【実機レビュー】ヤマハ家庭用 除雪機YT660は本当に買い?良い悪い口コミ・評判まとめ

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

YT660アイキャッチ

除雪機のトップメーカーヤマハが誇る家庭用除雪機YT660。軽量ながらパワフルで多機能と、まさに万能の除雪機におけるスーパーカーです。

とは言え、実際にヤマハ除雪機YT660を試せる機会はそうそうありませんよね。そこで今回は、Picky’s編集部が実際にYT660を使用し、あらゆる状況で雪かきを行って検証しました。YT660の得意・不得意な雪やおすすめできる人、できない人を徹底的に解説します!

最初に結論から言うと、YT660は「よほどの豪雪地帯じゃない限りYT660を買っておけば問題ない」と言えるほどの万能モデルでした。ブレードをつけた感想や、口コミ・評判もまとめました。詳しく知りたい方はぜひ記事をチェックして下さい。

ヤマハ家庭用 除雪機YT660レビュー結果

ヤマハ家庭用小型除雪機YT660レビュー結果 ヤマハ家庭用小型除雪機YT660レビュー結果 ヤマハ家庭用小型除雪機YT660レビュー結果 ヤマハ家庭用小型除雪機YT660レビュー結果

ヤマハ家庭用除雪機YT660を、Picky’s編集部が実際に使って検証した際の感想と評価をまとめました。評価とコメントについてはPicky’s編集部の主観です。

ヤマハ家庭用 除雪機YT660レビュー総評

項目 スタッフ評価 コメント
サイズ感・取り回し 軽く、年齢や性別問わず誰でも取り回ししやすい。
デザイン 綺麗な青でかっこいい。
操作のしやすさ 旋回機能がなく、ややターンが大変。
そのほかの操作性は良かった
除雪性能 除雪性能は問題ないが、ベタ雪だとシューターによく雪が詰まる
騒音レベル 一般的なエンジン式除雪機と同程度。
コスパ 性能は確かに高いが、その分価格も同クラスの除雪機では最高級
総評 全体的に性能はまとまっていて、大きな不満はない。
ただ、旋回しにくさや雪詰まりなど価格を考えると気になる点もある

◎…大満足 〇…満足 △…イマイチ ×…不満

高評価だったポイント:高性能・多機能でなんでもこなせる万能モデル!

高評価だったポイント:高性能・多機能でなんでもこなせる万能モデル!

  • 軽量でパワフルとほぼ完ぺきな除雪性能!
  • オプションのブレードを装着すれば1台2役でさらに幅広い雪に対応
  • ほとんどの降雪地域に対応できる優れた万能モデル

YT660は、除雪機のトップメーカーヤマハ製だけあり、全体的に大きな欠点の無いバランスの良い性能を持っています。同クラスの除雪機と比較すると数値上の馬力は小さめですが、検証中も馬力の小ささを感じさせないパワフルな除雪性能を発揮しました。

さらにオプションのブレードを装着すれば、雪質や量に合わせてブレード除雪とロータリー(オーガ)除雪を切り替えられるため幅広い場所や地域、雪に対応可能です。

編集部

特筆すべき機能や特長はないものの、「どんな状況でも安定して除雪ができる」という、除雪機に求められる当たり前のことを当たり前にできる優秀な除雪機だと感じました

微妙だったポイント:旋回機能がない点と雪詰まりが難点…

微妙だったポイント:旋回機能がない点と雪詰まりが難点…

  • 旋回機能がないため、ターンや左右への移動はやや大変
  • 雪が重いとシューターによく雪が詰まる
  • 家庭用としてはかなり高額

大きな欠点の無いYT660ですが、強いて言えば旋回性能の弱さが欠点です。他のモデルではイージーターンやフリーターンなどの旋回機能がありますが、YT660には搭載されていません。そのため方向転換やターンは若干大変です。

また、検証中に重いベタ雪を除雪した際はシューターによく雪が詰まりました。すぐに解消できるものの、何回も起こると面倒です。

編集部

YT660の性能にはほとんど不満はありませんが、高性能な分、40万以上と高額で家庭に導入しにくい点も気になります。同クラスの除雪機の中では非常に高額で、中古でも他社メーカーの新車くらいの価格で取引されています

ヤマハ家庭用 除雪機YT660を買うべき人

YT660を買うべき人

  • 安定してオールラウンドに使える除雪機を探している方
  • ブレードとロータリー除雪を使い分けたい方
  • 雪の量がやや多めの地域の方で、あらゆる除雪状況を想定しておきたい方

除雪機選びで失敗したくない方は、幅広く安定した除雪性能を持ったYT660を買えば間違いありません。

YT660は家庭用除雪機の中では優等生な位置づけのモデルで、ほとんどの雪質や積雪量に対応できます。毎年まとまった雪が降る地域でも大活躍してくれるはずです。またYT660はブレードを装着すれば、押し出し除雪も可能になるため、より幅広い雪質と積雪量に対応可能です。

編集部

YT660が苦手とする除雪はほぼありません。YT660で除雪できない場合、そもそもYT660クラスの除雪機では性能が足りません。さらに高性能なYT1070やYT1390を検討しましょう

ヤマハ家庭用 除雪機YT660をおすすめしない人

YT660をおすすめしない人

  • 価格の安さやコスパを意識する方
  • そこまで雪の量が多くない地域の方
  • 逆に積雪量が非常に多い豪雪地帯の方

YT660がおすすめできない方はほとんどいませんが、強いて言えば「コスパ」を意識している方には向きません。ヤマハは除雪機メーカーの中ではいわゆる最高級品で、YT660も同クラスの除雪機の中と比較すると40万以上と高額です。例えば、同性能の除雪機が他のメーカーであれば半額以下で購入できます。

またYT660はあまり雪が降らない地域にも不向きです。雪の少ない地域であれば、YT660よりももっと安価で性能の低い簡易的な除雪機でも十分でしょう。

編集部

逆に新潟県や北海道札幌市のような、極端に雪が降る豪雪地帯にも不向きです。YT660 は幅広い雪に対応しますが、豪雪地帯の雪を除雪できるほどのスペックはありません

ヤマハ家庭用 除雪機YT660のスペック

YT660のスペック

YT660の公式スペックです。

サイズ 1,414×621×1,058mm
重量 112kg(ブレード装着時123kg)
除雪幅 615mm
除雪高 440mm
動力 空冷4ストロークOHV
燃料 無鉛レギュラーガソリン
馬力 4.8PS
燃料タンク容量 4.5L
始動方式 セルスタータ&リコイルスターター式

軽量でパワフル!機能充実のバランスの良い除雪機

軽量小型でパワフル!機能充実のバランスの良い除雪機

YT660は、このクラスの除雪機に求められる性能を満たし、必要な機能を詰め込んだ欠点の無い除雪機です。軽量なボディですが、除雪幅61.5cm・除雪高44cmまで対応し、除雪性能もパワフルそのもの。

さらに機能面では夜間の除雪も安心なLEDライト、安定したエンジン始動が可能なセルスターター完備で、シューターも電動式と機能満載です。

オプションのブレードを取り付ければブレード&ロータリー除雪が可能!

オプションのブレードを取り付ければブレード&ロータリー除雪が可能!

YT660は、オプションのブレードを後付けで装着でき、1台2役のロータリー式&ブレード式除雪機として使用できます。雪の質や量に合わせて使い分けたり、雪が多いときはまずブレードで除雪してそのあとオーガで除雪するといった柔軟な運用が可能です。

なお、ブレードは別売りオプションですが、YT660にブレードを標準装備した「YT660B」も販売店で取り扱っています。

砂利や木片による破損を防ぐヤマハ独自のシャーボルトガード

砂利や木片による破損を防ぐヤマハ独自のシャーボルトガード

YT660のオーガ部分には、石や木片などの異物を噛みこんだときに衝撃を逃がす「ゴムダンパー式シャーボルトガード」が搭載されています。

通常、石などの異物をオーガに巻き込んでしまうと、衝撃でエンジンと刃を繋いでいるシャーボルトという部品が折れる場合があります。もしシャーボルトが折れてしまうと、除雪不能になり修理が必要です。さらに交換に必要なパーツの手配や修理・交換作業依頼で時間も必要になります。

シャーボルトガード搭載のYT660は、異物を巻き込んでもシャーボルトの破損を防いでくれます。

編集部

ただし、折れにくくなるものの、決して折れないわけではないため過信しすぎないように!

【実機で検証】ヤマハ家庭用 除雪機YT660を徹底レビュー

【実機で検証】YT660を徹底レビュー

今回、YT660を雪がある場所で実際に使用して検証しました!「手軽に使えるの?」「パワーはどれくらい?」など、購入前に気になる部分を徹底解説していきます。

軽量だから年齢・性別・場所問わず使いやすい

サイズ・重さ

YT660のサイズは1,414×621×1,058mmで、同性能の除雪機と比較しても平均的な大きさです。一方で重量は112kgで、ブレードを装着しても123kgとかなり軽量で、女性や年配の方でも比較的取り回ししやすいと感じました。

デザインはシンプル!カラーは美しい青でかっこいい!

デザインはシンプル!カラーは美しい青でかっこいい!

デザインに関しては、雪の中でも目立つ美しいブルーでかっこいいです。なんとなく塗装や質感にも高級感があるような気がします。いずれにしても、年齢や性別問わず使えるデザインとカラーリングです。

雪質はやや凍ったシャリシャリ雪

雪質はやや凍ったシャリシャリ雪

検証時の雪質です。

  • 時期:3月
  • 場所:長野県小布施町
  • 気温:ー2度
  • やや凍ったシャリシャリ雪質
  • 積雪:5~15cm

雪の量はそこまで多くありませんが、若干水分を含んでいて手で除雪すると面倒そうな雪でした。

重い雪や少量の雪はブレードで楽々除雪!

重い雪や少量の雪はブレードで楽々除雪!

YT660は、ブレードを装着した状態でもブレードを上げ下げするだけで簡単にブレードとロータリー除雪の切り替えが可能です。

少量の雪やYT660のシューターがやや苦手とするベタ雪の除雪、そのほか雪を飛ばしたくないときはブレードが便利です。せっかくブレードとロータリー両方使えるYT660を買ったのであれば、ブレードも用意したほうがいいでしょう。

検証開始!40cmまでの雪なら完璧に除雪できる!

検証開始

YT660を実際に使用してみました!まずエンジンですが、非常にかかりやすいです。ほかの除雪機ではたまにエンジンがかからないときもありましたが、YT660では1度もありませんでした。

始動後の騒音レベルは、同クラスの除雪機としては平均的だと思います。

操作性に関しては若干パネル周りがごちゃっとしていてわかりにくいため、除雪前に広い場所で少し練習するのがおすすめです。慣れれば操作はしやすいと思います。

検証開始!40cmくらいまでの雪なら完璧に除雪できた!

実際に除雪してみましたが、スペック上5馬力弱しかないにもかかわらず、10馬力クラスの除雪機と同等程度の力強さを感じました。除雪していて不安や頼りなさは一切ありません。

シューターの投雪距離も5m以上飛び、家庭用除雪機としては十分だと思います。

検証開始

20cm程度の雪であれば、雪質に左右されずに1往復の除雪でほぼ完璧に綺麗になります。

検証開始

30cmを超えると、雪質によっては1往復で綺麗にならないケースも出てきました。サラサラ雪で1往復、水分多めの重い雪の場合2~3往復必要です。ただ、どんな雪質であれ40cmまでなら大きな問題なく除雪できます。

検証開始!40cmくらいまでの雪なら完璧に除雪できた!

一応検証として、YT660の除雪高性能44cmを超える50cm以上の雪にも挑戦してみましたが、数回往復すれば問題もなく除雪できました。コンディションの悪い凍った雪でも問題ありません。スペック以上の除雪性能は間違いなくありそうです。

注意
ただし、今回はあくまでも性能の実証検証で50cm以上の雪を除雪しましたが、基本的にYT660の除雪高44cmを超える雪には使用しないでください。故障や事故の原因になります。

たまにタイヤのスタックとシューターの雪詰まりが起こる点はマイナス

たまにタイヤのスタックと雪詰まりが起こる点はマイナス

検証中気になった点としては、「クローラー(タイヤ/キャタピラ)のスタック」と「シューターの雪詰まり」です。YT660は軽いせいか、たまに雪にはまってクローラーが進まないときがありました。ただ、検証中も1回起きただけで、それほど気にしなくてもいいかもしれません。

一方で、水分多めのいわゆる「ベタ雪」を除雪中に起こる「シューターの雪詰まり」は何回か発生しました。雪詰まりのたびに作業が止まるため、若干ストレスを感じます。

他社の10馬力や11馬力クラスの除雪機だとシューター詰まりは起こらないため、馬力の差かもしれません。走行や除雪性能では馬力の小ささを感じさせないほどパワフルですが、唯一シューターの雪を噴き上げる力に弱さを感じました。ベタ雪が多い地方の方は、もう少し馬力のある除雪機の方がいいかもしれません。

ただし、こちらもよほど重い雪でない限り発生しないため、普通の積雪なら気にならないと思います。

ヤマハ家庭用 除雪機YT660の口コミ・評判

YT660の良い口コミや悪い口コミを集めました。すでに購入したユーザーの意見を参考に、YT660の購入を検討してみてください。

ヤマハ家庭用 除雪機YT660の良い口コミ

YT660の良い口コミ

  • 数値以上にパワーを強く感じる
  • 住宅密集地で雪が飛ばせないのでブレードはありがたい
  • 代理店によるメンテナンスやアフターフォローがしっかりしている

YT660に関する良い口コミは、「思っていた以上にパワーがある」「ブレードが便利」といった意見が多数寄せられていました。Picky’sの検証時も「本当に5馬力!?」と思うほどの力強さを感じましたが、多くのユーザーが同じ感想を持ったようです。

また、ブレードの使い分けができる点もYT660ならではです。雪によって使い分けられる点はもちろんですが、左右に住宅があり雪を飛ばせない場所でブレード除雪を活用しているユーザーが多く見られました。

さらにメンテナンスやアフターフォローがしっかりしている点も高評価です。ヤマハは全国の除雪機販売店および、全国150ヶ所以上の修理協力店でメンテナンス整備や修理が受けられます。

編集部

故障時の対応・エンジンオイル交換・バッテリー交換のアフターフォローが近くで受けられる点も、大手ならではです

ヤマハ家庭用 除雪機YT660の悪い口コミ

YT660の悪い口コミ

  • 価格が高い(特にブレード)
  • 馬力が物足りない

YT660に関する悪い口コミはほとんどありませんでしたが、数少ない口コミでは「価格の高さ」を挙げたユーザーが多かったです。特にブレードの価格が高く、予算の関係でブレードの後付けやブレード付きモデルを諦めたユーザーもいました。

一部「雪が多いと、押したり砕いたりするパワーが足りない」との意見がありました。ただ、こちらは性能の問題ではなく、使用する地域の雪の量や質に対してYT660が合っていないミスマッチが原因ではないかと思います。

ヤマハに限らずホンダやハイガーでもそうですが、除雪機は使用する地域の雪質・積雪量に合った性能のモデルを選ばないと役に立ちません。購入前に自分の地域の雪と、各メーカーの除雪機のモデルや性能をきちんと比較してから選びましょう。

編集部

トータルで見れば、YT660に関する不満はほぼ見当たりません。どのサイトを見ても星4以上の高評価でした。予算の問題さえクリアできれば、YT660は多くのユーザーが満足できる除雪機のようです

ヤマハ家庭用 除雪機YT660の操作方法

YT660の操作方法

最後に、YT660の操作方法を簡単に解説します。操作レバーやパネルは上記画像や取扱説明書を参考にしてください。まず、変速レバーが「N」、走行クラッチレバーとオーガクラッチレバーが「切」の位置にあるのを確認します。

続いて燃料コックを「停止」から「運転」に切り替え、エンジンが冷えている場合はさらにスロットルチョークレバーを「低速」から「始動」にしてください。

YT660の操作方法
YT660の操作方法

エンジンスイッチを「始動」まで捻ってエンジンを始動させます。エンジンが始動すればスイッチが自動的に「運転」に戻ります。停止させたい場合は「停止」に戻してください。

エンジンスイッチを「運転」の位置にした状態で、リコイルスターターを引いてもエンジンを始動させられます。

YT660の操作方法

次にスロットルレバーを「高速」にしてエンジンの回転数を上げます。

YT660の操作方法

変速レバーを「前進(または後進)」に合わせます。

YT660の操作方法

あとは左右の「走行クラッチレバー」と「オーガクラッチレバー」を握れば除雪開始です。

オーガクラッチレバーを握った状態で走行クラッチレバーを握ると、オーガクラッチレバーが固定されるためオーガクラッチレバーから手を放してもオーガが回転し続けます。この状態だと片手が空くため、ほかのスイッチや機能の操作が可能です。

YT660の操作方法

投雪距離や方向を調整したい場合は、シュータデフレクタレバーで切り替えてください。

ヤマハ家庭用 除雪機YT660は高額ながら、価格に見合った完璧な性能を持った除雪機!

今回Picky’sで除雪機YT660を検証しましたが、価格が40万以上とやや高額ではあるものの価格に見合う万能&完璧な性能の除雪機でした。あらゆる雪質や積雪量を想定している方、信頼性・安定性の高い除雪機が欲しい方には最適なモデルだと思います。

  • 数値以上にパワフルな除雪性能と安定性
  • ブレードとロータリーの1台2役で除雪が可能
  • 欠点らしい欠点はほぼない

よほどの豪雪地帯でもない限り、YT660があればあらゆる雪の除雪が可能です。一方でものすごくパワフルなモデルでもないため、豪雪地帯に住んでいる方は1~2ランク上の除雪機をおすすめします。

Picky‘s編集部では、ヤマハの除雪機を含めさまざまな除雪機を紹介しています。

関連記事:【家庭用に人気の小型も】除雪機おすすめランキング15選! ホンダ・ヤマハも紹介

 

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー