、ソーラーチャージャーなら騒音を気にせず使えます。

電気代が実質0円!家庭用としても使える!

ポータブル電源 ソーラー充電

ソーラーチャージャーはランニングコストがかかりません。たとえばガソリン式発電機のランニングコストは、1kWhあたり40~100円ほどとされ、使い続ければ、その分お金がかかります。またポータブル電源などもコンセントから充電する度に電気代が掛かります。

しかしソーラーチャージャーは太陽の光があれば発電できるので、電気代が実質ゼロ円。発電機で1,000Whのポータブル電源を10回充電すると約1,000円もお得です。

設置費用もかからないため、キャンプや車中泊、家庭用サブ電源としてポータブル電源を使いたい人にもおすすめ。エコな上にお財布にも優しいので、大人気のアイテムになっています。

ソーラーチャージャーのデメリット

ソーラー充電は天候が悪いと発電ができないのが弱点

ソーラーチャージャー 口コミ Anker

ソーラーチャージャー最大のデメリットは、天候の変化に弱いことです。雨の日や曇りの日は、発電ができません。またパネルの一部が影になってしまうだけで、全体の発電量はものすごく落ち込むなどもが弱点として挙げられます。

また冬は日照時間が短いので、夏と比較しても太陽光で充電できる限界時間が短いです。天候や日照時間に発電量が左右されてしまうことを考慮する必要があります。

ソーラーチャージャーは発電のみ。蓄電能力がない

Anker ソーラー バッテリー

ソーラーチャージャーは発電をするアイテムであって、蓄電するアイテムではありません。なので発電した電気を蓄電したいならモバイルバッテリー・ポータブル電源・蓄電池などが必要になります。ソーラーチャージャーを買う時は、蓄電池などの充電アイテムと一緒に購入しましょう!

ソーラー充電器のタイプと基礎知識

スマホを充電するだけなら20~60Wの小型タイプ

Anker ソーラー 人気

小型タイプのソーラーチャージャーだと20~60W程度の電力での充電が可能です。主にスマホなどの小型デバイスに使用することが目的なので、大きい電力を供給することはできません。ポータブル電源には使えないので注意しましょう。

Anker 人気 機種
Anker PowerSolar 曇り

サイズは小さいので持ち運びには便利です。折り畳むととてもコンパクトなので、リュックやバックにも入れることができます。

Anker ソーラー 使い方

このようにリュックなどに掛けながら歩けるので、登山しながらスマホを充電することもできます。パネルが長いのでちょっと邪魔になりますが、手で持つ必要がないのは便利です。この小型のソーラーチャージャーはだいたい5000~10000円程度で購入することができます!

小型ソーラーチャージャーのポイント
  • 20~60Wの電力での充電ができる。主にスマホ充電用。
  • 小さく折り畳めて、持ち運びには便利、リュックにも掛けられる
  • 価格は5,000~10,000円程度が相場。

小型パネルを選ぶならソーラーパネル一体型モバイルバッテリーがおすすめ

出典:amazon.co.jp

AnkerPowerCoreSolar10000 リュック2

ただしこの使い方ならソーラーパネル一体型のモバイルバッテリーもおすすめです。小型のモバイルバッテリーソーラーチャージャーと同じような使い方ができて、モバイルバッテリーを太陽光で充電できるので、ソーラーパネルもかさばらなくて使いやすいです。

リュックに掛けて使う場合にもとてもコンパクトなので邪魔になりません。価格も3000~4000円程度で購入できるので、ソーラーパネルよりも安いというメリットも。小型のソーラーパネルの購入を検討しているなら、こちらのモバイルバッテリーも検討してみてください。最近キャンプやアウトドアで使用する人が増えています。

関連記事:【大容量】ソーラー充電式モバイルバッテリーおすすめ16選!選び方や使い方を徹底解説

ポータブル電源を充電するなら60~100Wの大型タイプが必要

出典:amazon.co.jp

Jackery SolarSaga 100

ポータブル電源を充電する本格的なソーラーチャージャーは、60~100W程度の電力が必要です。複数枚同時に高速充電できる機種もあるので、車中泊やキャンプのほか、家庭用のサブ電源としてポータブル電源を使いたい人にもおすすめ。

本格的なパネルはサイズが大きく、多少重くなりますが、強力なソーラーチャージが可能です。Picky’s編集部での実際の使用感はJackery製のソーラーチャージャーが一番良く、充電速度が自宅のコンセントと変わらないことに本当に驚きました。

価格はソーラーパネル1枚あたり2万円~3万円と多少高いものの、ポータブル電源の充電場所を探す手間がなくなり、太陽光のみで充電し続けられるため電気代を抑えられます。エコで経済的なので、最初にしっかりしたソーラーチャージャーを購入すれば、結果的に安く済ませることができるのでおすすめです!

関連記事:【最強はどれ?】ポータブル電源おすすめランキング40選を比較!災害用や大容量も

ソーラー充電器の選び方

充電効率で選ぶなら大型タイプが良い

ソーラーパネル

出典:Amazon.co.jp

まず、ソーラーチャージャーの性能、つまり充電効率で選ぶなら、間違いなく大型です。大型タイプは、パワーが80~120Wほどの、発電量が多いソーラーチャージャーです。

短い時間でたっぷり発電・充電できてしまいます。特に、ポータブル電源を充電したい人は、大型がおすすめです。

車中泊をするなら、携帯電話の充電だけでなく、電子レンジやIHクッキングヒーターなどを使うこともあると思います。生活家電を使うなら、効率的に回せるタイプがおすすめです。

ひとことメモ

大型タイプは、80~120Wのもので発電量も多い。ポータブル電源を利用する人は、大型がおすすめ。

関連記事:据え置き型に引けを取らない!高出力ソーラーパネルJackery Solar Saga100

充電パワーより持ち運びやすさを重視なら小型タイプ

ソーラーパネル

出典:Amazon.co.jp

一方、発電力は劣るものの、持ち運びやすさを重視するなら、小型タイプがおすすめ。小型タイプとは、消費電力が20~60Wのソーラーチャージャーのことです。

活躍するのは、キャンプ・登山・釣りなどのアウトドアです。大型タイプは、抱えることはできますが、リュックに吊るしたり、バッグの中に入れたりするには不向き。この点、小型タイプなら、リュックの隙間にもラクラク収納できてしまいます。

しかも小型の良いところは、カラビナなどを付けて、リュックの背に本体を預けられるところ。トレッキングしながら発電できるなんて一石二鳥ですよね。それほど、小型は軽くて持ち運びしやすいのです。

ひとことメモ

キャンプ・登山・釣りなどのアウトドアには、小型タイプがおすすめ。小型タイプは値段も安く、コンパクトで軽量です。

変換効率・充電効率がいい最新モデルがおすすめ

ソーラーパネル

出典:Amazon.co.jp

ソーラーチャージャーを選ぶときは、できるだけ新しいモデルを買うようにしましょう。ソーラーパネルはどれも同じでは?と思いたいですが、実はそうでもありません。

ソーラーパネルの進化は著しく、最近は効率よく充電できる変換効率の高いパネルが生産されるようになりました。旧型は重くてパワーもない傾向にあり、正直、使い勝手がよくありません。

いざという時のためにも、変換効率が20%以上の最新モデルがおすすめです。緊急時の為に1日どのくらい電力が必要か、あらかじめ確認しておくとソーラーチャージャーが選びやすくなります。

ひとことメモ

旧型はソーラーパネルの質が良くありません。最新モデルを買っていきましょう!

使える端子の種類や数もチェック

出典:amazon.co.jp

ソーラーチャージャーに搭載されている端子の種類や複数接続したい方は数もチェックしておきましょう。本体にUSBポートを搭載したモデルであれば、直接スマホなどを充電できます

USBポートの数や出力も確認が必要です。ポートが複数あれば、接続できるデバイスを複数同時に充電できます。また、出力が2.1A以上のUSBポートであれば、より短時間で充電を完了できるでしょう。

防水防塵性能があればいざというときに安心!

出典:amazon.co.jp

防水防塵性能のあるソーラーチャージャーであれば、砂が舞うような風の強い日や、水の近くでの使用も問題ありません。製品を選ぶ際は防水防塵性能を示すIP規格をチェックしましょう。

「IP65」などの表示で表され、防塵性能が6等級、防水性能が5等級であることを示しています。防塵性能は粉塵から保護できる性能の5以上、防水性能は最低でも水の飛沫が問題にならない4以上がおすすめです。

ソーラーチャージャーの安全対策にも注目

出典:amazon.co.jp

充電時に大きな負荷が掛かったり大きな電流が流れたりすると、機器の故障だけでなく、発火や爆発などの事故につながる危険があります。そのため、ソーラーチャージャーを選ぶ際は、安全対策が施されている製品を選ぶのがおすすめ。安全機能搭載製品なら、安心してスマホなどを充電できるでしょう。

【ポータブル電源に充電できる】ソーラー充電器 おすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格本体サイズ本体重量ワット数端子出力防水性
GRECELL ソーラーパネル 200W楽天市場¥33,675 AmazonYahoo!63×56×4.5(cm)5.1kg200wMC4(4種類のコネクタ付き)--
ソーラーパネル 120W楽天市場¥19,800 AmazonYahoo!52×37×5(cm)5kg120wDC(10本のコネクタ付き)USBIP65
EcoFlow ソーラーパネル¥33,000 楽天市場AmazonYahoo!42×178.5×2cm4Kg110W--IP67
BALDR ソーラーパネル 120W楽天市場¥27,800 AmazonYahoo!50×5×45(cm)4kg120wDC (4種類の変換ケーブル付き)USB type A USB type CIP65
LACITA 81W ソーラー充電器¥25,800 楽天市場AmazonYahoo!35×22.5×7.5(cm)3.3kg81wDCUSB-
Jackery(ジャクリ) SolarSaga 100¥44,863 楽天市場AmazonYahoo!1220×535×20mm4kg100 WDC/USBUSB出力端子最大3A〇IP65対応
SmartTap ソーラーパネル充電器 Power ArQ Solar¥33,000 楽天市場AmazonYahoo!53 x 1.5 x 51.9 cm5kg120WUSB Type-A、USB Type-C、DC6.66A-
EENOUR ソーラーパネル 120W ソーラーチャージャー 折りたたみ式 高転換率 QC3.0/PD45W/USB/DC出力楽天市場¥29,980 AmazonYahoo!-5kg120W アンダーソンケーブル・DC5521(外径5.5/内径2.1mm)からのDC変換プラグ10種付き --
AUKEY オーキー PowerHelio Y60¥16,000 楽天市場AmazonYahoo!41.5×36×3.5(cm)2.4kg60wDC(10本のコネクタ付き)USB-
TogoPower ソーラーパネル TSP-120F楽天市場¥27,800 AmazonYahoo!展開サイズ:1660*520*25mm4.65Kg120W アンダーソンケーブル・DC・MC4DC出力電圧:18V/6.6A Max〇IP65対応
ENERGY GAP ソーラーパネル 100w¥34,800 楽天市場AmazonYahoo!69×58×4(cm)5.0kg100wDCUSBIP65
Life 折り畳み式ソーラーパネル 100W¥33,800 楽天市場AmazonYahoo!53cm×36cm×5.5cm4.6kg100WDC/USB--
ソーラーパネル 18V100W 折りたたみ MC-4出力¥22,000 楽天市場AmazonYahoo!51×65×3cm3.6kg100WDC(4種の変換プラグ付属)5.4AIP65
LVYUAN 折り畳み式ソーラーパネル 120W楽天市場¥19,998 AmazonYahoo!52 x 166 x 1.3 cm4.7kg120WUSB Type-A、USB Type-C、DC、バッテリークリップ6.6AIPX5
JVC ケンウッド ポータブルソーラーパネル BH-SP100-C¥34,800 楽天市場AmazonYahoo!61.5×54×4(cm)4.2kg100wDCUSB type A USB type C-

【ポータブル電源に充電できる】ソーラー充電器 おすすめ人気ランキング15選

【小型】ソーラー充電器 おすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格本体サイズ本体重量ワット数端子出力防水性
ルピナス ソーラーチャージャー¥13,068 楽天市場AmazonYahoo!18×30.5(cm)700g21wUSBUSB-
ALLPOWERS ソーラーパネル楽天市場¥22,999 AmazonYahoo!32×19×8(cm)2.15kg100wDCUSBIP67
BigBlue(ビッグブルー) 28W ソーラーチャージャーB401E楽天市場¥6,072 AmazonYahoo!28.5 x 16 x 3.4 cm 0.75 キログラム 28WUSBポート毎に5V / 2.4Aまで出力可能 〇IPX4
Anker(アンカー) PowerSolar 3-Port楽天市場¥8,300 AmazonYahoo!(展開時)約705 × 340 × 3.5mm 1,221g 21W 3つのUSB-Aポート USB出力:5V=4.2A (各ポート最大2.4A)
PowerFilm(パワーフィルム)USB + AA SOLAR CHARGER楽天市場¥21,994 AmazonYahoo!展開サイズ(mm):620 X 140 140グラム 1.5W USB0.4A-
オーム電機 24W BT-JS24¥10,913 楽天市場AmazonYahoo!19.2×32.5×3(cm)0.7kg24w-USB-

【小型】ソーラー充電器 おすすめ人気ランキング6選

おすすめのポータブル電源・ソーラーパネルセット

ソーラー充電器のおすすめメーカー(アンカー・ジャクリなど)

Anker(アンカー)

Anker(アンカー)は、2011年にGoogleのエンジニアによって設立された大手中国のメーカーです。モバイルバッテリーやスマホアクセサリー、ポータブル電源の製造・販売を手掛けています。Anker(アンカー)のバッテリーは安価で高品質なので、日本での人気も高く、ランキング上位にもよく入っています。

Anker(アンカー)のソーラーチャージャーは、モバイルバッテリー一体型や、小型の折りたたみ式が主力です。値段も1万円までで買えるので、大手メーカーでエントリーしたい人にぴったりです。

関連:Anker PowerPort solar 60を実写レビュー。気になる大きさや機能を詳しく解説!!

Jackery(ジャクリ)

Jackery(ジャクリ)は、2012年にAppleのエンジニアによって立ち上げられたアウトドア用品メーカーです。2019年には、ポータブル電源などを販売する国内メーカーJVCケンウッドと提携し、質の良い製品づくりを目指しています。

ソーラーチャージャーの分野では、高変換率の大型ソーラーパネルを展開。価格も3万円ほどと高額ですが、Amazonでのランキングや星評価は高く、「発電量に満足」「キャンプに最適」といった好意的なレビューが多いですよ。非常時に備えて家庭用として購入する方もいらっしゃいます。

EcoFlow(エコフロー)

EcoFlow(エコフロー)はソーラーパネルのほか、ポータブル電源や家庭用蓄電池、スマートデバイスなども手掛ける中国のメーカーです。性能がいい製品も多く、ポータブル電源などの充電速度が速いことも人気の要因となっています。効率が良いい製品を探している方や、充電速度にこだわりたい方におすすめ。

ENNOUR(イーノウ)

ENNOUR(イーノウ)は、ポータブル電源の日本市場で知識・経験を培ったメンバーが集まり、2020年に創立したアウトドア電力関連のブランド。ポータブル電源や・蓄電池・ソーラーパネル等、電源周りの商品を販売しています。

ソーラーパネルは、60Wの小型モデルから、400W出力の大型モデルまで取り扱っています。同じクラスのソーラーパネルと比較して軽いのが魅力で、持ち運びやすいモデルを探している人にもおすすめです。

他にも、Amazonなどでは、BigBlue・エアージェイ・AUKEY・ZEEPIN・Ken-ruipu・ELECOM(エレコム)・ミワクラなど海外メーカー・日本メーカーのものも販売されています。

実際にソーラー充電器でポータブル電源を充電してみた

ソーラーチャージャーを購入するときに気になるのはやはり「実際に充電できるの?」ということだと思います。一昔前には充電効率が悪く「充電できない!」「使えない!」といった悪評がかなりありました。

編集部

そこで、最新モデルを実際に使って、検証してみることにしました!検証方法は以下の通りです。

ソーラーチャージャーの検証方法

  • ANKER、RAVPOWERなどの人気パネルを使用
  • ポータブル電源(Jackery 1000)を充電して、出力や時間を計測
  • モバイルバッテリー(10,000mAh)を充電して、出力や時間を計測

計測に利用するソーラーチャージャーは、人気機種である以下の3つで行いました!

  1. Jackery(ジャクリ) SolarSaga 100
  2. Anker(アンカー) PowerSolar 3-Port
  3. RAVPower(ラブパワー) ソーラーチャージャー RP-PC005

これらはポータブル電源やモバイルバッテリーでも人気のメーカーで品質もかなり良いです。それぞれのメーカーの最新モデルを使用して”実際のパワー”を試してみました!

Jackery solor 100で実際に充電してみた

まずは、パワーが100Wの大型モデル、Jackery(ジャクリ)solor 100!

ポータブル電源・Jackery1000の充電時間

編集部

お天気は晴れでした。早速充電していきましょう!」

ポータブル電源Jackery(ジャクリ)1000は、バッテリー容量が1,000Wh。ということは、100Wで入力すると、1,000Wh÷100W=10時間で充電できる計算。

編集部

お天気を見ながらなので、2日で満充電されればいいかな。つまり、一日(8時間)で半分は充電してほしいところですね。

編集部

8時間経過しました!検証の結果、本当にポータブル電源が半分ほど充電できました!出力は70Wぐらいでした。すごい!

モバイルバッテリーの充電時間

次は10,000mAhのモバイルバッテリーを見てみましょう。このバッテリーは定格電圧が5Vなので、バッテリー容量は10,000mAh÷1000×5V=50Whです。入力は5V 2Aなので、10Wで充電できます。計算上は、50Wh÷10W=5時間で充電できます!

編集部

5時間後のモバイルバッテリーです。出力は10Wでした!インジケーターが満充電されていることがわかります!きちんと充電されました!
検証結果
  • Jackery1000:70W 8時間で半分充電できた
  • モバイルバッテリー:10W 5時間で満充電できた

Anker(アンカー)のソーラーチャージャーで実際に検証してみた

次は、Anker(アンカー)の小型人気モデルPowerSolar 3-Port。先の検証方法で充電時間を検証します。

編集部

検証結果です。Jackery 1000はあまり充電できませんでしたが、モバイルバッテリーは充電できました!
検証結果
  • ポータブル電源・Jackery1000:14W 8時間で1/8ほど充電できた
  • モバイルバッテリー:10W 5時間で満充電できた

関連記事:【実物検証】Anker PowerSolar Flex 3-Port24Wの性能や特徴を本音レビュー!
関連記事:【徹底解説】Anker Power Solar 3-Port 24Wの性能や使用感を実際に検証し、評価してみた!

RAVPower RP-PC005で実際に検証してみた

最後は、RAVPower(ラブパワー)の小型ソーラー充電器RP-PC005。「しっかり充電してくれる」とのレビュー・口コミもありましたが、実際はどうでしょうか。

編集部

検証結果です。Jackery 1000はあまり充電できませんでしたが、モバイルバッテリーは充電できました!
検証結果
  • ポータブル電源・Jackery1000:16W 8時間で1/7ほど充電できた
  • モバイルバッテリー:10W 5時間で満充電できた

検証後の感想

ソーラーチャージャーは思った以上に有能でした。ただ、ポータブル電源や蓄電池を充電するなら、出力の高い大型のソーラーチャージャーが必要です。バッテリーのサイズに合わせて、小型と大型を使い分けると、上手くいきそうです。ぜひ今回の検証を参考にしてください!

格安タイプのソーラー充電器を選ぶときの注意点

ソーラーチャージャーは便利なものですが、格安だと粗悪品もあるため注意。格安タイプを選ぶときは、どんなことに注意して選べばよいのでしょうか。

出力電圧が弱いと、ポータブル電源を満充電できない

まず、出力電圧を調べましょう。パッケージのボルト(V)数を見てください。安いモデルだと、DC電源の電圧が、14Vや12Vなど低い値です。

スマホを充電する・モバイルバッテリーを充電するといった使い方なら問題ありませんが、ポータブル電源にしっかり蓄電したい人は、DC出力が弱いと、満充電できないことがあるようです。

ポータブル電源をよく利用する人は、できれば定格電圧が18Wを超えるものを選ぶようにしてみてください。

端子の種類が少ないと、便利に使えない

次に注目できるのは、出力端子です。端子の種類や方式が適切でないと、せっかく発電しても、電気をロスしたり、挿し込み口が合わなくて生活家電に繋ぐことができなかったりします。

ソーラーチャージャーによっては、出力がUSBだけなど、利用に不便さを感じることも。たとえば、ノートパソコンを充電したいなら、タイプCに対応していると便利ですし、電力の損失を少なくしたいなら、ソーラーパネルの標準規格であるMC4ケーブルに対応していると快適です。

ソーラーチャージャーによっては、複数の端子がセット売りされていることもあります。ぜひ端子の種類もチェックしてみましょう。

安すぎると壊れやすいことも

ソーラーチャージャーを買ったのに、数日で壊れてしまったというレビューを見ることがあります。安すぎる商品は、耐久性に難があるようです。

ソーラーチャージャーは、ソーラーパネルの品質にばかり目が行きますが、実は配線も重要なポイント。粗悪品は、溶接などがぞんざいで、すぐに断線して使えなくなってしまいます。

こうしたトラブルを避けるためにも、ある程度価格のするものがおすすめです。

ソーラー充電器の充電方法

基本操作

ソーラーチャージャーで充電する方法を簡単に説明します。

  1. ソーラーチャージャーを固定します
  2. バッテリーとソーラーチャージャーを接続します
  3. 充電が開始されると、ソーラーチャージャーの発電ランプや、充電側のインジケーターが光ります
  4. 2~3時間ごとに、角度や場所を移動させます
  5. バッテリーに充電されたら、家電に接続して使います

ソーラーチャージャーの取り付けは、付属のカラビナや、本体のストッパーを使って、庭・ベランダ・椅子・リュックなど、太陽光が当たりやすい場所に設置します。傾斜をつけると光が受容受け止めやすいので、おすすめです。

室内では、太陽光が当たる日当たりの良い窓越しなどに設置するといいですよ。窓越しはガラスの影響で充電効率が半減するので、窓を開けるなど工夫して充電しましょう。

注意

モバイルバッテリーなどを介さず、直接スマホを充電することもできますが、太陽熱で本体が高温になって故障するケースもあるようです。スマホは必ず、モバイルバッテリーの内ポケットに隠したり、日陰に置いたりして、熱対策をしておきましょう。

より高速充電するなら2枚のパネルで発電する

ソーラーチャージャーは強力ですが、高速充電したいシチュエーションもありますよね。充電が時短できれば、家電のバッテリーがピンチでも切り抜けやすいもの。どうすればスピード充電できるでしょうか。

一つの方法として、2台のソーラーチャージャーを併用させることができます。本体を並列させるため、「並列接続用ケーブル」があるととても便利ですよ。並列接続用ケーブルは、先端がY字になっていて、二つのケーブルを同時入力できる優れものです。

たとえば、60Wのソーラーチャージャを2台同時接続すると、出力は60W×2台=120W。計算上、充電時間を半分にできてしまいます。

ひとことメモ

同時接続するときは、入力側の最大電圧も確認しておきましょう。たとえば、最大が100Wであれば、120Wを発電しても、入力は100Wしか行えません。

ソーラーチャージャーにコントローラーは必要か?

大型の太陽光パネルを設置するとき、パネルと一緒にコントローラーを配線します。コントローラーは、バッテリーの過充電や過放電を防ぎ、バッテリーを長持ちさせてくれる働きがあります。DIYでソーラーチャージャーを自作する人は、こうしたアイテムがあると便利です。

では、市販のソーラーチャージャーにも、コントローラーは必要なのでしょうか。バッテリーによります。多くのモバイルバッテリーやポータブル電源では、過充電防止機能があるため、必要ありません。安全機能のないバッテリーでは、使う人もいるようですが、コントローラー「自体」が電気を消費するので、蓄電が遅くなります。

状況にもよりますが、基本的に、折りたたみ式ソーラーチャージャーには、コントローラーを付けなくてよいと考えてることができるでしょう。

ソーラー充電器とソーラーパネル型モバイルバッテリーの違い

ソーラーチャージャーとよく似た製品に、ソーラーパネル型モバイルバッテリー(ソーラー充電式モバイルバッテリー)があります。ソーラーモバイルバッテリーは、モバイルバッテリーにソーラーパネルが付いているものです。(モバイルバッテリー式も、ソーラーチャージャーと呼ばれることがあり、厳密な使い分けはされていないようです。)

ソーラーモバイルバッテリーと、この記事で扱っている折りたたみ式ソーラーチャージャーは何が違うのでしょうか。以下に違いをまとめました。

折りたたみ式ソーラーチャージャー
  • 蓄電能力がない
  • コンパクトだが、モバイルバッテリーほどではない
  • 発電機としての能力が高い
  • 長期のキャンプや登山などで使える
  • 付加機能がない
ソーラーパネル型モバイルバッテリー
  • 蓄電能力がある
  • 軽くてコンパクト、手軽に使える
  • 発電機としての能力は低い
  • 日帰りのキャンプや登山などで使える
  • ライト・方位磁石・ライター・ラジオ・手回しなどの付加機能が使えることも

つまり、モバイルバッテリー方式のものは、蓄電はできますが、発電能力に限度があり、容量の大きなバッテリーをスピード充電するには不向きです。その分、LEDライトなどのオプションが付くので、短期間の旅行やアウトドア、停電時や災害時のミニ電源として使えます。

一方、折りたたみ式ソーラーチャージャーは、蓄電こそできませんが、発電性能が高く、長期間の旅行やアウトドアにも向いています。たとえば、縦走キャンプをするといったシチュエーションでも用いることができます。

ひとことメモ

FELLE・Ruipu・サンワサプライ・CXLiy・kedron・elzle・ファンクスストア・RM(アールエム)といったメーカーが、ソーラーモバイルバッテリーを販売しています。気になる人はぜひチェックしてみましょう。

ソーラー充電器におすすめの関連アイテム

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーは、スマホなどを充電するのに便利な、持ち運び可能なバッテリーのことです。ソーラーチャージャーと相性が良く、発電した電気を、一度モバイルバッテリーに貯めてから、スマホに移すようにする人も多いですよ。

一度モバイルバッテリーを満充電させると、iPhoneやAndroidスマホを何度も充電できるほどのパワーがあります。小さなサイズの割に蓄電容量が多いのがモバイルバッテリーです。

関連記事:【完全版】超大容量モバイルバッテリー 20000~50000mAh 選び方とおすすめ10選

ポータブル電源

ポータブル電源は、キャンプ・車中泊などに使える、持ち運び可能な大型バッテリーのことです。イメージ的には、モバイルバッテリーをさらに大きく便利にしたものということができます。Anker(アンカー)のPowerHouse・Jackery(ジャクリ)1000など、大手メーカーからも様々なタイプのポータブル電源が販売されています。

モバイルバッテリーはUSBに対応していますが、コンセントには対応していませんよね。一方、ポータブル電源は、電源タップにあるような2穴・3穴の挿し込み口に対応しているので、扇風機などの生活家電を動かすこともできます。

関連記事:【最強はどれ?】ポータブル電源おすすめランキング40選を比較!災害用や大容量も

ソーラー充電器の人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているソーラーチャージャーの人気ランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

ソーラー充電器(ソーラーチャージャー・ソーラーパネル) よくある質問

ソーラーチャージャー(ソーラーパネル)はどこで買うのがおすすめですか?

ネット通販では、Amazon・楽天・Yahooショッピング・価格.com、量販店では、ヨドバシカメラ・ビックカメラ・ヤマダ電機・エディオンなどがおすすめです。ネット通販は値段を比較できること、家電量販店はソーラーパネルのサイズを確認しながら購入できるのが良いところです。

車やバイクのバッテリーを充電できるソーラーチャージャーはありますか?

はい、あります。自動車のバッテリーを充電するためには、バッテリーに直接接続するケーブルや、ヒューズボックスに挿し込む配線キットなどを使って給電します。Amazonなどで「カーソーラーチャージャー」と検索してみてください。ダッシュボードなどに置いて充電できる、コンパクトタイプ(Sun ForceのSE-160・メルテック(大自工業)のSA-20・NOCO(ノコ)のBLSOLAR2など)が販売されています。

ソーラーチャージャーの寿命はどれくらいですか?

ソーラーチャージャーの寿命として、一般的に言われている耐用年数はないようです。多くのメーカーは1~2年の保証期間を付けています。一方、ソーラーパネル自体の寿命は長く、20~30年と言われることもあります。ですが、ソーラーチャージャーは配線が断線すると使えなくなります。衝撃などに注意し、寿命を伸ばしていきたいですね。

防災用にソーラーチャージャー(ソーラーパネル)はあると便利ですか?必要ですか?

災害で電気が使えなくなると、1~2日最悪の場合10日以上も続くことも。災害時の電気が使えない場合でもソーラーチャージャー(ソーラーパネル)は太陽光のみで発電できるので、ポータブル電源と一緒に備えておくと安心です。ただしライフラインとしては確実性を欠くのはデメリットなので、ソーラーチャージャー(ソーラーパネル)以外にも手回し発電機などがあるといいでしょう。

避難生活においても、太陽光だけで家族分の電源をいつでも充電しておける装置があるのはとても安心です!

ソーラー充電器(ソーラーチャージャー・ソーラーパネル) まとめ

太陽光によりスマホやポータブル電源の充電ができるソーラーチャージャー(ソーラー発電機)は、アウトドアにぴったりな発電アイテムです。また、防災用品としても、一家に一台あると便利。

以前は「使えない」というレビューも見受けられましたが、ソーラーパネルの進化は急速です。今では超便利系アイテムとして、YouTubeなどでも取り上げられるようになりました。

何を買っていいか分からないと言う人は、大手Anker(アンカー)の折り畳み式ソーラーチャージャーの購入を検討してみるのはどうでしょうか。動画やブログによるレビューも沢山されているので、そうした評価も参考にできるかもしれませんね。

ぜひ、便利でエコなソーラーチャージャーを使って、アウトドアを楽しんでいきましょう!

関連記事:大人数からソロキャン用まで!バーベキューコンロおすすめ20選!持ち運びに便利な折り畳みモデルも

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー