【ワイヤレス接続を快適に!】Bluetoothアダプタおすすめ13選|コンパクトなものから高機能モデルまで!

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

ブルートゥースホーム

パソコンやスマートフォン端末をワイヤレスでイヤホンやキーボードなどと接続できるBluetooth機能。しかし、パソコンなどの端末にBluetoothが備わっていなければ使うことができません。

そんな時にBluetoothアダプターを使えば、Bluetooth機能が備わっていない端末でも様々な機器とワイヤレス接続することができます。

しかし、Bluetoothアダプターはたくさんの種類があり、どんな商品を使ったらいいのかわからないといった声が多いです。

そこで今回は、Picky’s編集部がBluetoothアダプターの選び方やメーカーごとの特徴を解説、さらに、Amazonと楽天市場を参考に2022年のBluetoothアダプターおすすめランキングを紹介していきます!

この記事を監修した専門家

元凄腕家電販売員のプロ家電ライター
たろっさ
家電アドバイザー所持/2016年~家電ライターとして活動/Web・雑誌・テレビなど様々な分野で記事を寄稿・掲載
家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの家電ライター。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテストなどで表彰された経験も。家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

Bluetoothとはどんな機能?

Bluetoothアダプターを選ぶ上で、まずはBluetoothがどんなものかについて解説します!

Bluetoothはワイヤレス通信規格の内の1つで、主に近距離の無線通信に使う機能です。例えば、パソコンとワイヤレスキーボード、スマートフォンとワイヤレスイヤホンなどの接続など多くの機器に使われています。

2000年代から浸透し始めたBluetoothですが、今では欠かせない技術となっています。

編集部

端末の仕様によってはBluetooth機能が備わっていないものもあるので、そんなときにBluetoothアダプターが非常に役に立ちますよ!

たろっさ

今回ご案内するBluetoothアダプタはPC用のものであり、各種オーディオなどに使用することはできません。コンポやプレーヤーなどをワイヤレス化したい場合は別途イヤホンジャック用のBluetoothアダプタがありますので、そちらを検討してください。

Bluetoothアダプタの選び方

Bluetoothアダプタを選ぶ上でのポイントを解説していきます!

電波強度を示すClassで選ぶ

初めにBluetoothには「Class」(クラス)という項目があります。これは簡単に説明すると電波の強度を示すもので、通常Class1、Class2、Class3まで段階があり、Class1ほど電波強度が強くなります。

それぞれの違いとして、Class1で約100mほど端末との距離が離れていても接続が可能で、Class2で約10m、Class3で約1mが目安の接続距離です。

とはいっても、日本でのBluetoothのClass規格はほとんどClass1かClass2が主流なので、Class3の製品はほぼありません。

編集部

選び方としてはオフィスなど広い場所などビジネスシーンで使うのであればClass1、家庭など近い距離で使うのであればClass2を選びましょう!

Bluetoothのバージョンで選ぶ

Bluetoothにはバージョンがあり、日々の進化でバージョンが変更されてきました。1.0b〜5.0までバージョンがありますが、現在の主流は4.0以降のバージョンとなっています。

4.0以降の特徴は、非常に省電力に優れており、少ない電力で長時間Bluetooth機器を利用することができますよ!

また、4.0と5.0には互換性があり、例えば端末が4.0でBluetooth機器が5.0でも接続が可能です。

しかし、機器によっては互換性がない場合も稀にありますので、利用予定の機器のBluetoothバージョンをチェックしておきましょう。(3.0以前のバージョンだと4.0と5.0の互換性がない可能性が大きいです。)

編集部

今後のバージョンアップも考えられるので、使う予定の機器のバージョンが5.0であれば、Bluetoothアダプタも5.0を購入しておけば大丈夫です!(機器が古い場合はバージョンを要チェック)

使用用途などプロファイルで選ぶ

Bluetoothにはプロファイルというものがあります。基本的にBluetoothでは様々な機器に対応していてその機能を使うことができますが、すべての機能に対応しているわけではありません

例えば、Bluetoothで音声の通信を行う場合に音声のプロファイルを使いますが、マウスやキーボードは音声のプロファイルは関係ないのでこれらには利用できません。

編集部

使いたい用途をしっかりと確認し、Bluetoothアダプタ側にそのプロファイルが含まれているかを確認しましょう!最近のアダプタにはほとんどの用途のプロファイルが含まれていますが、古い機器は特に要チェックです!

プロファイルの例

aptX ヘッドホンやイヤホンに音声を伝送する(音質が向上し、音声の遅延解消とエラー復元機能などが追加)
BPP(Basic Printing Profile) スマートフォンなどからプリンターへデータを転送し、印刷機能を制御します
HOGP(HID Over GATT Profile) マウスやキーボードを接続し、消費電力を抑えての操作ができる
DIP(Device ID Profile)

デバイスを認識するために必要なデバイスの情報を与える

※プロファイルは一例ですので、購入したいBluetoothアダプタのプロファイルをチェック!上記の機能は一般的に備わっていることが多い機能です。

関連記事:【簡単】Bluetoothやコーデックとは?イヤホン選びのポイントを徹底解説

通信速度を表すUSB規格で選ぶ

Bluetoothアダプタはパソコンなどにも付いているUSBポートに差し込んで使いますが、商品によってUSB規格が違い、Bluetoothバージョンと同じように数字が上がるほど通信速度が速く利便性が向上します。

現在は1.1〜3.2の規格がありますが、今はUSB規格3.0が主流です。

編集部

規格が違えどUSB自体の形状は一緒なので2.0でも3.0でも互換性はありますが、最新の3.0規格をおすすめします!

ただし、BluetoothアダプタをUSB規格3.0を使ったとしても、自身のパソコンが規格2.0だった場合は2.0の通信速度になってしまうので注意が必要です。

機器のOSに対応しているか確認する

対応OS

出典:amazon.co.jp

Bluetoothアダプタが使用する端末のOSに対応しているか確認しましょう。せっかくUSB規格やClassを確認して購入しても、OSが違えば全く使えませんので注意が必要です!

流通している多くのBluetoothアダプタはWindows 7、Vista、8、8.1、10など幅広く対応していますが、使用端末が古い機器の場合もあります。

編集部

また、OSによってBluetoothバージョン4.0や5.0の省電力仕様に対応していない場合もありますので、こちらも要チェックですよ!

たろっさ

さまざまな専門用語が出てきて混乱してしまいがちですが

・Classは使用できる距離

・バージョンは4.0以上のものがベター

・バージョンが上がるとBluetoothの機能が増えて通信がスムーズになる

・USB端子の違いは極端ではないが3.0対応のタイプが安定

この点を押さえておけば間違いありません。

Bluetoothアダプタのおすすめ人気メーカー

エレコム

エレコムロゴ

出典:elecom.co.jp

 

エレコムは周辺機器を扱う大手メーカーで、Bluetoothアダプタ以外にも多くの良質な製品を販売する実績があるためエレコムブランドとしてユーザーから根強い人気を誇っています。

特にマウスやキーボードは業界No.1シェアを獲得するほどのブランドです。製品は自社制作ではなく海外に発注していますが、厳しい品質検査をくぐり抜けているので、安心感も得られるメーカー。

Bluetoothアダプタでは、バージョン4.0やClass1に対応する性能の高い製品を販売。プロファイルは、なんと業界で最も多い26種類に対応した製品も取り扱っているため、パソコンやタブレットなどの様々な端末やBluetooth機器で幅広く使えます。

エレコムの特徴
  • 周辺機器の有名メーカー
  • 高性能なBluetoothアダプターを販売
  • 対応プロファイルが多い

サンワサプライ

サンワロゴ

出典:sanwa.co.jp

サンワサプライは日本を本社とするオフィス環境を整える製品を販売しています。上海に海外拠点があり、日本と中国のネットワークの販売網を活かして、アフターフォローとメンテナンスを重視するブランドです。

常にニーズを先読みする開発を心がけているので、日本と中国の技術で常に最先端の開発をしています。

Bluetoothアダプタでは、小型で持ち運びやすい製品が多く、差し込んだまま使用しても気にならないことが特徴です。また様々なニーズを想定し、一般的な Type-Aに接続して使用する製品に加え、Type-Cに接続できる製品も販売されています。

サンワサプライの特徴
  • アフターフォローが充実している
  • 小型で持ち運びやすい
  • Type Cに接続できる製品も販売している

BUFFALO

バッファローロゴ

出典:buffalo.jp

BUFFALOは国内でWi-Fiなどのネットワーク関係やHDDなどのストレージで有名なメーカーです。

世界のほとんどのパソコンにはメモリーモジュールが搭載されていますが、これにはBUFFALOが開発した設計技術が採用されています。世界的に技術が認められているので、ユーザーも安心してBUFFALO製品を利用しています。

Bluetoothアダプタでは、本体をスタイリッシュに設計し、PCに接続しても違和感のないモデルとなっています。

また、高音質と低遅延を実現したプロファイルであるaptXを多く採用しているので、Bluetoothイヤホンやヘッドホンで音楽を楽しみたい方におすすめです。

BUFFALOの特徴
  • 世界的に信頼のあるITメーカー
  • スタイリッシュな設計で邪魔にならない
  • イヤホンなどを利用する人におすすめ

たろっさ

マウスやキーボード、Bluetoothのヘッドセットなどを使用する程度であればどのメーカーでも問題はありません。購入後のトラブルなどに自信がなければ国内メーカーであれば日本人のスタッフと電話応対できる可能性が高いです。

専門家おすすめのBluetoothアダプター

【万能型】Bluetoothアダプターおすすめ人気ランキング比較一覧表

「Rentry編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れているおすすめ商品を厳選しました。」
商品最安価格対応機種対応OSバージョンコネクタ形状Class消費電流寸法質量
TP-Link Bluetoothアダプタ UB400楽天市場¥850 AmazonYahoo!USBポートを搭載したWindowsパソコンWindows10/Windows8.1/Windows8/Windows7/WindowsXPBluetooth4.0USB A(USB2.0)Class2(約10m)不明14.8×18.9×6.8mm約2g
Hommie Bluetoothアダプタ BAC2B楽天市場¥1,280 AmazonYahoo!USBポートを搭載したWindowsパソコン/LinuxWindows7/Windows8/Windows10Bluetooth5.0USB A(USB3.0)Class2不明30×15×7.5mm約2g
エレコム Bluetoothアダプタ LBT-UAN05C2楽天市場¥870 AmazonYahoo!USBポートを搭載したWindowsパソコンWindows 10/Windows 8/8.1/Windows 7/Windows VistaBluetooth4.0USB A(USB2.0)Class2(約10m)不明19.0mm×12.8mm×6.1mm約2g
1Mii Bluetoothアダプタ B10楽天市場確認中 AmazonYahoo!USBポートを搭載したWindows・MAC/PS4/Nintendo SwitchWindowsシステムXP/7/8/8.1/10バージョン、macOS、LinuxBluetooth5.0USB A(USB2.0)Class2(約10m)不明33 x 16 x 8 mm約2g
I-O DATA Bluetoothアダプタ USB-BT40LE楽天市場¥3,300 AmazonYahoo!USBポートを搭載したWindowsパソコンWindows 10・Windows 8.1・Windows 8・Windows 7・Windows Vista・Windows XP(32bit)Bluetooth4.0USB A(USB2.0)Class2(約10m)30mA約16×19×8mm約2g
TOKFI Bluetoothアダプタ楽天市場確認中 AmazonYahoo!USBポートを搭載したWindowsパソコンWindows7/Windows8/Windows8.1/Windows10/WindowsXPBluetooth5.1 5.0USB A(USB2.0)-(約20m)--約2g

【万能型】Bluetoothアダプターおすすめ人気ランキング6選

【高音質】Bluetoothアダプターおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格対応機種対応OSバージョンコネクタ形状Class消費電流寸法質量
ZAPOOS Bluetoothアダプタ ZA-USB-2楽天市場¥990 AmazonYahoo!USBポートを搭載したWindowsパソコンWindows 10/Windows 8/Windows8.1/Windows 7 /Windows VistaBluetooth5.0USB A(USB2.0 3.0)Class2(約10m)不明不明約2g
バッファロー Bluetoothアダプタ BSBT4D200BK楽天市場¥1,647 AmazonYahoo!USBコネクター(Type-A)搭載のWindowsパソコンWindowsBluetooth® Ver 4.0+EDR/LE Class2USB A(USB2.0)最大25m(使用環境によって異なります)不明112×147×17mm約2g
Creative Bluetoothアダプタ HP-BTW2楽天市場¥4,929 AmazonYahoo!USBポートを搭載したWindows/MAC/ps4/Nintendo SwitchWindows10/Windows8/Windows8.1/Windows7/Mac OS c10.7以降/PS4Bluetooth2.1+EDRUSB A(USB2.0)-(接続距離10m)不明22×22×14mm約2g

【高音質】Bluetoothアダプターおすすめ人気ランキング3選

【電波強度】Bluetoothアダプターおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格対応機種対応OSバージョンコネクタ形状Class消費電流寸法質量
バッファロー Bluetoothアダプタ BSBT4D100BK楽天市場¥1,914 AmazonYahoo!USBポートを搭載したWindowsパソコンWindows10/Windows8.1/Windows7Bluetooth4.0USB A(USB2.0)Class1(約100m)不明約23×6.5×14mm約2g
サンワサプライ Bluetoothアダプタ MM-BTUD46楽天市場¥1,736 AmazonYahoo!USBポートを搭載したWindowsパソコンWindows10/Windows8.1/Windows8/Windows7Bluetooth4.0USB A(USB2.0)Class1(約100m)不明約14.2×4.5×23mm約2.4g
エレコム Bluetoothアダプタ LBT-UAN05C1楽天市場¥1,938 AmazonYahoo!USBポートを搭載したWindowsパソコンWindows10/Windows8.1/Windows8/Windows7Bluetooth4.0USB A(USB2.0)Class1(約100m)26mA23.0x12.0x5.1 mm約2g
サンワサプライ Bluetoothアダプタ MM-BTUD45楽天市場¥3,191 AmazonYahoo!USBポートを搭載したWindowsパソコンWindows10/Windows8.1/Windows8/Windows7Bluetooth4.0USB C(USB2.0)Class1(約100m)不明約13.7×6.6×21.5mm約2g

【電波強度】Bluetoothアダプターおすすめ人気ランキング4選

Bluetoothアダプターの使い方

ここでは一般的なBluetoothアダプタの使い方を紹介します。よく使い方がわからない方は是非ご覧になってください!Bluetoothアダプタ接続の手順は以下の通りです。

  • Bluetoothアダプタの基本的な使い方
  • STEP.1
    Bluetoothアダプタを差し込む
    まず初めに、Bluetooth機能を付けたい端末に接続します。

    Bluetoothアダプタのコネクタ形状がUSB-AであればパソコンUSB-Aポートに差し込みます。すると、ドライバーがインストールされパソコンに認識されます。(コネクタ形状がUSB-Cの場合は端末のUSB-Cポートに接続)

  • STEP.2
    ソフトウェアをインストール
    続いてBluetoothアダプタを使用状態にするために、付属のCDからソフトウェアをインストールします。(商品によっては公式ホームページからダウンロードする場合もあります)画面に表示された手順でインストールを完了しましょう。

    基本的には、ファイルの保存→実行→言語選択(日本語)→次へ→インストールの手順です。インストールが完了すると、パソコン画面下部のタスクバーにBluetoothのマークが表示されます。(CSR Bluetooth)商品によって表示が違ったりもするので、公式ホームページでインストール手順を確認しましょう。

  • STEP.3
    ペアリングする機器と接続
    次にペアリングしたい機器を接続できる状態にします。電源を入れ、CONNECTなどのボタンやスイッチをONにしペアリングを開始します。
  • STEP.4
    パスキーの入力
    Bluetoothアダプタとペアリング機器が接続可能な状態になったら、パソコンのコントロールパネル→デバイスとプリンターからデバイスの検索をします。

    ペアリングしたい機器が表示されたら選択します。するとパスキーの入力を求められるので、 入力したら機器が使えるようになります。(パスキーの入力後、接続のため時間がかかる場合があります。)

編集部

Windows7/8/8.1ではほぼほぼインストールが必要ですが、使用端末がWindows10の時、インストールが不要な場合もありますので、その場合はSTEP3から始めましょう!接続は簡単にしたいという方はあらかじめソフトウェアのインストールが不要なBluetoothアダプタを選ぶことをおすすめします!

Bluetoothアダプタの関連商品

ワイヤレスイヤホン

出典:photo-ac.com

BluetoothアダプタはBluetooth機能のついたキーボード、マウス、イヤホン、ヘッドホンと併用して使うことが多いと思います。当サイトでは多くのBluetooth機器を紹介していますので、是非そちらの記事もご覧になってみてください。

関連記事:ビジネス用からゲーミングまで!USBヘッドセットおすすめ28選【2021年】

関連記事:【プロが徹底比較して選ぶ】高音質 Bluetoothヘッドホンおすすめ33選(2021年最新版)

関連記事:コスパ最強!高音質のBluetoothスピーカーおすすめ15選|安いvs高級モデルの比較も

関連記事:【2021年最新】静音マウスのおすすめ33選!有線・無線・Bluetoothの人気モデルを紹介

Bluetoothアダプターのよくある質問

BluetoothアダプタはMacOSでも使えますか?

はい、Windows対応の商品が多いですが、MacOSに対応している商品も販売されています。低価格なものなどはMacOS対応していない可能性もあるのでよく確認しましょう。基本的にMacOSに対応していればWindowsOSでも使えるので、どちらにも対応したものを購入すれば間違いありません。特に古いMacだとBluetooth対応していないパソコンもあるので、アダプタは必須かと思います。

Type-Cに対応のBluetoothアダプタはありますか? 

種類こそ少ないですが、Type-C対応のBluetoothアダプタも販売しています。Type-AのBluetoothアダプタに比べて値段は上がり、約3000円から7000円程度で購入できます。ype-CのBluetoothアダプタはClass1などを搭載した高機能タイプが多めなので、よく確認してから購入することをおすすめします。また、変換アダプタなどを併用することでも使えます。当記事でもType-C対応のBluetoothアダプタを紹介してますので、チェックしてみてください。

関連記事:[2021年最新]MacBookやsurface向け USBハブおすすめ20選 | USB-Cタイプなど選び方を解説

特にこだわりはないのですがどんなものを買えばいいですか?

Bluetoothアダプタで一般的な機能を使いたいのであればプロファイルが20個以上備わったものを購入すれば間違いありません。それに加えて、遅延が少なく高音質なコーディックであるaptXを選ぶことをおすすめします。

あとは意外と形も重要で常時Bluetoothアダプタを差し込んだ状態にしたいのであればコンパクトなものや丸み帯びた設計のものを選べば干渉による不具合も少ないでしょう。

Bluetoothアダプターのまとめ

今回はBluetoothアダプタの選び方と人気の商品を中心にご紹介しました。

Bluetoothアダプタを選ぶ上で

  • Class
  • Bluetoothバージョン
  • コネクタ(USB規格)
  • プロファイル
  • 対応OS

の5つを参考に選んでみてください。最近ではBluetooth機能を省いたパソコンも増えてきていますので、Bluetoothアダプタがあればビジネスでもプライベートでも便利に無線接続を楽しむことができますよ!

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー